【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」

BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。

2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!
THE EMPiRE STRiKES START!!
発売日 : 2018年4月11日

[初回限定豪華盤]
カセット+DVD+写真集(50P)
価格 : 4,800円(税抜)
品番 : AVTD-93861/B
POS : 498806493861/2
[カセット]
・EMPiRE is COMiNG
・TOKYO MOONLiGHT
・アカルイミライ
など 全11曲予定
[DVD]
収録内容後日公開!!
※写真集,BOX仕様は初回限定のみ。
※スマプラミュージックにより音源/映像ともにお手持ちのデバイスにDL可能です。
[カセット盤]
¥1,500 (税抜)
品番 : AVTD-93862
POS : 498806493862/9
[カセット]
・EMPiRE is COMiNG
・TOKYO MOONLiGHT
・アカルイミライ
など 全11曲予定
※スマプラミュージックによりお手持ちのデバイスにDL可能です。

EMPiRE / EMPiRE告知映像

EMPiRE初音源収録のWACK & SCRAMBLESコンピレーションをハイレゾ配信

V.A. / WACK & SCRAMBLES WORKS

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
【価格】
単曲 540円(税込) / まとめ 2,200円(税込)

【収録曲】
1. スパーク (beat mints boyz a.k.a. 松隈ケンタ×JxSxK)
2. オーケストラ (カミヤサキ, ゴ・ジーラ, ももらんど (BiS) & ヤママチ ミキ, ココ・パーティン・ココ, アヤ・エイトプリンス (GANG PARADE))
3. gives (アイナ・ジ・エンド, セントチヒロ・チッチ, リンリン (BiSH) & キャン・マイカ, ユイ・ガ・ドクソン, テラシマユウカ (GANG PARADE))
4. nerve (BiS, BiSH, GANG PARADE, EMPiRE)
5. Plastic 2 Mercy (キカ・フロント・フロンタール, パン・ルナリーフィ (BiS) & アイナ・ジ・エンド, ハシヤスメ・アツコ, アユニ・D (BiSH))
6. EMPiRE is COMiNG (EMPiRE)
7. WACK is FXXK (SAiNT SEX)
8. フライングヒューマノイド (プー・ルイ, ペリ・ウブ (BiS) & モモコグミカンパニー, リンリン (BiSH) & ユメノユア, ヤママチ ミキ (GANG PARADE))
9. ラバソー 〜lover soul〜 (セントチヒロ・チッチ (BiSH) & アヤ・エイトプリンス (GANG PARADE))
10. 屋上の空 (Buzz72+feat. アイナ・ジ・エンド (BiSH))

INTERVIEW : YU-Ki EMPiRE

YU-Ki EMPiRE

2017年3月に行われた5泊6日のWACK合宿オーディションで合格した2名、合宿で脱落したものの追加オーディションに再び参加し合格を勝ち取った2人、合宿に参加してはいないもののアイドルになる夢を持ち続けていた1名。そんな5人により1つのグループとして誕生した、EMPiRE。

YU-Ki EMPiREは、姉の勧めでWACK合宿オーディションに参加し、WACKとavexの共同プロジェクト「Project aW」に選ばれたメンバーだ。ポジティヴな性格で目の前のことに全力で取り組むまっすぐな姿勢が印象的でもある。家族の支えとともに芸能界へ足を踏み入れることになったYU-Ki EMPiRE。どんな人生を経て、ここにたどり着いたのか? 記念すべき初インタヴューをお届けする。

取材&文 : 西澤裕郎
写真 : 外林健太

薄っぺらいんですよね、人生が(笑)

──YU-Kiさんは、どんな小学生時代を送ってきたんでしょう?

YU-Ki EMPiRE(以下、YU-Ki) : 通知表に毎回「活発な子」って書かれているような子で、休み時間は男の子と一緒にドッチボールをしたりしていました。4年生から6年生までは金管バンドでユーホニウムをやっていて、英会話とピアノも4年生から習いはじめました。

──小4で、なにか習い事をはじめるきっかけがあったんですか?

YU-Ki : 金管バンドは小4からじゃないと入れなかったんですけど… え、なんだろう、わからない(笑)。

──失礼な話ですけど、YU-Kiさんが元気すぎてバカになるんじゃないかと、ご両親が心配したからとかではない(笑)?

YU-Ki : 違いますよ(笑)。あ、英会話はお姉ちゃんも習っていたからですね。お姉ちゃんに影響を受けて始めたことが多いです。

──お姉ちゃんはどんな人?

YU-Ki : 私と正反対で部屋で遊ぶ感じの子です。英会話教室って授業が終わった後に必ずお菓子をもらえるんですよ。それ目当てで行っていました(笑)。

──あはははは。小学生時代、特にいじめられたとかそういうこともなく。

YU-Ki : なかったですね。だからMAYUとか他のメンバーの話を聞いていると、自分とは違うから、その5人が集まったのがおもしろいなと思って。

──中学時代はバレー部に入ったそうですね。

YU-Ki : 近所の優しいお姉さんがバレー部に入っていたので、私も入ろうと思ったんです。部活は上下関係が厳しくて先輩が怖かったので、夏休みの練習も行きたくなさすぎて吐き気に襲われていました(笑)。思いっきりボールを当てられたり、使えないとか暴言を言われたり、それが結構苦痛でした。

──それでもバレー部は辞めずに続けた?

YU-Ki : 先輩が引退するまでの辛抱だと思って我慢してやりました。あと私は負けず嫌いなんです。私の学校はバレーの上手い人順で先輩が背番号をふっていくんですよ。背番号が下がるとショックだったので、部活がない日も部活の前も1人でボールを持っていって練習したり、毎日バレーをしていましたね。

──中学時代、学力はどうだったんですか?

YU-Ki : 学力は本当に普通で、中の中みたいな(笑)。でも、塾に通い始めてから上がったかな。

──反抗期はあった?

YU-Ki : あまりなかったですね。一時期、親と口きかない時はあったかもしれないけど。薄っぺらいんですよね、人生が(笑)。

──小中学生のとき、好きで聴いていた音楽とかはありますか?

YU-Ki : 特にはなくて、話題の音楽を聴いていました。高校に入ってから、お姉ちゃんがライヴハウスの照明の道に進んだんですよ。もともとバンドが好きで、よくライヴハウスにも行っていたので、その影響で私も高校ぐらいからバンドとかを聴くようになったんです。My Hair is Badとか、いろんな曲を聴いていました。お姉ちゃんが買ってきたCDを一緒に入れてもらって(笑)。

──本当にお姉さんの影響が大きいんですね。弟さんもいるんですよね?

YU-Ki : いい子に育ったんですよ! みんなで買い物に行ったとき、荷物を無言で持ってくれたりして、え!? そんな技どこで学んだの!? って(笑)。オーディション合宿でデビューが決まって帰ってきてお菓子を買ってくれたり。

──めちゃめちゃ優しいですね。

YU-Ki : 合宿オーディションは家族みんなで応援してくれていたんです。家族全員、同じ時間に起きて、マラソンから寝るところまで観て寝る生活をしてくれていて。LINEとかで何位だったねとか連絡もくれました。

──家族で一致団結して応援してくれていたんですね。話を戻すと、高校に入ってからは、どんな学生生活だったんでしょう?

YU-Ki : ずっとバイトをしていました。女子が多い学校だったので、女子校状態で。毎日みんなでお菓子を開いたり、授業中も鏡が机に出てるのが当たり前みたいな感じで(笑)。

──部活は?

YU-Ki : 英語部に入っていました。と言っても、週1でお菓子を食べながら字幕で映画を観るだけの部活だったんです。友だちと一緒にバイトやりたいから、簡単なやつだったらいいねって感じで入りました。途中からALTの外国人の先生とゲームするのが始まって、週2回に増えちゃったんですよ。友だちと「あれ、思っていたのと違う」ってなって辞めました(笑)。

蹴落とすという考えより、みんなで受かりたいと思っていた

──中学の時あんなにバレーを頑張っていたのに、だいぶ生活が一転したんですね(笑)。今のところのWACK合宿オーディションに応募する兆しがまったくないですけど、応募に至るまでなにがあったんでしょう。

YU-Ki : お姉ちゃんから「今このグループにはまってるんだよね」ってBiSHさんを見せられたんですよ。かっこいいねって言っていたら、「今オーディションをやっているから受ければ」って感じになって、軽い気持ちでギリギリに応募しました。やってみるかって(笑)。

──最初のオーディションは集団面接でしたけど、雰囲気はどうでした?

YU-Ki : オーディションを受けるのが初めてだったので緊張しました。みんな1人で携帯をいじったり空気が重かったし、自己紹介も私が1番最初になっちゃったんですよ。えーどうしようと思って(笑)。用紙に書いたプロフィールをそのまま言って。まあ、なるようになるかなって(笑)。

──見事、その面談審査通過し、5泊6日の合宿に行くことになりました。合宿に行くことに迷いはなかったんですか。

YU-Ki : なかったですね。いけるとこまでいってみようと思っていました。受かるとはそこまで思っていなかったし、「受かったらどうするの?」って言われても、まだわからないしと思って。

──性格的にはポジティヴというか。あまり落ち込んだりしない?

YU-Ki : そうなんですよ。寝ると、次の日には忘れちゃうんですよね(笑)。

──(笑)。いま合宿を振り返ってみて、どんな日々でしたか?

YU-Ki : 怖かったです。合宿前に歌唱審査があるっていうのは聞いていて。小さい頃から家族に音痴って言われていたので、合宿前は毎日お姉ちゃんとお母さんとカラオケに行って課題曲を練習していたんです。

──なにかに臨むときは、全力でその準備をするんですね。ちなみに、合宿の中で1番印象的な思い出をあげるとしたらなんでしょう。

YU-Ki : 初日に、1日ずつ脱落者が出て帰らされるルールを聞いた時はパニックになりました(笑)。5泊6日いるつもりだったし、ジャージとかを持っていなかったから全部買い揃えたんですよ。家族は毎日カラオケも行ってくれたし、応援もしてくれてるのに、落ちたらどうやって顔合わせようって。落ちたくない、負けたくないなって思いました。

──合宿のエピソードとして、YUKA EMPiREが泣いてる時、YU-KIが声をかけて仲良くなったという話がありますけど、自分のことを考えつつ周りの女の子のことも気にかけていたんですね。

YU-Ki : 余裕はなかったんですけど、支え合おうと思っていて。蹴落とすという考えより、みんなで受かりたいと思っていたんです。それでYUKAが泣いていたので「大丈夫?」って声をかけたんです。

──それにもかかわらず、最初YUKAはYU-Kiのことを怖かったそうですね(笑)。

YU-Ki : 仲良くなった子全員に言われます。「最初怖くて喋りかけられなかった」みたいに。でも仲良くなると「まじであの時の時間返してほしい」って言われます(笑)。

──それはなんでなんだろうね。

YU-Ki : 顔ですかね(笑)? お母さんも学生時代よく言われていたらしくて。お母さんと顔が似てるんですよ、だからお母さんのせい(笑)。

──(笑)。合宿が始まって、みんなで受かりたい気持ちもありつつも、毎日人が脱落していくわけですけど、どういう気持ちで過ごしていたんでしょう?

YU-Ki : だんだん自分が1人になってく気持ちになっていました。落ちてほしくないけど、でも自分も落ちたくないっていう気持ち。だから、日が経つにつれて、メンタルがどんどん弱っていくんですよ。ストレスとかで。最初の時よりも後半の時の方がつらかった気がします。1日中ずっと緊張感があるから、気を抜く時間がなかったのが。それが自分の中でつらかったです。

──芸能界は、辛いこともエンターテイメントになる世界じゃないですか? デスソースを食べることは普通は辛いことだけど、自分がニコ生に映るチャンスであり、見ている人に好きになってもらうチャンスでもあるわけでもあります。こういう世界を直に体験して、どう感じましたか。

YU-Ki : 最初は頭おかしいなと思っていました(笑)。若い子に何させるんだって(笑)。でもだんだん自分も感覚が麻痺していって、デスソースの匂いを嗅いで探したり。もちろん、一瞬冷静になる時とかもあるんですよ。自分今何しているんだろうって(笑)。

自分の道を選んだのが自分の中でもすごく大きい

──結果的にYU-Kiは最終日まで残り、横浜の赤レンガ倉庫の〈WACK EXHiBiTiON〉での最終発表までバスで移動することになりました。移動している間は、どういう気持ちだった?

YU-Ki : ここまでやったからやり残したことはないし、どっちに転んでも、最終日まで残ったから、おつかれ自分みたいな気持ちでした(笑)。

──欲は出てこなかった? ここまで来たから合格したいって。

YU-Ki : 思いました。ここで落ちるのは絶対に嫌だなって。

──BiS、BiSH、GANG PARADEの合格者では名前が呼ばれませんでしたよね。

YU-Ki : あ、終わったーって思いました。何も考えられなかったですね。ショックっていうのもあるし、家族がずっと応援してくれていたから申し訳なかった。赤レンガ倉庫にも家族で観に来てくれていたので。

──そういう気持ちの中、WACK代表の渡辺淳之介さんより「株式会社WACK、avexと共同で、新アイドル・グループを作ります。Project aW(仮称)です。そこに入ってもらう合格者を紹介します」という発表があり、名前が呼ばれた時はどういう気持ちでした?

YU-Ki : びっくりしました。あと、YUKAと一緒のグループって聞いて嬉しかったです。

──あれだけ沢山いる候補生の中、どうしてYUKAとこれだけ仲良くなったんでしょうね。

YU-Ki : なんでなんですかね。私の仲良い友だちと同じ空気感を感じ取ったっていうか(笑)。同い年っていうのもあるんですけど、波長が合う。なんでも話せる感じですね。最初、新グループに入るって訊いてどうしようと思ったんですよ。結構不安だったんですけど、2人一緒なら大丈夫かなって心強かった。

──それまでずっと応援してくれていたご家族はどんな反応でしたか?

YU-Ki : お母さんは芸能界に入ってほしかったみたいで、前から勧められていたんですよ。今年の誕生日、お母さんから長文でLINEが来て「YU-Kiが自分の進みたい道を決められたのが嬉しい」って書いてあって、お母さんは私がやりたいことが定まったのが嬉しかったみたい。

──お姉さんの勧めで受けてみたオーディションがきっかけで、思わぬところで自分で道が見えたっていうのはおもしろいですね。

YU-Ki : それまでずっとお姉ちゃんの後をついていく感じだったので、そこで自分の道を選んだのが自分の中でもすごく大きいかなって思います。

EMPiREみんなで1つになって楽しみたい

──4月の段階ではYU-KiとYUKA以外のメンバーが決まっておらず、しばらく準備期間が続きました。その間、どういう気持ちで過ごしていた?

YU-Ki : プレッシャーでした。長期間出ない間に忘れられるんじゃないかっていうのもあったし、期待が大きくなるじゃないですか? こんなに準備期間があったんだから、いいもの観せてくれると期待されていると想像しちゃって。

──追加オーディションで他の3人のメンバーが決まり、初めて顔合わせしたときはどんな雰囲気でしたか?

YU-Ki : びっくりしました、え!? なんでいるの!? って(笑)。でも、お母さんとも「追加オーディションで来た子もいいけど、一緒に合宿やった子たちも合格したらいいね」って話しいて。一緒に頑張った仲じゃないですか。だから、YUiNAとMAYUがいて嬉しかったです。

──MiDORiKOに関しては、はじめましてだよね?

YU-Ki : はじめましてです(笑)。最初、派手髪だったんですよね。ぜんっぜん喋らなくて、かわいらしい子だなと思って。今と全然違いますね(笑)。でも今の方が好きですね。ふふふ。

──初めてEMPiREとして立ったステージが、BiSHのZepp Tokyoのライヴ〈TOKYO BiSH SHiNE3〉(2017年8月23日)のオープニングで、いきなり2700人のお客さんの前に出ていきました。いきなり大勢の前に、しかも覆面で出ていってどんな気持ちでしたか?

YU-Ki : 全身がガクガクで。あんなに大勢の人の前に立つことってないじゃないですか。今まで見たことない光景っていうか、大勢の人がいて、わ、自分今ステージに立ってるんだー!! って不思議な気持ちでした。

──その後Twitterでフォロアー1万人越えたら顔出しという施策をしつつ、11月23日に六本木Morph-Tokyoでファンクラブ加入者の前で初ライヴ、Zepp Tokyoでの〈WACKのフェス。〉がありました。どれもお客さんも満員でしたけど、どうでした?

YU-Ki : EMPiREのことを知らない人たちもいたじゃないですか? 知ってもらいたい気持ちはあったんですけど、逆にどう見られるか怖いっていう気持ちもありました。

──2018年1月3日にはマイナビBLITZ赤坂で〈アイドル甲子園〉のライヴがあり、BiS、BiSH、GANG PARADEとともに出演しました。他のメンバーはすごくダメなライヴだったって言っていましたけど、YU-Ki さん的にはどうでした?

YU-Ki : 自分たちの悪い点がよくわかったライヴで、次に繋げるための勉強になったライヴだと思っていて。あのあと、自分たちで反省会を開いて、話し合う機会も作ったんですよ。そこでこれからの方向性や次のライヴに向けてどうするべきかを話し合うことができたので、よかったって言ったらあれですけど、次に繋がるライヴだったと思います。

──何がダメだったんでしょうね。

YU-Ki : 意識が低かったなと思います。他のグループは、出てきた瞬間から会場の空気が変わっていたんですけど、EMPiREはお客さんに圧倒されて、全然自分たちの空気が作れなかった。

──2018年の課題ができたライヴになったわけですね。実質3回しかライヴをしていない状態で、5月1日にマイナビBLITZ赤坂で初ワンマンが開催されることが決まりました。前代未聞ですね。

YU-Ki : いやー不安ですね。もちろん、楽しみもあるんですけど、全然どうなるか想像できない。今までの課題を全部乗り越えて、自分たちらしいパフォーマンスができたらいいなって思います。


EMPiRE / アカルイミライ (OFFiCiAL ViDEO)

──BiSHの全国ツアー帯同をして、オープニングアクトを務めることも決まりました。それはかなり大きなポイントですね。

YU-Ki : 今まではエージェント(※EMPiREファンの呼称)さんがいるライヴが多かったんですけど、全国ツアーはほぼ清掃員さんしかいないので、たくさんの人にEMPiREを知ってもらいたいし、しっかり盛り上げてBiSHさんにつなげたいなと思います。

──YU-KiにとってBiSHはどういう存在ですか?

YU-Ki : 圧倒的な存在ですよね。ずっと背中を見ている感じ。かっこいいと思います。

──いつか超えたいと思う?

YU-Ki : 頑張りたいです!

──EMPiREをどういうグループにしていきたいと思っていますか?

YU-Ki : どのグループにも負けないグループにしたいです。今ってアイドルさんがたくさんいるじゃないですか? その中で異彩を放つというか、「EMPiREだけ飛び抜けてるよね」って空気を作りたいです。

──最後に、マイナビBLITZ赤坂のワンマンはどんなライヴにしたいですか?

YU-Ki : 全員に楽しでほしい。あと、自分の中でいいライヴだなと思えるライヴにしたくて。自分が楽しかったり、いいライヴだなと思ったものって、みんな同じ気持ちになると思うんですよ。だから、お客さんみんなが楽しんでくれるのはもちろんだけど、EMPiREみんなで1つになって楽しみたいと思います。

LIVE INFORMATION

THE EMPiRE STRiKES START!!
2018年5月1日(火)@マイナビBLITZ赤坂
時間 : OPEN 17:00 / START 18:00
料金 :
NORMAL TiCKET 4,000円
ROYAL EMPiRE会員、EMPiRE CORE会員の方は無料(ドリンク代別途)にてご入場いただけます。ご入場時に会員確認いたしますので、必ず会員証をご持参ください。

EMPiRE DROiD会員抽選先行受付
2月4日(日)18:00〜2月13日(火)23:00

WACK FAMiLY CLUB会員抽選先行受付
2月4日(日)18:00〜2月13日(火)23:00

HP抽選先行受付
2月14日(水)18:00〜2月26日(月)23:00

ぴあプレリザーブ受付
2月27日(火)18:00〜3月4日(日)23:00

チケット一般発売日
3月10日(土)

はじまったばかりのEMPiREのストーリー

Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒インタヴュー「EMPiREはかっこいいものになると思います」

Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)インタヴュー

Epsode0.2 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー)インタヴュー

Epsode1 EMPiRE初インタヴュー「WACKの先輩方の妹分で終わりたくない」

Epsode2 MiDORiKO EMPiREインタヴュー「帝国なので、EMPiRE独自の空間を作りたい」

Epsode3 YUiNA EMPiREインタヴュー「新しいものを発信していくグループにしたい」

Epsode4 MAYU EMPiREインタヴュー「めっちゃダッシュで成長しなきゃいけない」

PROFILE

EMPiRE

>>EMPiRE オフィシャル HP
>>EMPiRE SoundCloud!

>>EMPiRE TWiTTER
EMPiRE OFFiCiAL(@EMPiREIDOL)
YUKA EMPiRE(@YUKA_EMPiRE)
YUiNA EMPiRE(@YUiNA_EMPiRE)
YU-KI EMPiRE(@YU_Ki_EMPiRE)
MAYU EMPiRE(@MAYU_EMPiRE)
MiDORiKO EMPiRE(@MiDORiKO_EMPiRE)

o

 
 

インタヴュー

Ryu Matsuyamaインタヴュー メジャー1stアルバムをハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2018年05月21日・ピアノ・スリーピース・バンド、Ryu Matsuyama メジャー1stアルバムをリリース Ryu(ピアノ・ヴォーカル)、Tsuru(ベース)、Jackson(ドラム)からなるスリーピース・バンド、Ryu Matsuyama。メジャー1stアルバム『Between Night and Day』をリリース、ハイレゾ配信も開始。アートワークにも注目が集まる本作品が作られるまで、そして、それぞれの音楽性についても訊いた。 Ryu Matsuyama / Between Night and Day'【配信形態】24bit/96kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 2500円(税込)【Track List】''1. Window2. Footsteps3. City4. That Mad Rad Tale5. Istante6. Take a Piece7. Simply, Something8. Return to Dust9. Landscapes INTERVIEW : Ryu Matsuyama 「Ryu Matsuyamaの音楽とはこうだよね」と言わ
メロディーやフレーズが新たな理想にーThe Sea and Cake、新アルバムをハイレゾ配信
・2018年05月18日・メロディーやフレーズが新たな理想に到達した──The Sea and Cake、6年ぶり新アルバムをハイレゾ配信 実に6年ぶりとなる新アルバム『Any Day』を完成させて、ザ・シー・アンド・ケイクが帰ってきた! 今作は、サム・プレコップ、ジョン・マッケンタイア、アーチャー・プルウィットの3ピースとなって初のリリース作であり、近年では最も“歌”にフィーチャーしたポップ・アルバムとも言えるだろう。今作には、2016年のブライアン・ウィルソン〈『ペット・サウンズ』50周年アニバーサリー・ツアー〉にて音楽監督を務めたポール・マーテンズがフルートとクラリネットで、そしてユーフォン(Euphone)名義での活動でも有名なニック・マクリがダブル・ベースで参加し、オリジナリティ溢れる傑作アルバムが完成した。OTOTOYではそんな『Any Day』を、ハイレゾ独占配信中! 細部までこだわり抜かれたそのサウンドを、ぜひハイレゾで体感してみてください。 6年ぶりの新作アルバム! The Sea and Cake / Any Day 【配信形態・価格】ALAC、FLAC、WAV、AAC(24bit/96kHz) : アルバム
【EMPiRE】Epsode8 MiKiNA EMPiRE インタヴュー「異物として風穴を開けていきたい」
[EMPIRE]・2018年05月11日・【EMPiRE】Epsode8 MiKiNA EMPiRE インタヴュー「異物として風穴を開けていきたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。2018年4月11日にリリースされた1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』は、カセットテープにも関わらずオリコンデイリー4位、週間7位を獲得。2018年5月1日(火)には新メンバー2人を加え、満員のマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンが行われた。前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiREの新メンバー初インタヴューを2回に渡り掲載。後半となる今回はMiKiNA EMPiREの言葉をお届けする。 EMPiREのデビュー・アルバムをハイレゾ配信EMPiRE / THE EMPiRE STRiKES START!!【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格
by 西澤 裕郎
多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース
・2018年05月15日・多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース ダンス・ミュージックをコンセプトに、幅広い音楽を変幻自在に織り交ぜる、4人組インストゥルメンタル・バンド、Sawagi。前作『Starts to think?』リリース・ツアーにて、南アフリカ13箇所のツアーを敢行し、バンドの持つ高度なアンサンブルやグルーヴ感をより一層確かなものにしていった。そんな彼らが、2018年5月23日に、1225日ぶりの新作『Kabo Wabo』をリリースする。そして共同プロデュースとして、卓越した音楽センスを持つ、松田“CHABE”岳二を迎えての制作となっている。今作では、ファンク、ジャズ、エレクトロの他にも、ヒップ・ホップやバレアリックなどの多彩なジャンルを融合し、独自のダンス・ミュージックを鳴らしている。そんな今作の魅力をいち早く伝えるべく、OTOTOYでは今作の先行配信開始するとともに、インタヴューを敢行! ぜひアルバムとともにチェックしていただきたい。 待望の新作!!Sawagi / Kabo Wab'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(配信形態 2
by ?
THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景
・2018年05月16日・THE NOVEMBERSが描く情景と感情──EP『TODAY』1ヶ月間ハイレゾ独占配信開始 国内外問わず様々なアーティストと共演し続け、今や日本を代表するバンドとなったTHE NOVEMBERS。そんな彼らが約1年半ぶりとなる新作EP『TODAY』をリリースした。メンバーが以前よりリスペクトを公言しているL’Arc~en~Cielのカバー曲も収録した今作。OTOTOYでは今作の1ヶ月間ハイレゾ独占配信スタートに伴い、小林祐介(Vo/Gt)と高松浩史(Ba)のふたりにインタヴューを敢行。記事の最後では、本人が今作をハイレゾ配信したことについても言及している。インタヴューの内容と共に新曲をチェックしていただき、彼らのつくる世界をしっかり味わって欲しい。 約1年半ぶりの新曲収録! 1ヶ月間ハイレゾ独占配信開始! THE NOVEMBERS / TODAY'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) 【配信価格】単曲 410円(税込) / アルバム 1,200円(税込)【収録曲】''1. みんな急いでいる2. O Alquimista3. Cradle4. TODAY INTERVIEW
by ?
空気公団、結成21年目に訪れた春──新アルバムを先行配信
・2018年05月16日・空気公団、結成21年目に訪れた春──メンバー3人だけでつくりあげた特別な新アルバムを先行配信 昨年結成20周年を迎えた空気公団が、新アルバム『僕の心に街ができて』を完成させた。約2年ぶりの新作となる今作は、山崎、戸川、窪田のメンバー3人で制作、演奏、録音、ミックスまで手掛けたこれまでにない特別なアルバムとなっている。そんな今作をOTOTOYではCDリリースの5月23日に先駆けて1週間の先行ハイレゾ配信でお届け。21年目の新たな春の訪れを感じさせる新アルバムをぜひインタヴューとともにお楽しみください。 CDリリースに先駆けて配信開始! 空気公団 / 僕の心に街ができて'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1.美しい重なり2.青い夏の日3.いま、それこそが4.雨のリズムに乗って5.こうして僕は僕らになった6.思い出の全て7.静かな部屋8.見えないままにしないで9.君は光の中に住んでいる10.うつろいゆく街で INTERVIEW : 空気公団昨年2017年に結成20周年を
sora tob sakana 祝メジャー・デビュー! 「メンバーがメンバーに訊く」ロング・インタヴュー
[POWERPUSH]・2018年05月16日・sora tob sakana メジャー1stミニ・アルバムリリース!「メンバーがメンバーに訊く」ロング・インタヴュー 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。メジャー1stEP『alight ep』がついにリリース。OTOTOYではメンバー1対1インタヴュー連載をお送りしてきましたが、今回はメンバー全員がインタヴューし答えた、座談会風インタヴューをお届けします。 アルバム購入者から抽選で5名様に直筆サイン入りポスターをプレゼント!sora tob sakana / alight ep 【収録曲】 M1. Lightpool M2. 鋭角な日常 M3. 秘密 M4. Brand New Blue M5. 蜃気楼の国 M6. Lighthouse 【配信形態】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム価格 2160円(税込)>>通常配信パッケージはこちら☆直筆サイン入りポスタープレゼント応募要項☆『alight ep』 をアルバム購入頂いた方から5名様※通常音源、 ハイレ
cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!
・2018年05月16日・それは来たるべき音──cero、3年ぶりの新作『POLY LIFE MULTI SOUL』ハイレゾ配信 R&Bやネオ・ソウル、現代ジャズのグルーヴをふんだんに吸収し、ある意味で新たなこの国のポップ・ミュージックの指針を作った前作『Obscure Ride』──同作はある意味で2010年代後半のこの国のインディ・ロックの多様なリズムの実験を牽引する作品のひとつとなった。そして3年ぶりのceroの新作『POLY LIFE MULTI SOUL』は追随するフォロアーがまだ見ぬ、はるか先のポップ・ミュージックの未来を指し示す作品になった。そう、それはまさに掛け値無しの傑作と言えるだろう。昨今のアフリカや南米のフォークロアな感覚も持ったハイブリッドなポップスが持つマルチ・カルチャラルなリズム感、そして髙城の歌と日本詞、そこに連なるコーラス・ワーク、これらが渾然一体となって、cero印の新たなポップ・ミュージックを作り出している。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信を行うとともに、本作を作り出した3人にインタヴューを多なった。さまざまな音楽性が散りばめられた本作は、細かなニュアンスやアレンジメントの響き、リズムの刻みと、
by 河村 祐介
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/