【EMPiRE】Epsode4 MAYU EMPiREインタヴュー 「めっちゃダッシュで成長しなきゃいけない」

BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第3回は、MAYU EMPiREの声をお届けする。

2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!
THE EMPiRE STRiKES START!!
発売日 : 2018年4月11日

[初回限定豪華盤]
カセット+DVD+写真集(50P)
価格 : 4,800円(税抜)
品番 : AVTD-93861/B
POS : 498806493861/2
[カセット]
・EMPiRE is COMiNG
・TOKYO MOONLiGHT
・アカルイミライ
など 全11曲予定
[DVD]
収録内容後日公開!!
※写真集,BOX仕様は初回限定のみ。
※スマプラミュージックにより音源/映像ともにお手持ちのデバイスにDL可能です。
[カセット盤]
¥1,500 (税抜)
品番 : AVTD-93862
POS : 498806493862/9
[カセット]
・EMPiRE is COMiNG
・TOKYO MOONLiGHT
・アカルイミライ
など 全11曲予定
※スマプラミュージックによりお手持ちのデバイスにDL可能です。

EMPiRE / EMPiRE告知映像

EMPiRE初音源収録のWACK & SCRAMBLESコンピレーションをハイレゾ配信

V.A. / WACK & SCRAMBLES WORKS

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
【価格】
単曲 540円(税込) / まとめ 2,200円(税込)

【収録曲】
1. スパーク (beat mints boyz a.k.a. 松隈ケンタ×JxSxK)
2. オーケストラ (カミヤサキ, ゴ・ジーラ, ももらんど (BiS) & ヤママチ ミキ, ココ・パーティン・ココ, アヤ・エイトプリンス (GANG PARADE))
3. gives (アイナ・ジ・エンド, セントチヒロ・チッチ, リンリン (BiSH) & キャン・マイカ, ユイ・ガ・ドクソン, テラシマユウカ (GANG PARADE))
4. nerve (BiS, BiSH, GANG PARADE, EMPiRE)
5. Plastic 2 Mercy (キカ・フロント・フロンタール, パン・ルナリーフィ (BiS) & アイナ・ジ・エンド, ハシヤスメ・アツコ, アユニ・D (BiSH))
6. EMPiRE is COMiNG (EMPiRE)
7. WACK is FXXK (SAiNT SEX)
8. フライングヒューマノイド (プー・ルイ, ペリ・ウブ (BiS) & モモコグミカンパニー, リンリン (BiSH) & ユメノユア, ヤママチ ミキ (GANG PARADE))
9. ラバソー 〜lover soul〜 (セントチヒロ・チッチ (BiSH) & アヤ・エイトプリンス (GANG PARADE))
10. 屋上の空 (Buzz72+feat. アイナ・ジ・エンド (BiSH))

INTERVIEW : MAYU EMPiRE

MAYU EMPiRE

2017年3月に行われた5泊6日のWACK合宿オーディションで合格した2名、合宿で脱落したものの追加オーディションに再び参加し合格を勝ち取った2人、合宿に参加してはいないもののアイドルになる夢を持ち続けていた1名。そんな5人により1つのグループとして誕生した、EMPiRE。

MAYU EMPiREは、WACK合宿オーディションに参加し、最終発表まで残ったが惜しくも名前を呼ばれず涙を吞んだ。それでも諦めることなく、WACKとavexの共同プロジェクト「Project aW」の追加オーディションに応募し、見事合格を勝ち取った。完璧主義だったがゆえに学校に行けなくなってしまった彼女がなぜEMPiREの一員になったのか。MAYU EMPiREへの初インタヴューをお届けする。

取材&文 : 西澤裕郎
写真 : 外林健太

完璧主義が悪いところに出ちゃった

──MAYUさんは、どんな小学生時代を送ってきたんでしょう?

MAYU EMPiRE(以下、MAYU) : 小学校の時は結構真面目で、勉強もできなくはなかったんですけど、自分にも他人にも厳しかったと思います。今から考えると完璧主義で、それを周りにも求めちゃう、きつい人だったと思う(笑)。

──習い事はしていたんですか?

MAYU : 小4からミニバスケをしていました。ただ、ランニング中に携帯をいじっている子がいるようなチームだったので、試合で勝ったことはなくて(笑)。もともと転校してきた友達から「一緒にバスケやらない?」って誘われて、断れずに始めたんです。

MAYU EMPiRE

──意外と断れない性格なんですね。

MAYU : 断れないのは、ずっとですね。

──中学になってからはどんな日々を過ごしていたんでしょう?

MAYU : 中学校の記憶があまりないんですよね。嫌な思い出しかなくて。中学校もバスケ部に入ったんですけど強いチームだったんですよ。みんな上手いし気の強い人が多くて馴染めなくて。実力社会なんだなって思いました。性格にちょっと難があっても上手いからおっけーっていうか、目をつむってもらえる感じ。

──そんなことを中学のバスケで学んだんですね(笑)。

MAYU : 毎日朝練をして、授業を受けて、放課後に練習して、土日も休みがなかった。そんな毎日で、部活に行くのがストレスになって周りが怖いなと思うようになってきて。だんだん調子を崩していって、中2から学校に行けなくなっちゃったんです。

──最初は体調が悪くなったんですね。

MAYU : 頭や身体が痛かったので内科で検査してもらったら、紹介状を出されて精神科に行ったんですよ。そこで「あ、そんな感じなんだ?」と思って。そしたらだんだん眠れなくなってきて。ひどいときは、30分寝て、起きて、朝練やってって感じで、完璧主義が悪いところに出ちゃった。そこで投げ出しちゃえばよかったんですよ。けど断れない性格と、ちゃんとやらなきゃって気持ちが強くて辞められなかった。

──その状況で、高校に進学したの?

MAYU : 入りたいって言ったらみんな合格! って感じの高校に入りました(笑)。中学の終わりにわりと調子良くなったので高校もバスケ部に入ったんですよ。先輩も優しかったし、先生もしっかりした人で、すごく楽しかったんですけど、登校できない日数が多かったし、学業優先でって言われたこともあり、マネージャーになったんです。

──マネージャーってどういうことするの?

MAYU : 基本的にプレイヤーの子って、調子が悪そうだったり怪我をしても言わないんですよ。だから見ていて変だなと思ったら「大丈夫?」って声をかけたり、怪我した人を手当したり、飲み物をついだり。洗い物とか洗濯もしました。あと、大会前にみんなにプレゼントを作ったりとかもしました。

──意外と自分はマネージャーに向いてるんじゃないかって?

MAYU : うん、こっちの方が向いているんだなって思いました。自分はバスケをやるよりも、支える側の方が向いてるんだなって。

──それでも体調悪くなって入院しちゃったりすることもあった?

MAYU : ありましたね。毎日決まった時間に行って何かをするっていうのが向いてなかったんだと思います。だんだん将来のこととかも考えられなくなってきて、こんな普通の生活もできない人間が仕事につけるわけないと考えて、結局中退しちゃいました。1年生の時は世間体を気にして高校は卒業しないとダメだと思って頑張ったんですけど、2年生の時はその気持ちが折れて。どうせ同じ1年を繰り返すんだったら辞めて自分なりに生きればいいかと思って辞めたんです。で、バイトをはじめました。

ただ自分が弱いだけだったんです

──何のバイトをしたの?

MAYU : とりあえずコンビニで働こうと思って。店長とオーナーが夫婦だったんですけど、「別に学校に行くのが全てじゃないから」って理解してくれて。毎日学校に行けないのが1番ストレスだったみたいで、行けない、だめだーって自分のことを責めて暮らしてきたから、バイトに行って毎日達成感を味わうようになったんですよ。

──ちなみに、つらい時はどういう音楽を聴いていたの?

MAYU : 神聖かまってちゃんは、めっちゃ聴いていました。あと、大森靖子さんとか。今でも影響されているというか、歌詞がすごく好きなんですよ。EMPiREで歌詞を書くときにも参考にしていて。当時から毎日好きな歌詞を20フレーズ書いていたので、それを見返したりしていました。

──自分の中で引っかかる歌詞の特徴はあるの?

MAYU : なんだろう… 一言で言えないことを書ける人。何とも言えない気持ちをいろんな言葉を使って組み立てて、聴いていてその気持ちになれる歌詞が天才だなと思いますね。

──本とかは読みます?

MAYU : 森絵都さんの『カラフル』は好きですね。

──こうやって話していて、自分の考えを分析して、自分の言葉でしゃべることができるのがすごいなって。学校生活をしていなかったとは思えないくらい。

MAYU : めっちゃ考えて、自問自答して答えが見つからなかったらいいんですけど、その時その時で答えを見つけて生きてきたんです。自分はこうなんだろうなって、自分の中で整理してきたからかもしれない。何も考えないみたいなことができなくて、ずーっと考えちゃう。考えようと思ってなくても考えちゃうんです。

──じゃあ眠れない時期もずっと考えっぱなしだったんですね。

MAYU : そうなんですよ。こんなに考えてばかりだと、人生しんどいだけですよ(笑)。

──そんな中、アルバイト先という自分を理解してくれる場所ができて、少し気持ちが楽になったんじゃないですか。

MAYU : 別に学校でいじめられていた訳でもないし、多くなかったけど友だちも仲良い子もいたし、部活も楽しくて恵まれていて。ただ自分が弱いだけだったんです。

冷静になってみると、みんなバカじゃないですか(笑)?

──WACKオーディションには、どうやって行き着いたんでしょう?

MAYU : WACKのことは、2017年のアイドル甲子園の動画を観て知って。そこから調べて、最初はPVとか曲がいいなーくらいだったんですけど、3月くらいからオーディションを始めますってことを知って。自分を表現することがすごく羨ましいなと思っていたし、ずっと自問自答を繰り返してきたから、そういう生き方をしている人がうらやましいなと思っていて。学校を辞めて気の持ちようが変わったから、さらに自分を変えたいな、人生を変えたいなと思って応募しました。

──最初のグループ面接のことは覚えていますか?

MAYU : めっちゃ覚えていますね。緊張しちゃって全然話せなかったので、落ちたなと思って落ち込みました。お母さんも一緒に来てもらっていたので、本当に申し訳ないことしたなと思って、猫カフェに寄って家に帰りました。

──通過の連絡は、わりとすぐ行ったんじゃなかったですっけ?

MAYU : すぐ来ました。え!? って感じでびっくりでしたね。合宿来れる? って言われて、行きまーす!! って言って。

──そこに迷いはなかったんだ。

MAYU : なかったですね全然。

──今振り返ってみて、合宿オーディションはどんな思い出ですか?

MAYU : 青春でした。冷静になってみると、みんなバカじゃないですか(笑)? デスソースを嗅ぎ回ったり。そういうのがWACKの良さだなと思って。普通だったら、変なのって思われちゃうことをすごく真剣にやる。それがかっこいいと思っていたから、WACKを自分の身を持って体験したいいイベントだったなと思います。

──毎日脱落するというシステムはプレッシャーだったんじゃないですか。

MAYU : 初日に脱落システムを聞かされて、これは後悔したら負けだと思って、その時その時をやらなきゃいけないと思ったんです。みんなライバルだから、誰が落ちても関係ないし、割り切ろうと思っていたんですけど、一緒にダンスとかやっている内に情が湧いてくるんですよ。他の人が落ちていくのは悲しかったですね。自分も落ちるかもしれないし、あの時は本当に怖かったです。

──結果的にMAYUは横浜の赤レンガ倉庫の最終発表まで残りました。ステージ上ではどんなこと考えていたんでしょう?

MAYU : それまでニコ生で何万人って人が観ていたと思うんですけど、実際に目の前に人がいたわけじゃないから実感はなくて。赤レンガ倉庫には3千人くらいいたじゃないですか。それを観てすごいな、怖いなって思いました。

──それまでの生活と真逆みたいな状況ですからね。

MAYU : 本当にそうなんですよ。部屋にこもっていただけだったのに、なんでこんなとこにいるんだろう!? って感じでしたね。

──最終的に合格者には選ばれませんでしたけど、そのあと楽屋でインタヴューさせてもらったとき、後悔はない、やりきったって言っていましたよね。

MAYU : 最初はそうだったんですけど、帰って何日か経つと「あの時、ああしていればよかったのかな」と思うんですよ(笑)。報われないなー人生って、と悪い方に一瞬考えちゃったりもしたんですけど、意味はあったなと思ったし、新グループのオーディションをやりますって言っていたから、まだ希望はあると思っていて。考えないで、とりあえず受けようと決めていたんです。でも、オーディションの私から何かが変わっていないとダメだと思って、いろいろ考えて応募しました。

報われたのがすごく嬉しかった

──そして追加オーディションを受け、見事合格を勝ち取りました。合格の連絡が来た時はどういう気持ちでした?

MAYU : 嬉しいって言ったら簡単ですけど、いろんな気持ちでしたね。噛み締めていた感じ。やったー! って感じじゃなくて、はーみたいな。でも、すぐに動き出さなきゃいけなくて、浸っている暇もなかったので、嬉しかったのと同時に責任感を感じました。これからやっていく覚悟を決めなきゃいけないんだと思って。

──メンバーの顔合わせの時は、どんな雰囲気でした?

MAYU : YUiNAがいたからビックリしたんですよ。あれ! リソリソじゃん! って(笑)。YU-Kiとかも「え!? なんでいるの!」って感じだったし、MiDORiKOも集団面接で同じ組だったんですよ。すごいかわいいし変なやつだったから覚えていたんです。「同じ時間だったよね?」って聞いたら、MiDORiKOは全然覚えてなかったんですけど(笑)。

──あははは。仲間にまた再会したみたいな感じ?

MAYU : そうですね。報われたのがすごく嬉しかった。YUiNAもそうだし、1回落ちたけどもう1回受けてその場で会えたのが嬉しかったです。

──EMPiREのメンバーが決まってからしばらく準備期間があった訳ですけど、その間はどういう気持ちでした? 早くステージに立ちたかった?

MAYU : 早くやりたい気持ちはあったんですけど、まだまだ実力がないと思っていて。早くステージに立ちたくても、まだ人前に出れるようなレベルじゃない。その両方の気持ちがありました。1人の時間は基本考えいてるか、運動したり、体力作りをしていたんですけど、考える時間が長すぎたんですよ(笑)。

──今はだいぶ忙しくなってきたと思いますけど、考える時間はある?

MAYU : 家に帰った後とかずっと考えています。

──それだけMAYUさんにとって、考える時間はすごく大切なんですね。

MAYU : そうですね、整理をしているんだと思います。

自分たちの世界観をちゃんと作り上げて見せたい

──EMPiREとして最初に立ったステージが、BiSHのZepp Tokyoのライヴ〈TOKYO BiSH SHiNE3〉(2017年8月23日)のオープニングで、いきなり2700人のお客さんの前に出ていきました。いきなり大勢の前に、しかも覆面で出ていってどんな気持ちでしたか?

MAYU : 衣装がめっちゃ好きで、すごいおもしろいじゃないですか。うけるーって。あと、WACKオーディションを観ていた人は、私のことを知っている人もいるじゃないですか? 私だって気づいたらびっくりするかなって気持ちもあったし、やっぱり嬉しかったですね。これからやってくんだ! みたいな気持ちでした。

──11月23日に六本木Morph-Tokyoでファンクラブ加入者の前で初ライヴ、Zepp Tokyoでの〈WACKのフェス。〉、2018年1月3日にはマイナビBLITZ赤坂で〈アイドル甲子園〉のライヴがあり、どこもたくさんのお客さんがいる前でのライヴでした。普通は小さなステージを積み重ねて、多くなステージに立つわけですけど、どんな気持ちでライヴに臨んでいるんでしょう。


EMPiRE / EMPiRE is COMiNG (WACKのフェス。at ZEPP DIVERCITY)

MAYU : 最初はお客さんが少なくて、どんどん人数が増えていく中で、自信やグループの団結力が強くなっていくじゃないですか? そういう意味で、EMPiREは現実と自信が比例していなくて。このステージに立てるのは先輩たちのおかげだし、全然うちらの力じゃない。だから本当に必死に頑張らなきゃと思っていて。振り落とされたくないから頑張るしかないっていう気持ちですね。

──グループのメンバーで、そういうことを話し合う時間はある?

MAYU : 1回大きな話し合いをしました。お金がなくて公園でしたんですけど(笑)。

──立っているステージと日常の差がすごいですね(笑)。

MAYU : そうなんですよ(笑)。

──そこでは何を話したんですか?

MAYU :ついこの前のことなんですけど、〈アイドル甲子園〉の反省をしました。うちらのライヴが本当にひどかったので。自分たちがやった後にBiS、BiSH、GANG PARADEといった先輩たちのライヴをすぐ観たんですけど、泣きながら観るくらいすごくて、このままじゃダメだと思って。うちらは全然レベルが低いから、少しでも早く追いつけるようにみんなで練習の仕方とか細かいところを話し合いました。

──それにしても〈アイドル甲子園〉に立っているって、すごい話だよね。

MAYU : そうなんですよ、本当に。1年前は動画を観ている側だったから。

──しかも、初ワンマンがそのマイナビBLITZ赤坂で開催されることが決まりました。

MAYU : あーーー!! って感じですね(笑)。どうしようーみたいな。EMPiREは最初からメジャーだし、温室育ちでって言われがちなんですけど、全然そんなんじゃないんですよ。なんて言ったらいいのかな… 先輩たちと比べられて、最初から力を入れてくださるから、めっちゃダッシュで成長しなきゃいけないんだってプレッシャーは感じます。毎日が焦りですね。だから余裕でしょーっていう気持ちは全然ない。

──周りからの期待が高い分、下手なもの見せられないですもんね。

MAYU : そうなんですよ、本当に焦りばっかりです。

──さらにBiSHの全国ツアーにも帯同するわけですし。

MAYU : はー… 緊張しますねー(笑)。めっちゃありがたいことで、その機会を無駄にはできないから、ほんっとに頑張らないといけないと思っています。

──MAYUさんは、EMPiREをどういうグループにしていきたいと思っていますか?

MAYU : WACKのグループって、ファンの人も一緒に作り上げて行く感じじゃないですか? そうした一体感はもちろんなんですけど、まずは自分たちの世界観をちゃんと作り上げて見せたいなと思いますね。MiDORiKOが、ライヴで「異空間」って言っていたじゃないですか。本当にそんな感じで、そのために5人で団結してやっていきたい。5人でもっとギュっ!! ガッっ!! とやりたいですね。

LIVE INFORMATION

THE EMPiRE STRiKES START!!
2018年5月1日(火)@マイナビBLITZ赤坂
時間 : OPEN 17:00 / START 18:00
料金 :
NORMAL TiCKET 4,000円
ROYAL EMPiRE会員、EMPiRE CORE会員の方は無料(ドリンク代別途)にてご入場いただけます。ご入場時に会員確認いたしますので、必ず会員証をご持参ください。

EMPiRE DROiD会員抽選先行受付
2月4日(日)18:00〜2月13日(火)23:00

WACK FAMiLY CLUB会員抽選先行受付
2月4日(日)18:00〜2月13日(火)23:00

HP抽選先行受付
2月14日(水)18:00〜2月26日(月)23:00

ぴあプレリザーブ受付
2月27日(火)18:00〜3月4日(日)23:00

チケット一般発売日
3月10日(土)

はじまったばかりのEMPiREのストーリー

Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒インタヴュー「EMPiREはかっこいいものになると思います」

Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)インタヴュー

Epsode0.2 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー)インタヴュー

Epsode1 EMPiRE初インタヴュー「WACKの先輩方の妹分で終わりたくない」

Epsode2 MiDORiKO EMPiREインタヴュー「帝国なので、EMPiRE独自の空間を作りたい」

Epsode3 YUiNA EMPiREインタヴュー「新しいものを発信していくグループにしたい」

PROFILE

EMPiRE

>>EMPiRE オフィシャル HP
>>EMPiRE SoundCloud!

>>EMPiRE TWiTTER
EMPiRE OFFiCiAL(@EMPiREIDOL)
YUKA EMPiRE(@YUKA_EMPiRE)
YUiNA EMPiRE(@YUiNA_EMPiRE)
YU-KI EMPiRE(@YU_Ki_EMPiRE)
MAYU EMPiRE(@MAYU_EMPiRE)
MiDORiKO EMPiRE(@MiDORiKO_EMPiRE)

o

 
 

インタヴュー

『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー
・2018年02月20日・『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー ドリーム・ポップ、パンク、ブレイクコア、カントリーなど様々なジャンルの楽曲を、現代的なアイドル・ポップとして再構築した、親しみやすいサウンドで人気を集める“Lo-Fiドリームポップアイドル”SAKA-SAMA。2月27日にリリースされる彼女たちの『夢のはてまでも』は、ポニーのヒサミツ提供曲であるカントリー・ソング「ネズミの生活」をはじめ、詩人・小笠原鳥類による詩の朗読「夢のはてまでも」、ライヴの定番曲であるデジタル・ガレージ曲「パーティ・パーティ」など、さまざまな要素を取り込んだ作品に。まさにさまざまなジャンルを自由に横断した今作を、2018年2月20日21時から2月26日までの期間限定フリー配信でお届け。さらにハイレゾ盤は予約も受け付けていますので、ぜひこちらもチェックを。南波一海による、SAKA-SAMAの初期メンバー、寿々木ここねへの単独インタヴューとともにどうぞ。 期間限定フリー配信中! SAKA-SAMA / 夢のはてまでも(期間限定フリーDL)'【配信形態】MP3【収録曲】''
ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談
・2018年02月18日・ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談 〈「FREE&EASY」 〜自由に自然体で〜〉をコンセプトに、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人からなるガールズ・ユニット、ONEPIXCEL。〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2017〉や〈@JAM EXPO 2017〉を始め数々のイベントに出演し、他を圧倒するパフォーマンスと自然体のゆるいMCで多くの観客を魅了している。そんな彼女たちが『LAGRIMA』のリリースを機にメジャー・デビューを果たす。OTOTOYではこのメジャー・デビュー・シングル『LAGRIMA』の予約を開始。予約すると【Type-A】【Type-B】のそれぞれに1曲ずつ収録される「TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix」、「be with you Masayoshi Iimori Remix 」が先行ダウンロード可能。そして、リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi Iimoriの対談を、リリースを記念して掲載。彼女たちの新たなスタートと
by 岡本 貴之
自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演『アイラブユー』リリース
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演2年ぶりフル・アルバム『アイラブユー』リリース 京都を拠点に活動を続ける本日休演が、前作『けむをまけ』からおよそ2年の時を経て、フル・アルバム『アイラブユー』をリリースした。2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの故・埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加するなど、他に類を見ないユーモア満載の作品が完成した。今回は岩出拓十郎(Vo,Gt)、佐藤拓朗へのメール・インタヴューを掲載。本作の制作がどのように行われたのか、丁寧に語ってもらった。 2年ぶりのアルバムをハイレゾ独占配信! 本日休演 / アイラブユー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,484円(税込)【収録曲】1. 寝ぼけてgood-bye2. アイラブユー3. ラブエスケープ(f
Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信
・2018年02月14日・Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信 昨年、初のワンマン・ライヴ〈BUGDAD CAFE〉の開催や大規模チャリティー・フェス〈COMIN' KOBE ’17〉への出演をはじめ、多くのライヴ、イベントへの出演するなど、いまライヴ・シーンでその名を轟かせているロック・バンド、Gateballers。そんな彼らが2年ぶりとなるフル・アルバム『「The all」=「Poem」』をリリースする。ソングライターである濱野夏椰(Gt,Vo)の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼ら。今作では持ち前のポップさと初期衝動、そして強力なサポート・メンバー、内村イタル(ゆうらん船)を迎え4人編成となり、さらにサウンド面がパワーアップ。OTOTOYではCDリリースの2018年2月21日(水)に先駆けて2月7日(水)より先行ハイレゾ配信を実施中です! 今作リリースに合わせて濱野夏椰、本村拓磨(Ba) の2人へのインタヴューを掲載します。いま大注目バンドの貴重なインタヴューをぜひアルバ
by ?
岸田教団&THE明星ロケッツ、TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」OP曲「ストレイ」を1週間ハイレゾ先行配信 & インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年02月14日・今期のアニメ「博多豚骨ラーメンズ」が面白い! そしてそこで流れる岸田教団&THE明星ロケッツの新曲(ハイレゾ!)が、震える程あがる! 2017年春にアルバム『LIVE YOUR LIFE』をリリースし、秋から冬にかけ結成10周年を祝うライヴ・ツアー「10th Anniversary Tour 2017~2018 ~懐古厨に花束を~」(←最高でした!)を終えた岸田教団&THE明星ロケッツから新たなシングルが到着!! 表題曲「ストレイ」は、人口3%が殺し屋の街・博多を舞台に裏稼業の男たちの物語を描いた小説「博多豚骨ラーメンズ」のアニメ版OP曲として起用! 疾走感溢れる楽曲に絡むサックスの音色が印象的な岸田教団の新たな名曲ともいうべき1曲は、流れた瞬間にマジであがります。OTOTOYでは同シングルのハイレゾ版を1週間先行配信するとともに、ichigo(Vocal)と岸田(Bass)の2人にインタヴュー。11年目を迎え、新たなフェイズに突入した彼らの今の心境とは!? やっぱり岸田教団&THE明星ロケッツはハイレゾっす!!!岸田教団&THE明星ロケッツ / ストレイ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24b
by JJ
【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」
[EMPIRE]・2018年02月13日・【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P)価
by 西澤 裕郎
渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAKの過去音源配信、第6弾
・2018年02月11日・ATAK過去作配信第6弾、レジェンド、刀根康尚のライフ・ワーク集、そしてサウンドトラック三部作へ 2017年9月11日より、渋谷慶一郎の主宰レーベルATAKの過去作品が毎月11日に配信リリースされる。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説とともに配信をお送りします。第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、
by 八木 皓平
RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自主運営の2年間で得た最高の仲間と新たな冒険の真っ最中ーーラストクエスチョン全員インタヴュー RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン。2015年に結成され、脱出ゲームでおなじみ株式会社SCRAPのアイドルとして活動したのち、2016年3月から自主運営で活動をしている。これまでの間にメンバーも複数入れ替わり、現在は初期メンバー1人、新加入の2人の計3名で活動中。そんなラスクエから、名刺代わりのフリー配信曲「マジックアワー」が到着。「ラブゾーマ」の新テイク配信も味わい深い彼女たちに、2年ぶりのインタヴューをおこなった。 >>現体制の初音源をフリー配信「マジックアワー」>ラストクエスチョン Official HP
by 純三
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事