このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成

2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。

>>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから<<

約5年ぶりとなる2ndアルバムをハイレゾ配信

notice it / lamp
【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) / AAC

【価格】
単曲 216円(税込) アルバム 1,944円(税込)

【収録曲】
1. 銀河
2. weekend
3. Symbol
4. 三日月
5. 僕らの明日
6. night run
7. 記憶
8. LANDROUND
9. REPRESENT


Symbol / notice it


INTERVIEW : notice it

福島県いわき市を拠点とするロック・バンド、notice itのニュー・アルバム『lamp』が届いた。東日本大震災の爪痕がまだはっきりと残るなかでレコーディングされた前作『綴る光 夜を游ぐ』から、約5年。いまや地元いわきのシーンを背負って立つバンドとなった彼らの成長と覚悟が、このセカンド・アルバムには刻まれている。ここからはそんな新作『lamp』の全容に迫るべく、notice itの4人に話を訊いてみたいと思う。

インタヴュー&文 : 渡辺裕也

簡単には説明できないような感情があの頃は渦巻いていた

ーーまずは前作『綴る光 夜を游ぐ』を発表した5年前のことを訊かせてください。当時は震災からまだ1年も経っていない頃で、その影響が作品にも強く表れていましたね。

高橋力(以下、高橋 / ギター) : そうですね。震災前のことを振り返ると、あの頃はここにいるメンバーの他にも、ギターとシンセサイザーがいて。その5人編成で初ライヴをやるぞっていうタイミングで、あの震災があったんです。それでちょっとバンド活動の見通しが立たなくなっちゃったんですけど、平山さん(平山勉 / ノーマディック・レコーズ主宰)のおかげで、行き詰まりかけた活動がまた動き出して。あと、こういう言い方はよくないんですけど、やっぱり大樹が生き残ったことで、僕らのなかにも使命感が生まれたんですよね(*震災時、ヴォーカルの政井大樹は大津波に遭遇し、一命を取り留めている)。「これは、やれってことなんだな」みたいに感じたというか。でも、よく思い出せないな。とにかくあの時は必死だったんで。

政井大樹(以下、政井 / ヴォーカル、ベース) : うん。まだ何もわかってない状況だった。

高橋 : 「自分たちはこれがやりたいんだ!」ってことを確かめてるような感覚だったよね。そこで「isansi」という曲が生まれて、ようやく歯車が合ったというか。

ーーまさにその「isansi」は、震災直後にみなさんが感じていたことを克明に刻んだ曲で。

高橋 : あの曲がアルバム全体を締めてくれたと思います。僕らのなかには地方のシーンで活動しているバンドとしての反骨精神みたいなものが渦巻いていて、それがアルバムの最後で「isansi」にたどり着くっていう。そういう流れのアルバムだったと思う。

政井 : 僕らにとってはものすごく意義のある曲でしたね。

ーーその反骨精神とは、たとえば何に向けられていたものなんですか。

高橋 : 社会とか、大人ですね。あと、今はそんなことないけど、やっぱり東京に対するコンプレックスとかもあったし。そういう、簡単には説明できないような感情があの頃は渦巻いていて、「とにかく何かを伝えなきゃ」っていう感じでした。

ーー歌詞は主に力さんが書いてるんですか。

高橋 : 以前は僕がよく書いてました。でも、やっぱりそれを歌うのは大樹ですからね。その大樹の人柄っていうのが、僕からすれば眩しいくらいにまっすぐなんですよ。だから、彼がもっと気持ちを乗せて歌えるようにしたかったので、今回のアルバムは共同制作で進めたものが多くて。

政井 : こう言ってくれてますけど、実際はほとんど力くんが書いてくれてますからね(笑)。僕はただ細かいところを修正しただけっていうか。あと、今は5年前とちがって、メンバーそれぞれ仕事をしながらやってるんです。なかには家庭をもった人間もいるし、今はそういう限りある時間のなかでバンドをやっているから。

ーーなるほど。そういえば、力さんはいま軽音部の顧問もされているんだとか?

高橋 : そうなんですよ。このバンドを結成した軽音部で、今はそういうこともやらせてもらってて。ただ、いま軽音部にくる大学生は「とにかくデカい音を出したい」とか、そういう感じではないみたいですね。どんなバンドのコピーがやりたいかって訊くと、SEKAI NO OWARIと返ってきたり、弾き語りがやりたいと言ってる女の子の待ち受けが三代目 J Soul Brothersだったりするんで、ちょっとよくわかんないっす(笑)。

やっぱり大樹の歌がnotice itらしさ

ーーあはは(笑)。前作を出したあと、メンバー・チェンジもあったようですね。

高橋 : はい。前作のツアーを終えた時点で、ギターがひとり抜けることになって。でも、そのときはまだ踏ん張りがきいたというか、まだ若かったんで(笑)。4人でもぜんぜんやれるし、これからまた新しいnotice itをやっていこうと。そう思っていたら、今度はシンセのやつが辞めることになって。どっちも結婚して子供ができたっていうのが理由なんですけど、これはどうしようかと。もしかするとこのバンドは終わるのかもしれないっていう雰囲気も、一時はちょっとあったんです。

政井 : その頃に杉下が入ったんだよね?

杉下潤(以下、杉下 / ドラム) : シンセのひとが抜けると決まったとき、いちばんバンドの近くにいたのが僕だったんです。それでドラムだった力くんがギター担当になって、その代わりに僕がドラムとして加わるっていう。

高橋 : これに関しては以前からいろんな人によく相談してたんですよ。僕はドラムというパートにこだわっていたわけでもないし、むしろ一向に上手くならなかったんで(笑)。杉下が叩いてくれるなら、ぜひそうしてほしいなと。あとはもう、(シンセサイザーが)なければないでしょうがないというか。とにかくストレートにやりたかったし、逆にロックっぽくなってよかったかなって。

杉下 : 今回のアルバムでも、あとから鍵盤を重ねたりはしてますからね。そこまでカラーは変わってないんじゃないかな。

片寄悠葵(以下、片寄 / ギター) : すっきりした感じはするよね? 以前は鍵盤とギターの音がぶつかってガチャガチャしがちだったから、個人的にそこはやりやすくなったかな。

高橋 : あと、やっぱり大樹の歌がnotice itらしさだからね。そこがしっかりしていれば、編成が変わっても大丈夫なんです。

ーー杉下さんは現在、ライヴハウス〈いわきソニック〉のPAもやられているそうですね。notice itとは元々どういう関係性だったんですか。

杉下 : 元々はその〈いわきソニック〉でよく対バンさせてもらっていた先輩バンドですね。notice itが前作を出した頃、僕はまだ高校生だったんですけど、彼らがツアーを回るときは一緒に付いていったりもしてたので、その流れのままメンバーになった感じなんです。で、その頃にはもうソニックで働いていたので、次はPAとして関わろうと思ってたんですけど、いつの間にかドラマーとして参加するようになったっていう。

1人でも欠けるようなことがあったら、そのときはもう解散すると思う

ーーこうしてメンバーが変わったり、なかには家庭を持った方もいるとなれば、音楽活動との向き合い方にもおのずと変化はでてきそうですけど、そのへんはいかがでしたか。

片寄 : どうだろう? 僕はそこまで変わってないかな。個人的に好きなものも変わってないので、あとはメンバーが用意してきた曲にどう向き合おうかなって感じですね。

高橋 : ただでさえ僕らはひねくれてるところがあるし、誰かひとりに他のメンバーが付いていくようなタイプのバンドでもないんで、そうやって各メンバーの個性を持ち込んでいくってことはこれからも大事にしていきたいんです。あと、曲とか歌詞に関しては、正直でたとこ勝負なところもあるので。

政井 : このバンド、今年で10年になるんですよ。俺と力くんは20歳の頃にこのバンドを組んだんですけど、やっぱり20代前半くらいの頃は尖ってるから、当時は「対バンはみんなぶっ飛ばす!」くらいの気持ちだったし、それこそ前作はそういう感じだったと思う(笑)。そんな僕らも今年で30歳になって、ちょっと大人になったというか。で、そんなバンドにこうして杉下が加わったことは、やっぱりデカいですね。杉下はいまライヴハウスで働いてるから、日々いろんなバンドを見てるし、そこで得た経験を俺らに伝えてくれてるんです。僕らはいわきを盛り上げていくために何が出来るかってことを常々考えているから、杉下がいま伝えてくれてることはホント大きくて。

高橋 : それに、俺とか大樹は感覚でやっちゃうところがあるので、そのときに何を考えてたのかわかんなくなっちゃうんですよ。でも、今はそこを杉下がまとめてくれるから。

ーー今では最年少メンバーがまとめ役だと。

杉下 : (笑)。僕はただ自分たちの納得いくものが作りたいだけなんですけど、たしかに前作は情報量の多いところがあったので、そこをもう少しシュッとさせたいなって気持ちはありました。今回のアルバムで、そこはうまく形にできたかなと思ってます。前作よりも前を向いた内容になってるし、このアルバム・タイトルも今の方向性をうまく伝えてると思う。

ーーこの『lamp』というタイトルは、地元いわきの灯台に由来しているんだとか?

高橋 : そうなんです。このタイトルはいわきの塩屋埼灯台からきてるんですけど、その灯台は歴史的になんども悲惨な目に遭っていて。でも、そのたびに復活してきたんですよね。そして今も夜の海を照らし続けてる。僕らの地元にはそういう誇らしい灯台があって、それがすごくかっこいいと思ったし、僕らもそういうバンドになりたいんですよね。僕らもなにが起きようが、諦めずにこうしてバンドをやってこれたし、そうやって経験を積んできたからこそ、人の痛みなんかも少しずつわかるようになってきたので、これからもそういう音楽をやっていけたらなって。そういう感じだよね?

政井 : うん。でも俺、別に使命感とかは全然ないんですよ。特になにも考えてないし。ただ、このメンバーじゃなきゃやりたくないっていう。それだけ。

高橋 : そうだね。僕らは「こういう音楽がやりたい」ってことで集まってるわけじゃなくて、友達同士のつながりが発展していくなかで、今こうしてバンドをやってるから。

政井 : そう。だから、もしここから1人でも欠けるようなことがあったら、そのときはもう解散すると思う。このメンバーがいるから、俺は今でもこうしてやってるんです。

RECOMMEND

notice it / 綴る光 夜を游ぐ

福島県いわきをベースに活動するnotice itが、同じく福島県をベースとするノーマディック・レコードよりファースト・アルバムをリリース。この作品は福島の未来を映し出すとともに、地方から新たな個性を情報発信するという意味でも、来るべき時代のキー・ポイントとなるべき作品。彼らの独特な尖ったポップ感覚と、スパイシーなロックのダイナミズムがパワフルに、時にセンチに炸裂する。ゲストに地元アーチスト参加!

>>特集ページはこちら

雨ニモ負ケズ / 結い

エモーショナル・ピアノ・ロック・バンドとして仙台を中心に活動を続ける雨ニモ負ケズが、4年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。風刺や悲哀、人生を歌う文学的歌詞と、破天荒なライヴ・パフォーマンスで話題を呼んできた彼らが辿り着いた新作は、2015年の社会を切り取り、聴き手に考えることを喚起させるような作品であった。

>>特集ページはこちら

Chano / この世界(24bit/48kHz)

17歳からライヴ活動をスタートし、東京での活動やフランス留学を経て、2013年より福島に拠点を置いて活動しているシンガー・ソングライターChano(チャノ)。その柔らかなフィンガー・ピッキングによるギターと、芯のある叙情的なピアノが生み出すオーガニックで透明感のある歌声は、聴くものの心を強く打つ。OTOTOYではハイレゾ配信をスタート。

>>特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

notice it 2nd album "lamp" Release Tour
2017年6月9日(金)@厚木THUNDER SNAKE
2017年6月17日(土)@酒田hope
2017年6月28日(水)@仙台MACANA
2017年7月8日(土)@奈良NEVERLAND
2017年7月9日(日)@町田 SDR
2017年7月15日(土)@福島OUTLINE
2017年8月12日(土)@club SONIC iwaki
2017年9月1日(金)@吉祥寺 WARP
2017年9月16日(土)@club SONIC iwaki

PROFILE

notice it

2007年に結成されたいわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド。尖ったポップ感覚と、スパイシーなロックのダイナミズムをパワフルに、時にセンチに表現し、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴ等の影響を鋭く昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に、福島を代表するバンドに大きくスケールアップ。今回、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし、再び全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害からも幾度も復活し、周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、そういう音楽を発信したいという想いからつけられた。

Official HP

o

 
 

インタヴュー

8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年10月18日・8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信 2004年の結成から、ドラム・ヴォーカルを含む4ピースという個性的な編成で活動、そこから鳴らされるグルーヴで多くのロック・ファンを魅了しているバンド、8otto(オットー)。各種フェス出演や海外アーティストとも多く共演するなど、もはやベテランの風格も備えたベテランといっていいだろう。 このたびASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文をプロデューサーに迎え、なんと6年ぶりの新アルバム『Dawn On』をリリース! OTOTOYでは今作のハイレゾ配信も実施中。このインタヴューと合わせてお楽しみください。 8ottoがついに本格再始動! 6年ぶりの新アルバム! 8otto / Dawn On'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. Ganges-Fox2. SRKEEN3. Romance4. It's All Right5. 赤と黒6. Rollin
by 鈴木 雄希
fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事