果たしてこいつらは本物か、それともただのハッタリか――或る感覚、セカンド・フル・アルバムの全曲フル試聴&特典付き予約スタート!

「おかえりなさい。《〜DAN NO URA〜 無銭新代田の変》はどうでしたか?」 …と聞きたいところですがさっそく紹介していきましょう。本日11月6日に東京・新代田FEVERで前述のフリー・ライヴを行った4ピースのロック・バンド、或る感覚。彼らの最新作となるセカンド・フル・アルバム『バイタルリスペクト』が、12月3日の発売に先駆け全曲フル試聴をスタートです!!

「歌詞とメロディーをしっかり届けたいと思ってたら、おのずと曲のBPMが落ちていったし、音質のこともすごく気にするようになった」――このロンの一言が表すように、これまでになくサウンドに集中されたアルバムになったことは確かでしょう。その変化はインタヴューにて大いに語ってもらったのでじっくりと読んでいただければ。そして注目は彼ら初のハイレゾ配信!! その音のこだわりは、ぜひともハイレゾで味わってください。

OTOTOYでは同時に予約注文も開始です! しかも予約の特典に、ロンと大野によるセルフ・ライナーノーツが付属。この12曲は何を想ってつくられたのか。ぜひともその想いを受け止めてください。

或る感覚、セカンド・フル・アルバム『バイタルリスペクト』全曲フル試聴スタート!


※フル試聴期間 : 2014年11月19日(水)24:00まで

音へのこだわりを見せた新作がハイレゾでも登場!! 特典付き予約開始!!

或る感覚 / バイタルリスペクト

【配信価格】(各税込)
ALAC / FLAC / WAV / mp3 : 単曲 200円 アルバム 2,000円

※この作品は、12月3日(水)の配信開始に先駆けて予約注文を受付中です。音源の配信が開始されると、ご登録のメール・アドレスおよびOTOTOY内メッセージに、アルバムのダウンロードURLが送られます。
・予約注文について、詳しくはこちら

【予約特典】ロン&大野によるセルフ・ライナーノーツ

INTERVIEW : 或る感覚

果たしてこいつらは本物か、それともただのハッタリか――最初にここでそう問いかけたのは、もう2年前のことだ。改めてあのころを振り返ると、この或る感覚というバンドはデビュー時からすでに熱狂的なファンを抱えていたものの、その一方では「よくある邦楽ギター・ロックのひとつに過ぎない」という見方も少なくなかったし、今日に至るまで、なかなかその温度差を縮められなかった。しかし、そんな歯がゆい思いをするのもここまでだ。さあ、或る感覚のセカンド・アルバム『バイタルリスペクト』を聴いてくれ。地を這うようなグルーヴを展開する1曲目「ファイトクラブ」が流れてきた時点で、きっとあなたはこのバンドへの認識を改めずにはいられなくなるはず。なにかと挑発的な言動ばかりで注目されてきた4人の姿は、もうここにはないのだ。『カウンター』以降、何度も自分たちの鳴らすべき音楽を見つめ直した彼らの成果を、ぜひここで確認してほしい。そして、ここで2年前と同じことをもう一度問いかけたいと思う。果たして或る感覚は本物か。それともただのハッタリか。『バイタルリスペクト』がリリースされた今、もうその答えに迷うことはないはずだ。

インタヴュー&文 : 渡辺裕也

今は「俺たちはこういう音楽がやりたいんだ」ってことを全力で表したかった

――早いもので、『カウンター』がリリースされてからもうすぐ2年が経つんですけど、もはやあのころと今では、みんなの意識もかなり違うような気がして。

ロン : ホントそうですね。とは言いつつ、あのころに感じていたフラストレーションが消えたわけではないんですけどね。今はその矛先が他者ではなく、自分に対して向けられるようになったというか。少なくとも、今は『カウンター』のころみたいに歌詞で他者のことを無闇に批判するのはやめました。それより、今は「俺たちはこういう音楽がやりたいんだ」ってことを全力で表したかった。このアルバムではようやくそれが前向きなカタチで示せたような気がしてます。

――うん。これまでの或る感覚を知っている人は、今回のアルバムを聴いたらけっこう印象が変わると思う。『カウンター』よりもはるかにビートがどっしりしているし、サウンドの質感にもまるみがあるよね。

ロン : なんか、それも自然にそうなったんですよ。歌詞とメロディーをしっかり届けたいと思ってたら、おのずと曲のBPMが落ちていったし、音質のこともすごく気にするようになった。俺たちはこういう攻撃的な音楽をやっているからこそ、爆音でもずっと聴いていられるような音にしなきゃだめだって。そういう気持ちは歌詞の内容にもつながったんじゃないかな。今回はベースとドラムもめっちゃこだわってるし。

ロン

――そうそう。それこそ『ナチュラル / 初夏のピラニア / ロマンチック・アルカイダ』では、リズム隊がかなり控えめだったけど、このアルバムは4人の音がしっかり並列で鳴っていて。変な言い方、前よりもずっとバンドらしくなったよね(笑)。

ロン : いや、マジでそうなんですよ。俺もこのアルバムでやっとバンドっぽくなれた感じがしてて。

Kou : 今回は僕も曲をもらった段階からどんどんアイデアが沸いてきて、ものすごく楽しかったんです。それこそ前作の「鬼」なんかは、ひたすら弾きまくるみたいな発想しか出てこなかったんですけど、今回はゆったりしたテンポの曲もあって、ベーシストとして演奏に入り込める隙間がグッと増えたし、このバンドの方向性にもっと自分を寄せることができたというか。

ロン : 俺は大野もけっこう変わった気がしたんだけど。今までのこいつなら単音で弾きまくっていたようなところが、アルペジオとかストローク弾きになってて、どのフレーズもしっかり歌を活かす感じになってるんですよね。

大野 : 別になにも考えずに弾いてるけどね(笑)。たぶん勘がよくなったんじゃないかな。それに僕自身、最近はギターよりも歌に耳がいくようなところがあるから、自然とそれが演奏にも表れたんだと思う。まあ、そうは言っても「これは俺にしか弾けないだろう」みたいなギターはちゃんと弾けているから、そこはバランスよくやれたんじゃないかなと思います。

――相変わらず大野くんの自信は揺るぎないね(笑)。

ロン : あと、今回のアルバムで4つ打ちが終始鳴っている曲って、大野が書いた「スローウェイヴ」だけなんですよ。俺の曲で4つ打ちはあまりやってない。それはなんでかって言うと、やっぱり大野はテクノやダンス・ミュージックをよく勉強しているからなんですよね。つまり、そういう曲はこいつに任せた方がいいなと思ったんです。逆に言うと、俺は自分がちゃんと勉強できてないような音楽は作れないなと。やっぱり無勉強なままで作った音楽って、浅はかさがすぐにバレるじゃないですか。いま思うと『カウンター』は完全にそんな感じだから。

大野 : 「ヒーロー」とかね(笑)。

ロン : そうそう。俺、リスナーよりも音楽を聴いてないようなミュージシャンはやっぱりダメだと思う。それってなんとなく自分の中では答えが出ていることなんですよ。だって、それは俺が尊敬するミュージシャンはみんな、ものすごくたくさんの音楽を聴き込んでいる人ばっかりだから。俺たちの音楽にもそれくらいの器がないと、リスナーを感動させることなんて到底できないと思って。

僕、『カウンター』は黒歴史だと思ってるんで

――もっと音楽的な蓄積や経験が必要だと。

ロン : そう。このバンドがやれる音楽にもっと高いクオリティを求めている以上、俺は「自分の書いた曲以外は歌わねえよ」なんて一切思わないし、むしろこれからはメンバー個々がどんどん意見を出し合って、それぞれ得意な要素をどんどん持ち寄れるようにしていきたくて。繰り返しになっちゃいますけど、そういう意味でも俺たちはやっとバンドらしくなれたと思うんです。

――たしかにそこは今回はっきりと変化を感じるところで、前作と比べて圧倒的にサウンドが充実しているよね。でも、以前のロン君はそういう音楽的なことよりも、自分の精神面を強調するところがあったじゃないですか。バンドのオリジナリティを決めるのはそこなんだって。

ロン : うん。『カウンター』を出したのは、たしか19歳か20歳のころだったんですけど、正直あの頃の俺は日本語の音楽にしかほとんど興味がなかったんですよね。でも、今はまったくそうじゃない。俺、やっぱり音楽的に素晴らしいものがやりたいんですよ。そんな当たり前のことに今さら気付いたっていうだけの話なんですけど(笑)。そう思うようになってからは、意識的にいろんな音楽を漁るようになりました。

――今はどうやって音楽を漁っているの?

ロン : 自分が尊敬するアーティストのルーツを辿るっていう、それこそ一番手っ取り早い方法ですよ。たとえば、向井秀徳さんが好きな音楽を探っていくなかでピクシーズやソニック・ユースと出会ったりとか、そういう感じ。で、さらにそのルーツを辿っていくと、今までの自分には見えなかったものが見えてきたりするんですよね。そういう経験が今はすごく楽しいし、間違いなくそれは或る感覚の音楽を豊かにしてくれると思う。少なくとも、今回のアルバムは『カウンター』よりもサウンドにグッと深みが出ているはず。もちろん精神的なところが大事だってことは今も忘れてないんですけど、やっぱり俺たちはミュージシャンなんだから、音で魅了できなきゃ何の意味もないし、そのための蓄積が今はもっともっと欲しいんです。

――その心がけは絶対に正しいと思います。じゃあ、大野君はどう? 元々大野君はサウンド面へのこだわりが強いタイプではあったと思うんだけど。

大野 : 確かにそうなんですけど、最近はけっこうその精神面を大事にするようになってたかもしれない。だから、ロンの話を聞いてて、ちょっと意識を戻さなきゃマズいなと思いました(笑)。

ロン : いや、それでいいんじゃない? 俺はただ、音を聴いたときに伝わる人間性だけで勝負しようと思っただけなんだ。言動で自分のオリジナリティを強調するんじゃなくてさ(笑)。それこそツイッター上の発言とかをきっかけに興味を持ってくれたりすることはあると思うんですけど、それと音楽はまた別の話ですからね。それに、今の俺は自分が吐き出したいと思ったことをちゃんと歌詞にできているから、現実世界に対する鬱憤をわざわざネット上で吐き出す必要はないんです。

――とはいえ、良くも悪くも或る感覚っていうバンドは、そのネット上の言動とかで注目されたことも過去に多かったじゃない?

ロン : その通りだし、そのくせに俺たちの音楽は浅かった。僕、『カウンター』は黒歴史だと思ってるんで。

――おお。そこまで言っちゃうのか。

ロン : うん。もし今の自分がリスナーの立場だったら、或る感覚っていうバンドが世に出てきても、絶対にCDなんて買わないと思う。あるいは仮に聴いたとしても、「ああ、イキッてるバンドが出てきたんだな」と思うだけで。『カウンター』のころの俺たちって、言ってしまえばよくあるギターロック・バンドのひとつって感じで、音もキャラはやたらとツンツンしてるんだけど、あくまでもその程度のバンドでしかなかったと思う。でも、『バイタルリスペクト』ではやっと俺にしか歌えない日本語詞の歌がやれたような気がしてるし、とりあえず今の自分たちが示せるものはここでちゃんと示せたんじゃないかなと思ってて。もちろん、音楽的にはまだまだここから深めていかなきゃいけないところなんですけどね。

――じゃあ、現在のロン君は『カウンター』のどんなところに納得がいかないんだろう。

ロン : 俺がいちばん反省しているのは、やっぱり歌詞なんですよ。あのころの俺は歌詞で他人を批判しちゃってたし、むしろそういう目的で音楽をやっちゃってた。もちろん、あのアルバムの中には、今でも「いいな」と思える曲がいくつかあるし、サウンド面に関してはあまり気にしていないんです。ある意味、あの時期にしか出せなかった音があそこで鳴らせていると思うし、今あのころみたいな曲を書こうとしたって、たぶん書けないから。ただ、今の感覚からすると、「お前、それは100パーセント間違ってるよ」みたいな歌詞があそこにはいくつかあって、それはもう完全にマズいなと。なんか俺、3枚目と4枚目を出すときも同じようなことを言ってそうな気がするな(笑)。俺らって、曲に人間性の変化がわかりやすく反映され過ぎてるんですよね。

――それは間違いないね(笑)。ヘタしたら、ロン君は『バイタルリスペクト』のこともそのうち「あれは黒歴史だった」と言い出すかもしれない。

ロン : あり得る(笑)。まあ、実際に「これは傑作だ!」と大声で言いたくなるのって、やっぱり長くても発売後1週間くらいですからね。今はまだ録り終わってから日が経ってないから、こうして自分達の指針を示す作品がつくれた余韻に浸っていられるんですけど。

こういうシンプルないい曲が生まれたってことに、俺はなんか一皮むけた感じがしちゃって

――じゃあ、これは作品をつくり終えた現時点の気持ちで素直に答えてください。『バイタルリスペクト』で個人的に最も手ごたえのある曲を、それぞれ1曲ずつ挙げてもらえますか。できればその理由も知りたいです。じゃあ、Kou君から。

Kou : 1曲かぁ…。新しいアプローチが試せたって意味では、「ファイトクラブ」と「亀の速さで」なんだけど、いちばん好きな曲ってなると、「赤い春」かな。

北原ジャンクション : 僕は「亀の速さで」ですね。あれはこのアルバムができるきっかけにもなった曲だし。俺がよく覚えているのは、ロンが「これってさ、言っちゃあ別に誰でも書ける曲なんだよね」と言ってたことなんです。でも、今まではひたすら人を切りつけるような曲ばかりを作ってたヤツから、こういうシンプルないい曲が生まれたってことに、俺はなんか一皮むけた感じがしちゃって。或る感覚の進歩は、ちゃんとここに表れていると思う。

――なるほど。じゃあ、ロン君はどうですか。

ロン : うーん…。「対話」かな。あれは今回いちばんオルタナティヴなものが出来たなと思える曲。「これがジャパニーズ・オルタナティヴだ」と胸張って言いたいですね。俺、カウパーズとか大好きなんですけど、あの曲ではそういう自分の音楽的なルーツがすごくいいカタチで出せたんじゃないかな。アルバム最後の「エンドビールで乾杯」も気に入ってるんですけどね。あれもパンクなものが録れたと思う。

左から大野、ロン、北原ジャンクション、Kou

――今回のアルバムは終盤3曲が本当にいいよね。じゃあ、最後に大野君。

大野 : 俺も「対話」にしようと思ってたんだけど、そうだなぁ…。じゃあ、ここは自分が書いた「スローウェイヴ」にします(笑)。あの曲は歌詞もすんなり出てきたんですよね。しかも、それが今のバンドの状況をうまく言い当ててる感じがしていて。

ロン : 俺はこの「スローウェイヴ」っていうタイトルもすごく好きなんだよね。なんか、ゆっくり巻き起こしていくみたいな感じがするじゃん。大野がここで書いた歌詞は、ホント今の俺たちって感じだよ。俺たちって急激に変化したわけじゃなくて、いろんな段階を経て今こうなってるわけだから。あと、〈私髪を切って次の宇宙へ〉って歌詞が、めちゃくちゃ大野っぽい。なんでそこで髪を切るんだよ、と(笑)。

大野 : いや、失恋したら髪を切るとかってよく言うでしょ。そして次に向かうっていう。あれはつまり、そういうことだよ(笑)。

ロン : あと、今回のリード・トラックに「赤い春」を選んだのは、この曲こそまさに或る感覚の王道って感じがするから。バキバキの攻撃的なサウンドと憂いのあるメロディーっていう、或る感覚のいちばんいいところがしっかり録れてると思う。でも、アルバムを全曲聴いてもらえたら、きっと「ファイトクラブ」がいちばん好きだっていう人もいるだろうし、北原が言ってた通り、「亀の速さで」ができたのはマジでデカかったから。あの曲ができたから、俺は腹が括れたんです。それこそ俺たちは誰が聴いてもすぐにわかるような、たとえば「た●この歌」みたいな曲を書くバンドではないわけで。あるいは「ポ●ョ」とかさ。

大野 : たとえ、それでいいのか(笑)。なんか微妙に古いし。

ロン : これで今回いきなりドカーンとブレイクするようなこともないと思ってる。でも、着実に俺たちの音楽は伝わっていくはずだし、今はメンバー全員がそう確信できてるんじゃないかな。それこそ『ナチュラル / 初夏のピラニア / ロマンチック・アルカイダ』のときは無駄に焦っちゃってたんですけど。

――あのときはたしかにちょっと焦ってたかもね。

ロン : あのころはホントいろいろあったし。でも、今回のレコーディングではその「ナチュラル」も今のいい状態で録り直せたから、よかった。「初夏のピラニア」なんて、いまやライヴでいちばん盛り上がる曲になりつつあるし。バンドなんていつまでやれるかわからないけど、だからって焦っちゃダメなんですよね。ちゃんと自分のペースで進んでいけば、俺たちにもこういうアルバムが作れるんだから。

――そうだね。とはいえ、デビューしたころの傍若無人な或る感覚を知っている僕としては、やっぱりロン君には日本トップクラスの人気バンドを目指していてほしいっていう気持ちもあるんですけど、そのへんはどうですか。

ロン : あ、もちろんセールスのことはまったく諦めてないですよ。まあ、綺麗事を言うつもりはないけど、俺は普通に働いている人が聴きたくなるような曲を作りたいし、実際に『バイタルリスペクト』はそういう人の気持ちにすっと入り込んでくれるような音楽になってると思う。俺、こういう音楽がちゃんと売れると信じてますからね。マジでここからなんですよ。

過去作品

【特集ページ】
>>『或る感覚 / ナチュラル / 初夏のピラニア / ロマンチック・アルカイダ』配信&インタヴュー
>>『カウンター』配信&インタヴュー

LIVE INFORMATION

チョコレートボーイフレンド vol.1
2014年11月25日(火)@下北沢Que
w/ ビレッジマンズストア、空きっ腹に酒、The cold tommy

三つ巴 ~MITSU-DOMOE~
2014年12月23日(火)@池下UPSET
w/ ピアノゾンビ、空きっ腹に酒

Age Factory×フィッシュライフ Wレコ発『EGUMI.』
2014年12月14日(日)@十三ファンダンゴ
w/ Age Factory、フィッシュライフ、LILI LIMIT、IRIKO、最悪な少年

PROFILE

或る感覚

ロン(Vo、Gt) / Kou(Ba) / 北原ジャンクション(Dr) / 大野(Gt)

染み入るようなグッドメロディーをあくまで鋭角に鳴らす4ピース・バンド。

2010年5月、結成。2011年9月に「閃光ライオット」のファイナリストへ選出され、日比谷野外大音楽堂にてパフォーマンス、同年12月には「知性のギター」が収録されたコンピレーション・アルバム「閃光ライオット2011」が全国リリース。その後リリースされたデモCD『CITY STYLE ALTERNATIVE』が異例の売上を記録。

2013年1月にファースト・フル・アルバム『カウンター』をリリース。同年9月に『ナチュラル / 初夏のピラニア / ロマンチック・アルカイダ』がリリースされ、オリコン・インディーズ・ウィークリー・チャート1位を獲得した。2014年3月に会場・枚数限定EP『画家と筆EP』がリリースし、6月に初のワンマン・ライヴ「~DAN NO URA~ 天下統一」を開催。そして12月、セカンド・フル・アルバム『バイタルリスペクト』をリリースする。

>>或る感覚 Official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事