2009年、彼らは再びオルタナティヴを世に問う

間もなくリリースされるLimited Express(has gone?) の新作『LTD』をいち早く聴かせてもらった。いいだろー! そんなわけで、すぐにでも詳細をお伝えしたいところなのだが、まあ焦らずいきましょう。何せアルバムとしては前作からもう5年近く経っているのだ。彼らを取り巻く環境も少なからず変化しただろうし、この新作に対して世間がどんな反応を示すのか、ちょっと予想がつかないので、今回はまず「リミエキは2009年にどうフィットするのか」を考えてみましょう。

彼らが活動初期から自分達に課しているものがある。それは「常にオルタナティヴな存在である事」。所謂オルタナってやつですね。「何を言ってるのかよくわからん」という方は、以前ここで掲載されたJJとKIRIHITOの竹久圏さんの対談がとてもよいテキストになるので是非読んでみてほしい。まあこれが何とも難儀な話というか、大変なのですよ。常にオルタナティヴでい続けるという事は、メイン・ストリームの音楽と一切同調せず、常に異物であり続ける事であり、それは逆説的に、メイン・ストリームへの目配せを止めてはいけないという意味にもなる。だって如何に前衛的で個性的な音楽を生み出したとしても、それが大衆に飲み込まれた瞬間に、彼らの掲げた理想とはかけ離れてしまうのだから。ちょっといやな例え方をしよう。ニルヴァーナとの出会いをきっかけにオルタナティヴという価値観に目覚めた人が、ニルヴァーナのような存在を目指すということは、あり得ないのだ。だからと言って、誰からも理解されないような自己満足的なものであっていい筈もなく。いやぁ、考えるほど実に厄介……。

リミエキが前作『Makes You Dance! 』をリリースした時と現在とで最も大きく変わった事は、やはりシーンの代謝率と情報が錯綜するスピードだろう。オルタナティヴである事を志していようといなかろうと、現在活動するミュージシャンにとって、「今これを聴かなきゃヤバい! 」と名指しされる事程恐ろしいものはない。だってその数秒後には吊るし上げられ、搾り取られた揚句、「過去の遺物」の烙印を押されてしまうのだから。正直5年前がどうだったかなんて何も思い出せない。完全に後手に回った音楽業界は、新たな動きを掬い上げる事よりも、なるべく揚げ足を取られず、恥ずかしくないものを輩出する事に四苦八苦しているような有様(そのほとんどが目を覆うばかりの酷さなのは言うまでもないか)。

その間、リミエキの3人はどこにいたのか。もちろんアンダーグラウンドにいた。つまり「現場」だ。もしそのどこかに居合わせた事があるなら、あなたももうお気づきかもしれない。大衆規模で流れる音楽はますますチープに扱われる一方、インディペンデントな動きは今、数年前とは比較にならない程求められているのだ。平たく言っちゃえば、とにかくどの会場も盛り上がってきているということ。彼らはその全国各地の会場に神出鬼没的に現れてはライヴを繰り返し、時にはその中心に立つ中で徐々に確信を得たのだろう。確実にここから地殻変動は起こる。自分達が培ってきたサウンドは今こそ有効なはずだと。

そして満を持して完成させた新作『LTD』。ここまで煽っておいて何ですが、リリースまでもう少し時間があるので、細かい事はここではまだ話さないでおきます。もったいぶってごめんなさい。でもこれじゃさすがにちょっと意地悪過ぎだな。そこであなたに吉報! なんと新作リリースに先立って新曲を1曲入手しました! タイトルは「ナイチンゲール」! しかもこの曲、『LTD』には収録されない、ここだけの完全独占配信なのだ! さあ、早く聴いてみてくれ。もうね、笑ってしまうよ。今どきそこらの学生が作る自主音源だって、ハイ・スペックな機材を駆使して綺麗に編集されている時代なのに、この見事なまでの装飾のなさと言ったら。この2コードで展開するミニマルな楽曲だけでも、彼らが我が道を行った事は十分に伝わるはず。あ、大事なこと忘れてた。この曲は24bit/48KHzでの配信となります。クラムボンの「NOW!!!」でも思った事だけど、こういうスタジオでの生々しい演奏を収めたものこそ、高音質配信は利用されるべきだね。

とにかく今はこの「ナイチンゲール」を聴いて、いろんな妄想を膨らましながら、アルバムのリリースを待っていてください。あ、最後にこれだけ言っておこう。リミエキはこれまでも日本のアンダーグラウンド・シーンを牽引してきたと言われてるけど、彼らが本格的にそこに乗り出すのは『LTD』が世に出てからになると思うよ。(text by 渡辺裕也)

NEW ALBUM 『LTD』

プロデューサーに竹久圏(KIRIHITO)と谷口順(UG MAN / younGSounds)、エンジニアに松本健一とTaichi(stim)を迎えて制作された、約5年ぶりのフル・アルバムがリリースされます。

『LTD』 / Limited Express(has gone?)
2009年10月10日(土)発売
品番 : LTD-999
1. Shut up to go
2. D.N.A
3. Heavenly
4. ジャンク・ファイト
5. I am deading
6. Rhythm & Balance
7. I wanna sing all of my heart
8. ササササイキック
9. Star light-IEDE
10. Check the MICROPHONE
11. ハリウッドはどこだ?

LIVE SCHEDULE

  • 9月11日(金)@小岩BUSH BASH
  • 9月20日(日) 東京BOREDOM@東京大学駒場キャンパス多目的ホール「駒場小空間」
  • 9月21日(月・祝)@渋谷o-nest

JJが主催するBOROFESTA

東京BOROFESTA×eetee
9月26日(土)@下北沢 CLUB 251 + 440(four forty) + BASEMENT BAR
LIVE : イルリメ / TUCKER / ズボンズ / 赤い疑惑 / KIRIHITO / グッバイマイラブ / moools / ロボピッチャー / Wack Wack Rhythm Band / 櫻井響 / ALOHA / スーパーノア / 中村好伸 / ZEN-LA-ROCK feat.LUVRAW&BTB+Mr.melody / ゆーきゃん
DJ : 西村道男(Nur.) / やけのはら / 藤澤志保 / 田中亮太 (CLUB SNOOZER) / ry01 (GOOD ON THE DANCEFLOOR) / 関口紘嗣(粋/H2G FACTORY) / Kai Kunimoto (Unfinished Sympathy) / eyama(新宿Rolling Stone / Nur.) / 藤本ケイジョウ(NEO CLASSICS) / WSZ80(reclash / LEF!!!) / DeeJayおしゃれ(naghty tripper) and more・・・

nano BOROFESTA
10月10(土)、11(日)、12日(月・祝)@京都 livehouse nano & footballbar ラクボウズ
ザ・たこさん / ワッツーシゾンビ / 松崎ナオ / THE SiX BULLETS / ドンマツオ(ズボンズ) / folk enough / THE BITE / ULTRA Jr. / ハヌマーン / monohoxon / the SHUWA / SuiseiNoboAz / SU: / 紺風少年 / LOW-PASS and more・・・

ボロフェスタ&堀川中立売のオールナイトキョウト~BOROFESTA × 京都みなみ会館(柴田剛監督作品『堀川中立売』完成記念)~
10月10(土)@京都 みなみ会館
LIVE : ゆーきゃん / Harp on mouth sextet and more・・・
上映 : 『GODOG』(200?年/20分/監督:長谷井宏紀) / 『MY Beautiful EGO』(1999年/DV/40分/監督:清水佐絵) / 『東京の空の雲はナタデココ』(2006年/16mm/20分/監督:石井裕也) / 『空気に殺される』(2006年/16mm/40分/監督:鈴木洋平) / 『永野宗典全作品』(DV/25分/監督:永野宗典)
来場ゲスト : 柴田剛 / 石井モタコ / 永野宗典

BOROFESTA
10月17日(土)、18日(日)@京都 KBS HALL
ギターウルフ / Limited Express (has gone?) / NATSUMEN / world's end girlfriend / ロボピッチャー / Discharming Man / 湯川潮音 / スーパーノア /neco眠る / group_inou / トクマルシューゴ /デラシネ / ときめき☆ジャンボジャンボ / Joe Lally / オリジナル・ウルトラビデ / COMEBACK MY DAUGHTERS / TURTLE ISLAND / MC :土龍 and more・・・

BOROFESTA midnight
10月16日(金)、17日(土)@京都丸太町METRO
LIVE : グッドラックヘイワ / oneone(DEERHOOF&TENNISCOATS) / Experimental Dental School(from San Francisco) / Turntable Films / FLUID / UG MAN / RATVILLE feat.DOCTOR HASEGAWA / サイケアウツG and more・・・
DJ : やけのはら / HALFBY / Handsomeboy Technique / BIOMAN(from neco眠る) / DeeJayおしゃれ(naghty tripper) / 西村道男(Nur.)and more・・・

PROFILE

Limited Express (has gone?)
2003年、US、ジョン・ゾーンのTZADIKから1st albumをリリースし、15カ国以上を飛び回る。その後、高橋健太郎主催のmemory labより、2nd album、best albumをリリース。WHY?、NUMBERS、そしてダムドの日本公演のサポートを行うなど、名実共に日本オルタナ・パンク・シーンを率先するバンドになるも、2006年突然の解散宣言。半年後、突然の復活宣言。なんとニュー・ドラマーには、日本が誇るPUNK BAND、JOYのドラマーTDKが正式加入!!! メンバーのJJは、ボロフェスタを主催。YUKARIは、ニーハオ!のリーダー等、各人の活動は多岐にわたる。2008年6月11日DODDODOとのsprit albumをLess Than TVからリリース。そして2009年、待望の3rd albumをリリースする。

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く――注目の新人バンド・Wanna-Gonnaの初EP
[CLOSEUP]・2017年09月28日・ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く──注目の新人バンド、Wanna-Gonnaの初EP 時代や、そして洋・邦の垣根すらも超える普遍的サウンドを鳴らすバンド、Wanna-Gonna。〈FUJI ROCK'16〉への出演をはじめ、現在インディ・シーンで注目を集めている。先行でリリースされた7inch シングル「New Town」を筆頭に、ほっこりと落ち着いた気持ちになれるような良質な音楽を詰め込んだアルバムがやってきた!! ポップスの魅力に立ち返らせてくれる1枚を、レヴューと合わせてお楽しみください。 待望の1stミニ・アルバム!Wanna-Gonna / In the Right Place'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 1,200円(税込)【収録曲】''01. Three Miles02. Run High 03. Nicaragua,1979 04. New Town 05. Transmitting End 06. Man in the Right Place 【REVIEW】W
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事