精神的にも経済的にも生きたいから芸術をしているーーヒロネちゃん、2017年以降の覚悟を語る

現在大学3年生のシンガー・ソングライター、ヒロネちゃんが、約10ヶ月ぶりとなるシングル『浴槽プランクトン』をリリース。ヒロネちゃんのいまにも消えてしまいそうな繊細な歌声と、それを引き立たせる壮大なバンドサウンドが優しく絡み合った名曲となっている。OTOTOYでは、恥ずかしいほどに赤裸々に綴られた片思いソング「おやすみ」、アコースティック・ギターとヒロネちゃんの歌声のみのラフな空気感を一発録りした「灯り」、シンプルなバンド編成ながら独特な構成を持つ「アイニー」、ヒロネちゃんの真骨頂であるピアノ弾き語りによる「静寂少女」の全5曲を収録したスペシャルパッケージを配信開始し、ヒロネちゃんの覚悟を語ったロング・インタヴューを掲載する。

OTOTOYスペシャルパッケージを配信スタート

ヒロネちゃん / 浴槽プランクトン

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3
単曲 250円(税込) / まとめ購入 1,000円(税込)

【TRACK LIST】
1. 浴槽プランクトン
2. おやすみ
3. 灯り
4. アイニー
5. 静寂少女


INTERVIEW : ヒロネちゃん

クラシック・ピアノを3歳から習い、通っていた高校の卒業演奏会では武満徹を弾くなどの経歴を持ちながら、ポップスの道へ舵を切ったシンガー・ソングライター、ヒロネちゃん。前作よりバンド・アレンジを野澤翔太が担当することで、より聴きやすいポップ・ミュージックへ変化を遂げた。そんなヒロネちゃんは2017年の1年間を音源制作とリリースに集中することで、卒業後も音楽を職業として続けられるかを判断するという。果たしてヒロネちゃんはなにを考え、どのように音楽に向かい合っているのか。話を聞いた。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎

野澤さんの捉われていない感じがいいなと思う

ーー(Twitterを見ているヒロネちゃんを見て)メッセージ、たくさん送られてくるんですね。

ヒロネちゃん : うん、DMを開放してるから。

ーーどんな内容が多いんですか?

ヒロネちゃん : 失恋しましたっていうのが1番多い。あとは死にたいですとか。ちゃんと見ています。みんな大変だなと思う。

ーーヒロネちゃんは恋愛の知識が豊富だと思われているんでしょうね。

ヒロネちゃん : そんなことないんですけどね(笑)。

ーー今作『浴槽プランクトン』を聴かせてもらって、活動初期の作品と比較してすごくよくなったというか、なんて言えばいいんだろう…。

ヒロネちゃん : 改善された?

ーーうーん、改善されたじゃなくて匿名性を感じるようになった。前はヒロネちゃんっていうキャラクターが全面に出まくっていたのが、ちょっと薄くなって先入観に縛られずに聴けるようになった。曲を作るにあたってなにか変えたんですか?

ヒロネちゃん : うーん、変えてないです。いかにもポップスというようなアレンジをしてもらったからですかね?

ーーアレンジは、ヒロネちゃんに惚れ込んで鳥取から上京した野澤さんがされているんですよね。

ヒロネちゃん : 惚れ込んだというか(笑)。野澤さんは当時鳥取に住んでいて今思えばちょうどいい距離感だったんです。親や友だちにも言えない音楽活動の悩みを電話で相談していた。野澤さんは野澤さんでこのまま鳥取で死ぬのはどうなんだってことを言っていて。そういうのが積み重なっていって、タイミングよくワンマンだったり音楽制作を手伝ってくれることになったんです。

ーー野澤さんはもともともミュージシャンなんですか?

ヒロネちゃん : 全然違いますよ。音楽をするのがちょっとした楽しみの鳥取の会社員だったんですけど、大森靖子さんが好きでそこから繋がったんです。web上で私の音源を聴いて連絡をくれて、そこからやりとりをするようになりました。

ーーヒロネちゃんは学校で音楽の勉強してきた人で、野澤さんは感覚的にアレンジとかを始めた人ですけど、音楽のコミュニケーションはうまくいっていますか。

ヒロネちゃん : 野澤さんは私に「音楽の勉強をしてきていて知識があるから凄いなって思う」って言ってくるけど、わたしからするとそれだけが全てじゃなくて。野澤さんは野澤さんで私より音楽をたくさん聴いているから洋楽とかもいろいろ知っているし、野澤さんの捉われていない感じがいいなと思う。お互いに尊敬してるところがあって、私はDTMが全くできないから、そういう部分でも補ってくれているし。

ーー前回のインタヴューでも言っていましたけど、ヒロネちゃんはガンガン曲を作っていくタイプなんですよね。それはいまも変わらずですか。

ヒロネちゃん : ガンガン作っているんですけど、1曲完成させるまでにはわりと時間がかかるんですよ。1週間くらい練るかな。いろんなワードを出して、そこにメロディをのせた1コーラスのパーツがいっぱいある。それを適当にパズルのように結んでいって1曲にするんです。「浴槽プランクトン」も、別の作りかけの曲のAメロにあった〈浴槽の中で泣いてた〉っていう歌詞を最初のAメロに結びつけていていって1曲になったんです。

ーー同時並行で何曲くらい作っているんですか?

ヒロネちゃん : 3曲くらいですね。最近買ったんですけど歌詞を書くためのホワイトボードが部屋にあって、最初は携帯に歌詞を適当に打つんですよ。そのなかから最近の旬なワードを書く。そうやって曲ができて、それとはまた別に曲を作りはじめたり。そうやって何曲か同時進行でできるんですよ。

ーー例えば、AっていうストーリーとBっていうストーリーからいいところを組み合わせると、話が全然違っちゃったりするんじゃないかって気もするんですけど。

ヒロネちゃん : 私の曲ストーリーがないから大丈夫(笑)。でも統一性はあると思うんですよ。なんとなく1つのまとまりがある。ホワイトボードは小さなのが3つあるんですけど、真ん中のボードに主体となるものを書いて、端のボードには別のものを書いていって編み合わせていく。だから全体でどれを入れてもわりと大丈夫なんですね。

ーー本作では、ピアノ弾き語り曲「静寂少女」、アコースティック・ギターと歌声のみの一発録り楽曲「灯り」と、さまざまな演奏スタイルに挑戦されています。どのようにして、演奏スタイルを決めていったのでしょう。

ヒロネちゃん : 曲作りをしている時点で「この曲はバンド編成がいいなあ」とか「この曲は弾き語りがいい」ってなんとなく自分の中で決めていて、例えば「浴槽プランクトン」はキラキラさせたかったのでアレンジは絶対ストリングスいれてってお願いしました。「静寂少女」や「灯り」はCDの3曲目に収録するために作ったので自然に弾き語りになりました。シングルの3曲目とかってバラード多いイメージだったので。

ーー「浴槽プランクトン」をはじめ、本作には他のミュージシャンも参加しているんですか。

ヒロネちゃん : わたしと野澤さんと2人で作り上げました。音に関しては2人以外だれも関わっていません。曲をつくってからアレンジしてもらってレコーディングする、そこまでの行程はできればシンプルで短いほうがいい。わたしは人付き合いが下手だからいろいろな人が関わってくださることが必ずしも自分の音によく反映するわけではなくて。いまは野澤さんと2人で納得のいくものをたくさん話し合って作っていくのが自分にあってる気がします。

ーー「灯り」は一発録りでの収録ということですけど、どのような場所でどのようにしてレコーディングされたんでしょう。

ヒロネちゃん : 野澤宅で録りました。絶対にこの曲は一発録りがいいと思っていたので全部で10テイクくらい録って、その中から決めました。一発録りでしかとれない緊張感や空気感ってありますよね。

ーー「おやすみ」は片思いソングになっています。どのような着想から生まれた曲なんですか。

ヒロネちゃん : 曲を作るにあたって、超"恋愛ソング"を作ってみようと思って書き上げた曲が「おやすみ」です。曲を書くときにありがちな表現にならないように気をつけているんですけど、例えば「キス」は絶対にいれたくないワードだったんです。恥ずかしいから。でもそういうワードを使ったりしてTHE恋愛ソングにチャレンジしてみました。あとはaikoの「二時頃」という曲に感化されたのもあります。あの曲も夜の電話がテーマなんですけど、わたし自身夜の電話が好きだったりしたので。

ありのままが嫌だからやっている

ーーヒロネちゃんは、2017年は毎月リリースするくらいのペースで音源制作と発表をしようと計画しているそうですけど、ライヴはやらないんですか?

ヒロネちゃん : あんまりやらない。音源をたくさん出したいんです。2016年も4枚くらいCD-Rも出していたし、結構出してたんですけどね。今年はもっとRecをたくさんして発表したいんです。

ーー音源メインでやっていこうと思ったきっかけはあるんですか?

ヒロネちゃん : もともと素の自分が嫌でした。何気なく歩いてるときに車にうつった自分の顔が嫌だったり、特に素の自分が嫌いで。なりたい自分になりたくて音楽を始めたのにギャップが出てきちゃったんです。音源はそのまま自分の世界観を作り込んで発信できるけど、ライヴではどうしても嫌な自分というか、MCだったり音楽以外のところが出てきちゃう。それで家に帰って1人になると鬱になっちゃったりしてました。

ーーお客さんはみんな優しかったですよね。

ヒロネちゃん : そうそう、やさしくて楽しいし、とても嬉しい。でもちょっと嫌になっちゃう時がある、自分自身に。

ーー素の自分が嫌だっていうのは、音楽活動をはじめても変わらないですか?

ヒロネちゃん : うん。ずっと変わらない。

ーーだからこそ音源には自分の理想を全部詰めこんでいると。

ヒロネちゃん : そう。アートワークとかジャケットとか、限られた情報は自分の理想通りのものにしています。普段の自分とは全く違うと思います。

ーー要するに、音源はある意味作りものみたいな気持ちもある?

ヒロネちゃん : そうです。ありのままなわけがない。ありのままが嫌だからやっているわけじゃないですか…。だから、何がありのままだよって思うんですよね。

ーーおもしろいのは、理想的なものを作ろうとしてるけど、アレンジは野澤さんのやりたいように任せてるってところで、そこは気にならないんですね。

ヒロネちゃん : わたしはDTMを扱えないから誰かにやってもらわないといけないし、だからって誰でもいい訳ではなくて野澤さんだからいいんだと思います。わたし本当に人付き合いが下手なので、野澤さんくらいの理解のある人じゃないと出来ないと思う…。私はいずれ音楽を仕事としてやりたいんです。私は芸術学部にいるんですけど、よく自分のために芸術をやっていて、商業的にはやってないって人がいるんですよ。私はその気がしれない。私は、精神的にも経済的にも生きたいから、だから芸術をしています。

ーーヒロネちゃんは2018年3月で大学を卒業するわけで、2017年に音源リリースだけで生計が立てられるかに挑戦したいってことなんですね。

ヒロネちゃん : もし仕事として音楽をやるとしたら、会社員みたいに朝何時に起きて定時に終えるっていうのをやりたいんですよ。朝8時に起きて曲作りを始めてお昼休憩をして曲作ってって。芸術家って昼夜逆転しているイメージがあるんですけど私はそういうのじゃなくて、ちゃんとした生活をしていきたいなって。

ーーなんでそう思うんですか?

ヒロネちゃん : 普通の人に対してすごく敬意があるんです。だから自分は芸術家だからみんなと違う、そんなのする必要じゃないとかじゃなくて、自分もそうなりたい。わたしはずっと普通になりたかった。だから、今も朝からバイトに行ったりしているんです。普通の感覚を忘れずに、普通の世界観からかけ離れ過ぎないような曲作りをしたい。

ーー前は、昼夜逆転していたときもあったんですか?

ヒロネちゃん : わりと今も逆転しているんですよ。それでちょっとニキビができたりするんですけど、今は大学生だから休みの日に書かなきゃっていうのがあるから。卒業して何もやることがなくなったら、自分に甘えたダメ人間になっちゃいそうな気がするから、ちゃんと朝に起きて、曲作って業務してって、そんな生活を送りたいんですよ。

ーーもし音源だけで生計を立てるのが厳しかったら、どうするんですか?

ヒロネちゃん : 就職かバイトします。

ーー他の仕事をしながら音楽はします?

ヒロネちゃん : 音楽は一生続けます。生き甲斐だから。もし本当に生計が立てられたら、朝はちゃんと起きて音楽のために就職をしたってことにしたい。

ヒロネちゃんの過去作も絶賛配信中!!

記念すべき全国デビュー作を配信スタート

ヒロネちゃん / きみの死因になりたいな

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3
単曲 200円(税込) / まとめ購入 1,200円(税込)

【TRACK LIST】
1. カロリーメイト
2. プラネットボーイ
3. 片道切符
4. 恐竜のうた
5. さみしいキャラメル
6. 19歳の夏
7. 目隠し
8. 死と魔法

※まとめ購入いただくと、特典としてwebブックレットがついてきます。

ディスクユニオン・チャート1位を獲得した作品を配信中!!

ヒロネちゃん / 神様

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3
単曲 200円 / まとめ価格 500円

【TRACK LIST】
1. 神様
2. スローモーション流星群
3. きみと雨ふりのうた


OTOTOYでしか手に入らないepを配信中!!

ヒロネちゃん / 憂鬱ep

【配信価格】
mp3 単曲 108円 / アルバム 540円

1. カロリーメイト
2. ピンポンダッシュ
3. 少女事情
4. 片道切符
5. 目隠し
6. 深夜0時


LIVE SCHEDULE

ちょっとはやいバレンタインイベント
2017年2月5日(日)@高円寺U-ha
料金 : 2,000円 (+1d)
時間 : 開場 19:00 開演 19:30
チョコレート付き
新譜の楽曲解説
その他 バレンタイン限定foodあり!
25席ほどのアットホームな会場のため、はやめのご予約お待ちしております。
メール事前予約(1月15日15時~)

来来来チーム 「muchujin」リリース記念ワンマンショー
来来来世紀で会おうよ 14 来年からちゃんとするから
2017年2月13日(月)@新代田fever
出演 : 来来来チーム
ゲスト : MCpero、ヒロネちゃん
時間 : 開場 19:00 / 開演 19:30
料金 : 前売 2,300円 / 当日 2,800円
ご予約は、mekakusirecords@gmail.comまで!

PROFILE

ヒロネちゃん

2014年から活動を開始。女性シンガー・ソングライター。​初の自主音源CD-R「わたしのep」を400枚完売させる。初ワンマン・ライヴを無力無善寺で行う。ディスクユニオンで発売した自主音源は、すべて​ディスクユニオン・インディーズチャート1位を獲得。​1stアルバム『きみの死因になりたいな』、2stアルバム『目隠し 照れ隠し』を発表する。​​2016年、mekakusi records設立。専属アレンジャーの野澤翔太と日々あたらしい楽曲を創作している。

>>ヒロネちゃん Official HP

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.