Features

【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線

コラム

【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線

特集 : 新世代参上! ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線 暑い! そして熱い! この国のインディ・ロック・シーン…

MAD CITY

MAD CITY

TENDOUJI

前作から約1年ぶりの新作はバンド初のフルアルバム

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

レヴュー

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、…

【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー

インタヴュー

【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー

【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 20…

Extended

Extended

YOUR SONG IS GOOD

前作5th Album『OUT』にて、これまでのイメージを大幅に更新し、ト…

演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバム『DRAWINGS』を予約受付開始!

ライヴレポート

演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバム『DRAWINGS』を予約受付開始!

演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバムを予約受付開始! フェスへの多数出演経験、海外公演を行うなど精力的…

DRAWINGS (24bit/96kHz)

DRAWINGS (24bit/96kHz)

Nabowa

3年2ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム『DRAWINGS』。アルバムの冒頭…

News

Top Charts (Weekly)

ハイレゾ音源大賞201707グランプリ発表

New Releases

The Echo Of Pleasure

The Echo Of Pleasure

The Pains Of Being Pure At Heart

キップ・バーマン率いるインディポップ・バンド、ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートの3年ぶり通算4枚目となるアルバム。前作同様、プロデューサー/ミックスはマイ・ブラッディ・ヴァレンタインの復活作『mbv』を手掛けたアンドリュー・サヴールが担当。

SLEEPLESS / RHAPSODY

SLEEPLESS / RHAPSODY

DEATHRO

どこか懐かしさを感じさせながらも全く新しいオリジナルスタイルJ-ROCKで全国に中毒者を増やし続ける神奈川県央No.1ロックボーカリストDEATHRO。1stアルバムに続く"DOUBLE A-SIDE MAXI SINGLE"『SLEEPLESS / RHAPSODY』が完成!レコーディングエンジニアには、同じく神奈川県央出身&在住で、デビューシングル『BE MYSELF』にも参加し、近年ではSUPER DUMB『JOIN』等の作品を手掛けた荒金康介氏を迎え、バックミュージシャンは1stアルバム『PROLOGUE』に引き続き、Drums:川又慎(Not it?Yeah)/Bass:YUKARI(limited express(has gone?)/ニーハオ!!!!)/Guitar:小野寺陽多(Groaning Groove/Daiei Spray)/Guitar:FUCKER(レーベルLessThanTV代表)の4人=TEAM DEATHROが参加。ワイルドな中にも煌びやかさと淫靡さを感じさせる王道の8ビートナンバー「SLEEPLESS」とDEATHRO流”優しさロック”を体現した極上のポップソング「RHAPSODY」3月に行われた「TOUR THE END OF PROLOGUE」ツアーファイナルワンマンでも披露され、初披露にも拘らずオーディエンスのコール&レスポンス、シンガロングを巻き起こした、相反するコンセプトを持った2曲は、21世紀の新たなJ-ROCKアンセムになるだろう。2017年夏は聴いて&歌ってDEATHROの世界を楽しんでほしい。

寺内タケシ ハイレゾでよみがえる珠玉の名盤シリーズ「アニメ大百科 -悪ガキ大集合」(オリジナル:1979年)

寺内タケシ ハイレゾでよみがえる珠玉の名盤シリーズ「アニメ大百科 -悪ガキ大集合」(オリジナル:1979年)

寺内タケシとブルージーンズ

寺内タケシとブルージーンズ結成55周年を記念し、珠玉の名曲を収めた厳選5作品をハイレゾ配信!半世紀の時を超え、アナログマスターテープと最新デジタル技術が・・出会った!「ゲゲゲの鬼太郎」「あしたのジョー」等、アニメ定番曲を遊び心たっぷりにアレンジ・カバー。メンバーとの掛け合いや即興的な演出満載で、エンジョイしている様子がうかがえる。<使用機材>・Tape Recorder:TELEFUNKEN[M-15A]・DAW:Avid[Pro Tools ver.11.3.1]・D/A Converter:Avid[HD I/O]・Master Clock:Antelope Audio[ISOCHRONE 10M with Trinity]

寺内タケシ ハイレゾでよみがえる珠玉の名盤シリーズ「華麗なる寺内タケシの世界 IV」〜映画音楽〜(オリジナル:1979年)

寺内タケシ ハイレゾでよみがえる珠玉の名盤シリーズ「華麗なる寺内タケシの世界 IV」〜映画音楽〜(オリジナル:1979年)

寺内タケシとスーパー・グランドオーケストラ

寺内タケシとブルージーンズ結成55周年を記念し、珠玉の名曲を収めた厳選5作品をハイレゾ配信!半世紀の時を超え、アナログマスターテープと最新デジタル技術が・・出会った!「スター・ウォーズ」「サタデー・ナイト・フィーバー」等名画を彩ったテーマ曲を大胆に、斬新にアレンジ・カバー。スーパー・グランドオーケストラを従えた豪華編成は、当時でしか、テリーでしか成し得ない偉業であり、今聴いても痛快な音楽的冒険が展開されている。<使用機材>・Tape Recorder:TELEFUNKEN[M-15A]・DAW:Avid[Pro Tools ver.11.3.1]・D/A Converter:Avid[HD I/O]・Master Clock:Antelope Audio[ISOCHRONE 10M with Trinity]

寺内タケシ ハイレゾでよみがえる珠玉の名盤シリーズ「華麗なる寺内タケシの世界」〜映画音楽〜(オリジナル:1973年)

寺内タケシ ハイレゾでよみがえる珠玉の名盤シリーズ「華麗なる寺内タケシの世界」〜映画音楽〜(オリジナル:1973年)

寺内タケシとルーパス・グランド・オーケストラ

寺内タケシとブルージーンズ結成55周年を記念し、珠玉の名曲を収めた厳選5作品をハイレゾ配信!半世紀の時を超え、アナログマスターテープと最新デジタル技術が・・出会った!「2001年宇宙の旅」「栄光への脱出」「ゴットファーザー」等名画を彩ったテーマ曲を大胆に、斬新にアレンジ・カバー。ルーパス・グランド・オーケストラを従えた豪華編成は、当時でしか、テリーでしか成し得ない偉業であり、今聴いても痛快な音楽的冒険が展開されている。<使用機材>・Tape Recorder:TELEFUNKEN[M-15A]・DAW:Avid[Pro Tools ver.11.3.1]・D/A Converter:Avid[HD I/O]・Master Clock:Antelope Audio[ISOCHRONE 10M with Trinity]

寺内タケシ ハイレゾでよみがえる珠玉の名盤シリーズ「歌のないエレキ歌謡VOL.2」(オリジナル:1971年)

寺内タケシ ハイレゾでよみがえる珠玉の名盤シリーズ「歌のないエレキ歌謡VOL.2」(オリジナル:1971年)

寺内タケシとブルージーンズ

寺内タケシとブルージーンズ結成55周年を記念し、珠玉の名曲を収めた厳選5作品をハイレゾ配信!半世紀の時を超え、アナログマスターテープと最新デジタル技術が・・出会った!はしだのりひことクライマックス「花嫁」、西田佐知子「女の意地」等、昭和を彩った名曲を全20曲豪華にカバー。“エレキの神様”ことテリーの魂のプレイが炸裂します!<使用機材>・Tape Recorder:TELEFUNKEN[M-15A]・DAW:Avid[Pro Tools ver.11.3.1]・D/A Converter:Avid[HD I/O]・Master Clock:Antelope Audio[ISOCHRONE 10M with Trinity]

寺内タケシ ハイレゾでよみがえる珠玉の名盤シリーズ「歌のないエレキ歌謡曲」(オリジナル:1971年)

寺内タケシ ハイレゾでよみがえる珠玉の名盤シリーズ「歌のないエレキ歌謡曲」(オリジナル:1971年)

寺内タケシとブルージーンズ

寺内タケシとブルージーンズ結成55周年を記念し、珠玉の名曲を収めた厳選5作品をハイレゾ配信!半世紀の時を超え、アナログマスターテープと最新デジタル技術が・・出会った!渚ゆう子「京都の恋」、藤圭子「女は恋に生きてゆく」等、昭和を彩った名曲を全20曲豪華にカバー。“エレキの神様”ことテリーの魂のプレイが炸裂します!<使用機材>・Tape Recorder:TELEFUNKEN[M-15A]・DAW:Avid[Pro Tools ver.11.3.1]・D/A Converter:Avid[HD I/O]・Master Clock:Antelope Audio[ISOCHRONE 10M with Trinity]

SWIM LOVE EP

SWIM LOVE EP

The Rouges

東京の男女混成トリプルボーカルバンド。2011年にPakoとHiyokoにより原型のバンドを結成、2014年にベースKyoroが加入し現体制に。本人達もフェイバリットに挙げる、Hinds,Aquadolls,BEST COASTなどに共鳴する程良いローファイ/サーフポップサウンドに、パンクスピリットを備えたトリオ。メンバー全員がボーカルをとるスタイルや、インパクトのあるルックスが話題となり、昨年はロッキング・オン・主催「RO69JACK 2016 for ROCK IN JAPAN FESTIVAL」入賞、「出れんの!?サマソニ!?」ではサマソニ出演も果たしている。

Boys Love Her

Boys Love Her

No Buses

東京を中心に活動する男女四人組ガレージロックバンド。2016年10月結成以来初の自主制作デモEPをリリース。ライブでも演奏されることが多い5曲を収録。未だネットにも上がっていない曲も収録されている。荒々しく爽やかな作品である。聴くべし。

不満

不満

goodtimes

身近な不満は大体自分のせいだったりする。(井上朝陽)

Live for the Moment

Live for the Moment

The Sherlocks

UKシェフィールド発、2組の兄弟から成る4人組新人バンド、ザ・シャーロックスが、待望のアルバム・デビュー!アルバム・デビュー前からすでに6本のミュージック・ビデオを公開。新人にしては異例のどれも15万回以上の再生回数を記録している。最新シングル「Will You Be There?」、「Was It Really Worth It?」はいずれもアナログレコードのシングル・チャート1位を獲得。海外媒体からはザ・ジャム、ザ・クラッシュ、同郷のアークティック・モンキーズらと比較されており、各地でライヴはソールドアウト。キングス・オブ・レオンのアリーナ・ツアーのメインのサポート・アクトにも選出された。

A Fever Dream

A Fever Dream

Everything Everything

今年で結成10周年を迎えたマンチェスターの4人組エレクトロポップ・バンド、エヴリシング・エヴリシング。3年ぶり4作目となる今作『ア・フィーヴァー・ドリーム』はシミアン・モバイル・ディスコのジェイムス・フォードとの共作。インディー・ロックとエレクトロポップを混ぜ合わせたようなエクスペリメンタルなサウンドが特徴的。

Live for the Moment

Live for the Moment

The Sherlocks

UKシェフィールド発、2組の兄弟から成る4人組新人バンド、ザ・シャーロックスが、待望のアルバム・デビュー!アルバム・デビュー前からすでに6本のミュージック・ビデオを公開。新人にしては異例のどれも15万回以上の再生回数を記録している。最新シングル「Will You Be There?」、「Was It Really Worth It?」はいずれもアナログレコードのシングル・チャート1位を獲得。海外媒体からはザ・ジャム、ザ・クラッシュ、同郷のアークティック・モンキーズらと比較されており、各地でライヴはソールドアウト。キングス・オブ・レオンのアリーナ・ツアーのメインのサポート・アクトにも選出された。

A Fever Dream

A Fever Dream

Everything Everything

今年で結成10周年を迎えたマンチェスターの4人組エレクトロポップ・バンド、エヴリシング・エヴリシング。3年ぶり4作目となる今作『ア・フィーヴァー・ドリーム』はシミアン・モバイル・ディスコのジェイムス・フォードとの共作。インディー・ロックとエレクトロポップを混ぜ合わせたようなエクスペリメンタルなサウンドが特徴的。

10% roll, 10% romance

10% roll, 10% romance

UNISON SQUARE GARDEN

テレビアニメ「ボールルームへようこそ」オープニングテーマとして書き下ろした新曲をリリース! ・新曲「10% roll, 10% romance」は、新作テレビアニメ「ボールルームへようこそ」 のオープニングテーマとして書き下ろした作品。 ・バンドの持ち曲の中でも最速の部類のBPMを叩き出すビートの上で、軽やかかつストレートに歌う斎藤宏介(Vo, G)の伸びやかな歌声が印象的なナンバー。

FUN FUN FUN

FUN FUN FUN

Seuss

今年1月EP『C'mon Baby』をリリースした4ピース・バンドSeuss、2017年2作目となるニューEPが完成。タイトルの『Fun, Fun, Fun』は京都のロック・バーTHE WELLER'S CLUBでSeussがスタートさせたマンスリー・パーティ名。バディ・ホリーやビーチボーイズなど彼らが愛してやまない50's〜60's Rock & Popカバーも交えたノーチャージ2ステージ制でのライヴに、オールディーズから現行インディーまで“ロック”をテーマに選曲されたDJタイム等、好きな音楽を自由に楽しめるパーティの空気感をそのまま詰め込んだような今作。彼らの新たな代表曲となるタイトル曲「Fun, Fun, Fun」、Yuta Furukawa(Special Favorite Music)がサックスで参加した「My Little Girl」、ライヴでも人気の高い「Lets Go to the Dance」の3曲を収録。

ページトップへ