水曜日のカンパネラ、最高傑作をハイレゾ配信!! コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fに訊くアルバム制作秘話

お・待・た・せ・し・ま・し・た!! 水曜日のカンパネラ、5作目となるオリジナル・アルバム『ジパング』のハイレゾ配信をスタートです!! 今年5月にリリースした『トライアスロン』では普段とは違うサウンド・プロデューサーを迎えるなど挑戦的なことをしてきましたが、本作はメンバーであるケンモチヒデフミが100%プロデュース。それでいて、これまでの水曜日のカンパネラとも印象がガラリと変わった超大作に。テーマは国外から見た日本、ユーラシア大陸の旅。KOHHのアルバムも手がける上岡拓也によるイラスト・ジャケットが示しているように、コムアイが最前線に立ち、アイデアを全面に散りばめた、水曜日のカンパネラ、第2章の幕開けです。

水曜日のカンパネラを初期から追いかけてきたOTOTOYでは、4週連続で企画を実施中。第3週目となる今回は、水曜日のカンパネラ3人へのインタヴューを行いました。実は、3人に揃って話を聞くのはこれがはじめて。コムアイのやりたいことが作品上にも反映されることが多くなり、3人での関係性の変化も今作に影響を与えているのではと思い、全員揃ってのインタヴューをお願いしました。そこから浮かび上がったのは、今作がファミリー感の強いアルバムだったということ。コムアイが「エモい!」と連発し、その場の全員がジーンときた理由とは? ぜひアルバムを聴きながらインタヴューをお楽しみください。

取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤
写真 : 雨宮透貴

待望のハイレゾ配信スタート!

水曜日のカンパネラ / ジパング(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,800円(税込)

【Track List】
1. シャクシャイン
2. 猪八戒
3. メデューサ
4. ラー
5. ツイッギー
6. ウランちゃん
7. ライト兄弟
8. 小野妹子
9. 西玉夫
10. マッチ売りの少女


水曜日のカンパネラ / 小野妹子


INTERVIEW : コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.F

ーー『ジパング』を聴かせてもらって、これまでに作り上げてきた水曜日のカンパネラ・サウンドをいい意味で裏切ったサウンドに挑戦していてビックリしました。例えば、きゃりーぱみゅぱみゅが方向性を変えてダブステップをやることはないだろうし、リスナーも望んでいるところではないと思うんですね。それと同じく、カンパネラが新しい方向性に舵をとる必要があったのか、迷わなかったですか?

コムアイ : 最初ケンモチさんが前作の拡大版みたいな曲を作ってきたんですよ。でも「いやいや、申し訳ないけどそういうのはやる気が起きません」と言って全部ボツにしました(笑)。

ーー全部ボツ…(笑)。

コムアイ : 例えば、中田ヤスタカさんは曲を作る役目とディレクションとプロデュースが重なっていると思うんですけど、水曜日のカンパネラではプロデュース権限は分担されているので、ケンモチさんが曲を作りつつも最後まで決められないジレンマがあるんですよ(笑)。
ケンモチヒデフミ(以下、ケンモチ) : 日によってコムアイの言うことが変わるしね(笑)。

左から、Dir.F、コムアイ、ケンモチヒデフミ

コムアイ : 変わる、変わる(笑)。あとは東京と大阪(※ケンモチは10月まで大阪在住だった)だったこともあって、受けている刺激が全然違うというか。東京のほうが明らかにスピードが速いし、1週間で3回くらいヒップホップのみんなが気になるイベントとかがあったら急にそっちに傾く。すごい勢いで流行りがインスタントに変わっていくから。
ケンモチ : それは別にいいんだけど、1ヶ月間に何度も飽きていくんですよ(笑)。それが問題。ええ~って。

ーーあははは。EP『トライアスロン』あたりから、コムさん(コムアイ)のアーティスト性が前に出てきたなと思っていて。それに対してケンモチさんとDir.Fも変わることで、水曜日のカンパネラとしての整合性がとれていると思うんですけど、そういう意味で、Dir.Fはどんなサウンドの方向性を目指していたんでしょう。

Dir.F : 過去に聞いたことのあるようなサウンドは出したくないなと思っていました。自分がお客さんだったら、似たようなアルバムが出たら買わないと思うんですよ。ケンモチさん自体いろんな音楽を聴いているから、絶対違うものが生まれるだろうと思っていたんで、『トライアスロン』では、あえてケンモチさんには3曲中1曲だけしかお願いしなくて、この期を待ったんです。そしたら、「ディアブロ」と「シャクシャイン」「カーネル」が2015年の頭にできて、そこから全然違うものが生まれてくるようになって。正直「カーネル」を入れるか入れないかも悩んだんです。

ーー今作に?

コムアイ : そう。タイミング的には入れてもおかしくないんですけどね。
Dir.F : 曲とライヴの雰囲気で「カーネル」はちょっと違うなと思ったんですよ。
コムアイ : ロキノン寄りでキャッチーな曲だから、出したら売れるのはわかっているんだけど、私が好きじゃなかったらうまくいかないから、お客さんにも失礼になっちゃうし、だったら早めに断っておいたほうがいいじゃないじゃないですか。めっちゃわがままな理由だけど、わがままを通すのが仕事みたいなところがあるし、しょうがないよね…(笑)。

ーー要するに「シャクシャイン」と「カーネル」を天秤にかけたときに、「シャクシャイン」のほうに、水曜日のカンパネラの未来を感じたと。

コムアイ : 曲はキラキラしていました。最初は「ステージでこの曲どうしよう…」って悩んでいたのに、ライヴをするなかでどんどんよくなっていって。ライヴにぴったりな曲になっていったし、ハマっていって。そこからちょっとずつ触手が伸びた感じかな。


水曜日のカンパネラ / シャクシャイン

カンパネラらしいっていうのは「新しいものってことなんじゃないか」

ーーケンモチさんは、楽曲の作り方自体も変わっていったんですか。

ケンモチ : 「シャクシャイン」は、面白い歌詞の曲を作りたいなと思って作った曲で、日本語でも英語でもない魔法の言葉みたいな感じがいいと思って北海道の地名をモチーフにしたんです。なので言葉にフォーカスするっていう点で、メロディとか音程のある部分を抜いて、リズムだけにしていきました。「シャクシャイン」以降は、ほぼほぼ全部音を変えましたね。

ーー音を変えるっていうのはどういうことですか?

ケンモチ : 最近よく使われるような、ベース・ミュージックっぽい音に寄せました。『羅生門』、『シネマジャック』、『私を鬼ヶ島に連れていって(以下、わた鬼)』までは、ほぼ同じリズム・パターンや音色だったので、そこは一新しました。

コムアイ : 今作でわかったことなんですけど、こういう感じのを作ってくださいって言ったら、ケンモチさんは本当にその通り作れるんですよ。
一同 : (笑)。
ケンモチ : 僕はそれほどビートに特徴のあった作風ではなかったので、言われた感じのものに差し替えられるなっていうのはあるんですけど、根底に流れている僕っぽさは残っていて。そこを、2人から「ピアノとストリングスはもういいでしょ!」って言われて(笑)。だから「シャクシャイン」以外の曲はあまりピアノもストリングスも入ってません。

ーーケンモチ節のピアノとストリングスを、あえて削っていったんですね。

コムアイ : そう。デモの段階で入っていたフレーズとかがバシバシ切られて、曲がどんどん短くなっていっちゃって。
Dir.F : 気づいたら2分台の曲が4曲あるみたいなね(笑)。
コムアイ : 「ライト兄弟」もアウトロがなくなりかけて、アルバムの長さじゃなくなっちゃって。他の曲もどんどん切っていったんです。でも、内容が濃ければ全体の時間が短くてもいいでしょ、と思って。

ーーいわゆるビートの作り方で象徴的なのが「ツイッギー」なんですけど、CM曲を作るということで、外部の人たちを巻き込んだ曲制作という点も大きな変化ですよね。


水曜日のカンパネラ / コムアイ出演 ヤフオク! CM&メイキングまとめ

コムアイ : CM制作とかタイアップって、要求が大きくて負担になるのかなと思ったんですけど、私には全然負担にならなくて。むしろ、博報堂とヤフオク! チームが「やっちゃえ、やっちゃえ~」みたいな感じで、逆に「これでいいのか?」みたいな感じで。1番戸惑っていたのがケンモチさんだったんですよね。
Dir.F : みなさん、そもそもケンモチさんの曲のファンでしたからね。
ケンモチ : 「ミツコ」と「マリーアントワネット」みたいなやつがいいですって言われて、5~6曲くらい作って持っていったら「あ~なんか聴いたことあるんですよね~」って。それを求めてきたんじゃないのかよ! って(笑)。
一同 : (笑)。
Dir.F : そこから、カンパネラらしいっていうのは「新しいものってことなんじゃないか」 「聴いたことないものってことなのかな」って考えて、コムアイがiPhoneのボイスメモで録った30秒くらいの曲をポンッと出したら、それになったという(笑)。
コムアイ : お布団をかぶって録ったんですよ。そのあとも細かいフレーズをケンモチさんと送り合って音を足したり変えたり、声を入れたり引いたりしながら更新していって。
ケンモチ : だから「ツイッギー」で何が起こったのか僕の中でもよくわかっていないまま世に出ていったんですけど、アルバムに入って聴いたら、風通しがいいなって、ようやく初めて思いましたね。

ーー僕は最初「ラー」を単曲で聴いてリード曲になるって言われたとき、ちょっと地味な気がしたんですよね。でもアルバムで通して聴くと「あ、なるほどね」って納得しました。それまで、他の曲は全然聴かせてもらえなかったので(笑)。


水曜日のカンパネラ / ラー

Dir.F : 全部できてから聴いてもらおうと思って。だから「ラー」だけ送って、リード曲になると思うって言ったんだけど、あんまり信用してくれなくて。
コムアイ : えー、そうだったんだ。私「ラー」を聴いた時、これはリード曲だよ、やったー! と思ったけど。

ーー〈BAYCAMP2015〉でのライヴも正直よくわからなかったんですけど、アルバムを聴いて、「あっ、すいませんでした」ってなりました。

コムアイ : 我慢しなくなってきているというか(笑) 。本当にどんどんお客さん目線を考えなくなってきちゃって、大丈夫かな~って感じだけど、自分たちが好きなものは世に受け入れられるし、流行るべき! っていう過信があるんですよね。

超ファミリーなアルバムになりました

ーーちなみに、『ジパング』でやりたいことが明瞭になってきたのはいつくらいなんですか?

コムアイ : 『トライアスロン』を出したくらいに、ケンモチさんがアルバムに取り掛かっていたんですけど、その時は全然イメージがなくて。『ジパング』的景色が見えたのは8月とかかな。
Dir.F : 1回、ケンモチさん家に行ったよね? で、骨子となる楽曲のPVとかいろいろ見て、その後にデモを聴いて「いい感じ」ってなって。
コムアイ : あ、それもあった。もうアルバム大丈夫だね!! ってなって。1曲も出来ていないのに「大丈夫だ」ってなった瞬間あったんだよね(笑)。
ケンモチ : 本当に1年間、次の方向性を探っていたんですけど、本当に最後のバタバタで「これなんです!」ってイメージが決まって、急にそこから動き出した感じというか。

コムアイ : ユーラシア大陸のあっちこっちに曲が散らばっている感じにしたかったんですよ。日本とユーラシア大陸を繋ぐのが遣隋使、遣唐使だから、「小野妹子」がありますね。その間に点在するように、砂漠感とか鉱物感とか金属っぽい音が入っている、全部まとめるような曲が欲しいなって思って作ったのが「西玉夫」なんですよね。

ーー「西玉夫」は最後のほうに出来た曲なんですね。

コムアイ : 大河って悠久の時を連想させるし、河の周りにだんだん少しづつ文明が栄えてきたイメージもわいて、いいなと思って。いろんな川の名前を挙げるだけで「太古の昔から」みたいなイメージが伝わってくると思ったので。最後にたどり着くところに「タマちゃん」を持ってきて。あと私が育ったのが多摩川の辺りなんで(笑)。


水曜日のカンパネラ / 西玉夫

ーー「マッチ売りの少女」は、生楽器のサックスが入っていて、これまでのメロウな路線の曲ではあるんですけど、より叙情的になっている曲ですよね。

コムアイ : そう! それによって超ファミリーなアルバムになりました。

ーーファミリー?

コムアイ : そう、ファミリー。サックスを吹いているのが、渋谷の駅前でよく吹いている横田寛之さんで、NHKで番組を作っている知り合いに紹介してもらったんですけど、温度感がそんな変わらないっていうか、もともと音楽じゃない畑にいたギャップみたいなものもあって。事務所から帰る道で見かける時、「あ、横田さんやってる、いつか一緒にやれたらいいな~」って思っていたんですけど、誘ったらほんとに即答で「あ、わかりました。いきまーす」みたいな(笑)。数日後にレコーディングして、ここに入れてくださいって言ったテイクが全部よくて。友達を呼ぶっていうのは、他のバンドとかだったら普通なのかもしれないけど、水曜日のカンパネラをやっていて、そういうことは御法度な気がしていたんですよね。商業音楽をやりたいからビビっているんですかね。今回、ジャケットを描いてくれた上岡拓也さんも、私の義理の親族なんで。

ーーへえ~、そうなんだ。

コムアイ : そう。で、高校が和光の出身なんだよね。OKAMOTO'Sとかもみんな和光で、ミュージシャンがめっちゃいるし、気のあう人が多い学校です。

次はデザートっぽいというか、ちゃっ!! と作ったんですよ

ーー今作のラフ・ミックスを最初にもらったとき、方向性はわかるけど、なんかイマイチだなと思ってたんですよ。でも、完パケした音源を聴いたら断然よくなっていて。それでクレジットを見たら、松橋秀幸さんがミックスをやっていることを知ってジーンってきました。

コムアイ : そう! エモいでしょ~(笑)。ここで、新しく出会った「うちでやりますよ~」みたいなみんな知ってる古株エンジニアじゃなくて、松橋さんっていうのが!
ケンモチ : 松橋くんは、僕の専門学校の同級生なんですよ。
コムアイ : く~~~~(笑)。
ケンモチ : 十数年来の友達で。
コムアイ : 親友だよね。
ケンモチ : マスタリングをやってくれた森崎雅人さんも、僕がソロで『シェイクスピア』を出した時にやってくれたエンジニアなんです。
コムアイ : わっ、エモっ(笑)!
ケンモチ : 僕のインストの時の人たちともう1回やれたというか。
Dir.F : 全員集合(笑)。
ケンモチ : そう、手を取り合って(笑)。
コムアイ : えっ、超エモい! 水曜日のカンパネラに予算がついて、やっと仕事として付き合えるようになったっていうのが嬉しいよね。「十年後またここで会おうみたいな」(笑)。

ーー実際、ミックスで明らかにサウンドが変わりましたよね。

ケンモチ : ベース・ミュージックって音がちゃんとしてないと変な感じになっちゃうから、バランスが難しくて、そこはもうお願いしようと思って組み立てていったんです。ミックスしたら上手くいくよって感じで、曲作りに専念できたんです。
コムアイ : そんなに変わるんだ。

猪八戒の声を出すための歌い方を教えてくれるコムアイ

ーー全然、変わりましたよね。

ケンモチ : 音を新しくするっていうのはソロでもやってきたことではあるんですけど、『わた鬼』で満足できるものが作れたこともあるので、変えるってことに抵抗はなかったかもしれないですね。『わた鬼』は、もうお腹一杯って感じでみっちり作ったから、次はデザートっぽいというか、ちゃっ!! と作ったんですよ。
コムアイ : だって「ライト兄弟」とか3日くらいでできたもんね。
Dir.F : ライトにね(笑)。
コムアイ : 「猪八戒」とかも1日目に「どういう曲にする?」って言って3人で2曲を考えて「このコンセプトでいきましょう」ってアイデアが浮かんだ次の日に曲ができて仮歌を入れて、その次の日にレコーディングしておしまい! みたいな(笑)。
一同 : (笑)。

ーー『わた鬼』のときは、ケンモチさんが大阪から東京に来る深夜バスのなかで、じっくり歌詞を書いていましたよね。

ケンモチ : 今回は「ライト兄弟」とか「猪八戒」とかほんと2日間くらいで考えました。そういう意味では、歌詞のほうが難しかった。だって、曲はないんだけど、先に歌詞をくださいって言われて「そ、そんなバカな!」って(笑)。
一同 : あははは(笑)。

ーーよくまとまりましたね(笑)。

Dir.F : 挫折しかけましたもんね、ケンモチさん(笑)。
コムアイ : 「カーネル、入れたいんですけど…」「いや、無理です!!」ってやりとりがあり(笑)。「もう間に合わないっす」って言ってきても「却下します!」って突き返して。

自分の好きなものをやるってことにしか希望がないよね

ーーあはははは。コムさんは「根拠はないけど多くの人にウケる自信がある」って前から言ってましたけど、実際、状況がそうなりつつありますよね。次はどんなところにいきたいとかっていうのはありますか。

コムアイ : 多分、それにはまた新しい音楽にハマらないといけなくて。小さなクラブに行ってたくさん音楽を浴びていたことは今作への影響としてあったと思うので、「わっ、こんな音楽が楽しいな」「これは踊れるな」みたいなものを新しく見つけにいかないといけない気がしますね。

ーーライヴが終わった後の深夜から遊びにいったり、とにかく遊ぶことに忙しそうでしたもんね。

コムアイ : あ~、あったね。一時期、本当に無理して遊んでいる時があって。その時にまとめて遊んだ後は、どうでもよくなったというか。「あ、私こういうアルバムにしたいんだ」ってケンモチさんたちと共有したら、あとは娯楽になっちゃったというか、そこからは制作をがんばったほうがいいなという気はしましたね。それでも手が出ちゃうけど。もしかしたら交互なのかな? でもやっぱり自分がびっくりするくらいのものを作りたいから、また新しいものを見つけないと、モチベーションが上がらなさそう。

ーー『ジパング』がリリースされた後にそれは見えてくるのかもしれないですね。

コムアイ : でも次もちょっと見えてるな。ふふふふふふ(笑)。次、ドン引きだね、多分(笑)。
Dir.F : 反応は楽しみですけどね。『ジパング』収録曲のMVの反応を見ていると、お客さんの許容範囲って広いなと思いますよ。
ケンモチ : これでウケなかったときのショックはハンパないかもしれないです。これでも世の中には伝わらないのか~って凹むと思うんですよね。ただ、『トライアスロン』のときにコムアイが言ってたんですけど、カンパネラのイメージが面白ラップに固定される前に、何か新しいところにいきたくて。今作ができたことで、6作目はまた変わってもいいって前提ができたんじゃないなかな。もし今作も『わた鬼』のパワーアップ・ヴァージョンとかだったら…。
コムアイ : いやー、本当に動けなくなっていたと思う。

ケンモチ : っていうのがあったので、動きやすくはなりましたよね。次ジャンプするにしても、1回屈伸しないといけないじゃないですか? 膝をきゅっと曲げることで、より高くジャンプできるかなって。だから僕はこれがウケなかったとしても、まあまあそれは進み方としては結果的によかったんじゃないかな。
コムアイ : でもさ、自分の好きなものをやるってことにしか希望がないよね。『わた鬼』もそうだったけど、好きなものを世の中に出して受け入れられるっていうことが大事だと思う。

ーー心がないものは見透かされちゃいますよね。

コムアイ : そう、キラキラがでない。

ーー『ジパング』は、すごく魂のこもったアルバムだと思いましたよ。

コムアイ : は~、また頑張んなきゃ。

ーー次作も楽しみにしてます。

  発売日 2015/11/11

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


>>5thアルバム完成記念企画①タワレコ×TSUTAYA対談
>>5thアルバム完成記念企画②BAYCAMP×サマソニ制作者対談

水曜日のカンパネラ LIVE SCHEDULE

水曜日のカンパネラ・ワンマン・ライヴ・ツアー〈ジパング〉
2015年11月18日(水)@赤坂BLITZ 18:30/19:30 SOLD OUT
2015年11月27日(金)@大阪umeda AKASO 18:30/19:30 SOLD OUT
2015年12月4日(金)@札幌Sound Lab mole 18:00/19:00 SOLD OUT
2015年12月6日(日)@仙台CLUB JUNK BOX 17:00/18:00 SOLD OUT
2015年12月12日(土)@福岡BEAT STATION 17:00/18:00 SOLD OUT
2015年12月18日(金)@名古屋CLUB QUATTRO 18:30/19:30 SOLD OUT
2015年12月23(祝・水)@沖縄ガンガラーの谷・ケイブカフェ 18:30/19:00 ※ゲスト : オオルタイチ
前売 : 3,400円(税込・ドリンク代別途)

水曜日のカンパネラ・ワンマン・ライヴNANIWA! / OEDO!
2016年2月24日(水)@大阪 BIGCAT 18:30/19:30
2016年2月28日(日)@東京 Zepp DiverCity 17:00/18:00
前売 : 3,500円(税込・ドリンク代別途)
オフィシャル先行予約 : 11/18(水) 12:00〜

水曜日のカンパネラ・競演ツアー「ジパング」
2015年11月13日(金)@台湾 高雄駁二 LIVE WAREHOUSE 19:30 / 20:00 w / 黒狼
2015年12月13日(日)@広島 414 17:00 / 18:00 w / tricot
2015年12月19日(土)@神戸 太陽と虎 17:00 / 18:00 w / 吉田一郎不可触世界

〈ジパング・インストアツアー〉
2015年11月11日(水)@タワーレコード新宿店 20:00~
2016年1月9日(土)@TOWERmini盛岡店 15:00~
2016年1月16日(土)@タワーレコード高松丸亀町店 15:00~
2016年1月17日(日)@タワーレコードららぽーと磐田店 16:00~
2016年1月23日(土)@タワーレコード佐賀店 15:00~

水曜日のカンパネラの作品をチェック!!

3名のプロデューサーによるEPをハイレゾ配信中!!

水曜日のカンパネラ / トライアスロン(24bit/48kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 208円 / まとめ購入 555円

【Track List】
1. ディアブロ
2. ナポレオン
3. ユタ



>>>インタヴューその①「ナポレオン」プロデューサー・OBKR
>>>インタヴューその②「ユタ」プロデューサー・オオルタイチ
>>>インタヴューその③「ディアブロ」プロデューサー・kenmochi hidefumi
>>>インタヴューその④ヴォーカル・コムアイ

待望の4th・ミニ・アルバムをハイレゾ配信中!!

水曜日のカンパネラ / 私を鬼ヶ島に連れてって(24bit/48kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 208円 / まとめ購入 1,234円

【Track List】
1. 千利休 / 2. 桃太郎 / 3. エンゲル / 4. チャイコフスキー〈Interlude-ラモス-〉 / 5. インカ / 6. デーメーテール / 7. ジャンヌダルク / 8. ドラキュラ



>>4thミニ・アルバム完成記念企画①ビレバン、タワレコ、OTOTOYバイヤー座談会
>>4thミニ・アルバム完成記念企画②振り付け師・竹森徳芳への初インタヴュー
>>4thミニ・アルバム完成記念企画③ヴォーカルのコムアイへのインタヴュー
>>4thミニ・アルバム完成記念企画④トラックメイカー・kenmochi hidefumiへのインタヴュー

ヴィレッジヴァンガード限定のカバー・ミニ・アルバム、ハイレゾ版!!

水曜日のカンパネラ / 安眠豆腐(24bit/48kHz)

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 249円 / まとめ購入 800円

【Track List】
1. カンフー・レディー / 2. めぐる季節 / 3. 月灯りふんわり落ちてくる夜 / 4. 星めぐりの歌

>>コムアイの前世を占うために催眠術にかかりにいくの巻

映画をテーマにした3rdミニ・アルバム、ハイレゾ版!!

水曜日のカンパネラ / シネマジャック

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,234円

【Track List】
1. ミツコ / 2. 二階堂マリ / 3. 義経 / 4. モスラ / 5. ラオウ / 6. ダ・ヴィンチ / 7. ニキータ / 8. ランボー

>>Kenmochi Hidefumiへのインタビューはこちら

CD版とはミックス違いの2ndミニ・アルバムをハイレゾ配信中!!

水曜日のカンパネラ / 羅生門

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,234円

【Track List】
1. モノポリー / 2. 素子 / 3. 星一徹 / 4. シャア / 5. マリー・アントワネット / 6. アリババ神帝 / 7. 不二子 / 8. 竹久夢二

>>コムアイ、Dir.Fへのインタビューはこちら

お待たせしました!! ヴィレッジバンガード下北沢店限定の1stミニ・アルバムをハイレゾ配信スタート!!

水曜日のカンパネラ / クロールと逆上がり

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,440円

【Track List】
1. パフ / 2. お七 / 3. ゴッホ / 4. テンテン / 5. 浮雲 / 6. ヒカシュー / 7. マチルダ / 8. マルコ・ポーロ / 9. ネロ


エロスの連載を振り返っておこう

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第一弾シングル

水曜日のカンパネラ / モスラ(幼虫Ver.)

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メイカー、Kenmochi Hidefumiによるモスラをテーマにしたトラックと、そこに乗っかるコムアイのエロスをモチーフにしたリリック。連載第一弾配信シングルにして、すでに最高傑作ともいえる湿気たっぷりのエロス・ソング!! 怪しくくぐもったサウンドにエモーショナルな鍵盤が絡まるロマンティックでエロティックな楽曲にときめきを感じてみては? 水曜日のカンパネラが羽化していくことを予感させる名曲!!

>>第一回『モスラ対ゴジラ』の考察ページはこちら

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第二弾シングル

水曜日のカンパネラ / ラオウ

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メイカー、Kenmochi Hidefumiによる北斗の拳をテーマにしたトラックと、そこに乗っかるコムアイのエロスをモチーフにしたリリック。連載第二弾配信シングルにして、エロス・ソングとしては最大の問題作。

>>第二回『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』の考察ページはこちら

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第三弾シングル

水曜日のカンパネラ / ミツコ(セーラー服ver.)

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メーカーKenmochi Hidefumiによる『恋の罪』をテーマにしたトラックと、コムアイのエロスをモチーフにしたリリックが結実した、連載第3弾配信シングル。水カン至上最も難産となった1曲にして、現時点での最高傑作。不穏なイントロとくぐもったサウンドでスタートする本曲は、ぐるぐる城の周りを歩いているように、辿り着きそうでつかない雰囲気が醸し出された内容となっている。水曜日のカンパネラが、新境地を切り開き、次のフェーズへ踏み出すためのきっかけになるであろう作品。

>>第三回『恋の罪』の考察ページはこちら

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第四弾シングル

水曜日のカンパネラ / ニキータ(若気の至りver.)

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メーカーKenmochi Hidefumiによる『ニキータ』をテーマにしたトラック&リリック、それをコムアイが歌った連載第4弾配信シングル。静かにゆったりはじまるサウンドスケープから一転、軽快なドラムンベースが疾走感をもたらす。映画のストーリーを示すリリックとあわさることで妙な哀愁がただよう、これまでの水曜日のカンパネラにはない1曲。

>>第四回『ニキータ』の考察ページはこちら

OTOTOY限定のSPECIAL Editionも配信中!!

ここでしか手に入らない限定版

水曜日のカンパネラ / ノルウェイの盛り

【価格】
wav 単曲 200円 / まとめ購入 400円
mp3 単曲 150円 / まとめ購入 300円

【Track List】
1. モノポリー
2. ものぐさ太郎
3. 素子

PROFILE

水曜日のカンパネラ

2012年、夏。初のデモ音源「オズ」「空海」をYouTubeに配信し始動。

「水曜日のカンパネラ」の語源は、水曜日に打合せが多かったから… と言う理由と、それ以外にも、様々な説がある。当初グループを予定して名付けられていたが、現在ステージとしてはコムアイのみが担当。それ以降、ボーカルのコムアイを中心とした、暢気でマイペースな音楽や様々な活動がスタートしている。

コムアイ
担当 : 主演 / 歌唱
1992年7月22日生まれ。
神奈川県出身。

成人しても未だ「クロール」と「逆上がり」ができないという弱点を持つ。
高校生時代には、いくつかのNGOやNPOに関わり活発に動き回る。
サルサ・ダンスに毒され、キューバへ旅し、同世代100人のチェキスナップとインタヴューを敢行。
その後は、畑の暮らしを体験したり、たまに海外へ。
最近は、鹿の解体を習得中。
好物は、今川焼と明石焼といきなり団子。

また、“サウンド・プロデュース”にKenmochi Hidefumi。
その他、“何でも屋”のDir.F。
などが、活動を支えるメンバーとして所属。

>>水曜日のカンパネラ オフィシャル HP

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也
・2018年07月13日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第12回》zAk × 佐野敏也 INTERVIEW : zAk(レコーディング・エンジニア)× 佐野敏也(スペースシャワーネットワーク) プライベート・スタジオ「ロックン・ロール研究所」で音源制作を行うなど、音作りへの深いこだわりを持っていた忌野清志郎。『KING』『GOD』といったキャリア後年の作品ではソウル・クラシックな音作りが際立っている。そうした作品に携わっていたのが、FISHMANSの作品等で知られるレコーディング・エンジニアのzAkだ。そしてその間を取り持った人物が、『RUFFY TUFFY』『冬の十字架』でレコーディング・ディレクターを務めた佐野敏也氏。2人が間近で見た忌野清志郎の姿とは? zAkの所有するスタジオ「ST-ROBO」にて、対談形式で話を訊いた。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 高校時代、まわりはRCのコピーバンドばっかりだった──お2人は、お仕事で関わる前から清志郎さんの音楽は聴いていらっしゃったんですか。 佐
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode52 セントチヒロ・チッチ「BiSHは誰かにとってのヒーローであり続けたい」
[BISH]・2018年07月13日・【BiSH】Epsode52 セントチヒロ・チッチ「BiSHは誰かにとってのヒーローであり続けたい」 2018年3月発売のメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』がオリコン・ウィークリーチャート1位を獲得、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を即完させ圧倒的なライヴを行った"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。今年の夏は〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018〉〈SUMMER SONIC 2018〉をはじめ様々なロック・フェスにも出演する彼女たちが、初の両A面シングル『Life is beautiful / HiDE the BLUE』をリリース。また同日に内容が過激なゲリラ・シングル『NON TiE-UP』をリリースし、攻める姿勢は止まることをしらない。OTOTOYでは、8周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第1回は、セントチヒロ・チッチの声をお届けする。 BiSH初となる両A面シングルをハイレゾ配信中BiSH / Life is beautiful / HiDE the BLUE'【配信価格】WAV
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回
[CLOSEUP]・2018年07月10日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回──豊作! この夏、オススメの新譜! 梅雨という梅雨もないまま、あっという間に本格的な夏に突入! 今年の夏は長い夏になりそうな予感! 今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」始まります! 先月はこの夏のサマソニでの来日も控え、ドレイク、ケンドリック・ラマーといったビッグ・アーティストもラヴ・コールを送るUKの新星R&Bシンガー、ジョルジャ・スミスの初アルバム『Lost & Found』を取り上げました。今月は豊作な新譜の中からいくつかの作品をピックアップ! ぜひこの夏はこちらの作品たちをチェックしてみては?? >>先月号、第17回(2018年6月)はこちら 第18回 豊作! この夏、オススメの新譜! 夏が近づくと、夏っぽい曲がチラホラと出るじゃないですか。それらを拾いながら、今年の夏を断片的に妄想したりしません? 今、自分はその最中ですが、昨年は海や山が似合う明るい曲が多く、今年はクールな都会の夜を思わせるサウンドが多いように思います。まず1発目。個人的には今のとこ今年イチです。 先月の記事に組み込まなかったんですが、丁度1ヵ月前に突
by 斎井 直史
【BiS連載vol.95】BiS1st「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」
[POURLUI]・2018年07月09日・【BiS連載vol.95】BiS1st インタヴュー「私たちの進化を見逃さないでほしいです」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。激動の最中にいるBiSからBiS1stのインタヴューをお届けする。 BiS1st、初シングルを配信スタートBiS1st / Don't miss it!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ 750円(税込) 1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) INTERVIEW
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃
[CLOSEUP]・2018年06月29日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》 蔦岡晃 INTERVIEW : 蔦岡晃(有限会社フェイスクルー 代表取締役)忌野清志郎がヴォーカルを務めたRCサクセションは、1970年代の低迷期をタフに乗り越えると、エレキ・バンドとして生まれ変わり、80年代に大ブレイク。一度聴いたら忘れられない清志郎の歌声、派手なメイクとファッション、強烈無比なライヴ・パフォーマンスにより“THE KING OF LIVE"と呼ばれ、一躍脚光を浴びるようになっていった。今回ご登場いただく蔦岡晃さんは、RCの絶頂期からライヴ・スタッフを務め、清志郎の晩年にはライヴのオープニングに欠かせない役割を担っていた人物だ。長年、清志郎のライヴ・パフォーマンスを支え続け、現在も数多くのライヴ制作に携わっている蔦岡さんならではの視点から語る“KING"忌野清志郎とは。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys はじめてRCのライヴで清志郎を観たとき“こんな人は日本にいないな"と思った──蔦岡さんは、1979年にRCサ
by 岡本 貴之
【BiS連載vol.95】ネル・ネール「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」
[POURLUI]・2018年06月22日・【BiS連載vol.95】ネル・ネール「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。まさに激動の最中にいるBiSに6月より加入した新メンバーの中から、OTOTOYではBiS1stの初ソロ・インタヴューを2回に渡りお届けする。 BiS1st、初シングルをOTOTOYでも配信予定BiS1st / Don't miss it!!【発売日】2018年7月4日(水)1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) IN
by 西澤 裕郎
【BiS連載vol.94】トリアエズ・ハナ「人の心を動かせるような歌を歌いたい」
[POURLUI]・2018年06月21日・【BiS連載vol.94】トリアエズ・ハナ「人の心を動かせるような歌を歌いたい」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。まさに激動の最中にいるBiSに6月より加入した新メンバーの中から、OTOTOYではBiS1stの初ソロ・インタヴューを2回に渡りお届けする。 BiS1st、初シングルをOTOTOYでも配信予定BiS1st / Don't miss it!!【発売日】2018年7月4日(水)1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) INTERVIEW : トリ
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回
[CLOSEUP]・2018年06月19日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回──Jorja Smith 『Lost & Found』 今年もあっという間に折り返しの6月! 梅雨入りの日本列島ですが激しい寒暖差に体調を崩しがちな今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 先月の特集では、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化について紹介しました。今月は新たにUKから現れた、現在21歳のR&Bシンガー、ジョルジャ・スミスをピックアップ。ビック・アーティストたちからも多くの賛辞を浴びる彼女の待望となるデビュー作に迫ります! 8月にはサマソニにて来日も控えてますよ〜! >>先月号、第16回(2018年5月)はこちら 今月ピックアップ! UKから現れた新たなR&Bの新星によるデビュー作!Jorja Smith / Lost & Found'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,543円(税込)【収録曲】''01. Lost & Found02. Teenage Fantasy03. Where Di
by 斎井 直史