いやぁ、これはきましたね。こういうサウンドが存在感を発揮し始めると、ポップスの世界は一気に活気づいてくるのだ。ドイ・サイエンスという名の4人組が現在のシーンにもたらすもの。それはグルーヴの革新である。2本のギターに、ベースとドラムという、ロック・バンドとしては極一般的なフォーマットに、メロディとコーラス・ワークが渾然一体となったポリリズミックな演奏が展開していく。

つまり彼らの楽曲はどれもかなり複雑な構造を持っているということなんだが、それがいわゆるマスロックのように知的興奮を刺激するわけではなく、むしろ脳みそをつるっつるにして、関節がぐにゃんぐにゃんにさせられたような、ちょっとふざけた脱力感に溢れているのが、なんとも最高。なにより耳を通過した時に残るインパクトがとても新鮮なのだ。今回のリリースを機に、この熊本発の奇妙なグルーヴを模倣しようとするバンドが全国で増えていくんじゃないかとちょっと期待しつつ、そう簡単に真似できるもんじゃないというのは、今回の取材に応えてくれた、バンドの中心人物であるキヨタの発言に目を通してもらうとよくわかると思います。いや、これはすごいわ。

インタビュー&文 : 渡辺裕也

アバンギャルドなシティ・ポップ? Doit Scienceが提示する新たな聴覚体験

Doit Science / Information

九州は熊本にて、10年に渡って活動する4人組。緻密かつ反復的かつ脱力的かつエネルギッシュなアンサンブルで観る者聞く者をかつてない快楽へと誘う。一度体験するとクセになるパフォーマンスと、DIY魂あふれる活動に魅せられ、バンドマンの間で、「九州行くならDoit Science」というドイ中毒患者多数発生中。

【価格】
mp3 単曲150円 / アルバム1200円
WAV 単曲200円 / アルバム1600円

最終的には予想と違う方向にいくことがほとんど

——サウンドもさることながら、バンド名のインパクトがすごいですね。ドイさんって一体どんな方なんですか。本人がいないところで聞くのもあれですけど(笑)。

まあ、言ってしまえば結構ダメなタイプの人間ですね。8年間大学に籍を置いて辞めるみたいな、そういうタイプです(笑)。まあ、僕も5年半で辞めてるんですけど(笑)。熊本に〈カラー・フィールド〉という中古レコード屋さんがあって、うちのメンバーや知り合いはみんなだいたいそこの常連だったんです。ドイちゃんともそこで知り合って。

——その付き合いがバンドの結成にまで発展したのは、お互いの音楽の好みやプレイヤーとしてのセンスも関わっているのでしょうか。

それはまったく関係なくて、まず名前ですね(笑)。ちょっとここはなかなか伝わらないところなんですけど、ドイちゃんの見た目や音楽的な趣味も含めた人となりと、ドイという名前にすごくギャップを感じてしまってですね(笑)。まあ、これは僕のもつドイという名前のイメージにすぎないんですけど。

——キヨタさんがその前に活動されていた“鬼☆弁慶”というバンドもまた、すごい名前ですね。

(笑)。それとはまた別で、割とUSインディっぽいバンドもやってたんですよ。それがちょっと活動しにくくなったタイミングの時に、ちょうどドイちゃんと出会ったので、それをきっかけにして結成したという感じです。

左から山口、土井、小野、清田

——もともとはドイチャンズ(Doit Chance)という名前で活動をスタートさせたそうですね。かなりドイさんありきなバンドだというのは強く感じるのですが、音楽的な部分はドイさんがイニシアチヴを持っているわけではないんですね。

それはまったくないですね(笑)。ドイちゃんはほとんどギターが弾けなかったんですよ。最初は、比較的整ったアンサンブル・ロックの歌ものみたいなのがやりたかったんですけど、技術的に難しかったんです。ちょうどポスト・ハードコアとかが流行っていた時期だったので、ブレイド(Braid)とか、〈ポリヴァイナル〉あたりのレーベルから出ていた音楽がすごく好きだったんです。あとはルナ(Luna)とか。複雑な歌ものですね。

——いまのバンド・サウンドに至るまでは紆余曲折があったんですね。

とにかくうまく演奏できるメンバーが誰一人いなかったんですよね。だから最初にやろうとしていた、そういう歌もののロックがなかなかうまく形にできなかった。技術的に無理だったんです。そこから、演奏力があまり関係ないような音楽をなんとか作れないかと考えるようになって。あと、ヤマグチくんがベースをフレットレスにしたこともあって、もはや普通の音楽ができない状況になったんですよね(笑)。いまだにヤマグチくんは8ビートが弾けないんです。

——技術的に無理だったとおっしゃりますけど、実際にドイ・サイエンスの音楽を聞いて、ヘタだと感じる人もそういないと思うのですが。むしろその8ビートを基調としたような音楽を演奏している人に、この音楽は間違いなく演奏できないですよ。どちらかというと、プレイヤーとして少し変わった特性を持つメンバーが集ったバンドだと捉えていました。

(笑)。普通の音楽ができないとなった状況で、逆にそれを生かす方向で考えることに向かったことは、確かに自分たちにとってはいいきっかけだったんだと思います。

——そこで新たなアイデアを出すために、なにか参考になったものがあれば教えていただきたいです。

なんだろう。普通のビートを効かせたものができない分、隙間をなるべく生かせるようなものにしようと考えていたとは思うんですけど。基本的に僕はアメリカの音楽が好きなんですけど、それ以外にも南米モノだったり、いわゆるレコメン系と呼ばれるヨーロッパのプログレとかも好きなので、その辺からの影響もあったかもしれません。

——僕はキャプテン・ビーフハートなんかも連想しました。たとえば彼はあのサウンドを譜面に起こして演奏していたそうですが、みなさんの場合は、そういった演奏に関するかなり具体的なやりとりがあったりするのでしょうか。

僕らの場合は、ひとつのフレーズ自体はすごく簡単なんですけど、その節回しなんかがすごく難しくなっちゃうんです。だから反復練習をものすごくやるんです。それこそ30秒くらいのものを、身体が覚えるまで1時間くらいずっと繰り返してみるんです。

——それはとても根気のいる練習ですね。つい音を上げてしまいそうですけど。

なので、できるだけ面白いことをやろうとしてます。メンバーそれぞれ仕事なんかもあるので、スタジオに集まる時もけっこう疲れている状態が多いんですよね。だから、できるだけ演奏していて楽しくなるようなものを作るように考えています。

——その反復でも楽しめるようなものとは、具体的にはどういうものなのでしょうか。

僕たちのツボとしては、バカバカしさとかそういうところが大きいのかな。「なんでここにこんなのが入るの!? 」みたいな感じですね。レジデンツ辺りからの影響もあるかもしれないです。あとはなんか無駄な感じがするもの。「なんでこれもう1回やっちゃったの!? 」とか、そういうものがあると演奏していて笑えるんですよね。あと、特にベースなんかでよくあるんですけど、たまたま練習でテキトーに弾いてたフレーズが面白くて、そこに引っ張られていくこともよくあります。最終的には予想と違う方向にいくことがほとんどですね。

完全に身体の感覚でできるようになりたい

——4人の音楽的な好みはかなり重なっているのですか。

最近はあまりそういう話もしなくなりましたねぇ。幸か不幸か、みんなそれなりに大人になって、新鮮な気持ちで聞ける音楽が少なくなってきているんです。要は今までずっと聞いてきたものが自分の中である程度データベース化されちゃってるので、新鮮さをもって聞ける音楽がそんなになくなっちゃってるんですよね。だから、各々が新鮮さを感じるツボみたいなものが、昔だったらUSインディとかで大きく区切られていたんですけど、いまはそれとは違う方向に変わってきているかもしれない。

——ドイ・サイエンスの音楽を聞いたときにまず鮮烈だったのが、あのパーカッシヴなヴォーカルの使い方でした。あれはなにかヒントになったものがあるのでしょうか。

たぶん南米の音楽なんかだとは思います。そうだな。トン・ゼー(tom ze)っていう人がいるんですけど、それとかはあるかもしれません。でも、どうなんだろう。考えたことなかったかも。でも、あれに関しても、やっぱりバカバカしい感じがするというところがいいんです。

——アルバム1曲目のタイトル(「sweet death」)ですが、これ、腹上死という意味なんだそうですね。初めて知ってびっくりしました。

びっくりですよね(笑)。飲み会のネタ話として「これは曲にするしかないだろう! 」とか言ってたら、本当に作っちゃって(笑)。

——言葉の響きとしてちょっとロマンチックな感じがしますが、これをタイトルに持ってくるというのは、ちょっとしたバンドのステイトメントにもなっているのでしょうか。

それは… どうなんでしょうね(笑)。

——たとえば、演奏していてカタルシスに到達する瞬間があるじゃないですか。それとこの「sweet death」という言葉が意味する感覚には、共通するものがあったりするのかなって。変なことを聞くようで申し訳ないですけど(笑)。

僕らにそういう意識はないんですけど、たしかにそういうことをたまにライヴとかで言われることはあって。歌詞もよく曲解されるんですよね。

——たぶん、このリズム・ワークの、ちょっと禁欲的というか、ねちっこくて行き切らない感じが、そういうイメージを喚起するんだと思います。でもご自身はあまりそういう意識で音楽に接することはないと。

僕はあまりないです。それに、あんまり僕は執着するタイプじゃなくて。たとえば、特定のアーティストを崇めたりすることが僕はないんですよ。分析することはあっても、そこに陶酔したりすることはないんです。

——では、皆さんが活動拠点としている熊本の環境は、みなさんの音楽にどんな影響を与えているのでしょうか。

地方都市ってどこもそうだとは思うんですけど、音楽をやるにあたっては、決していい環境とは言えないですね。ライヴをやる場所もないし、バンドも聞いてくれる人も少ない。となりの福岡に行くと、状況はだいぶ変わってくるんですけどね。

——みなさんは〈アート・ブレイキー(Art Blakey)〉というイヴェントも主催していて、このイヴェントを通していろんな音楽を熊本で紹介する窓口にもなっていますよね。地方でこういうイヴェントを続けていくのは、それなりの苦労もあったと思うのですが。

そうですね。このイヴェントは別に熊本がどうこうではなく、単純に自分の好きなバンドを紹介したいというのと、ツアーをやりたいと思っているアーティストのサポートをしていきたいという気持ちからやっているんですけど。お客さんが集まらない時は本当に多かったです。アーティストを呼ぶにしても、そのアーティストの情報があまり届いてきてないから、集客に関してはどうしても厳しいことが多かった。場所も宣伝するメディアのないような状況で広めていくには、なかなかの時間がかかりましたね。それもここ数年で多少はよくなってきた感じはあって、いろんな人を呼びやすくなってきてはいます。

——アルバムの『Information』というタイトルにすごく含みを感じるのですが、ここにはどんな意味が込められているのですか。

なんというか、いまをすごく表した、象徴的な言葉に思えたんですよね。情報の重要さとくだらなさをすごく感じる時期だったというか。情報って、実際はそんなに価値もないし、参考程度にもならないんじゃないかと思うことがよくあって。「Information is just a needle」という、歌詞もなくてコーラスの掛け合いだけで終わる曲があるんですけど、あれはまさにそういうタイトル通りの感覚からきています。結局情報なんてそんなもんなんじゃないかっていう意識があって。

——ひとつ前のアルバムが『technology』だったことと関連はあるのでしょうか。

もちろんありますよ。ITですね(笑)。まあ、これもシャレなんです。ただ、シャレにするためにはちゃんと客観的な視点から考えてみる必要もあって。

——俯瞰した視点をもつことが重要だと?

その俯瞰した視点すら怪しまなきゃいけないんです。たとえば、そうですね… ちょっとややこしい話なんですけど、さっきも少し話にでた、"拍"というものがあるじゃないですか。僕はあれがどうも納得いかなくて。あの存在自体が納得いかないんです(笑)。というのは、もともと人間の意識に拍とか目盛りみたいなものなんてないんじゃないかと思うんですよ。なのに、人はそれを音楽が流れた時に感じちゃうんですよね。それが腑に落ちないんです。だから、聞いている人はともかく、演奏している我々としては、その目盛りみたいな感覚をなくしたいと思っていて。だから反復練習を続けているんです。拍子を数えながらやるんじゃなくて、完全に身体の感覚でできるようになりたいんです。

——実際にその感覚が抜けていく実感はあるのですか。

やっぱりずっと反復を続けていくと、できるようになるんですよ。ひたすら続けていくと、考えなくてもできるようになっていくんですよね。

——もはや練習というより修行に近い感じがしますね(笑)。

そんなことはないですよ。楽しいので(笑)。遊んでいる感覚でそんなことをやってるんです。

——たとえばエディットしてベスト・テイクをつないでいくような方法ではだめなのでしょうか。

逆に、エディットしたみたいなものを生演奏でやりたいんですよね。それも人間にしかできないことですから。すんごく難しいんですけど、人ってひたすら繰り返していると、案外できるもんなんですよね(笑)。

LIVE INFORMATION

ぷよぷよ28
2012年4月19日(火)@熊本 Django
w / PODD / the coopeez(京都) / 子豚のペロ

東京BOREDOM in E.K.!!!!!
2012年4月22日(日)@東高円寺二万電圧×東高円寺U.F.O.CLUB×満州王(中華料理店)×Cogee Corner(民家)
OPEN / START : 12:00 / 13:00
adv / door : 2,500yen / 2,800yen(+1D)

Doit Science 2nd Album『Information』 release party
2012年4月23日(日)@代官山 晴れたら空に豆まいて
OPEN / START : 18:30 / 19:00
adv / door : 2,500yen / 2,800yen
予約 : & records(info@andrecords.jp)

RECOMMEND

moools / Weather Sketch Modified

トータル・タイム65分というバンド史上最長アルバム。生粋のライヴ・アクトであるモールスが4年をかけて熟成し、最早ライヴ・クラシックと化した全12曲を収録。OGRE YOU ASSHOLE『アルファベータ vs. ラムダ』、YOMOYA『Yoi Toy』を手掛けたプロデューサー斉藤耕治&エンジニア多田聖樹の不動のプロダクション・チームとの共同作業による丹念な制作に加え、ブレント・アーノルド(Modest Mouse、Quasi他)、さや(テニスコーツ)やRyo Hamamotoなどのゲスト参加も作品にカラフルさを与えている。

>>>『Weather Sketch Modified』のインタビュー特集はこちら

マッカーサーアコンチ / 感受性ドン

マッカーサーアコンチ待望の1st full Albumは、ライヴで人気の楽曲をまとめた、まさにベスト・オブ・マッカーサーアコンチ的内容。プロデュースは8otto、モーモールルギャバンや海外アーティストを多く手がけるヨシオカトシカズ。

>>>『感受性ドン』のインタビュー特集はこちら

Owen / GHOST TOWN

日本でも確固たる人気と評価を得るOwenの6作目のアルバム。更に磨きをかけた元々のOwenサウンドと、近年の様々な活動が結実した新たなOwenサウンドを感じることが出来る傑作。今作の日本盤ボーナス・トラックにはThe SmithやWilcoのカヴァーも収録。6作目にしてまたも傑作が生まれた。

>>>『GHOST TOWN』の特集はこちら

PROFILE

Doit Science
2002年春、熊本にて、ノイズ/インプロ・ユニット"鬼☆弁慶"が、ナイーヴな駄目青年ドイの更生をもくろみ、無理矢理バンドに巻き込む形で結成される。 よって当初のバンド名は、「Doit Chance/ドイチャンズ」であった。音楽性も、彼のパーソナリティを反映させるべく、Galaxie500~Luna的なナイーヴ・ロックを標榜していた。しかし、あまりの演奏力の無さと、なによりもドイ自身の更生への意思の弱さ、更に、ミック・カーンをフェイヴァリットに挙げるベースの山口が、ベースをフレットレスに改造したため、音楽性の変更と、それに伴いバンド名の変更を余儀なくされる。「ドイ・サイエンス」改名後は、"レッド・クレイオラmeetsレッド・ツェッペリン"的アンサンブルを夢見て、グダグダのテクスチャーと無闇なコーラスの反復練習に励んでいる。2007年11月、自主レーベルmellowsounds worksより1st Album『Technology』を発表。 2010年4月、OWENとTim Kinsella(Joan of Arc)と共演した博多住吉神社能楽殿でのアコースティック・ライヴを収めたCD-Rを発表。 2011年4月、& recordsの東日本大震災ベネフィット・コンピに参加。自主企画"Art Blakey"を主催。アート不毛の地・熊本にて、国内外から有名無名問わず、オブスキュアで刺激的なアーティストを多数招聘。これまでのゲストは、FLUID、elevation、Teppohseen、ヨルズ・インザ・スカイ、Accidents in too large field、Micchel Doneda、山内桂、velocityut、California Dolls、一楽まどか、雅だよ雅、d.v.d、工藤冬里(Maher Shalal Hash Baz)、Fresh!、ドラびでお、勝井祐二、山本精一、RUINS alone、COMBOPIANO、テニスコーツ、電子卓上音楽団、nhhmbase、the guitar plus me、miyauchi yuri、Autumnleaf、worst taste、マクマナマン、Lawrece English、KIRIHITO、PANICSMILE、百景、awamok、Rachael Dadd、Ichi、いんぱらのヘソ、ヒゲの未亡人、cokiyu、倉地久美夫+外山明、アニス&ラカンカ、等々多岐に渡る。

Doit Science official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

スカート、初のシングル『静かな夜がいい』配信&澤部渡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年11月26日・これを出したらこれから何モノにもなれちゃうな──スカート、2017年への兆しとなる黄金シングル完成 春に発売された3rdアルバム『CALL』の大反響から、発売週に音楽番組「ミュージックステーション」へスピッツのバックとして出演し話題を呼び、さらには渋谷WWWでのワンマンライヴもソールドアウトと、勢いに乗る澤部渡のソロ・プロジェクト、スカートより初のシングルがリリースされた。寒空のなか街を歩く背中を押し進めてくれるような疾走感溢れるイントロのリフ、夜の情景が浮かぶ素晴らしい歌詞とさらに熟成されたアレンジで、間違いなくこれからのスカートの代表曲となるであろう「静かな夜がいい」をタイトル曲に、全4曲が収録。現在のサポート・メンバーである佐久間裕太(ex. 昆虫キッズ / ドラムズ)、清水瑶志郎(マンタ・レイ・バレエ / ベース)、佐藤優介(カメラ=万年筆 / キーボード)、シマダボーイ(NATURE DANGER GANG、フジロッ久(仮) / パーカッション)に加えて、トリプルファイヤーのギター、鳥居真道が参加。配信と共に、岡村詩野によるインタヴューにて、その制作背景と現在のモードを澤部渡に訊いた。 スカー
by ms.KITTEN
里咲りさ最新アルバム『売れるまで待てない』発売記念、大森靖子との対談実現!!
[CLOSEUP]・2016年12月03日・アイドル兼社長として一躍注目を集めた里咲りさ、ソロ・アーティストとして共鳴する大森靖子との相思相愛対談!! アイドル・グループ「少女閣下のインターナショナル」を立ち上げ、運営兼メンバーとして“しゃちょー”の愛称で親しまれていた里咲りさ。当時からソロ・アイドルとして、そしてシンガー・ソングライターとしても活動していたが、グループ休止後、自身の活動に専念。9月に待望のアルバム『売れるまで待てない』をリリースした。今作は里咲の思いつきからわずか制作期間2ヶ月で書き下ろしの新曲7曲を録音し、初期衝動全開の全曲A面を宣言した意欲作。楽曲の確かなクオリティにさらなる注目を集めた。そんな最新作を待望のハイレゾ配信!! 特典として「ディアティア」と「僕らの心電図」のアコースティックver.というボーナストラックも新たに収録されている。 つい先日の11月には、2017年9月22日に自身最大規模となるワンマン・ライヴを東京・Zepp Diver Cityで開催することを宣伝した里咲。彼女がこれまでのソロで行ったワンマンのなかでは渋谷MilkyWayが最大キャパだというのだから、とんでもない宣言だ。ただ、2013年にも自身の規
by 純三
【INTERVIEW】是よマネ×カワシマユカ 真空スペクトル突然の解散からの一歩
[CLOSEUP]・2016年12月02日・【INTERVIEW】THERAPY、ただの女の子。結成記念インタビュー INTERVIEW7月に初のワンマン・ライヴを終えたばかりのアイドル・グループ、真空スペクトルが9月に突然の解散。同じ事務所で活動をフォローアップしていたエムトピも5月に渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて行われた自主企画エムトピフェス以降、6月•7月と突然活動が止まった感があった。両グループの運営に関わっていたのが、これまでさまざまなタレントや女優やアイドルのマネージャーなどを行ってきたBYEマネことO氏である。(現在は是よマネと呼ばれている) 彼自身が夢を実現させるために始めたという真空スペクトル、そして順調に規模を拡大していたかに見えたエムトピがなぜ歩みを止めなければならなかったのか。その真相を語ってもらいつつ、彼がこの後スタートさせる新グループ、THERAPYについても訊いた。 さらにインタビューは、途中から真空スペクトルのリーダーでもあったカワシマユカ(ex.YUKACHI)が乱入するという、まさかの展開に。なんと彼女も新たなグループ「ただの女の子。」を立ち上げたとのこと。自他ともに「病みやすい」と認めるカワシマユ
中川大二朗(ex.宇宙コンビニ)新プロジェクトJYOCHO 期待の1st ミニ・アルバム『祈りでは届かない距離』をリリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年11月30日・中川大二朗(ex.宇宙コンビニ)による新プロジェクト、JYOCHO始動! 期待の新作と始動経緯に迫る 2015年3月に惜しまれつつ解散した、京都発3ピース・プログレッシブ・ポップ・バンド、宇宙コンビニのリーダーとしてバンドを牽引してきた”だいじろー”こと中川大二朗が新プロジェクトJYOCHO(読み : じょうちょ)を始動し、記念すべき1stミニ・アルバム『祈りでは届かない距離』をリリース。プログレッシブ~ポップスなど様々なジャンルを通過した音楽性に、テクニカルなトラック、温かみ、激情をふんだんに盛り込んだ、まさに情緒感たっぷりな、だいじろーにしかできない独自の世界観を構築した7曲が完成。今作のメンバーにはドラムにhatch(ex DUG OUT)、ベースにシンディ(空きっ腹に酒、LOW-PASS)、ヴォーカルにrionosという彼が選りすぐった強力なメンバーが集結。彼の多様な知識と音楽性によって生み出された今作の制作意図、新プロジェクト始動の経緯について話を訊いた。 JYOCHO / 祈りでは届かない距離'【Track List】01. family02. 安い命03. furusato04. 故郷05.
Maison book girl、メジャー・デビュー作『river (cloudy irony)』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年11月30日・Maison book girl、徳間ジャパンよりメジャー・デビュー!! 現代音楽とアイドル・ポップスの融合を聴け! コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組アイドル・グループ「Maison book girl」がシングル『river(cloudy irony)』にて、徳間ジャパンコミュニケーションズよりメジャー・デビュー。音楽家・サクライケンタが楽曲制作、総合プロデュースを行い、映画出演、ファッションブランドとのコラボレーションなど多岐にわたって活動を展開してきた彼女たちによる渾身のデビュー作。アイドルファンのみならず様々なジャンルのアーティスト、評論家からも支持を得ている現代音楽とアイドル・ポップスを融合させた独自の美学に貫かれた作品をハイレゾでお楽しみください。 メジャー・デビュー作をハイレゾ配信Maison book girl / river (cloudy irony)【Track List】1. cloudy irony2. karma3. 14days4. cloudy irony instrumental5. karma instrumental6. 14days instru
by 西澤 裕郎
【連載】タフな乙女のアパートメント〈花とポップス〉から4ヶ月連続リリース! 第3回座談会 つるうちはな × サトウトモミ × オガワマユ
[CLOSEUP]・2016年11月30日・〈花とポップス〉が呈する、純度が高く依存のないレーベルとは──連載最終回 エネルギーのベクトル異なる三者三様のSSW "タフな乙女のアパートメント"を掲げ、フリーランスの女性クリエイターが集まる、つるうちはな主宰のレーベル〈花とポップス〉。4ヶ月連続、計10タイトルのリリースに伴う連載の最終回となる第3回目は、10月、11月とミニ・アルバムをリリースしたサトウトモミ、そして11月30日にアルバムをリリースしたオガワマユと主宰のつるうちはなの3名の登場である。 同じピアノの弾き語りを主としながらも、圧倒的な陽のエネルギーで強い求心力を持つつるうちはなが「恋」が「愛」になるまでのものがたりを綴った2ndアルバムと、対照的に圧倒的な孤独を音楽に宿して人を惹きつけるオガワマユの3rdアルバム。そして打ち込みとベースの弾き語りという異色のライヴセットと澄んだ歌声を持つサトウトモミのコンセンプト2部作。計4作の配信と共に話を伺った。 第1回 : 「どんなに新人でも、母になっても──つるうちはな × あーた × イナダミホ × 青柳舞」 第2回 : 「音楽は宗教にも通ずる? 音楽と独自の思想で関係性を築く3人──つるう
【WiLL ソロ企画】第2弾、凪原亜季が日本酒を呑みながら、酒豪のグラドル、病ンドルと女子会をしてきた
[CLOSEUP]・2016年11月28日・【WiLL ソロ企画】第2弾、凪原亜季が日本酒を呑みながら、酒豪のグラドル、病ンドルと女子会をしてきた 「クール&ビューティー」をテーマに掲げ、2016年6月にデビューを果たしたガールズ・グループ、WiLL。ダンス・ミュージックをメインにした多彩な楽曲と切れのあるダンスが耳の早いリスナーの注目を集め、地方や台湾といった海外でのロック・イベントに呼ばれるなどアイドルという垣根を超えて活動中だ。12月8日にはTSUTAYA O-WESTで1stワンマンを行うことを発表している彼女たち。OTOTOYでは3ヶ月に渡りWiLLに迫る特集を展開。メンバー4人のソロ企画を4回に渡り掲載していく。第2弾はグループ1の酒豪・凪原亜季が、グラビア・アイドルの廣瀬聡子、病ンドルの陽菜菜々羽とともにお酒を飲みながら行った鼎談を掲載。凪原のWiLLにかける熱い想いをぜひお読みください。 WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第2弾音源を配信開始 OTOTOY独占ハイレゾ配信スタートWiLL / fallin’(24bit/96kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】単曲 200円
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel
[CLOSEUP]・2016年11月16日・ディストピアに鳴り響く、モダン・マシン・ソウル、yahyel──ハイレゾ配信開始 アルバムに先行した500枚のシングルCDはほぼ即完状態、すでにライヴなどでも大きな評判を集めているyahyel。2015年3月に池貝峻、篠田ミル、杉本亘の3名によって結成(現在はさらにVJに山田健人、ドラマーに大井一彌がくわって5人)されて、活動2年弱で11月23日に1stアルバム『Flesh and Blood』をリリースする。池貝のエモーショナルなヴォーカルと、スペースを活かしたクールなエレクトロニック・トラックは、昨今のベース・ミュージックやビート・ミュージック以降のサウンドメイキングを備えたインディR&Bとシームレスに並ぶ感覚のものと言えるだろう。 アルバムには、昨年自主制作でリリースされた楽曲や新たにミックスされたアルバム・ヴァージョンとして収録されている。マスタリングは、エイフェックス・ツインやアルカ、ジェイムス・ブレイク、フォー・テット、FKAツイッグスなどを手がけるマット・コルトンが担当し、その鋭利なサウンドをより的確に鳴らしている。OTOTOYでは、本作のハイレゾ版の配信を開始。アルバム全体の予約購入で歌詞を
by 河村 祐介
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事