【初音源フリー配信】永原真夏、工藤歩里サウンド・プロデュースのアイドル「Summer Rocket」本格始動!

数多くの個性派アイドル・グループが乱立する2016年、ありそうでなかった「夏」をテーマにしたグループが誕生。その名もSummer Rocket(サマーロケット)。運営を手掛けるのは、ミュージック、カルチャー&サイエンスマガジン「Rocket」を7月1日に発刊した新進気鋭の出版社、Rocket Base。楽曲を手掛けるのはex.SEBASTIAN X、音沙汰の永原真夏と工藤歩里。そして、ついに彼女たちの初音源「夏のトライアングル」が完成、無料ダウンロードでお届けします。できたてのMVとともにお楽しみください。さらに新メンバー・桃宮くるみの加入が決定!! OTOTOYでは、どこよりもはやくインタヴューを行い掲載。本格始動したSummer Rocketの勢いは本物なのか? ぜひチェックしてみてください。

サマーロケット初楽曲を期間限定フリー・ダウンロード!!

Summer Rocket / 夏のトライアングル(期間限定フリー配信)

【配信形態】mp3、aac
【配信価格】単曲 0円


Summer Rocket / 夏のトライアングル


サマーロケット、新メンバー・桃宮くるみ、お披露目ライヴ

最終未来兵器mofu(改名予定)新体制お披露目ライヴ
ゴキゲンパーティー! vol.1
2016年9月3日(土)@渋谷Milkyway
料金 : 前売 3,000円 当日 3,500円+1d
時間 : 開場 17:00 開演 18:00
出演 : ???(ex.最終未来兵器mofu) / Maison book girl / ライムベリー / SummerRocket / ヤなことそっとミュート / もかろん(RYUKYU IDOL) / かちあげガールズ



INTERVIEW : 桃宮くるみ

ーー桃宮くるみという名前には、どんな意味が込められているんでしょう?

桃宮くるみ(以下、くるみ) : 私のメンバー・カラーがピンクなので「桃」という漢字を入れたかったのと、小さいころ好きだった『東京ミュウミュウ』っていうアニメの桃宮いちごちゃんが好きだったので、そこからとりました。

ーーもともとアイドルは好きだったんですか?

くるみ : 2歳の頃からモーニング娘。さんがずっと好きです。

ーー2歳の記憶があるんですか?!

くるみ : 小さいころの記憶がすごくあるんですよ(笑)。3歳離れている姉の影響でアイドルが好きになって。1番最初に好きになったメンバーは飯田圭織さんなんです。今はまねきけちゃの宮内凛ちゃんが好きです。

ーーどういう人に惹かれることが多いんですか?

くるみ : なんていうんですかね…。クールな人が好きで憧れちゃいます。ふふふ。

ーーくるみさん自身は自分のことをクールだと思う?

くるみ : クールっていうより冷めている感じなので、またちょっと違うかな(笑)。私はやりたいこととかが特になくて、無で生きている感じがあるんですけど…。

ーー我を忘れてハマったこととかはないの?

くるみ : 小学3年生の頃からバレーボールをやっていたんですけど、ママに勧められて始めたので、自分でやりたいと思って始めたことが1回もなくて。そういう意味では、アイドル活動が初めて自分でやりたいって思ったことなんです。

ーーレッスンで先生から「感情を出しなさい」みたいなことを言われていたじゃないですか? いまの話と通じている?

くるみ : そうですね。アイドルをやりたいと思っていた時に、永原真夏さんがサウンド・プロデュースするアイドル・グループの募集をみつけて。永原真夏さんの曲を聴いてみたら歌詞がすごく好きで、「地獄に歌を響かせよう」とか発想がすごいんですよ! どうやってい生きてきたらこういうフレーズが出てくるんだろうと思って、そういう歌詞を歌いたかったので応募しました。ただ、夏がコンセプトじゃないですか? 私、夏休みは3日くらいしか外出しないんですよ(笑)。だから夏の爽やかな感情とかがわからなくて。前回、そういう気持ちがわからない自分が悔しくてちょっと泣いていたんです。

ーー夏に3日しか出ないっていうのは、暑いのが嫌なの?

くるみ : 嫌だし、あまり友だちもいないから誘われなかったり、どこも行きたいところもないし…。ずっと家に引きこもってアニメを見たり、寝たりしていました(笑)。

ーーあははは。オーディションはうまくできました?

くるみ : もともと自分に自信がないから、うまくできたというより、普通にこなしたって感じです(笑)。

ーー何がなんでも受かってやる!! っていう感じではなかったの?

くるみ : オーディション用に送ったエントリーシートにも「お先真っ暗なのでアイドル活動だけは頑張りたいです!!」って書いたんですけど、それがプロデューサーの吉本さんに響いたらしくて。今、高校生なんですけど、やりたい仕事もないしお先真っ暗なのでアイドル活動だけは頑張りたいなって。居場所がほしかったんですよね。自分がアイドルをやっているんだ!! みたいな、必要とされる感じがほしかったんです。

ーーオーディションをしてみて、受かる自信はありましたか?

くるみ : 受かる自信というより、審査員の方もすごくいい人たちで、ここでやりたいな!! とすごく思いました。ここでならやりたいなって気持ちが大きかったんです。

ーー合格の連絡が来た時はどんな気持ちでしたか?

くるみ : 気持ちを新たに頑張りたいなと思いました。こんな根暗な自分を認めてくれる人がいてくれて嬉しかったです。

若気の心を取り戻したいです(笑)

ーー実際にメンバーと練習してみて、手応えはいかがですか。

くるみ : 昨日、フォーメーションの練習をしたんですけど、先生が1人1人の個性を見出して、それぞれが輝くところを作ってくれて。例えば、那波玲奈さんが汗を拭いた振り付けのところで、みんなが那波さんのほうを振り向くんですよ。武道館とか大きい舞台に立ったとき、この玲奈ちゃんを見たら緊張ほぐれるだろうなと想像して。私自身には自信がないんですけど、このメンバーは無敵だなと思いました。大きい舞台に立つことしか昨日考えていませんでした。

ーーしゃべっている感じだと、自信がないようには見えないですけどね。

くるみ : なんていうんですかね。結構、完璧主義者なんですよね。論文とかを書くのがすごく好きだったりするし。特技はないんですけど、書けとかしゃべれとか言われたらできるんです(笑)。

ーー自分の長所と短所ってどこだと思います?

くるみ : 短所から言っていいですか(笑)?

ーーどうぞ(笑)。

くるみ : 本当に冷めているから、みんなでわー! って騒いだりできないんですよ。そういう冷めてるところが、人生を楽しめない原因なんだなと思っているので、改善していきたいなと思います。

ーーみんなと一緒にはしゃぎたい気持ちもあるんだ。

くるみ : そうですね。私、メンバーの中で最年少なんですけど、ダンス・レッスンの先生に20代に見えるからって言われて…。若気の心を取り戻したいです(笑)。

ーー(笑)。長所はどういうところですか?

くるみ : えー! なんですかね… 頭の回転が速いところですかね。ふふふ。

ーーSummer Rocket(以下、サマロケ)に入ってどんなことをやりたいですか?

くるみ : 大きい舞台に立ちたいです。あと、サマロケでバラエティ番組とかに呼ばれたりしたらいいなと思います。

ーー最後に、お披露目ライヴに向けての意気込みをお願いします。

くるみ : 1人1人個性が光っているグループなので、自分が推されたいっていうよりもサマロケっていうグループを応援していただけたらなと思います。

目指せ沖縄!! サマロケが初のクラウドファンディングを実施中!!


Summer Rocket 夏の修学旅行!!〜わたしを沖縄に連れてって♡〜



>>9月19日、沖縄G-Shelterでのライヴ出演の支援を募集しています<<

サマーロケット、メンバーの初インタヴューはこちら!!

◎愛わなび

>>愛わなびのインタヴューはこちら

◎那波玲奈

>>那波玲奈のインタヴューはこちら

◎夏凪木の実

>>夏凪木の実のインタヴューはこちら

◎きるゆう

>>きるゆうのインタヴューはこちら

◎東雲しなの

>>東雲しなののインタヴューはこちら

◼︎サマー・ロケットのコンセプトとは?

>>Rocket Base吉本隆彦(運営P)、永原真夏、工藤歩里による対談はこちらから

PROFILE

Summer Rocket

「Endless Summer Magazine Rocket」発アイドル「Summer Rocket」。永原真夏・工藤歩里楽曲プロデュース。夏休み始めました!

>>Summer Rocket オフィシャル HP
>>Rocket Base オフィシャル HP

o

 
 

インタヴュー

ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EP『BUBBLE POPS』を配信開始
・2018年04月18日・アメリカ帰りで絶賛イキリ中(本人談)! ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EPを配信開始 今年3月にアメリカ最大規模のカルチャー・フェス〈SXSW〉への出演をはたし、海外からも注目を集める、4人組ロック・バンド、TENDOUJI。着々と活動の幅を広げる彼らが、待望の新作『BUBBLE POPS』を2018年4月18日にリリースした。ハッピーで心踊る「Kids in the Dark」や、気持ち和らぐメロウなナンバー「June song」など、爽やかな春の空にTENDOUJIが込める至極のポップスが鮮やかに弾けていく作品となっています! TENDOUJIらしさ溢れる今作を、ぜひインタヴューと共におたのしみください! 大注目バンド、TENDOUJIの2018年初リリース TENDOUJI / BUBBLE POPS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 900円(税込)【収録曲】''1. Kids in the Dark2. Space weekend3. Tears of Heart4. June
by 鈴木 雄希
「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信
・2018年04月11日・リスナーに届くまでに潜むクリエイティヴィティ──「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始 「月刊少年ウキヨ」と称した音楽の連載をスタートさせ、毎月新曲を発表、日本だけでなくイギリス、ドイツ、フィンランドなど世界中で注目を集めるエレクトロ・ユニット、UQiYO(ウキヨ)。そんな彼らが「月刊少年ウキヨ」にて発表した作品をコンプリートしたアルバム『Stones』を2018年4月11日にリリースした。台湾の新進気鋭のシンガー・ソングライターであるZooey Wonderや、インドの国宝級レジェンド・ミュージシャンのPt. Ajay Pohankarまで参加した今作は、ロック、ポップス、エレクトロ全てを飲み込んだ楽曲が満載。「まずこの世界観を感じて欲しい!」という思いから、「月刊少年ウキヨ」の記念すべき第1回目の楽曲「U R M’Pocket」を期間限定フリー配信でお届け! Yuqi(Vo / Composer)の音楽に対する考え方を存分に語ってもらったインタヴューとともにぜひお楽しみください。 収録曲「U R M’Pocket」の期間限定フリー配信実施!! UQiYO / U R M’Poc
by 岡本 貴之
ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!
・2018年04月09日・ありふれた"ジャンルレス"という言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!! OTOTOYで連載をしていたこともあるアイドル・グループ「WiLL」のプロデューサー、yUsUke。彼の呟きを見ていると、何やら新しいアイドル・グループが結成したとのニュースをOTOTOY編集部は発見した。突如として現れ、メンバー、楽曲サンプル、アーティスト写真、お披露目ライヴ日程など次々と情報を公開している。音源については、Twitterにアップされている楽曲サンプルのみ試聴可能で、フルver.は未公開となっている。OTOTOYでは音源配信がないにも関わらず、待ちきれずに謎の多い彼女達の全貌に迫るためのインタヴューを敢行した! お披露目ライヴNO MARK主催「ON YOUR MARK vol.1」2018年4月27日(金)@新宿FATE時間 : OPEN / START 18:30 / 19:00料金 : adv / door 2,500円 / 3,000円(+1drink)出演 : NO MARK、WiLL、KIS、Re:LAYz INTERVIEW : NO MARK SNS上でグループ
by 岡本 貴之
fhánaが目指す、“閉塞感を突き破るポップ・ミュージック”とは?──リーダー、佐藤純一が語る3rdアルバム
[PICKUP]・2018年04月04日・fhánaが目指す、“閉塞感を突き破るポップ・ミュージック”とは?──リーダー、佐藤純一が語る3rdアルバム アニメ音楽ファンだけではなく、ポップスやロック・シーンのファンからも支持を着々と集めている4人組グループ、fhánaが約2年ぶり3枚目となるアルバム『World Atlas』をリリース!! 「calling」、「青空のラプソディ」、「ムーンリバー」、「Hello!My World!!」、「わたしのための物語 〜My Uncompleted Story〜」とこの2年間の間でリリースされたシングル曲を全て網羅しつつ、新機軸も取り入れた新録曲も収められた今作は現時点での集大成とも言うべき作品に!! OTOTOYでは今作32bit、24bitの高音質、歌詞データと共に配信 & リーダーである佐藤純一(Key/Cho)へのインタヴューを掲載。今作から彼らが次へ向かう先とは? 待望の3rdアルバムをハイレゾ & 歌詞付きで配信!!fhána / World Atlas'【配信形態】【左】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)【右】ALAC、WAV(32bit/96kHz)【配信価格】【共通】 単
by JJ
本当にYouTuberになりました! プー・ルイとオトトイのYouTuber構成員増殖計画スタート!
[PICKUP]・2018年04月12日・本当にYouTuberになりました! プー・ルイとオトトイのYouTuber構成員増殖計画スタート! 先月、BiSを卒業したプー・ルイが自身のYouTubeチャンネルを4月1日に開設! その名も「新生YouTuber研究会-BYS-」。読み方は〈ビス〉。YouTuberが好きで、YouTuberを研究しYouTuberになろうとするプー・ルイによるYouTuber研究会チャンネルとのこと。以前からYouTuber好きを公言し、YouTuberになりたいと語っていたプー・ルイ。GLAYのHISASHIさん提供による華やかなオープニングテーマで始まり、見覚えのあるプー・ルイの友達が多数出演し、YouTuberお馴染みのネタから、尊敬するYouTuberのネタなど週3回のペースで投稿中! しかし! 「そもそもYouTuberって何?」 「今さら誰にも聞けない・・・」 という方もいるのではないでしょうか。いま編集をしている私もよく知りませんでした・・・。ということで! プー・ルイにYouTuberになった経緯についてインタヴューしつつ、YouTuberについて魅力を語っていただきました。OTOTOYも、プー・ルイと
by せんだ
「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信
・2018年04月11日・「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信 孤高のサイケデリック・ロック・バンド“踊ってばかりの国”が、2018年4月18日に、3年ぶりとなるフル・アルバム『君のために生きていくね』をリリースする。現在の体制となってから初となるこのアルバムは、音源化が待ち望まれていた名曲「Boy」をはじめ、会場限定CDに収録されていた「evergreen」「ジョン・ケイル」など、いつまでも色褪せない珠玉の15曲(+ボーナス・トラック1曲)が収録される。 OTOTOYではこの先「平成の名盤」として語り継がれることになるであろうこのアルバムを、CDリリースに先駆けて1週間の先行配信でお届け。どこよりも早くこのアルバムを聴くことができます! 踊ってばかりの国だからこそ鳴らせることのできるラブ・ソングの数々を、現体制となって初のメンバー全員インタヴューと合わせておたのしみください。 3年ぶりとなる新アルバムを独占配信スタート 踊ってばかりの国 / 君のために生きていくね'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 25
by ?
寿福知之〈GOON TRAX〉×DJ BAKU〈KAIKOO〉──伝説のフェスティバル「KAIKOO」復活の狼煙!
[PICKUP]・2018年04月11日・寿福知之〈GOON TRAX〉×DJ BAKU〈KAIKOO〉──伝説のフェスティバル「KAIKOO」復活の狼煙! アジア、そして全世界規模で注目を集めるレーベル〈GOON TRAX〉が手掛ける、累計37万枚突破の人気ヒップホップ・コンピ、『IN YA MELLOW TONE』最新作がハイレゾにて到着! 今作もRobert de BoronやStill Caravanといったお馴染みのメンツから今後要注目の日本人アーティスト〜海外の人気アーティストまでが集結した、豪華なコンピレーションとなっております! OTOTOYでは発売を記念し、レーベル・オーナーであり株式会社FABTONEの代表取締役でもある寿福知之が現在密に手を組んでいるというDJ BAKU(KAIKOO)との対談を掲載。お互い出会ってからまだ日が浅いという2人が今、手を組んだ訳とは!? 人気シリーズ最新作をハイレゾで!!V.A. / IN YA MELLOW TONE GOON TRAX 14'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz)【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1.
by JJ
丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream
・2018年04月11日・【2週間先行ハイレゾ配信】丸みを帯びた白昼夢のサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream登場! ゆるっとしたグルーヴにハマる丸みを帯びたロウビート、どこか浮世離れしたヴォーカルがふらりと現れては白昼夢のような情景を朴訥と唱えて消える──デビュー作となった2017年1月リリースの「Creamy」から2年、Thank You Creamから待望のフル・アルバムをリリースする。リリースはインディ・ロックの牙城〈KiliKiliVilla〉から。新たな「日本語詞」という武器を手に、中毒性の高い脱力感とでも言うべきサウンドがアルバム全体を覆っている。OTOTOYでは本作をCDリリースより、2週間先行でハイレゾ配信を行う。 2週間先行ハイレゾ独占配信Thank You Cream / Thank You Cream(24bit/48kHz)'【Track List】01. オブシディアン02. その扉03. 友達の家04. 見えない05. デューイ06. 向かいのわたし07. セレモニー08. カチャペット09. 何もない丘10. ばらばら11. 土地【配信形態 / 価格】''24bit/48kHz
by 河村 祐介
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/