プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画!

プー・ルイ...
彼女は、優しさに溢れた、我を一切主張しない、
まさに透明少女のような存在だった。
しかしそんな彼女にも人知れず抱えてきたひとつの大きな夢があった。
すこしおどおどしながら、彼女は語った。

「私、アイドル・グループがやりたい...」

... ん???
アイドル・グループ? グループなの?

... んんんんーっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!☆
じゃあ作ってしまえばよいではないか! アイドル・グループを!

アイドル・プー・ルイがソロ活動を休止、オーディションを開催、アイドル・グループを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート。

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー!!!

何故、彼女はアイドル・グループになりたかったのか!? text by Yuya Watanabe

夏の暑さが徐々に本格化してきた頃のある日、OTOTOY編集部に1人の女の子が訪れてきた。彼女の名前はプー・ルイ(以下ルイ)。オーディションを通過してCDデビューも果たしている、アイドルである(一応言っておくと、日本人)。

そう、アイドル。国内外を問わず様々なバンドやアーティストを紹介しているこのサイトで、なぜ「アイドル」の彼女が登場することになったのか。最初に打ち明けておくと、毎月大量にリリースされる音源からサイトで取り上げる作品を選んでいるスタッフやライター陣にとって、彼女の音楽がとりたてて突き抜けていたかというと、そういうわけではない。ただ、決して口数が多くはない彼女が発したこんな言葉に、我々はどうもひっかかるものを感じてしまった。

「私、本当はアイドル・グループがやりたかったんです」

既に単体で活動しているアイドルが、本当にやりたいのはグループだったというのはどういうことだろう? 一度頭の中でバンドに置き換えて考えてみたが、やはりそれとは事情が違うような気がする。どうも気になるので続けて話を聞いてみる。

「歌うのが好きで、CDを出すのはひとつの夢だったから、そういう意味では実現されている気がしていたんですけど、具体的に自分は何がやりたかったのかを思い返してみたら、私が小さい頃から憧れていたのは、モーニング娘。さんとか、そういうアイドル・グループだったんです」

小学校で合唱団に所属し、歌うことの楽しさを覚えたという彼女は、中学では軽音楽部に入り、その後はバンド活動にのめり込むようになった。

「高校に軽音がなかったので、他校の友達と一緒にバンドを始めたんですけど、それまで部活でやっていた時とはメンバーの本気度が違って。みんなでやるのが楽しかった。でもその時期って受験とかもあるし、みんながその先にプロを目指したりするのかどうかは微妙で、みんなを巻き込んでいいのかわからなかったから、その辺りからオーディションを受け始めたんです。自分がどこかに引っかかれば、みんなと一緒に続けていけると思って」

100件以上のオーディションを受けて、ようやく審査を通過したものの、デビューを果たしたのは当然、彼女一人。いつしか彼女も個人の活動に没頭していくようになるが、今になって、自分が歌を好きになったそもそものきっかけや、幼い頃から今も変わらず憧れを抱いているのはモーニング娘。のようなグループだということを思い出したのだという。

さて、そこで思った。一度単体のアイドルとして活動し始めたら、グループを結成することは難しいのだろうか。それって今からでも十分に実現可能なことなんじゃないだろうか。そう問いかけてみると、彼女は目を輝かせながら理想のグループ像を語り出した。

「人数は奇数がいいな! センター・ポジションがあった方がいいと思う。自分はセンターじゃなくてもいいけど。グループで揉め事とか、やってみたい(笑)。メンバー同士のやりとりに憧れがあるんです。衣装も普段着っぽいやつじゃなくて、モロに衣装っていう感じにしたい! 」

そして話は盛り上がり、彼女はまさかの決意を口にした。

「オーディションを開きます。私が自分で直接見て、話した上で、メンバーを見つけたい」

……という流れがありまして、なんと彼女は本当にアイドル・グループ結成に向けて動き出してしまいました。既に決まっていたシングルのリリースを最後に、個人での活動は休止。オーディションの開催も決定しました。こうなった以上、我々が放っておいていいはずがないでしょう。
OTOTOYでは、この未だ存在しないアイドル・グループが無事に誕生し、活動を本格化し始めるまでの動きを追いかけていきます。これは間違いなくルイ本人が考えているよりもずっと難しいプロジェクトになる。中途半端な狎れ合いで出来たアイドル・グループなんて、日の目を見る間もなくあっという間にいなくなっちゃうでしょう。人気アイドル・グループへの道はそれほどまでに険しいものだ。

こうなると色々と手助けしたいところですが、我々に出来るのはこのプロジェクトの動向をこの場で逐一報告することのみ。メンバーはおろか、名前すらまだ決まっていないこのグループがどんな方向に進んでいくのか、どうか皆さんにも見守って頂けたらと思います。他のメンバーが決定するまではルイ個人の動きを追う形になりますが、我々が取り上げるのはあくまでこれから結成されるアイドル・グループです。つまりルイひとりではなく、これから開催されるオーディションを通過した方もまた、このプロジェクトの主人公になるのです。これを読んでピンときた方、是非応募して、ルイと共に最強のアイドル・グループを作り上げてください。私達はそれが見たいのです。
とにもかくにも、ルイの一言から立ち上がったこの壮大なプロジェクト。本日を持ってついに開幕!

これは、アイドルだったプー・ルイが、自らの発展と未来を考えソロ活動を休止し、最強のアイドル・グループを作るドキュメンタリーです。オーディションの進行や、アイドル・グループ生成の記録は、USTREAMやニコニコ生放送で配信され、まだ名前も無いアイドル・グループが成長し、スターダムへ上っていく姿を、逐一伝えていきます。OTOTOYでは、マンスリーの連載記事として、アイドル・グループの軌跡を伝えます。
プー・ルイ・オフィシャル・サイト http://pour-lui.syncl.jp/

プー・ルイのブログが始まった!

オフィシャル・サイトでは、プー・ルイが毎日更新するブログが始まっています。彼女の近況を知りたい人は、ブックマークをお願いします。
http://pour-lui.syncl.jp/?p=diarylist

プー・ルイの今後の予定をチェック!

10月21日(木) プー・ルイ・アイドル・グループ・プロジェクトの全体ミーティング

10月23日(土) 白百合女子大学学園祭

10月26日(火) アイドル・グループ2次面接 19時からUSTREAM配信

11月1日(月) プー・ルイ・ライブ@渋谷 club asia 「earth bound」

11月5日(金) プー・ルイ・ライブ@渋谷 club QUATTRO 「Nextジェネレーション2010」

つばさレコーズがアイドル・グループのオーディションを開催します!!

200人以上の参加者が駆けつけた、プールイ・アイドル・グループのオーディション。トータル、なんと10時間。夢を追い続ける女性達が、時に震えながら、時に泣きながら、素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。またほとんどの方が、このオーディションの趣旨を理解してくれていたことにも驚きました。
さて、この中から、更に10名程が2次面接に進む事になります。CDデビューは、もうすぐ。このプールイ・アイドル・グループ・オーディションを見逃さないで。

『プールイ・アイドル・グループ・オーディション2次面接』


こちらの模様も、USTREAMで配信が決定!
10月26日(火)
スタートは、19時から。
生中継URLは、こちら→http://bit.ly/cVuj7H

ソロだったプー・ルイを聴いてみよう!

第4回レコチョク新人杯にデビュー曲「限られた時間の中で☆」がノミネートされ、デビュー。中川翔子「フライングヒューマノイド」柴咲コウ「ラバソー〜lover soul」やAimmy「end of the world」の作曲で注目されている松隈ケンタ氏(Buzz72+、The tod-mats)をサウンド・プロデューサーに迎え、強力タッグでJ-POPにロック・サウンドをミックスした新しい音楽の形を表現した。2010年6月23日にリリースされたデビュー・ミニ・アルバム「みんなのプー・ルイ」はタワーレコード・オンライン・セールス1位を記録MySpaceランキング2位、アメリカからのドキュメンタリー取材やフランスTV局でPVがOAされるなど、デビュー時から話題を欠くことはない。

o

 
 

連載

BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode40 セントチヒロ・チッチ「未来を見据えるというよりは、今をどれだけ必死にやるか」
[BISH]・2017年09月22日・【BiSH】Epsode40 セントチヒロ・チッチ「未来を見据えるというよりは、今をどれだけ必死にやるか」 2016年10月にメジャー・ファースト・アルバム『KiLLER BiSH』をリリース、2017年7月22日には幕張メッセ・幕張イベントホールで開催された全国ツアー・ファイナル〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“〉を7,000人の観客を集め大成功させた“楽器を持たないパンク・バンド”BiSH。セブン‐イレブンのおでんCMを歌ったり、音楽ファンを越えて浸透しはじめている彼女たちの6周目となるメンバー個別インタヴュー掲載。第1回はセントチヒロ・チッチのインタヴューをお届けする。 BiSH初のミニ・アルバムをハイレゾ配信中 BiSH / GiANT KiLLERS'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 750円【Track List】1. GiANT KiLLERS 2. Marionette 3. Nothing. 4. 社会のルール 5. VOMiT SONG※アルバムをまとめ
by JJ
D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!
・2017年09月15日・D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く! ということで、ひさびさ登場「D.A.N.の新譜放談」、今回は少々趣向を変えまして「特別番外編」と題し、マウント・キンビー新作『Love What Survives』にフォーカスしたいと思います。こちらは4年ぶりにリリースされた新作。この新作を提げて10月の頭には、D.A.N.も出演の朝霧JAM、そして東京、大阪での単独来日公演(まだ間に合う!)も控えている彼ら。音楽性に、彼らに大きな影響をうけたというD.A.N.の3人に迫ってもらいました。D.A.N.といえば、年末に向けたワンマン・ツアーも。こちらいまや完売必至。一般発売は9月23日(土)となりますので、お忘れなく (詳しくは記事後半の告知にて)! それではレッツラ行って見ましょう! 取材 : 河村祐介 Mount Kimbie / Love What Survives(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Four Years and One Day02. Blue Train Lines (feat. King Krule)03. Audition04. M
by 河村 祐介
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回
[REVIEW]・2017年09月11日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回 8月も終わり、夏もじわじわと過ぎ去りつつある今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか? 先月は「夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書」ということで、北千住を根城に活動するマイク集団・VLUTENT ALSTONESのクルーとして初となる作品『2017』と一十三十一の約2年ぶりとなるアルバム『ECSTASY』、そして新しく創刊されたヒップホップ専門誌「FRESTA(フリスタ)」を紹介いたしました。今月は先日リリースが発表されたばかりのあのアルバムをリリース前に一早くレヴュー掲載! オトトイでも配信予定なので記事を読んで気になった方はそちらもぜひチェックお願いします! 第8回 GRADIS NICE & YOUNG MAS 『L.O.C -Talkin About Money- 』 今月はリリースが楽しみで仕方ない1枚を先走って紹介します。 GRADIS NICE & YOUNG MASによる『L.O.C -Talkin About Money- 』。全編GradiceNiceの曲にFebbのラップで
by 斎井 直史
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回
[REVIEW]・2017年08月10日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回 東京は亜熱帯になってしまったんでしょうか? 嫌な湿気と暑さですっかりバテてきてる感じですが、まだまだ暑さは続きそうです。ですが今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」は元気にいきますよ! 先月は「気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚」ということでAlfred Beach SandalとSTUTSによる共作ミニ・アルバムと神奈川を拠点とするヒップホップ・グループ・CBSの初CD作品、そして話題のフィメール・ラップ・デュオ・chelmicoのメンバーである鈴木真海子のソロ作をピックアップしました。気になる今月は音源に加えて、雑誌も1冊紹介してくれるみたいですよ! Don't miss it! 第7回 夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書 8月に入っても梅雨みたいな天気が続き…なんて書いていたことが懐かしくなる事を祈ってます。先月膨らませた夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書を1冊セレクトしました! まず、1枚目。VLUTENT ALSTONES『2017』。Playboi Cart
by 斎井 直史
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回
[REVIEW]・2017年05月11日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第4回 桜咲く4月もあっという間過ぎ去り、早くも5月。夏に向かってじわじわと気温も上がってきている今日この頃ですが、今月もHIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」いきますよ〜! 先月は『So Sophisticated』をリリースしたFla$hBackS、DOGGIESのFebbを迎えての本人解説によるパンチ・ライン特集ですが、今月は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」をピックアップ! 残念ながら今作はOTOTOYでの扱いは無いのですが、ページの下の方に名古屋産・ヒップホップをいくつかチョイスしたのでコラムと共にそちらも是非。では今月もいきましょ〜!! 第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」 平日は忙しくてもニュースを観るのに、連休中は時間があってもニュースはそんな観ない。これって自分だけですかね。とはいえGW中にニュースを観なくとも、隣国
by 斎井 直史
*ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回
[REVIEW]・2017年07月10日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回 暑い! 暑い! 暑い! 最近の東京はジメジメと暑く、いよいよ夏本番がすぐそこに来てるという感じですが、いかかがお過ごしでしょうか? この斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」も6回目ということで掲載から半年! これからも細く長く続けていければと思っております! さて、先月は「#超WAVYでごめんね」というキラー・フレーズが話題を呼んでるJP THE WAVY(例の楽曲、SALUもリミックスしてましたね)と、先月待望の初来日を果たしたDC出身のラッパーGoldlinkを取り上げましたが、今月はすでにやってきているうだるような暑さも忘れられるような気持ちいいアルバム3枚をピックアップしてるみたいですよ!(2ヶ月ぶり、今月はOTOTOYでも配信があるぞ!) 第6回 気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚 ちょっと買い物に外を出た瞬間、ワクワクするような夏の空を不意に見つけて胸が高ま…りたい。 海へ向かう車内で曲を流し、「これ最高だよなぁ〜」なんて友達に言わ…せたい。 そんな気持ちのいい夏
by 斎井 直史
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.7 ユメノユア&連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.7掲載!!
[GANGPARADE]・2017年07月29日・GANG PARADE インタヴュー、ユメノユア編「今のギャンパレで戦っていく自信はある」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、ギャンパレの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタル・トレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第7回は、ユメノユア編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の7回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.7 はこちら>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこ
by 西澤 裕郎
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.6 ヤママチミキ&連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.6掲載!!
[GANGPARADE]・2017年07月28日・GANG PARADE インタヴュー、ヤママチミキ編「ここが私の居場所だから」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、ギャンパレの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタル・トレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第6回は、ヤママチミキ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の6回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.6 はこちら>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこちらユイ・
by 西澤 裕郎
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事