2011年12月20日、結成一年にしてなんと恵比寿リキッドルームを満杯にしたBiSのOTOTOYシリーズ企画「アイドル・グループ構成員増殖計画」が、2012年、新たな企画を盛り込みリニューアル。まずは、結成当初からBiSを見守るライターの渡辺裕也が12ヶ月連続で彼女たちを様々な切り口でインタビュー。そして、優等生ユッフィーによるコラム「テラシマユフのゆるキャラ大解剖」とマネージャー渡辺淳之介によるBiS応援企画「渡辺淳之介の空も飛べるはず」も同時スタート。OTOTOYは、2012年も彼女たちと共に進むことを決めました。毎月更新するので、毎月見にきてくださいね。そして、みんなでBiSをリキッドルームよりもっと大きなステージで見たいと思うのです。

BiSの新しい一年が幕を開ける

結成当初からの目標だった恵比寿リキッドルームでのワンマン公演を大成功に終え、目まぐるしい活動にとりあえずの一区切りをつけた我らがBiSちゃん達。新しい一年を迎えた彼女達は、次なる目標をすでに定め、また大きく動き出そうとしているようです。とはいえユケことナカヤマユキコの抜穴をどうやって埋めるかは、これからの彼女たちがまずクリアしなければいけない課題として重くのしかかっていることでしょう。ここまでグループを率いてきたプー・ルイは今後の展開についてどう考えているのだろう。そこで彼女に改めてこんなことを聞いてみることにした。「ぶっちゃけ、アイドル・グループのリーダーってどうなの? 」。するとプー・ルイはあまりに彼女らしいリーダー論を語ってくれました。

インタビュー&文 : 渡辺裕也

皆好きなようにやればいいと思う

——そもそもプー・ルイって、BiS以外でリーダー的な立場になることってこれまであったの? 学級委員とかさ。

まったくないですね(笑)。じゃんけんで負けたときくらい。人についていく方が好き。友達同士で群れるときも、あまり目立つほうじゃないし。いまもそこは変わってないと思います。

——じゃあ、BiSでリーダーの自覚がしっかり生まれるまではけっこう時間もかかったのかな。

そもそもやりたくなかったんですよ(笑)。リーダーって、なんかかわいくないじゃないですか。おいしくないというか(笑)。なんとなく自分がやらなくちゃいけないっていうのは、雰囲気でわかってたからなにも言わなかったけど、心の中では、もし年上の人がメンバーに入ったら自分がリーダーじゃなくていいんじゃないかと思ってました。

——リーダーって、具体的にどういう役割があるの?

やっぱり渡辺さん(マネージャー)からの報告は一番早いかも。正直、聞きたくない話もよく聞かされるし。現場では、特にやることはないですね。MCとか司会をやるのは、喋りたいだけで、別にリーダーだからやっているってわけでもないし。

——でも、ユケがリーダーだと思われることを気にしてた時もあったじゃん。

やっぱり私はふわふわして見られますからねぇ。それに、実際にリーダーとしてやる仕事って、表立ったことはないから。スケジュールをメンバーにメールで回したり、それぞれの悩んでいることを気にかけたり。はじめの頃はみんな渡辺さんのこと嫌ってたし(笑)。

——(笑)。最近それいろんなところで言ってるよねぇ。

(笑)。もはやネタですけどね。でも、私もひとりだった時は誰に文句も言えないから、ノートに「死ね」って書いてました(笑)。いま思い出したんですけど、自分がリーダーなんだと思ったのは最初に顔合わせをした時でしたね。だって、みんな年下だし、のんちゃんとりなはむのキャラは明らかにリーダーっていう感じじゃなかったから(笑)。やるからにはがんばろうと思いましたよ。

——リーダーと言えば、プー・ルイは元モーニング娘。の元リーダー、高橋愛が好きだってずっと言ってるよね。彼女のどういうところに惹かれるの?

顔がタイプだったからかな。ブログを見てもアイドルみたいなキャピキャピした感じがなくてかっこいいし。でも、一番はパフォーマンスですね。だって、どうしても目がいっちゃうじゃないですか。歌とダンスと表情、ぜんぶすごい。

ヒラノノゾミ

——いつ頃から彼女のファンになったの?

あ、でもそれはここで(オトトイのオフィスで)「アイドルやりたいです」って話す2ヶ月前くらいです。またハマってきたのがその頃だったんです。モーニング娘。は最初から好きだったんだけど、ミキティが入ったあたりから一時ちょっと離れたんですよね。

——なんで?

なんか、ソロからグループに入るっていうのがちょっとなーと思って。… あ! それ、自分もそうじゃん(笑)!

——(笑)。リーダーとしての高橋愛はどうなの?

記事とかを読むと、どのメンバーも「愛ちゃんがリーダーの時期にいれてよかった」と言ってて。愛ちゃんは、リーダーとしてファンからもメンバーからもすごく愛されてたのがすごいなと思う。愛ちゃんはモーニング娘。をアット・ホームなグループにしたかったんですって。「初対面で見るモーニング娘。の歴史」っていうのがYouTubeにあがってるんですけど、それがけっこう生々しくて。グループの雰囲気がひどい時期もあるんですよね。それはそれで先輩と後輩の関係としていいものだとは思うんですけど。私はそれよりも愛ちゃんみたいな雰囲気の作り方がいいなと思った。だから、ゆふちゃんが入ったばかりの時は、すごく気を使いながら接していましたね。「大丈夫だよ」「がんばろうね! 」「裸とかにはならないから! 」とか、ことあるごとに毎回言ってたんです。でもその頃、"ひょっとこ"のメイクをして写真を撮った時があって。私たち3人はもう裸もやっているから、そんなことぜんぜん笑いながらできてたんですけど、ユフちゃんはそれがすごく嫌だったみたいで。でも、それがお披露目ライヴの直後くらいだったから、「いまさらなんで? 」みたいに思っちゃって、ちょっと接し方が冷たくなっていた時期もありました。

——最近はどうなの?

やっぱり今はユフちゃんとノンちゃんの3人でいる時間が増えたから、会話も多くなりました。

——プー・ルイから他のメンバーに対して要望があったりはなかったのかな。

それは言ったところでしょうがないし、それぞれ好きなようにやればいいと今は思ってます(笑)。でも、最初はみんなに「こういうことはやらないでほしい」とかもありましたね。「私はこういうキャラで、あなたはこういうキャラなんだから! そこで出てこないで! 」みたいな気持ちは、グループを組んだばかりの頃は確かにあった。でもそんなこと関係なく、みんなやりたいことはやっぱりやっちゃうんですよ。それは私にしてもそうで。だからみんな好きなようにやればいいと思うし、実際にそれでBiSは成り立ってきたので。

テラシマユフ

——それぞれ我の強さが出てもOKだと。

我が強くないならそれはそれでいいんです。それより、我が強いのにそうじゃないフリをして、あとで爆発される方が困るから。

私たちの辿ってきた道のりがある

——プー・ルイはBiSを結成する前から、アイドルのもっと生々しい部分を見せていきたいって言ってるけど、それもやっぱりモーニング娘。からの影響が大きいのかな。

私はそれよりもっと見せていきたいんです。そのモーニング娘。の記録映像とかを見ても、この裏にはもっとあるなと思っちゃってて。レッスンで泣いちゃってるシーンとかはよくあるけど、それよりもっとメンバー同士が激しくぶつかりあってるところがきっとあると思うんですよね。BiSではそこまで見せていきたかった。

——なんで?

自分がオタクとして知りたかったから。それに、どんな激しい喧嘩があったとしても、最終的にグループが成功すれば、きっとそれもいい話になっていくと思うから。それで解散しちゃったらどうしようもないけど(笑)。だから、自分たちの成長記録をもっと生々しく見せたいし、見たいんです。

——じゃあ、表立っては見せることはできなかったけど、実はBiSにとってターニング・ポイントになった出来事があれば教えてください。

うーん。初めての大阪遠征で喧嘩した時かな。私が大人気なかったのもあるんですけど、ラジオの収録のあとにリナちゃんと喧嘩になって。だから空気的には私対リナだったんですけど、そこでユケが気を聞かせようとしたら、逆に私がカチンとしちゃって3人で険悪になっちゃって。それで車で帰ろうっていう時にユケが泣き出して(笑)。そういえば、あのあと、メールでごめんって送ったんだっけ。その時に仲直りして車内で撮った動画はYouTubeにあがってますよ。でも、いま考えると、たしかにリアルタイムで揉め事をすべて見せたら、内容がリアルすぎるシーンもあって、よくないなと思って。メンバーの誰かひとりが悪く見えるような場面とかは見せちゃいけないし、実際にBiSもそこまでは見せてないです。

——そういえば南波一海先生(OTOTOYの学校 BiSアイドル研究室の講師)もこの前の授業で、グループは別に仲がよくなきゃいけないわけじゃないって言ってたしね。

仲がいいに越したことはないですけどね(笑)。そういえば今朝ももいろクローバーのあかりんの卒業公演のDVDを観ていて思ったんですけど、たしかに15歳とかそのくらいの年齢のグループなら、友達感覚の関係でもきっとうまくやっていけるんですよね。でも私たちは20歳を超えてるし、それだけじゃやっぱり無理で。意識的に自分の損得を考えちゃう。だから、ももくろファンの中にBiSが好きじゃない人がいるのもわかるような気がします。あの世代の一生懸命さと、私たちの一生懸命さはきっと違うから。逆に言うと、私たちはこのくらいの年齢だからこそ、アイドルを飛び越えたところで活動できるっていうメリットもあって。だからこそ、今まで私たちの辿ってきた道のりがあるんだし、その分できなかったことだってたくさんあると思う。

左からヒラノノゾミ、南波一海、テラシマユフ、プー・ルイ

——もう少し早くアイドル・デビューしていたらと思う?

楽しかっただろうなとは思う。でも、やっぱり今がいいな。こういうグループがあってもいいと思ってます。最近は他のグループを見ていても、変に深読みして、切なくなる時があって。「あの子もみんなから見えないところで、きっといっぱい泣いてるんだろうなぁ」とか(笑)。そういう意味では、BiSは包み隠さず見せている方だと思う。見ていて元気になれるところがアイドルの好きなところだし、それは今も変わらないんだけど、やっぱりメンバーの脱退とかになると、「あぁ」ってなりますね。きっといろんな理由があるんだろうなぁって。で、それは自分たちも経験したことでもあるから、切なくなりますね。

——BiSも、そういうちょっとおセンチな感じで見られることが最近は多くなったじゃない?

そうですね。いま話していて思ったんだけど、私が他のアイドルに対してそういう風に思い始めたのと、みんなもたぶん一緒なんでしょうね。だとしたら、BiSはうまくグループの裏側を見せられているってことだから、それでいいと思う。でも、ライヴだとそういうこと抜きにみんな楽しんでくれていると思うから、それ以外の場面でなにかが起こると感情移入してくれるんじゃないかな。

——そういえば、BiSのライヴでのMCって台本があるんでしょ? それはプー・ルイが作っているの?

BiSが始まったばかりの頃は、ユケか私が毎回作って渡辺さんに見せていたんだけど、ゴールデン・ウィークあたりから毎日のようにライヴがあるようになって、それから毎回はやっぱり無理になってきて。でもリキッドの時はきちんと作ってましたよ。最初の頃は誰も私たちのことなんて知らなかったから、定型文でBiSの説明をして、あとはライヴの告知とか。これはグダッちゃうからやめたんですけど、最初の頃は毎回テーマを決めてしゃべってたんですよね。例えばバレンタインの日だったらみんなでバレンタインのエピソードを話していったり。他のアイドルを見ていてもそういうのが多かったんです。でも、結局それって話が上手にならないとダメだなと思って。それより、私たちにはいい曲があるから、自己紹介と告知とちょっとしたおしゃべりを挟んだら、あとは曲で押していくっていう今のライヴの流れに移行させていったんです。それはもうみんな暗黙の了解で決まって。だから私たちのライヴの構成って、バンドの人たちとかと同じなんですよね(笑)。最近はトーク・イベントとかも増えてきたから、みんながうまくしゃべれるようになってきて、その時にまたライヴの構成を考えてみてもいいかなって。

——今日もそうだけど、あなたは本当によくしゃべるようになったよねぇ。

そうですよねー(笑)。でも、仲がいい幼馴染とかには昔からよくしゃべる方だったんですよ。帰りの電車で一緒になったら、乗っている30分間のうち、少なくとも20分は私がひたすらしゃべってる(笑)。だから、しゃべるのはもともと好きなんだけど、ソロでやっているときは、自分がなにをやっているのかよくわかっていなかったから、なにをしゃべっていいのかもわかってなかったんです。

——いま思うと、ユケを除けば決してしゃべりが得意とは言えないメンバーと一緒になったことが、今のプー・ルイのキャラクターにつながったんだろうね。

私だって決して前に出ていくタイプじゃないですからね。ちょっと話が戻るんですけど、リーダーが嫌だなぁって思ってた時に、お手紙をもらったことがあって。その方は「リーダーとしてのプーちゃんを見て好きになったので、これから推していくことに決めました」と書いてくれてて。それでちょっと吹っ切れたのかな。やっぱり悩んでたんですよ。自分のキャラも汚れになっちゃったし、「ソロの方がアイドルっぽくてよかった」っていう意見も当時はけっこうあったから。でもその時に「初めてBiSで推された! 」と思ってからは、ちゃんとリーダーをやっていこうって思えたんですよね。逆に「リーダーだからやらなきゃ」っていう気持ちが強くなりすぎた時もあって。それでちょっと孤立した時もあったな。だから私、いちいち極端なんですよね(笑)。今はあんまり考えないでやれている時期です。愛ちゃんがインタビューで「私はダメなリーダーで、みんなが支えてくれているんです」と話している記事を読んだ時があるんですけど、それはすごいなぁと思いました。パフォーマンスは誰が見たって愛ちゃんが一番なのに。そういう人になりたいなぁ。自分から言わなくても、回りのみんなから尊敬してもらえるようになりたい。

——そういう意味だと、プー・ルイのパフォーマンス力はどう(笑)?

ぜんぜんだめ! だからみんなになにも言えない(笑)。歌とダンスのレベルはこれからどんどん上げていかなきゃなぁ。

12ヶ月連続企画第1弾! テラシマユフのゆるキャラ大解剖

はじめまして、「新生アイドル研究会 BiS」の優等生担当、ユッフィーことテラシマユフです。今回、私の大好きな「ゆるキャラ」についてOTOTOYさんで連載させていただくことになりました! 嬉しいなぁ♪ ということで、まずは「ゆるキャラ」とは何なのか、ご説明したいと思います。

「ゆるキャラ」という言葉の考案者が誰なのかははっきりしていませんが、この言葉を一般に広めたのはイラストレーター等として活躍中のみうらじゅん氏であるといわれています。(ちなみに「ゆるキャラ」という言葉は扶桑社とみうら氏によって商標登録されています。)みうら氏の挙げる「ゆるキャラ三か条」は以下の通りです。

1、郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性があること。
2、立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること。
3、愛すべき、ゆるさ、を持ち合わせていること。

さらに、「原則として着ぐるみ化されていること」も条件に加えられるそうです。このみうら氏の原則に従うと、企業が考案したキャラクターは「ゆるキャラ」に含まれないことになりますが、実際には、NTT docomoの『ひつじのしつじ』やJR東日本の『Suicaのペンギン』等に対して「ゆるキャラ」という呼称が使われることもあり、その線引きは曖昧となっているのが現実です。ゆえに、この呼称が可愛いキャラクター全般を指して使われることもありますが、たとえばディズニーのミッキーやサンリオのハローキティ、サンエックスのリラックマのように、それ自体が独立しているキャラクター達は基本的に「ゆるキャラ」には含まれないようです。あくまでも、地域なり企業なりとセットで扱われるのが「ゆるキャラ」なのですね。

ところで、ゆるキャラとアイドルって、実は共通点がたくさんあると思うのです。まずは、なんといってもその「かわいらしさ」。ゆるキャラもアイドルも、見ている方が思わず笑顔になってしまうくらいかわいい存在です。続いて、「一生懸命さ」。アイドル達がチャンスをつかむため一生懸命自己アピールするのと同様、ゆるキャラ達も、自分の出身地域や企業をPRするため、一生懸命に活動しています。Twitterやブログで積極的に宣伝したり、地方遠征したり… その姿はまるでローカル・アイドル! さらに、年に1度、ゆるキャラの聖地彦根で開催される『ゆるキャラグランプリ』。日本中のゆるキャラが集い、投票によってそれぞれの順位が決定されるこのイベントでは、AKB48さんの総選挙さながらの熱い闘いが繰り広げられるのです。

いかがでしょうか? ゆるキャラ界は今、アイドル戦国時代に負けない盛り上がりを見せており、まさに「ゆるキャラ戦国時代」! 次回からは、そんな大変な時代の中、特に頑張っているゆるキャラ達をテラシマの独断と偏見でフューチャーし、ご紹介していきたいと思います。大好きなゆるキャラ達の魅力をお伝えできるように頑張りますので、これからどうぞよろしくお付き合いください。(Text by テラシマユフ)

12ヶ月連続企画第2弾! BiS応援企画が始動!「渡辺淳之介の空も飛べるはず」

2011年末にリキッドル—ムでのライヴを成功させたBiS。そんな彼女達を結成当初から見守り続け、今も裏方として引っぱり続けているBiSのマネージャーこと渡辺淳之介が、2012年のBiSの躍進を願う企画をスタート。その名は「渡辺淳之介の空も飛べるはず」。行き当たりばったりの本企画ですが、BiSをリキッドまで引っ張り上げた彼のこと。決して最後には泣かしてくれるでしょう。苦笑いしながらお楽しみください。

撮影場所 : 2012年1月19日@東京 代々木公園

「おみくじ的! 高音質ライブ音源付きオリジナル・ポストカード」を入手せよ!

BiSのリキッド・ルーム・ワンマン・ライヴでも販売した、BiSの特製オリジナル・ポストカードをOTOTOYでも販売します! このポストカードには、2011年11月13日の渋谷WWWのBiSのライヴ音源と、各メンバーの目覚ましボイスがついています。ポストカードの写真と目覚ましボイスの種類は、おみくじ仕様。どれがあたるかは、届いてみないと分かりません。WWW.BiS/1から5まで、好きな番号を選択して、2012年を占ってみてください。ライヴ会場に来れなかった方も、ライヴ会場では買えなかった方も、コンプリートしたい強者も是非ご購入ください。

まずは『WWW.BiS/1〜5』のどれかを購入し、目覚ましボイスのver.2(ver.1とは別ヴァージョン)を入手。数日後、ポストカードがあなたの元に送られてくるので、そのポストカードに記載されているパスコードを入力すれば、11月13日の渋谷WWWでのライブ音源と、目覚ましボイスのver.1を入手出来ます!

<ポストカードとライブ音源(+目覚ましボイスver.1)の入手方法>

「おみくじ的! 高音質ライブ音源付きオリジナル・ポストカード」を購入する。

各アルバムごとに違うメンバーの目覚ましボイスver.2を入手!

OTOTOYに会員登録されているあなたのメール・アドレス宛にメールが届きます。

そのメールにポストカードを送って欲しい住所を記入して返信。

数日後、ポストカードがあなたの手元に! 5種類、全部違うヴァージョン!

届いたポストカードに記載されている16桁のパスコードをOTOTOYのサイト右上にある、passcordの欄にいれると...

このポストカードでしか手に入らない11月13日の渋谷WWWでのライブ音源と、目覚ましボイスのver.1を入手! しかも何故か高音質! やった!

※OTOTOYへの会員登録が必要となります。twitter会員の方は、本会員登録が必要となります。
※ダウンロードができない、メールが届かないなど、不具合が発生した場合はinfo(at)ototoy.jpまでご連絡ください。

ポストカードに記載されているパスコードでダウンロードできる音源は、BiSの2011年11月13日@渋谷WWWの高音質ライブ音源と目覚ましボイスver.1!

WWW.BiS/1〜WWW.BiS/5


収録内容 :
01. My Ixxx
02. animal
03. MC-01
04. I'm coming!!
05. マグノリア
06. Give me your love 全部
07. MC-02
08. nerve
09. 目覚ましボイスver.1

※ライブ音源は、WWW.BiS/1からWWW.BiS/5まで共通となります。
※09曲目の目覚ましボイスver.1は、各ポストカードの絵柄に連動した目覚ましボイスとなっています。

EVENT INFORMATION

第三回SHELTER異種格闘 2012
2012年1月30日(火)@下北沢THELTER
BiS、バックドロップシンレデラ、and more
OPEN : 19:00 / START : 19:30
ADV : 2,300 / DOOR : 2,800(1DRINK代別)

太陽を盗んだOTOCOたち vol.2
2012年2月4日(土)@渋谷Milkyway
(M)otocompo、エイプリルズ、BiS、EZYPT(O.A.)
OPEN : 18:00 / START : 18:30
ADV : 2,300 / DOOR : 2,800(1DRINK別)

OTOTOYアイドル研究室の後期講座進行中!

講師 : 南波 一海
期間 : 2011年10月〜3月 (1クール全6回)
受講料 : 12,000円 (税込)
定員 : 35人
募集期間日時 : 2011年09月05日 〜 2011年10月18日

<講座スケジュール>
2012年02月21日 (火) 20時00分 〜 22時00分 (120分)
2012年03月20日 (火) 20時00分 〜 22時00分 (120分)

カリキュラムについて(南波一海アイドル研究室長より)

前期の講義内容を踏まえ、アイドルをより多角的かつ深く掘り下げることでBiS—新生アイドル研究会の“アイドル研究”の側面を一層強化し、歌唱、ダンス、見せ方 / 魅せ方といった要素についての知識と教養、“総合的なアイドル力”を養うことを目的とします。これまで同様に折々の新譜について解説 / 批評していくほか、過去の歴史やローカル・アイドルといったトピックも積極的に取り上げていきたいと思います。また、BiSという最前線(? )で戦う現役のライブ・アイドルならではの即時性を生かし、講義内での研究結果をライブや会場で実践・検証できればと考えています。
と、ここまで書いておきながらこの講義そのものも“現場”であることに間違いはなく、始めてみると思いがけない展開が次々と待ち受けているはずなので、皆さんで楽しく研究室を作っていければと思います。

詳しくはオトトイの学校HPから↓↓↓

BiSプロフィール

プー・ルイ
BiSのリーダー兼ヨゴレ担当。現在女子大学3年生。中学時代からバンド活動を開始。2009年11月4日に第4回レコチョク新人杯に「限られた時間の中で☆」が最終ノミネートされソロでデビュー。20110年6月23日に自身のファースト・ミニ・アルバム「みんなのプー・ルイ」をリリース。

ヒラノノゾミ
秋田出身。きりたんぽうめえよ。秋田のことなめたらのんのんのん。BiSのマイペース担当。現在のアンダー・グラウンドな音楽情報を貪欲に集めるサブカル・ガール。好きな音楽は神聖かまってちゃん、黒猫チェルシー、FALL OUT BOYとロック、オルタナティブに造詣が深い。また、K-popとMADONNNAも好き。

テラシマユフ
BiSの優等生担当。トップ私立大学在籍の才女。スタッフ間ではなぜBiSに入ったのか疑問の声も多い。歌唱力は抜群。ダンス歴も長く、今後の活躍に期待が持たれる。

BiS Official Web

※HP移転先
http://www.brandnewidolsociety.org/

BACK NUMBER

vol.1 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

vol.2 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

vol.3 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

vol.4 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

vol.5 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

vol.6 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

vol.7 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.7 -『エレガントの怪物』-

vol.8 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.8 -初レコーディング作品フリー・ダウンロード開始!

vol.9 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.9 -BiS初のフル・アルバムが、2011年3月23日発売決定!-

vol.10 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.10 -1st フル・アルバム『Brand-new idol Society』先行配信開始!-

vol.11 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 -待望の初アルバム『Brand-new idol Society』配信開始!

vol.12 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.12 -アイドル・グループ構成員増殖計画セカンド・シーズンスタート!

vol.13 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.13 -中野heavy sick zeroのワンマン・ライブ!

vol.14 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.14 -BiS次回作の一斉楽曲コンペ開催決定!!

vol.15 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.15 -BiSとtengal6のコラボ楽曲フリー・ダウンロード!

vol.16 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.16 -号外! BiSからヨコヤマリナが電撃卒業!

vol.17 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.17 -リナハムありがとう!衝撃のPV公開!

vol.18 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.18 -7月9日下北沢shlterで新メンバー発表!-

vol.19 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.19新メンバーテラシマユフ入学式-

vol.20 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.20 -渋谷WWW目前プー・ルイ、インタビュー-

vol.21 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.21 -渋谷WWW「BiBフェス! 」ライプ・レポート!!! -

vol.22 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.22 -「怒髪天のハロウィン 百鬼フェスティバル」にBiSが登場っ!!!-

vol.23 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.23 -怒髪天にBiSが突撃インタビュー&ライブ-

vol.24 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.24 -売り切れ続出! タワーレコード限定シングル発売開始!-

vol.25 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.25 -テラシマユフへインタビュー! 優等生が見せた葛藤-

vol.26 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.26 -リキッド・ルーム・ワンマン目前メンバー・インタビュー!-

vol.27 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.27 - 満員御礼! BiSリキッドルーム・ワンマン・ライブ!

o

 
 

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回
[REVIEW]・2017年10月11日・ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回 今年も残り3ヶ月、気がつくとあっという間に年末がすぐそこまで来てますね〜。ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載、「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で9回目です! 先月はキレのあるFebbのラップが帰って来た、GRADIS NICE & YOUNG MASによる共作『L.O.C -Talkin About Money- 』、そして先日の日本での初ライヴを披露したNY在住の日系若手ラッパー・MIYACHIを取り上げました。そしてもちろん今月は、全てのヒップホップ・ヘッズたちが待ちに待ち焦がれたPUNPEEのファースト・アルバム『MODERN TIMES』特集! 斎井によるレヴューの熱量もかなり高めに仕上がっております! ぜひ一読を! みんな待ってた! 待望のソロ1st!!PUNPEE / MODERN TIMES'【収録曲】1. 20572. Lovely Man3. Happy Meal4. 宇宙に行く5. Renaissance6. Scenario (Film)7. Interval8. Prid
by 斎井 直史
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode41 アユニ・D「BiSHの存在を知ってもらいたい」
[BISH]・2017年10月09日・【BiSH】Epsode41 アユニ・D「BiSHの存在を知ってもらいたい」 2016年10月にメジャー・ファースト・アルバム『KiLLER BiSH』をリリース、2017年7月22日には幕張メッセ・幕張イベントホールで開催された全国ツアー・ファイナル〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“〉を7,000人の観客を集め大成功させた“楽器を持たないパンク・バンド”BiSH。セブン‐イレブンのおでんCMを歌ったり、音楽ファンを越えて浸透しはじめている彼女たちの6周目となるメンバー個別インタヴュー掲載。第2回はアユニ・Dへのインタヴューをお届けする。 BiSH初のミニ・アルバムをハイレゾ配信中 BiSH / GiANT KiLLERS'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 750円【Track List】1. GiANT KiLLERS 2. Marionette 3. Nothing. 4. 社会のルール 5. VOMiT SONG※アルバムをまとめ購入いただくと、デジタル・ブックレット
by JJ
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode40 セントチヒロ・チッチ「未来を見据えるというよりは、今をどれだけ必死にやるか」
[BISH]・2017年09月22日・【BiSH】Epsode40 セントチヒロ・チッチ「未来を見据えるというよりは、今をどれだけ必死にやるか」 2016年10月にメジャー・ファースト・アルバム『KiLLER BiSH』をリリース、2017年7月22日には幕張メッセ・幕張イベントホールで開催された全国ツアー・ファイナル〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“〉を7,000人の観客を集め大成功させた“楽器を持たないパンク・バンド”BiSH。セブン‐イレブンのおでんCMを歌ったり、音楽ファンを越えて浸透しはじめている彼女たちの6周目となるメンバー個別インタヴュー掲載。第1回はセントチヒロ・チッチのインタヴューをお届けする。 BiSH初のミニ・アルバムをハイレゾ配信中 BiSH / GiANT KiLLERS'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 750円【Track List】1. GiANT KiLLERS 2. Marionette 3. Nothing. 4. 社会のルール 5. VOMiT SONG※アルバムをまとめ
by JJ
D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!
・2017年09月15日・D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く! ということで、ひさびさ登場「D.A.N.の新譜放談」、今回は少々趣向を変えまして「特別番外編」と題し、マウント・キンビー新作『Love What Survives』にフォーカスしたいと思います。こちらは4年ぶりにリリースされた新作。この新作を提げて10月の頭には、D.A.N.も出演の朝霧JAM、そして東京、大阪での単独来日公演(まだ間に合う!)も控えている彼ら。音楽性に、彼らに大きな影響をうけたというD.A.N.の3人に迫ってもらいました。D.A.N.といえば、年末に向けたワンマン・ツアーも。こちらいまや完売必至。一般発売は9月23日(土)となりますので、お忘れなく (詳しくは記事後半の告知にて)! それではレッツラ行って見ましょう! 取材 : 河村祐介 Mount Kimbie / Love What Survives(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Four Years and One Day02. Blue Train Lines (feat. King Krule)03. Audition04. M
by 河村 祐介
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回
[REVIEW]・2017年09月11日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回 8月も終わり、夏もじわじわと過ぎ去りつつある今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか? 先月は「夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書」ということで、北千住を根城に活動するマイク集団・VLUTENT ALSTONESのクルーとして初となる作品『2017』と一十三十一の約2年ぶりとなるアルバム『ECSTASY』、そして新しく創刊されたヒップホップ専門誌「FRESTA(フリスタ)」を紹介いたしました。今月は先日リリースが発表されたばかりのあのアルバムをリリース前に一早くレヴュー掲載! オトトイでも配信予定なので記事を読んで気になった方はそちらもぜひチェックお願いします! 第8回 GRADIS NICE & YOUNG MAS 『L.O.C -Talkin About Money- 』 今月はリリースが楽しみで仕方ない1枚を先走って紹介します。 GRADIS NICE & YOUNG MASによる『L.O.C -Talkin About Money- 』。全編GradiceNiceの曲にFebbのラップで
by 斎井 直史
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回
[REVIEW]・2017年08月10日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回 東京は亜熱帯になってしまったんでしょうか? 嫌な湿気と暑さですっかりバテてきてる感じですが、まだまだ暑さは続きそうです。ですが今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」は元気にいきますよ! 先月は「気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚」ということでAlfred Beach SandalとSTUTSによる共作ミニ・アルバムと神奈川を拠点とするヒップホップ・グループ・CBSの初CD作品、そして話題のフィメール・ラップ・デュオ・chelmicoのメンバーである鈴木真海子のソロ作をピックアップしました。気になる今月は音源に加えて、雑誌も1冊紹介してくれるみたいですよ! Don't miss it! 第7回 夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書 8月に入っても梅雨みたいな天気が続き…なんて書いていたことが懐かしくなる事を祈ってます。先月膨らませた夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書を1冊セレクトしました! まず、1枚目。VLUTENT ALSTONES『2017』。Playboi Cart
by 斎井 直史
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回
[REVIEW]・2017年05月11日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第4回 桜咲く4月もあっという間過ぎ去り、早くも5月。夏に向かってじわじわと気温も上がってきている今日この頃ですが、今月もHIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」いきますよ〜! 先月は『So Sophisticated』をリリースしたFla$hBackS、DOGGIESのFebbを迎えての本人解説によるパンチ・ライン特集ですが、今月は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」をピックアップ! 残念ながら今作はOTOTOYでの扱いは無いのですが、ページの下の方に名古屋産・ヒップホップをいくつかチョイスしたのでコラムと共にそちらも是非。では今月もいきましょ〜!! 第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」 平日は忙しくてもニュースを観るのに、連休中は時間があってもニュースはそんな観ない。これって自分だけですかね。とはいえGW中にニュースを観なくとも、隣国
by 斎井 直史
*ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回
[REVIEW]・2017年07月10日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回 暑い! 暑い! 暑い! 最近の東京はジメジメと暑く、いよいよ夏本番がすぐそこに来てるという感じですが、いかかがお過ごしでしょうか? この斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」も6回目ということで掲載から半年! これからも細く長く続けていければと思っております! さて、先月は「#超WAVYでごめんね」というキラー・フレーズが話題を呼んでるJP THE WAVY(例の楽曲、SALUもリミックスしてましたね)と、先月待望の初来日を果たしたDC出身のラッパーGoldlinkを取り上げましたが、今月はすでにやってきているうだるような暑さも忘れられるような気持ちいいアルバム3枚をピックアップしてるみたいですよ!(2ヶ月ぶり、今月はOTOTOYでも配信があるぞ!) 第6回 気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚 ちょっと買い物に外を出た瞬間、ワクワクするような夏の空を不意に見つけて胸が高ま…りたい。 海へ向かう車内で曲を流し、「これ最高だよなぁ〜」なんて友達に言わ…せたい。 そんな気持ちのいい夏
by 斎井 直史
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事