【EMPiRE】Epsode2 MiDORiKO EMPiREインタヴュー「帝国なので、EMPiRE独自の空間を作りたい」

BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ3回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第1回は、MiDORiKO EMPiREの声をお届けする。

2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!
THE EMPiRE STRiKES START!!
発売日 : 2018年4月11日

[初回限定豪華盤]
カセット+DVD+写真集(50P)
価格 : 4,800円(税抜)
品番 : AVTD-93861/B
POS : 498806493861/2
[カセット]
・EMPiRE is COMiNG
・TOKYO MOONLiGHT
・アカルイミライ
など 全11曲予定
[DVD]
収録内容後日公開!!
※写真集,BOX仕様は初回限定のみ。
※スマプラミュージックにより音源/映像ともにお手持ちのデバイスにDL可能です。
[カセット盤]
¥1,500 (税抜)
品番 : AVTD-93862
POS : 498806493862/9
[カセット]
・EMPiRE is COMiNG
・TOKYO MOONLiGHT
・アカルイミライ
など 全11曲予定
※スマプラミュージックによりお手持ちのデバイスにDL可能です。

EMPiRE / EMPiRE告知映像

EMPiRE初音源収録のWACK & SCRAMBLESコンピレーションをハイレゾ配信

V.A. / WACK & SCRAMBLES WORKS

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
【価格】
単曲 540円(税込) / まとめ 2,200円(税込)

【収録曲】
1. スパーク (beat mints boyz a.k.a. 松隈ケンタ×JxSxK)
2. オーケストラ (カミヤサキ, ゴ・ジーラ, ももらんど (BiS) & ヤママチ ミキ, ココ・パーティン・ココ, アヤ・エイトプリンス (GANG PARADE))
3. gives (アイナ・ジ・エンド, セントチヒロ・チッチ, リンリン (BiSH) & キャン・マイカ, ユイ・ガ・ドクソン, テラシマユウカ (GANG PARADE))
4. nerve (BiS, BiSH, GANG PARADE, EMPiRE)
5. Plastic 2 Mercy (キカ・フロント・フロンタール, パン・ルナリーフィ (BiS) & アイナ・ジ・エンド, ハシヤスメ・アツコ, アユニ・D (BiSH))
6. EMPiRE is COMiNG (EMPiRE)
7. WACK is FXXK (SAiNT SEX)
8. フライングヒューマノイド (プー・ルイ, ペリ・ウブ (BiS) & モモコグミカンパニー, リンリン (BiSH) & ユメノユア, ヤママチ ミキ (GANG PARADE))
9. ラバソー 〜lover soul〜 (セントチヒロ・チッチ (BiSH) & アヤ・エイトプリンス (GANG PARADE))
10. 屋上の空 (Buzz72+feat. アイナ・ジ・エンド (BiSH))

INTERVIEW : MiDORiKO EMPiRE

MiDORiKO EMPiRE

2017年3月に行われたWACK合宿オーディションで合格した2名、合宿で脱落したものの追加オーディションに再び参加し合格を勝ち取った2人、合宿に参加してはいないもののアイドルになる夢を持ち続けていた1名。そんな5人により1つのグループとして誕生した、EMPiRE。

MiDORiKO EMPiREは、5人の中で唯一、合宿に参加していないメンバーだ。そのため事前情報がまったくなく、SNS上で「歌姫」と言われるなどファンの想像が膨らみ注目を浴びた。学校に通えず部屋の壁を見ていたというMiDORiKOは、どんな人生を過ごし、なぜアイドルになろうと思ったのか。その生い立ちから現在に至るまで語った初ソロ・インタヴューをお届けする。

取材&文 : 西澤裕郎
写真 : 外林健太

部屋の壁を見ていました(笑)

──小学生時代、MiDORiKOさんはどんな日々を送っていたんでしょう。

MiDORiKO EMPiRE(以下、MiDORiKO) : 高学年から不登校になってしまって。人と長時間一緒にいるのが無理で、修学旅行なのに1人だけ保健室に行ったりしていました。

──不登校になったきっかけがあるんですか?

MiDORiKO : いや、特になかったんですけど、先生とバトったりしちゃって。

──何でバトったの?

MiDORiKO : 意見の食い違いとか反抗しちゃったり。ヤンキーみたいな感じではなかったんですけど、縛られるのがイヤだ! って感じでした。

──習い事はしていたんですか?

MiDORiKO : 小学2年生から3年生までヒップホップダンスをやっていました。発表会の時に端で踊ることになって、こんな少人数のクラスなのに真ん中で踊れないくらい下手なのかとヘコんで辞めてしまったんです。でもダンスが好きだったので5年生から6年生までもう1回始めて。不登校になったあたりから体調を崩して、ダンスも休みがちになって辞めました。

──家にいる時は、どんなことして過ごしていたんでしょう?

MiDORiKO : 学校に行っていなかったけど、友だちがいなかった訳じゃなくて。放課後に呼びにきてくれた友達と遊んでいました。友だちが学校に行っている間は、動画を観るか、壁を見るか。

──壁?

MiDORiKO : 部屋の壁を見ていました(笑)。

──あはははは。動画はどういうものを観ていたんですか?

MiDORiKO : ゲーム実況の動画を観ていました。「Ib」っていう美術館をテーマにした感動系ホラー・ゲームが好きでした。

──家にいる間、学校に行かないとなっていう気持ちもあった?

MiDORiKO : ありました。中学の時も不登校だったんですけど、いきなり学校に行って馴染めるのか心配で、余計学校に行けなくなってしまって。友だちにも、彼氏とか彼女とかできちゃって。それまでは男女で遊んでいたんですけど、いつものメンバーもいなくなっちゃいました。

──高校に入ってからはどういう生活がはじまりましたか?

MiDORiKO : 高校デビューみたいな感じで、イケイケな感じで高校に入っていこうと思ったんですけど無理で。結局1人になっちゃいました。

反骨精神みたいなものがあるタイプの子だった

──アイドルになりたいと思ったのはいつくらいのことですか?

MiDORiKO : 小6でBiS階段さんを知ったんです。で、中学3年生の時にBiSHさんの曲を本格的に聴くようになったことがきっかけです。


BiS階段 / nerve(BiS階段 ver.)

──BiSじゃなく、BiS階段に行き着いたのがおもしろいですね(笑)。

MiDORiKO : 刺激がほしかったんだと思います(笑)。反骨精神みたいなものがあるタイプの子だったので、人と違うものを探していたら行き着きました。

──見ちゃいけないのようなものも逆に見たくなっちゃうタイプ?

MiDORiKO : 見ちゃいます。アイドルがスクール水着を着ているのもそうだし、「今揉めるアイドル」ってキャッチ・フレーズも衝撃的で。女性アイドルでもこんなにおもしろい人たちいるんだって興味がすごく湧いてきました。

──BiSHの何の動画を観たの?

MiDORiKO : 野音の「オーケストラ」を観ました。初めて観たのに泣いちゃって。その時、アイドルなりたいと思いました。普通のアイドルはやりたくなかったけど、ここ(WACK)では自分をすごい出せる場所なんだなって。


BiSH / オーケストラ(Less Than SEX TOUR FiNAL“帝王切開”日比谷野外大音楽堂)

──EMPiREの募集はどうやって知ったの?

MiDORiKO : お姉ちゃんからURLが送られてきました。私が元々興味あったのは知っていたので、「なんで受けないの? バカなの?」って挑発的に来て(笑)。

──お姉ちゃんとはどんな関係?

MiDORiKO : すごく仲良しです。友だちみたいで、親友みたいな感じ。

──EMPiREの募集に応募するのに悩みはしませんでしたか。

MiDORiKO : ためらいました。だから、お父さんとお母さん、友達にも言えなくて。オーディション用の写真を撮らないといけないんですけど、お願いするとオーディションを受けるのがバレちゃうと思って撮れなくて。締め切り当日に「バイトの面接写真を撮るから」って友達にお願いして。バイトで全身写真なんて必要ないけど、友達が天然だったので(笑)。本当にギリギリで送りました。

──返事が返ってくるまでドキドキしたんじゃないですか?

MiDORiKO : していました。でも、あまり考えちゃダメだと思って、バイトをして気を紛らわせたりしていたんですけど、通過メールに気が付かなくて。1日前に送られて来ていたんですけど、違うフォルダに入っちゃっていて。そこには「24時間以内に返信してください」って書いてあったんですよ。終わった… と思ったけど、ダメ元で「無理は承知ですが、可能だったら面接に行きたいです」って返信したら「大丈夫ですよ」って返事が来たんです。

──ギリギリで気づいてよかったですね。どういう気持ちで面接を受けたか覚えていますか。

MiDORiKO : 道に迷って、ぴったりの時間に着いたんですけど、着いたらみんなからすごい話しかけられて、普通に答えていたんですけど、変わってるねって言われて。そのまま集団面接の部屋に呼ばれたんですけど、端と端でじゃんけんをして勝ったほうから自己アピールをすることになったんです。私が端に座ってたので、じゃんけんをしたんですけど、負けて自分からスタートになって。でも、他の子たちの実力を見てしょんぼりしちゃう前に自分が話せたので、逆によかったです。

──ちなみに、MAYU EMPiREと同じ組だったそうですね。

MiDORiKO : そうです! 白い子だなあと思っていました。

──最終面接はどんな雰囲気だったんでしょう?

MiDORiKO : 面接まで結婚式場でバイトをしていたんですけど、手紙のところで感動して泣いちゃって。結膜炎みたいになって目が赤くなっちゃった。こんな目でオーディションに行けないって直前まで落ち込んでいました。渡辺(淳之介)さんから「オーディションがあるのにバイトに行ってたのウケる」って言われて、これは落ちるな… って。目赤いせいでだめだ… って落ち込んでいました。

──合格の連絡を受けた時は、どういう気持ちでした?

MiDORiKO : バイトから帰って寝ちゃっていたんですよ。2回目の電話で起きて「合格です」って言われて、寝ぼけて、へ!? ってなりました。

──あははは。それで御両親にも話した?

MiDORiKO : すぐに連絡しました。親も眠たそうで「よかったね」くらいで全然話を聞いていなかったんですけど、後日「本当にすごいことだ!!」って拍手して喜んでくれました(笑)。お姉ちゃんも喜んでくれました。

私の中二病心をくすぶる何かがありました(笑)

──メンバーとの初顔合わせをしたとき、他のメンバーは、MiDORiKOさんがおとなしい子かなと思ったって言っていましたよ。

MiDORiKO : さすがに私だけ初めて会うから、うまくしゃべれなかったんです。

──それから4人とはすぐに打ち解けられた?

MiDORiKO : はじめは怖かったですけど、MAYUちゃんは次の日に「一緒にご飯行こー」って誘えました。そのあとダンスレッスンが始まったんですけど、小学生のときにダンスをやっていたから自分は踊れると思っていたんですよ。みんな未経験って言っていたので。でも、やってみたら全然踊れなくて。もう1回一からみんなと一緒に基礎を学んで頑張ろうと思いました。

──体調がよくないのは回復してきた?

MiDORiKO : 今はもう大丈夫です。

──グループに入って活動が始まったことが体調回復につながった?

MiDORiKO : きっかけになったと思います。もしEMPiREをやらず、学校だけだったら、今もずっと引きこもっていたと思うので。

──メンバーが決まってからお披露目まで、どんな毎日を過ごしてたんでしょう?

MiDORiKO : 自分が1番歌えないし、できないことが多すぎて、毎日不安でした。だけど、不安なのにステージに早く立ちたいってごちゃごちゃした気持ちでした。

──最初のお披露目は、BiSHのZepp Tokyoのライヴ〈TOKYO BiSH SHiNE3〉(2017年8月23日)のオープニングで、いきなり2700人のお客さんの前に出ていったわけですけど、どういう気持ちでしたか?

MiDORiKO : そのステージで歌ったり踊ったりする訳じゃないのに、楽屋にいた時から緊張で泣いちゃって。ステージに立った時もずっと震えていました。そのときは顔が隠れていて目だけしか出ていないから、絶対に瞬きをしないってことだけ決めていて。緊張で震えてるのと、瞬きしない! って気持ちが混ざっていました(笑)。

──(笑)。客席がどんな状況だったのかは覚えていない?

MiDORiKO : 全然覚えていないんですけど、この衣装で突然現れて、悪の組織みたいでかっこいい! と思って。私の中二病心をくすぶる何かがありました(笑)。

──その後、Twitterのアカウント公開して一気にフォロアーが増えていきました。なかなかないことだと思いますけどどんな体験だったんでしょう。

MiDORiKO : 合宿メンバーの誰かだと思っている人もいたし、他のメンバーよりも勘違いしている人多くてどうしよう… と思っていました。

──実際、WACK合宿オーディションに参加していないのはMiDORiKOさんだけで、ミステリアスな存在でしたもんね。

MiDORiKO : 私だけ合宿メンバーじゃないから「歌姫が来た」とか言われたりもしていて。実際は、メンバーにネタにされるくらい歌も上手くないけど、期待に絶対応えないとって気持ちでした。がっかりさせちゃダメだなって。

──顔を公開したあと、可愛い子だっていうツイートが溢れていましたよ。

MiDORiKO : (合宿メンバーじゃなくて)新しい子なんだ、って受け入れてくれたことが嬉しかったです。ただ、顔だけしか公開してなかったじゃないですか? この子がどんなことをしてくれるのか? っていう期待値がどんどん上がって、応えなきゃって若干追い詰められていて。でも、どうしたらいいのかわからない状態。この子は歌姫なんだろうなとか散々言われているのに、週一のレッスンだけしかなかったし。

本当に圧倒したいし、自分たちの空間を作りたい

──もどかしい状態だったんですね。11月23日、六本木Morph-Tokyoでファンクラブ加入者の前で初ライヴ(https://ototoy.jp/news/87300)を行いました。初ライヴはいかがでしたか?

MiDORiKO : 楽しかったです。自分たちの曲が出ていない状況でも、ファンクラブに入ってくれた物好きな方たち(笑)が親みたいな感じで見てくれて。その気持ちに応えようって気持ちでした。

──その後〈WACKのフェス。〉があり、2018年1月3日には〈アイドル甲子園〉にBiS、BiSH、GANG PARADEとともに出演しました。


EMPiRE / EMPiRE is COMiNG (WACKのフェス。at ZEPP DIVERCITY)

MiDORiKO : 〈アイドル甲子園〉は、課題ばかりで悔しい気持ちになりました。ライヴ直前に充分なアップも全然できていなかったし、お客さんに熱量で負けていた。本当は自分たちが与えないといけないのに、逆に圧倒されちゃって。圧倒する側にならなきゃと思いました。そのとき先輩方のステージも観たんですけど、圧倒されたんですよ。後ろまでお客さんの手が上がっているし、そういうのを観て悔しいと思いました。

──BiS、BiSH、GANG PARADEとは、楽屋が一緒になることもあるわけじゃないですか。動画で見ていたメンバーと一緒に行動するっていうのは、どういう感覚なんでしょう?

MiDORiKO : 本当に不思議な感覚。自分がEMPiREに入る前も、入った後も、ずーっと刺激を与え続けてくれている人たちだから。

──そして、EMPiRE初のワンマンが発表されました。いきなり1300人キャパのマイナビBLITZ赤坂ですけど、知った時はどんな気持ちでしたか。

MiDORiKO : まだ3回しかライヴをやっていないし、あまり想像がつかなくて。でも赤ブリの情景が浮かびました。ワンマンなのでEMPiREを好きな人たちが会場に来てくれるじゃないですか? だから本当に圧倒したいし、自分たちの空間を作りたいなと思っています。

──1月30日からはBiSHの全国ツアーに帯同します。オープニング・アクトとはいえ、どういう気持ちで臨もうと思っていますか?

MiDORiKO : BiSHさんのツアーだから、EMPiRE目当てにチケットをとった方っていないじゃないですか? そういう人たちにEMPiREを知ってもらいたいし、好きになってもらいたい。そして、赤ブリにも来てもらいたい(笑)。この間のライヴで反省点がいっぱいあったので、ツアーのライヴを成功させて、どんどん成長していきたいです。


EMPiRE / アカルイミライ(OFFiCiAL ViDEO)

──4月には1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』もリリースされます。WACKはメンバーも歌詞を書くことが多いので、MiDORiKOさんの歌詞も採用されるといいですね。

MiDORiKO : 採用されたいです! iPhoneのメモにフッと思いついた言葉を溜めておくんですけど、まだ使えるような歌詞や曲には出会っていないので。それを抜きにしても今回はアルバムで、11曲全部が自分たちの曲っていうのが嬉しくて。ワンマンでどの曲を歌っているんだろうって、まだ曲がないのに想像したりしています(笑)。

──これから、EMPiREをどんなグループにしていきたいですか?

MiDORiKO : 帝国なので、EMPiRE独自の空間を作りたい。それはお披露目の時からずっと思っていて、他と違うようなグループにしたいです。登場するだけで空気感があるぞ!! と思われる、かっこいいグループになりたい。あと、このメンバーで、どんどん上にあがっていきたい。大きいハコとかでやらせてもらったり、Twitterを始めて一気に人数が増えたりしているんですけど、それは大人の方たちが用意してくれたものなので、EMPiREくらい実力があったらもっと大きい場所でできるねと思わせたいです。大人たちが作ったレールに乗っているだけじゃなく、EMPiREも実力があるんだぞ!! って強気で言えるくらいかっこよくなりたいです。

LIVE INFORMATION

THE EMPiRE STRiKES START!!
2018年5月1日(火)@マイナビBLITZ赤坂
時間 : OPEN 17:00 / START 18:00
料金 :
NORMAL TiCKET 4,000円
ROYAL EMPiRE会員、EMPiRE CORE会員の方は無料(ドリンク代別途)にてご入場いただけます。ご入場時に会員確認いたしますので、必ず会員証をご持参ください。

EMPiRE DROiD会員抽選先行受付
2月4日(日)18:00〜2月13日(火)23:00

WACK FAMiLY CLUB会員抽選先行受付
2月4日(日)18:00〜2月13日(火)23:00

HP抽選先行受付
2月14日(水)18:00〜2月26日(月)23:00

ぴあプレリザーブ受付
2月27日(火)18:00〜3月4日(日)23:00

チケット一般発売日
3月10日(土)

はじまったばかりのEMPiREのストーリー

Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒インタヴュー「EMPiREはかっこいいものになると思います」

Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)インタヴュー

Epsode0.2 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー)インタヴュー

Epsode1 EMPiRE初インタヴュー「WACKの先輩方の妹分で終わりたくない」

PROFILE

EMPiRE

>>EMPiRE オフィシャル HP
>>EMPiRE SoundCloud!

>>EMPiRE TWiTTER
EMPiRE OFFiCiAL(@EMPiREIDOL)
YUKA EMPiRE(@YUKA_EMPiRE)
YUiNA EMPiRE(@YUiNA_EMPiRE)
YU-KI EMPiRE(@YU_Ki_EMPiRE)
MAYU EMPiRE(@MAYU_EMPiRE)
MiDORiKO EMPiRE(@MiDORiKO_EMPiRE)

o

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ
・2018年04月20日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》山本キヨシ INTERVIEW : 山本キヨシ(アムリタ・カスタム・ギターズ 店長)1980年代後半、日本のロック界で確固たる地位を築いていたRCサクセション、忌野清志郎。その存在に憧れて音楽業界へと足を踏み入れた者も多かった。今回ご登場いただく山本キヨシさんも、そのひとりだ。現在は渋谷でカスタム・ギター・ショップ「アムリタ・カスタム・ギターズ」の店長を務めつつ、数々のライヴにも携わっている山本さんは、楽器担当スタッフとして忌野清志郎のライヴ、レコーディングには欠かせない存在であり、清志郎のステージのハイライトであった「マントショー」でも活躍したことで知られている。晩年まで最も清志郎の近くにいた人物の1人である彼が語る数々のエピソードからは、音楽家としても人間としても魅力的な忌野清志郎の姿が見えてくる。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys ※文中、作品の括弧内はオリジナル発売日 みんなに対してフラットだったというか、そういう部分が最高に
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode49 ハシヤスメ・アツコ「常に背中を見せ続けられるようにしていたい」
[BISH]・2018年04月20日・【BiSH】Epsode49 ハシヤスメ・アツコ「常に背中を見せ続けられるようにしていたい」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第4回は、ハシヤスメ・アツコの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track List】''1. PAi
by JJ
【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第3回 寺口夏花が神﨑風花に訊く
[POWERPUSH]・2018年04月19日・【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第3回 寺口夏花が神﨑風花に訊く 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。5⽉16⽇(⽔)のメジャー・デビューも近づきつつある中、OTOTOYでは全4回に渡りメンバー間インタヴューをお届け中です。3回目の今回は、寺口夏花が神﨑風花にいろいろと訊きました。終始笑い声が絶えなかったインタヴューを、(笑)の数と写真から想像してお読みください。 【リリース情報】'alight ep2018年5月16日リリース 【収録曲】'' M1. Lightpool M2. 鋭角な日常 M3. 秘密 M4. Brand New Blue M5. 蜃気楼の国 M6. Lighthouse ハイレゾ独占配信!sora tob sakana / sora tob sakana'【Track List】1. 海に纏わる言葉2. 夏の扉3. 広告の街4. 夜空を全部5. 魔法の言葉6. まぶしい7. My notes8. Summer Plan9. 帰り道のワンダー10. おやすみ11. Moon Swimm
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode48 アイナ・ジ・エンド「BiSHは変わったけど私は変わらない」
[BISH]・2018年04月10日・【BiSH】Epsode48 アイナ・ジ・エンド「BiSHは変わったけど私は変わらない」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第3回は、アイナ・ジ・エンドの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track List】''1. PAiNT
by JJ
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)
・2018年04月06日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》宗像和男 × 森川欣信(後編) INTERVIEW : 宗像和男(株式会社リズメディア 顧問) × 森川欣信(オフィス オーガスタ最高顧問)【後編】1979年から、キティレコードでRCサクセションのディレクターを務めた森川氏、宣伝担当として携わっていた宗像氏。共に忌野清志郎に才能にほれ込んでいた2人はいかにして清志郎を世に送り出していったのか?また、『RHAPSODY』を機にRCが破竹の勢いで音楽シーンを席巻していく中で、清志郎はどのように変化していったのだろうか。そして、2人が選ぶ3曲とアルバム1枚、若い世代へのメッセージまでたっぷりとどうぞ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys RCや清志郎を否定するやつらに対して「君らの考えてることは間違ってる、いつでも話に出向いてやる」くらいの気概を持って臨んでた ──『RHAPSODY』のジャケットはすべて英語で表記されてますよね。これはどうしてですか。 宗像 : 最初にお話したように僕は洋
by 岡本 貴之
【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第2回 風間玲マライカが寺口夏花に訊く
[POWERPUSH]・2018年03月27日・【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第2回 風間玲マライカが寺口夏花に訊く 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。2月12日に東京・中野サンプラザで開催された主催イベント〈天体の音楽会〉にて、5⽉16⽇(⽔)にワーナーブラザースジャパンからメジャー・ミニ・アルバムのリリース、そして、7月1月(日)にsora tob sakana結成4周年記念ワンマン・ライヴが国際フォーラムホールCにて開催されることを祝し、OTOTOYでは全4回に渡りメンバー間インタヴューをお届け中です。2回目の今回は、風間玲マライカが寺口夏花にいろいろと訊きました。実に自由なインタヴュー、読んでのお楽しみ感満載です。 ハイレゾ独占配信!sora tob sakana / sora tob sakana'【Track List】1. 海に纏わる言葉2. 夏の扉3. 広告の街4. 夜空を全部5. 魔法の言葉6. まぶしい7. My notes8. Summer Plan9. 帰り道のワンダー10. おやすみ11. Moon Swimming Wee
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)
・2018年03月23日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編) INTERVIEW : 宗像和男(株式会社リズメディア 顧問) × 森川欣信(オフィス オーガスタ最高顧問)【前編】1970年に3人編成のフォーク・グループとしてデビューした忌野清志郎率いるRCサクセションは、紆余曲折を経て70年代後期にエレキ編成のロック・バンドとして生まれ変わろうとしていた。そんな時期に忌野清志郎の魅力をいち早くキャッチし、その素晴らしさを世に広めるべく尽力したのが、今回ご登場いただく宗像和男氏と森川欣信氏だ。〈キティレコード〉時代、“毎日清志郎、RCのことしか考えていなかった”というおふたりに、その熱く濃厚な日々を前編・後編にわたり語ってもらおう。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎のあの声とギターの歯切れの良さ、リズムの良さ、迫力にビックリした──まず、お2人がキティ・レコード(以下・キティ)でRCサクセションを手掛けることになったきっかけを教えてください。 宗像和男(以
by 岡本 貴之
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第15回
[CLOSEUP]・2018年04月19日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第15回──初の映画特集! 『大和(カリフォルニア)』 新年度、新学期、新生活が始まる4月も中盤ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 少しお待たせしてしまいましたが、今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」お届けいたします! 先月は奇抜な格好や行動で〈Soundcloud Rapper〉の1人として話題を集めまくるラッパー、6ix9ineとは一体何者なのか!? ということでピックアップいたしました。(デビュー・ミックステープは新曲を一曲追加した新たなパッケージでこちらにて配信中です!) そして、気になる今月は…連載初となる映画を特集です! 斎井がチョイスした映画とは一体? 第15回 初の映画特集! 『大和(カリフォルニア)』 今月はいつもと違い、映画をご紹介します。宮崎大祐監督、韓英恵主演の『大和(カリフォルニア)』。最近までこの映画のことを、大和市を舞台にしたラップの映画でNORIKIYOが出るらしい、という浅い認識でした。たしかに米軍基地のある大和市とラップはこの映画を語る上で避けられない要素ですが、例えばボクシングに興味が無くてもロッ
by 斎井 直史
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/