INTERVIEW : 東雲しなの

ーー東雲しなのという名前には、どんな意味が込められているんでしょう?

東雲しなの(以下、東雲) : 最初のレッスン場所が東雲の近くだったので、初心を忘れないようにという気持ちを込めてつけました。あと東雲が「夜明けの東の空」を表した言葉だと知って、いいなと思って。語感的にも、おのののかさんみたいな感じでかわいいなと思ったのもあります。

ーーこれまでアイドル活動をやっていたことはあるんですか?

東雲 : それがまったくないんです。バンドを観にライヴハウスに行くことはすごく好きだったんですけど、アイドルを観に行くこと自体もあまりなくて。

ーーそうなんですね。Twitterではホラー映画が好きって書いてましたけど(笑)。

東雲 : ここ1、2年で好きになったんです。ふとしたタイミングで「仁義無き戦い」を観てかっこいい~!! ってなって。人が撃たれたりするのが、ほんまに痛そうでかっこいいんですよ。いろんな人にすごかったーって言ってオススメの作品を教えてもらったんですけど、その中に「キル・ビル」があって。「キル・ビル」はいろいろな映画へのオマージュが多い作品なので、そこから辿ってホラー映画に行き着きました。音楽も掘って聴くので沢田研二さんとかが大好きなんです。

ーーご両親が音楽好きだったりするんですか?

東雲 : 父親がドゥーワップとかブラック・ミュージックが好きな人で、テンプテーションズとかザ・コースターズとか大好きなんです。そのあたりの音楽って、いろんなカヴァーが多かったりするので、元ネタを探す作業を1人でしたりしていました(笑)。

ーーなかなか通というか音楽マニア的ですね(笑)。愛わなびさんのインタヴューで、しなのさんがSEBASTIAN Xをすごく好きだってことを聞きました。

東雲 : 本当はあまり言わないでおこうと思っていたんですよ。SEBASTIAN Xがめっちゃ好きで、真夏さんとも仲良くさせてもらっていたので「こいつ、コネちゃうか?」と思われるのも悔しいじゃないですか? 14歳の頃、SEBASTIAN Xを見て、そこからライヴハウスに通う人生が始まったんです。それまでお家で1人でレコード聴いていたり、学校に行かず映画を観てたりしていた人生だったんですけど、SEBASTIAN Xのライヴを観て楽しいと思ったり、友だちができて。それを経験しなかったらずっとお家にこもったままだったので。そういう意味では、SEBASTIAN Xに何回も人生を変えられているんです。

ーーSEBASTIAN Xとは、どういうきっかけで出会ったんですか?

東雲 : YouTubeを観て「なんかいい!」と思って、友だちを誘って十三のライヴハウスに行ってみたんです。そのとき14歳だったからすごく怖くて。何も知らないし、お化粧もしていないような女の子2人で行ったので、出演者がうろうろしてることにもびっくりして。あれだけ映像で観ていた人が目の前にいる!! って嬉しくなったし、こんなに近くで鳴っている音楽を聴くっていう体験が大きかったです。

ーーじゃあ、それまではあまり社交的な感じじゃなかったんだ。

東雲 : 今めちゃめちゃしゃべっていますけど、すごく人見知りでした。同じ音楽が好きな友だちができたことで、人見知りもだんだん直っていったんです。あとはSEBASTIAN Xを見るために、広島、名古屋、東京、福岡、岡山といろんな土地を勝手に追いかけていくなかで全国にどんどん友だちもできたりして。ずっと部活もせず、バイトしてはライヴに行き、CDを買い、みたいな生活をしていました。

この曲を言葉に出して歌いたい!! 届けたい!! と思った

ーーそこまで好きなSEBASTIAN Xの2人がサウンド・プロデュースをするというのを知って、応募しないわけにはいかなかった、と。

東雲 : そうですね。これまでの人生は見たり聴いたりばっかりで私はなにもしていない!! と思って。生きている感じがしなかったんですよね。お金を稼いで、いろんなところに行けるようになったんですけど、自分の人生としてなにもしていないと思って。そんなことを思っていたときにオーディションがあったので、何かを始めるきっかけかなと思って応募しました。

ーーオーディションの審査員として真夏さんと工藤さんも参加していましたよね。どういう気持ちでしたか?

東雲 : 真夏さんのライヴに行った時に「しなの応募しなよー!」って感じで言ってくれていたんですけど、すごくドライに普通に審査していただきました(笑)。

ーー緊張はした?

東雲 : 緊張は… したけど、楽しかったです!

ーーぶっちゃけ受かると思いましたか?

東雲 : もっとおもしろい説明ができた! と思いました。自分のことを短時間でこんな人ですって伝えるのがこんなに難しいんだって。

ーー合格の連絡が来た時はどんな気持ちでした?

東雲 : まじか! ってなりました。わなびちゃんは周りの人に受けていることを言わなかったって言っていたんですけど、私はいろんな方面に言っていたんですよ。なので、友だちに受かった! って言ったら、まじか!! うける(笑)みたいに言われました。

ーーSummer Rocket(以下、サマロケ)では、憧れの人が作った曲を自分たちの歌として歌うわけですよね。特別な気持ちなんじゃないですか?

東雲 : 自分がずっと好きだった人の曲を歌えるのは、やっぱり特別な想いがあります。この間、歌唱指導のレッスンがあったんですけど「歌詞をどういうふうに捉えましたか?」ってことを話し合って。ここはどういう気持ちなんだろう? これってどういうことだろう? ってことを全員で考えたことが、自分にとってグッときたというか… そこからすごく変わりました。曲の聴き方も変わったし、もう1回歌詞を読んでみたらいろいな景色が見えてきたり、自分のことを思い出したりして、この曲を言葉に出して歌いたい!! 届けたい!! と思ったんですよ。そこから曲を口に出す度に涙が出て、毎回感極まっちゃうんです。

ーー曲が自分の中に同化するような感じ?

東雲 : こんなことを言ったらあれなんですけど、自分が作ったんちゃうかなくらいの気持ちでいるんです。いただいた曲をその通り歌いますっていう気持ちではなくて、自分の気持ちが曲にすごく乗った状態になっています。

ーーそれは素晴らしいことですね。サマロケではどんなことをやりたいですか?

東雲 : 人の気持ちを動かしたいです。もちろん、このイベントに出たいとか、こうなりたいとか野望はあるんですけど、自分も学校に行かずお家で曲を聴いていた時に音楽に助けられたので、誰かのそういう存在になれたらなと思います。

ーー最後にデビュー・ライヴに向けての意気込みを聞かせてください。

東雲 : 精一杯やります! 今あるすべての力を出してやれたらと思っています。

サマロケの初ライヴが決定!!

Summer Rocket デビュー・ライヴ!
TRASH-UP!! 企画「遅れてゴメンネ! vol.1」
2016年7月24日(日)@新宿Motion
時間 : open 9:30 / start 10:00
料金 : 前売 2,000円 / 当 日2,400円(ドリンク代別)
予約 : sr@rocket-base.jpまで

 
 

インタヴュー

過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月29日・アイドル楽曲もおまかせください! 宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始 インディ・シーンを騒がせているバンドを多数生み出し、いま注目を集めている栃木県の宇都宮シーン。その大きな特徴といえば、メロディに比重をおく“メロディ至上主義”だという。そんなシーンの中でもひときわ輝くメロディを響かせるロック・バンド、Someday's Goneが、新作フル・アルバム『Someday You Will Be Loved』を、12月13日(水)にリリースする。The All-American Rejectsをはじめ海外エモ・シーンからHi-STANDARDなどのメロコアなどからも影響を受け、それらをポップスとして昇華し、ジャンルにとらわれない楽曲を生み出している。今回OTOTOYでは、そんな彼らの新アルバムを12月6日(水)より1週間先行にて配信開始、そして1週間の期間限定でリード曲「Giving It Away」のフリー配信も実施! Someday's Goneがどんなバンドなのか、メンバーのニシヤシュン、サトウショウヘイに話を訊いた。 胸が高鳴ること間違いなし10曲を先行配
by 岡本 貴之