新作のスタジオ・アルバムを1週間先行で、高音質配信開始!

今谷忠弘を中心としたユニット“ホテルニュートーキョー”が、4年振りのアルバムをリリース。今作は、toeの柏倉隆史をはじめ、中村圭作(kowloon、stim、toe、木村カエラ)や後関好宏(在日ファンク、stim、WUJA BIN BIN)など、第一線で活躍するミュージシャンらが集結。互いの個性をぶつけ合いながら、緻密に練り込まれたバンド・アンサンブルを披露。ホテルニュートーキョーの集大成とも言うべく傑作アルバムがここに完成した。もちろんリリースは曽我部恵一のROSE Recordsから。OTOTOYでは1週間先行で、24bit/48kHzの高音質WAV音源での配信がスタート!

 

1週間先行で配信スタート!

ホテルニュートーキョー / yes?

【価格】
mp3 単曲 200円 / まとめ購入 1,500円
HQD(24bit/48kHzのwav) 単曲 230円 / まとめ購入 1,800円

【Track List】
01. カルトヒーロー / 02. Good design makes me happy / 03. Succession / 04. フレミングの家 / 05. 3+1 / 06. 都市とモード / 07. Weekender / 08. マッドサイエンティスト / 09. Ebony and Ivory / 10. Bison

INTERVIEW : ホテルニュートーキョー

今谷忠弘ひきいるホテルニュートーキョーから、およそ4年ぶりとなるスタジオ・アルバム『yes?』が届いた。過去作でも堪能できたスタイリッシュできらびやかな音像はそのままに、本作ではここまで活動をともにしてきたメンバーとのバンド・アンサンブルにぐっと焦点が絞られている。今谷のデモをもとにした緻密なアレンジにしても、名うての演奏家たちが生み出す色気のあるグル―ヴにしても、とにかく付け入る隙のない完成度で、まさにホテルニュートーキョーのキャリアにおける最高到達点を示した作品にしあがっている。10年前にまずはひとりでこのプロジェクトを立ち上げ、気心の知れた演奏家たちとともにじっくりと作品を重ねてきた今谷は、今回のインタヴューで一寸の迷いもなくこう語っている。「今回のアルバムで、ようやく理想のバンドになった」と。

インタヴュー & 文 : 渡辺裕也

ようやく理想とするバンドの形になったんです

——少し前に木村カエラさんへの楽曲提供がありましたね。あの機会はどういう経緯で?

今谷 : あれはメンバーの圭作さん(中村圭作。kowloon、stim、WUJA BIN BIN)と柏倉さん(柏倉隆史。toe)がカエラさんのバンドで演奏しているから。まあ、棚から牡丹餅みたいなやつです(笑)。

——また身も蓋もない言い方を(笑)。

今谷 : でも、そうじゃなければやらなかったかもしれない。そのカエラさんの周りにいる人たちをよく知ってたぶん、やったらどうなるのかもなんとなくわかってたし。そのへんが曖昧だと、あまり労力を注げないと思う。あの機会はあくまでも自分がここまでやってきたことの延長線上にあったことだから。いきなりぽっと湧き出てきたような話だったら、また違ったと思う。いわゆるディレクターみたいな人にあれこれ指示されながらやるような作業はたぶんできないんです。僕、そんなに器用じゃないので。

——では、今日はそのキャリアのはじまりから話を訊かせてください。そもそもホテルニュートーキョーって、今谷さんがひとりで立ち上げたプロジェクトですよね。その時点で現在のようなバンド形態をすでにイメージされてたんですか。それともなにか他に指針があったんでしょうか。

今谷 : 当時なにか決めていたことがあったとすれば、それは「解散しないバンドにする」ってこと。つまり、ひとりではじめちゃえば自分が辞めない限りは解散しないっていう。バンドって、続けていくと最後には解散しちゃうでしょ。極論ですけど(笑)。しかもけっこうつまらない理由で終わらせちゃう。それこそ、メンバーの誰かが彼女にフラれたとかさ。まあ、極論ですけど(笑)。

——まあ、よくある話ですね(笑)。

今谷 : 昔からリーダーみたいな立場でバンドをやってたから、ちょっとイキってたし(笑)。すごい情熱を注いでた。それがそういうつまらないことがきっかけで解散させられると、いきなりなにもなくなっちゃうんですよ。しかも、そのあとにリーダー以外のメンバーで別のバンドを作ってたりして、それでまた傷つくっていう(笑)。いま思えば、面白い話なんですけどね。たとえばメンバーにギターがふたりいて、曲によってはギター一本で十分に足りることってあるでしょ? そこで無理やり入れちゃうのもバンドの面白さではあると思うけど、僕は「いらないじゃん」と思っちゃう人だから、そのもうひとりのギターにパーカッションとかをやらせちゃうんです。それでそいつが拗ねちゃって、解散しちゃうっていう。そういうのを繰り返したのもあって、解散しないバンドがやりたかったんです(笑)

——でも、そうやって個々のエゴをぶつけ合うのもバンドの醍醐味だと思うんですけど。今谷さんはそういうのが面倒だったってこと?

今谷 : 僕も本当はそういうふうにやりたいんです。だってバンドがやっぱり一番かっこいいし。

——音楽はバンド形態でやるのが一番だってことですよね? その考えの根っこにはなにがあるんですか。

今谷 : だって、みんなでひとつの目標に向かっていくのって、すごく楽しいじゃないですか。なんか予備校みたいで(笑)。僕はそういうのがなによりも好きなんです。で、とりあえずひとりでこのバンドを始めてから10年が経って、ようやく理想とするバンドの形になったんです。それが今回のアルバム。

——つまり今回のアルバムこそホテルニュートーキョーの理想形だ、と。

今谷 : 自分が最初の頃に思い描いていたのはこういう感じだったと思う。そもそも、それまではスタジオに集まって「せーの」で音を出して、それを家で聴き返してからまたスタジオに持ち込むっていう作業をずっとやってきた人が、パソコンを使った音楽制作をイチからはじめるのって、けっこう大変だったんです。でも、その作業をなんとか10年続けてきて、ようやく、いまそれができるようになったんです。つまり、バンドを解散させないためのやり方が、ここにきてようやくできるようになった(笑)。でも、そこに至るまでの段階として、まず僕はひとりでこのバンドをはじめないといけなかったんです。

——解散しないバンドを作るための足固めを、まずはひとりでやらなければいけなかったんですね。

今谷 : うん。はじめた当時は本当になにもわからなかったし、そういうパソコン上での制作に興味もなかったんだけど、それでも新しいことをはじめたばかりの時期って、すごく楽しいんですよね。でも、そこから世のなかに作品を出す段階まで進んでいくと、だんだんしんどくなっていって。「なんか違うんだよな」の繰り返しになる。だから、ファーストを出すことが決まってから、実際にリリースするまでにすごく時間がかかったんです。

——当初の予定ではもっと早く出せるはずだったんだ。

今谷 : パソコンで音楽を作り始めて、まず4曲入りのデモを作ったんです。で、それを曽我部さんに渡して。そうしたらその翌日に曽我部さんから電話がかかってきて「レーベルをはじめるんだけど、CD出す?」と言ってもらえて。それで「やったー」と思ったんですけど、やっぱりちゃんとしたものを作ろうと思うと、どうしても時間がかかっちゃいましたね。ファーストに関しては宅録の延長線上みたいなところもあったので。

——そのファースト(『ガウディの憂鬱』)の完成度をいまになってどう振り返りますか。

今谷 : その当時の技術的な限界のところで作ったアルバムでしたね。サンプリング用に70年代のドラムのループ集を1枚だけ持ってたんですけど、そのなかでいいなと思えるブレイクビーツがひとつしかなくて、とりあえずそれをそのまま使うしかなかった。BPMも変えられなかったし。でも、結果的にそのファーストにもいまのメンバーが参加してくれたし、とりあえず作品をひとつかたちにしたことで、それが名刺代わりになって、いろんな人を巻き込みやすくはなりました(笑)。

——その後の今谷さんは作品を出すたびに、作品性を示すなにかしらのヒントを提示されてきましたよね。たとえば3年前に『トーキョーアブストラクトスケーターep』を出したときは、「オルタナティヴ」や「ガス・ヴァン・サント」みたいなキーワードを挙げてくれたように。今回の作品に関してはどうでしょう。

今谷 : いまのところ、なにもないんです(笑)。そもそもそういうキーワードって後付けだし、最初からなにかテーマを掲げて作ろうなんて志が、僕にはまったくなくて。これからなにか思い出みたいなものが浮かんでくるかな、とは思ってるんですけど。むしろいまはそれを教えてほしいくらいで(笑)

——じゃあ、いまからそれを一緒に探っていきましょう(笑)。

今谷 : ぜひカウンセリングをお願いします(笑)。うん、じつは困ってたんですよね、そこ。

気に入るか気に入らないか。それだけでいい

——では、『トーキョーアブストラクトスケーターep』を出してからの3年間で、特に今谷さんの興味を引いたものがなにかあれば教えてください。とりあえずそこと音楽に関係があるかどうかは置いておきましょう。

今谷 : そうだな。写真家とか? ここ最近はニューヨークからストリート寄りの写真を撮るフォトグラファーが出てきていて。僕、友だちがやっている〈Golden Brown〉っていうハンバーガー屋で少し前まで働いていたんですけど、その店でそういう写真家の個展にケータリングを出したりしてたんです。で、ティム・バーバーっていうすごく好きな写真家がいるんですけど、実際にその人からサインをもらえたりもして。シガー・ロスの裸のジャケット(『Með Suð Í Eyrum Við Spilum Endalaust』)を撮ったことで有名なライアン・マッギンレーなんかも、そういう系譜の人ですね。ユース・カルチャーとか、若者の淡い感じを捉えるのがうまいというか。そういう人たちがヒカリエで個展をやったりしていたのもあって、そのあたりのテイストに触れる機会がここ最近は多かったのかもしれない。

——確かにそのテイストは今谷さんのセンスにも合いそうですね。

今谷 : あ、そうだ。『美術手帖』でライアン・マッギンレーのインタヴュー記事が載ってたんですけど、そのなかでマッギンレーはガス・ヴァン・サントと対談しているんですよ。

——おお。前作のキーワードと繋がった!

今谷 : やりましたね(笑)。で、そのインタヴューでなにか制作のテーマみたいなものがあるのかと訊かれたマッギンレーが「冒険的で美しく、刺激的かつ反逆的」だと答えてるんです。僕はそこにピンときて。なんか自分にフィットしたというか。なんか、ちょっと悩んでたんですよね。変に言葉を並べ過ぎちゃって、軽い感じに受け取られてるかなって。いや、それは嘘だな。悩んだことはない(笑)

——(笑)。自分の音楽をストリートやファッションのイメージに絡めると、変に表層的なものとして受け取られるかもしれないっていう懸念はあったってことですよね?

今谷 : そうなんだけど、同時にそれでもいいとも思ってるから。

——うん、僕もホテルニュートーキョーの魅力ってそういうところにあると思う。

今谷 : そうなんですけど、ある生意気な女がいて(笑)。自分のライヴ会場でたまたま会ったそいつが「今ちゃん、どうせオシャレな音楽やってるんでしょ?」って言ってきて、すごくムカついたんです(笑)。いや、単にそいつが嫌いなだけなのかも(笑)。で、そういう言い方をされたもんだから、変に自分も敏感になっちゃって。そういうときに目にした「冒険的で美しく、刺激的かつ反逆的」っていう言葉が、妙にしっくりきたんですよね。

——じゃあ、今回の制作はけっこう攻撃的な気持ちで臨んでいたんですか。

今谷 : うん。でもそれが激しい感じのものになるかというと、そういうもんでもないんですよね。それより、かたちに囚われないことを意識したというか。「これ、○○っぽいな」みたいなことをそんなに恐れないというか。つまり、無意識でパクってしまったものはよしとするってこと(笑)。

——つまり今回の作品には無意識でパクッた要素があるってことですね。

今谷 : 音像の雰囲気としてはあると思う。それが実際になにかは言いませんけど(笑)。

——でも、今谷が原体験として通ってきた音楽がバックボーンにあるという意味では、今回の作品もこれまでと変わらないんじゃないかなとは思って。

今谷 : うん。そこは確かに変わってない。

——そのいっぽうで、これまでになかった新たな音楽的刺激って、ここ最近でなにかありませんでしたか。

今谷 : ジェイムス・ブレイクのライヴを観たことはけっこう大きかったのかも。特にあの、いわゆるエレキベースでは出せないような、気持ち悪くなるくらいの低音ですね。ジェイムス・ブレイクが出すあの低音って、それこそさっきの「冒険的で美しく、刺激的かつ反逆的」なのかもしれないと思ったんです。じゃあ、僕もそこまでバンドに執着しないで、ちょっと打ち込みっぽい要素も入れてみようかな、と。それが「Succession」。あれはシンセベースを使ってるんですよ。

 

——制作のプロセスもこれまでとは少し違うってことですね。

今谷 : 今回はがんばりましたよ(笑)。なにしろデモを作りましたから。

——そういえば、バンドに持ち込む前の段階ではそこまで作り込まないって、前回のインタヴューでも言ってましたね。

今谷 : たとえば『2009 spring / summer』のときなんかは、ざっくりしたデモしかなくて、それをもとに素材を録って、それをあとで組み合わせて作ったりした曲もわりとあったりして。

——サンプリング的な感じですね。

今谷 : そうそう。で、曲のエンディングも考えずにひたすら素材を集めていたから、最後はフェイドアウトで締めるしかないっていう(笑)。でもそれがうまく転がって、すごく楽しかったんです。自分で弾いたフレーズなのに、まったくそういう気がしないっていう感覚がすごくおもしろかった。でも、今回はちゃんとデモを作って、僕がこの曲をどうしたいか、ある程度しっかりと把握してもらったうえでみんなに演奏してもらいました。つまり、普通に録ったんです。今回リハはやってないんですけど、それでもデモをがんばって作ると、うまくできちゃうんですね。

——これだけ腕の立つメンバーが揃っていますからね。じゃあ、今回のアルバムは今谷さん個人の志向性が過去になくダイレクトに反映されているんですね。

今谷 : とは言っても、デモは各パートのテイストをイメージして作ってたし、そこから先はいつものようにお任せだったから。

——じゃあ、ホテルニュートーキョーをはじめてからのこの10年間で、今谷さんの音楽との付き合い方はどう変化しましたか。

今谷 : 始めてからいままで、そこはあまり変わってないと思うけど、ここから変わってくるのかもしれませんね。でも、こうして自分の作品を出してもらえるレーベルがある限りは作っていきたいと思ってます。

——もしこの環境がなくなったら?

今谷 : もっとテキトーにやってるかも(笑)。でも、こうして何年もこのバンドをやってきて、ようやく自分なりのバンド像ができてくると、いままでみたいなキーワードは必要じゃなくなってきたんですよね。これが気に入るか気に入らないか。それだけでいいし、それって悪いことじゃないと思う。いまはすごくすっきりしてますよ。音楽的にもやっとスタート地点に立ったような感覚です。パソコンで作りはじめてから10年が経って、やっとここまで持ってこれた。それに、僕が言うのもアレですけど、このバンドには間違いない人たちが集まっているから。もはや僕がいようがいまいが関係ない(笑)。まあ、いないよりはいたほうがいいだろうけど。

——今谷さん抜きじゃホテルニュートーキョーにならないでしょう(笑)。

今谷 : 僕がいなくても成立しますよ。いわばキップ・ハンラハン方式ですね(笑)。最終的に僕はこのバンドのライヴを降ろされているかもしれない。あるいはマスコット的な存在になっているかもしれない(笑)。どちらにしても、このバンドを動かしているのは、ここに揃ってくれたメンバーなんです。

——でも、そのメンバーは今谷さんを中心に集っているわけですから。この音楽は友だち同士がちょっと集まっただけじゃ作れませんよ。そこは認めてください(笑)。

今谷 : いや、自分でもよくわかってるんですよ。僕が音楽的にも人間的にもすごくないっていうことは。だから、自分がやれるのはカレー屋だってことに気づいたんです(笑)。僕がなんとかこのバンドをやってこれたのも、このメンバーがやってくれるというプレッシャーがあったからで。それこそ、ホテルニュートーキョーで初めてバンド編成のライヴをやったときは、僕が真ん中に立ってやってみたんです。そしたらなんか違うなと思って、それからは端っこで演奏するようになった(笑)。僕はそれがちょうどいいと思ってる。

——じゃあ、いつか今谷さん以外のメンバー全員にインタヴューしてみたいですね。「本当は今谷さんのことをどう思ってるのか」って。

今谷 : あ、それは僕も聞いてみたい。でも、なんか傷つきそうだな(笑)。

LIVE INFORMATION

『yes?』TOURが11月よりスタート!! 詳細は後日発表!

>>>official HP

ホテルニュートーキョーの配信作品もチェック

ホテルニュートーキョー / トーキョー アブストラクト スケーター ep

自らのルーツである東京を切りっ取った様なホテルニュートーキョーの新作『トーキョー アブストラクト スケーター ep』がドロップ。8曲入りのAlbumで、2曲のセルフ・リミックスと圧巻のライヴ・テイク、エリオット・スミスのカバー等も収録。柔らかな音が全体を包み、ストリートなグルーヴの中には、確かな演奏力と哀愁漂う旋律が流れる。自らの根底を表現しようとしたホテルニュートーキョーの現在とそのルーツとなる東京のクロス・オーバー・サウンドをどうぞ。

>>>インタビュー特集はこちら

ホテルニュートーキョー / 切り取られた時代のフェイク、その先にあるモノ。

ホテルニュートーキョーが、2010年にリリースした『トーキョー アブストラクト スケーター ep』に収録されている「Dawn」を元に再構築した楽曲「切り取られた時代のフェイク、その先にあるモノ。」をフリー配信中。

RECOMMEND

stim / NOON AFTER NIGHT(HQD ver.)

トラック・メイカーとしても活躍するTaichiを中心に2002年に母体が結成されたstim。現在は松崎幹雄、高田陽平(Percussion / WUJA BIN BIN、ホテルニュートーキョー、Orquesta Nudge! Nudge!、TUFF SESSION)、中村圭作(Key / kowloon、toeサポート、木村カエラサポート、ホテルニュートーキョー、WUJA BIN BIN、Nice Brew)、後関好宏(T.Sax / 在日ファンク、WUJA BIN BIN、ex.DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN)、上運天淳市(B.Sax / 東京中低域、ex.KINGDAM☆AFROCKS)というメンバーが参加し6人編成で活動するstimの新作!

>>>インタビュー特集はこちら

toe / The Future Is Now EP(HQD ver.)

2年半振りとなるtoeの新作。昨年震災チャリティとして発表された「Ordinary Days」やゲストボーカルにACOを迎えた楽曲など、現在の様々な環境、状況を一歩踏み越えた力に溢れる珠玉の4曲。

>>>特集はこちら

PROFILE

ホテルニュートーキョー

2003年、今谷忠弘のソロ・ユニットとして始動し、その後はバンド編成によるライヴ活動を行うようになる。アーバンな質感をベースにしつつも、PUNKの気概を随所に散りばめながらクロスオーバーなサウンドを展開。サウンド面のみならず、映像やファッション、ストリート、デザインなど様々なアートフォーム横断。それらのエッセンスを混在させる独自の世界観を描く。このユニット自体が多彩な価値観を繋ぐ拠点として機能し、リスナーのみならず、その世界感に共鳴するクリエイター達からも厚い支持を受けている。また、今谷は木村カエラの楽曲プロデュースやCM音楽、舞台音楽などのプロデュース業も行っており、ジャンルを問わず幅広い分野のアーティストへ楽曲を提供している。2006年5月、12inchシングル『東京ワルツ』(須永辰緒と曽我部恵一のREMIXをそれぞれ収録)でデビュー。2006年8月、1stアルバム『ガウディの憂鬱』をリリース。2009年3月、2ndアルバム『2009 spring/suumer』リリース。2010年6月、ライヴ・テイクを含む全8曲を収録した『トーキョー アブストラクト スケーター ep』をリリース。2013年6月 フル・アルバムのリリースとしては4年ぶりとなる、3rdアルバム『yes?』をリリース予定。

>>ホテルニュートーキョー official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事