folk enough、“オルタナティブ・ミュージックの終焉を告げる”23曲入り74分の新作をハイレゾ配信開始

福岡のオルタナティヴ・バンド、folk enough。前作から3年半、結成17年目にして通算6作目のアルバム『Mario found me a good Exit』がついに到着。全23曲、74分のオルタナ精神にあふれる大作に仕上がった。“オルタナティブ・ミュージックの終焉を告げる”とアルバム帯に書かれた本作、衝撃的なこの言葉は一体どんな内容を意味しているのだろうか、その答えが23曲にちりばめられているに違いない。OTOTOYではハイレゾ配信と全曲フル試聴を開始。アルバムを聴き終えた瞬間に、「終焉」の本当の意味が全身に感じ取れるはずだ。

『Mario found me a good Exit』の全曲フル試聴はこちら!!


iPhone、iPod touchなどに対応のOTOTOYアプリでも同時に全曲フル視聴を実施中!! OTOTOYアプリについてはこちらをご覧ください。

folk enough / Mario found me a good Exit

【配信フォーマット】
[左] ALAC / FLAC / WAV(24bit/44.1kHz)
[右] mp3

【価格】
[左] アルバムまとめ購入 : 1,800円 単曲購入 : 150円
[右] アルバムまとめ購入 : 1,500円 単曲購入 : 130円





folk enough / He loved his wife dirly and he lost his reason when she dead.go on the second gate


聴き手の目を覚ますようなオルタナティヴ・ミュージック

やれネオアコ再評価だとか、またグランジがキているとか、2014年の音楽シーンもあいかわらずリヴァイバルの話題がつづいている。そして、そうしたうごきに対して「今の音楽は焼き直しだらけだ」とシニカルな態度をとる人の声もまた、いつの時代も尽きないものだ。そういう意味で、ロックやポップスの在り方は今も昔とさほど変わっていないし、むしろそれは伝承文化として機能していることの表れでもあると思うのだけど、そこでふとfolk enoughという福岡のバンドについて思いを巡らせてみる。アルバム『DISCO TAPE』をリリースする際に筆者が行ったインタヴューで、folk enoughの井上周一は「これからまた周期が巡ってきて、オルタナティヴな音楽が面白くなってきたら、自分達はその流れよりもちょっとだけ先に行きたい」と話していた。あれから3年半。彼らからまさにその解答というべきキャリア通算6作目のアルバム『Mario found me a good Exit』が届いた。

folk enough photo by ogushi

新作について触れる前に、まずは『DISCO TAPE』以降のうごきを少しだけおさらいしておこう。2012年9月、folk enoughはEP『Exit』をリリースしている。クラブ仕様という触れ込みのもと、12インチ・アナログ盤で放たれたこの作品は、BPM100以下のもたつくようなビートに乾いたギターの音が絡まっていくファンキーな1曲目「wayfarerman」をはじめ、楽曲展開を極力抑えつつもダンス・ミュージックとしてのフィジカル面を強化させたような内容だった。そして昨年には新メンバーとしてギタリストの笠原大輔がバンドに加入。前述したインタヴュー中でも、井上は「オリジナリティを出すのは人の組み合わせしかない」という旨の発言を残していただけに、笹原の加入が与える影響は小さくないだろうとこちらに予感させた。

Inoue Shuichi photo by ogushi

そうした時期を経てリリースされるのが、新作『Mario found me a good Exit』だ。このタイトルの“Mario”とは、確認するまでなく『DISCO TAPE』に収録されている「Mario」のことであり、もちろんEP『Exit』の楽曲もここには収められている。こうした側面からも、『Mario found me a good Exit』が前作以降の変遷を捉えた作品であることは十分に伝わってくるだろう。

全23曲で収録時間およそ74分。音楽的な要素を見ていくとかなり雑然とした楽曲群だが、そこにあえてひとつ共通項を見い出すとすれば、それは構成がミニマルであるということだろうか。バタバタとしたリズムの反復を繰り返す「slalom」にはじまり、ブルージーなリフとリヴァーブを効かせたスネアで押し切る「He loved his wife dirly and he lost his reason when she dead.」と、ドラマーの佐藤香織がヴォーカルをとるアコースティック・チューン「He loved his wife dirly and he lost his reason when she dead."go on the second gate"」、オールドスクール・ヒップホップ的なインストゥルメンタル「jolly B good」、エンジニアのanGこと安在雅彦によるリミックス音源、そしてfolk enoughにとっては恒例ともいえる既発曲のリアレンジ・ヴァージョン。これらの楽曲はどれも至極シンプルな構成で貫かれており、もっといえば、これから楽曲に仕立てていく前の素材を、あえて整理せずにそのまま聴き手に突きつけたような大胆さも感じられる。思わず身体が反応するようなリズムと音色をつづけて鳴らす。それだけ。だって本当に必要なのはそれだけなんだから。本作はそんな醒めた視点から生まれたアルバムなのだと思う。

左からSibata Takeshi、Inoue Shuichi photo by ogushi

このアルバムのジャケットには「オルタナティヴ・ミュージックの終焉を告げる」という帯文が付いているそうだ。今も多くの音楽家たちが過去のアーカイヴを参照し、そこで得たアイデアを折衷しながら現代のオルタナティヴ・ミュージックを打ちたてようとしているなか、folk enoughは音楽という名の荒野に落ちている廃材を拾い上げては、そのままのラフな状態で我々に差し出してくる。そして、実際にそれが聴き手の目を覚ますようなオルタナティヴ・ミュージックとして成立してしまっているのだから、まったくfolk enoughはどこまでもfolk enoughだ。すばらしい。(text by 渡辺裕也)

folk enough 過去作

RECOMMEND

Limited Express(has gone?) / JUST IMAGE (24bit/48kHz)

バンド史上最も心血を注いだ最新作にして最高傑作。いち早く何でも“自分達で作ろう”を実践してきた彼らが、2013年、何でも“自分達で作ろう”の波が次第に大きくなりつつある現代にさらなる自由を解放するニュー・アルバム、タイトルは『JUST IMAGE』。オルタナティヴ・パンクを世界レベルで引率するLessThanTVからのリリース。※ゲストミュージシャン : DODDODO、谷ぐち順、Ryota Komori(Miila and the Geeks)

>>特集ページはこちら

convex level / donotcl(ドゥノットシーエル)(24bit/96kHz)

CONVEX LEVEL、結成28年目にして通算6枚目のフル・アルバム。寓話と暗喩に彩られた、ポップでプログレッシヴな13曲。めくるめく不思議な旅を思わせる、圧巻の人情SFロック。

>>特集ページはこちら

PANICSMILE / INFORMED CONSENT

93年福岡製のPANICSMILE、前作から約5年ぶりの8作目アルバム。また2010年のメンバーチェンジ後初の作品となる。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

2014年9月13日(土)@難波ROCKETS
2014年9月14日(日)@神戸HELLUVA LOUNGE
2014年9月15日(月)@広島SLOW DOWN
2014年9月20日(土)@宮崎FLOOR
2014年9月21日(日)@鹿児島word up
2014年9月27日(土)@福岡the voodoo lounge
2014年10月5日(日)@下北沢THREE
2014年10月18日(土)@熊本NAVARO

PROFILE

folk enough
1998年福岡県飯塚市で結成。井上周一の宅録からはじまり、60年代以降各年代のさまざまなポップ・カルチャーを消化した彼らの音楽は、ジャンクでブルースでロックンロールで、どこまでもオルタナティブである。これまでに5枚のオリジナル・アルバムをリリース。過去作はミュージック・マガジンで満点の評価を獲得しており、評論家やバイヤーからの評価も高い。2009年柴田剛がベース・プレイヤーとして加入。その後制作された5thアルバム『DISCO TAPE』のリリースにより、鉄壁のスリー・ピースは更なる進化を遂げた。2012年にはバンド初のツイン・ギターでライヴを行うなど果敢な楽曲変化を図り、2013年ギタリスト笠原大輔が加入し現在の編成となる。また、Sebadohの来日公演で対バンを務めるなど、DIYにシーンを牽引する活動は多くのミュージシャンから注目を集め続けている。

Inoue Shuichi(guitar)
Sato Kaori(drums)
Sibata Takeshi(bass)
Kasahara Daisuke(guitar)

>>folk enough OFFICIAL HP

o

 
 

レヴュー

愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのニューシングル独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年08月15日・愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 7人組アイドル・グループの愛乙女☆DOLL(らぶりーどーる)が約1年ぶりのシングル『夜明け前、虹が差す』『光のシンフォニー』の2タイトルを同時リリース、OTOTOY独占ハイレゾ配信がスタートした。グループ新体制後初の作品をひっさげて、夏恒例でもあるアイドルイベント / フェスに続々出演中のらぶどる。もう夏も終わりに近づいてますが… メンバー全員から夏フェスへの意気込みコメントをもらいました! 2タイトル同時リリース!愛乙女☆DOLL / 夜明け前、虹が差す'【収録曲】1. 夜明け前、虹が差す2. Brand-New-World 3. 夜明け前、虹が差す (Instrumental)4. Brand-New-World (Instrumental) 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)愛乙女☆DOLL / 光のシンフォニー'【収録曲】1. 光のシンフォニー2. Lion〜孤高の騎士〜3. 光のシンフォニー (
OPNによる映画『Good Time』のサウンドトラック・アルバムをハイレゾ配信開始!
・2017年08月15日・REVIEW : 鬼才、OPNが手がけた本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞OSTをハイレゾ配信 もはや2010年代の電子音楽を象徴する存在といっても過言ではない、ダニエル・ロパティンによるプロジェクト、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)。2015年のアルバム『Garden Of Delete』リリース以降の2年間も、オリジナルのアルバム・リリースはないものの、アノーニのアルバムをハドソン・モホークと手がけたり、FKAツイッグスとのコラボの噂などなど、その話題には事欠かない。そんなOPNの新作は、映画『Good Time』(日本は11月公開)のOSTとなっている。映画はNYで銀行強盗を企てる兄弟、その弟が逮捕され…… という、1文の映画紹介と、すでに公開されているトレイラーから伺い知ることしかできないものの、映画自体はおそらくかなりスリリング&物騒な内容ではないかと。またOSTとしての本作はすでに、本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞。すでにOSTとして高い評価を受けて話題になっている作品。さて鬼才OPNが手がけたOSTとは? OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、CDと同内容
by 八木 皓平
【REVIEW】色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』
[REVIEW]・2017年08月08日・色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』 過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信! haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!
[REVIEW]・2017年08月07日・ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。 86年リリースのデビ
by 岡本 貴之
【REVIEW】fhánaがTVアニメ「ナイツ&マジック」のOP曲を収録した12枚目となるシングル『Hello!My World!!』をリリース!!
[REVIEW]・2017年08月02日・自らの手で作り出す、「新しい世界」──fhána12枚目となるシングルのハイレゾ配信がスタート!! 4月にリリースしたシングル『ムーンリバー』の話題も冷めやらぬまま、fhánaが早くもニュー・シングル『Hello!My World!!』を発売。今回のシングルは7月より放送が始まったアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング・テーマとして放送中。今回もアーティスト盤、アニメ盤の2つの仕様でリリースされており、それぞれ異なるカップリング曲を収録。OTOTOYでは今回のシングルも、もちろんハイレゾで配信開始! レヴューと共にお楽しみください。 2つの仕様で異なるカップリング曲を収録!!fhána / Hello!My World!!'【Track List】01. Hello!My World!!02. 君の住む街(アーティスト盤)reaching for the cities(アニメ盤)03. Hello!My World!! -Instrumental-04. 君の住む街 -Instrumental-(アーティスト盤)reaching for the cities-Instrumental-(アニメ盤)【配信形
by 純三
アイドル界にセンセーションを巻きおこせ! つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月26日・アイドル界にセンセーションを巻きおこせ!つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信 モーニング娘。'17やアンジュルムなどが所属するハロー! プロジェクト(ハロプロ)から、ハロプロ研修生内新ユニットとして2015年4月に結成、今年2017年2月にメジャー・デビューした9人組ユニット、つばきファクトリーの2ndシングルがハイレゾで到着! つばきファクトリーの「たくましさ・かわいさ・せつなさ」が注入された3曲は、この夏大注目の作品です! 最新シングルをハイレゾ配信!「就活センセーション/笑って/ハナモヨウ」つばきファクトリー'【配信形態】(24bit/96kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 540円 【Track List】 ''01. 就活センセーション02. 笑って03. ハナモヨウ REVIEW : 就活センセーション/笑って/ハナモヨウ 今年2017年2月22日に、メジャー1stシングル「初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア」のトリプルA面シングルでメジャー・デビューを果たしたつばきファクトリー。それから5ヶ月、待望の2ndシングルは
【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信
・2017年07月20日・【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、キャリア15年目に突入した2017年7月20日、2作目となるベスト・アルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』をリリース。「光のシュプール」「ねぇバーディア」といったシングル曲はもちろん、作詞・作曲堀に堀込高樹、編曲にKIRINJIを迎えた書き下ろしの新曲「愛は光」、Homecomingsのギタリスト・福富優樹作詞の「ともだちがいない!」、《SIDE B楽曲から1曲を選ぶTwitterファン投票企画》にて圧倒的票数で選ばれた「さよならMusic」も収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信!! 大人のしなやかさと可愛らしさを持ち合わせたNegiccoの現在をお楽しみください。 2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信Negicco / Negicco 2011~2017 -BEST- 2【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 201円(税込) / まとめ 2,401円(税込) 【収録曲】1. 愛は光
by 鈴木 雄希
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける
[CLOSEUP]・2017年07月17日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第5弾》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第5弾音源「灰色」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第5弾goodtimes / 灰色 '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>ハイレゾとは? '【配信価格】価格 250円【収録曲】1. 灰色 REVIEW : 自分の立ち位置が不明瞭なものになってゆく 誰とでも仲良くなれて、周囲にも認められるあなたが憎たらしくてたまらない。何かを極めていたり、何かに振り切ることができる人が羨ましい。性格や容姿の系統、カースト、周りからの評価。様々な要素がその人の色を決定付ける。しかし、それを考えれば考えるほど、自分の立ち位置がむしろ不明瞭なものに思えてくる。鮮やかな
by 宮尾茉実
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事