セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!

10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。

>>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら

セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始

記念すべきインディーズ・デビュー・アルバム

セツナブルースター / エヅラ・ガラ・セツナ

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 324円 アルバム 2,268円

【収録曲】
1. 帰り道
2. 夢
3. ソリッド
4. シャバ・ダ
5. CHICKEN
6. 少年A
7. あすなろ

最高傑作!! インディーズ・2ndアルバム

セツナブルースター / 「二十歳」より

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 324円 アルバム 2,592円

【収録曲】
1. 六月の朝
2. 悲しみのバラード
3. ヒマワリ
4. 雨音
5. 靨のない男
6. 散歩
7. 紫色のマフラー
8. 十二秒

ライヴ会場限定シングル

セツナブルースター / 涙の成分について

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 324円 アルバム 648円

【収録曲】
1. 涙の成分について
2. うたかたは今

REVIEW : セツナブルースターとはなんだったのか?

残念ながら、いまではそのバンドを知っている人も少なくなってしまった。
「一瞬の碧い星」というバンド名のように…。

彼らは、2017年12月3日(日)、赤坂BLITZにて約10年ぶりの一夜限りのライヴを行う。2002年にワーナーミュージックからリリースした1stフル・アルバム『キセキ』の発売15周年と銘打たれており、これが復活といっていいのかはわからない。イベント名にしても〈倉島大輔 セツナブルースター「キセキ」リリース15周年記念「キセキ」全曲演奏ライヴ&モア〉と曖昧にされているが、この日に関しては3人のバンド体制でライヴが行われることは間違いなさそうだ。


倉島大輔「少年季」(弾き語り)

最初にお断りしておきたいのだけれど、この原稿は、そのメモリアルな1日の存在を知らずに見逃してほしくないという思いと、セツナブルースターというバンドへの並並ならぬ想いによって構成されたかなり感情的なものとなっている。なにを隠そう、筆者はセツナブルースターと同じ高校に通っていた同級生だからである。

セツナブルースターは、長野県長野市にある篠ノ井高等学校の同級生で結成された3ピース・ロック・バンドだ。ヴォーカル・ギターの倉島大輔、ベースの島田賢司、ドラムの宮下裕報の3人が上海PIZZAという名前で活動をはじめ、長野駅前にあったLIVE HOUSE J(現在は場所が東口から善光寺口に移動して存在している)をメインに出演、地元の高校生たちを中心に口コミで話題を呼んでいた。

高校3年生の2001年には、アルバム『エヅラ・ガラ・セツナ』でMULE RECORDSよりインディーズ・デビュー、翌年同レーベルより「『二十歳』より」をリリースし、当時史上最年少で〈フジロックフェスティバル〉に出演を果たした。2002年にはワーナーミュージックからシングル『少年季』をリリースしメジャー・デビュー。2002年12月にメジャー1stフル・アルバム『キセキ』をリリースしたものの、ワーナーミュージックを離れライヴ中心の活動を過ごし、2008年、東京吉祥寺プラネットKでのライヴを最後に無期限の活動休止に入った。

文字にしてしまうと、これだけ華々しいのに、遠い昔のことのように感じてしまうのかと愕然とする。

地元長野での上海PIZZA時代

筆者がはじめてライヴハウスに行ったのは、高校2年生の頃、セツナブルースターの前身バンド、上海PIZZAのLIVE HOUSE Jでのライヴだった。野球部の友人からチケットを学校で売ってもらい、不安を抱えてライヴハウスへ足を運んだ。見た目が怖そうな年上の人たちや、タバコの匂いが充満している会場、真っ暗で爆音で音楽が流れる会場は異世界のようだった。まわりにいる全員が不良に見えた。

そんななかオープニングSEとして流れたのは、Seagull Screaming Kiss Her Kiss Herの「Down To Mexico」。テレビから流れる音楽しか知らなかった高校生の自分からすると、そのオルタナティヴな楽曲に衝撃を受けた。ステージに登場した3人の姿はとても同級生とは思えないオーラに包まれていた。今思えば少し背伸びしたスーツを着ていたが、口に出さぬとも自分たちが最高だという佇まい、ソリッドなギターと少し高めの倉島のヴォーカルは、ブランキージェットシティやミッシェルガンエレファントのような硬派さに、スマッシングパンプキンズやニルヴァーナのグランジ感を加えたようなものだった。当時はそれを言語化することなどできなかったが、とにかく格好よかった。

なかでも静かなベースソロで始まる「金魚」という楽曲は、一度聴いただけなのに、自転車で40分かかる帰り道で頭の中をぐるぐるぐるぐると回るくらい中毒性の強いバラードだった。〈時は流れていくもので あなたの色も忘れていく 同じ部屋で肩を並べて 夢中に泳ぐ〉という歌詞を聴いて、倉島くんがこんなことを考えていることに衝撃を受けた。過去のインタヴューで彼らが語っているけれど、上海PIZZAの3人は学校の中でもイケている目立つ存在だった。バイクでツーリングをしたり、女子たちとも交流があったり、筆者からすると羨望を覚えるような存在だった。内省的で文学的とも言える歌詞の中に、まるで想像しない倉島くんが存在していた。

おもしろいのは、彼らが活動していた時期はHi-STANDARDを中心とした「AIR JAM 2000」の時期とも被っていたし、MONGOL800やGOING STEADYといった後に青春パンクと呼ばれるようなシーンの前夜といえる時期とも重なっていたけれど、それらとは違う音楽や存在感を醸していたことだ。その時期はiモードが登場し、高校生にも通信機器が普及しだしたものの、インターネットが気軽に使える状況ではなかった。高校生の抱える鬱屈とした気持ちを簡単に発散できるような場所もなければ、SNSもなかったことが、倉島くんの歌詞を文学的にしたのかもしれない。加えて彼らは1982年生まれで、神戸連続殺傷事件やバスジャックなど「キレる17歳」と呼ばれた世代でもある。そうした1つ1つのものごとが実は繋がっていて、それがセツナブルースターの下地となっている。

10代の焦燥感や葛藤、いらだち、ロマンティズム

地元の高校生を中心に話題を集めていた上海PIZZAは、たまたま東京でのライヴに出演した際、それを目撃した当時の所属事務所の代表がその魅力を強く感じデビューを果たすことになる。それに伴いバンド名も変更した。最近までセツナブルースターは大人の人たちが決めたのかと思っていたが、3人で名前を考えたという。

2001年4月18日にリリースされたインディーズ・デビュー・アルバム『エヅラ・ガラ・セツナ』には、上海PIZZA時代の曲がメインにアレンジを変えて収録されている。ささくれだっていて音が潰れているような質感は、当時のライヴハウスでの彼らをパッケージしたような雰囲気で「らしさ」が収められている。先ほど述べた「金魚」や地元の高校生たちがモッシュをする光景も見られた「Ghost Cow In The TV」、「ショットガン」といった名曲たちが収録されていないことだけが悔やまれる。叶わない願いだとはわかっているけれど、いつか音源化してほしいと未だに思っている。


セツナブルースター / 帰り道

翌年2001年12月19日にリリースされたのが、インディーズ2ndアルバム『「二十歳」より』。この作品は、タイトル通り彼らが20歳を迎える時期に作られた作品で、上海PIZZAとセツナブルースターを繋ぐマスターピースとなっている。この3人が生み出した最高傑作だと個人的には声を大にしていいたい。耳に強く残るメロディ、1stのように勢いに任せるだけではない轟音ギター、深化した内省的で文学的な歌詞。青春と一言でわりきれない10代の焦燥感や葛藤、いらだち、ロマンティズムが見事にパッケージされた他にはない作品だ。中でも最終曲「十二秒」で描かれるすれ違いは、若さゆえの苦い経験とつよがり、自己葛藤が繊細に描かれている。

僕という名の階段で 僕はいまつまづいている
君が涙を流した 僕は間違えてしまった

果てしなく長いはずの 道が夜のとばりで見えなくなりました
ただ僕は抜け出そうとして ただ君と抜け出そうと思った

なぜ君は泣いていたの 僕と君の距離は十二秒くらい
僕は知らないふりをして ただ前に進めた気がしたんだ

「十二秒」より

少年から青年へ、大人への移行

2002年に入り、ワーナーミュージックからシングル『少年季』をリリースしてからの活動は、筆者が名古屋の大学に進学したため、遠くからCDを買って追い続けるような形で追いかけていたが、その作品から感じたのは、少年から青年へ、大人への移行だった。それまでの長野の小さなコミニティを飛び出し、多種多様な人たちや大人と会うなかで、自分たちを対象化していく様がパッケージされている。それまでの彼らを見ていた筆者からすると、まるで別人になっていくかのような様子が少し寂しかった。しかし、メジャーという舞台で注目を浴びる彼らが誇らしかった。


セツナブルースター / 少年季

そして、2002年12月11日にリリースした、メジャー・デビュー・アルバムが『キセキ』。この作品でセツナブルースターの3人はひとつの成熟を示した。アルバムのなかに収録されている「みんなの歌」が象徴するように、彼ら個人のうたが他人を含むみんなのうたへと移り変わっていく様子とその揺らぎが見て取れる。この作品には、彼らの心境や環境、年齢のバランスがそのまま収められていて、この時期にしか作れなかった作品といって過言ではないものとなっている。


セツナブルースター / エレジー

その後、インディーズに戻り自主で活動をし音源も何枚かリリースするものの、セツナブルースターは2008年に活動休止をしてしまう。その直接的な原因を筆者は知らないけれど、成長期の繊細な移行をあまりに赤裸々に作品にしていくことと、それを何十年もやっていくことは適していなかったのだと思う。現在、倉島くん、島田くんは地元長野に、宮下くんは東京にてそれぞれ暮らし、音楽活動をしている。

筆者はセツナブルースターの活動休止のすぐ後に音楽の仕事をはじめた。なにかを書く場をもらえるようになったころには、彼らはシーンから姿を消していた。それがずっと心の隅に残っていた。それだけに、まさかこのような形で原稿を書くことになるとはまったく考えていなかった。


セツナブルースター / 涙の成分について

今回の記事作成にあたり、セツナブルースターのデビューのきっかけを作った当時の所属事務所の代表の方に話を訊く機会をいただいた。そのなかで、「彼らは大切な青春時代を音楽に捧げたのに、結果として活動休止という形になってしまった」と彼は語った。確かにバンド活動そのものは止まってしまった。だけど、彼らの葛藤や焦燥、いらだり、もがき、そして夢やロマンティズムは、いまも作品を再生することでみずみずしく蘇ってくる。ここにあるのは全て真実だ。だから、3人の青春、ひいてはそれに憧れ音楽業界の片隅で働いている自分だったり、セツナブルースターに影響を受けた人にとって、それらが今も聴くことができることは本当に感謝以外にない。

そして、もう2度と聴くことができないとどこかで思っていたセツナブルースターの3人での演奏が聴けるというのは本当に嬉しいことだ。青年から大人への軌跡をパッケージした『キセキ』を、それから15年経ったいまのセツナブルースターがどのように奏でるのか、少し怖くもあり、でもやっぱり聴きたい気持ちが溢れて止まらない。12月3日(日)、この機会を逃さないでほしいと切に願う。

text by 西澤裕郎

LIVE SCHEDULE

DECEMBER'S CHILDREN“昼の部” 倉島大輔
セツナブルースター『キセキ』リリース15周年記念 『キセキ』全曲演奏ライヴ&モア
2017年12月3日(日)@マイナビBLITZ赤坂
時間 : open 12:00 / start 12:30
出演 : 倉島大輔
スペシャルゲスト : 島田賢司、宮下裕報
チケット :
1F自由席 3,240円(税込・整理番号付・ドリンク代別)
UNDER 18チケット(1F自由席) 2,000円(税込・整理番号付・ドリンク代別)
チケット発売日 2017年11月4日(土)
>>DECEMBER’S CHILDRENイベント公式サイト
>>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページ

DECEMBER'S CHILDREN
2017年12月2日(土)@マイナビBLITZ赤坂
時間 : open 17:15 / start 18:00
出演 : the peggies / ねごと / パスピエ / tricot

2017年12月3日(日)@マイナビBLITZ赤坂
時間 : open 18:00 / start 18:30
出演 : geek sleep sheep / THE NOVEMBERS / LILI LIMIT
チケット :
1F自由席 4,320円(税込・整理番号付・ドリンク代別)
2F指定席 4,860円(税込・ドリンク代別)

PROFILE

セツナブルースター

倉島大輔(ヴォーカル、ギター)、島田賢司(ベース、ヴォーカル)、宮下裕報(ドラムス、ヴォーカル)。1998年10月長野にて、前身となる“上海PIZZA”を結成。地元を中心に活動しながら、01年4月18日にファースト・アルバム『エヅラ・ガラ・セツナ』(DCCM-2)をMULE RECORDSよりリリース。同年7月には〈FUJI ROCK FESTIVAL01〉に出演。10代の心象風景を、激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼ぶ。たたみかけるように同年12月19日にセカンド・アルバム『「二十歳」より』(DCCM-5)をリリース。02年には全国規模でのライヴ活動を行うようになり、6月12日にメジャーよりのファースト・シングル『少年季』(AMCM-10019)をリリース。同年の12月11日には同じくメジャーよりバンドとしてのサード・アルバム『キセキ』(AMCM- 10035)をリリース。その後、活動の場をバンドのレーベル等へと移行させつつ精力的に活動しながらも、2008年2月23日吉祥寺プラネットKのライヴを持って活動休止に入る。

>>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページ
>>倉島大輔オフィシャルブログ<通学路>

o

 
 

レヴュー

《12ヶ月連続配信企画、第12弾》──goodtimes、ラストを飾る不器用な彼らなりの愛あるメッセージ
[CLOSEUP]・2018年02月21日・《12ヶ月連続配信企画、第12弾》──goodtimes、ラストを飾る不器用な彼らなりの愛あるメッセージ 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らの第12弾シングル最終作「終わりを迎えた後のこと」の配信がスタート。この連載は今回で最終回となるが、あなたのこれからへの願いが込められた楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimesがあなたに贈る12ヶ月連続配信最終作goodtimes / 終わりを迎えた後のこと'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) 【収録曲】''01. 終わりを迎えた後のこと REVIEW : ラストを飾る、不器用な彼らなりの愛あるメッセージ ついに今回で最後となるgoodtimesの12ヶ月連続配信。今回のシングルは、「終わりを迎えた後のこと」といった失恋後の切なくも優しいラブソング
【REVIEW】Hanah Spring、新たな方向性を獲得した2ndアルバム『Dreamin’』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2018年02月14日・ソウルはどこを目指す?──Hanah Spring、4年ぶりとなるニュー・アルバム『Dreamin’』をハイレゾ配信 2014年、黒田卓也、Kan Sano、吉田サトシといった同世代の才能たちとともに作り上げたアルバム『Handmade Soul』をリリースしたHanah Spring。ジャズ・ミュージシャンの両親を持ち、幼少から音楽によって育まれてきた彼女による『手作りのソウル』は、温かい中にもストイックなまでのグルーヴが感じられ、そこに彼女の歌声が光る一枚だった。そんな彼女が4年の時を経て世に放つニュー・アルバムのタイトルは『Dreamin’』。表現力豊かな歌声でリスナーを夢中にさせてきた彼女が歌う「夢」とはいったいどんなものなのだろうか。待望の最新作をOTOTOYではハイレゾ配信するとともにレビューを掲載。お楽しみください。 4年ぶりのニュー・アルバムHanah Spring / Dreamin’'【配信形態】(ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC)>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. Dreamin’
by 海老沼 孝男
【REVIEW / ハイレゾ配信】フランツ・フェルディナンド、4年半のブランクを経ての新作!
・2018年02月09日・【REVIEW / ハイレゾ配信】今再びUKロックの着火剤となる、フランツ・フェルディナンドの野心と核心 UKロック・シーンの綺羅星、フランツ・フェルディナンドが4年半ぶりの新作『Always Ascending』をリリースした。本リリースまでの間には、2016年にはオリジナル・メンバーでもあるニック・マッカーシーが育児のために脱退、そして2人の新メンバー、ジュリアン・コリーとディーノ・バルドーが加入し5人組へとその体制を大きく変えた。この、バンドの新たなキャリアのスタートとも言える作品では、ダフトパンクの先輩格とも言えるモーターベースやカシウスといった名義でフレンチ・ハウス・シーンを牽引、またはフェニックスやカイドネスといったアーティストを手がけていることでも知られるフィリップ・ズダールをプロデューサーに起用している。それもあってか、彼らの大きな魅力のひとつでもあるダンサブルなサウンドへとフォーカスした作品と言えるだろう。OTOTOYでは本作をレヴュー、そしてハイレゾ配信でお届けしよう! 24bit/96kHzハイレゾ配信Franz Ferdinand / Always Ascending(24bit/9
by 井草 七海
【REVIEW】Taiko Super Kicks、ミニマムに振り切る新アルバム
[CLOSEUP]・2018年02月07日・Taiko Super Kicksがミニマムに振り切る新アルバム──『Fragment』に見え隠れする確信と自信 2015年、限りなくおおらかなメロディーと軽やかな実験精神でインディ・ポップ・シーンにゆらめきをもたらした『Many Shapes』から約2年、Taiko Super Kicksが、待望の新作フル・アルバム『Fragment』をリリースした。新鮮さと懐かしさが混在する不思議なサウンドと、細やかで広がりのあるアンサンブル、どこまでもしなやかに拡張されていくTaiko Super Kicksの音楽はさらなる成長を遂げている。そんな彼らは今作をひっさげて台湾を含む6都市を回るツアーの開催が決定! OTOTOYではハイレゾ配信もスタートします! ひさびさの新作を読み解く、土佐有明によるレヴューとともにお楽しみください。 2年ふりとなるニュー・アルバムTaiko Super Kicks / Fragment'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】1. たたかいの朝2
F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始
[FEATURE]・2018年01月24日・F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始 様々なゲーム作品をリリースしているLeaf/AQUAPLUSのヴォーカル曲を集めた『AQUAPLUS VOCAL COLLECTION』シリーズの第11弾アルバムが、ついにハイレゾ・DSDで配信開始となった。本作には「WHITE ALBUM2 -closing chapter-」 「WHITE ALBUM2 幸せの向こう側」「ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔」の楽曲が収録されている。OTOTOYではアルバム購入で歌詞pdfつき。歌姫たちの美声を歌詞とともに酔いしれてほしい。 AQUAPLUS VOCAL COLLECTION VOL.11'【配信価格】(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 3,240円(右)WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz) 単曲 324円 / まとめ購入 3,240円【Track List】''1. 時の魔法 -- 小木曽雪菜2. 心はいつもあなたのそばに -- 津田朱里3. closing -- 上原れな4. Routes -- 小木曽雪菜
by 純三
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック
[CLOSEUP]・2018年01月24日・《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らの第11弾シングル「ダークヒーロー」の配信がスタート。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、背中を押してくれる第11弾goodtimes / ダークヒーロー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) 【収録曲】''01. ダークヒーロー REVIEW : 泥臭さ上等。雑草根性で走り抜ける。 12ヶ月連続配信も今回を含め残り2回となった。寂しさが感じられるようになっているあなたは、すっかりgoodtimesの虜になっているはず。2018年になり、goodtimesのスタートは、彼ららしいキャッチーな王道ロックで攻める泥臭さ上等の雑
by ai
【REVIEW】2018年最初の要注目新人登場! 女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信!
[CLOSEUP]・2018年01月10日・確かな才能の萌芽がここに──今後要注目の女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信 すごい新人の登場です! 作詞、作曲、編曲そしてミックスまで一人でこなす、23歳(2018年時)の女性シンガー・ソング・ライター、その名もmarucoporoporo。そんな彼女が初音源となるEP『In her dream』を〈kilk records〉よりこの度リリース。力強くも繊細な歌声と、生楽器と電子音が重なり合う幻想的なサウンドは、デビュー作とは思えない完成度の高さに思わず息を呑むこと間違いなし。OTOTOYでは今作のハイレゾ版を独占配信すると共に、レヴューを掲載。期間限定(2018年1月10日(水)〜1月17日(水)23:59)にて音源のフル試聴も行っておりますのでまずは一聴を! OTOTOYではハイレゾ版を独占配信!marucoporoporo / In her dream'【Track List】01. Sunshine02. Touch the hand03. Dear04. Never let me go05. Little boy and girl【配信形態 / 価格】WAV、A
【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事