【BiS連載vol.95】ネル・ネール「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」

2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。まさに激動の最中にいるBiSに6月より加入した新メンバーの中から、OTOTOYではBiS1stの初ソロ・インタヴューを2回に渡りお届けする。

BiS1st、初シングルをOTOTOYでも配信予定


BiS1st / Don't miss it!!

【発売日】
2018年7月4日(水)

1. Don't miss it!!
2. TiME OVER
3. Don't miss it!! (instrumental)
4. TiME OVER (instrumental)

※BiS1st : パン・ルナリーフィ、ゴ・ジーラ、ネル・ネール、トリアエズ・ハナ



Don't miss it!! / BiS 新生アイドル研究会


INTERVIEW : ネル・ネール

2018年3月12~18日にかけて開催された合宿型合同オーディション〈WACK合同オーディション2018〉。その合格者の1人であり、BiS1stのメンバーとして選ばれたネル・ネール。「BiSの起爆剤のような存在になりたい」。そう語るネルは、ステージ上では何かに縛られることなく、実にのびのびとしたパフォーマンスで研究員(※BiSファンの呼称)を魅了する。文学作品や芸術作品に影響を受けてきたというネルの生い立ちと合宿に臨んだ想いとは。初ソロ・インタヴューをお届けする。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : 外林健太

インターネットに足を踏み入れてから考え方が変わっていった

──初ライヴのMCでもそうでしたけど、ネルさんの言葉遣いはとても丁寧ですよね。普段からああいうしゃべり方をしているんですか?

ネル・ネール(以下、ネル) : 親しい人としゃべるときはそんことはないんですけど、みんなの前でしゃべるときは自然と堅苦しくなっちゃいます(笑)。

──実はものすごい、お嬢様だったりするなんてことは?

ネル : いや、そうでもないですよ(笑)。全然普通の家です。

──WACK合宿オーディションの最終アピールで、「ある一定の年齢に達して、子どもじゃないと周りの大人に言われ順位付けされるようになった」っていうことを言っていたので、どういう人生を歩んできたのか気になるんですけど、小学校時代はどんな日々を過ごしていたんでしょう。

ネル : 小学校のときは学級崩壊みたいなことがあったんですけど、自分自身はすごくバカだったので、自分の置かれている状況がいかにやばいかっていうことに気づいてなくて、のほほんと暮らしていました。中学生もそんな感じでしたね。高校に入ってから、インターネットに足を踏み入れるようになって考え方が変わっていったんだと思います。

──どんなサイトを観ていたんですか?

ネル : サイトというか、その頃からTwitterを始めて、いろんな人の意見を見ていました。もともと読書が好きで、その頃から近代文学も読み始めました。現代を生きる人にはない考え方を持った人たちが書いた文章だったり、芸術からも影響を受けたと思います。

──文学や芸術鑑賞は好きだったけど、学校のテストや勉強はあまり得意じゃなかった?

ネル : 教科ごとにすごく差があるんですよ。例えば、国語と数学の偏差値の差が40ぐらいあったりして。できることと、できないことがめちゃめちゃ極端なんです。勉強だけじゃなくて、生活の中でも得意なことと不得意なことの差が大きくて、それで苦労することも度々ありました。

──例えば、生活の中でどんなことを苦労したんですか?

ネル : 高校のとき初めてアルバイトをしたんですけど、3日で辞めちゃって。そのときは喫茶店で働いてみたくて働いたんですけど、人間関係が思い描いていたのとちょっと違かったのと、私の物覚えがすごく悪いんですよ。「このメニューにはこの食器を使う」とか、めちゃめちゃ事細かく書かれていたことが全然覚えられなくて。結局、こんなことがしたかったんじゃなかったっていうことを理由にして辞めてしまいました。

まったく未来が想像できなかった

──高校に入って、自分を客観視して見るようになって、向き不向きみたいなものがわかるようになってきた。

ネル : 言ってみれば、小中学生のときってまだ子どもで、みんなで一緒に歩みを共にするって感じじゃないですか? 大して結果は求められていなくて、頑張ることが大事だよっていう感じ。高校が進学校だったので、結構シビアだったというのもあります。あまり行っていなかったんですけど。

──競争というか順位づけがされるようになっていくことが嫌だった?

ネル : 嫌になった理由の1つではありました。

──合宿オーデで「人と関わることが下手くそで、周りから浮いたこともよくありました」って言っていました。それはなにか出来事があったんですか?

ネル : 自分から輪に入るのがすごく苦手なんです。書道部だったんですけど、文化祭でみんなが作業をしている輪の中に入れなくて、誰もいない部室で本を読んでいたりして。最後の文化祭は出ませんでした…。

──話が前後しちゃうんですけど、好きな作家さんとかはいるんですか?

ネル : 夢野久作とか江戸川乱歩とか三島由紀夫が好きです。純文学というよりは、怪奇小説というか娯楽性の高い、よくわからない感じの話が好きなんです。

──夢野久作の世界感って、わかるようでわからないような感じですもんね。

ネル : わざと正解をうやむやにしてるような感じだったり、読み終わった後の後味の悪さみたいなのがすごい好きで。

──そのあたりの話を共感できる人はあまり周りにいなかったんですね。その点、Twitterやインターネットには共感できる人がいますもんね。

ネル : それもあると思います。アニメも好きで、そっち系の話をできる人はいたんですけど、読書とかで話が合う人はなかなかいなかったです。

──これもWACKオーデで言っていましたけど、睡眠もとらないし、ご飯もろくに食べないみたいな時期もあったそうですね。その時期はどんなことを考えて毎日過ごしていたんでしょう?

ネル : まったく未来が想像できなかったから、本当にここで終わりだと思っていたんです。後先のことは考えずに1日1日をふーんって感じで過ごしていて。

──「人間以下の生活をしていました」ってことも言っていたけど、その生活を変えたいっていう気持ちもあった?

ネル : 何人かいた友だちは、自分の将来のために日々勉強とかを頑張っているのに、自分はこんな生活をしているっていう後ろめたさというか、自分で勝手に落ちぶれているだけなんですけど、そういう劣等感がすごくありました。

WACKの人たち全員の生き方が格好いいなと思っていて

──それを変えたくて、オーディション受けたと思うんですけど、そもそもWACKオーディションには、どうやって行き着いたんでしょう。

ネル : それもTwitterですね。たしか2018年の年明け前ぐらいに発表されたと思うんですけど、そのツイートに「人生変えたい人募集」みたいなことが書いてあって。それで「おお?」と思って、その日に応募しました。普段から突発的な行動が多いんですけど、それもそんな感じでした。

──もともと、BiSHやBiS、GANG PARADE、EMPiREは知っていました?

ネル : 知っていました。それもTwitterで(笑)。

──つまりアイドルになりたいという動機より、自分自身を変えるために参加したいっていうのがはじまりなんですね。

ネル : WACKの人たち全員の生き方が格好いいなと思っていて。変わりたいという気持ちもありましたし、WACKだったら今のダメダメな自分でも認めてくれたり、受け入れてくれたり、自分を変えるチャンスを与えてくれるんじゃないかなってことを思って応募しました。

──書類審査が通って最初の面接はどんな様子でした?

ネル : 1人1人の面接かと思っていたんですけど、結構たくさんの人数がいる集団面接で。こんなに多いんだって思いました。実際、アピールとかも全然できずに、日常会話みたいな感じで終わってしまって(笑)。あ、これ落ちたかもなって思いました。全然まともなこと言わなかったので。

──それが通って合宿参加の連絡が来たわけですよね? 6泊7日の合宿に参加することは即決できましたか?

ネル : 「本日までに 要返信」ってメールが来ていたんですけど、返事できていなかったら、その数日後に電話がかかってきて、「合格されたんですけど、行きますか?」って。「あ、行きます」って二つ返事みたいな感じで答えました(笑)。

──これも合宿オーデで言っていましたけど、お母さんからは絶対に無理だって言われていたんですよね?

ネル : 言われたし、お母さんが親戚と電話しているのが聞こえたときがあって。「オーディションに行くらしいんだけど、受かるわけないのに行くとかバカみたいでしょ」ってことを話していて。

──それは悔しい気持ちになりますよね。

ネル : 悔しいというか、たしかにその時の私を見たら誰もがそう言うと思うんですよ。でも、私はオーディション合宿で変わるための第一歩として決心していたので、その一歩を踏み出すことさえも小馬鹿にされるのはすごく嫌でした。

──でも合宿に行くときには理解してくれて、「後悔ないように頑張れ」って送り出してくれたそうですね。

ネル : 最寄り駅まで車で送ってもらったんですけど、その瞬間までちょっとぴりついていたというか、まだ賛成はしてくれていないのかなって思っていたんです。最後の最後に「頑張りなよ」って話をされて、そういうふうに思ってくれたんだなってその時に気づきました。祖父母と私で「合宿で変わるきっかけを手に入れたい」って電話をしていたんですけど、祖母がそのことを母に伝えてくれて、わかってくれたんだと思います。

今までの生活に引き戻されると考えたら、それはすごく怖かった

──そんな覚悟を決めて参加した合宿オーディション。今振り返ってみて、6泊7日の合宿生活はどうでしたか?

ネル : 振り返ってみたら、おもしろかったですね。でも、もう1回行けって言われたらいやだなって思います(笑)。すごく充実した1週間でした。

──毎朝早起きしてマラソンをして、ご飯も残さず食べきらないといけないし、日中はずっとダンス練習がありました。日常とはまったく違う生活だったと思うんですけど、気持ち的にも体的にもちゃんとついていけていましたか?

ネル : 気力だけで踏ん張っていた感じはありますね。今でもよく乗り越えたなあと思います。

──それだけ大変な毎日を乗り越えられた、ネルさんの心の柱はなんだったんでしょう。

ネル : ここで諦めたり、落ちちゃったりしたら、今までの生活に引き戻されると考えたら、それはすごく怖かった。とにかくやるしかないって気持ちでした。

──外から見ると、しんどいっていう顔を出さないようにしてたのかなと思ったんですけど。

ネル : あまり弱音を口には出さないようにはしていました。負の感情って周りに伝染しちゃうじゃないですか? みんなつらくて頑張っているのはわかってたので、そこは気をつけていました。

──6泊7日を終え、大阪野外音楽堂で<WACK EXHiBiTiON>のステージ立ちました。そこでBiSの合格者として名前が呼ばれた時はどんな気持ちでしたか?

ネル : 現実なのか、夢なのかっていう感じでした。

──お母さんに合格を伝えたとき、なんて言っていました?

ネル : 「へー、すごいじゃーん」って感じで、「えーよかったねー!!」って感じではないです。そういう人じゃないんですよね(笑)。

今1番やりたいことは歌詞を書いてみること

──BiSに合格してからお披露目までの2ヶ月間、どのようにして過ごしていたんでしょう。

ネル : 本当にお披露目直前までは、自主練自主練って感じだったんですよ。実際にBiS1st、BiS2ndの新体制で練習をし始めたのって、お披露目まで1週間もない時期で、3、4日でフォーメーションを全部詰めました。それまではずっと動画を観て練習する日々でした。

──その間、同じ合宿に参加していたメンバーが、GANG PARADEとEMPiREでデビューしていきました。それはどういう気持ちで観ていた?

ネル : ギャンパレとEMPiREのお披露目、どっちにも行かせてもらって実際にライヴを観たんですけど、合宿で一緒に1週間を共にしたとは思えないぐらいみんな格好よくて、プロだなって思いました。それを観て自分もやらなきゃって思う反面、すごく不安も出てきて。残り1ヶ月で自分もそこまで到達できるのかなっていう不安もありましたね。

──しかも、BiSのメンバーは5人体制で活動をしながらという状態で、先輩たちとのコミュニケーションや十分な準備期間がない中でのデビュー・ライヴでした。初めてのライヴは石川公演でしたが、手応えはどうでしたか?

ネル : 踊りやフォーメーションはまだまだだと思うんですけど、振り切ってやることが、私のお披露目ライヴでの1つの目標だったので、それはできたかなっていうくらいやれました。

──ネルさんはBiSのダイナマイト担当です。なんでダイナマイトになんでしょう?

ネル : ダイナマイトって破壊のイメージじゃないですか? 私自身、創造は破壊から始まるという考えでして。ダイナマイトで山を破壊してトンネルを作るように、私もBiSにとっての起爆剤のような存在となって、BiSに新しい道を作れるような存在になりたいんです。あと、私自身も自分で自分を抑えられないときがあって、たまに爆発しちゃうんですよ。(突然叫ぶ)「ああーーー!!」ってなったりするんですけど、そういう部分も含めて決めました。

──初めてのステージを見て、人を惹き付けるカリスマ性を持っているなと思ったんですけど、ステージに立つのはBiSが初めてなんですか?

ネル : 初めてです。歌も踊りもまったくやったことがないし、ヴォイス・トレーニングとかダンス・レッスンとか、すべてが初めてです。

──初ステージとは思えないくらい堂々としていました。あまり緊張はしなかった?

ネル : したんですけど、他の3人(ゴ・ジーラ、パン・ルナリーフィ、トリアエズ・ハナ)が心強かったのが、大きかったですね。

──初ライヴ、BiS1stの4人で、こんなステージにしようとか話したりしましたか?

ネル : とりあえず前に出ようってことを話しました。4人しか人数がいないじゃないですか? だから1人1人が映えるように全員で前に出ようって。先輩2人がツアーの合間とかにいろいろ考えてくれて、本当にありがたいです。

──BiS2ndのお披露目ライヴも観ていましたよね。BiS2ndのパフォーマンスを観てどんなことを思いましたか?

ネル : すごく格好いいなって。新メンバー(トリアエズ・ハナ、ムロ・パナコ、ミュークラブ)と一緒に練習したり、教え合ったりとかもしていたので、その子たちがステージ上で立派に踊ったり歌ったりしているのを見て感動しました。でも、それを観て余計緊張したりするって感じではなくて。

──燃える感じ?

ネル : そうですね。

──ちなみに、ネルさんは「BiS1stである」ことは意識したりしますか?

ネル : それこそ、合宿で「順位付けされるようになった生活が嫌で」っていう話もしたし、これを言ったら怒られてしまうかもしれないんですけど、BiSが2部制になっても、あまり自分の中で1stとか2ndとかっていうことは気にしてなくて。全員BiSはBiSだから、1人1人が輝いていけたらいいなと思うんです。とはいえ、BiS1stの方がいろいろな場面での露出とかも増えたりする訳じゃないですか? 私はいろんな人に思いを伝える場がほしいので頑張って残れていけたらと思います。

──BiSでやってみたいことはありますか?

ネル : もともとやりたいこといっぱいあるんです。そのために芸能関係の仕事につけたら達成できるんじゃないかって昔から思っていて。今1番やりたいことは歌詞を書いてみることです。それ以外にも自己表現の場がほしいですね。

──例えば、どんなことやってみたい?

ネル : うーん… モデルとか。今までWACKの人たちがやったことのない分野もできたらなって思っています。

新生BiSの過去作品もチェック

新生BiS、再メジャーデビューダブルA面シングル

BiS / WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE

【発売日】
2018年3月7日(水)

【Track List】
1. WHOLE LOTTA LOVE
2. DiPROMiSE
3. WHOLE LOTTA LOVE instrumental
4. DiPROMiSE instrumental


WHOLE LOTTA LOVE / BiS 新生アイドル研究会


新生BiS、7人体制での2ndシングルを配信中

BiS / I can't say NO!!!!!!!

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 400円(税込)

【Track List】
1. I can't say NO!!!!!!!
2. Fly-Brand-new BiS ver-


I can't say NO!!!!!!! / BiS 新生アイドル研究会


新生BiS、7人体制での1stシングルを配信中

BiS / SOCiALiSM

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 270円(税込) / まとめ 540円(税込)

【Track List】
1. SOCiALiSM
2. Did not

※まとめ購入で、デジタルブックレットがついてきます。

新生BiS、2ndアルバムを配信中

BiS / Re:STUPiD

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)(32bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / まとめ 2,057円(税込)

【Track List】
1. gives
2. twisted grunge
3. ミステリアスホール
4. SAY YES
5. Never Starting Song
6. NOT the END
7. ぎぶみあちょこれいと
8. ロミオの心臓
9. 明日が来るなら
10. NAKODUB

※アルバムまとめ購入で、デジタルブックレットがついてきます。

新生BiS、初アルバムをハイレゾ配信中

BiS / Brand-new idol Society2

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)(32bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / まとめ 2,057円(税込)

【Track List】
1. Give me your love全部
2. My Ixxx
3. Nerve
4. primal.
5. BiSBiS
6. Human after all
7. IDOL
8. Happy Birthday
9. レリビ
10. Not Special
11. BiS
12. 太陽のじゅもん
13. CHANGE the WORLD

※アルバムまとめ購入で、デジタルブックレットがついてきます。

これまでのBiSの音源を復習しておこう

DiE

BiS

¥ 1,500

PPCC

BiS

¥ 1,050

BiSプロフィール

英語でBrand-new idol Society の略、日本語で新生アイドル研究会。アイドルを研究し、アイドルになろうとする、アイドルになりたいグループ。現在はBiS1st、BiS2ndに分裂して活動中。

BiS Official Web

BACK NUMBER

vol.1 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

vol.2 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

vol.3 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

vol.4 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

vol.5 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

vol.6 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

vol.7 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.7 -『エレガントの怪物』-

vol.8 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.8 -初レコーディング作品フリー・ダウンロード開始!

vol.9 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.9 -BiS初のフル・アルバムが、2011年3月23日発売決定! -

vol.10 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.10 -1st フル・アルバム『Brand-new idol Society』先行配信開始! -

vol.11 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 -待望の初アルバム『Brand-new idol Society』配信開始!

vol.12 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.12 -アイドル・グループ構成員増殖計画セカンド・シーズンスタート!

vol.13 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.13 -中野heavy sick zeroのワンマン・ライヴ!

vol.14 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.14 -BiS次回作の一斉楽曲コンペ開催決定! !

vol.15 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.15 -BiSとtengal6のコラボ楽曲フリー・ダウンロード!

vol.16 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.16 -号外! BiSからヨコヤマリナが電撃卒業!

vol.17 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.17 -リナハムありがとう! 衝撃のPV公開!

vol.18 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.18 -7月9日下北沢shlterで新メンバー発表! -

vol.19 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.19新メンバーテラシマユフ入学式-

vol.20 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.20 -渋谷WWW目前プー・ルイ、インタヴュー-

vol.21 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.21 -渋谷WWW「BiBフェス!」ライプ・レポート! ! ! -

vol.22 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.22 -「怒髪天のハロウィン 百鬼フェスティバル」にBiSが登場っ! ! ! -

vol.23 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.23 -怒髪天にBiSが突撃インタヴュー&ライヴ-

vol.24 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.24 -売り切れ続出! タワーレコード限定シングル発売開始! -

vol.25 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.25 -テラシマユフへインタヴュー! 優等生が見せた葛藤-

vol.26 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.26 -リキッド・ルーム・ワンマン目前メンバー・インタヴュー! -

vol.27 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.27 - 満員御礼! BiSリキッドルーム・ワンマン・ライヴ!

vol.28 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.28 - プー・ルイ インタヴュー「理想のリーダー像とは」連続企画スタート!

vol.29 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.29 - ヒラノノゾミ インタヴュー「アイドルグループでの存在意義」

vol.30 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.30 - テラシマユフ インタヴュー「BiSに優等生は必要! ? 」

vol.31 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.31 - 新メンバー・ワッキー&ミッチェル 初インタヴュー

vol.32 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.32 - プ—・ルイ インタヴュー「リーダーとしての葛藤と決意」

vol.33 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.33 - アナログ盤『ABiSCDiS』リリース記念 BiSの工場見学

vol.34 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.34 - 渡辺淳之介(BiSマネージャー) インタヴュー「BiS誕生以前の物語」

vol.35 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.35 - 祝・メジャー・デビュー『PPCC』BiS全力特集

vol.36 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.36 - Road to 赤坂BLITZ

vol.37 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.37 - 辻本翔(BiS アシスタント・マネージャー)インタヴュー—「研究員からBiSマネージャーへ」

vol.38 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.38 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 松隈ケンタ(BiSサウンド・プロデューサー) INTERVIEW

vol.39 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.39 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 南波一海によるロング・レビュー掲載

vol.40 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.40 - 『IDOL is DEAD』リリース記念 BiS公開インタヴュー

vol.41 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.41 - 2012年のBiS、そして2013年へ

vol.42 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.42 - BiSとDorothy Little Happy『GET YOU』リリース

vol.43 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.43 - プー・ルイ、国技館に降り立つ

vol.44 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.44 - 国技館ワンマンへの道!!

vol.45 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.45 - 2013年3月16日(土)@東京・両国国技館 「WHO KiLLED IDOL? 」

vol.46 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.46 - ミチバヤシリオ インタヴュー 加入1年にして語る現在の想いとこれから」

vol.47 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.47 - 新メンバー初インタヴュー テンテンコ、カミヤサキ、ファーストサマーウイカ

vol.48 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.48 - BiS、6人体制になって初のシングル『DiE』をリリース プー・ルイ インタヴュー

vol.49 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.49 - BiS階段 おばあちゃんに訊く!!「この音楽はなんだと思いますか?」@巣鴨地蔵通商店街

vol.50 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.50 - BiS『Fly / Hi』をリリース ミッチェル、卒業インタヴュー

vol.51 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.51 - ヒラノノゾミ、インタヴュー「解散までにもう少し足跡を残したい」

vol.52 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.52 - コショージメグミ、インタヴュー「BiSをやりきる、それだけですね」

vol.53 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.53 - カミヤサキ、インタヴュー「もっと自分に自信を」

vol.54 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.54 - ファーストサマーウイカ、インタヴュー「いまを積み重ねるしかないですから」

vol.55 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.55 - テンテンコ、インタヴュー「わたしがいなくてもいるみたいな存在になれたらいいなって」

vol.56 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.56 - 渡辺淳之介、インタヴュー「BiSは解散に向けて、再びおもしろさを取り戻せるのか?」

vol.57 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.57 - 飛ばねぇアイドルは、ただのアイドルだ。BiS、上田剛士(AA=)を迎え新曲リリース

vol.58 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.58 - BiS、ラスト・アルバム完成!!BiSが生まれるきっかけになった4人のメンバーで解散までの歩みを語る

vol.59 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.59 - BiS、カミヤサキのコスプレ連載「2.5次元まで」Vol.3 キルラキル

vol.60 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.60 - 泣いても笑っても、これが最後のダンス・チューンーーBiS、ラスト・シングル『FiNAL DANCE/nerve』をリリース

vol.61 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.61 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、コショージメグミ編ーーアイドルがしたくて入ったわけじゃなくて、BiSが好きで入ったから

vol.62 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.62 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ファーストサマーウイカ編ーーおっきいお葬式をしたいなって、「楽しかったね、ありがとうな」っていう

vol.63 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.63 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、テンテンコ編ーー夏休みの宿題をまったくやらずに最終日っていう感じなんです

vol.64 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.64 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、カミヤサキ編ーー楽し過ぎて終わるのがイヤになるようなトラウマを残すライヴをしたいな

vol.65 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.65 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ヒラノノゾミ編ーー「こっちは3年やってきてるんだぞ!」っていうプライドもある

vol.66 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.66 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、プー・ルイ編ーーBiSは爆弾みたいだったんで、爆発するんだなって

vol.67 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.67 - BiS復活インタヴュー、プールイ「いろんなものを壊したい」

vol.68 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.68 - 新生BiSインタヴュー、ゴ・ジーラ「ダークホースになりたいです」

vol.69 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.69 - 新生BiSインタヴュー、ペリ・ウブ「将来の夢は大和撫子」

vol.70 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.70 - キカ・フロント・フロンタール「世界一やばいアイドルになりたい」

vol.71 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.71 - アヤ・エイトプリンス「音楽の人生だったんです」

vol.72 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.72 - プー・ルイ「私が1番の研究員なんですよ」

vol.73 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.73 - 新生BiS「みんなと一緒に大きなものをひっくり返したい」

vol.74 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.74 - 新生BiS、2017年新春記念・おみくじ付き新曲フリーDLーーメンバー全員インタヴュー掲載

vol.75 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.75 - 渡辺淳之介「いまでも音楽に狂わせてほしいと思っている」

vol.76 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.76 - プー・ルイ「うちらは正真正銘BiSなので背負わないといけない」

vol.77 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.77 - アヤ・エイトプリンス「この5人が私は好きです」

vol.78 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.78 - ゴ・ジーラ「最近は私がBiSです! って感じになったかもしれない」

vol.79 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.79 - キカ・フロント・フロンタール「今までのいろいろを背負って臨みたい」

vol.80 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.80 - ペリ・ウブ「新メンバーが入ったら絶対にいい方向に進むと思う」

vol.81 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.81 - カミヤサキ「ちゃんとBiSを作る役割を果たしたい」

vol.82 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.82 - パン・ルナリーフィ「エースをとれるような存在になりたい」

vol.83 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.83 - ももらんど「誰にでも楽しい感じを伝えられるようになりたい」

vol.84 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.84 - 7人体制初全国ツアー中のBiSインタヴュー「過去を塗り替えて楽しい思い出に変えたい」

vol.85 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.85 - BiS vs LSN PSYCHO KiLLERSーーBiSでしか満足できない身体にして終えたい!

vol.86 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.86 - 祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る

vol.87 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.87 - プー・ルイ、卒業前ラスト・インタヴュー「本当の意味での新生BiSが始まるんだと思います」

vol.88 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.88 - カミヤサキ、トレード終了前ラスト・インタヴュー「かかってよかった呪いって感じです」

vol.89 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.89 - キカ・フロント・フロンタール インタヴュー「6人でのBiSを早くお披露目したい」

vol.90 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.90 - ゴ・ジーラ インタヴュー「終りと始まりが一気にくる日ですから、お祭りですね」

vol.91 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.91 - ペリ・ウブ インタヴュー「今は諦めないをモットーに生きています」

vol.92 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.92 - パン・ルナリーフィ インタヴュー「今の自分の中のよくわからない気持ちに区切りをつけたい」

vol.93 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.93 - ももらんど インタヴュー「新しい6人のBiSを見てほしい」

vol.94 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.94 - トリアエズ・ハナ「人の心を動かせるような歌を歌いたい」

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也
・2018年07月13日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第12回》zAk × 佐野敏也 INTERVIEW : zAk(レコーディング・エンジニア)× 佐野敏也(スペースシャワーネットワーク) プライベート・スタジオ「ロックン・ロール研究所」で音源制作を行うなど、音作りへの深いこだわりを持っていた忌野清志郎。『KING』『GOD』といったキャリア後年の作品ではソウル・クラシックな音作りが際立っている。そうした作品に携わっていたのが、FISHMANSの作品等で知られるレコーディング・エンジニアのzAkだ。そしてその間を取り持った人物が、『RUFFY TUFFY』『冬の十字架』でレコーディング・ディレクターを務めた佐野敏也氏。2人が間近で見た忌野清志郎の姿とは? zAkの所有するスタジオ「ST-ROBO」にて、対談形式で話を訊いた。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 高校時代、まわりはRCのコピーバンドばっかりだった──お2人は、お仕事で関わる前から清志郎さんの音楽は聴いていらっしゃったんですか。 佐
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode52 セントチヒロ・チッチ「BiSHは誰かにとってのヒーローであり続けたい」
[BISH]・2018年07月13日・【BiSH】Epsode52 セントチヒロ・チッチ「BiSHは誰かにとってのヒーローであり続けたい」 2018年3月発売のメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』がオリコン・ウィークリーチャート1位を獲得、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を即完させ圧倒的なライヴを行った"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。今年の夏は〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018〉〈SUMMER SONIC 2018〉をはじめ様々なロック・フェスにも出演する彼女たちが、初の両A面シングル『Life is beautiful / HiDE the BLUE』をリリース。また同日に内容が過激なゲリラ・シングル『NON TiE-UP』をリリースし、攻める姿勢は止まることをしらない。OTOTOYでは、8周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第1回は、セントチヒロ・チッチの声をお届けする。 BiSH初となる両A面シングルをハイレゾ配信中BiSH / Life is beautiful / HiDE the BLUE'【配信価格】WAV
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回
[CLOSEUP]・2018年07月10日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回──豊作! この夏、オススメの新譜! 梅雨という梅雨もないまま、あっという間に本格的な夏に突入! 今年の夏は長い夏になりそうな予感! 今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」始まります! 先月はこの夏のサマソニでの来日も控え、ドレイク、ケンドリック・ラマーといったビッグ・アーティストもラヴ・コールを送るUKの新星R&Bシンガー、ジョルジャ・スミスの初アルバム『Lost & Found』を取り上げました。今月は豊作な新譜の中からいくつかの作品をピックアップ! ぜひこの夏はこちらの作品たちをチェックしてみては?? >>先月号、第17回(2018年6月)はこちら 第18回 豊作! この夏、オススメの新譜! 夏が近づくと、夏っぽい曲がチラホラと出るじゃないですか。それらを拾いながら、今年の夏を断片的に妄想したりしません? 今、自分はその最中ですが、昨年は海や山が似合う明るい曲が多く、今年はクールな都会の夜を思わせるサウンドが多いように思います。まず1発目。個人的には今のとこ今年イチです。 先月の記事に組み込まなかったんですが、丁度1ヵ月前に突
by 斎井 直史
【BiS連載vol.96】BiS1st「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」
[POURLUI]・2018年07月09日・【BiS連載vol.96】BiS1st インタヴュー「私たちの進化を見逃さないでほしいです」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。激動の最中にいるBiSからBiS1stのインタヴューをお届けする。 BiS1st、初シングルを配信スタートBiS1st / Don't miss it!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ 750円(税込) 1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) INTERVIEW
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃
[CLOSEUP]・2018年06月29日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》 蔦岡晃 INTERVIEW : 蔦岡晃(有限会社フェイスクルー 代表取締役)忌野清志郎がヴォーカルを務めたRCサクセションは、1970年代の低迷期をタフに乗り越えると、エレキ・バンドとして生まれ変わり、80年代に大ブレイク。一度聴いたら忘れられない清志郎の歌声、派手なメイクとファッション、強烈無比なライヴ・パフォーマンスにより“THE KING OF LIVE"と呼ばれ、一躍脚光を浴びるようになっていった。今回ご登場いただく蔦岡晃さんは、RCの絶頂期からライヴ・スタッフを務め、清志郎の晩年にはライヴのオープニングに欠かせない役割を担っていた人物だ。長年、清志郎のライヴ・パフォーマンスを支え続け、現在も数多くのライヴ制作に携わっている蔦岡さんならではの視点から語る“KING"忌野清志郎とは。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys はじめてRCのライヴで清志郎を観たとき“こんな人は日本にいないな"と思った──蔦岡さんは、1979年にRCサ
by 岡本 貴之
【BiS連載vol.95】ネル・ネール「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」
[POURLUI]・2018年06月22日・【BiS連載vol.95】ネル・ネール「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。まさに激動の最中にいるBiSに6月より加入した新メンバーの中から、OTOTOYではBiS1stの初ソロ・インタヴューを2回に渡りお届けする。 BiS1st、初シングルをOTOTOYでも配信予定BiS1st / Don't miss it!!【発売日】2018年7月4日(水)1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) IN
by 西澤 裕郎
【BiS連載vol.94】トリアエズ・ハナ「人の心を動かせるような歌を歌いたい」
[POURLUI]・2018年06月21日・【BiS連載vol.94】トリアエズ・ハナ「人の心を動かせるような歌を歌いたい」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。まさに激動の最中にいるBiSに6月より加入した新メンバーの中から、OTOTOYではBiS1stの初ソロ・インタヴューを2回に渡りお届けする。 BiS1st、初シングルをOTOTOYでも配信予定BiS1st / Don't miss it!!【発売日】2018年7月4日(水)1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) INTERVIEW : トリ
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回
[CLOSEUP]・2018年06月19日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回──Jorja Smith 『Lost & Found』 今年もあっという間に折り返しの6月! 梅雨入りの日本列島ですが激しい寒暖差に体調を崩しがちな今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 先月の特集では、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化について紹介しました。今月は新たにUKから現れた、現在21歳のR&Bシンガー、ジョルジャ・スミスをピックアップ。ビック・アーティストたちからも多くの賛辞を浴びる彼女の待望となるデビュー作に迫ります! 8月にはサマソニにて来日も控えてますよ〜! >>先月号、第16回(2018年5月)はこちら 今月ピックアップ! UKから現れた新たなR&Bの新星によるデビュー作!Jorja Smith / Lost & Found'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,543円(税込)【収録曲】''01. Lost & Found02. Teenage Fantasy03. Where Di
by 斎井 直史