松本誠治と巡る「おふろcafé」ーー音楽フェス〈おふろ café MUSIC SHOWER〉が8月26、27日開催!!

埼玉県でおふろcaféを運営する株式会社温泉道場と、同じく埼玉で運営されているkilk reocordsによるライヴハウス「ヒソミネ」。その両者がタッグを組み、8月26日におふろcafé utatane、翌27日におふろcafé bivouacにて音楽フェス〈おふろcafé MUSIC SHOWER〉を開催する。「地域コミュニティでハブ機能を担う温浴施設・ライヴハウスをもっと知ってもらい、地域をもりあげたい」という気持ちから、埼玉出身アーティストをはじめ、ヒソミネが厳選した6組以上のアーティストが出演。料金は各店舗の入館料のみ!! お風呂に入って、マンガを読んで、ライヴを見て、と複合的な楽しみ方も可能だ!! イベント開催を前に、出演者でもある松本誠治(the telephones、FINAL FRASH、Migimimi sleep tight)とともにおふろcafé utataneを体験。その様子を写真とともにお届けする!

8月26日(土)、27日(日)の2日間、大宮と熊谷のおふろcaféで音楽フェスを開催



おふろcafé MUSIC SHOWER
開催日 :
2017年8月26日(土)@おふろcafé utatane(さいたま市北区)
2017年8月27日(日)@おふろcafé bivouac(熊谷市)
時間 : 20:00~23:00
料金 : 無料(各店舗の入館料のみでお楽しみいただけます。詳細は各店舗にご確認ください)
出演アーティスト :
青木ロビン(downy,zezeco) / 成山剛(sleepy.ab) / marucoporoporo
櫻井響(8月26日のみ) / エンヤサン(8月26日のみ)
DJ : 松本誠治

おふろcafé utataneオフィシャル・ウェブサイト

松本誠治とともに巡る、はじめてのおふろcaféをレポート!!

初めてのおふろcafにドキドキ!!

まずは受付をします。大人の入館料は1,260円

館内着・タオル付きを受け取ります

脇目もふらずに男湯に入っていった松本氏

30分くらいして、でてきた!!

「いい風呂でしたっっ!!」

迷いなく受付前にある冷蔵庫に足を運ぶと、

キンキンに冷えた世界各国の瓶ビールたち

どれにしようかな

お前に決めたゼ!!

受付で清算

スタッフの方が栓をあけてくれるのが嬉しいネ

ちなみに清算は全部このリストバンドでできます! 楽ちん

ははは!! 早く飲みましょうよ

チェアに座って

うまっ

ちょっと取材させてください

お風呂どうでした?

名湯「白寿の湯」からの運び湯の露天風呂もあったんですよ

少しぬるめのお湯なんですけど、ジェットバスとかもあって

気持ちよくて

(ん? 飲むの…?)

(リラックスしすぎだろ)

うまっ

茶番をしていたら、この日出演のharinekoさんのライヴがはじまりました

ライヴを聴き入る松本氏

26日もこのスペースをステージにライヴを行います

がっつり向かいあって音楽鑑賞するもよし、寝転びながら聴くもよし

30分ほどの心地いいライヴが終わったので散策。ロフト、登ってみる?

天井低っ、秘密基地みたいで楽しい

今すぐにでも寝れるっ!

場所を移動してマッサージチェアGET

あんま王

俺、体ばっきばきだぜ?

あっ

おおふっ

zzzzzzz

8月26日のイベントポスター前でパシャり。松本誠治氏もDJで出演します!

インスタ用のパネルあったので撮影して、

フリーWi-fiを使って投稿してから、

気になっていたマシンに向かう松本氏

たくさんのワインが入っている素晴らしいマシン

受付で発行してもらった専用のカードを入れて

飲む量を3つの中から選んで液晶にタッチ

出とる、出とる!!

赤ワインじゃ!!

普段は焼酎派だけど

飲むっ!

うま

ワイン片手に再び散策

マンガがたくさんあって嬉しい! こち亀好き

やっぱり「スラムダンク」いいよね

あれ、2巻が5、6巻の間に挟まっていて気になる

松本氏の几帳面さにより、「スラムダンク」綺麗に並びました!!

整理整頓をしてお腹がすいたのでcafeにやってきました

ジンジャーハニーオレンジ、カワイイ

タコライス!! ピリ辛の自家製サルサソースを混ぜて召し上がれ

インスタに載せなきゃ

よく混ぜて、いただきますっ!

自分、普段はごはんと納豆が主食ですが、

うまっ

デザートも食べるもんね♡

マカロンパフェ

夏季限定のパパイヤボート

先ほどライヴを行なっていたharinekoさんも混ざり、撮影会になっちゃってます

撮った写真の見せ合い

すっかり4時間も経ってました。みんなまったり

ハンモックもあるのだ

たのしい

将棋とかオセロも置いてあるので頭の運動もできる

さっき気になったマンガを持ってきて読み始めた松本氏

ちょっと目を話した隙に寝てしまいました。ちなみに、朝9時まで営業しています!!

今回のブッキング担当、ヒソミネ・森大地さんと松本さんにインタヴュー

ーーすっかりおふろcafé巡りを楽しんでしまったのですが、今回、kilk recordsが〈おふろcafé MUSIC SHOWER〉に参加するきっかけはなんだったんでしょう?

森大地(以下、森) : 実は、さいたま市にあるおふろcafé utataneから10分くらいのところにkilk recordsが運営するライヴハウス「ヒソミネ」やがあって、出演者やお客さんがよくおふろcaféに行っていたみたいなんですよ。それでお店の方が調べてくださって、ヒソミネがレーベルもやっていることを知り、音楽も聴いてくださったんです。おふろcaféさんではアンビエント、ジャズ、電子音楽とか、所謂J-POPっぽくはない音楽を店内で流しているということもあって、せっかくだったらkilk recordsにCM音楽をお願いしたいと言ってくださって。あと、bekkan(※kilk recordsが運営するレストランバー)を宴会で使ってもらうこともあったりして担当者の方と仲良くなって、そこからおふろcaféで音楽イベントをやりたいので協力してほしいという光栄なお言葉をいただいたのがきっかけですね。

ーー同じ埼玉同士、しかもお店の場所が近かったこともきっかけになっているんですね。

森 : そうですね。おふろcaféさんの本社もいくつかの店舗も埼玉にあって、埼玉を盛り上げていきたいところで協力者を探していたそうなんです。そのお話を聞いて喜んでやりたいと思って。いろんな人を巻き込むにはどうしたらいいか考えていたら、埼玉といえば(松本)誠治くんだ!! と思い、声をかけました。

左から、松本誠治、森大地

ーー誠治さんは、以前から埼玉、特に地元である浦和の名前をよく出していますし、かなり埼玉という土地に愛着を持っているイメージがあります。

松本誠治(以下、松本) : 僕は育ってきた北浦和のKYARAっていうライヴハウスが続いていくために、みんなで面白く長くやれるにどういうしたらいいかを考えてやってきていて。僕らはライヴハウスに恩恵を受けて育っているから、子どもたちの代にも、文字だったりカルチャーで何か文化を残せるといいなと思っていて。この時代にあの人たちはああういうことをやっていたとそれをさらに超えるには!? と思ってもらうには、今、もっと面白いことをやっていこうと考えてやっているんです。

ーー文化を作るという意味で、森さんはライヴハウスを作ったり、カフェを作ったりしてきました。おふろcaféという、音楽を目的に来る人以外の場所でイベントをするのは意義のあることですね。

森 : ここに来るお客さんはもちろん音楽を聴きにくるのが目的という人はいないと思うんですけど、「今かかっている音楽ってなんですか?」ってよく聞かれるらしいんですよ。それがきっかけになって音楽を好きになることもあるでしょうし、そういうのはヒソミネや神楽音ではなかなかないことですよね。あとは単純にここっていつでもフェスティバル感があるので、日常で音楽を聞くのとは違った聞こえ方がして、こういう音楽も良いかもと思ってもらえやすい環境だなと感じています。

ーーお風呂に入りにきたりリラックスしに来た人が集まる中、誠治さんは演者としてどういうふうにライヴに臨もうと思いますか?

松本 : たまたま、おふろcaféに遊びに来てくれている人が音楽に興味を持つ入り口になったら面白いし、仮にそうじゃなくてもいいんですよね。ここが無音だったら寂しいし、音楽って別に重要じゃないけど必要なものだと思うんです。フェスやサーキットイベントってたくさんあるけど、こういうライヴハウスや、クラブとは全然違う場所で音楽と結びつけたいというアプローチをしてくれているのが嬉しくて。だから、まずは1番にお客さんが楽しんでもらいたいということ前提で、DJは場にフィットするものもチョイスしますが、良い違和感というか、刺激になる音楽もかけますが、楽しいをひとつの共有点として、その先も知りたくなるような入り口を作れたらいいなと思います。

26日、この場所でどんなDJを見せるのか? 乞うご期待

森 : 僕は「主役の音楽」も好きなんですけど、主役じゃない音楽もすごい好きなんです。ここって音楽が主役ではないじゃないですか? でも主役じゃなくても音楽は最高ですよね? フェスに行って、ステージから離れて聴こえてくる音楽も楽しい。あの感覚がこれからの時代のキーな気がしてして。ヒソミネや神楽音も音楽だけでなく人とのコミュニケーションを大事にしているけど、やっぱりメインは音楽なので。そうではないこの場所でのイベント開催に今からワクワクしてます。

続いて「おふろcafé utatane」副支配人・新谷竹朗さんにお話を聞きました

新谷竹朗さん

ーー8⽉26⽇(⼟)に「おふろcafé utatane」で、音楽イベント〈おふろcafé MUSIC SHOWER〉が開催されます。kilk recordsが運営するライヴハウス「ヒソミネ」や飲食店「bekkan」が近くにあったことも、1つの縁になっているそうですね。

新谷竹朗(以下、新谷) : もともとbekkanが好きでよく行っていたんです。音楽で地域を盛り上げようとしているのもいいなと思っていて。おふろcaféの夏イベントを夏フェスっぽい雰囲気の装飾にしたいと思って、それなら本当にフェスをやっちゃおうとkilk records代表の森さんに声をかけました。せっかくやるのであれば、見ず知らずの方より、地元で活躍されている方を応援したい気持ちもあったんです。

ーーイベントとは関係なく、おふろcafé utataneでは普段から大きなスピーカーでジャズやアンビエントなどリラックスできる音楽が流れています。選曲は新谷さんがされているんですか?

新谷 : 他のスタッフも、私もやっています。自分が好きな曲だったり、だらだらとお酒飲みながら聴きたい曲を中心に考えていますね。

ーー実際に足を運んでみて、本当に若い人が多いし、グループで来ている人も多くてびっくりしました。お風呂という場所に、ここまで若い人たちが集っているのはなぜなんでしょう?

新谷 : うちのライバルは、お風呂屋さんではないと思っていて。スタバやファミレス、カラオケなどがライバルなんです。実際、ここに遊びに来ているお客さんの中にはお風呂に入らない方もいらっしゃいますし、館内着に着替えてとりあえずマットにごろーんとしたり、おしゃべりをして漫画を読むみたいな感じで、自分の家の居間みたいな過ごし方をしている、そういう方が非常に多いんです。家にリビンクがなかったり、友達と遊べる場所がないという人たちでも、靴も脱いだ状態でリラックスして遊べる場所ということで、この場所がハマったのかなと思います。

コーヒーは飲み放題

アイスクリームも置いています

ーー本当にみなさん、家のようにまったりとくつろいでいますよね。

新谷 : 他のお客さんもいる場なので、ちょっと公共的な雰囲気もありながら、それぞれ自分の時間の使い方を共有している。みんなのリビングみたいな感覚なんですよね。

ーーここでライヴを行うわけですけど、出演者は森さんを軸にブッキングされたんでしょうか?

新谷 : 森さんから提案をいただく形だったんですけど、くつろぎに来ている方のバックで聴こえてくる、気持ちいい音楽を念頭に選んでいただいていますね。

ーー宴会場があるわけでもないので、実際、この空間で音楽イベントをやるのはチャレンジでもありますよね?

新谷 : 「おふろcafé utatane」自体が、お風呂産業界で異端児的な存在で、僕自身、音楽フェスが好きでお酒を飲みながらゆったり後ろで流れている音楽を聴くのが幸せなんです。〈フジロック〉でもステージ前に行くよりも、後ろでお酒を飲んでいるほうが気持ちいい。そういった意味で、この場所とフェスは似ていると思いますし、音楽と相性がいいんじゃないかと思っています。

8月26日のイベントに向けて装飾もこだわっています

ーーこういう場所があったらいいなという理想はあっても、現実的にここまでくつろげる場所があって、実際人が集っている風景を見たことはないです。なので本当に驚いたんですけど、この場所作りが実現できた秘訣ってなんなんでしょう。

新谷 : 実はもともと、30~40代の落ち着いた女性の方がゆっくりできる場所というテーマで作っていたんです。蓋を開けてみたら、それよりも若い世代の方が集まってくれて、この状態になるまでには3年くらいかかっています。結果として、使う方々の楽しみ方に寄り添いながらも、お客さんも使い方を見つけてくれたということなんじゃないかと思います。

ーーちなみに、ここで働いている方はいくつくらいの方が多いんでしょう?

新谷 : 平均年齢でいえば、30歳以下ですね。

ーーそうした若い感性が活かされているのかもしれないですね。イベント翌日の8⽉27⽇(日)は、熊谷の「おふろcafé bivouac」でイベントを開催されます。大宮とはまたコンセプトが違うんですか?

新谷 : utataneは「おふろcafé」がメインのテーマなんですけど、熊谷はグランピング、アウトドアをテーマにしていて、大人のちょっとしたアウトドアや、子どもが気軽に遊べるアウトドアを目的にしているので装飾も全然違っています。ツリーハウスがあったり、テントが張ってあったりして雰囲気が違うと思います。

ーー内装自体も遊び心があるのがとても印象的ですし、働いている方の雰囲気もいいのも、リラックスできる一つの要素なのかなと思いました。

新谷 : 会社で、みんなもっと遊ぼうみたいなことを推奨していて。音楽やアウトドア、グルメだったり、たくさん遊んで、それをどんどんお店つくりに活かしていくという精神が生きているのかもしれないですね。

まるでお家のようにくつろぐことのできる空間

ーーさきほどお風呂にも入らせていただいたんですけど、何種類もお風呂があって、露天風呂もある、さらにサウナもあって最高にリラックスできました。

新谷 : 露天風呂は温泉を運び湯しています。実際、うちのお店に来て初めての大きいお風呂に入ったという方もいらしゃるんです。普段は綺麗に着飾っている友達と裸の付き合いを楽しめるというのは、逆に新鮮なのかもしれないですね。

ーーここのフェスがきっかけとなって、新しい活気が生まれていくといいですね。

新谷 : このイベントも1回だけじゃなく、次に向けていろいろ考えながら作っていけたらと思っています。ライヴを行う(リビングのような)空間は朝9時まで開いていて雑魚寝することも可能なので、ここでゴロゴロしてて音楽を楽しんでいただけたら嬉しいです。

取材&文 : 西澤裕郎
写真 : 大橋祐希

8月26日(土)、27日(日)の2日間、大宮と熊谷のおふろcaféで音楽イベントを開催



おふろcafé MUSIC SHOWER
開催日 :
2017年8月26日(土)@おふろcafé utatane(さいたま市北区)
2017年8月27日(日)@おふろcafé bivouac(熊谷市)
時間 : 20:00~23:00
料金 : 無料(各店舗の入館料のみでお楽しみいただけます。詳細は各店舗にご確認ください)
出演アーティスト : 青木ロビン(downy,zezeco) / 成山剛(sleepy.ab) / marucoporoporo / 櫻井響(8月26日のみ) / エンヤサン(8月26日のみ)
DJ : 松本誠治

おふろcafé utataneの営業時間やアクセス方法をチェックしておこう



>>おふろcafé utataneオフィシャル・ウェブサイト

kilk recordsが経営するヒソミネ、bekkanの特集もチェック



>>kilk recordsが発信するライヴ・ハウス「ヒソミネ」がオープン!


>>いい音楽とおいしい料理をつなぐ、埼玉県大宮の地元密着型カフェ「bekkan」を徹底紹介
o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事