folk enough、“オルタナティブ・ミュージックの終焉を告げる”23曲入り74分の新作をハイレゾ配信開始

福岡のオルタナティヴ・バンド、folk enough。前作から3年半、結成17年目にして通算6作目のアルバム『Mario found me a good Exit』がついに到着。全23曲、74分のオルタナ精神にあふれる大作に仕上がった。“オルタナティブ・ミュージックの終焉を告げる”とアルバム帯に書かれた本作、衝撃的なこの言葉は一体どんな内容を意味しているのだろうか、その答えが23曲にちりばめられているに違いない。OTOTOYではハイレゾ配信と全曲フル試聴を開始。アルバムを聴き終えた瞬間に、「終焉」の本当の意味が全身に感じ取れるはずだ。

『Mario found me a good Exit』の全曲フル試聴はこちら!!


iPhone、iPod touchなどに対応のOTOTOYアプリでも同時に全曲フル視聴を実施中!! OTOTOYアプリについてはこちらをご覧ください。

folk enough / Mario found me a good Exit

【配信フォーマット】
[左] ALAC / FLAC / WAV(24bit/44.1kHz)
[右] mp3

【価格】
[左] アルバムまとめ購入 : 1,800円 単曲購入 : 150円
[右] アルバムまとめ購入 : 1,500円 単曲購入 : 130円





folk enough / He loved his wife dirly and he lost his reason when she dead.go on the second gate


聴き手の目を覚ますようなオルタナティヴ・ミュージック

やれネオアコ再評価だとか、またグランジがキているとか、2014年の音楽シーンもあいかわらずリヴァイバルの話題がつづいている。そして、そうしたうごきに対して「今の音楽は焼き直しだらけだ」とシニカルな態度をとる人の声もまた、いつの時代も尽きないものだ。そういう意味で、ロックやポップスの在り方は今も昔とさほど変わっていないし、むしろそれは伝承文化として機能していることの表れでもあると思うのだけど、そこでふとfolk enoughという福岡のバンドについて思いを巡らせてみる。アルバム『DISCO TAPE』をリリースする際に筆者が行ったインタヴューで、folk enoughの井上周一は「これからまた周期が巡ってきて、オルタナティヴな音楽が面白くなってきたら、自分達はその流れよりもちょっとだけ先に行きたい」と話していた。あれから3年半。彼らからまさにその解答というべきキャリア通算6作目のアルバム『Mario found me a good Exit』が届いた。

folk enough photo by ogushi

新作について触れる前に、まずは『DISCO TAPE』以降のうごきを少しだけおさらいしておこう。2012年9月、folk enoughはEP『Exit』をリリースしている。クラブ仕様という触れ込みのもと、12インチ・アナログ盤で放たれたこの作品は、BPM100以下のもたつくようなビートに乾いたギターの音が絡まっていくファンキーな1曲目「wayfarerman」をはじめ、楽曲展開を極力抑えつつもダンス・ミュージックとしてのフィジカル面を強化させたような内容だった。そして昨年には新メンバーとしてギタリストの笠原大輔がバンドに加入。前述したインタヴュー中でも、井上は「オリジナリティを出すのは人の組み合わせしかない」という旨の発言を残していただけに、笹原の加入が与える影響は小さくないだろうとこちらに予感させた。

Inoue Shuichi photo by ogushi

そうした時期を経てリリースされるのが、新作『Mario found me a good Exit』だ。このタイトルの“Mario”とは、確認するまでなく『DISCO TAPE』に収録されている「Mario」のことであり、もちろんEP『Exit』の楽曲もここには収められている。こうした側面からも、『Mario found me a good Exit』が前作以降の変遷を捉えた作品であることは十分に伝わってくるだろう。

全23曲で収録時間およそ74分。音楽的な要素を見ていくとかなり雑然とした楽曲群だが、そこにあえてひとつ共通項を見い出すとすれば、それは構成がミニマルであるということだろうか。バタバタとしたリズムの反復を繰り返す「slalom」にはじまり、ブルージーなリフとリヴァーブを効かせたスネアで押し切る「He loved his wife dirly and he lost his reason when she dead.」と、ドラマーの佐藤香織がヴォーカルをとるアコースティック・チューン「He loved his wife dirly and he lost his reason when she dead."go on the second gate"」、オールドスクール・ヒップホップ的なインストゥルメンタル「jolly B good」、エンジニアのanGこと安在雅彦によるリミックス音源、そしてfolk enoughにとっては恒例ともいえる既発曲のリアレンジ・ヴァージョン。これらの楽曲はどれも至極シンプルな構成で貫かれており、もっといえば、これから楽曲に仕立てていく前の素材を、あえて整理せずにそのまま聴き手に突きつけたような大胆さも感じられる。思わず身体が反応するようなリズムと音色をつづけて鳴らす。それだけ。だって本当に必要なのはそれだけなんだから。本作はそんな醒めた視点から生まれたアルバムなのだと思う。

左からSibata Takeshi、Inoue Shuichi photo by ogushi

このアルバムのジャケットには「オルタナティヴ・ミュージックの終焉を告げる」という帯文が付いているそうだ。今も多くの音楽家たちが過去のアーカイヴを参照し、そこで得たアイデアを折衷しながら現代のオルタナティヴ・ミュージックを打ちたてようとしているなか、folk enoughは音楽という名の荒野に落ちている廃材を拾い上げては、そのままのラフな状態で我々に差し出してくる。そして、実際にそれが聴き手の目を覚ますようなオルタナティヴ・ミュージックとして成立してしまっているのだから、まったくfolk enoughはどこまでもfolk enoughだ。すばらしい。(text by 渡辺裕也)

folk enough 過去作

RECOMMEND

Limited Express(has gone?) / JUST IMAGE (24bit/48kHz)

バンド史上最も心血を注いだ最新作にして最高傑作。いち早く何でも“自分達で作ろう”を実践してきた彼らが、2013年、何でも“自分達で作ろう”の波が次第に大きくなりつつある現代にさらなる自由を解放するニュー・アルバム、タイトルは『JUST IMAGE』。オルタナティヴ・パンクを世界レベルで引率するLessThanTVからのリリース。※ゲストミュージシャン : DODDODO、谷ぐち順、Ryota Komori(Miila and the Geeks)

>>特集ページはこちら

convex level / donotcl(ドゥノットシーエル)(24bit/96kHz)

CONVEX LEVEL、結成28年目にして通算6枚目のフル・アルバム。寓話と暗喩に彩られた、ポップでプログレッシヴな13曲。めくるめく不思議な旅を思わせる、圧巻の人情SFロック。

>>特集ページはこちら

PANICSMILE / INFORMED CONSENT

93年福岡製のPANICSMILE、前作から約5年ぶりの8作目アルバム。また2010年のメンバーチェンジ後初の作品となる。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

2014年9月13日(土)@難波ROCKETS
2014年9月14日(日)@神戸HELLUVA LOUNGE
2014年9月15日(月)@広島SLOW DOWN
2014年9月20日(土)@宮崎FLOOR
2014年9月21日(日)@鹿児島word up
2014年9月27日(土)@福岡the voodoo lounge
2014年10月5日(日)@下北沢THREE
2014年10月18日(土)@熊本NAVARO

PROFILE

folk enough
1998年福岡県飯塚市で結成。井上周一の宅録からはじまり、60年代以降各年代のさまざまなポップ・カルチャーを消化した彼らの音楽は、ジャンクでブルースでロックンロールで、どこまでもオルタナティブである。これまでに5枚のオリジナル・アルバムをリリース。過去作はミュージック・マガジンで満点の評価を獲得しており、評論家やバイヤーからの評価も高い。2009年柴田剛がベース・プレイヤーとして加入。その後制作された5thアルバム『DISCO TAPE』のリリースにより、鉄壁のスリー・ピースは更なる進化を遂げた。2012年にはバンド初のツイン・ギターでライヴを行うなど果敢な楽曲変化を図り、2013年ギタリスト笠原大輔が加入し現在の編成となる。また、Sebadohの来日公演で対バンを務めるなど、DIYにシーンを牽引する活動は多くのミュージシャンから注目を集め続けている。

Inoue Shuichi(guitar)
Sato Kaori(drums)
Sibata Takeshi(bass)
Kasahara Daisuke(guitar)

>>folk enough OFFICIAL HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事