期待の2人組!! 日本から生まれたトラッド・ミュージック


ROTH BART BARON / Chocolate Demo
(※会場限定100枚のEP。同作を高音質で聴けるのはOTOTOYだけ)

【配信形態】
HQD(24bit/48kHzのwav)

【価格】
単曲200円 / アルバム500円

【収録曲】
1. Crystal Palace / 2. 静かな嵐 / 3. 素晴らしい日々

2012年、新しい才能の芽がここに

「あなたの人生を変えたアルバムは何ですか?」

その手の質問をされたとき、自分は黙りこくってしまう。正直言って、人生を変えられるほどの音楽なんて僕は出会ったことがない。そりゃあ、もちろん衝撃的だったものはあるし、興奮して人に話しまくったバンドだっている。けれど、それによってバンドを始めたわけではなかったし、音楽のみに集中してしまうことはなかった。素直にいい音楽だなと感動することはあっても、自分が何か行動を起こすまで変わったことはなかった。

ROTH BART BARON(ロット・バルト・バロン)の「素晴らしい日々」という曲に出会ったのは、本当にたまたまだった。音楽評論家の岡村詩野がレインボータウンFMで放送していた『radio kitten』という番組のポッドキャストを僕が担当していたときのことだ。同番組内の「radio kittenへの道」というコーナーは、全国のバンドマン、宅録をしているような音楽好きから未発表音源を募集するというもので、玉石混淆の楽曲の中から選ばれた楽曲が1、2曲そのコーナーでかかるという、いわば、アマチュア・ミュージシャンのコンテストのようなものだった。そこに送られてきたものは、想像以上に質が高く、プロと思えるものも少なくなかった。それでも、何かしら足りない部分があるというのは僕にもわかった。だからこそ、このコーナーで紹介され、客観的な眼を浴びることはとても意義のあることだと思っていた。そんな中の1つとして流れたのが、ROTH BART BARONの「素晴らしい日々」という曲だった。

左から、中原鉄也、三船雅也

この曲を聴いて僕は不安にかられていた。ギター、バンジョー、マンドリン、ピアノ、和太鼓、フィドルなど、多種多様な楽器によって奏でられるサウンドが、その展開が、質感が、抜けのある音が、少し震えたような高めのヴォーカルが、あまりに完璧すぎるように思えたからだ。その雰囲気は、Bon Iverの静謐さも、Fleet Foxesの祝祭感も、Dirty Projectorsの遊び心も備えていた。それでいて日本人ならではの、少し湿ったウェットさも全体を覆っていた。それがあまりに見事で、もしかしたら後半でその調和がバラバラになってしまうのではないか、台無しになるようなアレンジをしてしまうのではないか、と不安になった。そんなことを考えていたから、初めて同曲を聴いたときの印象は期待と不安が入り交じる不思議なものだった。けれど、1曲を通して、その素晴らしさは衰えることはなかったし、楽曲が鳴り止んだ後の余韻は体験したことのないものだった。もう一度聴いてみても、日を挟んで聴き直してみても、その素晴らしさは変わることはなかった。

どうしても本人たちのライヴを見たいと思い、『radio kitten』ディレクターの矢吹くんに連絡をとってもらい、ライヴを観にいった。運悪く、同僚から借りた自転車が途中でパンクしたけれど、タクシーで駆けつけた。急いで会場に入るとライヴは始まっていた。たった2人で奏でるライヴは、空気そのものを楽器にしてしまうくらいの、会場を彼らの色に染めてしまうものだった。僕は、静かに興奮しっぱなしだった。終演後、冷静を装って、2人に話しかけてみると、まだ何も知らないような若者でびっくりした。聞けば、バンドマン同士の横の繋がりもほとんどないという。まさに荒らされていない森で、新鮮で栄養のある植物を食べて育った動物のように、彼らの音楽はとても自然の中で生まれたのだ。それが、本当に新鮮だった。

最初に、あなたの人生を変えたアルバムは? という問いについて話した。もし僕がそれを尋ねられたら、ROTH BART BARONと答える日が来るかもしれない。彼らの音楽を聴いて、少しでも多くの人たちに届けたいと思い、ライヴに足を運び、行動を起こしている自分がいるからだ。誰かの音楽を聴いて、自分が行動を起こしたいと思ったことはこれが初めてだ。そういう意味では、人生を変えられた作品といえるだろう。けれど、これが一人でも多くの人たちに届くまで、僕はそう答えたくない。それくらい、ROTH BART BARONは多くの人たちに聴かれるべきだし、素晴らしい。僕だけが変わったなんてあまりにもったいなすぎる。ROTH BART BARONの音楽が世の中に広まったとき、僕は彼らの作品が人生を変えてくれたと胸を張っていえるだろう。(text by 西澤裕郎)

2012年12月13日(木)NEW EP『化け物山と合唱団』リリース決定!!


ROTH BART BARON / 化け物山と合唱団

2012年12月13日(木)リリース

【配信形態】
HQD(24bit/48kHzのWAV)

【収録曲】
1. 小さな巨人 / 2 . Campfire / 3 . 化け物山と合唱団
4 . よだかの星 (Fire works) / 5 . アルミニウム

『化け物山と合唱団』よりMVが公開中!!

LIVE SCHEDULE

「トランキラvol.1」
2012年12月8日(土)@京都 西院OOH-LA-LA
Open : 18:00/Start : 18:30
Ticket : 前売 : ¥2,000/当日 : ¥2,200(+1Drink¥600)
出演 : ROTH BART BARON(東京) / ゆーきゃん / Suelu / 井上陽介(Turntable Films) / DoDo
BGM DJ : 田中亮太(club snoozer)

「ROTH BART BARON NEW EP “化け物山と合唱団”Release Party『からっぽ博覧会Vol,3』」
2012年12月13日@渋谷La.mama
※詳細は後日発表

同時代に共振するアーティストたち

PROFILE

ROTH BART BARON

中原鉄也(drums/piano) Tetsuya Nakahara
三船雅也(vocal/guitar) Masaya Mifune

2008年結成、東京出身。

2010年に自主制作による1st EP『ROTH BART BARON』をセルフ・リリース、diskunionやJET SETから多大な支持を受ける。そして無名の新人ながら異例のiTunesでの国内、海外同時配信。ギター、バンジョー、マンドリン、ピアノ、和太鼓、フィドルなど多種多様な楽器を使い、壮大なサウンド・スケープと美しいメロディ、剥き出しの感情と生命力に満ちあふれた歌詞が作り出す圧倒的な世界観は日本の音楽シーンだけに留まらず、SoundCloudをはじめとする音楽系SNSサイトから多くの賞賛コメントを受けるなど、海外での評価も高い。

>>ROTH BART BARON official website

o

 
 

レヴュー

《12ヶ月連続配信企画、第12弾》──goodtimes、ラストを飾る不器用な彼らなりの愛あるメッセージ
[CLOSEUP]・2018年02月21日・《12ヶ月連続配信企画、第12弾》──goodtimes、ラストを飾る不器用な彼らなりの愛あるメッセージ 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らの第12弾シングル最終作「終わりを迎えた後のこと」の配信がスタート。この連載は今回で最終回となるが、あなたのこれからへの願いが込められた楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimesがあなたに贈る12ヶ月連続配信最終作goodtimes / 終わりを迎えた後のこと'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) 【収録曲】''01. 終わりを迎えた後のこと REVIEW : ラストを飾る、不器用な彼らなりの愛あるメッセージ ついに今回で最後となるgoodtimesの12ヶ月連続配信。今回のシングルは、「終わりを迎えた後のこと」といった失恋後の切なくも優しいラブソング
【REVIEW】Hanah Spring、新たな方向性を獲得した2ndアルバム『Dreamin’』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2018年02月14日・ソウルはどこを目指す?──Hanah Spring、4年ぶりとなるニュー・アルバム『Dreamin’』をハイレゾ配信 2014年、黒田卓也、Kan Sano、吉田サトシといった同世代の才能たちとともに作り上げたアルバム『Handmade Soul』をリリースしたHanah Spring。ジャズ・ミュージシャンの両親を持ち、幼少から音楽によって育まれてきた彼女による『手作りのソウル』は、温かい中にもストイックなまでのグルーヴが感じられ、そこに彼女の歌声が光る一枚だった。そんな彼女が4年の時を経て世に放つニュー・アルバムのタイトルは『Dreamin’』。表現力豊かな歌声でリスナーを夢中にさせてきた彼女が歌う「夢」とはいったいどんなものなのだろうか。待望の最新作をOTOTOYではハイレゾ配信するとともにレビューを掲載。お楽しみください。 4年ぶりのニュー・アルバムHanah Spring / Dreamin’'【配信形態】(ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC)>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. Dreamin’
by 海老沼 孝男
【REVIEW / ハイレゾ配信】フランツ・フェルディナンド、4年半のブランクを経ての新作!
・2018年02月09日・【REVIEW / ハイレゾ配信】今再びUKロックの着火剤となる、フランツ・フェルディナンドの野心と核心 UKロック・シーンの綺羅星、フランツ・フェルディナンドが4年半ぶりの新作『Always Ascending』をリリースした。本リリースまでの間には、2016年にはオリジナル・メンバーでもあるニック・マッカーシーが育児のために脱退、そして2人の新メンバー、ジュリアン・コリーとディーノ・バルドーが加入し5人組へとその体制を大きく変えた。この、バンドの新たなキャリアのスタートとも言える作品では、ダフトパンクの先輩格とも言えるモーターベースやカシウスといった名義でフレンチ・ハウス・シーンを牽引、またはフェニックスやカイドネスといったアーティストを手がけていることでも知られるフィリップ・ズダールをプロデューサーに起用している。それもあってか、彼らの大きな魅力のひとつでもあるダンサブルなサウンドへとフォーカスした作品と言えるだろう。OTOTOYでは本作をレヴュー、そしてハイレゾ配信でお届けしよう! 24bit/96kHzハイレゾ配信Franz Ferdinand / Always Ascending(24bit/9
by 井草 七海
【REVIEW】Taiko Super Kicks、ミニマムに振り切る新アルバム
[CLOSEUP]・2018年02月07日・Taiko Super Kicksがミニマムに振り切る新アルバム──『Fragment』に見え隠れする確信と自信 2015年、限りなくおおらかなメロディーと軽やかな実験精神でインディ・ポップ・シーンにゆらめきをもたらした『Many Shapes』から約2年、Taiko Super Kicksが、待望の新作フル・アルバム『Fragment』をリリースした。新鮮さと懐かしさが混在する不思議なサウンドと、細やかで広がりのあるアンサンブル、どこまでもしなやかに拡張されていくTaiko Super Kicksの音楽はさらなる成長を遂げている。そんな彼らは今作をひっさげて台湾を含む6都市を回るツアーの開催が決定! OTOTOYではハイレゾ配信もスタートします! ひさびさの新作を読み解く、土佐有明によるレヴューとともにお楽しみください。 2年ふりとなるニュー・アルバムTaiko Super Kicks / Fragment'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】1. たたかいの朝2
F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始
[FEATURE]・2018年01月24日・F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始 様々なゲーム作品をリリースしているLeaf/AQUAPLUSのヴォーカル曲を集めた『AQUAPLUS VOCAL COLLECTION』シリーズの第11弾アルバムが、ついにハイレゾ・DSDで配信開始となった。本作には「WHITE ALBUM2 -closing chapter-」 「WHITE ALBUM2 幸せの向こう側」「ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔」の楽曲が収録されている。OTOTOYではアルバム購入で歌詞pdfつき。歌姫たちの美声を歌詞とともに酔いしれてほしい。 AQUAPLUS VOCAL COLLECTION VOL.11'【配信価格】(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 3,240円(右)WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz) 単曲 324円 / まとめ購入 3,240円【Track List】''1. 時の魔法 -- 小木曽雪菜2. 心はいつもあなたのそばに -- 津田朱里3. closing -- 上原れな4. Routes -- 小木曽雪菜
by 純三
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック
[CLOSEUP]・2018年01月24日・《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らの第11弾シングル「ダークヒーロー」の配信がスタート。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、背中を押してくれる第11弾goodtimes / ダークヒーロー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) 【収録曲】''01. ダークヒーロー REVIEW : 泥臭さ上等。雑草根性で走り抜ける。 12ヶ月連続配信も今回を含め残り2回となった。寂しさが感じられるようになっているあなたは、すっかりgoodtimesの虜になっているはず。2018年になり、goodtimesのスタートは、彼ららしいキャッチーな王道ロックで攻める泥臭さ上等の雑
by ai
【REVIEW】2018年最初の要注目新人登場! 女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信!
[CLOSEUP]・2018年01月10日・確かな才能の萌芽がここに──今後要注目の女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信 すごい新人の登場です! 作詞、作曲、編曲そしてミックスまで一人でこなす、23歳(2018年時)の女性シンガー・ソング・ライター、その名もmarucoporoporo。そんな彼女が初音源となるEP『In her dream』を〈kilk records〉よりこの度リリース。力強くも繊細な歌声と、生楽器と電子音が重なり合う幻想的なサウンドは、デビュー作とは思えない完成度の高さに思わず息を呑むこと間違いなし。OTOTOYでは今作のハイレゾ版を独占配信すると共に、レヴューを掲載。期間限定(2018年1月10日(水)〜1月17日(水)23:59)にて音源のフル試聴も行っておりますのでまずは一聴を! OTOTOYではハイレゾ版を独占配信!marucoporoporo / In her dream'【Track List】01. Sunshine02. Touch the hand03. Dear04. Never let me go05. Little boy and girl【配信形態 / 価格】WAV、A
【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事