完成のない「祭」

ボロフェスタが誕生してから早8年。日本のフェスティバル事情も当時とは随分と様変わりした。企業傘下の大型フェスから、個人発信のインディものまで、今や音楽フェスは全国各地で乱立状態。その数、集客状況を見ても、ひとつのピークを迎えていると言っていいと思う。そして8回目を迎えたボロフェスタも今年は少し様相が違う。西部講堂を離れ、1度規模の縮小を経て、今回はKBSホールという大きな多目的ホールに会場を移しての初開催。インディペンデント・フェスティバルの先駆けとして、今や全国で認知されているこのイヴェントにとっても、今年は大きな分岐点となりそうだ。個人的には今回が初参加というのもあって、事前にいくら情報を掴んでも、いまいち全貌をイメージしづらい。発表された出演者のメンツも、豪華で且つ「世界で一番面白い音楽が鳴っている場所にしたい」という主催側のポリシーを感じるヴァラエティ豊かなものではあるものの、正直それだけで独自性を感じるものではなかった。それでもボロフェスタに特別な思いを抱く人は未だに後を絶たない。ボロフェスタはなぜこれ程までに愛されているのか。それをこの目で確かめたかった。

と、そんな面倒臭い事を考えつつも、開催前に飯田仁一郎から頂いた「ボロフェスタに来るなら、ボロボロになるまで楽しまなあかんで! 」という言葉に従い、とびっきりのボロを着込んでやって参りました、京都KBSホール! 烏丸通り沿いの入口に立つ「ボロフェスタ」と大文字ででかでかと書かれた看板とタイム・テーブル。敷地内の駐車上に並べられた屋台と休憩所。どれも手書きの手作り感覚なのに、不思議な統一感がある。駐輪所には次々と自転車がやってくる。どの人も軽装だ。恐らく通りがかりに立ち寄ったのだろう、あまり普段のライヴ会場では見かけないようなおじちゃんおばちゃんも、ニコニコと屋台を見てまわっている。このゆるさと賑やかさに、会場入りする前から「ボロフェスタに来たな」という気持ちにさせられる。

受付でリスト・バンドをもらって、いよいよ入場。中には物販やクロークの他にも、着物の着付けをやってくれるブースがあって、そこで和服に着替えた麗しい女性の姿もちらほら。メイン会場では、今年の7月にリリースを果たし、今後ボロフェスタの中核を担っていくだろう期待の新星、スーパーノアの演奏が始まっている。彼らが演奏しているのは、フロア入口から正面に位置するステージ。そして正面から向かって左手側にもうひとつのステージが用意されていて、その間にDJブースが置かれている。どうやらこの両ステージで交互に演奏が行われていくようだ。先日の東京BOREDOMのシステムとかなり近い。ただ会場のキャパシティが桁違いだし、フロアとステージの高低差もかなりある。スーパーノアからほぼ転換を置かず、neco眠るが演奏を始めた時のフロアの動きは、後方から眺めていても凄まじく壮観だった。

メイン・フロアの熱狂に後ろ髪を引かれつつ、地下ステージにも足を運んでみる。本来は休憩スペースとして使われている場所に簡易ステージを作り、福岡の<ヨコチン・レーベル>が取り仕切る形で進行するこのステージ。小さな部屋に集まったお客さんはみんな床に座って、とても和やかな雰囲気。入口の外から覗いている人もたくさんいる。思わず聴き入ってしまうアンプラグドの演奏から、なかなか関東地区では見ることの出来ないアーティストの風変わりなパフォーマンスまで、それぞれの色合いが強くて楽しい。この地下とメイン、どちらも防音がしっかりしていて、野外イヴェント等によくある会場外の雑音に悩まされるストレスもないし、行き来も楽だから見逃しもほとんどなく済んで嬉しい。疲れた時の逃げ場もたくさん用意されていて、これは施設の環境をとても上手に使っていると感じた。

このボロフェスタで何よりも感心させられたのが、スタッフの働きぶり。どの係の人もテキパキとよく動き回っている。しかもこのほぼすべてがボランティアとして参加しているというのだから、ちょっと信じられない。大型フェスなんかに行くと必ずいる、会場の作りがよくわかっていなくておろおろしている者や、怠惰な対応をする者は、僕が二日間で接する事の出来た人達に限って言えば、一人もいなかった。これは彼らが主催者の掲げる理想と熱意をしっかりと理解した上で、入念に準備を重ねながらこの日を心待ちにしていたからこそのものだろう。ボロフェスタというイヴェントが、関わる人すべての愛情で成り立っているという事実を目の当たりにするようだった。
関わる人というのは、集まったお客さんにしてももちろん言える事だ。これは京都という土地柄から来るものなのだろうか、年に1度の音楽フェスだからと言って、変に意気込んでいるような人はあまり見受けられない。どの人も気楽に思い思いの楽しみ方をしていて、特定のバンドのファンが固まり過ぎているような感じもなく、どのバンドの時間帯もほぼ満遍なくフロアに人が埋まっていて、雰囲気が乱れる事もなかった。他のイヴェントで見るお客さんよりも遊び慣れた人が集まっているという印象を強く受けた。

そんな気持ちのよいお客さんとスタッフによる環境下で、ボロフェスタは2日間、終始賑やかでピースフルな雰囲気を保ったまま進行していった。ただひとつだけ気になったのが、メイン会場の流れ。東京BOREDOMで初めて体験した転換なしの2ステージ・スタイルは、会場内のダイナミックな動きが常に保たれるだけでなく、出入り口付近の混雑も緩和されてとても効率的に感じたのだが、さすがに今回は出演時間に合わせて会場入りするバンドも多いからか、サウンド・チェックの時間をまったく設けないわけにはいかなかったようだ。その時間にフロアの熱を冷まさないために、DJブースが用意されていたのだが、これがサウンド・チェックの音に遮断され、プレイ出来る時間もわずかなために、あまりうまく機能していなかった。今回のフロアの作りは、うまく連動していければ間違いなく他にはない起爆力を備えていただけに、その1点だけが惜しかったように感じた。個人的には今回浮き上がった修正点を克服して、是非来年もまたこのスタイルで臨んでほしいと思っている。確実にこのイヴェントがもっとすごい熱気に包まれるはず。

2日間、ボロフェスタをフルに満喫して、やっとわかった。このフェスは未だ完成していない。そしてそれこそがボロフェスタ最大の魅力だ。過去の成功に安住することなく、常に新たなアイデアを持ち寄っては実践し、その度に現れる問題と真正面に向き合ってきたからこそ、ボロフェスタはこれまで1度もエッジを失わなかったのだろう。そしてその真摯な姿勢はたくさんの人の胸を打ち、京都という街に根付くまでになった。僕はここまで「フェス」という言葉を使ってきたけど、ボロフェスタは「祭」と言った方がふさわしいと思う。だって祭って、そもそも商業云々や他との兼ね合い以前に、その祭にかける思いを持った人が地域にいる限りは、いつまでだって続いていくものでしょ? そしてその情熱は、もはや創始者の4人だけのものではなくなった。大トリを飾ったギターウルフの熱演の後、会場のスクリーンに流れたエンドロールを眺める人達の、何とも言えない表情が、何よりもそれを物語っていた。(text by 渡辺裕也)

ボロフェスタ09 web:http://borofesta.ototoy.jp


ボロフェスタ出演者の楽曲はこちら

o

 
 

ライヴレポート

底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月24日・底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信 ニューウェイヴ・アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、2017年3月26日にTSUTAYA O-EASTにて開催した東名阪ワンマン・ツアー〈孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」〉の東京編をライヴ・レコーディング、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信スタート。3月15日に発売されたシングル『孤独と逆襲EP』を携え、新バンドを従えて全公演生バンド編成で行ったタイトなツアーを生々しくパッケージ。当日のライヴレポートも掲載して当日を振り返る。6月にはミニ・アルバムのリリース、同作を携えた全国ツアー(ファイナルは赤坂BLITZ)も決まっているゆるめるモ! の熱い夏から目が離せない!! 新バンド従えた東京ワンマンの音源を独占ハイレゾ配信ゆるめるモ! / 孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー at TSUTAYA O-EAST(24bit/48kHz)'【Track List】1. idアイドル2. Hamidasumo!3. 不意打て!!4. 私の話、これでおしまい5. アントニオ6. 人間は少し不真面
【ライヴ・レポート】Helsinki Lambda Club × teto2days2マン“Last Comer”──1日目の模様をお届け
[CLOSE UP]・2017年04月28日・【ライヴ・レポート】Helsinki Lambda Club × teto 2days2マン企画──1日目の模様をお届け REPORT : Helsinki Lambda Club × teto 2017年4月18日に行われた、Helsinki Lambda Club×tetoのスプリットアルバムの発売を記念した2daysライヴ“Last Comer”の1日目の様子をお届け。次世代の担い手最重要候補とも言えるこの2バンドの対バンを音楽メディアとしては見逃すわけにはいかないだろう。東高円寺U.F.O CLUBは蒸し風呂のような熱気と酸素が薄く感じられるほどに超満員。誰もがこの日を待ちわびていたかのような表情を浮かべていた。 文 : 宮尾茉実写真 : 高田真希子 先攻 : Helsinki Lambda Club 4月18日 東高円寺U.F.O CLUB。定刻。先攻はヘルシンキ。ギラついたような雰囲気から盛り上がり必須の「Skin」でスタートすると予想されたが、なんと「NEON SISTER」のフレーズで大いに裏切られる。女性ヴォーカルをコーラスに迎えた繊細な楽曲のイメージが一変して熱を帯びたパンクな部分が
by 宮尾茉実
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
3週間に渡る、CHAIのドタバタ全米8都市ツアーを現地レポート!
[CLOSEUP]・2017年04月03日・ニュー・エキサイト・オンナバンドCHAIが3週間のドタバタ全米ツアーより帰ってきた! 現地レポート到着! 奔放な楽曲とパフォーマンスと卓越した演奏で話題騒然の『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』CHAI。ある日突然Spotify UKチャートランクインするなど、まるで冗談のような快進撃でなにかとお騒がせな彼女たち。 昨年10月に行われたSony MusicとJapan Niteが主催する〈グランプリ、いきなり米国フェス出演オーディション〉にて見事グランプリを獲得したCHAIは、その特典として3月に米国で開催された世界最大級フェスティバル〈2017 SXSW Music Festival〉内で開催されるJapan Niteに出演し、その後7都市に渡る全米ツアーを敢行した。 かつては世界で随一の音楽見本市にして、今年はミュージック以外にもインタラクティブ、フィルム、ミュージック、コメディの4部門が催される年に一度の祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2017」。「世界3位になってグラミー賞をとる」という半ば矛盾している夢を掲げる彼女たちにとって、今回が初の海外公演であり、そこにかける思い
GOODWARP、日本のポップスの頼もしさと可能性を見せたツアーファイナル
[LIVEREPORT]・2017年03月19日・【ライヴレポート】日本のポップスの頼もしさと可能性が見えた! GOODWARPツアーファイナル ふらっと立ち寄った本屋にはいく種類ものボブ・ディランについての本が平積みされていた。彼がノーベル文学賞をとったことは、彼を知らなくても事実として知っている人も少なくないだろう。彼の書く歌詞の世界観や深みは世界中の人々に評価され、受賞に至ったわけだが、やはり日本人である私たちは『母国語』として理解することはできないという言葉の壁を痛感させられる。歌詞の意訳や、翻訳というものもあくまで解釈の一端であり、彼の言葉全てを受け取るというものでもない。なんだかなあといった気持ちで本屋を後にし、代官山UNITへと向かった。ライヴハウス前にはGOODWARPのツアー千秋楽を心待ちにしているファンが長蛇の列を成していた。 テキスト : 宮尾茉実写真 : 後藤壮太郎 REPORT 2017年3月16日、時刻は19時半をすぎ、会場が暗くなりライトが照らせれると、ステージ上にはメンバーのシルエットが大きな幕に映し出された。「レイニー白書」が披露され幕が降りると電飾に身を包んだGOODWARPの姿が現れる。CD音源化されていないが彼らの
by 宮尾茉実
Suchmos、全国18箇所をめぐるツアー〈TOUR THE KIDS〉を定期レポート
[REVIEW]・2017年03月15日・Suchmos、全国18箇所をめぐるツアー〈TOUR THE KIDS〉を定期レポート Suchmosが、2017年3月2日(木)のclub Lizard YOKOHAMAを皮切りに全国ツアー〈TOUR THE KIDS〉をスタートした。2017年1月25日リリースのアルバム『THE KIDS』を提げ、全国18箇所をめぐる旅に出た6人のメンバーたち。2016年は14本の夏フェスに出演、フジロックフェスティバルのホワイトステージでも圧巻のライヴ・パフォーマンスを見せつけ、その存在感と実力を示した彼らの旅の様子をOTOTOYでは定期的にレポート。各地に足を運びその様子を写真とともにお届けする。 >>ツアー初日、2017年3月2日(木)@club Lizard YOKOHAMA>>ツアー6日目、2017年3月15日(水)@高崎club FLEEZ 間違いなくジャンルレスな決定作 Suchmos / THE KIDS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 2037円(税込)【収録曲】1. A.G.I.T.2. STAY TUNE3
by 西澤 裕郎
堕天使の悪戯を吹き飛ばす、狂った月曜の夜──DEATHROツアー・ファイナルの模様を配信開始!!
[POWERPUSH]・2017年03月10日・堕天使の悪戯を吹き飛ばす、狂った月曜の夜──DEATHROツアー・ファイナルの模様を配信開始!! 神奈川県央在住のロック・ヴォーカリスト、シンガー・ソング・ライターDEATHRO。昨年末にリリースされた1stアルバム『PROLOGUE』は90年代のジャパニーズ・ビート・ロックへの敬愛と、現行のインディー・ロック、オルタナを取り込んだサウンドで、新たなファンを続々と増やし続けている。今回配信となるライヴ音源はアルバムのリリース・ツアーのファイナル公演、下北沢THREEでの模様をパッケージング。ツアーを経てパンプ・アップしたサウンドとヴォーカリゼーション、1秒も聞き逃して欲しくないMC、そしてオーディエンスから湧き上がる歓声。この日ライヴに行った方も、行けなかった方も是非ともこの熱く狂った一夜を追体験してみてほしい。 DEATHRO / THE END OF THE PROLOGUE ”REVENGE” 3.6 Shimokitazawa THREE'【Track List】01. OPENING /KEN-O by 幽閉 a.k.a ZERO磁場02. RUNAWAY ANIMAL03. CRAZY FOR
BELLRING少女ハート、赤坂BLITZ単独公演〈BABEL〉ライヴ音源を独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年02月24日・東京最狂ーーBELLRING少女ハート最後の赤坂BLITZ単独公演をハイレゾ配信 BELLRING少女ハートが2016年いっぱいで活動休止した。そこから朝倉みずほ、柳沢あやの、甘楽の3名が卒業、有坂玲菜に改名した仮眠玲菜とカイに新メンバーを3名加え、There There Theresにグループ名を変更し2017年2月にスタートを切った。幅広い音楽性と黒い羽をつけたセーラー服でステージを駆け回るパフォーマンスで東京最狂の名を欲しいままにした、そんなベルハーが2016年12月22、東京・赤坂BLITZで開催したワンマン・ライヴ〈BABEL〉のライヴ音源をOTOTOYにて独占ハイレゾ配信する。3月1日にはThere There Theresの初音源の配信、ディレクターの田中紘治、コレオグラファーのYUKOとの対談記事も掲載予定。2017年以降も彼女たちから目を離すことはできなそうだ!! ベルハー、赤坂BLITZでのワンマンライヴをハイレゾ配信BELLRING少女ハート / 「BABEL」at AKASAKA BLITZ'【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)【配信価格】まとめ価格
by 西澤 裕郎