1stアルバム先行販売開始! イチ早く聴いて、リリース前哨戦ツアーへ行こう

2011年、Vo&Gt磯谷直史(monokuro)、Ba朱雀佑輝(NANANINE)、Dr大坪徹志(hare-brainedunity)により結成された3ピース・バンド、THE ANDS。結成後、突如ミニ・アルバム『ONE』を発売し、その後も自主企画やコンピレーション・アルバムへの参加を果たしてきた彼らが、満を持してファースト・アルバム『FAB NOISE』を完成させました。1曲平均3分以下、全ての無駄を削ぎ落としたシンプルでソリッドな直系サウンド計12曲35分。60年代のブリティッシュ・ロック、90年代のオルタナティヴ・ロックやブリット・ポップをバックグラウンドにあげる彼らがミュージシャンとして築いてきた経験値はそのままに、ぶつかりあうサウンドは新鮮な衝撃に満ちています。また、今作は磯谷の故郷である福島に拠点を置くレーベルNomadic Recordsからのリリース。サウンドのみならず、意識面でも原点回帰した作品となっています。

OTOTOYでは、なんとCDの発売より約2ヶ月先駆けて販売開始。6月21日からは『FAB NOISE』プレ・レコ発ツアーがはじまります。夏へ向けてTHE ANDSが動き出す。まずは、新曲を予習してライヴへ!


THE ANDS / FAB NOISE

1. Dakota / 2. Fog / 3. Sleeping In The Only Love / 4. March Of The Night / 5. No Song / 6. Good Bye Music / 7. Very Strong / 8. Home / 9. Hand&Hand / 10. Top Of The Hill / 11. Once Upon A Time / 12. Re Motions

Label : Nomadic Records

★『FAB NOISE』についてつぶやこう!

THEANDS INTERVIEW

結成から約1年にして、ついにTHE ANDSのファースト・フル・アルバム『FAB NOISE』が到着した。2枚のEPを聴いた時点でこのバンドへの期待は十分に高まっていたが、こうして実際に届いたものを耳にすると、このギミックなしのスケール感には改めて圧倒されてしまう。というか、こんなに衒いなくグラマラスなロックを鳴らせてしまうバンドも、最近ではちょっと彼らの他に思い当たらない。様々な手法や言葉、そしてジャンルのクロスオーバーで溢れた末に中心を失った現ポップ・シーンにおいて、ただサウンドの強度だけで挑んだ『FAB NOISE』のインパクトは実にストレートで潔く、だからこそ鮮烈だ。monokuro、NANANINE、hare-brained unityでそれぞれ活動してきた3人だが、そうした過去のキャリアを引き合いに出すのもこれで終わりにしよう。そのすべてを凌駕するTHE ANDSの快進撃が、ついにここから始まるのだ。

インタビュー&文 : 渡辺裕也

いい曲を一枚のアルバムに詰め込むっていうプリミティヴな作業をずっと続けたい

――とにかく結成からここまでの展開が早かったですよね。ちょっと急ぎすぎじゃないかと心配になるくらいだったんだけど。

朱雀 : (笑)。たしかにmonokuroが活動休止してすぐだったもんね。
磯谷 : monokuroが活動休止を発表したのは2011年の2月下旬で。その数週間後に震災があったから、正直しばらくは新バンドどころじゃないかなっていうところもあったけど、自分としてはもうやるって決めてたからさ。とにかくそんな状況でも音楽に向かう活力は失ってなかったんだ。メンバーもすぐに決まったよ。

――EPのリリースもテンポが良かったし、かなり戦略的に攻めてるような印象もあったんだけど。

磯谷 : そこまで考えてたわけじゃないけど、自分が止まってない感じは出したかった。だって活動休止っていう言葉からは、どうしたって負のイメージしか沸かないでしょ(笑)? それを背負った上で新しい音楽を作っていこうってことは、自分の中でもう決まってたから。そこでソロっていう選択肢もあったかもしれないけど、やっぱり自分はバンドありきで。そこで前から交流があった朱雀さんに、酒を呑みながらよく相談してたんだ。で、同じく朱雀さんの方からも「俺もバンドがなくてさ」って言われてて(笑)。朱雀さんはNANANINEを2007年に休止させてるから、つまり5年間は自分のバンドがない状態だったんだよね。
朱雀 : サポートではやってたんだけど、いわゆる「俺はこのバンドで勝負してるんだ!」っていうのはなかったね。

――お互いに本腰を入れて臨めるバンドを求めていたところだったと。

朱雀 : 僕は完全にそうですね。
大坪 : 僕の場合はその時点で他にもバンドをやっていたからちょっと事情が違うんですけど。磯谷は休止からの動き出しがホント早かったよね。
磯谷 : とりあえず朱雀さんとやるってことは3月の前半に決めてた。
朱雀 : すぐにスタジオで曲作りを始めたんだよね。それこそリズム・マシーンを使いながら、簡易的にどんどん録音していって。
磯谷 : とりあえず俺がネタを大量に持っていって。いま思うとバンドを活動休止させた反動もあったのか、震災前のあの時期はちょっとありえないくらいのスピードで作曲してた。そうやって書き溜めてたものを基に、10曲くらいのデモをすぐ作って。そのふたりで始めた段階で、もうバンドみたいな音を出してたよ。ファズ踏んで(笑)

――その、ありえないくらいのスピードで作曲していた時期をいま改めて振り返ってもらいたいんだけど。なにがモチヴェーションになって当時の磯谷くんを突き動かしていたんだろう。

磯谷 : とにかく曲作りだけは休みたくなかったんだと思う。それに、その朱雀さんとバンドやろうとなった時のファースト・インプレッションを大切にしたかったんだ。そこでとりあえずふたりで散々がんばって曲を書いてみて、出た結論が「やっぱドラムほしいよね」ってことで(笑)
朱雀 : (笑)。もうとにかく打ち込むのが面倒くさくてさ。そういう機材を使いこなす技術も俺はまったくないから、ぜんぜんパターンも広がらなくて(笑)。そこで早くドラマーを加えようとなって。
磯谷 : で、ある時hare-brained unityの大樹くん(和田大樹)のイヴェントに俺がDJで誘われて。その時の打ち上げでテッチ(大坪)が俺と朱雀さんのところにきて「俺も混ぜてよ」みたいに声かけてくれたんだよね。
大坪 : そもそもふたりとは以前から交流があったんです。
朱雀 : それどころか何年か前は一緒に住んでたもんね(笑)
大坪 : そうそう(笑)。だから朱雀さんとはなにか一緒にやりたいって、昔からよく話してたんです。磯谷のこともmonokuroを観てた時から「あいつとなにかやれたらいいな」っていう気持ちは漠然とあって。そうしたらふたりがバンドを始めるっていうから、思わず声をかけて。とはいえその時点ではhare-brained unityもバリバリ活動していたし、俺も本腰入れたバンドをふたつも同時にできるかなっていう不安はあったんだけど、まずはデモを聴かせてもらって。
磯谷 : 正直、誰にも聴かせたくないようなお恥ずかしいデモだったんだけど、テッチは聴いてすぐに「これはすごいことになるね!」ってメールをくれて。

大坪 : いやぁ、めちゃくちゃいいなと思ったよ。もうその時点でバンド像がはっきりと見えた。だからどうしてもそこに加わりたくなったんです。
朱雀 : たしかにどういうことがやりたいのかはあの時点ですでに明確だったと思う。さっき展開が早いって言ってくれたけど、もうとにかくめちゃくちゃスムーズだったんです。とにかく曲はどんどんできていく一方で、すぐに「これもうレコーディングできるんじゃないの?」って話になって。
磯谷 : そうそう。4月に初めて3人でスタジオに入って、最初の1音でもうばっちりで、5月末にはもうレコーディング・スタジオを押さえて。
朱雀 : 7月に最初のライヴを決めてたから、もうそこに音源のリリースを間に合わせちゃおうってことになったんだよね。
磯谷 : たしかに改めて思い出すと、それは傍から見たら急いでるように感じるかも(笑)
朱雀 : でも、無理はまったくしてなかったよね。

――デモの時点で像が見えたということですが、具体的に「こういう音楽がやりたい」みたいな言葉のやりとりはあったんですか。

磯谷 : とりあえずこのバンドでは僕が曲を書くってことが決まってて。で、その僕だけでなく、この3人は同世代でみんな90年代にバックグラウンドを培ってたから「こういうのを本気でやってみようよ」っていう共通言語がたくさんあったんです。単純にニルヴァーナとかスマパンとか「ここはウィーザーっぽく!」みたいな言葉がスタジオではよく出てきますね。そこですぐイメージを共有できるのはすごく大きくて。
朱雀 : オアシスとかもね(笑)。音楽の好みはみんな近いんだよね。
磯谷 : 残念ながら僕にはリアムやカートみたいな声は出せないんだけど(笑)。自分に焼き付いている音楽ってなると、もう自然とその辺になっちゃう。

――こうして新しいバンドとしてスタートを切るにあたって、たとえば自分たちよりも若い世代のバンドを意識されたりはしませんか。

朱雀 : オレは最近になってそういうのを聴くようになって(笑)。っていうのは、THE ANDSを始めることになって「最近の日本のバンドってどんな感じなんだろう」っていう興味がまた沸いてくるようになったんですよ。逆に言うとそれまではもうさっぱりだった。
大坪 : 自分たちの音楽を貫いてやる以上は、やっぱりそこには目を向けておかないと大きな波には乗れないだろうっていう気持ちは確かに僕もありますね。
朱雀 : でも、それってすごく単純な話で、そういう自分たちよりも若い世代の人に聴いてほしいっていう気持ちがあるからなんです。で、今ってめっちゃ細かいフレーズでキメが多い、テクニカルなバンドが多いんですよねぇ。

――ああ、アークティック・モンキーズみたいな。

磯谷 : あれはたしかに時代性を感じるよね。でも、同時に僕は90年代ほどロック・ミュージックで市民権を獲得できたアーティストが生まれた時代ってなかったとも思ってて。そこに迷いはまったくなかったな。

――THE ANDSの3人はそれぞれオルタナティヴと呼ばれた時代の音に強く感化された世代だと思うんです、そこでみなさんが考えるオルタナティヴとはどういうものなのかを教えてください。

朱雀 : これはNANANINEの話なんだけど、あのバンドはみんな、とにかく普通のことがやりたくないっていう人達の集まりだったんです。海外のバンドから影響を受けた楽曲に日本語で挑もうってことを意識的にやりつつ、とにかく今までになかったものを形にしたいっていう気持ちが強かった。つまりそれをオルタナティヴとして捉えていたんです。

――それを体現していたバンドをひとつ例として教えてもらえますか。

朱雀 : (笑)。そこで挙げるのがR.E.Mとかじゃなくて申し訳ないんですけど、僕にとってはユニコーンですね。僕が音楽を始めるきっかけのバンドでもあるし、まさにあの集まりでしか出せないものをあのバンドはやってるから。俺のオルタナっていう感覚はそういう感じを指してて。
大坪 : 僕もこれまでひねくれた奴らと一緒にやってきたので、とにかく他と違うことがやりたくなってしまうんです。そこで影響を受けたのが、やっぱりスマパンとかで。それこそロック・バンドのドラムっていうと、デイヴ・グロールやジミー・チェンバレンが真っ先に思い浮かぶんですよね。同時に僕はこれまで打ち込みのリズムをずっと研究してやってきたんです。それがこのバンドに入ってから、そういう10代の頃に夢中になってたものからの影響が一気にでてきた感じがしてて。
磯谷 : 僕にとってはそのオルタナティヴな音楽がポップスと共存しているってことがなによりも大きくて。つまりそれって、本当の意味でクオリティの高い音楽を指しているんだと思ってる。

――磯谷くんの音楽に通底しているのは、まさにそのポップネスに尽きると僕も思います。いろんな参照点はあるけど、どれもショート・レンジのポップ・ソングに完結させるところだけは譲らないというか。

磯谷 : 音楽を作るにあたって僕が常に気にするのはそこだから、もはやそれは変えられないんだよね。自分の耳が気持ちいい方に向かっていくと、自然とそういうものになっていっちゃうんだ。今回はどの収録曲も同じくらいの熱量をもって生まれてきたから、ものすごく安産で(笑)。もっと早く出来上がってもよかったくらいの勢いだった。むしろ、これくらいのクオリティに仕上がるには、やっぱり1年はかかっちゃうんだなっていう気がしているくらい。

――作品全体像としてはなにかイメージがあったんですか。

磯谷 : コンセプトはないけど、とにかく疲れるアルバムを作ろうと思って。

――(笑)。どういうこと?

磯谷 : 12曲で約35分でしょ?とにかく曲間なく忙しなく展開していって、気づいたらリピートしているみたいな、いかにもファーストらしいテンションのアルバムにしたかった。

――で、みなさんはこの作品以前にもファースト・アルバムのリリースという経験をすでにされている方々ですよね。そこにはなにか特別に意識するものもあったんじゃないかと思ったんですが。

大坪 : やっぱりそこに掲げる意欲は相当でしたね。ただ、みんなここまでのキャリアがあるから、楽曲の組み立てや音作りの作業はホント早いんですよ。そういうところがぽんぽん決められるから、3人のモチヴェーションが途切れることなく高まっていった感じがこの1年間はすごくあって。それをアルバムにぎゅっと押し込めたような手応えはありますね。
朱雀 : とにかくこのバンドは始まった時のテンションがものすごく高かったので、その空気感は絶対に収めたいと思ってました。つまりそれこそがファースト・アルバムだと思ってるから。この歳でこんなことを言うとおかしいかもしれないけど、「こいつら好きな音楽を好きなようにやってんなぁ」っていう瑞々しさをそのまま出したかった。その、音から出ている鮮度や勢いをとり逃したくはないっていう気持ちは、バンドのスピード感にもつながったと思う。
磯谷 : スーパーグラスの『アイ・シュド・ココ』みたいなアルバムにしたかったんです。あの人たちがあれを作ったときって18歳くらいだけど(笑)。そういうテンションのものをいま作ってみたいと思って。あとは単純に、自分がその時点で形にしていたものを1クールとしてまとめたかった。それが今回は12曲としてうまく収まってくれて、これでちょうど一区切りつく感じがしたというか。あとは聴いたときにとにかく「速いなこのアルバム!」っていうインパクトを残せるものにしたかった。それは自分がそういうものを聴きたかったっていうのも大きくて。

――この『FAB NOISE』というタイトルも、3人の共通項から生まれた言葉なのかなと思ったんですけど、どうでしょう。

磯谷 : 単純に自分たちとマッチした言葉だと思って。いわゆるノイズ・バンドではないんだけどさ。とにかく戦闘モードってことだね(笑)
朱雀 : 人間的にもノイジーなやつらが集まってるからね(笑)。他の人からするとただの歪みにしか見えないようなところにこのバンドの芯があって、僕らはそこを大切にしているんです。そもそもここまでバンドっていうものにこだわってるってことも、ちょっとおかしいくらいじゃないとできないと思うし。

――バンドって、メンバー間のやりとりを重ねていく中で音楽性をゆっくりと定めていくものじゃないですか。みなさんのように最初に決めた指針をまっすぐ進んでいけることって、実はそうないことだと思うんだけど。

磯谷 : そこは確かにまったくぶれないし、とにかくスムーズですね。実際に曲を作っている俺が「こうしてくれ」みたいなことをほとんど言わないで済んじゃうし。
朱雀 : (笑)。たしかに普通はそういうやりとりに時間を費やしてもいいはずだね。でも「ちょっとこれ合わせてみようよ」っていうところから30分くらいすると、だいたい「すげえいいじゃん!」ってなってて。でも、そこがこのバンドででかいところだと思う。曲作りがとにかくこのバンドは早いから。変な話、スタジオに入っている時間がいまは一番楽に感じているくらいで。
磯谷 : 無駄がないよね。いま自分で振り返って、それが当たり前に感じ始めているのが怖くなってきたくらい。
朱雀 : それもこの3人が集まった時点ですべて決まったことだったんだと思います。ひとりメンバーが別の人間になっていたらまったく状況は違っていただろうし。ピースがうまくはまった感じがする。
磯谷 : 実はもう意識が次に向かい出してて。ファースト・アルバムのマスター・テープをもらった時点で、次のアルバムのイメージはもう決まったんです。

――というのは?

磯谷 : もう一枚ファーストをつくる(笑)。そういう気持ちでいま曲作りを始めています。
朱雀 : もうネタも揃ってきているよね。しかも今回のアルバムとはモードが違うものができている。完全に次のシーズンに移った感じがしていますね。
磯谷 : 俺はあんまりモードとかは意識しないようにしているよ。いい曲を一枚のアルバムに詰め込むっていうプリミティヴな作業をずっと続けたいだけだから。それに曲って自分の身体から生まれてくるものだから、同じものなんて出来ようがないし、そのなかからいい曲を取り出していくことくらいしか考えないんだ。それもバランスというか、適材適所ってところが大切で。打順が1番から9番まできちんと揃ってるアルバムがいいと思ってる。だから曲を作るときは、いつもその曲が収まる位置も考えてて。
朱雀 : それが僕らから見ててもわかるから、明らかに次の展開がきたってことがわかるんだよね。
大坪 : 3人それぞれが考えてきた曲順にも、ほとんどズレがなかったんだよね。
磯谷 : 1回ミーティングしてすぐだったよね。「この打順ならローテーションでも余裕で3点はいけるな!」みたいな感じで(笑)。状況のいい時って、シナリオが出来上がっているかのようにどんどん転がっていくもんなんだね。それをいまこのバンドで僕は体感してます。

プレ・リリース・ツアー決定! "FAB NOISE " TOUR -FIRST STAGE-

2012年6月21日(木)@下北沢SHELTER
2012年6月22日(金)@名古屋CLUB ROCK'N ROLL
2012年6月23日(土)@京都MOJO
2012年6月24日(日)@岡山PEPPERLAND
2012年6月29日(金)@仙台LIVE HOUSE enn 3rd
2012年6月30日(土)@福島OUT LINE

THE ANDS PROFILE

磯谷直史 / Naofumi Isogai (vocal & guitar) from FUKUSHIMA
朱雀佑輝 / Yuki Sujaku (bass) from FUKUOKA
大坪徹志 / Tetsushi Otsubo (drums) from NAGASAKI

2011年結成。磯谷直史(monokuro)、朱雀佑輝(NANANINE)、大坪徹志(hare-brained unity)による3ピース"THE ANDS" (ジ・アンズ)。60年代ブリティッシュ・ロック、90年代オルタナティブ・ロックをバックグラウンドにもつ彼等の新プロジェクト。

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事