Tags

獣ゆく細道
High Resolution

獣ゆく細道

Rock

椎名林檎と宮本浩次

椎名林檎と宮本浩次(エレファントカシマシ)初共演となる新曲『獣ゆく細道』(日本テレビ系「news zero」の新テーマソング)

ルール・ブルー
High Resolution

ルール・ブルー

Pop

原田知世

ルール・ブルー、それは日の出前や日の入り後に、空が神秘的な青色に染まるひととき。 原田知世、4年半ぶりのオリジナル・アルバム。 2017年のデビュー35周年を経て、女優として歌手としてまた新たに歩み始めた原田知世。 2018年に入り、女優としては、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』やWOWOW「連続ドラマW 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」、そして映画『あいあい傘』と、話題作に次々と出演。 そして歌手としても、「これからはひとつひとつの変化を大切に過ごしていきたい」という想いを携え、2014年の『noon moon』以来4年半ぶりとなるオリジナル・アルバムを発表します。 2007年来の音楽パートナーであるギタリスト/作曲家の伊藤ゴローをプロデュース/作曲/アレンジに、そして原田に加えて、堀込高樹(KIRINJI)、土岐麻子、高橋久美子(ex. チャットモンチー)、辻村豪文(キセル)、角田隆太(ものんくる)、角銅真実という多彩なアーティストを作家陣に迎えて制作。 原田自身の作詞による、透明感と凛とした輝きを放つ「Hello」、宮沢賢治「銀河鉄道の夜」をモチーフにしたファンタジックな世界観の高橋久美子作詞曲「銀河絵日記」を皮切りに、名曲「くちなしの丘」(2007年『music & me』収録)以来のタッグとなるキセル・辻村豪文提供の「わたしの夢」まで、「主演:原田知世/監督:伊藤ゴロー/脚本:作詞家」で構成する架空の短編映画のサウンドトラックのようなコンセプトで、原田知世のさまざまな表情を描き出します。 これまでのアコースティックでナチュラルな肌触りのものから、伊藤ゴローによるプログラミングをメインにしたドラマチックなサウンド・メイキングも本作の魅力です。 アルバム・タイトルの「L'Heure Bleue」は、英語でBlue Hourという意味で、日の出前と日の入り後に発生する、空が神秘的な濃い青色に染まる時間帯のことです。

Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)

Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)

Rock

クイーン

映画『ボヘミアン・ラプソディ』オリジナル・サウンドトラック!^ ●2018年11月9日に全国ロードショー公開される大型映画『ボヘミアン・ラプソディ』のオリジナル・サウンドトラック盤が登場! ^ ●タイトル曲の「ボヘミアン・ラプソディ」ほかクイーンの代表曲ばかりを収めたベスト盤的な内容は、ロック史に残る不世出のバンドの魅力を分かりやすく伝えてくれる入門編として最適の1枚です。^ ●オリジナルのスタジオ・ヴァージョンだけでなく、映画のシーンをドラマティックに盛り上げるライヴ・ヴァージョンも数多くフィーチャー。1985年7月13日のライヴ・エイドなど初めてオーディオ・フォーマット化された6曲や、完全未発表となる1979年パリでの「ファット・ボトムド・ガールズ」といった貴重なトラックも収録しています。^ ●さらには、映画のサントラであるということを忘れないようにとブライアン・メイとロジャー・テイラーが録り下ろした20世紀フォックス映画のファンファーレや、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」のスタジオとライヴをミックスした新ヴァージョン、ブライアンが新たにギター・トラックを追加した「ドント・ストップ・ミー・ナウ」、そして、ブライアンとロジャーがクイーン結成前に組んでいたバンド、スマイルでのオリジナル・ヴァージョンを当時の3人で再現した「ドゥーイング・オール・ライト」も収めるなど、映画で初めてクイーンに触れた方も、熱心なクイーン・マニアも、それぞれが満足できる作品に仕上がっています。

タイム・ラプス
High Resolution

タイム・ラプス

Rock

きのこ帝国

きのこ帝国結成10周年イヤー。 10周年を記念した全国ツアー/夢みる頃を過ぎても(全公演SOLD OUT) バンドの原点を見つめ、佐藤の声を伝えるべく制作された傑作アルバム。

Baby Bump

Baby Bump

Pop

Chara

ユニバーサルミュージックに移籍し、ニューアルバム「Baby Bump」のリリースが決定!! 今作「Baby Bump」は“愛を身ごもる”をテーマにした歌詞の世界観と、Charaのルーツでもある“Soul”、”Dance Music“を今まで以上に意識し融合させたアルバムとなっています。 今回に新たにKai Takahashi (LUCKY TAPES)、TENDRE、Gakushiや、活躍著しいアーティストのmabanua、Soul系人気プロデューサーSWING-Oなどをサウンドプロデューサーに迎え、バラエティー豊かなChara流”Dance Music”が詰まった秀逸な一枚となりました。 アルバムジャケットには人気アートディレクターの吉田ユニを迎え、Charaの魅力を最大限に引き出したアートワークも必見です。

MOROHA BEST~十年再録~
High Resolution
Exclusive

MOROHA BEST~十年再録~

HipHop/R&B

MOROHA

アコースティックギターとMCの2人組、MOROHA(モロハ)。 その圧倒的な熱量と、聴くものを鷲掴みにするメッセージでシーンに摩擦をおこす彼らが遂に結成10周年でメジャーデビュー! これまでの代表曲「革命」「tomorrow」「恩学」「ハダ色の日々」「バラ色の日々」などを、今の彼らの熱量で再録という形でコンパイルした全12曲収録。

SickSickSickSick

SickSickSickSick

Rock

佐藤千亜妃

砂原良徳との共同プロデュースによる、きのこ帝国・佐藤千亜妃ソロ作品。 エレクトロかつ温かみのあるサウンドを纏った全く色味の違う5曲を収録。

Egypt Station
High Resolution

Egypt Station

Pop

ポール・マッカートニー

最高のロック・レジェンド、ポール・マッカートニー 5年ぶりのニュー・アルバム! ザ・ビートルズ×現代的なサウンドともいうべき強力作! ポール自身が描いた絵とタイトルを共にする『エジプト・ステーション』は、2013年にリリースされ世界のチャートを制覇したアルバム『NEW』以来、古巣とも言えるキャピトル・レコーズへの移籍後第1弾となる新曲によるフル・アルバム。 アルバムに先立ち、デジタル配信で両A面の先行シングル「アイ・ドント・ノウ」、「カム・オン・トゥ・ミー」が6月21日にリリース。「アイ・ドント・ノウ」は、美しいピアノのイントロで始まるポールにしか作れないであろう、哀愁のドラマティックなミディアム/バラード・チューン、「カム・オン・トゥ・ミー」は、ライヴで絶対に盛り上がるであろう、胸の高鳴るキャッチーなロック・チューン。いずれもザ・ビートルズ、ウイングスを彷彿させるポールらしさに現代的なサウンドがバランス良くミックスされており、アルバムの完成度の高さを予感させる。 アルバムのレコーディングは、LA、ロンドン、サセックスで行われ、1曲(*)を除きグレッグ・カースティン(アデル、ベック、フー・ファイターズ)がプロデュース。(*その1曲はワンリパブリックのライアン・テダー) ポールはアルバム・タイトルについてこのように言っている。 “僕は『エジプト・ステーション』という言葉が好きだ。僕らがかつて作っていた‘アルバム’を思い起こさせる。『エジプト・ステーション』は1曲目の駅から出発して、それぞれの曲がまるで違う駅のようなんだ。そのアイデアがすべての曲の元になっている。それは音楽が作り出す夢のような場所だと思っている”

正しい偽りからの起床

正しい偽りからの起床

Rock

ずっと真夜中でいいのに。

2018.6.4初作品となる『秒針を噛む』は6月にミュージックビデオがYouTubeに投稿され、再生回数750万回を突破。遂に初作品をリリース。

A Brief Inquiry Into Online Relationships

A Brief Inquiry Into Online Relationships

Rock

THE 1975

世界中で唯一無二のサウンドと存在感を発信するバンド、The 1975による待望の3rdアルバム! 約2年半ぶりとなる待望のニュー・シングル「ギヴ・ユアセルフ・ア・トライ」は「いくつになっても“自分自身に挑戦してみたらどう?”」という、ポジティヴなメッセージ性の込められた楽曲。 毎回、ビジュアル・センスの高いアートワークやミュージック・ビデオと、現代社会に切り込むメッセージ性の高い歌詞が注目を集めている。

Assume Form

Assume Form

Dance/Electronica

ジェイムス・ブレイク

“形式"を凌駕する“音"の未来形―。 深遠なるエレクトロ・サウンドで世界の頂点に立つ現代音楽界の至宝、ジェイムス・ブレイク。 2016年の『ザ・カラー・イン・エニシング』に続く、孤高の4thアルバムが登場! ■2011年の1stアルバム『ジェイムス・ブレイク』で衝撃のデビューを飾り、2013年の2nd『オーヴァーグロウン』で第56回グラミー賞(2014年)の最優秀新人賞にノミネートされるなど、ジャンルを超越した深遠なるエレクトロ・サウンドで全世界を席巻、現代音楽界における孤高の天才、ジェイムス・ブレイクが、2016年の3rd『ザ・カラー・イン・エニシング』以来3年ぶりとなる待望の新作『アシューム・フォーム』を遂に完成させた。トラヴィス・スコット、メトロ・ブーミン、アンドレ3000など、今まで以上に意欲的なゲストを迎えた2019年の最重要作品!

TWILIGHTS

TWILIGHTS

Special Favorite Music

関西ポップカルチャーから独自のポップミュージックを発信し続ける7人組バンド、Special Favorite Music初となるテレビドラマタイアップ曲、テレビドラマ『文学処女』(主演:森川葵、城田優)のオープニングテーマを収録した2018年第二弾epが早くも完成!

光 (Ray Of Hope MIX)

光 (Ray Of Hope MIX)

Pop

宇多田ヒカル

2017年1月12日に発売となるゲームソフト『キングダム ハーツ HD2.8 ファイナル チャプター プロローグ』。そのオープニングを飾るのは、自他ともに認める宇多田ヒカルファンでもあり、RHYMESTER(ライムスター)など数々のアーティストのサウンドプロデュースを手がけるPUNPEEによる「光」のREMIX。その「光 -Ray Of Hope MIX-」の配信が2017年1月11日に決定! 海外版のゲームのオープニングには「光」の英語バージョンである「Simple And Clean –Ray Of Hope MIX–」がオープニングに使用されております。 また、配信バンドル版には「Simple And Clean –Ray Of Hope MIX–」の他にPUNPEEが作ったもう一つのREMIX「光 -P’s CLUB MIX-」、「Simple And Clean -P’s CLUB MIX-」も収録。

ばいばいてぃーんずららばい

ばいばいてぃーんずららばい

Idol

KOTO

15歳でデビューしたソロアイドルKOTOの、10代最後の集大成アルバム。80sフレーバーを漂わせた楽曲群は、懐かしくてかっこいい!前アルバム『プラトニックプラネット』から圧倒的に飛躍したKOTOの表現力が感じられる楽曲たちは踊らずにはいられない!

氷の世界 (Remastered 2018)
High Resolution

氷の世界 (Remastered 2018)

Pop

井上陽水

大ヒットを記録したシングル「夢の中へ」を受けて制作、1973年12月に発表されたオリジナル3枚目。忌野清志郎との共作曲「帰れない二人」をはじめ、現行盤のCD未収録の「自己嫌悪」が収録されている。

野宮真貴 渋谷系ソングブック
High Resolution

野宮真貴 渋谷系ソングブック

Pop

野宮真貴

2014年の『野宮真貴、渋谷系を歌う。~Miss Maki Nomiya Sings Shibuya-kei Standards~』から、2017年暮れのリリース『野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。』まで、シリーズ全5作のアルバムから≪渋谷系≫の代表曲をコンパイルした究極ベスト盤!渋谷系の代名詞「東京は夜の七時」リリース25周年。ピチカート・ファイヴ解散以来初となる、小西康陽プロデュース+野宮真貴歌唱による「東京は夜の七時」 が、ニューヴァージョン&ニューアレンジの新録で、奇跡のリリース。

ベストヒット清志郎

ベストヒット清志郎

Rock

忌野清志郎

ロック・レジェンド忌野清志郎の「ポップ・サイド」を徹底して編み込み、タイアップ曲、映画やテレビで人気を得た曲を集めた、ベスト・ヒッツCD! 清志郎入門編としてはもちろん、アルバム初収録曲も含め、コアファンも持っておきたいアイテムとなっています。さらにジャケットのアートワークは、RCサクセションの名盤『the TEARS OF a CROWN』以来となる、清志郎ファンにはお馴染みのイラストレーター、アサミカヨコさんによるもの。 いかに時間が経とうとも、忌野清志郎は、やはり永遠に記憶され、歌い継がれ、語り伝えられ、そして輝き続ける存在であることを証明する、このアルバムはそんな作品集です。 ※アルバム初収録曲 [全4曲] (企業名、商品名は発表当時のもの)

It's you

It's you

Idol

PassCode

PassCode、メジャーデビュー2周年を記念したLIVE映像のBlu-ray化が決定!併せてリリースされるLIVE CDより未発表新曲「It's you」が配信スタート!

ページトップへ