福岡が、日本が誇るオルタナティブ!!!!

福岡のジャンク・ブルース・ロック・バンド、folk enoughのニュー・アルバム『DISCO TAPE』が完成! ナンバー・ガール、MO'SOME TONEBENDER、スパルタローカルズ、パニックスマイル... めんたいロック以降、対向するように現れた福岡のオルタナティヴ・ロック・バンド達。 そんな中一際輝き、現在も福岡シーンを先導する主役が彼らである。ベースに新メンバーの柴田剛を迎えて初のリリースとなる本作は、彼との2年間の巡業の末に辿り着いた、誰も聞いた事のない極上のポップ・ミュージック。OTOTOYではアルバムの発売に先駆けて、収録曲「Mario」をフリー・ダウンロードでお届け。彼らの雑多な音楽性が詰め込まれた名曲をどうか聞き逃さないようご注意あれ。この曲を1000万人のミュージック・ファンに贈る!

>>「Mario」のフリー・ダウンロードはこちら(期間 : 1/13〜2/22)


folk enough『DISCO TAPE』
2011.2.23発売
mp3 : 1500円 / wav : 1800円
Label : JUNK Lab Records

【TRACK】
1. Helloonanie / 2. Bach / 3. Mario / 4. Rock'n Roll Sunday / 5. New Lithm / 6. A.Y. / 7. Swingoutman / 8. Banana / 9. Elocity / 10. Mr.Bigman / 11. Folk in N.Y.C. / 12. Oh!Shine! / 13. Bomb Ahead

Performed by folk enough
Recorded and Mixed by MASAHIKO ANZAI, SHUICHI INOUE
Mastered by Kentaro Takahashi
Mastering produced by Hajime Yoshida

OTOTOYでは、2011年1月23日(日)@下北沢THREEにて行われる彼らの東京の初ワンマン・ライヴ『folk enough one man show -DISCO TAPE-』から、LIVE音源(Rock'n Roll Sunday、LOVE TRAIN、mamashit)をボーナス・トラックとしてプレゼント。

ずいぶんと前の話だけど、ロックってなんかずるい音楽だなと思った時がある。新しいアプローチから生まれた斬新な音楽が世に出てくると、音楽雑誌なんかはすぐ「これが今のロック! 」みたいな調子で、なんかロックという言葉がずいぶんと都合のいいものに思えてしまったのだ。それ以降もロックとか、フォークとか、ブルースとか、とにかくいろんな名前がつけられた音楽をひたすら聴いてわかったのは、やっぱりロックにもそれなりのルールとかセオリーみたいなものはあって、その上でそれぞれが自分達の音楽性を開拓しようとしているということ。では、ロックンローラーと呼ばれる人達はそこでようやく求めていたサウンドを手に入れたらそれで万事OKなのかというと、そうもいかないのが難儀なのだ。そして、それを体現し続けている数少ない存在のひとつがfolk enoughであり、リーダーである井上周一なのではないかと思っている。

彼らにしても、様々な音楽を通過しながらセオリーを知り、そこから解き放たれるべく、常に新たなメロディやグルーヴを模索してきたのは多くのミュージシャン達と同様だろう。しかしこのバンドが特異なのは、そうやってようやく手に入れたものを、次の瞬間にはあっさりと手放してしまうのだ。甘味なメロディが聴こえてきたと思ったらすぐに立ち消え、またすぐに違う展開がやってくる。そうかと思えば今度は延々とループが続いたりと、常に聴き手が予期する展開とは別の方向に行く。彼らはセオリーから脱した場所も、しばらくするとまた退屈になってしまうことを知っているのだ。だからこそ躊躇なく捨てる。このバンドの音楽性がジャンクと形容される所以はここにあるし、ロックンロールとはこういうものなんだと思う。

『DISCO TAPE』は、元FOUR THE MGの柴田剛を新メンバーに迎えての作品となる。結成以来初のメンバー・チェンジは、結果的にバンドのアンサンブルに新たなスリルを与えることになった。どこまでもささくれだっていて、とにかくセクシーで、ポップ。これを聴いて「どこがポップなんだ」と感じた人は、多分ものすごく潔癖なのか、あるいは巷に溢れる画一化されたサウンドに慣れ過ぎているんだと思う。実際のギターとベースとドラムは、ちゃんと質感を捉えたらこういう音になるんだ。これが本物だ。(text by 渡辺裕也)

folk enough『DISCO TAPE』によせて

folk enoughのニュー・アルバム『DISCO TAPE』に、多くの関係者よりコメントを頂きました。

フォークイナフはポンコツである。ローファイでなくガレージでもなく、ポンコツ。ブルックリンの川沿いに乗り捨てられたアメ車みたい。ボロボロなのにカッコイイぜ。まだまだ走るぜ!
百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)

俺の最大のライバルであり、最高の友が、素晴らしく満足度の高いアルバムを作ってしまいやがったので、俺は悔しいやら嬉しいやらだ。普通のヤツには作れないPOPSの領域。本当のPOPSができるヤツってのはドが付く変態でなければならないってコト。folk enough井上周一はドが三つ付くほどの変態である。だからこんな作品が作れちゃう。音楽への愛が一途過ぎるゆえ、アルバム2曲目に10分越える最も暗いインストなんか持ってきちゃう、普通だと絶対やっちゃダメな曲順(笑)。でも全てに意味がこもってる。曲の配置、音の配置、楽器の音質、歌い方、息遣い、間、一切の無駄がここには無い。しかし、これだけ全てに神経を注ぎ込んでおきながら、ラフに感じる。疲れない。最高にPOP!!!!! 俺は断言します、これが音楽です。
ボギー(nontroppo)

1音目をきいた瞬間、やばいな、かっこいい!誰これ!?
すげえアーティストに出会った時に共通して思う事。
folk enoughは間違いない。
今作も最初のリフからやられました。
そして、曲タイトルめっちゃおもろいです。
Elocity最高!!
maeson(8otto / drumsthroat)

くーっ!憎らしいほどスマートなくせに、愛しいほどやんちゃなサウンド!!
ニヤニヤしてしまうのはあたしだけでしょうか??
谷口友香理(Limited Express (has gone?) / ニーハオ!)

かっこいい。全体を通して霞がかった、古い映画を見たような、いや違うな、アナログ的な古いやり方をあえて使った新しい映画を見たような、だ。洒落てる。ノイズの作り方、ギターの音色の選び方、ドラムの“ノリ”。どれをとっても計算されていて、かつ自由だ。こんなアルバムを作れる日本人は、たぶんこのバンドしかいないだろう。オルタナティブとはメジャーとの相対的二者択一ではなく、個人的な好みを自由に追求した結果、他とは違う感じになってしまったって感じのやつ。奇をてらっていればいいってもんじゃない。洗練されていないといけない。このアルバムはきちんしたビジョンが、包括的に、しかも肩の力を抜いて作られている。洗練されている。こういう音楽はかっこいいカフェとかで流れてても似合うんだろうな。Folk Enoughはライブも凄いしな。ロックしてるしな。洒落てて、ロックしてる。これ以上何もいらないね。趣味がいいとあんまり理解してもらえない場合があるけど、このアルバムにはそうなってほしくない。確実に普段では味わえない体験ができるアルバム。だからみんなこれ聴こうよ。
氏原ワタル(DOES)

folk enoughは、フェイクで変則的なものから、まっとうな(クラシックと言ってもいいくらいの)「ロック」の大海に乗り出して行こうとしているように見える。そうすることが、自分を救う道なのだと、どこか気付いているのだろう。それは文字通り、前進だとボクは思っている。より深みのある世界へ向かっていけるバンドは、それ程多くはない。彼らにその資質があるのは間違いない。これからどう舵をとるのか、楽しみにしていたい。
ドン・マツオ(ズボンズ)

ゴール前で圧倒的な存在感を放つアイツ。どのタイミングでシュート打ったかわからないけど、決勝点決めちゃうアイツ。そんなアイツから感じるのはfolk enoughの音楽みたいなヒリヒリした熱。
ああ。みんなに言いたい。folk enoughが世界で一番かっこいいってこと。
有馬和樹 (おとぎ話)

folk enoughの音楽は映画に似ている。撮りためた素材を切り刻んで繋ぎ合わせる編集作業の時に真意が噴出する。それがfolk enoughの持っている“狂気”。ロックンロールというある意味様式化してしまった世界を解体して再構築する為の唯一の武器、これがホントスゴイ。計算されつくした後に見えてくる狂気という物があるんだなぁとガンジガラメの曲を嬉々として演奏する井上くんを見ながらいつも思う。POPでキャッチーなんて使い古された言葉だけど、ここに狂気が入り込むと何とも斬新。ゴダールやデヴィッド・リンチ、ギャスパー・ノエなんかの映画のエンドロールにfolk enoughが流れたら、きっと鳥肌が立つ位感動的だろう。
カシマエスヒロ(BOSSSTON CRUIZING MANIA,秋葉原CLUB GOODMAN)

DISCO TAPE のサンプル、大変楽しんで聴かせてもらってます。これ、何かカワイイですね。実際に狙ってカワイイ曲もありますが、ワイルドな曲も、そっけない曲も、ノイジーな曲も全部まとめて、そこはかとなく可愛さアップしてるじゃないですか。こんなんでしたっけ。もともと大好きですが、楽しめるシチュエーションが増えた分さらに好きになりましたよ。つまり、より身軽にやってるのかな。もう確信犯というよりは、カリスマ犯罪者。ルパンみたいな(違うか)。力抜けた音でもすばやく耳に届く感じ。素敵です。velvet underground の loaded に入ってるとしか思えない曲があって、それもなんかうれしかった。
渡辺良(Convex level)

全体に漂う『哀』なムードに何だか切ない気分になるんだな。でも何かいろいろ許してくれそうっていうか、特大の人間を感じる生身の音楽や!アンパンマンに顔を分けてもらうみたいな、生身をそのまま差し出す『哀』と『愛』てね。ドキドキしてしまった!
キシノジュンヤ(the mornings )

新しくない新しさと古臭くない古臭さをあわせ持った深みのある作品やと思います。ボクの中ではそろそろ紫綬褒章やわ
加納良英(and young...)

folk enoughの新作「DISCO TAPE」がサンプル盤が届いたので聴く。これはいい! ジャンクブルースと言われることもあるが「うたごころ」を今まで以上に感じた。
わたなべりんたろう(ライター)

ゴロッゴロした音の固まりがガツンと迫ってくる。どの音も聞き逃すことはできないくらいガンガン来る。でも裏にはスマート(folk enoughにスマートという言葉は似合わないかもしれないが)でクールな意志の強さが潜んでいる。 そんなのって一番たちの悪い音じゃないか。たち悪いです。クセになります。
石橋正二郎(FMN SOUND FACTORY)

1週目。不穏さを感じさせるスネア。ダーティなベースライン。気だるいボーカル 。 2週目。細かいギミック。心地よい耳障り。 3週目。メロディ。リズム。ハーモニー。
しばしば「ジャンク」とも評されるバンドの新しい作品は、とてもスリリングで、ドライな質感が全面にたっているように思えます。が、何度も聴いているうちに、そんな表面的なことではなく、「ジャンク」というピースを掻き集めて緻密にデザインされた一枚の大きな絵なんだということに気づきました。デジタルでは表現できない「0」と「1」の間に肉迫し、その向こう側をちょっとだけ垣間見るような。とても大きな力を持った作品だと感じます。
G(OUTATBERO/LLama/欠伸)

ブルースはそこにあった。少なくともオレの知ってるブルースは。フォークイナフはそこに在り続ける。少なくともオレの知っているフォークイナフは。
マドナシ(キツネの嫁入り)

最初のスネアの連打だけでいきなりギャース!ってなりました。思わず井上君に電話しました。
「すげえいいっすよ!」
「でしょ?」
って期待通りのリアクションに、彼のしたり顔を勝手に思い浮かべて嬉しくって鳥肌が立ちました。
早く会いたいなあ。
まじでかっこいい。それしか出てこん。
土龍(livehouse nano / ボロフェスタ)

いつだったか忘れてしまったが、井上君は「だいたいあらゆる類の音楽は聴いたように思う」という話をしてくれたことがある。ビッグマウスで鳴らした井上君だけど、いま思い返すにそれは、べつに大げさなことじゃなかった。この「DISCO TAPE」を聴けば分かる。
どんな音楽にも必要な呼吸、あらゆる音が響かせる空気の存在、様式とそれを崩すことによって現れる本当のスタイル…たくさんのミュージシャンが見落としがちな「何か」を、folk enoughは10年かかって一つ一つ丁寧に拾い上げ、磨いていった。それらはあらゆる類の「よい」音楽に共通する「根拠」だったのだ。つまり、あのとき井上君は「俺はそれを見切ったよ」と言っていたということになる。
ぼくも、わりとたくさんの音楽を聴いてきたはずなのだけど、一向にfolk enoughを見切るに至らない。ただ彼らが無造作に生み落とすスリリングでロマンチックな音塊に翻弄され、圧倒され、狂喜するだけの年月はまだまだ続きそうだ。
ゆーきゃん(シグナレス/欠伸)

LIVE

folk enough 『DISCO TAPE』 release party
2011年4月10日(日)@新代田FEVER(東京都世田谷区羽根木1-1-14 新代田ビル1F)
OPEN : 18:00 / START : 18:30
ADV. 2000円 / DOOR 2500円
【live】
folk enough
PANIC SMILE
Limited Express (has gone?)
おとぎ話

ticket : ローソン・チケット / L-77803
新代田FEVER TEL : 03-6304-7899

予告!

『DISCO TAPE』の発売を記念して、音楽配信サイトOTOTOYでは、1月23日に行われたfolk enoughのワンマン・ライブの完全版を高音質のDSDと24bit 48kのWAVで配信します。

PROFILE

福岡が生んだジャンク・ブルース・ロックンロール・バンド。そのDIY精神に富んだバンド活動は多くのバンドからの注目、リスペクトを受ける。ビクター傘下のCOLLA DISCから2枚のアルバムと2枚のミニ・アルバムをリリース。くるりやズボンズ等を虜にし、3rdアルバム『BLUES』は、ミュージック・マガジンで満点の評価を得た。その後、自主レーベルe.g.recordを立ち上げ、LIVEアルバムと4thアルバムをリリース。

o

 
 

"freedl"の最新アーカイヴ

演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』
[FREEDL]・2016年12月05日・演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』 2016年12月5日に発表された、清 竜人の新プロジェクト『TOWN』。演者と観客との境界線をなくし、ひとつのバンド『TOWN』として一緒に歌い、演奏し、作品を残すことをコンセプトに発表された曲はOTOTOYからフリー・ダウンロードが可能です。 『TOWN』楽曲 ※ダウンロードはOTOTOYの無料会員登録が必要です。※ダウンロードはPCからのみです。※PCからのダウンロードには歌詞pdfが同梱、OTOTOYアプリでお聴きの場合は、プレゼントボックスのアイコンをクリックすると歌詞が表示されます。>>OTOTOYアプリとは 4月10日『清 竜人 TOWN Vol.4』PHOTO 3月13日『清 竜人 TOWN Vol.3』PHOTO 2月20日『清 竜人 TOWN Vol.2』PHOTO 2月2日『清 竜人 TOWN Vol.1』REPORT 今まで見たこともないようなエンターテインメントが現れた。その名は「清 竜人 TOWN」という。 2017年2月2日、清竜人が新たに始動させたプロジェクトである清 竜人 TOWN
大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL
[FREEDL]・2014年01月16日・大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL まわりの意見に流されることなく、自分のやりたいことをダイレクトに楽曲に活かし、「さあ、どうだ!!」と迫ってくるアーティストに出会う機会が減った気がする。もちろん名前のあるミュージシャンや、ベテラン・ミュージシャンなどでそういう人はいるけれど、まだ無名ながら前のめりな勢いでやってくる人は多くない。少なくとも、2年近くOTOTOYに来る個人からの配信希望の担当をしている身としては、そう感じることが増えた。 そんななか、「これが自分のすべてなんだ!!」という強い主張を感じるアーティストが久しぶりにやってきた。それが西中島きなこによるソロ・プロジェクト、音に敏感だ。本来なら1月中旬にシングルとミニ・アルバム2作品を配信するはずだったのだが、年末にかけて音源が大量に届き、あれよあれよと8作品ものタイトルが配信スタート。大晦日、そして正月から配信スタートしてほしいと、一刻も早く自分の作品を公表したいという強い想いが伝わってきた。そんな音に敏感の楽曲は、西中島一人の手によって宅録で打ち込み主体で制作されている。訊けば、彼が作る楽曲、そして
by 西澤 裕郎
LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード
[FREEDL]・2016年11月02日・これは「バトルス × ダーティー・プロジェクターズ meets 坂本慎太郎」?──LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS初アルバム配信 マヒルノ、MUSIC FROM THE MARS、school food punishmentの元メンバーというツワモノどもが集まったトリオ、LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS(ルロウニンゲン・アンド・ザ・ファー・イースト・イディオッツ)の1stアルバムがリリースされた。「水墨画のような」「一筆書きのような」と形容される楽曲を、休符や空耳まで駆使したアンサンブルで鳴らす、唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ。東京アンダーグラウンド・シーンの未踏峰へ辿り着いたと言える作品を、OTOTOYではハイレゾ配信! さらに1曲、「バグとデバッグ(Bug And Debug)」を期間限定無料配信でお届けする。 期間限定フリーダウンロード「バグとデバッグ(Bug And Debug)」 LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS / CREOLES'【Track List】01. 未踏峰(We Cl
京都のスーパーノアのギター&ヴォーカル、井戸健人のソロ・プロジェクト「イツキライカ」より1stフル・アルバム配信
[FREEDL]・2016年11月01日・関西の音楽家たちと紡いだまばゆいフォーキー・サウンド──イツキライカ、初フル・アルバム配信 スーパーノアのギター/ヴォーカルとしても活動する井戸健人によるソロ・ユニット、イツキライカ。2012年のミニ・アルバム『ピンホール透過光』以降、4年ぶりとなる本作は、自身のバンド、スーパーノアのメンバーをはじめ、LLamaやBaa Baa Blacksheeps、白黒ミドリ、サルバ通りなど同じく関西を拠点とするメンバーを迎えて、まばゆいばかりのギター・アンサンブルと歌声のハーモニーで街の情景を描いた11編の楽曲を収録。アルバム配信と共に、そのなかから2曲目の「Kind of Lou」を期間限定フリーダウンロードでお届けする。 スーパーノアがポスト・ロック的なアプローチで刹那さを感じさせる音楽であるのに対し、イツキライカはコラージュでつくりあげたような音像であり牧歌的だ。イツキライカとして音楽を生み出すこと、その意識の違いや制作過程について井戸健人に話を聞いた。期間限定フリーダウンロード「Kind of Lou」 イツキライカ / Kind of Blue'【Track List】01. おきざりの庭で02. Ki
【期間限定6曲フリーDL】8度目のアメリカ・ツアーに渡ったELEKIBASS、約2年半ぶりの新作先行配信&インタヴュー
[FREEDL]・2016年10月25日・音楽と純粋に向き合うとはどういうことか──ELEKIBASS、新アルバム先行&6曲フリーDL サカモトヨウイチとカメダジュンペイ”JP”によるポップ・デュオ、ELEKIBASSが11月9日にリリースするニュー・アルバム『Theme of Melancholic Matilda』の先行配信をスタートした。かねてから強い海外志向を持ち、オブ・モントリオールとの交流も深く2015年までに7度のアメリカ・ツアーを重ねてきた彼らであるが、今年2016年の8月に再びアメリカへ。ジョージア州アセンズで開催されたインディポップ・ミュージックのフェスティバル〈Athens Popfest〉にディアフーフやエルフ・パワー、ダニエル・ジョンストンらとともに出演してきたのである。 そのアメリカへ提げていくために作られたのが今回のアルバムだというが、なんとおもしろいことに収録楽曲は幕間の楽曲を除きすべて2012年にレコーディングを終えていたらしい。なぜこの4年間楽曲を眠らせ、そしていまアルバムのリリースに至ったのか。そこにはごく簡単で、しかしELEKIBASSの核ともいえる理由が眠っていた。OTOTOYではアルバムのなかから計6曲
【期間限定フリーDL】スウェーデンのポップ職人デュオ、MARCHING BANDより3年ぶりの新アルバム、ハイレゾ配信
[FREEDL]・2016年10月07日・MARCHING BAND祝来日! ゆーきゃんが案内する傑作4thアルバム『So Much Imagine』 MARCHING BANDの前作『So Much Imagine』は、2人だけで制作された全21曲、70分超の濃厚なポップ・アルバムだった。みんなが口をそろえて言った「魔法がかったメロディー、繊細なアレンジ、果てしない多幸感」。そして2014年の奇跡的な来日公演は、とにかく“from Sweden, via US-INDIE, to everywhere”。夢の国で生まれたような彼らのサウンドを聴いた者は、決まって恋に落ちたのだ。 そんな彼らの新作は「温かく迎えてくれた日本のファンへの恩返しでもあり、12年にも及ぶ彼らの音楽活動の、集大成とも言える作品」でもあるらしい。 これまでにカーディガンズやクラウドベリー・ジャムなどの作品を生んだスウェディッシュ・ポップの聖地である〈タンバリン・スタジオ〉でレコーディングされ、曲ごとに異なる7人のミキサー(驚くべきことに、そこにはWATER WATER CAMELの田辺玄も名を連ねている)を起用したというこの『Heart Jewel』は、一聴して『So Mu
伊豆のバンド、ヤングの『ニューパーク』配信開始! 歌いだす楽曲で全国のフロアをステップさせる!!
[FREEDL]・2013年08月29日・ 豊かな自然と海、そしてちょっとヘンテコな博物館が多い静岡県・伊豆。そんな伊豆で生まれ、「かわいい女の子スタジオ」というこれまたちょっと不思議な名前のスタジオを拠点とするロック・バンドがいる。その名はヤング。昨年まで乍東十四雄(さとうとしお)という名で活動していた5人組ロック・バンドである。SEBASTIAN X、フジロッ久(仮)、シャム・キャッツらと肩を並べ、ライブ・ハウス「南池袋ミュージック・オルグ」などを中心とする東京インディ・シーンの中で活躍してきた。2008年にはフジロックの新人ステージ「ルーキー・ア・ゴーゴー」への出演も果たしている。そして今回、ヤング改名後初となるアルバム『ニューパーク』をリリース! >>「ももいろダンス」のフリー・ダウンロードはこちら ヤング / ニューパーク'【配信価格】WAV、mp3ともに 単曲 200円 / アルバム購入 1,600円【Track List】''01. ももいろダンス / 02. やってみようよ / 03. Day to Day / 04. レストラン / 05. タイム / 06. ムーンのライト / 07. 国語と天丼 / 08. パーク ヤングのサ
by 梶原 綾乃
JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』text by 渡辺裕也
[FREEDL]・2009年07月31日・ フェラ・クティの魂はここにもある フェラ・クティが自身の作り上げた音楽を「アフロビート」と名付けてから40年以上、そのフェラが亡くなって10年以上の月日が経った今でもなお、アフロビートは世界中で支持され、受け継がれてきている。 先日のフジ・ロック・フェスティバルでは、フェラの実子シェウン・クティが父のバンドであるエジプト80を率いて来日公演を果たした。そしてフェラと並ぶアフロビートの第一人者トニー・アレンも今年新作を発表したばかりだ。彼らのようなフェラと直接的な関係で結ばれた者がアフロビートを現在まで引率しているのは確かな一方で、この音楽に魅了される若い世代のミュージシャンは、欧米そして日本でも後を絶たない。アフロビートのルーツを辿ると、どうしてもポリティカルな側面を避ける事は出来ないし、そこには苦い歴史も少なからずあるのだが、それ以上にこの音楽には他にはない享楽性、自由度の高さがある。フェラの意志はそのサウンドに宿る事で未だ求心力を保っているのだ。ジャリブ・アフロビート・アーケストラが演奏するのも、その名に冠している通りアフロビートだが、彼らはこのハイブリット・ミュージックを方法論として用いるのではなく
by 渡辺 裕也
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事