“高田馬場のジョイ・ディヴィジョン”による約1年半ぶりの快作!!
トリプルファイヤー、待望の新作『エピタフ』を先行配信&フル試聴

(左から)大垣翔(Dr)、鳥居真道(Gt)、吉田靖直(Vo)、山本慶幸(Ba)

過去2作『エキサイティングフラッシュ』『スキルアップ』での、無駄を削ぎ落としたタイトなグルーヴと意表を突く歌詞センスでリスナーを驚かせたトリプルファイヤー。彼らが約1年半ぶりとなる新作『エピタフ』を発表した。OTOTOYでは本作をどこよりも早く配信するとともに、収録曲のフル試聴を実施(フル試聴開始は2015年9月9日(水)17:00から)! また、「SEXはダサい」「なんかしゃべんないと友達になれない」など、収録曲名からも伺えるその独特の歌詞を堪能していただくために、歌詞ブックレットも付属。メンバー4人にしか作り上げることの出来ない異質の世界感を、インタヴューとともにお楽しみいただきたい。

期間限定収録曲フル試聴!!

M1「SEXはダサい」、M7「今日は寝るのが一番よかった」のフル試聴を2015年9月9日(水)17:00から実施!!(その他は45秒の試聴になります)


※お手持ちのスマートフォンにOTOTOYアプリをダウンロードすると、ストリーミング再生で簡単に試聴可能!!
※フル試聴期間 : 2015年9月9日(水)17:00〜2015年9月15日(火)

【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC / mp3
※ファイル形式について

【価格】
単曲 150円(税込) / アルバム 1,500円(税込)

>>ご購入はこちらから
ご購入いただくと、特典として歌詞ブックレット(pdf)が付属します

INTERVIEW : トリプルファイヤー

このアルバムは作業用にはまったくもって向いていないので、仕事しながら聴こうと思っている人はさっさと諦めて、ダラダラしながら聴いてください。僕も作業しながら聴こうと思ったんですけど、『エピタフ』はまったくもって無理でした。いきなり〈ロックはもう終わってる〜〉って、ほんとどうでもいいような熱量でヴォーカル吉田が叫んだ(?)と思ったら、〈SEXはダサい〉というフレーズがきてノックアウトされます。このアルバムには、わかりやすい言葉がたくさんあるけれど、使い古された言葉はほとんどありません。というか、わざわざ言う必要ないって言葉が詰め込まれています。それが本当に新しい。4人の見た目と雰囲気に騙されちゃいけません。当たり前すぎて描く必要もないと思っているところに盲点があることを思い知らされます。ぜひ、トリプルファイヤーの『エピタフ』、ダラダラしながら聴いてみてください。気が向いたらインタヴューも読んでみてください。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : 松木彰子

(歌詞の)スタメン落ちすることがある

——前作『スキルアップ』の〈高田馬場のジョイ・ディヴィジョン〉ってフレーズも強烈でしたけど、本作もかなり強烈ですね。まず、アルバム・タイトルが『エピタフ』って(笑)。

吉田靖直(Vo)

吉田靖直(以下、吉田) : なかなかアルバム・タイトルが決まらなくて、スタッフから「集大成的な、これが俺たちだ! みたいな感じの名前をつけよう」って言われて。「例えばエピタフみたいな」って例が出たんですけど、仰々しくて面白いなと思ったので、そうなりました。
一同 : (笑)。
大垣翔(以下、大垣) : ただ、これは深夜のテンションでいいと思っているだけかもしれないから、1回帰って寝て起きてから考えてみようってことになって1回寝たんですけど、大丈夫だったんで、じゃあエピタフにしようって。

——あはははは。

山本慶幸(以下、山本) : 今って何でも検索するじゃないですか? だから、ありきたりな単語だと埋もれちゃうんですよ。エピタフって単語はキング・クリムゾンの「エピタフ」もあるけど、あまり被らないので結構使えるんじゃないかと思ったのもあります(笑)。

——1曲目のインパクトもすごいですよね。「SEXはダサい」って(笑)。しかも、第一声が〈ロックはもう終わってる〉って、ものすごい気怠い感じではじまります。これ、吉田さんはどういう心境で書いているんですか?

吉田 : 人から“したり顔”で言われたらむかつきそうなことを書きました。
大垣 : たしかに関根勤の話、言われたらすげえムカつくもんね(笑)。

——〈結局 関根勤が一番面白い〉ってフレーズですね。

吉田 : あとは、自分で昔言っていたら恥ずかしいなってことを書いています。ついつい語ってしまうこととか。

——たしかに〈ロックはもう終わってる〉っていうのも、知った顔で語っている人多そうですよね。僕も言ったことあるかもしれないし…。

吉田 : 終わったとか、終わらないとかって、いろんな人がちょっとなんかロマンチックな顔で言ってますからね。
大垣 : そんな人類見たことないけど(笑)。

——あはははは。それで、そのあとに続くフレーズが〈テクノかヒップホップをやりなさい〉って。このダサさもヤバいですよね。なんもわかってない(笑)。

一同 : (笑)。

——そういうこと言いそうな人はわかるんですけど、〈SEXはダサい〉って意味があんまりわからなくて(笑)。

山本 : このフレーズ自体、たまにライヴで抜けたりするもんね。
大垣 : (歌詞の)スタメン落ちすることがある。
一同 : (笑)。
吉田 : 呑んでいるときに「SEXはだせえよ」みたいに言っている人がいて。「SEXはもう終わってるよ」みたいな感じで、それが自分的にパワーがあったんで。SEXはダサいっていうのを主軸に据えて書いてみたんですけど、だんだん曲のテーマが変わってきて、相容れなくなってきた… みたいな。

吉田のデモって聴いてムカつくんすよね

——基本的に作詞は吉田さんですけど、作曲はほとんど鳥居さんですよね。無駄を削ぎ落としたようなミニマルな感じっていうのは意識されて作っているんですか。

鳥居真道(Gt)

鳥居真道(以下、鳥居) : 最近は、あまり意識してないですね。
大垣 : 前は意識してたの?
鳥居 : なんかミニマルっていうテーマがあったっぽかったから、ちょっと意識してやっていたんですけど…。

——鳥居さんのデモがかなり固まった状態でメンバーに渡されるそうですけど、ドラムのパターンなんかも鳥居さんのほうで組んでしまうんですか。

山本 : ベースもそうっすね(笑)。
大垣 : 完全に設計図をもとに… それをただコピーさせていただいてる。
山本 : 弾かせていただいてる(笑)。

——(笑)。逆に吉田さんが作曲してる曲に関してのデモはどんなものなんでしょう。

山本 : 吉田は、鳥居くんと比べるとデモを作るのが下手なので。
大垣 : デモ力(りょく)やばいよね。高校生と小学生ぐらい違いますよ。
山本 : スタジオに入る1時間前にアップロードしたりして、「どうすんだよこれ…」みたいなこととかもありますね。前まで「トラックに轢かれた」に関してはギターで作ってて、ちょっと前まではiPadでやってたんですけど、今はパソコンでやってんのかな? どんどん、「これ、人力で再現できるのか?」みたいな世界に入っていって。大体ボツになるっていう。
一同 : (笑)。
山本 : その人力でできるのかみたいな曲が「今日は寝るのが一番よかった」です。最初はすげえわけわかんなかったんですよ、これできるか? って(笑)。
大垣 : これは、すげえムカつきました(笑)。は? みたいな。なんなんですかね、吉田のデモって聴いてムカつくんすよね。なんかイラッとくる(笑)。

——なにがそんなにイラっとくるんでしょうね。

山本 : なんというか、親切じゃないんです。これは人に伝えることか? みたいな。
吉田 : その辺のさじ加減がわからないんですよね。
一同 : (笑)。
山本 : 「面白いこと言わない人」は、吉田が多少フレーズを作っていたんですけど、途中で鳥居くんに投げて完成を見るみたいな感じの曲だよね。

——「質問チャンス」の作曲クレジットは、完全に吉田さんですよね。

山本 : これは、けっこう前の曲なんです。この人(吉田)はツールに頼るというか、新しい物を導入すれば「俺でも出来るはずだ」っていうのをずっと思ってる人なので、そのときどきで作り方がどんどん変わっていくんですよ。これは、まだギターとかベースとかを弾いて重ねてた頃の曲なんです。

普通だったら、まじなんの意味もないんで

——前作『スキルアップ』と聴き比べると、今回の音作りはよりドライな感じがしますよね。もともと装飾が少なくて音も乾いていると思っていたけど、よりストイックになったというか。

鳥居 : あまりニューウェイヴっぽい感じじゃなくしたいっていうことをまず言っていて。個人的に、ニューウェイヴはあまり聴いてないんで… まあ、聴いてますけど。そういうモードじゃなかったんですよ。もっと前のサウンドのほうが今は好きなので、そこはニューウェイヴっぽくない感じでってことをプロデューサーの吉田(肇)さんに言いましたね。

——ニューウェイヴより前って言うと、70年代の音とかですか? 具体的にどういう名前をあげたか教えてもらえますか?

鳥居 : 「戦争の話」では、ミーターズって言ったり。あと、ブラジルのジルベルト・ジルとかトン・ゼーとかああいう70年代のブラジル・ロックみたいな感じで。


Tom Ze - Dor e dor

——作品を重ねるたびに、吉田さんの言葉の精度や感度が鋭くなっているような気がするんですよ。

吉田 : いや、特に鋭くなっていってるとは自分では思ってはいないんですけど、ちょっと面白い組み合わせにしようとかは常に意識はしていますね、歌詞を書くときは。

——言葉を使って表現することが、吉田さんの本質的な芸術活動なんでしょうね。

吉田 : 特に短い大喜利みたいなものは、高校の休み時間とかにみんなでお題を出して考え合ったりとかしていて、そういう向上心だけは強いんですよね。
大垣 : 本当にそこだけだよね(笑)。

大垣翔(Dr)

——誰もが共感できるけど、あえて誰も言ってなさそうな言葉を書いていて、どうってことないように思えてナンセンスなんだけど、誰も口に出していってないから本当に新鮮なんですよ。

山本 : 普通に「今日は寝るのが一番良かった」って言っちゃダメでしょ!
一同 : (笑)。
大垣 : この曲はどうしても入れたいって、吉田が言ってましたからね(笑)。寝るとか寝ないとかじゃなくて、自分でやってしまった失敗とかそういうのを肯定するっていうのはすごくわかるよね。

——「面白いこと一回も言ってない」とかって、吉田さん自身が自分に対して思うことなんですか?

吉田 : いや、それは知らない人とライヴハウスでしゃべっていたら、いきなり「お前つまんねえな」って言われて。まあ確かに面白いこと言ってなかったら面白くない人だよなと思ったんですけど、でもすげえむかつきすぎて、歌詞を作りたくなりました。

——あはははは。知らない人にそんなこと言われる人、いるんですね。

山本慶幸(Ba)

大垣 : 普通言われねえからな(笑)。
山本 : 可哀想にな。
吉田 : そうなんですよ。なんか言いやすい顔してるんですよ。
大垣 : ああこいつなら言えるな。むしゃくしゃしてるしみたいな(笑)。

——「変なおっさん」とかも自分に重ねる部分はあるんですか。〈新しい価値観の若者が スターダムを駆け上がっていく〉っていう歌詞も、若い世代の子たちの状況を俯瞰して書いてるようにも見えたりもしますけど。

吉田 : まあ、それはいつでもあることなんで。というか、自分が関係ないところでいろんなことが起こっているなみたいな感じです。そこまで現実を反映させてる意識はとくにないです。

——トリプルファイヤーは、マイペースにバンドをやっているように見えますけど、どういうときにバンドやっててよかったって思いますか?

吉田 : 例えば、僕が歌詞に書くようなことは、普通だったらみんなまじめに聞いてくれないようなことが多くて。それを人に伝えられる場があるっていうのは結構嬉しいというか。普通だったら、まじなんの意味もないんで。
山本 : 呑んでるときに言うことだもんね。「この前寝るのが一番良かったんだと思ったんだよねえ」とかって。
一同 : (笑)。
大垣 : あるあるで終わるもんね(笑)。作品にまで昇華できるのって、バンドぐらいだからね。
山本 : 伴奏に乗せて人前で歌ってね。

——10年ぐらい前の評価の基準として、新しい音楽を更新していくことが重要だったと思うんですけど、いまはそこがフラットになりつつあって、それでも、誰もやっていない音楽とかサウンドを作りたいという気持ちは強いですか。

鳥居 : 最近ちょっと意識しだしていますね。まあ、別に新しい音楽はいらないじゃん、昔の聴けばいいじゃんって思っているんですけど、その昔の人は当時新しいことをやっていたので、そういう人たちがしてきたことを自分たちは全然出来ていないなと思うと、もうちょっと試行錯誤したほうがいいんじゃないかなって。ちょっと手抜きな気がしてきて。

一同 : (笑)。

——『スキルアップ』を出して以降、トリプルファイヤーの立ち位置がかなりはっきりしてきたと思いますけどね。バンドとか音楽に限らず、ライバルとか意識するものってあったりしますか? 。

山本 : … いないなあ(笑)。
大垣 : いいなって言ってくれてる人がだんだん増えてきて、別に他のバンドのことは全然気にならなくなりましたね。昔は全員殺したる! みたいな感じだったんですけど。
山本 : そんなに(笑)?
大垣 : それはまあ言い過ぎだけど(笑)。少なくとも対抗心はあったけど、いまはもう別にないなって。それを考えても意味ないなと思って。
山本 : 逆にこいつらと一緒にシーンを作っていくぜみたいなのもないじゃん。
大垣 : まあ自分たちがどうするかって話なんで。他のことを気にするのって、すごい無駄だなって思いましたね。

——じゃあいまは、トリプルファイヤーの中での新しいものとか次なるものを作っていくというところのほうが強い?

吉田 : … まあ、自分らがうまくいけばいいなって思います。
一同 : (笑)。

過去作はこちら

トリプルファイヤー / エキサイティングフラッシュ

「パチンコがやめられない」、「つぎやったら殴る」、「おばあちゃん、俺、俺」等ショッキングで、ある意味世相を色濃く反映した詞世界。人間の生活の中での闇を見据えつつ、でもそんな深く掘り下げたりもせず、日常的に思ったことを歌詞にしたような世界観は笑えながらも、各々の心にチクリと刺さってくる。そんな歌とは裏腹に演奏は無駄な音を一切排除した、ストイックなニューウェイヴ・サウンド。トリプルファイヤー、初のスタジオ・レコーディング作!!

>>特集ページはこちら

トリプルファイヤー / スキルアップ

初作品から約1年半ぶりとなる『スキルアップ』は、サウンド・プロデューサーに吉田肇(PANICSMILE)を迎え録音。格好良いサウンドにのせて、好きな人にはたまらない&そうではない人にはそれなりの曲が満載。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

大感謝祭~トリプルファイヤー エピタフ・リリース・ツアー徳島編~
2015年9月19日(土)@徳島銀座CROWBAR

セキ企画〜NETWORK of FRIENDS vol.1〜
2015年9月20日(日)@高知CHAOTICNOISE

SHIMOKITAZAWA INDIE FANCLUB 2015
2015年9月22日(火・祝)@T.B.A

ぐるぐるTOIRO2015
2015年9月26日(土)@さいたまスーパーアリーナTOIRO

WASEDA MUSIC SHOWCASE vol.1
2015年10月11日(日)@渋谷WOMB

東京工芸大学中野祭
2015年10月12日(月・祝)@東京工芸大学中野キャンパス

東京フレンドパーク
2015年10月18日(日)@秋葉原CLUB GOODMAN

ボロフェスタ2015
2015年10月24日(土)@京都KBSホール / METRO

音めがね presents 武蔵野美術大学芸術祭ステージ・イベント
2015年10月25日(日)@武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス 体育館

松石ゲル・プレゼンツ「ワイルドパーティーvol.4」
2015年11月1日(日)@金山ブラジルコーヒー

プププ・イン・ワンダーランド
2015年11月2日(月)@十三ファンダンゴ

トリプルファイヤー『エピタフ』発売記念ワンマン“アルティメット パーティー”
2015年11月24日(火)@渋谷CLUB QUATTRO

『エピタフ』レコ発ツアー福岡編
2015年12月12日(土)@薬院UTERO

PROFILE

トリプルファイヤー

2006年結成、2010年に現在の編成となる。2012年5月『エキサイティングフラッシュ』、2014年2月『スキルアップ』を発表する。「高田馬場のJOY DIVISION」「だらしない54-71」などと呼ぶ人もいる。ソリッドなビートに等身大の歌詞をのせていてかっこいい。人気がある。メンバーはみな性格が良く、友達が多い。

>>トリプルファイヤー Official HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ