OTOTOYフジロック・ガイド2017ーーいま絶対に見ておくべきアクト21選

今年もこの季節がやってきた! 2016年に20周年を迎えた〈フジロック・フェスティバル'17〉。今年の開催も、いよいよ今月末に迫ってきました。OTOTOY恒例のフジロック・ガイドを今年もお届け。20年ぶりのエイフェックス・ツインの参加などが騒がれる中、「これは絶対にチェックしとけ!」的な海外アクトを一挙に紹介していきます。これだけ多様な音楽に触れられるのは、まさにフジロックならでは。大自然に囲まれて、美味しいものを食べながら、いつもと違う気持ちで音楽を楽しみませんか? それではライター・渡辺裕也による、今年のフジロックの見どころをチェック!


FUJI ROCK FESTIVAL '17
2017年7月28日(金)、29日(土)、30日(日) @新潟県 湯沢町 苗場スキー場
時間 : 開場 9:00 / 開演 11:00
料金 : 3日通し券 43,000円 / 1日券 19,000円
出演 : 国内外約200アーティスト
詳細 : http://www.fujirockfestival.com/ (オフィシャル・サイト)



渡辺裕也がセレクトする、〈フジロック '17〉これだけは押さえろ!!

いよいよ開催が迫ってきたフジロックフェスティバル'17。今年は総勢232組のアーティストが出演。すでにチケットを手にした方は、今ごろタイムテーブルとにらめっこしながら3日間に思いを巡らせていることでしょう。今回はそんな豪華ラインナップのなかでも、2017年の今こそ絶対に見ておきたい出演アクトをピックアップ。直前の予習はこれでバッチリ。ぜひ、試聴しながら読んでみてください。

DAY 1

GORILLAZ(Green Stage 21:30~)

今年のフジ最大の目玉といえば、当然ゴリラズ。約6年ぶりの新作『ヒューマンズ』をリリースしたばかりの彼らは現在、絶賛ワールド・ツアー中。しかも、どうやら今回のツアーにはヴィンス・ステイプルスとダニー・ブラウンも帯同しているとのこと。どちらも活躍ぶりがめざましいラッパーなだけに、ここはぜひ苗場にも来てほしい(おなじく新作に参加していたRAG'N'BONE MANとの共演もあるか?)。なにはともあれ、巨大スクリーンを駆使したヴァーチャルなパフォーマンスは必見。


GORILLAZ / Humanz live in Cologne (2017)

FATHER JOHN MISTY(Field of Heaven 18:10~)

レディ・ガガやビヨンセにも楽曲提供するなど、いまやアメリカを代表するシンガー・ソングライターとなったファザー・ジョン・ミスティ。そんな彼の最新作『ピュア・コメディ』は、70年代ウエストコースト・ロックの伝統を受け継ぎながらも、現代社会をアイロニーたっぷりに描いた、ぶっちぎりの大傑作。そしてこのアルバムを引っさげてのライヴ・パフォーマンスがまた、とんでもないことになっている。1日目に足を運ぶなら、この壮大なステージングを見逃す手はない。


Father John Misty / Total Entertainment Forever (at Glastonbury 2017)

THE xx(Green Stage 19:20~)

今年1月にリリースされたサード・アルバム『アイ・シー・ユー』は、全米チャートで2位を奪取(英国ではもちろん1位)。地元ロンドンのブリクストン・アカデミーにて行われた7日間連続公演も瞬時にソールドアウトし、名実ともに現代屈指のバンドへと成長したThe xxが、いよいよグリーン・ステージに登場する。あの素晴らしかったホワイト・ステージでのライヴから4年。彼らがどこまでスケールアップしているのか、とにかく楽しみ。


The xx / On Hold (at Glastonbury 2017)

SAMPHA(Red Marquee 20:30~)

ドレイク、カニエ・ウェスト、ソランジュ、フランク・オーシャンといった大物への客演で名を上げてきたサンファも、今年はついにデビュー作『プロセス』を発表。次世代のUKシーンを担うシンガーとして、早くもその評価を確固たるものとしつつある。今回のフジロックではライとQOTSAの同時間帯という、かなり厳しいスロットではあるが、その美声とピアノを基調としたミニマムなサウンドは、間違いなく絶品。ここはなんとかして駆けつけたい。


Sampha / NPR Music Tiny Desk Concert

RHYE(Field of Heaven 20:20~)

マイク・ミロシュとロビン・ハンニバルによるデュオ、ライはつい先ごろにシングル「プリーズ」をリリース。ミロシュの官能的でエレガントな歌声と、ナマとエレクトロニクスを交ぜた優雅な演奏はもちろん健在。4年ぶりの本格的なカムバックを静かに伝えてみせたばかりだ。おそらく今回の公演では、その「プリーズ」はもちろん、きたるべきニュー・アルバムを予告するようなパフォーマンスにもなるのではないかと期待。


Rhye / Please

QUEENS OF THE STONE AGE(White Stage 21:00~)

あのアークティック・モンキーズが羨望し、イギー・ポップの最新作ではプロデューサーとして指名したジョシュ・オムこそ、ここ15年のロック・シーン最大のカリスマ。そんな彼が率いるQOTSAの最新作『ヴィリアンズ』は、なんとあのマーク・ロンソンが手がけているとのこと。今回の公演ではその全容をいち早く体感できることになりそうだ。ちなみにこの人たちはフジロックで2回、サマソニで1回ドタキャンした過去あり。今回こそ頼みますよ、マジで!


Queens of the Stone Age / The Way You Used to Do

ARCA DJ & JESSE KANDA AV(Red Marquee 00:00~)

今年の大本命はビョークというあなたに、「アルカって誰?」とは言わせない。そう、この人こそビョークの最新作『ヴァルニキュラ』の共同プロデューサー。その他にもカニエ・ウェストやFKA・ツイッグスらに先鋭的なトラックを提供してきたアルカが、今回はヴィジュアル・アーティストのジェシー・カンダとともにDJ&AVセットを披露。自身のサード・アルバム『アルカ』がこれまでになくポップで開かれた内容だっただけに、この日のパフォーマンスには否が応でも期待が高まる。


Arca / Reverie

DAY 2

LCD SOUNDSYSTEM(White Stage 22:00~)

フジロック史上最高のライヴとして、2010年のLCDサウンドシステムを挙げるひとは少なくない。そんなLCDサウンドシステムがついに再結成。そして、いよいよフジロックに還ってくる。場所はあのときとおなじくホワイトステージ。しかも、今回はヘッドライナーとして。もちろん9月1日にリリース予定の新作『アメリカン・ドリーム』の楽曲もいちはやく披露されるだろう。伝説が7年ぶりに塗り変わる瞬間を見逃すな。


LCD Soundsystem / call the police

APHEX TWIN(Green Stage 21:00~)

ずいぶん音沙汰なかったのが一転、2014年に13年ぶりの新作『サイロ』を発表して以降、怒涛のリリース・ラッシュを続けているエイフェックス・ツイン。相変わらずこの人はなにを考えているのかわからないが、なにはともあれ20年ぶりのフジロック降臨である。そう、つまりは第1回以来の出演ってこと。エイフェックス・ツインについてはこちらの記事に詳しいので、併せてぜひチェックを。

フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!


Aphex Twin Live at Field Day 2017

THE LEMON TWIGS(Red Marquee 17:50~)

これほど強烈なインパクトを放った新人バンドも久しくいなかったし、今年2月の初来日公演があまりにもすごかった! と語り草になっているだけに、フジロックでの再来日決定は本当に嬉しい。70年代のブリティッシュ・サウンドを取り込んだ米国出身の兄弟デュオという、音楽的な佇まいもさることながら、その華やかなルックスにおいても新世代のスター感バリバリ。レモン・ツイッグスは間違いなく将来のヘッドライナー候補だ。それだけに時間帯がデス・グリップスと重なっているのは悩ましい…。


The Lemon Twigs / These Words

TEMPLES(Red Marquee 20:00~)

ここ何年か英国ギター・バンドのシーンは不調が続いていたが、テンプルズだけは例外的な存在だった。そして2017年、ここにきて俄かに騒がしくなってきた英国インディ。そんな状況下で発表された彼らのセカンド・アルバム『ヴォルケーノ』は、間違いなく今年のベストに挙げられる1枚だ。土曜の夜8時、オザケンを見に来た方はホワイト・ステージへ。そうでない方は全員レッド・マーキーに集合でお願いします。


Temples / Certainty

THE AVALANCHES(Green Stage 16:50~)

昨年は残念ながら出演キャンセルとなったアヴァランチーズ。もし実現していたら、じつに16年ぶりのアルバム『ワイルド・フラワーズ』の発売直前というタイミングだったわけだが、あれから1年。はやくも彼らのリヴェンジ公演が決まった。新作の聴き込みはもうバッチリ。サンプリング・ミュージックの金字塔『シンス・アイ・レフト・ユー』に関しては、もはやいつでも脳内再生できるくらいだ。さあ、いよいよアヴァランチーズがやってくる。


The Avalanches / Because I'm Me

THE MARCUS KING BAND(Field of Heaven 17:10~)

「デレク・トラックス以来の逸材」とも言われるマーカス・キングは、いまだ21歳の天才ギタリスト。凄まじいギター・プレイもさることながら、そのしゃがれた歌声も魅力的な彼は、必ずやオーセンティックなブルースのシーンを牽引してゆく存在となるだろう。ちなみに彼は1日目深夜のクリスタル・パレスにも登場するので、ここは足を運びやすいほうに、ぜひ。


The Marcus King Band / Ain't Nothin' Wrong With That (at Rockwood Music Hall)

Declan O’Donovan(Gypsy Avalon 19:30~)

その酔いどれピアノマン的な佇まいがトム・ウェイツを想起させるカナダのシンガー=デクラン・オドノヴァンは、5年ぶりとなるアルバム『ブロークン・スカイ』をひっさげてフジロックに登場。しかも、今回は初日にカフェ・ド・パリ、二日目はギプシー・アヴァロンと、2度にわたって出演する。今のところ知る人ぞ知るシンガーなだけに、ここでのパフォーマンスで人気に火がつく可能性は大。


Declan O'Donovan / Down To The Bottom

DAY 3

LORDE(Green Stage 18:50~)

昨年のブリッド・アウォードでデヴィッド・ボウイの追悼パフォーマンスを披露したのが、他ならぬ彼女。生前のボウイも彼女の歌を聴き、「明日(の音楽)を聴いているようだ」と語っていたという。フィメール・ポップ・アイコンが時代をリードする2010年代において、今その先頭に立っているのは間違いなくロードなのだ。今年6月に発表したセカンド・アルバムは、見事に全米チャート1位を獲得。3年前の初来日公演は本当に感動的だったが、今回のステージはきっとそれを凌ぐものになるだろう。


Lorde / Green Light (Glastonbury 2017)

MAJOR LAZER(White Stage 22:00~)

ディプロ率いるメジャー・レイザーは、09年にもフジロックに出演している。その時点で人気プロデューサーとしての地位を確立していたディプロは、その後もダンス / エレクトロニック・シーンの最前線を走りつづけ、2017年にまたしてもキャリアハイを更新しようとしている。噂されるアルバム『ミュージック・イズ・ザ・ウェポン』のリリースはまだのようだが、とりあえず現時点で発表されているシングルはすべて完璧。彼らのパフォーマンスを体感せずして、今年のフジロックは終われない。


Major Lazer - Know No Better (feat. Travis Scott, Camila Cabello & Quavo)

THUNDERCAT( Field of Heaven 21:00~)

日本(のアニメ)大好き。そしていまやその日本でも確固たるファンベースを築いたかのように思える、最強のベーシスト=サンダーキャット。しかし、さすがに彼もビョークの裏という時間帯には苦戦を強いられるかもしれない。思えば4年前、おなじくヘッドライナーとしてビョークが歌っていた時、その裏でライヴをしていたのが、サンダーキャットともつながりの深いケンドリック・ラマーだった。ここはぜひ、満員のオーディエンスでサンダーキャットを迎えたい!


Thundercat / Them Changes

おとぼけビ~バ~(Rookie A Go Go 23:00~)

おとぼけビ~バ~の快進撃が止まらない。イギリスのインディ・レーベル〈Damnably〉からリリースしたシングル「ラヴ・イズ・ショート」は、なんとUKチャートに連続ランクイン。アメリカの有力メディア〈ピッチフォーク〉でも紹介されるなど、まさに英米で話題沸騰中の彼女たち。京都から世界へ。今回のルーキー・ステージはまだまだ序章。この4人が海外の大型フェスを席巻する日はそう遠くないのかもしれない。


おとぼけビ~バ~ / ラブ・イズ・ショート

REAL ESTATE(White Stage 12:30~)

結成当初からバンドを支えてきたリード・ギタリストが脱退し、その後に新メンバーが加入しても、バンドの音楽性が揺らぐことは一切なし。ということを彼らの新作『イン・マインド』は見事に証明して見せた。同時期にデビューした北米インディ勢が時代の流れとともにそれぞれ変化を余儀なくされてゆくなかで、このバンドの不変ぶりはちょっと驚異的ですらあるし、そのソフトサイケなアンサンブルの妙義は普遍の域に入りつつある。


Real Estate / Darling

BONOBO(White Stage 17:40~)

エレクトロニック・ミュージックの個人作家でありながら、同業のプロデューサーたちからはもちろん、英国のインディ・バンド界隈からも支持されるボノボ。いわゆるミュージシャンズ・ミュージシャン的なところもある人だが、そんな彼の最新作『マイグレーション』は全英5位を記録。そして、今回は待望のバンド・セットがここ日本で初披露される。海外でのライヴ映像を見る限り、これはかなりスペシャルなパフォーマンスが期待できそうだ。


Bonobo Boiler Room London (at Alexandra Palace)

TROMBONE SHORTY&ORLEANS AVENUE(Field of Heaven 18:50~)

ジャズやファンクに限らず、北米のポップ・シーンにおいてもプロップスの高いトロンボーン奏者といえば、この人。過去にはレニー・クラヴィッツにバンド・メンバーとして起用され、今年はレッド・ホット・チリ・ペッパーズの北米ツアーにオープニング・アクトとして抜擢されるなど、その評価は高まるばかりだ。フジロックへの出演は7年ぶり。さらにグレードアップしたパフォーマンスを披露してくれるだろう。


Trombone Shorty - LIVE Full Concert 2016


FUJI ROCK FESTIVAL '17
2017年7月28日(金)、29日(土)、30日(日) @新潟県 湯沢町 苗場スキー場
時間 : 開場 9:00 / 開演 11:00
料金 : 3日通し券 43,000円 / 1日券 19,000円
出演 : 国内外約200アーティスト
詳細 : http://www.fujirockfestival.com/ (オフィシャル・サイト)

その他の出演アーティストの音源は下記から購入可能!!

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事