ソニーミュージック ロスレス配信スタート! ソニーミュージック ロスレス配信スタート!

Pick Up

Hot Singles!

Selected New Releases

Daily New Arrivals 
  • 人間として

    2019年11月リリースのベスト盤『ニュートンの林檎』収録の「公然の秘密」以来約5年ぶりとなるドラマ主題歌でのニューシングル発売が決定。表題曲は、テレビ朝日系連続ドラマ『Destiny』主題歌。

  • E-SIDE 3

    YOASOBI、2024年4月12日(金)に英語版EP第3弾『E-SIDE 3』を配信リリース。先日「アドベンチャー」リリース1周年を記念して配信となった「Adventure」 (「アドベンチャー」英語Ver.)や、国内外で記録的なヒットとなった「アイドル」の英語版「Idol」 、他「Biri-Biri」、「ミスター」、「海のまにまに」、「勇者」、「セブンティーン」、「好きだ」などヒット全8曲の英語バージョンを収録。

  • Live! (LIVE AT YOKOHAMA BAY HALL 10/29/2023)

    どこから聴いてもピーク!!! サニーデイ・サービス熱狂のLIVE音源!丸1年をかけ全国38ヶ所で繰り広げられた<サニーデイ・サービス TOUR 2023 -2024>。各地を興奮の渦に巻き込んだ本ツアーより、ハイライトとなる横浜Bay Hall公演の模様を収めたライブアルバムがリリース!エナジーとメロウネスがせめぎ合いながら怒涛の勢いで駆け抜ける本作は厳選された新旧の名曲がずらりと並ぶ、"今”のサニーデイ・サービスのベスト盤とも言える内容。意気衝天のパフォーマンスと観客のボルテージが渾然一体となった会場の熱狂ぶりを完全パッケージ。その醍醐味を存分に味わえる究極のライブ作品です。

  • ラッキー/さびしくない

    カネコアヤノ、2024年4月17日に新曲2曲「ラッキー」「さびしくない」を配信リリース。 これまでの作品のレコーディングも行われたIZU STUIOにて、林宏敏(G)、飯塚拓野(B)、Hikari Sakashita(Dr)と共にレコーディングを行った。 レコーディング・ミックスは濱野泰政(IZU STUDIO)、マスタリングは中村宗一郎(PEACE MUSIC)が手がけている。 ジャケットはbeco+81、アーティスト写真は木村和平が担当している。

  • Papercuts

    21世紀ロックの先駆者であり、シーンを開拓し続けた究極のロック・アイコン、LINKIN PARK。彼らのこれまでの歩みを1枚に凝縮した究極のBEST盤。 「ペイパーカッツ」は革新的なバンド LINKIN PARKによるシングル コレクションであり、キャリアをまたいだ20曲入りアルバムには、18曲の必須アンセムに加え、 7枚目のアルバム『ワン・モア・ライト』の2017年のセッション中に録音された未発表曲「フレンドリー・ファイヤー」とファンに人気のレア曲「クワーティ」が収録されている。

  • TVアニメ『葬送のフリーレン』Original Soundtrack

    TVアニメ『葬送のフリーレン』 オリジナル・サウンドトラック発売決定!Evan Call による世界観あふれる上質な音楽を是非お楽しみください!

  • 『ウマ娘 プリティーダービー』WINNING LIVE 18

    『ウマ娘 プリティーダービー』の楽曲や新規ソロボーカル曲を収録したアルバムがリリース決定! 新育成シナリオ「U.A.F. Ready GO! ~アスリートのキラメキ~」にて獲得できる楽曲「爆熱マイソウル」に加えて、ラインクラフト (CV.小島菜々恵) 、シーザリオ (CV.佐藤榛夏)、エアメサイア (CV.根本優奈)、デアリングハート (CV.希水しお) の新規ソロ曲も収録!

  • THE IDOLM@STER SHINY COLORS シャイニーPRオファー Vol.1

    V.A.

    Anime/Game/Voice Actor

    ゲーム『アイドルマスター シャイニーカラーズ』にて、プロデューサー投票イベント「シャイニーPRオファー Vol.1~3」開催!!選抜アイドルによる音源リリース!

  • TVアニメ「デート・ア・ライブV」オープニング・テーマ「Paradoxes」 (ORT)

    声優・富田美憂の5thシングル。表題曲「Paradoxes」は2024年4月より放送開始、TVアニメ『デート・ア・ライブV』オープニングテーマ。

  • シャドウボクサー

    声優アーティスト・夏川椎菜の8thシングル! 夏川椎菜8枚目のシングルは、田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)と再びタッグを組んだラウドで痛快なロックチューン。

  • Eternal Harmony

    2024年4月にデビュー40周年を迎える菊池桃子がキャリア初となるEP発売決定!40周年の感謝の気持ち込めて"愛を贈る"をテーマに、本人の完全セルフプロデュースにて制作。新たな菊池桃子の魅力が伝わる全曲新曲!内澤崇仁(androp)、ホリエアツシ(ストレイテナー)が参加コラボレーションした楽曲に加えて、菊池本人が作詞作曲したオリジナル楽曲「Starry Sky」を林哲司が編曲担当。

  • 星彩と大義のアリア

    芸人として数々の受賞歴を誇る傍ら、アーティストとしての活躍の場を広げている粗品のファースト・アルバム。これまではボカロや声優などの歌い手へ書き下ろすプロデュース活動をメインに行ってきた粗品だが、今回のアルバムは2023年11月配信のシングル「宙ぶらりん」の流れをくむストレートなロック作品。スリーピースのバンド形態で、粗品はヴォーカルとギター、そして全曲の作詞・作曲を担当。音数が多い現代の音楽へのアンチテーゼとして、「シンプルな音楽でもこんなにかっこいい」ということを世に問う作品となっている。粗品の脇を固めるのは、ベースの藤本ひかり(ex. 赤い公園)と、ブランド「LISTLESS」のデザイナーとしても活動しているドラムの岸波藍(ex. SEPTEMBER ME)。アルバムは、パンク・ロックのような激しい曲調で、現代社会へのヘイトだけでなく、悩める青少年の背中を押す内容の曲も収録している。

  • 圧倒的LØVE/Pink Temperature(Special Edition)

    2022年5月に開催された日本武道館公演をもってハロー!プロジェクトのアイドルグループ"Juice=Juice"を卒業した稲場愛香が、ソロデビューシングルを両A面にてリリース!

  • ラブソング史のはじめに

    本作は「恋」をテーマに楽曲を制作。「朗読」は、記念日を迎えた2人の愛おしい日々のエピソード、深い感謝と喜び、決意。普段言葉では伝えられない想いを、やさしいメロディに乗せて紡ぎ歌い上げる名曲。共同アレンジに、あいみょん、菅田将暉、石崎ひゅーい、槇原敬之などのアレンジ、プロデュースを手掛け、辣腕を振るうトオミヨウを迎え、眉村ちあきのソングライティングにフォーカスした 1 曲。大切な人と一緒に聴きたい珠玉のラブソングです。「季節風」は、好きな人に夢中になっていく、恋が始まる “心の動き” をストレートに綴ったラブソング。共同アレンジは、これまでも眉村ちあきの楽曲の編曲を多く手掛け、ドラマ、映画、ミュージカルなどで大活躍する音楽家 兼松衆。恋に憧れ、夢中になっていく乙女心をトラップ・ミュージックでサウンドメイク。眉村ちあきの柔らかな歌声とトラップの相性が心地よく癖になる 1 曲が完成。そして3曲目「濾過」は、まだ付き合って間もない頃の 2 人の夏の日の出来事と解かれていく心の描写を柔らかな音色で包み込み、語りかけるように歌う 1 曲。聴いてる人の頭の中に情景が浮かぶ。本楽曲の編曲は眉村ちあき。リード曲となる「朗読」は、BiSH、藤井風、優里などの数々の MV やドキュメンタリー作品を手がけるエリザベス宮地監督に迎え MV を制作中。

  • Dawn Milky

    DÉ DÉ MOUSEとShin-Skiによるオリエンタルで無国籍なメロディを奏でるユニークなチルユニット”Tiny Griffi”、早くも1stフルアルバム『Dawn Milky』をリリース! 夕暮れの虹をテーマにした1st EP「Rainbowtime」、真夜中に咲く椿をテーマにした2nd EP「椿 Night Flowering」、夜明けをテーマにした3rdシングル「Sweety Chant」に、夜明けのシルクのような空に広がるドーン・コーラス・ドーワップな新曲「Silky Doo-wop」追加したメロディとユーモア溢れるチルビートアルバム! 部屋の中から異世界を見ていた少女が、自分の意思で広い世界に飛び出した開放感とファンタジー全開な アートワークはエブリデイマジックなピクセルアートで知られるMuscatが担当。 感動的な雨上がりの虹から始まったストーリーは夜明けのメロディで新しい1日を迎えます。 ご堪能ください。

  • I'M A FISHERMAN'S SON... POINT OF NO RETURN

    KMC

    HipHop/R&B

    ラッパー:KMC、2年振りのフルアルバムが全曲O.N.Oビート、THA BLUE HERBプロデュースでTHA BLUE HERB RECORDINGSから発売。

  • 涙 滲むのは心の本音です.

    bokula.のメジャー1st EP.がトイズファクトリーよりリリース!収録されるのはメジャーデビュー発表と合わせ、2023年12月に先行配信された、えい(Gt/Vo.)の実体験が元となっている胸を締め付けるような歌詞、エモーショナルなバンドサウンドが印象的なロックバラード「最愛のゆくえ.」や、軽快なリズムに人間関係の複雑さや依存に焦点を当てた歌詞、感情豊かなフレーズが織り交ぜられる、bokula.の新機軸となりそうなポップなロックチューン「涙ばっかのヒロインさん」をはじめとした全6曲。

  • 透明 / リグレットベイビーズ

    Laura day romance、New Digital Single「透明 / リグレットベイビーズ」をリリース。 1月末にリリースされた、「Young life / brighter brighter」の反響が冷めやらぬ中、2024年2作目となる今作は、避けられない変化とも向き合う人たちの心情を歌った「透明」と、音楽自体のことを音楽にした「リグレットベイビーズ」の2曲。

FRESH!

  • TEXT

    突如として現れた異端な令和新世代DIYシンガーソングライター / トラックメイカー〝cat biscuit〟が自身初となる全5曲のEP『TEXT』をリリース。 EPには記憶に新しい先行曲「place」も収録されているが、古き良きノスタルジア特にFrutiger Aeroの雰囲気漂う「いつまでもあなたの夢を -interlude-」や四つ打ちサイバーy3kビートの「Run」などジャンルで一言で括れないサブカル色の強い楽曲が多数収録されている。バーチャルと現実世界の双方で起こりうるバグやエラーなどの誰にも悟られたくない心の傷を表現しているのかもしれない。ある種のエーテルミュージックの要素も感じ、 デジタルネイティブ世代だからこそ培われてきた自由で多種多様な音使いやエフェクトの取り入れ方などが、今の〝cat biscuit〟を表現しまさに令和音楽シーンを独自路線で開拓していくEPとなっている。

  • TOXIC

    Acidclank、『TOXIC』をデジタル・リリース

  • DANCE CULT

    東京を拠点にするアーティストRISによるソロユニットRIS-707、アルバム『DANCE CULT』をリリース

  • Selected Instrumental Works 2020-2024

    注目のビートメイカー・SSWのTamuraryoが、2020-2024年の間にリリースしたビートからピックアップしたベストアルバム「Selected Instrumental Works 2020-2024」デジタルリリース。 本アルバムは、真夜中をイメージした「Under the Moonlight」から始まり、夜明けを告げる「Blue Sky」へと繋がる12曲がセレクトされており、一貫してchillなLo-Fi HipHopビートで構成されている。

  • BINARY

    所属するEARTHKICKの活動と並行して、ソロでも精力的な活動を続け、2023年にリリースしたファーストアルバム「KENOBI’S WAY」も記憶に新しいPM Kenobi。 本作品はDoggy G Central Recordsに所属し、IKE & rice water Groove Productionとしても活動するMC / ビートメイカーのIKEをプロデューサーとして起用し、制作された。 オーセンティックな手法を踏襲しつつ、進化を続けるIKEのビートにユニークでキレのあるPM Kenobiのラップが上手く混ざり合い、両者の過去作品では無かった全く新しいジョイントEPとなっている。

  • MODULOR

    6人組オルタナティヴ・ロック・バンドCHAILD、ダンサブルでポジティブな楽曲を収録した1stアルバム『MODULOR』をデジタルリリース!

  • BORDER

    ルイ初の弾き語りEPをリリース。〈収録曲〉ひとめ惚れ、愛の囚人たち、イマジナリーフレンド、タネを蒔く

    GOOD PRICE!
  • Lost Humanity

    SUMMER SONIC2023への出演が記憶に新しい関西のHIPHOPコレクティブ"Black petrol"のMCであり、ソロとしても台湾の"Neon Oasis Fest.’24 霓虹綠洲音樂祭"に出演したSOMAOTAが自身の新バンドDUCK HOUSEと共作でEPをリリース。DUCK HOUSEは2023年岐阜県で開催された中津川SOLAR BUDOKANに出演を果たすなど注目を集めている。 このEP『Lost Humanity』はRobert Glasper以降のExperimental Jazzのテイストを取り入れ、Sen MorimotoやUnknown Mortal Orchestraにも似た至高のオルタナティブヒップホップとなっている。人間らしさを失い機械化した社会を生きる人々に、自分たちの生活を振り返り考え直してほしいというメッセージを込めて作られた作品である。 サウンドは、聴いた人が自然と体が動いて踊ってしまうようなグルーブ感を大事にしました。いつも疎かにしてしまう身体性を取り戻すのは音に合わせて踊るのが一番だと僕らは感じています。 リリックは、携帯のメッセージを常時気にしないといけない状況など社会の脳化に対して、まずは自分の生活を送っている社会の異常性に気づく事、そして自分が出来るところから”人間らしさ”を回復する事の重要性を歌っています。

  • Trash? / ダリア

    Mellow Youth、新作シングル『Trash? / ダリア』を配信リリース

  • End Point of Alternate World Line

    ALIのメンバー(現サポート)としての活躍や、過去にはyamaのツアーサポートも行うなど、超実力派キーボーディストの"JIN INOUE"がソロプロジェクトを始動!!まるで映画を見ているかのように情景を映し出す新しい音楽ジャンル「音楽映画」をコンセプトにした6曲の"組曲"からなる自身初の作品集をリリース。

  • through being lame

    名古屋のインディーロックバンド『fish』、1st album『through being lame』

  • 醒めぬ夢のままで

    僕たちはきっと醒めぬ夢の中をずっと生きながら、そんな生活の中でふと目覚めてしまうことがただ怖くてだけどどうしようもなくて、痛くてそんな時にアイビーカラーの音楽が必要になるんだと思う。メンバーの脱退を受け1人でまた歩くことを決意し、拠点を東京に移したアイビーカラーの第2章を総括する6thミニアルバム。 2023年ソロユニットになったことで新しいサウンド、アプローチに対して挑み続けてきたアイビーカラー。アプローチの方法や楽曲のみで捉えると、アイビーカラーは変わってしまったのかも知れない。しかし、メロディ、歌詞、Vo,Gt佐竹惇が描きたい音楽、歌詞世界が⼀貫していることがわかる。本作「醒めぬ夢のままで」に収録された楽曲1つ1つから紡がれるワードがその出来事出来事の情景描写を切り取って夏が終わっていく、夜が終わっていく、君がいなくなってしまう、生活を送る上でふと感じてしまうような喪失感を覚える。そこに寄り添うサウンドがより琴線に触れて仕方がない。僕たちはきっと醒めぬ夢の中をずっと生きながら、そんな生活の中でふと目覚めてしまうことがただ怖くて、だけどどうしようもなくて、痛くて、そんな時に“醒めぬ夢のままで”そんな弱さがあってもいいって肯定してくれる音楽が必要になるんだと思う。

  • 遊歩道

    2023年リリースしたコンセプトEP『衣食住』の次作として、 『遊歩道』を4/17リリース monjeにとって初のアップテンポな楽曲や作曲/編曲担当の森山瞬も歌唱に参加などmonjeの次のテーマ『遊』に繋がるコンセプトEP第二弾

  • POP OUT! Ⅱ

    『この声に恋をする』--First Love is Never Returned(#FLiNR)。 NYにヴォーカル留学経験を持つKazuki Ishidaを中心に結成された北海道出身5人組バンド。 2nd Mini Album『POP OUT! Ⅱ』はFRIENDSHIP.からのデジタルリリース。前作1st Mini Album『POP OUT!』から続く物語を詰め込み、既発曲に加え、先行シングル『ファンデーションの前に』を含め3曲の新曲を収録した作品となっている。 彼ららしく「ポップミュージック」という枠組みの中で自由に音楽で遊び、誰にでも届き得る人懐っこいメロディを全楽曲に込めているのだが、中でも今作のリード楽曲『People 365』(読み:ぴーぷる さんろくご)は、キャッチフレーズともなっている「恋する歌声」にバンド史上最もフォーカス。美しきタイムレスなメロディラインとVo.Ishidaの歌声を最大限に生かしながら「生活」を歌いあげた楽曲だ。試行錯誤しながら独特の録音方法に辿り着いたFM音源のシンセサイザー、80年代を意識したスネアの音色、リバイバル感と現代の肌触りを併せ持ちながらも、「歌」を届けるために細部までをこだわった彼ららしい音像となっていて、新たな代表曲になるに違いない。

  • 津軽よされ節

    RAY

    Idol

    津軽三大民謡の一つ「津軽よされ節」をRAYなりに解釈した1曲。津軽三味線奏者として活躍する川嶋志乃舞さん ディレクションのもと圧倒的なテンションとなった津軽の名曲を是非お聞きください。Track2には三味線以外の音をオフにした「津軽よされ節曲弾き独奏」も収録。

  • 処方

    シンガーソングライター吉田未加、Romantic(ex.爆弾ジョニー)、梅津拓也(ex.忘れらんねえよ)、星野未緒(ex.本棚のモヨコ)が参加のバンドセットでレコーディングした1st EP『処方』をデジタルリリース。 暖かみのある声色と、1970年代ニューミュージックを彷彿とさせるサウンドを打ち出した全4曲が収録されている。

  • 三度の飯より君が好き

    4th Digital EP 「三度の飯より君が好き」

  • Is

    DÉ DÉ MOUSEらが参加したAL『Melting Point (Deluxe)』を昨年リリースしたColdhotがニューシングル「Is」をリリース。 ColdhotはJ-Waveの夕方ワイドGRAND MARQUEEナビゲーターやFrascoとしても活動するSwing Ya (タカノシンヤ)、KOMONO LAKEのメンバーとしても活動するSKYTOPIA、Frascoやππ来来など多様な作品への参加で知られるngtkntrの3名により2022年に結成したダンスミュージックを制作するユニット。今作は四つ打ちのビートと抒情的なコード、メロディックなボーカルサンプリングによりオルタナティヴなダンスミュージックに仕上がった。

  • roads

    都内のクラブを中心にライブ活動を行なっている「StagBeat」のビートメイカー「molphobia」、2nd EP「Crossroads」の中から3曲を先行リリース

  • 海中トンネル

    1st Full Album 『海中トンネル』

  • Seasons Move Forward

    東京のEMO/SKRAMZバンド、Soccer. 1st Album『Seasons Move Forward』

  • 心臓を放り出して

    2021年リリースに限定発売したカセット「心臓を放り出して」の音源が配信解禁!

  • KAMEARI

    1st EPから1年間の間、DownTownDogsの活動を勢力的に行ってきたEIENの2nd EPがリリース。今作のテーマは地元亀有。地元亀有で幼い時からしてきた経験の一部を詰め込んだ4曲が収録。先日公開されたMusic video、亀有ラップソディーの続きのようなストーリーを持った、エモーショナルなテイスト。

  • 青写真を描く

    2024年4月で解散することを発表したアメノイロ。が最後のシングル「青写真を描く」をリリース。Vo.寺見幸輝の優しく透き通った歌声と美しく柔らかなサウンドで、理想と現実の狭間で揺れ動く心や、過去を懐かしむ気持ちを描いた楽曲。忙しない日々の中でふと感じる幸せや不安に寄り添い、優しく肯定してきたアメノイロ。らしさを感じながら聴いて欲しい。

  • COWBOY'S LIFE (TOO GOOD TOO BAD) & Honest / Feeling Good (Piano Black)

    SANTAWORLDVIEWが両A面シングル「COWBOY'S LIFE (TOO GOOD TOOD BAD) & Honest / Feeling Good (Piano Black)」を2024年4月19日(金)に配信リリース。両曲とも2023年にTVシリーズ放送25周年を迎えたSFアニメ作品『カウボーイビバップ』のサウンドトラック『COWBOY BEBOP SOUNDTRACK 1』に収録されている「Too Good Too Bad」と「Piano Black」をアレンジをした楽曲となっている。

  • x

    現在制作中のTim Pepperoni 1stアルバムのなかから、最新シングル「ROX」「Xanax」を先行リリース!!

  • COMBO

    MFS

    HipHop/R&B

    MFSの待望のデビューアルバム『COMBO』。アルバムはヒップホップの枠を超え、国内外のエッジーなダンスミュージック・プロデューサーの協力により多様な音楽性が展開されている。プロデュースの大半はMFSのバックDJであり、ビートメイカーとして注目を集めるRUIが担当。アグレッシブなベースラインが特徴的で、楽曲「BINBO」や「IMPACT」などで聴くと、MFSの生々しいラップとRUIのビートの相性の良さが一聴して分かる。アルバムはUKガラージやアトモスフェリックなトラック、ドラムンベースの要素を含むものまで、MFSの多面的な表現力を披露。また、グローバルなダンスミュージックの潮流と調和する独自のMFSサウンドが魅力であり、オーストラリアや日本の実力派プロデューサーが参加している。アルバムには、JJJとanddy toy storeの二名のラッパーも参加し独自の魅力を加えている。ラフでありながらも、タフでユニークな独自の雰囲気を崩さないMFS。シングル「BOW」のワールドワイド・ヒットにより急速に世界の注目を集めた彼女が放つ、至高のMFSワールドが、ここに完成した。

  • Fade Out

    ラッパーのTHUIN,シンガーのg.loveから なる大阪在住の2人組クルー "2-Myth" 2020年にreleaseした1st EP 「NEWDOOR」から約4年ぶりとなる 2nd EP「Fade Out」 ダークネスな雰囲気で初のTRAP BEAT に乗せた「迷宮」 ロックテイストのギターサウンド に自身等の経験を描写した「みたものすべて」のシングル2曲をはじめ、 客演にラッパー"Lo-keyBoi"を フィーチャーした「Starlight」 同世代のラッパー"Juster"を迎えた 「PRESENT」など、前作以上に多彩さが際立った楽曲が揃う。  トラックをスムーズに乗りこなし 自由な音楽を謳歌した作品となっている。

  • Oneder

    #KTちゃん、2024年4月17日(水)にアジア進出第1弾となるファーストデジタルEP「Oneder」をリリース

  • bala-llel world

    東京を拠点とするクリエイティブ・ギャル・コレクティブ、bala。彼女たちはそれぞれに異なる出自と文化的背景を持ちながら、伝統的なジェンダーロールを超えた現代の独立した女性像を具現化するアーティスト/クリエイター集団として、東京のエキサイティングなユースカルチャー・シーンの中で躍動している。アーティストとしてのデビューから1年、彼女たちに共感するクリエイターやアーティストとの多くのコラボレーションが実現してきた。今作EPには、プロデューサーに大沢伸一(Mondo Grosso)、作詞にケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)を迎えたデビュー曲「barla」、同じくケンモチヒデフミがプロデュースを手掛けた東京探訪「トーキョーサバイバー」、ライアン・ヘムズワースとジラファッジによるエレクトロニック・ユニットBodysyncがプロデュースした「Heavenly」という、クラブ・サウンドのトレンドと日本のポップカルチャーのDNAを融合してみせたシングル群。そしてEPのリード曲として先行公開された、友情とエンパワーメントを祝福するキャッチーなR&B調のアンセム「LIKE THAT」。さらにUKガラージ・フレイヴァの「Freedom」、ファニーなドラムンベース・ナンバー「君がみつけたこの星」という完全な新曲を含む全6曲を収録。アートワークやMVを含め、balaのクリエイティビティの全貌と、彼女たちが目指すグローバルなJ-POPの革新者としてのスタンスが明示され、正に「バラレルワールド」というタイトルに相応しいオリジナルな世界観が展開されている。

  • Oh my BABY

    今作は、前作同様サウンドプロデューサーのKubotyとタッグを組み、ある意味の到達点といえるほど完成度の高い2曲を制作。リードトラックの「Oh my BABY」は、Dear Chambersを必要とするリスナー全てを愛で包み込み、とにかく幸せで笑顔でいてほしいという気持ちを恥ずかしげもなくそのままに伝えていく。スリーピースならではのストレートなバンドサウンドは荒々しさと精密さを絶妙に兼ね備え、精度と角度をさらに高めた楽曲アレンジを、モリヤマの歌でロックバンドとしての大正解へと導いていく。

  • Spirit

    京都で結成されたロックバンド"ベランダ"が、3rd Album『Spirit』をリリース。2nd Album『Anywhere You Like』から6年ぶりのアルバムリリースとなり、6ヶ月に及ぶレコーディングの末に完成した個性豊かなロックアルバム。

  • それでも、何度でも

    1st demo『それでも、何度でも』

  • mori/月の光

    4人組として東京を拠点に活動しているバンド「くらげ計画」、両A面シングル「mori/月の光」をデジタルリリース!

From "OTOTOY NEW RECOMMEND"

Updated weekly 
  • チーム友達 (東海 Remix)

    千葉雄喜、「チーム友達」のリミックスバージョンを名古屋の盟友、SOCKS, ¥ellow Bucks, MaRI, DJ RYOW と共に配信。

  • 明るい部屋

    LEX

    HipHop/R&B

    LEXとLANAが、兄妹コラボ楽曲“明るい部屋”をリリース。プロデュースはSTUTS on the WAVE。

  • SCIENCE FICTION

    1998年12月9日リリースのシングル「Automatic / time will tell」でデビュー以来、常に革新性と大衆性を兼ね備えたポップスをクリエイトし続けてきた宇多田ヒカル。25年間に制作された全作品からアーティスト自身がセレクトした2枚組、初のオールタイムベストアルバム。26曲の収録曲のうち3曲はこのアルバムのために新たにレコーディングし直され、10曲は新たなミックスバージョンで収録。また最新シングル「何色でもない花」に加え、書き下ろしの新曲1曲も収録。25年間のキャリアを支えてくれたファンへの感謝と、常に自身の創造性をアップデートし続ける宇多田ヒカルのアーティスト性を浮かび上がらせた、まさに25年を経なければ創り得なかったアルバムです。

  • キラー・タンゴ

    ドラマ『奪われた僕たち』主題歌

  • 東京

    KOTORI、ニューアルバム『KOTORI』より新曲「東京」の先行配信がスタート!

  • I'M DOING IT AGAIN BABY!

    ノルウェー出身の24歳のシンガー・ソングライターであり、“Z世代のクィア・アイコン”でもあるマリー・ウルヴェンのソロ・プロジェクト、girl in red(ガール・イン・レッド)。2021年に発売されたデビュー・アルバム『if i could make it go quiet』は、世界中の累計ストリーミング数が10億回を記録。母国ノルウェー版グラミー賞での最優秀アルバム賞受賞し、テイラー・スウィフトのツアーでのオープニング・アクトに抜擢。そしてここ日本でも2023年1月に恵比寿リキッドルームで行われた初来日公演のチケットが即完売するなど、シンガー・ソングライターとして着実に成長を続けている。満を持して放つ2ndアルバム『I'M DOING IT AGAIN BABY!』は、同郷のSSWであるマティアス・テレズとタッグを組み制作され、作詞作曲のみならず、プロデュースも自身で手掛けた、その多岐にわたる才能が遺憾なく発揮された意欲作。本作のコンセプトとして、“二年目のジンクス”に対する彼女なりの皮肉なお遊びも込められた作品となっている。

  • Ordinary

    valkneeの1stフルアルバム。自身を「Ordinary(平凡)である」と定義し、等身大の自分・自分達を誇るアティチュードが表現されている。 ダンスミュージックを軸に多様な音楽性を一貫したラップスタイルでまとめ、現在のvalkneeを象徴する作品となった。 プロデュースにはNUU$HI、hirihiri、ピアノ男、SEKITOVA、バイレファンキかけ子、KUROMAKUが参加。

UPCOMING

ワーナーミュージック、ロスレス配信中!
キングレコード、ロスレス配信中!

Articles

View More 
  • ロスレスとは~音の違いを聴き比べよう~

    コラム
  • 【忘れらんねえよ、全作品を振り返る vol.3】──のたうち回るトライ&エラー期

    インタヴュー
  • 【行かなきゃ ASP Episode30】ユメカ・ナウカナ?が語る、強まる絆の輪

    連載
  • Hi-yunkのスタジオへ潜入!──過去を背負い、未来に突き進む最新楽曲の秘密に迫る

    インタヴュー
  • 「図太い信念を持ったエンタメに勝るものはない」──小野武正(KEYTALK) × るいまる&パーミー(ビバラッシュ)

    連載
  • 【ExWHYZ】Episode17 now「私たちが、あなたをたくさん楽しませるので」

    連載
  • 先週のオトトイ(2024年04月15日)

    連載
  • 【忘れらんねえよ、全作品を振り返る vol.2】──悩めるリアル中年かまってちゃん期

    インタヴュー
  • もう一度、バンドとして制作を──THIS IS JAPANが掲げた“NEW”の真意

    インタヴュー
  • 水曜日のカンパネラ、日本武道館へ再び!──3部構成の大特集で、その魅力に徹底的に迫る

    インタヴュー
  • 【忘れらんねえよ、全作品を振り返る vol.1】──名曲連発、初期衝動と野心のギラギラ期

    インタヴュー
  • 超ときめき♡宣伝部の新たなる挑戦!──リアルタイムドラマ『リトライ、青春!』とは?

    インタヴュー
  • 1ヶ月1万円生活の逃亡──〈アーカイ奉行〉第33巻

    連載
  • 【ExWHYZ】Episode16 maho「最後に辿り着いたのは今いてくれるマスターへの感謝」

    連載

Merch at OTOTOY

View More 
  • OTOTOY PREMIUM

    「OTOTOY PREMIUM」に加入し『PREMIUM会員』になると4つのサービスが受けられます。 ①ポイント還元率アップ、②「ハイレゾプレイバック」が使用可能に、③誕生月にはもれなくプレゼントが、④抽選で特製レア・グッズも。そして『PREMIUM会員』から『SUPER PREMIUM会員』へとランクアップするとさらなるサービスが!

    ¥ 1,000

  • OTOTOY T-shirt(ブラック/ポケット無し)

    OTOTOYのTシャツ第二弾! フロントの胸元にブロックロゴをシルク印刷。 日常使いはもちろん、ライブやフェスなどタフに着られます。

    ¥ 2,500

  • OTOTOY T-shirt(ホワイト/ポケット有り)

    OTOTOYのTシャツ第二弾! フロントの胸元にブロックロゴをシルク印刷。 日常使いはもちろん、ライブやフェスなどタフに着られます。

    ¥ 2,600

  • AVIOT TE-D01g-BK(ブラック)

    日本発のオーディオブランド、AVIOTからクラスを遥かに凌駕する高音質とハイスペックを両立し、手のひらに収まる小型化を実現した完全分離型のワイヤレス・イヤフォン「TE-D01g」

    ¥ 7,980

  • OTOTOY Sticker ハガキサイズ

    OTOTOYロゴをハガキサイズに詰め込んだステッカーです!ロゴのまわりがハーフカットされているので、ひとつずつめくって貼ることができます。屋外で1年程度の耐候性があります(使用環境によって変動します)。

    ¥ 350

  • OTOTOY CARD

    OTOTOY内で使用可能なポイントがチャージ可能なカード。 家族やお友達に、お祝いなどの様々なシーンで贈り物としてご利用出来ます。 ポイントの使用期限はございませんので、OTOTOYが持つ30万以上のタイトルがいつでも好きな時に、好きな楽曲を購入可能です。

    ¥ 2,000

Trending

Best Sellings

View More 

Top Artists

View More 

Most Played Albums

TOP