Predawn、音作りの"文法"、その新境地とはいかに──2ndフル・アルバム『Absence』ハイレゾ配信

溢れ出る才能と音楽への探求を丁寧に綴じ込んだ1stフル・アルバム『A Golden Wheel』から3年半、Predawnが待望の2ndフル・アルバム『Absence』をリリースした。収録楽曲にはライヴでの人気曲 「Universal Mind」を始め、正式な作品としては初めての日本語曲「霞草」など、音源化を待ち望まれていた9曲を収録。初めてアルバム制作にゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある音像を目指したという今作。24bit/44.1kHzのハイレゾ音源は、そのささやかながら匂い立つような歌声と繊細ながら豊かなアレンジ、全編を通して縫い込まれたPredawnの文学を驚くほどダイレクトに、鮮やかに、感じてもらえるだろう。秋の夜長に最適の1枚を、是非。

Predawn、3年半の沈黙を破り待望のフル・アルバム、ハイレゾ配信!

Predawn / Absence

【Track List】
01. Skipping Ticks
02. Black & White
03. Universal Mind
04. Don't Break My Heart
05. Sigh
06. 霞草
07. Autumn Moon
08. Kinds of Knot
09. Hope & Peace

【配信形態 / 価格】
24bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
>>ハイレゾとは?
単曲 200円(税込) / アルバム 1,650円(税込)


Predawn「Universal Mind」MV


INTERVIEW : Predawn

清水美和子のソロ・プロジェクト=Predawnから、およそ3年ぶりとなるスタジオ・アルバム『Absence』が届いた。「不在」あるいは「欠如」などを意味するこのタイトルも象徴しているように、アルバムをとおして内省的なムードを匂わせる本作。一方、そのサウンド・プロダクションは清水ひとりの手で多重録音されてきたこれまでの作品から一転、ここ数年にわたってPredawnのライヴ活動をサポートしてきた神谷洵平(ドラム)、ガリバー鈴木(ベース)がレコーディング全編に参加しており、その音響や演奏面のグルーヴにおいても、非常にしなやかで開放感のあるものに仕上がっている。セルフ・レコーディングという形でその才気を発揮してきたPredawnにとって、間違いなくこれは新境地を切り開いた作品と言えそうだ。ということで、新作『Absence』の内容については勿論、Predawnの近況についても伺うべく、清水に話を訊いてきた。

インタビュー&文 : 渡辺裕也
写真 : 作永裕範

音楽をプロデューサーで聴くようなところがあるから

──『Absence』はPredawn初のゲスト・ミュージシャンを迎えた作品となりました。まずはこうした作品作りに至った経緯から教えていただけますか。

今回のアルバムは、これまでよりもうちょっと豊かな音像にしてみたかったんです。より太い感じにしたかったというか…。そうしたら、今のバンド編成でちょこちょこライヴをやっていくなかで、だんだんとグルーヴが生まれてきて。「これはいい感じだな」って。

──なるほど。ちなみに、以前に取材させていただいたとき、清水さんは「自分のイメージを共有できる人はなかなかいない。昔、バンドをやっていたときも、伝えることを妥協してしまっていた」と仰っていたのですが…。

今も伝えるのは苦手ですね(笑)。

──それでも、いま一緒に演奏しているおふたりとは、清水さんのイメージを共有できているってこと?

そうですね。いろんなプレイヤーとやったことがあるわけじゃないので、あまり比べられないんですけど、2人とはライヴのリハーサルなんかも通して、こまかいところを共有できていると思う。あの2人は音色や響きに対するこだわりもすごいし、いつも全体をちゃんと見渡せている人たち、という印象もあるので。あと、今回は自分で打ち込んだデモをレコーディング前に渡すこともできたので、そのへんもよかったんじゃないかなと思います。

──音楽的なバックグラウンドにおいても、神谷さんとガリバーさんはPredawnのことをすごく理解してるんだろうな、と感じるのですが。その点はいかがですか。

そうかもしれないですね。たとえば、神谷くんはジョン・ブライオンの音作りがすごく好きなひとで。私も、音楽をプロデューサーで聴くようなところがあるから、そういうところはすごく大きかったのかもしれない。そこまで詳しくはないんですけど、(過去にジョン・ブライオンがプロデュースした)エイミー・マンやフィオナ・アップル、あと『マグノリア』のサントラなんかも大好きなので。


神谷洵平(Dr)、ガリバー鈴木(Ba)が参加しているライヴ映像(2015年5月30日「Nectarian Night #02」@恵比寿LIQUIDROOM)


ジョン・ブライオンがプロデュースを手がけるエイミー・マンの「セイヴ・ミー」(映画『マグノリア』(1999年)主題歌)

自分たちの文法をもっている人の音楽に惹かれる

──その、プロデューサーに着目しながら音楽を聴くことのおもしろさって、清水さんはどういうところにあると考えているんでしょうか。

なんだろう…。やっぱりプロデューサーの人も手がけるアーティストを選ぶだろうと思うから、そういう意味では…やっぱり音作りですね。楽曲のどこにどんな音を置いているのか。そういうところを気にしながら音楽を聴いてると、それぞれの作品に共通している部分が、けっこう見つかったりするので。

──音の配置?

はい。あるいは、こういうと語弊があるかもしれないけど、自分たちの文法をもっている人の音楽に惹かれるというか…。で、そういうところがしっくりくる作品のクレジットをひとつひとつ見ていくと、けっこうプロデューサーの名前が同じだったりするんですよね。そういうのは、すごく楽しいなって思います。

──その一方で、今作も含めて、Predawnの作品はすべて清水さんのセルフ・プロデュースですよね。

そうですね。信頼のおけるプロデューサーにお願いできたらすごく楽なんだろうな、とも思うんですけど、なかなかそういう人は見つからないから。

──実際は、そういう外部プロデューサー的な人を求めているところもあるんですか?

いや、そうでもないです(笑)。というのも、私の場合はこだわりがちょっと強すぎるから、多分ケンカしちゃうと思うんですよ。あるいは、こっちが萎縮しちゃって、相手の好き勝手にされちゃうか。そのどっちかになるんじゃないかなって。だから、怖くてなかなか人にはお願いできないんです(笑)。とはいえ、私のつくる曲はそこまで音数も多くないから、自分でもある程度は俯瞰できてるんじゃないかな、とも思ってて。

──制作中は、常にプロデューサー的な視点で自分の楽曲をとらえているということ?

そうなのかもしれないですね。ただ、もちろんバンドの録音に関してはプロのエンジニアさんにお任せしてます。それこそマイクを立てる位置なんかは、私には全然わからないことだったので。

──でも、マイキングとかにも清水さんはすごく感心ありそうですよね。

そうですね。あと、今回に関しては自分のプロトゥールスを使うスキルがちょっと増してきたのもあって、以前よりも音作りに対して、もう少し客観性が持てるようになったような気もしていて。エンジニアさんに最後のミックス・ダウンをお願いする時に、自分であらかじめ仮ミックスしたものを渡すのですが、プロトゥールスを使うスキルが成長したおかげで、これまでに2作をお願いしている中野正之さん(過去にPolaris、ハナレグミ、チャットモンチー、THE BAWDIESなどの作品を手がけているレコーディング・エンジニア)からも「何をしたいのか、すごくわかりやすくなった」と言ってもらえて。そこはすごくよかったなと思ってます。

私はついその額縁の外側になにかを描きたくなっちゃう

──エンジニアにも、自分の意図をより的確に伝えられるようになったと。

はい。あとはやっぱり、神谷くんとガリバー氏も曲ごとに機材をちゃんと選んできてくれたので、そういう面でもすごく助けられたし、おかげで本当に満足のいく仕上がりになりました。彼らは、たとえば私の「こういうザラザラした音が好きなんだ」みたいなざっくりした伝え方も、ちゃんと理解してくれていて、その上でいつもドンピシャなものを用意してくれる。中野さんも、自分のシュールなところを理解してくれる方なので。

──シュール?

中野さんからそう言われたんですよ。「なんか、シュールだよね」って(笑)。あまり自覚してなかったんですけどね。そう言われると、たしかに私はそういうシュールなものが好きだから。お笑いとかにしてもそう(笑)。

──そのシュールさって、たとえば作品のどんなところに表れているんでしょうか。

うーん…。なんていうか、私にはパッケージされたものから飛び出したくなるところがあるんです。たとえばここに額縁があるとしたら、私はついその額縁の外側になにかを描きたくなっちゃうというか(笑)。あるいは、「普通は絶対ここにこの色を置くべきだろう」みたいなところには、あまり置きたくないんですよね。

──それはおもしろいところですね。でも、場合によってはそこで作品が破綻するリスクもありそうな気がするんですが、そのへんは大丈夫なんですか。

確かにそうですね(笑)。人によっては「ここ、ちょっとおかしいよ」と思う人もいるかもしれない。でも、たとえばその絵をいつもとは違う角度から見てもらえれば、それもそれでいい感じだと思ってもらえるんじゃないかなって。全体的なバランスがとれていると感じられたら、私はそこでゴーを出しちゃうので。

──では、今作の制作方法を踏まえて、清水さんは目下、どんな技術を身に付けたいと考えていますか。

そうだなぁ…。もうちょっとエレキ・ギターがうまくなりたいですね。普段、ギター・ロックとかを聴いているときも思うんですけど、エレキの歪みって、いろんなものを混ぜてつくられた音なんですよね。あるいは、いろんなものを溶かした音っていうか。でも、その混ぜ方や溶かし方が今はまだ全然わかってないので、そのへんのことをもっと出来るようになりたいなって、今は思ってます。

──じゃあ、もしかすると次作は歪んだギター・ロック作品になるかもしれない?

どうだろう(笑)。やりたいことはたくさんあるんですよ。編成にこだわらず、なんでもやれるのがソロのいいところだと思うし、まだこれからのことは全然わからないけど… そうですね。そのうち轟音バンドになってるかもしれない(笑)。

LIVE INFORMATION

Predawn「“Absence" Tour」
2016年11月5日(土)@福岡LIV LABO
2016年12月15日(木)@大阪Shangri-La
2016年12月16日(金)@名古屋APOLLO BASE
2016年12月19日(月)@恵比寿LIQUIDROOM

PROFILE

Predawn

シンガー・ソングライター、清水美和子のソロ・プロジェクト。

1986年新潟県生まれ、東京都郊外育ち。2008年からPredawnという名前でソロ活動を始める。完全自主制作盤として『10minutes with Predawn』をライヴ会場と一部店舗で販売し、1年半で約2000枚を完売させる。2010年6月に、作詞/作曲/演奏/歌唱/録音をすべてひとりで行った、1stミニ・アルバム『手のなかの鳥』をリリースし、日本全国でロング・セールスを記録。

その後、FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVAL、ap bankなど数々の大型フェスやライブ活動を重ねつつ、2013年3月に1stフル・アルバム『A Golden Wheel』をリリース。発売した初週にオリコン・インディーズチャートで1位となる。そして、2016年9月に2ndフル・アルバム『Absence』をリリース予定。

また、Rayons / andymori / QUATTRO / Eccy / Marble Sounds[ベルギー] / Turntable Films / 菅野よう子 / TOWA TEI / 大野雄二など、錚々たるアーティストの楽曲へのゲスト・ヴォーカル参加、木村カエラとのコラボ、映像への楽曲書き下ろしなど、多岐にわたって活躍している。

>>Predawn オフィシャル・サイト

o

 
 

インタヴュー

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信
[CLOSEUP]・2017年09月20日・すべてにフラットに向き合った1stアルバム──オルタナ界の新星、CHIIO『toc toc』を先行配信 男女混成4人組オルタナティヴ・ロック・バンド、CHIIOが、初の全国流通盤として〈3P3B〉より1stアルバム『toc toc』をリリースした。曲にひろがりと深みをもたせるメンバー全員でのコーラスと、オルタナ、シューゲイザー、そしてUSインディ・シーンをも取り入れる幅広い音楽性を独自のポップ・センスで昇華した楽曲が魅力の彼ら。このたびOTOTOYでは新作『toc toc』の1週間配信の開始とともに、フロントマンである中村太勇(Tao Nakamura)へのインタヴューを掲載。バンドの成り立ちや楽曲へのこだわりを訊いた。 1stアルバムを1週間先行配信開始! CHIIO / toc toc'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 1,994円(税込)【収録曲】''1. 077342. who3. safari4. march5. chapter 26. pupils7. hibi8. child9. blue10
by ?
FINLANDSにとっての「LOVE」とは? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信!
・2017年09月15日・バンドはサービス業じゃない──FINLANDSにとっての「LOVE」は? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信 オリコン・インディーズ・チャート2位ランクインや、数々のサーキット・イベントやフェスに出演し、着々と全国にリスナーを増やしているFINLANDS。そんな彼女たちから1年ぶり最新アルバムが届いた。塩入冬湖(Vo. / Gt.)の1度聴いたら忘れない、一瞬で空気を支配するような歌声に、コシミズカヨ(Ba.)を筆頭につくり出す骨太なサウンド。そして言葉選びが秀逸でまるで小説を読んでいるような、塩入の作り出す歌詞がFINLANDSの魅力だろう。今作『LOVE』にはどのような思いが込められたのか。塩入にインタビューを敢行し語ってもらった。『LOVE』のハイレゾ配信はOTOTOYのみ! インタビューと共にFINLANDSの音楽に堕ちてみませんか? FINLANDSの1年ぶり新作。OTOTOYでハイレゾ配信スタート!FINLANDS / LOVE (24bit/96kHz)'【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】単曲:25
by 渡辺 裕也
ゆるくキャッチーな音に潜むトゲ──キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、現在絶版の1st EPを配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月14日・ゆるくキャッチーな音に潜むトゲ──キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、現在絶版の1st EPを配信開始 フェスのオーディション枠を勝ち取り〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017〉や〈SUMMER SONIC 2017〉に出演を果たすなど、耳の早い音楽好きから大きな注目を集めているバンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ。そんな彼らが1000枚限定でリリースし、現在は絶版となっている1st EP『俺もハイライト』が待望の配信スタート。さらに、OTOTOYではアルバム購入でボーナス・トラック「レガエ」がダウンロード可能!! 同作の配信を記念し、ヴォーカルのキイチビールにインタヴューを敢行。バンドの結成から楽曲制作の裏側についてまで、メディア初となるロング・インタヴューを掲載する。 現在絶版中の1st EPがボーナストラック付きで配信スタートキイチビール&ザ・ホーリーティッツ / 俺もハイライト【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 900円(税込) 【収録曲】1. キイチビールのテーマ2. ホーリーティッツ
by 西澤 裕郎
暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年09月13日・暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信 透明な歌声と、ループステーションを巧みに用いたコーラス・ワーク、そして様々な情景が浮かぶ楽曲が魅力のシンガー・ソングライター、Nozomi Nobody。昨年アレンジ、演奏、録音、ミックスまでを自身で手がけ、細部までこだわり抜いたセルフ・プロデュース作品『We Are Always a Bit Lonely』をつくりだした。全国流通盤としては第2弾のリリースとなる今作は、レコーディング、ミックスにGEZANや柴田聡子を手がける君島結が、そしてマスタリングにU2やザ・ローリングストーンズなどを手がけるピート・マーハーが参加。前作よりもアレンジ面での幅が広がり、彼女の歌声がより際立って耳に入ってくるように思う。OTOTOYでは本作『Everything Goes Back to You』のハイレゾ配信をスタートするとともに1ヶ月の期間限定で全曲フル視聴を実施。ぜひ楽曲を聴きながらテキストをおたのしみください。 新作をハイレゾ配信&期間限定全曲フル視聴 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44
by 鈴木 雄希
JYOCHO、2ndミニアルバム『碧い家で僕ら暮らす』配信開始&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年09月13日・今作がJYOCHOとしての始まりーーテクニックと情緒が共存する、日本初世界レベルの2ndミニALに迫る ”だいじろー”こと中川大二朗によるプロジェクト、JYOCHO(読み : じょうちょ)が、2ndミニ・アルバム『碧い家で僕ら暮らす』をリリース。プログレッシヴ~マスロック~ポップスなど様々なジャンルを通過した音楽性に、テクニカルなトラック、温かみ、激情をふんだんに盛り込んだ、情緒感たっぷりな、だいじろーにしかできない独自の世界観を構築した充実作。メンバーにはドラムにhatch(ex DUG OUT)、ベースにシンディ(空きっ腹に酒、LOW-PASS)、フルートにはち(JWE)、そして新たなボーカルとして猫田ねたこを迎えて完成させた本作について、だいじろーにロング・インタヴューで迫った。 世界へ飛び出す2ndミニ・アルバムを配信開始JYOCHO / 碧い家で僕ら暮らす'【Track List】1. Lucky Mother2. 碧い家3. hills4. tree,stone5. ほんとうのかたち6. 三つに分けること7. グラスの底は、夜 【配信形態 / 価格】''WAV / ALAC / FLAC /
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ配信】カーネーションが光を当てる退屈な「郊外」のおもしろさ
[CLOSEUP]・2017年09月13日・直枝政広が光を当てる退屈な「郊外」のおもしろさ──カーネーション17thアルバムをハイレゾ配信 来年結成35年目を迎えるカーネーションが、アニバーサリーを目前に快作を完成させた。今作『Suburban Baroque』の魅力は…… いみじくも下記の文章で岡村詩野が書き表しているのでそちらを読んでいただきたい。ただ、今回注目すべきところは何と言ってもハイレゾ24bit/96kHz用にマスタリングをした"High Resolution Unlimited Version”で配信をするということだろう。制作段階からハイレゾを意識してレコーディングをしていることで、彼らの奏でるグルーヴをより感じることができる。OTOTOYでももちろんハイレゾ配信を実施中。そんな今作には、2009年にカーネーションを脱退した矢部浩志をはじめ、張替智広(HALIFANIE、キンモクセイ)や、岡本啓佑(黒猫チェルシー)、浦朋恵、佐藤優介(カメラ=万年筆)、田村玄一(KIRINJI)、 徳澤青弦、張替智広、藤井学(TheMiceteeth)、松江潤、矢部浩志、吉澤嘉代子などアルバムを彩る多くのゲストが参加。多彩なゲスト・ミュージシャンを迎
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源がマンスリーで続々配信開始
・2017年09月11日・渋谷慶一郎、ATAK過去作品をマンスリーで配信開始! 渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAK。2002年に設立され、国内外の電子音楽を中心にカッティング・エッジなサウンドをリリースし続けたきたレーベルだ。本レーベルにてこれまでリリースされてきたカタログをこのたびOTOTOYでは、毎月3作品づつ、来年の2月まで約半年に渡って配信します。また過去作の配信とともにライター、八木皓平による渋谷慶一郎への配信作品の解説的なインタヴューを掲載。 2017年9月11日配信開始タイトル 第1弾となるリリースは、初のピアノ作品として渋谷慶一郎のキャリアを語る上でも欠かすことのできない『ATAK015 for maria』。しかも、その制作の起点となったDSDオリジナル・ヴァージョンを世界初配信。さらにレーベル初期のリリースとなる『ATAK001 slipped disc』。そして高橋悠治との『ATAK002 keiichiro shibuya + yuji takahashi』を配信開始!第1弾配信作品の解説インタヴューはコチラDSD版のリリースは世界初配信Keiichiro Shibuya / ATAK015 for maria
by 八木 皓平
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第1弾
・2017年09月11日・渋谷慶一郎、『ATAK015 for maria』DSD版を含む過去作配信第1弾 ということで、今月から毎月11日に、半年に渡ってATAK過去作品を配信リリースしていきます。毎回、ライター、八木皓平によるインタヴューにて解説をお送りします。第1弾は過去作…… と言っても今回初めて世にでる注目音源を含む3作品。まずは初のピアノ作品として渋谷慶一郎のキャリアを語る上でも欠かすことのできない『ATAK015 for maria』。こちらはなんとその制作の起点ともなったDSDヴァージョンが初めての配信。こちらはCD音質版も配信。さらにレーベル初期の作品、『ATAK001 slipped disc』。さらに現代音楽の巨星、高橋悠治とのスリリングなセッション『ATAK002 keiichiro shibuya + yuji takahashi』を配信します。インタヴュー : 八木皓平 要するにすごく僕を取り巻く環境が変わった──『ATAK015 for maria』 ──この定期連載のためにATAK作品をここしばらく色々聴き返していて、ふと思い出したんですけど…… 。 当時から聴いてたんだっけ? ──リアルタイムで聴い
by 八木 皓平