【BiS連載vol.87】プー・ルイ、卒業前ラスト・インタヴュー「本当の意味での新生BiSが始まるんだと思います」

2016年9月、5人のメンバーで2度目の再スタートを切り、2017年5月に新メンバー・ももらんどとパン・ルナリーフィが加入、GANG PARADEのカミヤサキがレンタル移籍し、現在7人体制で活動中の新生アイドル研究会BiS。2010年に誕生したBiSのリーダーであり、2016年より再始動した新生BiSを引っ張ってきたプー・ルイが3月4日の両国国技館公演をもって卒業、カミヤサキのレンタルトレードも3月3日に終了する。そして、3月7日(水)、アヤ・エイトプリンスが戻った6人体制で再メジャーデビューダブルA面シングル『WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE』をリリース。本当の意味で新しいBiSが始まる。両国国技館公演を目前に、現体制メンバー全員の個別インタヴューを敢行。第1回は、卒業を目前に控えたプー・ルイの単独インタヴューをお届けする。

新生BiS、再メジャーデビューダブルA面シングル

BiS / WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE

【発売日】
2018年3月7日(水)

【Track List】
1. WHOLE LOTTA LOVE
2. DiPROMiSE
3. WHOLE LOTTA LOVE instrumental
4. DiPROMiSE instrumental


WHOLE LOTTA LOVE / BiS 新生アイドル研究会


INTERVIEW : プー・ルイ

BiSを作った張本人であるプー・ルイが、3月4日の両国国技館公演をもってBiSを卒業する。「わたしにとってBiSは必要じゃなくなって、BiSにもわたしが必要じゃなくなっていました」という衝撃的な発表がされたのは、BiSが初めてワンマンを行なった中野 heavysick ZERO。当時つばさレコーズの一社員だったマネージャー渡辺淳之介とともに、すべてを手探りでトライ&エラーのもと、BiSに狂った研究員という存在を生み出し、アイドルシーンにも大きな一石を投げたBiSの一つの時代が終わる。しかし、それは新しいBiSのはじまりでもあることを意味している。決してネガティヴではなく、2018年におけるBiSが誕生しようとしているなか、BiSを辞める覚悟をしたプー・ルイ。BiSとして最後となるインタヴューを行なった。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : 大橋祐希

私の中のBiSが、2014年で止まっていたんです

──単刀直入に、BiSを辞めようと決心したのは、いつぐらいのことなんでしょう?

プー・ルイ : 決めたのは2017年の10月末くらいで、ペリ(・ウブ)が感染性腸炎になって入院したときに、8月6日に予定されていた赤坂BLITZでのワンマン(〈IDOL is DEAD〉)をどうするか、渡辺(淳之介・WACK社長)さん含めてメンバーで話したんです。そのとき、渡辺さんが「俺はBiSをモーニング娘。にしたい。誰がいても続いてくグループにしたい」って話をしていて。BiSを始めるときに私が「モーニング娘。になりたい」って話をしたんですけど、それはモーニング娘。の(高橋)愛ちゃんが好きで自分もそうなりたいって意味だったので、そこで初めて渡辺さんがBiSを10年20年続いてくグループにしたいんだっていうことを知ったんです。その時に辞めようと思った訳じゃないんですけど、私がいないっていう可能性もあるんだなというのは、さらっと思いました。

──BiSが何十年も続いていく未来というのは想像していなかったと。

プー・ルイ : 旧BiSは加入や脱退が多いグループだったから、10年20年続くとは思っていなかったし、実際に刹那的なグループだったから。でも、10年20年と続いていく可能性があるのはWACKの中でBiSだけだっていう話もしていて。BiSは全てを受け入れるグループじゃないですか? ノンちゃん(ヒラノノゾミ)とかももらんどとか、普通受け入れられないですからね(笑)。

──(笑)。それに、旧BiSでは武道館をやって解散するっていう目標がありましたしね。

プー・ルイ : そもそもBiSは、続いていくこと自体頭になかったグループなので。

──卒業につながる出来事として、2017年9月のダイエット失敗と、それに伴うプー・ルイの活動休止は大きい出来事だったんじゃないですか。

プー・ルイ : きっかけにはなりました。今日、インタヴューで卒業する理由を訊かれると思って考えていたんですけど、これが原因ですみたいな明確な理由はなくて。活動休止期間中に考える時間と、渡辺さんと話す時間が増えたときに、「なんで自分がBiSを頑張れないのか」に気づいたというか。気づくきっかけになったのはダイエットの失敗だけど、それが辞める理由ではないんです。

──いつぐらいから、自分はBiSを頑張りきれていないと思っていたの?

プー・ルイ : 昔のBiSで頑張りすぎていた部分もあるとは思うんですよ。当時はメンバーが辞めてく中、初期メンバーである私がいないと絶対に成立しないって気持ちで死ぬ気でやっていたけど、新生BiSではそこまでの気持ちになれなくて。それはどうしてだろう? って気持ちは常にあったし、頑張らなきゃなという葛藤はずっとありました。100kmマラソンや車中泊、ダイエット企画もそうなんですけど、つらさと楽しさが逆転しちゃったんですよね。

──つらさと楽しさが逆転したっていうのは?

プー・ルイ : 初めて旧BiSでやった100kmマラソンや車中泊ツアーは、つらかったけど達成感があったし、楽しさややったぞっていう気持ちが大きかった。それが私は2回目だったので、どうしても新鮮じゃなくなっていたんだと思います。

──BiSにプー・ルイがいないっていう未来は想像していなかったし、それは研究員(※BiSファンの呼称)たちも思っていたんじゃないかと。

プー・ルイ : それは私もです。だから気づけなかったんだと思う。違和感を感じていたのに辞めることは絶対にないと思っていたので。だからここまでやってこれたし、やってしまったっていう両方の面があると思います。

──プー・ルイのいないBiSはBiSじゃないって気持ちはないの?

プー・ルイ : んー、難しいんですけど、私は2014年の気分のままでBiSをやってしまっていたんだと思うんです。その違和感があったから、いろんなものに対して頑張れなくなってしまった。それに加えて、2014年にBiSが終わってから、私はバンドをやっていたので、アイドルを観ないようにしていたんです。その2年間で、アイドル・シーンも、そこで求められることも変わっていた。そしていざ新生BiSを始めたけど、あれ!? なんだ!? この状況は!? みたいな事態になってしまって。だから、BiSが悪いとか、BiSが変わったことが悪いんじゃなくて、私が変われなかったんです。私の中のBiSが、2014年で止まっていたんですよね。

──そのあたり淳之介さんはどうなんでしょうね? 言ってみれば、当時はプー・ルイと淳之介さんの2人で始めたわけですから。

プー・ルイ : 渡辺さんは、ちゃんと進んでいると思います。1回目にやったBiSが1番最高だったっていうことはよく言うんですけど、それは動員とかじゃなくて、達成感とかドキドキとかワクワクのことで。渡辺さんは経営者だし、BiSHをやったり、いろんな作品を作っていたりして、その気持ちを乗り越えているんだと思う。

──BiSH、GANG PARADE、EMPiREも手がけたり、会社の規模も大きくなっているから、周りから社長として見られることも増えましたしね。

プー・ルイ : でも、私にとっては、渡辺さんしかマネージャーじゃないんですよね。もっと密に連絡をとって、ふざけんな!! 死ね!! っていうコミュニケーションをお互いにやれていたら、また変わっていたのかもしれないんですけど、そうもいかないじゃないですか。それができなかったのは、旧BiSと新BiSの違いではあります。

──愛情と憎しみじゃないですけど、淳之介さんに対してはどんな感情を持っているんでしょう?

プー・ルイ : この間、病んでいたときに手紙を4枚くらい書いたんですけど、「嫌い」として書いていなくて(笑)。めっちゃ大嫌いって書いてあるけど、どう考えても内容は大好きなんですよ(笑)。最初に出会ってしまったので、それはどう頑張っても変えられないんですよね。

──辞めることを淳之介さんに話をした時、どういう反応をしていましたか?

プー・ルイ : とりあえず会って話そうってことになって「今楽しい?」ってところから始まり、さっき話した結論に至ったって感じですかね。前ほどのめり込めなかったり、全力でやれていない感じが、なんでだろう? と思っていて。それが結果として、ダイエット企画で目に見える形で数字に表れてしまった。

──卒業を決めたあとはどんな気分でしたか?

プー・ルイ : すっきりした。だから、そういうことなんだなと思いました。

──プー・ルイの卒業をメンバーが知ったときの雰囲気はどんな感じでした?

プー・ルイ : え? みたいな感じだった。でも納得というか、みんなわかっている部分もあったと思う。だから、幸せになりますって言いました(笑)。

身体がつらすぎて泣くどころじゃなかった(笑)

──中野 heavysick ZEROで卒業発表をしましたけど、旧BiSのリキッドルーム・ワンマンにおけるナカヤマユキコの脱退発表をトレースしていましたよね。1曲目「Nerve」を歌い終えて、突然卒業発表をして、そのまま「パプリカ」に突入するという。

プー・ルイ : 渡辺さんもさみしいんですよ。昔話をできる人が私しかいないから。セトリも最初の部分もリキッドルームと一緒なんですよ。

──どういう気持ちで、そのときのライヴには臨んだんでしょう?

プー・ルイ : 今だから言えるんですけど、熱を出してしまったんですよ。39度超えみたいな(笑)。

──そんなに熱があったの?!

プー・ルイ : そう。でもぶっちゃけ、熱が出てよかったなと思います。もっと健康な状態だったら、途中で感極まって泣いていたかもしれないんですけど、身体がつらすぎて泣くどころじゃなかった(笑)。こうやって後から言うのはいいんですけど、熱があるとか感じさせるのは絶対にダメだっていう想いが昔から自分の中にあって。

──全然わからなかったです。

プー・ルイ : じゃあ成功ですね!

──すごい精神力ですね。

プー・ルイ : 「頑張れ私の喉!!」みたいな感じでやっていました。逆にインフルじゃないから休めなかったし、解熱剤を飲んでライヴ中だけ熱を下げてやっていました。私は感情的になりやすいタイプだから、泣いたり悲しい顔をしていたら、卒業が悲しいものに変わっちゃうから。よかったー、熱出てって(笑)。

──最後MCで言った言葉がまた印象的でした。

プー・ルイ : 「わたしにとってBiSは必要じゃなくなって、BiSにもわたしが必要じゃなくなっていました」っていう部分は、渡辺さんと考えた言葉で。必要じゃなくなったっていうのは、さっき話したように気持ちがどんどんBiSから離れていって、BiSも変わっていったってことを極端な言葉にしただけで。嫌いになったわけではないし、私が変われていたらBiSは許容してくれたと思うんです。

──Twitterの反響もすごかったですよね。

プー・ルイ : あれは楽しかった(笑)。Twitterでは「プー・ルイがいないBiSはBiSじゃない」とか書いている人も多かったんですけど、明日には忘れてますから。今までも「ユフちゃんのいないBiSなんかBiSじゃない」とか「こんな明るいBiSはBiSじゃない」とか、りなはむが辞めた時から言われてきたんですよ。それと戦ってきたのがBiSだった。今回は私の方が大変ですよね。BiS=プー・ルイって言われるってことは、プー・ルイ=BiSなので。それを脱却しないといけない。

──3月3日でBiSへのレンタルトレードが終了する(カミヤ)サキちゃんは、プー・ルイの卒業を訊いて自分はどうしていくべきか悩んでいましたよ。

プー・ルイ : ぶっちゃけ今は私につられているだけだと思うんです。よくも悪くも、それしか見えなくなるタイプじゃないですか、サキちゃんって。BiSしか見えていない中で、ギャンパレに戻れって急に言われて戸惑っているところに、私が卒業することが決まった。理由も理由で、プー・ルイの価値観が変わって頑張れなくなったっていうのが大きな理由だから、もしかしたら私もギャンパレで頑張れないかもしれない… ってなっていると思うんですよ。だけどサキちゃんは私と違って努力家だから。しかもギャンパレはサキちゃんの作ったグループなんだから、サキちゃんに合うように変えればいいじゃんって。それぐらいわがままにやったほうがいい。

──サキちゃんに関しては、大丈夫だと。

プー・ルイ : きっと大丈夫だって信じています。

私の卒業はBiSにとってマイナスじゃないと思う

──3月7日にリリースされる再メジャー・デビュー・ダブルA面シングル『WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE』の「DiPROMiSE」がプー・ルイの歌う最後のBiS楽曲となります。

プー・ルイ : 私の声があまり入っていないし、使われているところはエフェクトがかかっているので誰かわからない(笑)。

──その部分に大きな意味が込められているとも考えられますけど。

プー・ルイ : そこに意味があるっていうより、メンバー全員が私に対して言っているって物語で、この歌割りが感動を呼ぶと思うんですよ。だから私も納得はしているし、松隈さんさすがだなって思いました。

──この歌詞を読んだとき、プー・ルイはどういうふうに思いました?

プー・ルイ : またー!! って思いました(笑)。渡辺さんやりやがって… って。全体的に恨みつらみを。

──決してハッピーな感じではないですからね。

プー・ルイ : そうそう。最後くらい楽しく辞めさせてよって思いましたけど、それがBiSだから。ふーん、そうきたかって感じです。自分もユケが辞めるとき、ユケに対して〈死んじゃえ豆腐の角で〉って「豆腐」で歌っている人間なので。別にそれに対してクソだ! って思うこともないです。

──BiSというもののあり方を、身をもって体験したというか。

プー・ルイ : でも、正直自分が病んでいるときに聴くとすごく落ちていったりするんです。他のメンバーと私がいる時に「俺はお前と縁が切れてせいせいするよ」とか言ってくるんですよ。「そうやって、さみしいくせに」って私も返すんですけど、家に帰ると「渡辺さん…」ってなるじゃないですか? その時にこの曲を聴いちゃうと本当にそう思ってるのかな… みたいな女子の気持ちが出てきたりする (笑)。1回めちゃめちゃ落ち込んでいるとき、たまたまコショージ(メグミ)に会って。サキちゃんもこの曲のことをコショージに話したことがあったみたいで、コショージが「どんな曲なんですか?」って言うから、歌詞を見せたら「違いますよ、渡辺さんはこうするしかないんですよ。超切ないじゃないですか!」って言ってきたんですよ。そういう捉え方かと思ってポジティヴに捉えようって思いました。「渡辺さんがつらいから、悪口言ってるんですよ」って。

──コショージが言うみたいに、こんなにストレートな歌詞もないと思いますけどね。好きな人に意地悪しちゃうみたいな感じというか。

プー・ルイ : コショージも「これは渡辺さんの歌だよ」って言っていました。この歌詞をメンバーが歌っているからつらく感じるだけで、渡辺さんが悲しいんだよっていうのを言ってくれて救われました。プー・ルイと渡辺さんの変な関係がやっとここで終わるし、それがたぶんBiSの呪いだったんです。これからBiSは本当に新しくなると思うし、私の卒業はBiSにとってマイナスじゃないと思う。続いて行くほうが絶対的にかっこいいから。私は頑張れなくなって辞める訳だし、これからいるメンバーの方が絶対にかっこいいから、みんなついていけばいいと思う。

一つ考えているのはYouTuberになろうかなって(笑)

──言ってみれば、これまでのBiSはプー・ルイと淳之介さんの物語だったわけじゃないですか。

プー・ルイ : そうだったと思います。2010年から続いたBiSが2014年で終われなかったんですよ。バタバタで解散したから処理しきれなかったんだと思います。やっと長い時間をかけて、そのときのBiSへの気持ちを終わらせられる。渡辺さんと話していて出てきた単語なんですけど、辞めるっていうのも一個の覚悟だし決意だよねって。辞める覚悟ができました。

──2017年11月にリリースされたBiSHの2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』に収録されている「FOR HiM」はフランス語訳で「プー・ルイ」になるっていう話があるじゃないですか?

プー・ルイ : あれ、本当なんですか? 本当だったら、どんだけ好きなんですか(笑)。私にそう言えばいいじゃん。でも、絶対に言わないから。

──ダイエットの時期と被っていたから、プー・ルイへのラブレター的な曲なんじゃないかって想像しちゃいますけどね。

プー・ルイ : もしそうだとしたら、わかりにくい(笑)。

──しかも、それをBiSHが歌っているっていう(笑)。

プー・ルイ : そう考えると変な関係ですよね。私は高校生の頃から何かに依存しないと生きていけなくて、それが昔は恋愛だったんですよ。でも最近、なんか依存しないでも生きているなと思っていて。それで一個気づきたくないことに気づいちゃったんですけど、7年間渡辺さんに依存してたんだって。きもっ!! て思いました(笑)。

──あははは。でもそうなんじゃないですか? もしかしたら3月のWACK合宿にもいるんじゃないかって思っちゃいますし(笑)。

プー・ルイ : それよく言われるんですけど、行かないですからね(笑)。

──今のところ、国技館の後の活動は特に決めてない?

プー・ルイ : はい。一つ考えているのはYouTuberになろうかなって(笑)。なんでかって言ったら、渡辺さんは人をいじめることに飢えてるじゃないですか。私も今いじめられることに飢えている。私がYouTuberになれば全部解決するじゃないですか。WACKの子もいじめられなくて済む。私はいじめられるのが好きだから。

──とんでもない関係ですね(笑)。

プー・ルイ : それが今の私たちのこじらせた関係に1番合っていると思います(笑)。別にやらないですけど。今後何やるんですかって聞かれたら、そうやって答えていこうと考えています。チャンネル名は「ドMっ子チャンネル」(笑)。

「プー・ルイがいないBiSはBiSじゃない」って言わせたい(笑)

──プー・ルイが、これからのBiSに対して期待することはなんでしょう?

プー・ルイ : 新しいBiSを作っていってほしいなと思います。モーニング娘。も名前の後ろに「’18」ってついてるけど、どこかで昔のモーニング娘。の意志は受け継いでいるところがある。名前が一緒だからこそ大変だとは思うんですけど、これから本当の意味での新生BiSが始まるんだと思います。だから、こんなこと言ったらあれだけど、サキちゃんはギャンパレに戻ってよかったと思う。お客さんが観たかったのは、サキちゃんが引っ張っていくBiSではなくて、フレッシュな子たちがもがきながら作っていくBiSなので。サキちゃんも今は嫌かもしれないけど、私がBiSでそうだったように、ギャンパレで1回やり遂げたほうがいいと思う。さすがに国技館まではいさせてあげなよっていう気持ちはあるんですけど、一緒に立ちたいとか戻るっていうことに関しては、今回の決断の方がよかったなって思います。アヤも元々BiSに受かっているし(笑)。今ギャンパレが負け犬だとは全然思わないけど、BiSを受けに来てBiSとして受かったので。WACKオーデがあるから新メンバーが入るのかはわからないですけど、この6人でスタートを切ってほしい。1回ダメになるかもしれないですけど、それも物語だし、おもしろいところではあるから。

──プー・ルイは国技館をどんなステージにしたいって思っていますか?

プー・ルイ : やっぱり「プー・ルイがいないBiSはBiSじゃない」って言わせたい(笑)。国技館のハッシュタグは「#プー・ルイがいないBiSはBiSじゃない」で(笑)。

──新しいBiSが乗り越えていくためのBiSを作って去っていくと。

プー・ルイ : 卒業発表のMCで言った通り(※「後輩たちがなかなか超えられないようなBiSを作るという壮大な嫌がらせを最後にして、わたしはいなくなりたいと思います」)で、超えられない壁を最後に作っていなくなります。でも、越えられるから大丈夫。お客さんはみんな新しいものが好きだから(笑)。

──メンバーへのメッセージはありますか?

プー・ルイ : BiSの6人に言いたいことは、売れてほしいってことです。で、私に還元しろって(笑)。BiSがめっちゃ売れたら、私も「元BiSの」って言えるし。

──「BiSを作ったプー・ルイさんは何をやってるんですか?」「YouTuberです」って(笑)。

プー・ルイ : そうそう(笑)。自分のために頑張って、結果、私のためにも頑張ってくれ(笑)!! みんな、幸せになろう!

LIVE SCHEDULE

BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??
2018年3月4日(日)@東京・両国国技館
OPEN 17:00 / START 18:00

新生BiSのアルバムもチェック

新生BiS、7人体制での2ndシングルを配信中

BiS / I can't say NO!!!!!!!

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 400円(税込)

【Track List】
1. I can't say NO!!!!!!!
2. Fly-Brand-new BiS ver-


I can't say NO!!!!!!! / BiS 新生アイドル研究会


新生BiS、7人体制での1stシングルを配信中

BiS / SOCiALiSM

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 270円(税込) / まとめ 540円(税込)

【Track List】
1. SOCiALiSM
2. Did not

※まとめ購入で、デジタルブックレットがついてきます。

新生BiS、2ndアルバムを配信中

BiS / Re:STUPiD

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)(32bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / まとめ 2,057円(税込)

【Track List】
1. gives
2. twisted grunge
3. ミステリアスホール
4. SAY YES
5. Never Starting Song
6. NOT the END
7. ぎぶみあちょこれいと
8. ロミオの心臓
9. 明日が来るなら
10. NAKODUB

※アルバムまとめ購入で、デジタルブックレットがついてきます。

新生BiS、初アルバムをハイレゾ配信中

BiS / Brand-new idol Society2

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)(32bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / まとめ 2,057円(税込)

【Track List】
1. Give me your love全部
2. My Ixxx
3. Nerve
4. primal.
5. BiSBiS
6. Human after all
7. IDOL
8. Happy Birthday
9. レリビ
10. Not Special
11. BiS
12. 太陽のじゅもん
13. CHANGE the WORLD

※アルバムまとめ購入で、デジタルブックレットがついてきます。

これまでのBiSの音源を復習しておこう

DiE

BiS

¥ 1,500

PPCC

BiS

¥ 1,050

BiSプロフィール

英語でBrand-new idol Society の略、日本語で新生アイドル研究会。アイドルを研究し、アイドルになろうとする、アイドルになりたいプー・ルイ、ペリ・ウブ、ゴ・ジーラ、キカ・フロント・フロンタール、カミヤサキ、パン・ルナリーフィ、ももらんどからなる7人組。

BiS Official Web

BACK NUMBER

vol.1 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

vol.2 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

vol.3 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

vol.4 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

vol.5 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

vol.6 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

vol.7 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.7 -『エレガントの怪物』-

vol.8 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.8 -初レコーディング作品フリー・ダウンロード開始!

vol.9 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.9 -BiS初のフル・アルバムが、2011年3月23日発売決定! -

vol.10 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.10 -1st フル・アルバム『Brand-new idol Society』先行配信開始! -

vol.11 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 -待望の初アルバム『Brand-new idol Society』配信開始!

vol.12 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.12 -アイドル・グループ構成員増殖計画セカンド・シーズンスタート!

vol.13 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.13 -中野heavy sick zeroのワンマン・ライヴ!

vol.14 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.14 -BiS次回作の一斉楽曲コンペ開催決定! !

vol.15 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.15 -BiSとtengal6のコラボ楽曲フリー・ダウンロード!

vol.16 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.16 -号外! BiSからヨコヤマリナが電撃卒業!

vol.17 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.17 -リナハムありがとう! 衝撃のPV公開!

vol.18 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.18 -7月9日下北沢shlterで新メンバー発表! -

vol.19 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.19新メンバーテラシマユフ入学式-

vol.20 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.20 -渋谷WWW目前プー・ルイ、インタヴュー-

vol.21 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.21 -渋谷WWW「BiBフェス!」ライプ・レポート! ! ! -

vol.22 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.22 -「怒髪天のハロウィン 百鬼フェスティバル」にBiSが登場っ! ! ! -

vol.23 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.23 -怒髪天にBiSが突撃インタヴュー&ライヴ-

vol.24 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.24 -売り切れ続出! タワーレコード限定シングル発売開始! -

vol.25 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.25 -テラシマユフへインタヴュー! 優等生が見せた葛藤-

vol.26 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.26 -リキッド・ルーム・ワンマン目前メンバー・インタヴュー! -

vol.27 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.27 - 満員御礼! BiSリキッドルーム・ワンマン・ライヴ!

vol.28 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.28 - プー・ルイ インタヴュー「理想のリーダー像とは」連続企画スタート!

vol.29 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.29 - ヒラノノゾミ インタヴュー「アイドルグループでの存在意義」

vol.30 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.30 - テラシマユフ インタヴュー「BiSに優等生は必要! ? 」

vol.31 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.31 - 新メンバー・ワッキー&ミッチェル 初インタヴュー

vol.32 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.32 - プ—・ルイ インタヴュー「リーダーとしての葛藤と決意」

vol.33 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.33 - アナログ盤『ABiSCDiS』リリース記念 BiSの工場見学

vol.34 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.34 - 渡辺淳之介(BiSマネージャー) インタヴュー「BiS誕生以前の物語」

vol.35 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.35 - 祝・メジャー・デビュー『PPCC』BiS全力特集

vol.36 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.36 - Road to 赤坂BLITZ

vol.37 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.37 - 辻本翔(BiS アシスタント・マネージャー)インタヴュー—「研究員からBiSマネージャーへ」

vol.38 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.38 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 松隈ケンタ(BiSサウンド・プロデューサー) INTERVIEW

vol.39 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.39 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 南波一海によるロング・レビュー掲載

vol.40 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.40 - 『IDOL is DEAD』リリース記念 BiS公開インタヴュー

vol.41 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.41 - 2012年のBiS、そして2013年へ

vol.42 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.42 - BiSとDorothy Little Happy『GET YOU』リリース

vol.43 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.43 - プー・ルイ、国技館に降り立つ

vol.44 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.44 - 国技館ワンマンへの道!!

vol.45 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.45 - 2013年3月16日(土)@東京・両国国技館 「WHO KiLLED IDOL? 」

vol.46 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.46 - ミチバヤシリオ インタヴュー 加入1年にして語る現在の想いとこれから」

vol.47 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.47 - 新メンバー初インタヴュー テンテンコ、カミヤサキ、ファーストサマーウイカ

vol.48 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.48 - BiS、6人体制になって初のシングル『DiE』をリリース プー・ルイ インタヴュー

vol.49 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.49 - BiS階段 おばあちゃんに訊く!!「この音楽はなんだと思いますか?」@巣鴨地蔵通商店街

vol.50 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.50 - BiS『Fly / Hi』をリリース ミッチェル、卒業インタヴュー

vol.51 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.51 - ヒラノノゾミ、インタヴュー「解散までにもう少し足跡を残したい」

vol.52 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.52 - コショージメグミ、インタヴュー「BiSをやりきる、それだけですね」

vol.53 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.53 - カミヤサキ、インタヴュー「もっと自分に自信を」

vol.54 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.54 - ファーストサマーウイカ、インタヴュー「いまを積み重ねるしかないですから」

vol.55 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.55 - テンテンコ、インタヴュー「わたしがいなくてもいるみたいな存在になれたらいいなって」

vol.56 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.56 - 渡辺淳之介、インタヴュー「BiSは解散に向けて、再びおもしろさを取り戻せるのか?」

vol.57 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.57 - 飛ばねぇアイドルは、ただのアイドルだ。BiS、上田剛士(AA=)を迎え新曲リリース

vol.58 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.58 - BiS、ラスト・アルバム完成!!ーBiSが生まれるきっかけになった4人のメンバーで解散までの歩みを語る

vol.59 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.59 - BiS、カミヤサキのコスプレ連載「2.5次元まで」Vol.3 キルラキル

vol.60 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.60 - 泣いても笑っても、これが最後のダンス・チューンーーBiS、ラスト・シングル『FiNAL DANCE/nerve』をリリース

vol.61 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.61 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、コショージメグミ編ーーアイドルがしたくて入ったわけじゃなくて、BiSが好きで入ったから

vol.62 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.62 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ファーストサマーウイカ編ーーおっきいお葬式をしたいなって、「楽しかったね、ありがとうな」っていう

vol.63 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.63 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、テンテンコ編ーー夏休みの宿題をまったくやらずに最終日っていう感じなんです

vol.64 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.64 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、カミヤサキ編ーー楽し過ぎて終わるのがイヤになるようなトラウマを残すライヴをしたいな

vol.65 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.65 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ヒラノノゾミ編ーー「こっちは3年やってきてるんだぞ!」っていうプライドもある

vol.66 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.66 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、プー・ルイ編ーーBiSは爆弾みたいだったんで、爆発するんだなって

vol.67 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.67 - BiS復活インタヴュー、プールイ「いろんなものを壊したい」

vol.68 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.68 - 新生BiSインタヴュー、ゴ・ジーラ「ダークホースになりたいです」

vol.69 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.69 - 新生BiSインタヴュー、ペリ・ウブ「将来の夢は大和撫子」

vol.70 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.70 - キカ・フロント・フロンタール「世界一やばいアイドルになりたい」

vol.71 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.71 - アヤ・エイトプリンス「音楽の人生だったんです」

vol.72 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.72 - プー・ルイ「私が1番の研究員なんですよ」

vol.73 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.73 - 新生BiS「みんなと一緒に大きなものをひっくり返したい」

vol.74 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.74 - 新生BiS、2017年新春記念・おみくじ付き新曲フリーDLーーメンバー全員インタヴュー掲載

vol.75 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.75 - 渡辺淳之介「いまでも音楽に狂わせてほしいと思っている」

vol.76 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.76 - プー・ルイ「うちらは正真正銘BiSなので背負わないといけない」

vol.77 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.77 - アヤ・エイトプリンス「この5人が私は好きです」

vol.78 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.78 - ゴ・ジーラ「最近は私がBiSです! って感じになったかもしれない」

vol.79 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.79 - キカ・フロント・フロンタール「今までのいろいろを背負って臨みたい」

vol.80 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.80 - ペリ・ウブ「新メンバーが入ったら絶対にいい方向に進むと思う」

vol.81 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.81 - カミヤサキ「ちゃんとBiSを作る役割を果たしたい」

vol.82 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.82 - パン・ルナリーフィ「エースをとれるような存在になりたい」

vol.83 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.83 - ももらんど「誰にでも楽しい感じを伝えられるようになりたい」

vol.84 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.84 - 7人体制初全国ツアー中のBiSインタヴュー「過去を塗り替えて楽しい思い出に変えたい」

vol.85 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.85 - BiS vs LSN PSYCHO KiLLERSーーBiSでしか満足できない身体にして終えたい!

vol.86 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.86 - 祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る

o

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)
・2018年05月18日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第8回》高橋靖子 INTERVIEW : 高橋靖子(フリー・スタイリスト)忌野清志郎といえば、ステージやテレビ番組、CM出演時のド派手なファッションがすぐに目に浮かぶ。そんな清志郎の衣装スタイリングを手掛けた中のひとりが、今回ご登場いただく高橋靖子さんだ。1960年代からフリーランスで活動をはじめ、日本のスタイリストの草分け的存在として、デヴィッド・ボウイら数々のロック・アーティストのステージ衣装のスタイリングを手掛けてきた“ヤッコさん”こと高橋さんから見た普段の忌野清志郎は、とてもシャイで純粋な人物だったようだ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎さんはとてもシャイな方でした──高橋さんはみなさんに「ヤッコさん」と呼ばれていらっしゃるそうですが、私たちもヤッコさんと呼ばせていただいていいですか? 高橋 : もちろんです、そうしてもらった方がうれしい(笑)。 ──ありがとうございます! では最初にご紹介させていただきますが、ヤッコさんは
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」
[BISH]・2018年05月16日・【BiSH】Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第6回は、モモコグミカンパニーの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track Lis
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回
[CLOSEUP]・2018年05月15日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回──“Type Beat”文化について GWもあけ、5月も半ば! 第16回目となる「パンチライン・オブ・ザ・マンス」今月もいきますよ! 先月は初の映画特集ということで、神奈川県大和市を舞台にした映画『大和(カリフォルニア)』をピックアップしました。今月は、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化を紹介します。いつもより内容濃いめでお届けです! >>先月号、第15回はこちら 第16回 “Type Beat”文化について ちょっと今回は変則的な導入から。時々YouTube等で“Type Beat”とタイトルに入った動画を見かけませんか。 これらの楽曲はお金を払い、使用の際には製作者のクレジットを明記すれば、曲中の音のタグを抜いたデータが使用できます。大抵は学生でも手が届く値段なので、若いアーティストを中心にこうした“Type Beat”文化は急速に広まりました。事実として“Type Beat”から生まれたヒットは多く、Desiigner「Panda」は元々「Meek Mill—Ace Hood “Type Beat”」として
by 斎井 直史
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode50 リンリン「横アリでのライヴは数年経ってもすぐ思い浮かべられるような1日にしたい」
[BISH]・2018年05月04日・【BiSH】Epsode50 リンリン「横アリでのライヴは数年経ってもすぐ思い浮かべられるような1日にしたい」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第5回は、リンリンの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track List】''1.
by JJ
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)
・2018年05月02日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと) INTERVIEW : のん(女優 創作あーちすと) 連載第7回にご登場いただくのは、女優 創作あーちすと、として大活躍中の「のん」。2017年に音楽レーベル〈KAIWA(RE)CORD〉を立ち上げ、8月6日に開催された〈WORLD HAPPINESS 2017〉に出演したことを皮切りに音楽活動を本格させてきた彼女が、2018年5月9日(水)に待望の1stアルバム『スーパーヒーローズ』を発表する。そのリード曲として5月2日(水)にアナログ・配信限定で先行リリースされるのが「わたしはベイベー」だ。矢野顕子作詞・作曲により生まれた同曲のモチーフはズバリ、「忌野清志郎」。かねてから清志郎ファンとして知られ、この連載のタイトルでもあるRCサクセションの楽曲「I LIKE YOU」をカヴァーしているのんに、清志郎の魅力を語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys アルバムからリード曲を先行配信中 のん /
by 岡本 貴之
【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第3回 寺口夏花が神﨑風花に訊く
[POWERPUSH]・2018年05月02日・【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第4回 神﨑風花が山崎愛に訊く 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。メジャー1stEP『alight ep』のリリース日、5月16日(水)まであと2週間となった本日5月2日に、EPから2曲を通常・ハイレゾ音質ともに先行配信がスタート。OTOTOYではこの先行配信に加え、sora tob sakanaの世界を知るにはかかせない旧譜4タイトルを5月31日までの期間限定で30%オフでお求めいただけます。 そして、メンバー間インタヴューの4回目は神﨑風花が山崎愛にインタヴューしました。好きな食べ物、とある外国のこと、そしてグループのことまで縦横無尽なふたりの会話をお楽しみください。 M1.M2の2曲を先行配信中!sora tob sakana / alight ep 【収録曲】 M1. Lightpool (先行配信中) M2. 鋭角な日常 (先行配信中) M3. 秘密 M4. Brand New Blue M5. 蜃気楼の国 M6. Lighthouse 【配信形態】24bit/48
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ
・2018年04月20日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》山本キヨシ INTERVIEW : 山本キヨシ(アムリタ・カスタム・ギターズ 店長)1980年代後半、日本のロック界で確固たる地位を築いていたRCサクセション、忌野清志郎。その存在に憧れて音楽業界へと足を踏み入れた者も多かった。今回ご登場いただく山本キヨシさんも、そのひとりだ。現在は渋谷でカスタム・ギター・ショップ「アムリタ・カスタム・ギターズ」の店長を務めつつ、数々のライヴにも携わっている山本さんは、楽器担当スタッフとして忌野清志郎のライヴ、レコーディングには欠かせない存在であり、清志郎のステージのハイライトであった「マントショー」でも活躍したことで知られている。晩年まで最も清志郎の近くにいた人物の1人である彼が語る数々のエピソードからは、音楽家としても人間としても魅力的な忌野清志郎の姿が見えてくる。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys ※文中、作品の括弧内はオリジナル発売日 みんなに対してフラットだったというか、そういう部分が最高に
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode49 ハシヤスメ・アツコ「常に背中を見せ続けられるようにしていたい」
[BISH]・2018年04月20日・【BiSH】Epsode49 ハシヤスメ・アツコ「常に背中を見せ続けられるようにしていたい」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第4回は、ハシヤスメ・アツコの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track List】''1. PAi
by JJ