はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし

おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。

そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここからOTOTOYでも男性アイドルやグループの魅力を勉強し、定期的にお伝えしていけたらなと考えています!!

取材&文 : 西澤裕郎

ここは抑えておけ!! 注目の4強的存在

ーー男性アイドル・シーンを考えるにあたって、ジャニーズを大きな軸として考えると、どんな流れがあるんでしょう。

大きな別島みたいな感じでK-POPがあって、DA PUMP寄りのダンス系の島も別にあります。LDH系も別軸として存在している。w-inds.や三浦大知はダンス寄りの島ですね。その近くにSOLIDEMOとかAAAのようなグループもいて、AAAの弟分的存在にlolがいます。今、シーン的には4強的な存在がいるんですけど、それが、超特急が所属するEBiDANDa-iCEXOXBOYS AND MENです。

4つの中でもEBiDANがすごい。EBiDANは、スターダストプロモーションに所属する若手男性俳優・タレントで構成された「恵比寿学園男子部」の略なんですけど、超特急とかDISH//、M!LK、さくらしめじ、解散しちゃったんですけどカスタマイZっていうグループがいたり、PrizmaXっていうお兄さんグループやMAGiC BOYZもいる。年代順になっていて、ファンを共有し合う文化ができているんです。女性でいうとハロー! プロジェクトみたいなことです。その下には、CUBERS、FlowBack、X4、MAG!C PRINCEのような島でない一匹狼的タイプがいますね。

ーーいろいろなグループがいますけど、楽曲の特徴はあるんですか?

わかりやすくバキバキな音が多いですね。例えば、FlowBackっていうソニーがやっているグループは打ち込み感が強い。こういう子たちはずっとレッスンを積んできているから、ダンスも歌も上手いんですよ。


FlowBack 『Come A Long Way』Music Video Dance Version

エイベックスもそうで、それがさっきDA PUMP寄りって表現をしていた島のグループです。大体ダンスが映える曲になっている。X4かもそうですね。


X4「Party Up!!」MUSIC VIDEO

ーージャニーズのような楽曲をやっているグループはあまりないんでしょうか。

そこはみんな避けていますよね。そのジャンルで1番売れているグループをあげるとすれば、DA-iCEですね。


Da-iCE(ダイス) – 10th single「恋ごころ」Music Video【Full ver.】

オルタナティヴな男性グループたち

ーーいわゆるオルタナティヴな存在としてのグループはどうでしょう。

超特急の代名詞的な曲があるんですけど、事務所も同じだからかももクロ感がありますね。バッキバキな打ち込みサウンドっていうよりは、もっとふざけている。お客さんも合いの手入れたりして一緒に楽しめるようなサウンドになっています。


超特急「バッタマン」MUSIC VIDEO


あと、MAGiC BOYZには最近までZEN-LA-ROCKが関わっていて、中学生が本格的なヒップホップをしている。これは、アイドルファンにわかれって言ってもすぐにはわからないくらい攻めています(笑)。


【MAGiC BOYZ】Do The D-D-T!!【MV】


ーーたしかに普通にかっこいい!!

EBiDANも幅を見せたくて、MAGiC BOYZでこういう音楽もやっていると思うんです。BOYS AND MENも、超特急にちょっと似ていて、やり切るならやり切ろうぜって精神がある。この人たちは氣志團っぽいというか、学ランを着てわかりやすく見せています。なので、確かにみんなジャニーズを避けてきている感じはありますよね。


BOYS AND MEN - 「GO!! 世侍塾 GO!!(四字熟語Ver.)」フル

王道ど真ん中でやっているグループだと冠番組とかも持っているMAG!C☆PRINCE。王道アイドルって感じですよね。


MAG!C☆PRINCE - 「Spin the Sky」Music Video Full ver.

これから注目の一匹狼的男性グループたち

ーー個人事務所というかDIYでやっているようなグループでおもしろいグループはありますか。

ネットでめちゃめちゃバズっていたグループがあって、笑顔パンチっていうグループなんですけど、手作り感が目立って2ちゃんだったかな? で話題になった。


Your smile MV short ver

やっぱり彼らのMVのあと、大手が作っているグループを観ると全然違って見えるんですよね。衣装の作り方とか、曲の作り方もそうですけど、ちゃんと作って戦わないと勝てない。XOXは、いま人気の読者モデルとしてもを注目を集める中、音楽活動も始めた期待のグループですね。他にも読モ系だとZOLAもいますね。


XOX 『Skylight』MUSIC VIDEO

ーー楽曲派と言われているようなグループはいますか。

去年、「聴けるボーイズユニット」という攻めのキャッチフレーズに舵を切り1stアルバムをリリースしたCUBERSですね。ネットでは往年のSMAPを彷彿とさせるみたいな形でも話題に上がっていました。ちゃんとPOPに消化しているので若い女性ファンの方にも音のよさがわかるんじゃないかと思います。


CUBERS「Samenaide」 MUSIC VIDEO

レーベル Bermuda Entertainment japan  発売日 2017/04/10

01. Circus 02. NANDE 03. サイケ

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


他にはPrizmaX。アイドル感はないですが楽曲もディスコ・ファンク調もあれば洋楽を感じさせる曲もあります。歌が上手いんですよ。アイドルは隙をわずかに見せて応援したくなる感じを掴むと思うのですが、このグループは完璧を求めている印象でスキルが高いです。


PrizmaX「Lonely summer days」MUSIC VIDEO

レーベル 株式会社SDR  発売日 2017/04/05

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


なぜロック系の男性アイドル・グループはあまりいないのか?

ーーロック系のグループはいないんですか?

EBiDANに一組。SUPER★DRAGON。他だと単発ではあると思いますし、関ジャニとかもそうゆうイメージかもしれませんが、ラウドロック・テイストをやってるグループはあまり知らないですね。バンド・サウンドって、ストリングスとかをあまり積まないので、声がスカスカに浮くんですよ。音数が少なくて生っぽくなるので、ソロやダブルだったら聴けるんですけど、5声とか6声とかでそれをやっちゃうとチープに聴こえる可能性がある。ヴォーカルの位置をミックスで調整したり、オクターブのハーモニーを入れたりして楽曲をよく見せる努力が必要なので、ちゃんとわかっていないと挑戦しづらい。ダサくなっちゃう可能性があるからあまりやっていないんじゃないかと思います。


[MV] SUPER★DRAGON / BROTHERHOOD


ーーかなり駆け足に聞いてしまったのですが、男性グループの世界、おもしろいですね!! まだ初心者なので勉強していきますので、また話を聞かせてください!

OTOTOYで配信中の音源をチェック!!

o

 
 

コラム

てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編
[CLOSEUP]・2018年01月11日・てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編 昨年末からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップ、アイドルに引き続き今回はロック編!! 様々な出来事が起きた2017年、ロック・シーンはどんな一年だったのでしょうか。スカートやミツメなどと縁深いレコード屋・ココナッツディスク吉祥寺店から名物店長・矢島和義、そして音楽評論家の岡村詩野を迎えて振り返ります。対談の最後にはお二人からベスト・ディスク5タイトルを選出していただきました。お読み逃しなく!! もう「インディーだからカッコいい」っていう概念がないインタヴュー&文 : 鈴木雄希 構成 : 阿部文香 ──まず今年ロック・シーンにもいろんなことが起きたと思うのですが、おふたりが感じるキーワードみたいなものってありましたか? 矢島和義(以下、矢島):なんだろう…… 「メジャー」かな。スカートや、どついたるねん、never young beach(以下、ネバヤン)、Yogee New Waves(以下、ヨギー)とかもメジャー・デビューをしたし。あとラブリーサマーちゃんがCMの曲をやったりとか、イ
by 鈴木 雄希
スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』
[CLOSEUP]・2017年12月28日・スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』 岡村詩野が講師を務め、音楽に関わるさまざまな表現を学ぶ場『岡村詩野音楽ライター講座』。先日まで開かれていた2017年の10月期では『Year in Music 2017』を共通テーマとし、2017年にリリースされた作品の中からベスト・ディスクを選出し、原稿を執筆してきました。本ページでは、今回の講座の最終回にゲスト講師として登場していただいた、スカートの澤部渡氏と岡村詩野のトークセッションの模様を掲載。さまざまな音楽が生み出された2017年に聴くべき名作について語ってくれています。またライター講座の講座生によって選定された、2017年のベスト・ディスクについてのレヴューも掲載。昨年の音楽シーンの振り返りにもどうぞ! >>『Year in Music 2017』はこちらから!!
宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編
[CLOSEUP]・2017年12月20日・結成・加入・卒業・解散・メジャー進出──宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編 今月からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップの次はアイドル編です。他ジャンルに比べて、活動時期がある程度限られているジャンルだからこそ、日々の喜怒哀楽な情報や発表でアイドル界隈は大いに賑わいました。そんな2017年のアイドル・カルチャーはどんな一年だったのか、音楽評論家の宗像明将とともに振り返ります。今年のアイドル10タイトル選出もありますので読み逃しなく〜。 ライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年 インタヴュー & 構成 : 田尻菜穂子──2017年のアイドル界隈、ざっくり言うとどんな一年でしたか。 去年は欅坂46の圧勝でしたし、今年も私はNGT48の「世界はどこまで青空なのか?」のMVを何度となく見たのですが、巨大資本の圧勝というムードで終わらなくて良かったなと思いますね。フィロソフィーのダンスの活躍も目立ちましたし。ただ、「資本」というと「ラストアイドル」にライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年でもありましたね。あと、男性アイドルシーンの活性化も感じました。二丁目の魁カミング
【最大50%オフ】ファイナルファンタジー30周年記念!──高音質サントラが期間限定プライス・オフ!
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ファイナルファンタジー・シリーズ30周年記念!──高音質サントラが期間限定、最大50%プライス・オフ! スクウェア・エニックスの大人気ゲーム〈ファイナルファンタジー〉は2017年でシリーズ30周年! それを記念しOTOTOYでは12月20日(水)より3週間、歴代人気シリーズのサウンドトラックの最大50%プライス・オフがスタート! そして今までハイレゾでは未配信だったタイトルもカタログに新規追加! 最新作から懐かしのあのタイトルまで...ぜひこの機会をお見逃しなく! 期間 : 2017年12月20日(水)〜2018年1月9日(火) ご購入の際の注意点プライス・オフ価格は期間内(2018年1月9日(火)まで)に決済した商品まで適応されます。割引期間内にカート挿入しただけでは適応されません。決済のタイミングが上記時間から外れた場合は通常の価格が適応されますのでご注意ください。(12:01以降の決済では割引価格が適応されません)アルバム購入のみプライス・オフが適用されます。 プライス・オフ対象アルバムはこちら! FINAL FANTASY ORCHESTRAL ALBUM 【配信形態】24bit/96kHz(W
OTOTOY・クリスマス特集2017! ──聖夜にぴったりのクリスマス・ソングを新作からピックアップ!
[CLOSEUP]・2017年12月19日・OTOTOY・クリスマス特集2017! ──聖夜にぴったりのクリスマス・ソングを新作からピックアップ! 待ちに待ったクリスマスの季節! OTOTOYでもクリスマス特集をやっちゃいます。イルミネーションに染まり、イベント・ムードに街が包まれる年の瀬。クリスマスに予定がある人も、今年は一人でのんびりという人も、しっとりと音楽を聴く冬を過ごすのはどうでしょうか。 今回はニュー・リリースのタイトルの中から、とっておきのクリスマス・ソングたちをセレクト!! スタッフ一押しのクリスマス・ソングの数々を、レヴューと合わせて、お楽しみください。 文 : 阿部文香 H ZETTRIO 『H ZETTRIOのChristmas Songs』 ユニークかつテクニカルなピアノで独自のグルーヴを生み出し続ける珠玉のピアノ・トリオ、H ZETTRIOによるクリスマス・コンセプト・アルバム。初となるコンセプト・アルバムでは、誰もが一度は聞いたことのあるクリスマスのスタンダード・ナンバーの数々を、H ZETTRIO流に大胆アレンジ。たくさんの煌めきを詰め込んだようなワクワクするサウンドは、老若男女を問わず、聴く者の心を昂ぶらせること間
by 阿部 文香
OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──
・2017年12月11日・OTOTOY AWARDS 2017──2017年、OTOTOYを彩った珠玉のアルバム30選── 今年もやってまいりました“OTOTOY AWARD”。今年もOTOTOY配信中の作品から選りすぐりの30作品を紹介します。さまざまなフォーマットでのリリースも多い最近ですが、ここではあえてのオリジナル・アルバムに絞ってのジャンルを超えた30作品をランキング形式でおとどけします(シングル、ミニ・アルバム、ライヴ・アルバムなどは除外させていただきました! 悪しからず!)。OTOTOYお得意のフレッシュな新人から、この国の音楽シーンを作ってきたベテランまで多様な音楽性のチャートができあがりました。ぜひとも買い逃しなく! またそれぞれのジャンルに特化、その道の識者に2017年の音楽事情をきく「OTOTOYトピック2017」も展開中! ぜひともご覧ください(「OTOTOYトピック2017」1月中旬まで続きます!)。 30. Maison book girl 『image』【レヴュー】コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組ニューエイジ・ポップ・ユニット、Maison book girlによるメジャー1stア
トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編
[CLOSEUP]・2017年12月07日・トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編 ということで、OTOTOYの年末企画としてさまざまなジャンルの識者に、その年のポイントを訊くという企画「OTOTOYトピック2017」スタートです(年間ベストももうすぐ発表ですよ)。トップ・バッターはヒップホップ。本文中にもあるように、本国アメリカはもちろん、ここ日本も含めてヒップホップ、そしてラップという表現は世界中のポップ・カルチャーを席巻しております。ということで、ここで「いまのヒップホップってどうなっているの?」というOTOTOY編集部の問いに快く答えてくれたのは、block.fmの名物ヒップホップ番組「INSIDE OUT」のMC、さらにはさまざまな文章仕事でもおなじみ、日米のヒップホップはもちろんアメリカのアップデーテッドなポップ・カルチャーにも詳しい、渡辺志保を迎え、2017年、ヒップホップにまつわるトピックをいくつかあげてもらい語っていただきました。それではどうぞ。 米トランプ新政権誕生 〜ヒップホップのメインストリームはよりコンシャスに〜 インタヴュー & 構成 : 高木理太─
あなたは何バンド知っている?ーー音楽好きの若者が選ぶ! 2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選!
[CLOSEUP]・2017年11月30日・あなたは何バンド知っている?ーー2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選 個人的な体験として、2017年は去年と比べて圧倒的なヒット作がないといった声をしばしば聞く。しかし、当たり前ながら新しいバンドや新しい曲は絶えず生まれ続けている。そういった意味では2017年は、シティ・ポップから別のモードに移行する音楽シーンの基礎となる土台作りの年だったのかもしれない。海外でいえば、RideやSlowdiveの新作リリースによって生まれたシューゲイザー復興だったり、Anderson PaakやThe Internetといったフューチャー・ソウルのトレンドがWONKやyahyelを経て、日本でも開花しはじめていることだったりと、にわかに新しい音楽シーンの芽生えを感じさせることもあった。そこでライヴに足繁く通うOTOTOYインターンが2018年の音楽シーンを賑わしそうな若手アーティストを10選ピック・アップし、いち早く来年を占う!! 群雄割拠となった2017年、2018年はどうなる? エレクトロニカなのか、ドリーム・ポップ / シューゲイザーなのか、オルタナなのか、フューチャー・ソウルなのか、はたまたギタ
by 中の人
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事