新作のスタジオ・アルバムを1週間先行で、高音質配信開始!

今谷忠弘を中心としたユニット“ホテルニュートーキョー”が、4年振りのアルバムをリリース。今作は、toeの柏倉隆史をはじめ、中村圭作(kowloon、stim、toe、木村カエラ)や後関好宏(在日ファンク、stim、WUJA BIN BIN)など、第一線で活躍するミュージシャンらが集結。互いの個性をぶつけ合いながら、緻密に練り込まれたバンド・アンサンブルを披露。ホテルニュートーキョーの集大成とも言うべく傑作アルバムがここに完成した。もちろんリリースは曽我部恵一のROSE Recordsから。OTOTOYでは1週間先行で、24bit/48kHzの高音質WAV音源での配信がスタート!

 

1週間先行で配信スタート!

ホテルニュートーキョー / yes?

【価格】
mp3 単曲 200円 / まとめ購入 1,500円
HQD(24bit/48kHzのwav) 単曲 230円 / まとめ購入 1,800円

【Track List】
01. カルトヒーロー / 02. Good design makes me happy / 03. Succession / 04. フレミングの家 / 05. 3+1 / 06. 都市とモード / 07. Weekender / 08. マッドサイエンティスト / 09. Ebony and Ivory / 10. Bison

INTERVIEW : ホテルニュートーキョー

今谷忠弘ひきいるホテルニュートーキョーから、およそ4年ぶりとなるスタジオ・アルバム『yes?』が届いた。過去作でも堪能できたスタイリッシュできらびやかな音像はそのままに、本作ではここまで活動をともにしてきたメンバーとのバンド・アンサンブルにぐっと焦点が絞られている。今谷のデモをもとにした緻密なアレンジにしても、名うての演奏家たちが生み出す色気のあるグル―ヴにしても、とにかく付け入る隙のない完成度で、まさにホテルニュートーキョーのキャリアにおける最高到達点を示した作品にしあがっている。10年前にまずはひとりでこのプロジェクトを立ち上げ、気心の知れた演奏家たちとともにじっくりと作品を重ねてきた今谷は、今回のインタヴューで一寸の迷いもなくこう語っている。「今回のアルバムで、ようやく理想のバンドになった」と。

インタヴュー & 文 : 渡辺裕也

ようやく理想とするバンドの形になったんです

——少し前に木村カエラさんへの楽曲提供がありましたね。あの機会はどういう経緯で?

今谷 : あれはメンバーの圭作さん(中村圭作。kowloon、stim、WUJA BIN BIN)と柏倉さん(柏倉隆史。toe)がカエラさんのバンドで演奏しているから。まあ、棚から牡丹餅みたいなやつです(笑)。

——また身も蓋もない言い方を(笑)。

今谷 : でも、そうじゃなければやらなかったかもしれない。そのカエラさんの周りにいる人たちをよく知ってたぶん、やったらどうなるのかもなんとなくわかってたし。そのへんが曖昧だと、あまり労力を注げないと思う。あの機会はあくまでも自分がここまでやってきたことの延長線上にあったことだから。いきなりぽっと湧き出てきたような話だったら、また違ったと思う。いわゆるディレクターみたいな人にあれこれ指示されながらやるような作業はたぶんできないんです。僕、そんなに器用じゃないので。

——では、今日はそのキャリアのはじまりから話を訊かせてください。そもそもホテルニュートーキョーって、今谷さんがひとりで立ち上げたプロジェクトですよね。その時点で現在のようなバンド形態をすでにイメージされてたんですか。それともなにか他に指針があったんでしょうか。

今谷 : 当時なにか決めていたことがあったとすれば、それは「解散しないバンドにする」ってこと。つまり、ひとりではじめちゃえば自分が辞めない限りは解散しないっていう。バンドって、続けていくと最後には解散しちゃうでしょ。極論ですけど(笑)。しかもけっこうつまらない理由で終わらせちゃう。それこそ、メンバーの誰かが彼女にフラれたとかさ。まあ、極論ですけど(笑)。

——まあ、よくある話ですね(笑)。

今谷 : 昔からリーダーみたいな立場でバンドをやってたから、ちょっとイキってたし(笑)。すごい情熱を注いでた。それがそういうつまらないことがきっかけで解散させられると、いきなりなにもなくなっちゃうんですよ。しかも、そのあとにリーダー以外のメンバーで別のバンドを作ってたりして、それでまた傷つくっていう(笑)。いま思えば、面白い話なんですけどね。たとえばメンバーにギターがふたりいて、曲によってはギター一本で十分に足りることってあるでしょ? そこで無理やり入れちゃうのもバンドの面白さではあると思うけど、僕は「いらないじゃん」と思っちゃう人だから、そのもうひとりのギターにパーカッションとかをやらせちゃうんです。それでそいつが拗ねちゃって、解散しちゃうっていう。そういうのを繰り返したのもあって、解散しないバンドがやりたかったんです(笑)

——でも、そうやって個々のエゴをぶつけ合うのもバンドの醍醐味だと思うんですけど。今谷さんはそういうのが面倒だったってこと?

今谷 : 僕も本当はそういうふうにやりたいんです。だってバンドがやっぱり一番かっこいいし。

——音楽はバンド形態でやるのが一番だってことですよね? その考えの根っこにはなにがあるんですか。

今谷 : だって、みんなでひとつの目標に向かっていくのって、すごく楽しいじゃないですか。なんか予備校みたいで(笑)。僕はそういうのがなによりも好きなんです。で、とりあえずひとりでこのバンドを始めてから10年が経って、ようやく理想とするバンドの形になったんです。それが今回のアルバム。

——つまり今回のアルバムこそホテルニュートーキョーの理想形だ、と。

今谷 : 自分が最初の頃に思い描いていたのはこういう感じだったと思う。そもそも、それまではスタジオに集まって「せーの」で音を出して、それを家で聴き返してからまたスタジオに持ち込むっていう作業をずっとやってきた人が、パソコンを使った音楽制作をイチからはじめるのって、けっこう大変だったんです。でも、その作業をなんとか10年続けてきて、ようやく、いまそれができるようになったんです。つまり、バンドを解散させないためのやり方が、ここにきてようやくできるようになった(笑)。でも、そこに至るまでの段階として、まず僕はひとりでこのバンドをはじめないといけなかったんです。

——解散しないバンドを作るための足固めを、まずはひとりでやらなければいけなかったんですね。

今谷 : うん。はじめた当時は本当になにもわからなかったし、そういうパソコン上での制作に興味もなかったんだけど、それでも新しいことをはじめたばかりの時期って、すごく楽しいんですよね。でも、そこから世のなかに作品を出す段階まで進んでいくと、だんだんしんどくなっていって。「なんか違うんだよな」の繰り返しになる。だから、ファーストを出すことが決まってから、実際にリリースするまでにすごく時間がかかったんです。

——当初の予定ではもっと早く出せるはずだったんだ。

今谷 : パソコンで音楽を作り始めて、まず4曲入りのデモを作ったんです。で、それを曽我部さんに渡して。そうしたらその翌日に曽我部さんから電話がかかってきて「レーベルをはじめるんだけど、CD出す?」と言ってもらえて。それで「やったー」と思ったんですけど、やっぱりちゃんとしたものを作ろうと思うと、どうしても時間がかかっちゃいましたね。ファーストに関しては宅録の延長線上みたいなところもあったので。

——そのファースト(『ガウディの憂鬱』)の完成度をいまになってどう振り返りますか。

今谷 : その当時の技術的な限界のところで作ったアルバムでしたね。サンプリング用に70年代のドラムのループ集を1枚だけ持ってたんですけど、そのなかでいいなと思えるブレイクビーツがひとつしかなくて、とりあえずそれをそのまま使うしかなかった。BPMも変えられなかったし。でも、結果的にそのファーストにもいまのメンバーが参加してくれたし、とりあえず作品をひとつかたちにしたことで、それが名刺代わりになって、いろんな人を巻き込みやすくはなりました(笑)。

——その後の今谷さんは作品を出すたびに、作品性を示すなにかしらのヒントを提示されてきましたよね。たとえば3年前に『トーキョーアブストラクトスケーターep』を出したときは、「オルタナティヴ」や「ガス・ヴァン・サント」みたいなキーワードを挙げてくれたように。今回の作品に関してはどうでしょう。

今谷 : いまのところ、なにもないんです(笑)。そもそもそういうキーワードって後付けだし、最初からなにかテーマを掲げて作ろうなんて志が、僕にはまったくなくて。これからなにか思い出みたいなものが浮かんでくるかな、とは思ってるんですけど。むしろいまはそれを教えてほしいくらいで(笑)

——じゃあ、いまからそれを一緒に探っていきましょう(笑)。

今谷 : ぜひカウンセリングをお願いします(笑)。うん、じつは困ってたんですよね、そこ。

気に入るか気に入らないか。それだけでいい

——では、『トーキョーアブストラクトスケーターep』を出してからの3年間で、特に今谷さんの興味を引いたものがなにかあれば教えてください。とりあえずそこと音楽に関係があるかどうかは置いておきましょう。

今谷 : そうだな。写真家とか? ここ最近はニューヨークからストリート寄りの写真を撮るフォトグラファーが出てきていて。僕、友だちがやっている〈Golden Brown〉っていうハンバーガー屋で少し前まで働いていたんですけど、その店でそういう写真家の個展にケータリングを出したりしてたんです。で、ティム・バーバーっていうすごく好きな写真家がいるんですけど、実際にその人からサインをもらえたりもして。シガー・ロスの裸のジャケット(『Með Suð Í Eyrum Við Spilum Endalaust』)を撮ったことで有名なライアン・マッギンレーなんかも、そういう系譜の人ですね。ユース・カルチャーとか、若者の淡い感じを捉えるのがうまいというか。そういう人たちがヒカリエで個展をやったりしていたのもあって、そのあたりのテイストに触れる機会がここ最近は多かったのかもしれない。

——確かにそのテイストは今谷さんのセンスにも合いそうですね。

今谷 : あ、そうだ。『美術手帖』でライアン・マッギンレーのインタヴュー記事が載ってたんですけど、そのなかでマッギンレーはガス・ヴァン・サントと対談しているんですよ。

——おお。前作のキーワードと繋がった!

今谷 : やりましたね(笑)。で、そのインタヴューでなにか制作のテーマみたいなものがあるのかと訊かれたマッギンレーが「冒険的で美しく、刺激的かつ反逆的」だと答えてるんです。僕はそこにピンときて。なんか自分にフィットしたというか。なんか、ちょっと悩んでたんですよね。変に言葉を並べ過ぎちゃって、軽い感じに受け取られてるかなって。いや、それは嘘だな。悩んだことはない(笑)

——(笑)。自分の音楽をストリートやファッションのイメージに絡めると、変に表層的なものとして受け取られるかもしれないっていう懸念はあったってことですよね?

今谷 : そうなんだけど、同時にそれでもいいとも思ってるから。

——うん、僕もホテルニュートーキョーの魅力ってそういうところにあると思う。

今谷 : そうなんですけど、ある生意気な女がいて(笑)。自分のライヴ会場でたまたま会ったそいつが「今ちゃん、どうせオシャレな音楽やってるんでしょ?」って言ってきて、すごくムカついたんです(笑)。いや、単にそいつが嫌いなだけなのかも(笑)。で、そういう言い方をされたもんだから、変に自分も敏感になっちゃって。そういうときに目にした「冒険的で美しく、刺激的かつ反逆的」っていう言葉が、妙にしっくりきたんですよね。

——じゃあ、今回の制作はけっこう攻撃的な気持ちで臨んでいたんですか。

今谷 : うん。でもそれが激しい感じのものになるかというと、そういうもんでもないんですよね。それより、かたちに囚われないことを意識したというか。「これ、○○っぽいな」みたいなことをそんなに恐れないというか。つまり、無意識でパクってしまったものはよしとするってこと(笑)。

——つまり今回の作品には無意識でパクッた要素があるってことですね。

今谷 : 音像の雰囲気としてはあると思う。それが実際になにかは言いませんけど(笑)。

——でも、今谷が原体験として通ってきた音楽がバックボーンにあるという意味では、今回の作品もこれまでと変わらないんじゃないかなとは思って。

今谷 : うん。そこは確かに変わってない。

——そのいっぽうで、これまでになかった新たな音楽的刺激って、ここ最近でなにかありませんでしたか。

今谷 : ジェイムス・ブレイクのライヴを観たことはけっこう大きかったのかも。特にあの、いわゆるエレキベースでは出せないような、気持ち悪くなるくらいの低音ですね。ジェイムス・ブレイクが出すあの低音って、それこそさっきの「冒険的で美しく、刺激的かつ反逆的」なのかもしれないと思ったんです。じゃあ、僕もそこまでバンドに執着しないで、ちょっと打ち込みっぽい要素も入れてみようかな、と。それが「Succession」。あれはシンセベースを使ってるんですよ。

 

——制作のプロセスもこれまでとは少し違うってことですね。

今谷 : 今回はがんばりましたよ(笑)。なにしろデモを作りましたから。

——そういえば、バンドに持ち込む前の段階ではそこまで作り込まないって、前回のインタヴューでも言ってましたね。

今谷 : たとえば『2009 spring / summer』のときなんかは、ざっくりしたデモしかなくて、それをもとに素材を録って、それをあとで組み合わせて作ったりした曲もわりとあったりして。

——サンプリング的な感じですね。

今谷 : そうそう。で、曲のエンディングも考えずにひたすら素材を集めていたから、最後はフェイドアウトで締めるしかないっていう(笑)。でもそれがうまく転がって、すごく楽しかったんです。自分で弾いたフレーズなのに、まったくそういう気がしないっていう感覚がすごくおもしろかった。でも、今回はちゃんとデモを作って、僕がこの曲をどうしたいか、ある程度しっかりと把握してもらったうえでみんなに演奏してもらいました。つまり、普通に録ったんです。今回リハはやってないんですけど、それでもデモをがんばって作ると、うまくできちゃうんですね。

——これだけ腕の立つメンバーが揃っていますからね。じゃあ、今回のアルバムは今谷さん個人の志向性が過去になくダイレクトに反映されているんですね。

今谷 : とは言っても、デモは各パートのテイストをイメージして作ってたし、そこから先はいつものようにお任せだったから。

——じゃあ、ホテルニュートーキョーをはじめてからのこの10年間で、今谷さんの音楽との付き合い方はどう変化しましたか。

今谷 : 始めてからいままで、そこはあまり変わってないと思うけど、ここから変わってくるのかもしれませんね。でも、こうして自分の作品を出してもらえるレーベルがある限りは作っていきたいと思ってます。

——もしこの環境がなくなったら?

今谷 : もっとテキトーにやってるかも(笑)。でも、こうして何年もこのバンドをやってきて、ようやく自分なりのバンド像ができてくると、いままでみたいなキーワードは必要じゃなくなってきたんですよね。これが気に入るか気に入らないか。それだけでいいし、それって悪いことじゃないと思う。いまはすごくすっきりしてますよ。音楽的にもやっとスタート地点に立ったような感覚です。パソコンで作りはじめてから10年が経って、やっとここまで持ってこれた。それに、僕が言うのもアレですけど、このバンドには間違いない人たちが集まっているから。もはや僕がいようがいまいが関係ない(笑)。まあ、いないよりはいたほうがいいだろうけど。

——今谷さん抜きじゃホテルニュートーキョーにならないでしょう(笑)。

今谷 : 僕がいなくても成立しますよ。いわばキップ・ハンラハン方式ですね(笑)。最終的に僕はこのバンドのライヴを降ろされているかもしれない。あるいはマスコット的な存在になっているかもしれない(笑)。どちらにしても、このバンドを動かしているのは、ここに揃ってくれたメンバーなんです。

——でも、そのメンバーは今谷さんを中心に集っているわけですから。この音楽は友だち同士がちょっと集まっただけじゃ作れませんよ。そこは認めてください(笑)。

今谷 : いや、自分でもよくわかってるんですよ。僕が音楽的にも人間的にもすごくないっていうことは。だから、自分がやれるのはカレー屋だってことに気づいたんです(笑)。僕がなんとかこのバンドをやってこれたのも、このメンバーがやってくれるというプレッシャーがあったからで。それこそ、ホテルニュートーキョーで初めてバンド編成のライヴをやったときは、僕が真ん中に立ってやってみたんです。そしたらなんか違うなと思って、それからは端っこで演奏するようになった(笑)。僕はそれがちょうどいいと思ってる。

——じゃあ、いつか今谷さん以外のメンバー全員にインタヴューしてみたいですね。「本当は今谷さんのことをどう思ってるのか」って。

今谷 : あ、それは僕も聞いてみたい。でも、なんか傷つきそうだな(笑)。

LIVE INFORMATION

『yes?』TOURが11月よりスタート!! 詳細は後日発表!

>>>official HP

ホテルニュートーキョーの配信作品もチェック

ホテルニュートーキョー / トーキョー アブストラクト スケーター ep

自らのルーツである東京を切りっ取った様なホテルニュートーキョーの新作『トーキョー アブストラクト スケーター ep』がドロップ。8曲入りのAlbumで、2曲のセルフ・リミックスと圧巻のライヴ・テイク、エリオット・スミスのカバー等も収録。柔らかな音が全体を包み、ストリートなグルーヴの中には、確かな演奏力と哀愁漂う旋律が流れる。自らの根底を表現しようとしたホテルニュートーキョーの現在とそのルーツとなる東京のクロス・オーバー・サウンドをどうぞ。

>>>インタビュー特集はこちら

ホテルニュートーキョー / 切り取られた時代のフェイク、その先にあるモノ。

ホテルニュートーキョーが、2010年にリリースした『トーキョー アブストラクト スケーター ep』に収録されている「Dawn」を元に再構築した楽曲「切り取られた時代のフェイク、その先にあるモノ。」をフリー配信中。

RECOMMEND

stim / NOON AFTER NIGHT(HQD ver.)

トラック・メイカーとしても活躍するTaichiを中心に2002年に母体が結成されたstim。現在は松崎幹雄、高田陽平(Percussion / WUJA BIN BIN、ホテルニュートーキョー、Orquesta Nudge! Nudge!、TUFF SESSION)、中村圭作(Key / kowloon、toeサポート、木村カエラサポート、ホテルニュートーキョー、WUJA BIN BIN、Nice Brew)、後関好宏(T.Sax / 在日ファンク、WUJA BIN BIN、ex.DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN)、上運天淳市(B.Sax / 東京中低域、ex.KINGDAM☆AFROCKS)というメンバーが参加し6人編成で活動するstimの新作!

>>>インタビュー特集はこちら

toe / The Future Is Now EP(HQD ver.)

2年半振りとなるtoeの新作。昨年震災チャリティとして発表された「Ordinary Days」やゲストボーカルにACOを迎えた楽曲など、現在の様々な環境、状況を一歩踏み越えた力に溢れる珠玉の4曲。

>>>特集はこちら

PROFILE

ホテルニュートーキョー

2003年、今谷忠弘のソロ・ユニットとして始動し、その後はバンド編成によるライヴ活動を行うようになる。アーバンな質感をベースにしつつも、PUNKの気概を随所に散りばめながらクロスオーバーなサウンドを展開。サウンド面のみならず、映像やファッション、ストリート、デザインなど様々なアートフォーム横断。それらのエッセンスを混在させる独自の世界観を描く。このユニット自体が多彩な価値観を繋ぐ拠点として機能し、リスナーのみならず、その世界感に共鳴するクリエイター達からも厚い支持を受けている。また、今谷は木村カエラの楽曲プロデュースやCM音楽、舞台音楽などのプロデュース業も行っており、ジャンルを問わず幅広い分野のアーティストへ楽曲を提供している。2006年5月、12inchシングル『東京ワルツ』(須永辰緒と曽我部恵一のREMIXをそれぞれ収録)でデビュー。2006年8月、1stアルバム『ガウディの憂鬱』をリリース。2009年3月、2ndアルバム『2009 spring/suumer』リリース。2010年6月、ライヴ・テイクを含む全8曲を収録した『トーキョー アブストラクト スケーター ep』をリリース。2013年6月 フル・アルバムのリリースとしては4年ぶりとなる、3rdアルバム『yes?』をリリース予定。

>>ホテルニュートーキョー official HP

o

 
 

インタヴュー

8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年10月18日・8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信 2004年の結成から、ドラム・ヴォーカルを含む4ピースという個性的な編成で活動、そこから鳴らされるグルーヴで多くのロック・ファンを魅了しているバンド、8otto(オットー)。各種フェス出演や海外アーティストとも多く共演するなど、もはやベテランの風格も備えたベテランといっていいだろう。 このたびASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文をプロデューサーに迎え、なんと6年ぶりの新アルバム『Dawn On』をリリース! OTOTOYでは今作のハイレゾ配信も実施中。このインタヴューと合わせてお楽しみください。 8ottoがついに本格再始動! 6年ぶりの新アルバム! 8otto / Dawn On'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. Ganges-Fox2. SRKEEN3. Romance4. It's All Right5. 赤と黒6. Rollin
by 鈴木 雄希
fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事