Tags

獣ゆく細道
High Resolution

獣ゆく細道

Rock

椎名林檎と宮本浩次

椎名林檎と宮本浩次(エレファントカシマシ)初共演となる新曲『獣ゆく細道』(日本テレビ系「news zero」の新テーマソング)

MOROHA BEST~十年再録~
High Resolution
Exclusive

MOROHA BEST~十年再録~

HipHop/R&B

MOROHA

アコースティックギターとMCの2人組、MOROHA(モロハ)。 その圧倒的な熱量と、聴くものを鷲掴みにするメッセージでシーンに摩擦をおこす彼らが遂に結成10周年でメジャーデビュー! これまでの代表曲「革命」「tomorrow」「恩学」「ハダ色の日々」「バラ色の日々」などを、今の彼らの熱量で再録という形でコンパイルした全12曲収録。

タイム・ラプス
High Resolution

タイム・ラプス

Rock

きのこ帝国

きのこ帝国結成10周年イヤー。 10周年を記念した全国ツアー/夢みる頃を過ぎても(全公演SOLD OUT) バンドの原点を見つめ、佐藤の声を伝えるべく制作された傑作アルバム。

Egypt Station
High Resolution

Egypt Station

Pop

ポール・マッカートニー

最高のロック・レジェンド、ポール・マッカートニー 5年ぶりのニュー・アルバム! ザ・ビートルズ×現代的なサウンドともいうべき強力作! ポール自身が描いた絵とタイトルを共にする『エジプト・ステーション』は、2013年にリリースされ世界のチャートを制覇したアルバム『NEW』以来、古巣とも言えるキャピトル・レコーズへの移籍後第1弾となる新曲によるフル・アルバム。 アルバムに先立ち、デジタル配信で両A面の先行シングル「アイ・ドント・ノウ」、「カム・オン・トゥ・ミー」が6月21日にリリース。「アイ・ドント・ノウ」は、美しいピアノのイントロで始まるポールにしか作れないであろう、哀愁のドラマティックなミディアム/バラード・チューン、「カム・オン・トゥ・ミー」は、ライヴで絶対に盛り上がるであろう、胸の高鳴るキャッチーなロック・チューン。いずれもザ・ビートルズ、ウイングスを彷彿させるポールらしさに現代的なサウンドがバランス良くミックスされており、アルバムの完成度の高さを予感させる。 アルバムのレコーディングは、LA、ロンドン、サセックスで行われ、1曲(*)を除きグレッグ・カースティン(アデル、ベック、フー・ファイターズ)がプロデュース。(*その1曲はワンリパブリックのライアン・テダー) ポールはアルバム・タイトルについてこのように言っている。 “僕は『エジプト・ステーション』という言葉が好きだ。僕らがかつて作っていた‘アルバム’を思い起こさせる。『エジプト・ステーション』は1曲目の駅から出発して、それぞれの曲がまるで違う駅のようなんだ。そのアイデアがすべての曲の元になっている。それは音楽が作り出す夢のような場所だと思っている”

SickSickSickSick

SickSickSickSick

Rock

佐藤千亜妃

砂原良徳との共同プロデュースによる、きのこ帝国・佐藤千亜妃ソロ作品。 エレクトロかつ温かみのあるサウンドを纏った全く色味の違う5曲を収録。

正しい偽りからの起床

正しい偽りからの起床

Rock

ずっと真夜中でいいのに。

2018.6.4初作品となる『秒針を噛む』は6月にミュージックビデオがYouTubeに投稿され、再生回数750万回を突破。遂に初作品をリリース。

ベストヒット清志郎

ベストヒット清志郎

Rock

忌野清志郎

ロック・レジェンド忌野清志郎の「ポップ・サイド」を徹底して編み込み、タイアップ曲、映画やテレビで人気を得た曲を集めた、ベスト・ヒッツCD! 清志郎入門編としてはもちろん、アルバム初収録曲も含め、コアファンも持っておきたいアイテムとなっています。さらにジャケットのアートワークは、RCサクセションの名盤『the TEARS OF a CROWN』以来となる、清志郎ファンにはお馴染みのイラストレーター、アサミカヨコさんによるもの。 いかに時間が経とうとも、忌野清志郎は、やはり永遠に記憶され、歌い継がれ、語り伝えられ、そして輝き続ける存在であることを証明する、このアルバムはそんな作品集です。 ※アルバム初収録曲 [全4曲] (企業名、商品名は発表当時のもの)

野宮真貴 渋谷系ソングブック
High Resolution

野宮真貴 渋谷系ソングブック

Pop

野宮真貴

2014年の『野宮真貴、渋谷系を歌う。~Miss Maki Nomiya Sings Shibuya-kei Standards~』から、2017年暮れのリリース『野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。』まで、シリーズ全5作のアルバムから≪渋谷系≫の代表曲をコンパイルした究極ベスト盤!渋谷系の代名詞「東京は夜の七時」リリース25周年。ピチカート・ファイヴ解散以来初となる、小西康陽プロデュース+野宮真貴歌唱による「東京は夜の七時」 が、ニューヴァージョン&ニューアレンジの新録で、奇跡のリリース。

TWILIGHTS

TWILIGHTS

Special Favorite Music

関西ポップカルチャーから独自のポップミュージックを発信し続ける7人組バンド、Special Favorite Music初となるテレビドラマタイアップ曲、テレビドラマ『文学処女』(主演:森川葵、城田優)のオープニングテーマを収録した2018年第二弾epが早くも完成!

メカクシティリロード

メカクシティリロード

Anime/Game/Voice Actor

じん

“じん”が、カゲロウプロジェクト2nd Album「メカクシティレコーズ」以来、約5年6ヶ月ぶりとなるカゲロウプロジェクト最新アルバム『メカクシティリロード』を発売。 2017年12月にYouTubeとニコニコ動画上で発表した「失想ワアド」を始め、アルバムリード曲「アディショナルメモリー」など新曲7曲を含む全9トラックを収録。

氷の世界 (Remastered 2018)
High Resolution

氷の世界 (Remastered 2018)

Pop

井上陽水

大ヒットを記録したシングル「夢の中へ」を受けて制作、1973年12月に発表されたオリジナル3枚目。忌野清志郎との共作曲「帰れない二人」をはじめ、現行盤のCD未収録の「自己嫌悪」が収録されている。

ANTI (Deluxe)
High Resolution

ANTI (Deluxe)

HipHop/R&B

リアーナ

世界を虜にする自身のイメージへのアンチテーゼ!リアーナ、通算8枚目のオリジナル・アルバム! “私が待ち望んでいるのは未来だけ。自分の内面をさらけ出してこそ、ようやく完全な自分になれる” 世界90の国と地域のiTunesミュージックストアのシングル・チャートで1位を獲得した「ワーク(feat. ドレイク)」を収録!!その上世界が注目するアーティスト“ザ・ウイークエンド”がと共作した“WOO”も収録!ヨーロッパツアーも一緒に回ることが判明!アートワークは、イスラエル出身の現代アーティスト、ロイ・ネイチャムによる油絵作品で、クロエ・ミシェルの詩が点字であしらわれている。今のリアーナの世界観を表したアーティスティックな1枚!

Fantome
High Resolution

Fantome

Pop

宇多田ヒカル

宇多田ヒカル 8年ぶりとなる6枚目のオリジナル・フルアルバムが9月28日発売決定!! 宇多田ヒカル 8年ぶりとなるオリジナル・フルアルバムが遂に完成! 「誰もいない世界へ 私を連れて行って」 2008年にリリースされたアルバム「HEART STATION」のラストソングはこの歌詞で幕を閉じました。 あれから8年。一時活動休止期間を経た宇多田ヒカルは、自身6枚目となるオリジナル・フルアルバムを携えていよいよ本格的に活動再開を果たします。 本年4月にデジタルシングルとして同時配信し、各配信ランキングの記録を更新、国内外107冠を獲得した「花束を君に」(NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌)、「真夏の通り雨」(日本テレビ「NEWS ZERO」テーマ曲)、そして当時「人間活動」中の2012年11月に突然配信リリースされたのも記憶に新しい「桜流し」(「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」テーマソング)、この3曲はついに初CD化として収録され、以外はすべて新たに書き下ろされた作品です。 よろこびとかなしみをひとつにしたあの声は、彼女にしか書けない言葉と旋律で物語を紡ぎます。 ポップミュージックの生命力、その瑞々しさは色褪せず、その豊かさは汲めども尽きない、ということ。 このアルバムにはそれが満ち溢れています。 まさに待望の、としか言いようのない、新たなマスターピースの完成です。

日出処
High Resolution

日出処

Pop

椎名林檎

5年半ぶりとなる、オリジナル・アルバムをリリース!

Lean On Me
High Resolution

Lean On Me

ホセ・ジェイムズ

毎回コンセプチュアルな作品を発表し話題を集めるホセですが、今回は今年(2018年)生誕80周年を迎えた伝説のR&Bシンガー・ソングライター、ビル・ウィザースへのトリビュート・アルバム。「ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス」、「ラヴリー・デイ」、「エイント・ノー・サンシャイン(消えゆく太陽)」、「リーン・オン・ミー」など、数多くのアーティストに愛されカヴァーされてきたビルの名曲が、ホセの唯一無二のスモーキー・ヴォイスで現代によみがえります。現ブルーノート社長のドン・ウォズがプロデュースを手掛け、ネイト・スミス(ds)、ピノ・パラディーノ(b)、クリス・バワーズ(key)、ブラッド・アレン・ウィリアムス(g)という最強の布陣で、2018年春にハリウッドのキャピトル・スタジオで録音。さらに、ホーン・セクションには黒田卓也(tp)とコーリー・キング(tb)が、「ラヴリー・デイ」にはゲスト・ヴォーカルとしてレイラ・ハサウェイが参加し華を添えています。 日本盤ボーナス・トラックには、日本用に特別に録音されたホセの弾き語りによるアコースティック・ヴァージョンを2曲収録。

Pure McCartney (Deluxe Edition)
High Resolution

Pure McCartney (Deluxe Edition)

Pop

ポール・マッカートニー

すべてが名曲。すべてが伝説。 ソロ・キャリアのレコード総売上1億枚以上! ザ・ビートルズ解散後45年間の全ヒット曲を網羅した究極のベスト盤! 【ポール・マッカートニー コメント】 僕と僕のチームがこのベスト・アルバムを選曲するにあたって考えたのは、ただただ楽しんで聴けるものにしよう、ということだけだった。たとえば、長旅の車中、自宅でくつろぎたい晩、または友人とのパーティーなんかでね。だから僕たちは知恵を絞って、僕の長く曲がりくねったキャリアのさまざまな時期から、多種多様な選曲リストを出し合った。キャリアという言葉はちょっと相応しくないかな。なぜなら僕としては、“仕事”をしてきたというよりも、音楽の冒険を続けてきたという感じだから。こんなに多くの、どれもが個性的な曲を書いて録音してきたんだということが嬉しくもあり、かなり驚きでもある。次に僕が車で長旅に出るときには、このアルバムを旅のサウンドトラックにしようと決めているし、ここに収められた曲たちと一緒だと、きっと素敵な旅になることだろう。君も、愛車に飛び乗って、または風呂でリラックスしながら、このアルバムをかけてみてほしい。僕らがこのコレクションを編むにあたって感じた喜びが半分でも君に伝わるのなら、僕らは大満足さ! ポール・マッカ―トニー

ページトップへ