Articles

View More
  • Episode53 EMPiREが振り返る、国際フォーラムホールAでの限界突破

    連載
  • パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

    インタヴュー
  • 今回のテーマは「こんな子、学生時代にいたかも?」──井出ちよの、高校生活シリーズ完結編『みんなの高校生活』

    インタヴュー
  • 徒歩ツアーを経て産まれたPIGGSとしての覚悟──最強の5曲が揃った最新EP『5 KILL STARS』

    インタヴュー
  • REVIEWS : 010 VTuber(2020年12月)──森山ド・ロ

    連載
  • 20年先もこだまする、希望に満ち溢れたやまびこ──活動20周年を迎えたイナダミホ、待望の新作『johoo』

    インタヴュー
  • 芳醇なグルーヴは、よいお酒に似たり──路上のベーシスト、Yuji Masagaki『Wake Up』

    インタヴュー

Best Sellings

View More
  1. みんなの高校生活
  2. THE BOOK
  3. 怪物

New Arrivals

Daily New Arrivals
  • Dear Dear

    竹達彩奈 初のデジタルシングルは、ミト(クラムボン)サウンドプロデュース! c/w曲には、2020年8月8日に開催されたFC3周年記念生配信 竹達彩奈スペシャルトーク&ライブ「flower moon」より新曲「フワラームーン」を初音源化!(LIVE音源)

  • ZEAL of proud

    Roseliaが11枚目のSingleをリリース!表題曲・カップリングのいずれもスマートフォン向けゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」で配信され、大好評を博した楽曲だ。表題曲の「ZEAL of proud」は”頂点”へ進んでいくRoseliaを力強く、前向きに表した楽曲。彼女たちの決意を表明しているかのようなメンバーのソロパートは必聴だ。カップリングの「Blessing Chord」はイントロの鐘の音がシンボリックな、Roseliaが贈る祝福の歌。激しいロックサウンドでありつつも、荘厳な世界観の楽曲に仕上がっている。”頂点”へ歩み続けるRoseliaの最新作をお聴き逃しなく!

  • 東京

    アユニ・D(BiSH)のソロバンドプロジェクト「PEDRO」がニューシングル『東京』をリリース! "東京"は松隈ケンタ作曲の楽曲でアユニ・Dが札幌から上京してきて、東京という街で生活をする中で様々なことを感じとった内容を歌詞にしたメッセージソング。"日常"は全てのライブとレコーディングでサポートギターをつとめている田渕ひさ子(NUMBER GIRL, toddle)が書き下ろしアレンジを行なった楽曲で、こちらの楽曲の作詞もアユニ・Dが担当。

  • MY INNER CHILD MUSEUM

    デビュー以来、築いてきたシンガーソングライターとしての確固たる存在感にとどまらず、その圧倒的なパフォーマンスにより、シンガー、ヴォーカリストとしての存在感がキャリアを重ねるごとに高まっている阿部真央が、幼少期から親しんできた楽曲をカバー。本人によるピアノ弾き語り一発録りの「いつの日も ~MY INNER CHILD Ver.~」などセルフカバーも収録。阿部真央のシンガーとしての魅力を存分に堪能できる、カバーアルバムの決定盤です。

  • これくしょん3

    YouTuberランキングTOP50位入りを果たし、名実共に日本のTOP YouTuberとなったコバソロ。 大ヒットを続けているコンテンツ、カバーシリーズ第3弾完成!

  • C19 Rhapsodies (LIVE at Shibuya O-EAST_2020.10.2)

    Have a Nice Day!、昨年O-EASTのワンマンライブを収録した5曲入り音源『C19 Rhapsodies (LIVE at Shibuya O-EAST_2020.10.2)』を配信リリース!

  • SYSTEMATIC(24bit/48kHz)

    2020年最注目のアイドルグループ、サンダルテレフォンが、8月25日にリリースしオリコンデイリーチャート3位を獲得、各所にて話題沸騰となった1stミニアルバム『Step by Step』に続き、待望の1st EP『SYSTEMATIC』を2021年1月19日に全国リリースする。今作の表題曲「SYSTEMATIC」は、サンダルテレフォンの楽曲の要となっている。 サウンドプロデューサー:ちばけんいち氏による新曲、そして楽曲制作の双璧をなすmegane氏による書き下ろし曲も収録予定。更に人気曲「コーリング」「Magic All Night」のリミックスバージョンもそれぞれA盤B盤に収録され、盛り沢山の内容となっている。タイトル曲の「SYSTEMANTIC」は、ニュージャックスウィング調のサウンドに、どこか懐かしさを感じる歌謡曲メロディーを合わせた楽曲。前作アルバム『Step by Step』の収録曲から、よりダンスミュージックに磨きをかけた作品となっている。メインボーカル"小町まい"の艶やかでセクシーな声が魅力的で、思春期から大人になるまでの女性の恋のもどかしさを等身大に描いた歌詞の方も是非チェックしながら聴いて欲しい。 <プロフィール> 2019年4月結成。略称”ダルフォン”「音楽で世界を笑わせたい、泣かせたい、踊らせたい」小町まい,夏芽ナツ,藤井エリカ,西脇朱音からなる4人組ガールズグループ。グループ名の由来は「電話が繋がらなくても、大切な人とは心で繋がっていたい」という思いから。 ダンサブルなポップスをサウンドの軸に若者の等身大の感情を歌詞に取り入れた楽曲と洗練されたライブパフォーマンスで観る人全てを魅了する。ライブ以外にも防犯大使等の社会活動を通して、幅広い層から愛されるグループを目指す。 2020年8月25日1stミニアルバム「Step by Step」を全国リリース、オリコンデイリーチャート3位を獲得した。9月20日には初のワンマンライブを六本木morph-tokyoにて昼夜2公演開催、チケットはソールドアウトし、大盛況で終えた。

  • Ex.LIFE

    網守将平の2年振りとなるソロアルバムのリリースが決定。大貫妙子やDAOKOなど様々なアーティストとの作編曲/演奏活動、写真家の小山泰介らとの共作インスタレーションの展示など、作曲家の範疇に止まらない幅広い活動を展開する網守将平。コロナ禍前の期間も含め約1年かけて制作された本作は、前作『パタミュージック』でのポップと実験の過激な往来から一転し、メロディーメイカーとしての潜在的なセンスを遺憾無く発揮。自身のヴォーカルやビートは封印し、必要最低限の音響により静謐ながら色彩豊かな映像を喚起させつつ、あくまでピアノを中心としたメロディーに重きを置いたストイックな作風を提示している。さらに"演奏者が自らの音を聴けない状態で演奏する"というルールに基づいた、"非聴覚作曲"という方法を考案し使用した楽曲も収録。

  • Home

    昨年5月にリリースしたEP『Spirit』に続く待望の全曲セルフ・プロデュース・アルバム! 創造性とコミュニティの基盤としての「家」をテーマにした作品。推進力のあるビート、ストリングスが奏でるオーケストラのような華々しさ、反芻するピアノの響き、性別を超えた官能的なヴォーカルから成り、全てがこれ以上ないほどに密接に関係し、活力のあるサウンドで溢れた傑作!アルバム・タイトルは、デビュー以来ヨーロッパを中心としたツアーでずっと世界中を回り続けてきたミロシュが、より心の安らぎを得られる恒久的な空間、シンプルに生きられる場所を求めるようになったことから辿り着いた境地でもある。

  • NIHIL

    Yo-Seaや3House、DJ KANJIへのトラック提供やプロデュースワークでも知られている沖縄出身のアーティスト、Jay Walker。Saint Vegaが中心となってuyuniらと立ち上げた新レーベルから満を持してリリースする1st EP。

  • magazine

    2018年に結成した東京を拠点に活動する7人組ヒップホップバンド、TOKYO RAVE GROUPIEが1st EP『magazin』をリリース!

  • 日向ハル・バースデイ・ライブ・アット・キネマ倶楽部 2020

    フィロソフィーのダンスをその歌唱力で引っ張るメンバー、日向ハルのライブ・アルバム「バースデイ・ライブ・アット・キネマ倶楽部2020」が配信スタート。本アルバムは、2020年1月29日鶯谷キネマ倶楽部で行われた聖誕祭での音源によるライブ・アルバム。生バンドを背負って本人の思い入れのある楽曲を熱く歌い上げた至極の一枚となっている。

  • give it back

    TVアニメ「呪術廻戦」第2クールエンディングテーマ

  • 優しい彗星

    小説を音楽にするユニットYOASOBIの8th SG。2018年マンガ大賞を獲得、2019年にアニメ化された板垣巴瑠「BEASTARS」アニメ第2期のエンディングテーマです。オープニングテーマ「怪物」が話題沸騰中の中発表される、異例ともいえるOP/EDのダブルタイアップ。OPとは打って変わって、心の奥底にそっと触れるような優しい歌声がアニメ作品の展開と相まって聴く人の耳に染み渡ります。

  • Love Is Life

    シンガーソングライター・向井太一、新曲「Love Is Life」を配信リリース

  • nirvana

    dodoとtofubeatsのコラボ曲「Nirvana」。別れをテーマにしたこの楽曲は、リリックと共にトラックも両者で制作を行った楽曲となっていて、dodoにとっては自身名義での楽曲でのコラボ曲はこれが初めてのこととなる記念碑的な1曲だ。ミックスはtofubeats、マスタリングは徳能直也が行っている。イントロのループをtofubeatsが作成しその後の展開をdodoがリミックス形式で作成した。最終的にtofubeatsが整えた、トラックしても独自の変化を遂げた作品だ。

  • 目隠し

    フィロソフィーのダンスのメンバー、日向ハルがソロ楽曲「目隠し」を配信リリース!

From Major Labels

Universal Music Group

  • 東京

    アユニ・D(BiSH)のソロバンドプロジェクト「PEDRO」がニューシングル『東京』をリリース! "東京"は松隈ケンタ作曲の楽曲でアユニ・Dが札幌から上京してきて、東京という街で生活をする中で様々なことを感じとった内容を歌詞にしたメッセージソング。"日常"は全てのライブとレコーディングでサポートギターをつとめている田渕ひさ子(NUMBER GIRL, toddle)が書き下ろしアレンジを行なった楽曲で、こちらの楽曲の作詞もアユニ・Dが担当。

  • 春泥棒

    大成建設TVCMソング「春泥棒」

  • HELP EVER HURT NEVER

    昨年末、配信限定で「何なんw」「もうええわ」がリリースされると、アーバンなサウンドに乗った岡山弁の歌詞(一人称が「ワシ」)が世間の度肝を抜き、サブスク上位へランクイン、プレイリスターからの賞賛など、たちまちシーンのど真ん中へ浮上した藤井 風。同曲のMusic VideoがYouTubeへ公開されると、耳の早いリスナーだけでなく、様々なジャンルのクリエイター陣も彼の才能に気づき始め、話題となった。作詞作曲は全曲「藤井 風」。サウンドプロデュースには「Tokyo Recordings」の主宰として数々のアーティストをプロデュースする「Yaffle」氏を迎え、ファーストアルバムにして2020年を代表する名盤が誕生した。

    GOOD PRICE!
  • ユニバーサルミュージック カタログぞくぞく追加中!

    Warner Music Group

    ワーナーミュージック、ロスレス配信開始!