Articles

View More
  • 嗚呼、喝采──〈アーカイ奉行〉第38巻

    連載
  • 曲が必要とするならば、転がり回ってるだけでもいい──toe『NOW I SEE THE LIGHT』

    インタヴュー
  • ハードコア・パンクは本質的に自由な音楽である──KLONNS『HEAVEN』

    インタヴュー
  • MUCC、新章の幕開けを告げるのは「愛の唄」

    インタヴュー
  • どうしても喪失を背負ってしまう──個性にもがくことで保たれるpollyの精神性

    インタヴュー
  • もっとラフに、そして自由に──アンバランスなApesが赤裸々なロックに辿り着くまで

    インタヴュー
  • ランニングショットの入り──〈アーカイ奉行〉第37巻

    連載

Best Sellings

View More
  1. NOW I SEE THE LIGHT
  2. Ethereal Essence (Selected Version)
  3. NOW I SEE THE LIGHT

New Arrivals

Daily New Arrivals
  • NOW I SEE THE LIGHT

    toe

    Rock

    toe、単独音源として前作EP『OUR LATEST NUMBER』以来、『the book about my idle plot on a vague anxiety 』(2005)、『For Long Tomorrow』(2009)、『Hear You』(2015) に続く4枚目のオリジナル・フルレングス・アルバム。児玉奈央(05_WHO KNOWS?)、徳澤青弦(06_CLOSE TO YOU、09_MADNESS SUMMER、10_NOW I SEE 2THE LIGHT)が客演参加。メインビジュアルである灯台の写真は佐藤健寿によるもの。toe 全音源のデザインを手掛けているニイマコトが今作品も全体のアートディレクションを担当。全10曲。僕たちは「今ソノ希望ヲミタ」のだ。

    Bonus!
  • Newspeak

    Honda『FIT e:HEV』CMソングとしてオンエアされている「Leviathan」をはじめ、日本語歌詞を大幅に取り入れた「State of Mind」、冬のロックバラード「Be Nothing」、最新シングル「Before It`s Too Late」など、メジャーデビューしてからのNewspeakの今を詰め込んだアルバム。幅広いタイプの楽曲と、国内だけでなく海外でも評価の高いクオリティと世界観を表現。フルアルバムとしては約3年ぶりの待望作。

  • City Habits

    Michael Kaneko、Keity、粕谷哲司によるバンド、brkfstblendが待望の1st EP『City Habits』をリリース。 70~80年代のアメリカのルーツミュージックを軸としつつ、型にハマらない新しいサウンドを作り続けている彼ら。 今作は、ディスコミュージックをbrkfstblendなりに再解釈した「Cannonball」、今回のリード曲であり今夏1番のファンクチューン「City Habits」、クラシックロックをベースとしつつ、現代のテイストを加えた「nyc」、ノンプロモーションながら欧米でヒットし続け、往年のAORを彷彿とさせる「2am」、そして至極のバラードナンバー「west la」、最後にベースのKeityがリミックスを担当した「Cannonball (Keity Wasted Remix)」の6曲が収録されている。 ジャケットデザインはFUJI ROCK FESTIVAL、朝霧JAMのメインビジュアルを務め、数々のアーティストのアートワークを制作するグラフィックデザイナー「Asuka Watanebe」が手掛けている。 City Habitsの概念を色彩鮮やかに見事に表現しており、曲、アートワーク全てにおいて彼らが好きなものだけを追求したいつまでも色褪せない普遍的な作品が完成した。

  • Delusion:All

    映画『キングダム 大将軍の帰還』主題歌

  • LAST LOVE LETTER

    野田洋次郎、ソロ名義としては初のオリジナルアルバム『WONDER BOY'S AKUMU CLUB』より「LAST LOVE LETTER」

  • 薔薇と野獣

    HOSONO HOUSE COVER PROJECT 第四弾! 「HOSONO HOUSE」50周年を記念したHOSONO HOUSE COVER PROJECT 第四弾!第四弾は、Corneliusによる薔薇と野獣のカバー。2019年にリリースされた細野さんのベスト盤は、小山田圭吾が選曲を手掛けるなど、古くから細野さんと交流が深いCornelius。今作はCorneliusらしいエレクトロニカサウンドに仕上がっている。

  • あと5秒

    現メンバー結成15周年イヤーのクリープハイプの新曲。『5秒でスキップされてしまう動画広告』と、その後に待つ『本編の映像』、『CM』と『MV』とを、『本命になれない自分』と『本命の誰か』になぞらえた歌詞は、作家でもある尾崎世界観にしか書けない視点と表現に満ち溢れている。この曲を携えて、今年は初出演となるFUJI ROCK FESTIVALを初め過去最多数の夏フェスへ出演。

  • Unknown

    THE SPELLBOUND、ニューアルバム「Voyager」より先行シングル「Unknown」

  • ナイトシンク

    DIGITAL SINGLE「ナイトシンク」は、メジャーデビュー後、第二弾となるリリース。初夏にピッタリの爽やかなミディアム・チューンで、前作『新迷宮 ep 』に続き、今作も”FINLANDSらしさ”はそのままに、新たな変化を感じられる1曲!

  • 少年時代

    MONGOL800、井上陽水の名曲「少年時代」のカバー音源を配信リリース

  • 天きりん

    リーガルリリー、ニューアルバム『kirin』より収録曲「天きりん」を先行配信

  • BEYOND

    ALI

    Rock

    TVアニメ『ザ・ファブル』第2クールエンディングテーマ

  • Protect You

    TVアニメ「グレンダイザーU」EDテーマ

  • MIND TRAIN

    Cornelius、30周年記念ライブに向けて待望の新曲を配信!約10分のスペイシーなロック。

  • Happenings

    2ndアルバム以降6作連続で全英1位獲得している、現代UKロックの絶対的王者=カサビアンが、通算8作目アルバム『ハプニングス』をリリース!

  • 有無同然

    LACCO TOWER、三部作『有無同然(うむどうぜん)』デジタルリリース

  • 乙女の儚夢 NOEL

    演奏は、佐藤優介、伊賀航、伴瀬朝彦、谷口雄、武田理沙。ボーカルは、三沢洋紀、ほりぼう、向野実千代、嶽本野ばら、姫乃たま、町あかり、郷拓郎、志磨遼平、さらにイギリスからエドワード・カスペル(リジェンダリー・ピンク・ドッツ)、アメリカからデーモン&ナオミが参加。(あがた森魚本人もナレーションで参加) 「乙女の儚夢」で描かれた伊藤野枝、吉屋信子などの世界観を「エロス+虐殺(吉田喜重1970)」における叛逆のエロトロジーを通して、「乙女の儚夢」が持つ宇宙の朝と夜、そのコントラストと交歓を新たに魅せたトリビュート・アルバム。嶽本野ばらの書き下ろし小説をブックレットに掲載!

From Major Labels

Universal Music Group

  • 晴る

    アニメ『葬送のフリーレン』第2クールOPテーマ

  • アポロドロス

    テレビ朝日系列2024スポーツ応援ソング

  • アポロドロス

    テレビ朝日系列2024スポーツ応援ソング

  • 嘘じゃない

    映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』主題歌

  • ライラック

    TVアニメ「忘却バッテリー」オープニング・テーマ

  • ユニバーサルミュージック カタログぞくぞく追加中!

    Warner Music Group

  • MIND TRAIN

    Cornelius、30周年記念ライブに向けて待望の新曲を配信!約10分のスペイシーなロック。

  • MIND TRAIN

    Cornelius、30周年記念ライブに向けて待望の新曲を配信!約10分のスペイシーなロック。

  • Delusion:All

    映画『キングダム 大将軍の帰還』主題歌

  • Ethereal Essence (Selected Version)

    近年発表してきたアンビエント色の強い作品を中心に再構築したアルバム!ソロ活動30周年のCorneliusが今作用に再編集や再レコーディングをおこなった作品集。

  • Renegades (Piano)

    ONE OK ROCK、“Renegades”をヴォーカルとピアノのみでアレンジした新しいバージョンを配信リリース

  • Mellow Waves

    「SENSUOUS」以来11年ぶり、待望のオリジナル・アルバムが発売。

  • ワーナーミュージック、ロスレス配信開始!
    TOP