【WiLL ソロ企画】第3弾、釆澤彩香がめいどりーみん渋谷店でメイドになってご主人さまにお給仕してきた

「クール&ビューティー」をテーマに掲げ、2016年6月にデビューを果たしたガールズ・グループ、WiLL。ダンス・ミュージックをメインにした多彩な楽曲と切れのあるダンスが耳の早いリスナーの注目を集め、地方や台湾といった海外でのロック・イベントに呼ばれるなどアイドルという垣根を超えて活動中だ。12月8日にはTSUTAYA O-WESTで1stワンマンを行うことを発表している彼女たち。OTOTOYでは3ヶ月に渡りWiLLに迫る特集を展開。メンバー4人のソロ企画を4回に渡り掲載していく。第3弾は、釆澤彩香が11月26日(土)、渋谷にあるメイドカフェ「めいどりーみん」にて3時間に渡りお給仕した様子をレポート。もともとメイドが好きだという釆澤のまた違う一面をお楽しみください。

WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第2弾音源を配信開始

OTOTOY独占ハイレゾ配信スタート

WiLL / fallin’(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込)

>>「fallin’」のフリー・ダウンロード(mp3)はこちら

記念すべき初ワンマンをO-WESTにて開催

WiLL 1stワンマン・ライヴ「Will Grab Dream」
2016年12月8日(木)@TSUTAYA O-WEST
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
料金 : ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(DRINK別)

INTERVIEW : 釆澤彩香

2016年11月26日(土)18時から21時まで約3時間にわたり、渋谷にあるメイドカフェ「めいどりーみん」にて、WiLLの釆澤彩香がメイドを務めるスペシャル企画が行われた。実は、釆澤は約1年前に秋葉原 LIVE RESTAURANT Heaven's Gateでメイドとして働いており、いまでもお客さんとしてメイドカフェに行くほどのメイドカフェ好き。この日も前乗りしてオムライスを食べて楽しんでいたという。そんな釆澤にとって願ってもない企画ということで、はじまってみるとTwitterで告知を観たお客さんたちも約30名以上集まり、店内は満席御礼。オムライスにケチャップで絵を書いたり、コラボレーション・ライヴを行ったり、終始盛り上がりっぱなしだった3時間を本人へのインタヴューと写真でお届けします!

取材&文 : 西澤裕郎

衣装もかわいいし、現実世界を忘れられる

ーー3時間、働いてみていかがでしたか?

釆澤彩香(以下、釆澤) : 超短かったです! 3時間じゃ全然足りない!

ーーもともと「秋葉原 LIVE RESTAURANT Heaven's Gate」でメイドをやっていたんですよね?

釆澤 : はい、1年2ヶ月くらいやっていました。今日は辞めてから1年ぶりくらいに働きました。

ーー1年ぶりとは思えないくらいガンガン踊っていましたよね。

釆澤 : 事前に動画を見直して「いけるんじゃない?」みたいな感じで踊りました。もともと踊ってみたも好きで、メイドをやっているときにダンスを覚えて踊っていたんです。

この日のために作成された釆澤オリジナルメニュー表

まずはステージに立ってご主人様、お嬢様たちにご挨拶

ーー今日の企画は釆澤さんがすごくやりたかったそうですね。

釆澤 : グループにもコラボ企画の話がきていたんですけど、キャラじゃない子もいるから、今回1人ずつの企画ということで1人でやらせてもらいました。

ーー働いてる間は、どういう気持ちで動き回っているんですか?

釆澤 : えーなんだろう… 本当に楽しいんですよね! 衣装もかわいいし、現実世界を忘れられる。異次元みたいな感じじゃないですか?

ーーお客さんも現実を忘れられるし、釆澤さんも違う世界に飛んでいけると。

釆澤 : そうですね。普段、「にゃんにゃん」とか言わないじゃないですか? でもみんな言ってるし、ここではそれが普通なんです。

お嬢様たちからライヴのご注文が入りました

キレッキレのダンスをみせる釆澤

店長のひなたさんと一緒にコラボレーションしてライヴを披露

ーーメイドでやってきたことで、アイドル活動に活きていることってありますか?

釆澤 : まず、どっちにもライヴがあるじゃないですか。りーみんはお客さんがライヴを入れてくれれば入れてくれるだけライヴができて、私は踊るの好きだったから、りーみんでダンスを始めたんです。逆にアイドルはほとんどライヴだから、そこでパフォーマンス見せ方の役に立っているかなって思います。

ーー取材で会った時やライヴと違ってメイドの格好で働いてる姿を見ると、また違う魅力が見えてキラキラしていますね。

釆澤 : ここに来てくれたWiLLのお客さんも「いつもと違うけど楽しそうだね」って言ってくれたから嬉しかったです。

WiLLで見せる顔とはまた違った一面がかいまみえます

ーーダンス以外はどんなことをやったんですか?

釆澤 : もともと働いていたこともあって、いきなり(注文を取るための)ハンディを渡されたんですよ(笑)。なので普通に働いていました。あとはオムライスにお絵かきしたりとかかな。

ーーオムライスにはどういうことを書いたんですか?

釆澤 : 今日は大体名前かな。あとはうさぎ。うさぎを1番描きます。

お嬢様の前でオムライスにケチャップで絵を書いていきます

名前も書いて完成!! 食べるのがもったいない!!

ーーうさぎが好き?

釆澤 : 好きです。あとは簡単だから(笑)。

ーー(笑)。時々ポーズをしたり、セリフを言ったりするじゃないですか? あれはどういう意味があるんですか。

釆澤 : あれは美味しくなるおまじないなんですけど、料理でも飲み物でもなんでも持って行ったら、おまじないをかけるんですよ。それで美味しさが増すんです。

カクテルをシャカシャカして自らグラスに注いでいきます

頑張っている子がいいですね

ーー話ぶりからして、とても充実した1日だったみたいですね。

釆澤 : メイドは中学生の頃に初めて来てからずっと好きなんですよ。今日もライヴが終わってからここに来て、オムライスを食べてからチェキを撮って、働き始めました。

ーー今もメイドカフェにはよく行くんですか?

釆澤 : 昨日もメイドカフェに行きました。昨日は池袋だったんですけど秋葉原も行きますし、いろんなところを巡ってます。

この日2セット目のライヴパート

ーー自分がお客さんの視点で、どういう店だといいなと思います?

釆澤 : おまじないが好きなので、萌え萌えキュンがあるお店の方がいいですね。

ーーどういう子がタイプ?

釆澤 : 女の子ですか!? この子を見てメイドカフェ楽しいと思った子は、まじでアイドルみたいな子だったんですよ。細くてかわいくて。どんな子だろう…。頑張っている子がいいですね。

ーーメイドカフェでいいなと思った子が、アイドルになってライヴとかやっていたとしたら、そっちも行きますか?

釆澤 : あー、行くかなあ。

ーーそこはまたちょっと違うんですね。

釆澤 : 楽しければ行くかな。あとメイドと同じキャラなら行く。例えば、メイドの姿かわいくて好きになっても、WiLLみたいにクール&ビューティーがテーマで、そういう衣装だとまた違うものかなと思っちゃうかな。

ーーお店でその子と関われたりするのがやっぱり楽しいんですかね。

釆澤 : たしかにお話しもできますもんね。メイドカフェ。

注文してくれたお嬢様めがけてライヴをお届け

ーーアイドルはどういうところが好きですか?

釆澤 : モーニング娘。さんとかメジャーな人しかライヴは行ったことがなかったんですけど、それはパフォーマンスがすごくて好きでした。

私は正統派がいいんですよね、ザ・アイドルみたいな

ーーWiLLに入って「クール&ビューティー」というテーマで活動することになったときはどんな気持ちだったんでしょう。

釆澤 : 私はかわいいアイドルがやりたかったから、「やりたいものじゃないかもしれない」って言われたんですよ。だから最初は大丈夫かなって感じだったんですけど、みんながかわいいキャラじゃない分、自分はかわいいキャラでやっていけるし、よかったと思っています。衣装はかっこいいけど、きゃぴきゃぴやっていても他のメンバーと被らないし、よかったなって。

ーーWiLLの中で、釆澤さんはどういう部分を強く出していきたいと思いますか。

釆澤 : 私は正統派がいいんですよね。ザ・アイドルみたいな。実際、「WiLLの中で1番アイドルっぽいね」って言われるんで、たぶん間違ってないと思います(笑)。

ーー他のメンバーのキャラクターが強いですけど、そのなかで自分のキャラクターは出せていますか。

釆澤 : みんなキャラが強いから、何もしてなくてもそういう位置にいけるみたいな感じです。かわいいキャラは他にいないから大丈夫かなって(笑)。

ーー今日はワンマンのチケットも販売していましたけど、50枚を達成するまで伸び悩んでいたそうですね。自分のチケット販売枚数が伸びないことに対しては、悔しいとかそういう気持ちあったりしましたか?

釆澤 : 悔しかったんですけど、50枚を達成すると思っていなかったから、普通に嬉しい気持ちが強いです。私の場合、何十枚もまとめ買いするお客さんはいなくて、そういう人がいないと達成できないと思っていたから本当に嬉しいです。

釆澤のピクチャーチケット

直接、お嬢様にお渡しします。この日、7枚のチケットが売れました

ーー今日は釆澤さん推しかわからない人も来ていたじゃないですか。その中でやるステージはいつもと違う雰囲気だったんじゃないですか。

釆澤 : りーみんってオタクじゃない人も多いんですよ。だから外国人の方も多いし、そういう人にも知ってもらえてよかったです。(プロデューサーのyUsUkeさんを観て)楽しくないんですかー? 全然、ポーズとかやらないですよね。

yUsUke : 俺がやってたら気持ち悪くない?

釆澤 : わるくない! やらない方が気持ち悪い!

この日3セット目のライヴステージ。全部で10曲以上歌い、踊りました

ハートを作って愛情を伝える釆澤

ーーあはははは。最後にワンマンに向けての意気込みを聞かせてください。

釆澤 : ワンマンまで2週間を切っているんですけど、まだ振り入れをしていない曲が2曲あるんですよ。練習はギリギリになっちゃうけど、それでも余裕でできるくらい完璧にして、初めて来る人とか昔から知ってくれている人とかも「すごい!」と思わせるようにしたいです。いつも来てる人には、これからもついていきたいとか応援したいと思ってもらえるようなパフォーマンスができるように、あとちょっと詰め込んで頑張りたいです。

ーー今日来てくれた人も来てくれるといいですね。

釆澤 : 絶対来てほしいですね!

今回取材をさせてもらったお店はこちら



全16店舗を展開中の国内最大規模のメイドカフェグループ『maidreamin(めいどりーみん)』はいつでも100%の笑顔でお出迎えします。めいどりーみん渋谷店 Cafe&Dining Bar(電脳喫茶☆電脳酒場)は渋谷のド真ん中にある次世代メイドカフェ! スーパー電脳集団「TEAMLAB★」とコラボしたデジタル感満載な店内! まさにそこは『お客様一体型電脳LIVE空間』新しいメイドカフェを皆様に全力で提供させて頂きます☆ゆっくりカフェとして、又はみんなで騒げる居酒屋として。楽しみ方はご主人様お嬢様次第です♪

渋谷 Cafe&Dining Bar(電脳喫茶☆電脳酒場)
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-1 蓬莱屋ビルB1
TEL : 03-6427-8398

営業時間 月~木 13:00~23:00
金・祝前日 13:00~5:00
土曜日 13:00~5:00
日・祝日 13:00~23:00

URL : http://maidreamin.com/shop/shibuya_denno

WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第1弾音源を絶賛配信中

WiLL初のハイレゾ音源を独占配信スタート

WiLL / wherever you go(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込)

>>「wherever you go」のフリー・ダウンロード(mp3)はこちら

LIVE INFORMATION

WiLL 1stワンマン・ライヴ「Will Grab Dream」
2016年12月8日(木)@TSUTAYA O-WEST
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
料金 : ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(DRINK別)

PROFILE

WiLL

WiLLはダンス・ミュージックをメインに、cool&beautyをコンセプトとしたダンス&ヴォーカル・グループ。グループ名のWiLLは世界(World)に向けて、ヤバくカッコいい(iLL)グループになるという意味を持つ造語。あわせてWill(意思)という意味も持つ。2016年春活動スタート。

>>公式HP

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事