BATTLESプロデューサーを迎え、肉感的なバンド・アンサンブルへ帰結したLITE会心作、ハイレゾ配信!

LITEの3年5ヶ月ぶりのフル・アルバム『Cubic』、会心作です。

国内外問わずボーダーレスに活動する4人はここ数年では海外でのフェスティバルにも数多く出演し、2015年にイギリスのブリストルで開催された「ArcTanGent Festival」では各国を代表するポストロック・バンドが集まるなかヘッドライナーを務めるなど、もはや国外での評価のほうが高まりつつあるなか、本作は日本では自主レーベル〈I Want The Moon〉、アメリカ、ヨーロッパではブレイド、エネミーズ、そして日本のtoeなど、注目のエモ、ポストロック、ハードコア・バンドをリリースしているアメリカの優良インディー・レーベル〈Topshelf Records〉からリリースされた。

その内容は今作に先駆け10月にリリースされたmouse on the keysとのスプリットEPにも収録されたLITEらしいマスロック・ナンバー「Else」をはじめ、SOIL&"PIMP"SESSIONSのタブゾンビがトランペットで参加する「D」、元Z、THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUTの根本潤がヴォーカルで参加するアバンギャルドなロック・ナンバー「Zero」を含む全10曲が収録。

レコーディングはレッドブルが世界中で運営するレコーディング・スタジオ"Red Bull Studios Tokyo"で敢行、エンジニアは前作同様エンジニアに三浦カオルを迎えた。そして今作を世界標準に引き上げた重要なファクターのひとつがBATTLESのプロデューサー/エンジニアのキース・ソウザによるミックスと、彼と親交が深いヘバ・カドリーのマスタリングである。

その制作過程や内容についてギターの武田信幸とベースの井澤惇に伺った話をもとに掘り下げていくなかで、本作の魅力をお伝えする。

LITE / Cubic

【Track List】
01. Else
02. Balloon
03. Warp
04. Square
05. Inside the Silence
06. Angled
07. D
08. Prism
09. Black Box
10. Zero

【配信形態 / 価格】
[左]24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 250円(税込) / アルバム 2,200円(税込)
[右]16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 200円(税込) / アルバム 1,800円(税込)


LITE -『Cubic』Teaser


INTERVIEW : LITE

まずはすこしだけ時間を遡ってみよう。思えば、2015年は「ポストロック」にまつわる話題をなにかと耳にしていたような気がする。つまりそれは、toemouse on the keyste'といった、00年代のシーンを牽引してきたバンドの新作リリースが相次いだこと。あるいは、金子厚武氏の監修による『ポストロック・ディスク・ガイド』の刊行などにも寄るわけだが、結果としてそうした動きは、ここ日本におけるポストロック、あるいはインストゥルメンタル・ロックをとりまく状況の変化を、改めて浮き上がらせるものでもあった。

さて、ここからが本題。上記したバンドと並んで、国内ポストロック・シーンを先導してきた4人=LITEは、恐らくそうした状況の変化にもっとも自覚的なバンドだったのではないだろうか。アメリカやヨーロッパ、アジアを自らツアーしてまわるだけでなく、そうしたなかで交流を深めた海外のバンドを、幾度も国内に招聘してきた彼らは、その活動を通してつかんだ実感をこう語っている(以下、発言は筆者のインタヴューによるもの)。

武田信幸 (G / 以下、武田) : ひとつのジャンルで絞ってみると、「意外と世界って狭いな」と感じるんです。というのも、海外では僕らと同世代のバンドが、今のシーンを育てているんですよ。たとえば、それはアメリカのTera Melosであったり、もう解散しちゃいましたけど、アイルランドのAdebisi Shankなんかがそうで、彼らのようなバンドがいてくれたおかげで、僕らも海外のバンドと同じ目線で、現地のシーンと向き合える。オーディエンスもすごくフラットに接してくれるし、若い人もどんどん増えているから、うまく世代がひと回りしたようにも感じていて。

井澤惇 (B / 以下、井澤) : どうやら今、あっちでは世代交代が行われているみたいで。それこそ、この前の自主企画“SPECTRUM Vol.8”に呼んだMyletsのヘンリーは、TTNGにもサポート・ギターとして参加していた人なんですけど、彼なんて「高校の頃にTTNGとLITEを聴いてた」と言ってましたからね(笑)。

「僕らがやってきたような音楽に日本語詞が乗っかると、海外ではどう受け入れられるのか」ってことが、すごく気になってきて

武田信幸

そんなLITEの最新作『Cubic』は、当然ながらその音楽的な標準を国際レヴェルに定めた作品となっている。しかし、同時にそこからは、国内ポストロック・シーンに向けられた彼らなりの思いも見出せるだろう。それを端的に物語っている曲が“Warp”だ。これは、本来はインスト・バンドである彼らがヴォーカル・トラックを採用しているのもさることながら、そこで歌われているのが日本語詞という、明らかにバンドが新境地へと踏み込んだ1曲。この曲が生まれた背景を、武田と井澤はこう説明する。

武田 : “Warp”については、もちろん英語詞でやることも可能だったし、むしろ「そのほうがフィットするのかもしれないな」と思ったこともあって。でも、それこそ僕ら英語は海外標準ではないし、かといって、たとえばそれをネイティヴのひとに変換してもらったとしても、それは自分の言葉にはならないので、あえてここは日本語でいこうと。そうしたら「僕らがやってきたような音楽に日本語詞が乗っかると、海外ではどう受け入れられるのか」ってことが、すごく気になってきて。で、もしそれが海外でもごく普通に受け入れられるようであれば、日本と海外の垣根をなくす、ひとつのきっかけにもなれるのかもしれないなって。ちょっとおこがましい話なのかもしれないけど、今はそういう展望をもっているんです。

井澤 : 僕にとっては、「自分たちがまだやってないことをやる」ってことが重要なんです。たとえ、それが既存のやり方だとしても、まだこのバンドで試していないのだとしたら、それは僕らにとっての「新しさ」だと思うから。で、“Warp”に関しては、僕らリズム隊がつくったデモを彼(武田)に渡したら、それが歌入りで返ってきて。そういうやり取りって、僕らにとってはこの13年間で初めてのことなんです。それに歌詞や声質って、そのバンド特有のものでもあるから、ここから先に歩んでいける道が、またひとつ増えたような気もしてて。

「どの曲もライヴ上で再現できる」ということを意識しながら作ったんです。実際、海外ではそういう楽曲のほうが反応は良かったりする

井澤惇

新しいことに挑戦するのが、このバンドの一貫したモティヴェーション──彼らはそう断言する。ちなみに、『Cubic』は前作『Installation』以来、およそ3年5ヶ月ぶりのスタジオ・アルバム。これまでのキャリアをとおして、コンスタントに作品を放ってきたLITEにとって、これは過去最長の制作期間となる。

井澤 : とはいえ、活動が止まっていたわけではなくて。ここ最近は海外での活動も多くなったので、どう考えてもプラス1年はツアーの時間が必要だったんです。それに、また新しいアルバムをつくるとなった以上は、絶対に『Installation』よりもいいものにしたかったから。そのためには、やっぱりそれなりの時間がかかりましたね。

武田 : じつは『Installation』を出した後、すぐに次作を見据えた曲作りは始めていたんですよ。それこそネタもけっこう集まってたんですけど、一瞬、方向性を見失った時期があって。要は、「これじゃ進化してないな」と思ったんです。

『Installation』を経て、彼らが求めた進化とは一体どういうものだったのか。そこで『Cubic』に耳を傾けてみると、そこでは近作において存在感を放っていた、シンセサイザーによるサウンドが鳴りを潜めていることに気がつく。むしろ、ここで際立っているのは、彼らの身体から繰り出されるギターとベース、ドラムの音に特化した、とにかく肉感的なバンド・アンサンブルだ。


LITE - D

武田 : いま思うと、『Installation』はラップトップ上で完結させたようなところが結構あったんですけど、そういう楽曲をライヴでやるときって、どうしても音環境に左右されてしまうんですよね。それこそ日本の会場は音響システムが整っているから、表現したいことがだいだい100パーセントやれるんだけど、アメリカだと、場所によってはなかなか再現できなかったりする。だから、今回のアルバムではバンドの音に落とし込んだものをレコーディングしてみたかったし、そういう楽曲のほうが、もっとお客さんと直接的につながれるんじゃないかな、と。歌もそのひとつですね。もし今後、お客さんも一緒に歌ってくれるような瞬間があるのだとしたら、やっぱりそれは新しい可能性だと思うし。だからといって、「これからは歌がメインになる」「シンセはもう使わない」ってわけではないんですけどね(笑)。

井澤 : 2011年に出した『For all the innocence』は、思いっきりシンセサイザーを突っ込んだアルバムで、それこそ純粋なところに立ち返って、とにかくやりたい放題にやったんですよ。で、そうした結果を踏まえて、『Installation』ではシンセの音をなるべく削ってみたんですけど、それでもやっぱり課題は残って。だから、今回に関しては、「どの曲もライヴ上で再現できる」ということを意識しながら作ったんです。実際、海外ではそういう楽曲のほうが反応は良かったりする。逆に日本だと、音源上で派手に聴こえる曲のほうが好まれたりもするので、その違いはすごく面白いですね。

CMY(三原色)で分解できて、またそれを重ねると別の形で成り立つ、なんかそれって、僕らの音楽みたいだなと思った

4人のバンド・アンサンブルにこだわった『Cubic』からは、ある種の原点回帰も見出せるだろう。ただ、その一方で作曲のプロセスはこれまで以上に多岐にわたっているようだ。

井澤 : 僕らの曲作りって、ラップトップ上で脳内のイメージを広げていくこともあれば、バンド4人でのセッションしていくことも当然あるんですけど、今回はそのふたつがバランスよく混ざりあってるんじゃないかな。つまり、1曲ごとに作曲方法が違うんです。それこそメンバー全員がスタジオに揃ってるんだけど、楽器はほぼ弾かずに、8時間ひたすらパソコンと向き合ってることもあったし。でも、それをみんなでやったのはすごく面白かった。

武田 : うん、すごくよかった。やっぱりバンドである以上は、メンバー全員の意見を反映させたいんですよ。だから、ラップトップ上での作業にしても、一人だけでやるよりは、みんなで集まってやるほうが、個々のキャラクターがより生々しく表れるんじゃないかなって。曲展開をパソコンで組み上げていくなかで、必要なフレーズが出てきたら、その場でライン録りしてみるっていう作業。それを今はリアルタイムでやれちゃうんだから、ITってホントすごいですよね(笑)。

「4つのしっかりとした柱を立てて、そこからひとつの土台を組んでいくようなイメージ」。制作時に意識していたものを武田はそう表現する。それぞれのパートが絡み合っていく『Cubic』の音像は、それこそ幾何学模様を連想させるほどに丁寧なデザインが施されているが、同時にそのパートの連なりから生まれる和音の響きやグルーヴは、ひたすらに情緒的だ。

『Cubic』ジャケット・アートワーク

武田 : 直線的で音数も少なく、デザインとして成り立っているものをここで表現するためには、どういうアートワークがいいかなと。それで見つけたのが、この写真だったんです(※写真家・Yuji Hanadaの作品「C/M/Y」から使用)。これ、3枚のフィルムを重ねたものらしくて。写真を特別な薬品で剥がすとCMY(三原色)で3枚に分解できて、またそれを重ねると別の形で成り立つっていう。なんかそれって、僕らの音楽みたいだなと思ったんですよね。

ロック・バンドの生々しい質感や迫力、力強さをいちばん引き出していたのが、キース・ソウザの作品だった

そして、本作の音像を決定付けたのが、BATTLESの作品を手がけたことでも知られる、キース・ソウザのミックス・エンジニアリングだ。

井澤 : エンジニアの候補は何人か挙がったんですけど、いろいろ聴いていくなかで、ロック・バンドの生々しい質感や迫力、力強さをいちばん引き出していたのが、キース・ソウザの作品だったんです。そこでさっそく連絡してみたら、彼がLITEのツアー・スケジュールを確認してくれて、「ファイナル公演がボストンなんだね。だったら、そのタイミングでやろう。3日間スタジオを開けておくから」と。もう運命的なくらいに、お互いのスケジュールが合致したんですよね。マスタリング・エンジニアのヘバ・カドリーは、キースが勧めてくれました。というのも、ミックスがキースに決まった時点で、マスタリングは彼が信頼しているエンジニアに任せたいなと思ったんですよね。自分たちの望んでいる音により近づくためには、絶対にそれが一番いいはずだって。出来上がったアルバムについて、キースは「“グレート”なアルバムだ」と言ってました。「みんなにそう言うんでしょ?」と聞き返したんですけど、「だいたいは“グッド”と言うね」と言ってたので、それならきっといいはずだと(笑)。

ソングライティングはもちろんのこと、エンジニアリングにおいても国際水準であることを貫き、数々のエクスペリメンタルなアプローチをポップな形に昇華した『Cubic』。本作こそ、まさにLITEのキャリア13年間における最高到達点だ。となれば、あとは国内外のシーンがそれをどう受け止めるのか。固唾を呑んで見守りたい。

井澤 : この13年間って、言うならば、エレベーターにいちども乗らず、とにかく一歩ずつ階段を上ってきたようなものだと思ってて。それこそ大きなレコード会社と組んで、そこでバカ売れすることを夢見るひともいるけど、僕らがこのバンドを続けているモチベーションは、そういうものとは違うんです。僕らはこれからも、このバンドが着実に前進している姿を見せていきたいと思っているので。

武田 : 今回のアルバムに関しては、いつもとは違ったハラハラドキドキ感がありますね(笑)。いつも以上に反応が気になるというか。ただ、この作品を作ったことでまた大きな一歩を踏み出せたことは、間違いないと思ってます。

インタヴュー&文 : 渡辺裕也
写真 : 作永裕範

過去配信中の作品

LIVE INFORMATION

LITE “Cubic” Tour 2017
2017年2月2日(木)@梅田Shangri-La
OPEN 19:00 / START 19:30

2017年2月3日(金)@名古屋JAMMIN’
OPEN 19:00 / START 19:30

2017年2月4日(土)@渋谷WWW X
OPEN 18:00 / START 19:00

2017年2月10日(金)@広島4.14
OPEN 18:30 / START 19:00

2017年2月11日(土)@福岡UTERO
OPEN 18:30 / START 19:00

2017年2月12日(日)@高松TOONICE
OPEN 18:30 / START 19:00

2017年2月17日(金)@札幌BESSIE HALL
OPEN 19:00 / START 19:30

ADV ¥3,500 / DOOR ¥4,000 (Drink代別)
チケット発売日: 12/3(土)

チケットオフィシャル先行情報
受付サイト : http://lite-web.com/
受付期間 : 2016年11月16日(水)12:00 〜 2016年11月28日(月)23:59

PROFILE

LITE

2003年結成、4人組インスト・ロック・バンド。今までに2枚のフル・アルバムと2枚のEP、1枚のスプリットCDをリリース。独自のプログレッシブで鋭角的なリフやリズムからなる、エモーショナルでスリリングな楽曲は瞬く間に話題となり、また同時にヨーロッパのレーベルからもリリースし、ヨーロッパ、US、アジアツアーなどを成功させるなど国内外で注目を集めている。そして昨年10月に立ち上げた自主レーベル〈I Want The Moon〉より、音響系/ポストロックの巨匠で、TORTOISE, The Sea and CakeのJohn McEntireを迎えて、シカゴのSoma Studioにてレコーディングされた5曲を収録したミニ・アルバム『Illuminate』を2010年7月7日にリリースし、2度目となるFUJI ROCK FESTIVAL'10へ出演など、近年盛り上がりを見せているインストロック・シーンの中でも、最も注目すべき存在のひとつである。

>>LITE オフィシャル・サイト

o

 
 

インタヴュー

8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年10月18日・8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信 2004年の結成から、ドラム・ヴォーカルを含む4ピースという個性的な編成で活動、そこから鳴らされるグルーヴで多くのロック・ファンを魅了しているバンド、8otto(オットー)。各種フェス出演や海外アーティストとも多く共演するなど、もはやベテランの風格も備えたベテランといっていいだろう。 このたびASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文をプロデューサーに迎え、なんと6年ぶりの新アルバム『Dawn On』をリリース! OTOTOYでは今作のハイレゾ配信も実施中。このインタヴューと合わせてお楽しみください。 8ottoがついに本格再始動! 6年ぶりの新アルバム! 8otto / Dawn On'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. Ganges-Fox2. SRKEEN3. Romance4. It's All Right5. 赤と黒6. Rollin
by 鈴木 雄希
fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎