Articles

View More
  • OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

    コラム
  • OTOTOY的、買い逃し厳禁な20枚──2020年レコメンド20

    コラム
  • 「言葉」を音で表現するコンセプチュアル作品──Kei Matsumaru『Nothing Unspoken Under The Sun』

    インタヴュー
  • 福井県敦賀市で開催されたフェス〈JINDO音楽祭〉レポート 後編

    ライヴレポート
  • 福井県敦賀市で開催されたフェス〈JINDO音楽祭〉レポート 前編

    ライヴレポート
  • REVIEWS : 009 ジャズ(2020年10月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

    連載
  • REVIEWS : 007 国内インディ・ロック(2020年8月)──綿引佑太

    連載

Best Sellings

View More
  1. トリオピック  〜激闘の記録〜“EXCITING FLIGHT”
  2. Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020
  3. Zoot Sims And The Gershwin Brothers (Original Jazz Classics Remasters)

New Arrivals

Daily New Arrivals
  • ルパン三世 PART6 オリジナル・サウンドトラック2 『LUPIN THE THIRD PART6〜WOMAN』

    新作アニメーション『ルパン三世PART6』は、ルパンを紐解く2つのキーワードでストーリーが展開。<ミステリー>がキーワードの1クール目に続き、2022年1月より2クール目の放送が決定!2クール目は、さらなる『謎』の物語。舞台は英国から飛び立ち、全世界へ!物語の鍵を握るキーワードは、<女>。ルパンの目の前に次々と現れる、魔性の女たち。抱える秘密と嘘は、怪盗紳士ルパン三世の、とある謎へと繋がっていく……。サウンドトラック1『LUPIN THE THIRD PART6~LONDON』のリリースから早くも、第2弾が発売!ジャズ × ロックのハードボイルドなアレンジが大好評の最新メインテーマ「THEME FROM LUPIN III2021」に加え、新たなストーリーを彩る大野雄二の音楽を、今作もYuji Ohno &Lupintic Sixを中心にした演奏により楽しめる一作。

  • 映画「ノイズ」オリジナル・サウンドトラック

    実力派俳優の熾烈な演技合戦は、心臓が爆発するほどのヒリヒリ感を生み、圧倒的な緊迫感を生む!一滴の"ノイズ(凶悪犯)"の出現で≪殺人の共犯≫になってしまった3人の命懸けの死体隠しの幕が上がる――。映画『ノイズ』のオリジナル・サウンドトラック。

  • The 7th Hand

    アルト・サックス奏者/コンポーザー、イマニュエル・ウィルキンスの世界で大絶賛された2020年リリースのブルーノート・デビュー作品『Omega』に続く2作目が早くも登場! 前作『Omega』はニューヨーク・タイムズ紙で2020年のジャズ・アルバム第1位に選ばれ、ジャズ・タイムズ紙では 「ここ数年で最も重要なデビュー・ジャズ・レコーディング」と評され、世界中のジャズ・ファンから称賛を受けた。 続く本作は、ミカ・トーマス(p)、ダリル・ジョーンズ(b)、クウェク・サンブリー(ds)とのカルテットに加え、スペシャル・ゲストとしてエレナ・ピンダーヒューズ(fl)とファラフィーナ・カン・パーカッション・アンサンブルを迎えて演奏、7楽章からなる新しいオリジナル作品で、ウィルキンスの深い作曲の才能を再び披露している。 ウィルキンスの音楽は、共感と確信に満ちており、メロディと嘆きの弧を、空間と息の詰まったジェスチャーに結びつけ、1時間の組曲の中で、存在と無の関係を探求する。ブルックリンを拠点にフィラデルフィアで育ったウィルキンスは、ピッチフォーク誌で「海のように深いジャズの叙事詩を作曲する」と評されているが、「曲の終わる頃にはカルテットが完全に器になるための準備曲を書きたかった」とコメントしている。 作曲中、ウィルキンスは各楽章を、カルテットを完全な器に近づけるためのジェスチャーとして捉え始めまた。「私たちが演奏している音楽に実際に影響を与えている崇高な力として、音楽の導管になるという考えです」とコメントする。6という数字が人間の可能性の範囲を表しているとすれば、神の介入を呼び起こして7番目の要素を自分のカルテットに持たせることはどういうことなのか、どのように聞こえるのか、とウィルキンスは考えたという。 ウィルキンスはしばしば批判的な思考からインスピレーションを得るという。印象的なアルバムのアートワークでさえ、慣習に挑戦している。「南部の黒人の洗礼をリミックスしたかったし、何が聖なるものとされ、誰が洗礼を受けることができるのかについても批評したかったのです」とコメント。 アルバム全体を通して、ウィルキンスと彼のバンドメンバーは、一枚一枚、動作を重ねることで、自分たちの真実を明らかにしていく。「最後の楽章では、1つの音符だけで構成されています」とウィルキンスは述べている。「私たちが目指しているのは、音楽が私たちの中を自由に流れることができる「無」です」

  • Aspire

    高度な技術と独特のフィールで第一線のジャズマンからひっぱりだこのピアニスト清水絵理子が、約8年ぶりに取り組んだピアノトリオの野心作です。本レコーディングのために全曲を書き下ろして臨んだ清水絵理子の熱量に応えて脇を固めるのは、ともにDays of Delightからリーダーアルバムを発表し、峰厚介カルテットのバンドメイトでもある須川崇志(ベース)と竹村一哲(ドラム)。日本ジャズ界が誇るトッププレイヤー3人が、緊張感と浮遊感が共存する唯一無二のサウンドを展開します。

  • トリオピック 〜激闘の記録〜“EXCITING FLIGHT”

    本来2020年オリンピックイヤー明けにリリースする予定だった通算6作目のアルバム。オリンピックは延期され、コロナの猛威のまえにサイクルの変更を余儀なくされ予定通りとは行かない状況であったが、彼らが足を止めることはなかった。その1年をH ZETTRIOは「激動の1年」と呼び、その記録としてアルバム名は「トリオピック 〜激闘の記録〜」となった。本作 は2020年に配信シングルリリースされた12曲とボーナストラックを1曲を追加した全13曲を収録。

  • Beat Swing(32bit/96kHz)

    48ヶ月連続配信シングル37弾。軽快なピアノのリフが曲の根幹のフックとなりハッピーなビートがスウィングし、遊び心がたっぷりと詰め込まれている。2022年のスタートを心温まるフィーリングで飾る1曲。

  • Beat Swing

    48ヶ月連続配信シングル37弾。軽快なピアノのリフが曲の根幹のフックとなりハッピーなビートがスウィングし、遊び心がたっぷりと詰め込まれている。2022年のスタートを心温まるフィーリングで飾る1曲。

  • THE MESSAGE 4

    NEW ALBUM THE MESSAGEでの4枚目となるアルバム"THE MESSAGE 4"はJP THE WAVY、R-指定、Hideyoshi、Ralph、MUD、Gottz、PUSHIM、RUDEBWOY FACEと豪華客演勢を迎え12月17日にリリース。 今作は自分自身で目標に掲げる「武道館」への第一歩として、前回アルバムで全国各地を回り感じた自分自身が表現したい【HIP HOP】、そして昨今不安を抱えた日本の現状に対する感じた【思い】を詰め込んだリリックがこの作品に反映されている。

  • TOKYO R&B GROOVE (mixed by DJ HASEBE)

    VA

    DJ HASEBEによる国産R&B厳選の新作DJミックス!本作は19年にCDリリースされた『Tokyo Neo 90s Groove』の続編で、現行シーンで活躍してるアーティストを中心に近年リリースの国産R&B楽曲をDJ HASEBE目線で幅広く選曲された全20曲をグルーヴ感溢れるDJミックス。エクスクルーシブトラックとして新曲となる先行カット”Farewell feat. 空音 & kiki vivi lily”が収録。【収録アーティスト : SIRUP/おかもとえみ/チックタックメモリー/SUKISHA × kojikoji/Tokimeki Records/ZIN/VivaOla/aimi 他】

  • Beat Swing(24bit/48kHz)

    48ヶ月連続配信シングル37弾。軽快なピアノのリフが曲の根幹のフックとなりハッピーなビートがスウィングし、遊び心がたっぷりと詰め込まれている。2022年のスタートを心温まるフィーリングで飾る1曲。

  • Keep On Kickin' It

    ミッキー吉野の古希を記念した『ラッキー70祭""KoKi""』プロジェクト作品。これまで手掛けた音楽を通して今の思いを全世代に届けていく。プロデューサーに亀田誠治を迎え、JUJU、EXILE SHOKICHI、STUTS、MIYAVI、Char、タケカワユキヒデ、Mummy-D、岡村靖幸など世代やジャンルを超えた豪華アーティストが多数参加。時代を創った名曲のカバーから新曲まで、全世代が楽しめる色鮮やかなアルバム!

  • Keep On Kickin' It

    ミッキー吉野の古希を記念した『ラッキー70祭""KoKi""』プロジェクト作品。これまで手掛けた音楽を通して今の思いを全世代に届けていく。プロデューサーに亀田誠治を迎え、JUJU、EXILE SHOKICHI、STUTS、MIYAVI、Char、タケカワユキヒデ、Mummy-D、岡村靖幸など世代やジャンルを超えた豪華アーティストが多数参加。時代を創った名曲のカバーから新曲まで、全世代が楽しめる色鮮やかなアルバム!

  • トリオピック ~激闘の記録~

    12/20@東京オーチャードホールにて行われる今年の集大成とも言えるスペシャルライブで爆発される事が予想される。コロナ時代の新しい気づきや生活・行動・変化でまた一段と成長した姿を見せてくれるはず。常識を超えた音楽TV番組として話題の『SPEED MUSIC ソクドノオンガク』も続行中。

From Major Labels

Universal Music Group

  • OZONE 60 (STANDARDS)

    ジャンルを超え世界規模での活躍を続ける小曽根真、60歳記念ソロ・ピアノ・アルバムの特別編。 極上の響きの中、一筆書きのように紡がれたスタンダード集。

  • Notes With Attachments

    至高のベーシスト=ピノ・パラディーノ、キャリア47年目にして初のオリジナル・アルバム! ! !

    GOOD PRICE!
  • Djesse Vol. 2

    様々な楽器を操るシンガー、作曲家、アレンジャー、プロデューサーとして、2度のグラミー賞に輝いている天才マルチ・ミュージシャンのジェイコブ・コリアーのソロプロジェクト『ジェシー』4部作の第二弾。

  • ユニバーサルミュージック カタログぞくぞく追加中!

    Warner Music Group

    ワーナーミュージック、ロスレス配信開始!
    TOP