OTOTOY編集長・飯田仁一郎が語るAureoleの魅力とは?ーー約2年9ヶ月ぶりの4thアルバムを1週間先行ハイレゾ配信

飯田仁一郎

kilk recordsを主宰する森大地が率いるAureoleが、2年9ヶ月ぶりとなる4thアルバム『Spinal Reflex』を2015年6月10日にリリースする。これまでの「内向的な心の中の音楽」から「感覚を刺激する外へ解き放たれた音楽」へ。バンドとしての肉体感とグルーヴにうごめく作品へと大きな進化を遂げた。2015年3月にはタワーレコード渋谷店をジャックしライヴ・ベスト・アルバムをリリースするなど、自分たちならではの仕掛けを見せて話題を呼んだ彼ら。OTOTOYでは本作を1週間先行でハイレゾ配信。より多くの人に聴いていただきたい想いから全曲フル試聴も実施する。そして、7年以上の付き合いで森のことを1番よく知るOTOTOY編集長・飯田仁一郎がAureoleを、そして森大地を語った。このバンドの燃え尽きることのない情熱に耳を傾けてみてほしい。

待望の4thアルバムを1週間先行ハイレゾ配信スタート!!

Aureole / Spinal Reflex

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC : 単曲 216円 / まとめ購入 2,160円
AAC / mp3 : 単曲 162円 / まとめ購入 1,620円

【Track List】
1. I / 2. Core / 3. Closetsong / 4. The House Of Wafers / 5. Pearl / 6. Hercules / 7. Edit / 8. Inner Plane / 9. Brighten / 10. In Light / 11. Ghostly Me / 12. Last Step

『Spinal Reflex』をCD発売日まで全曲フル試聴実施!!

レーベル Kilk Records  発売日 2015/07/02

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

森さんがロックにこだわれたってことは、かっこいいことだなと思って

ーーずばり訊きますが、『Spinal Reflex』を聴いて率直にどう思いましたか?

飯田仁一郎(以下、飯田) : いや、素晴らしかったです。 特にアルバム最終曲「Last Step」。前作よりも全員のビート感が似てきてリズムが細かいなと思ったんですけど、最後にテンポが落ちるじゃないですか? なので、音的には1番印象に残ってます。それがこのアルバムのいいところでもあるし、アルバムとしてもうちょっとバラエティに富んでもいいのかなと思った部分もあるんですよね。

Aureole

ーーたしかにバリエーションは、今までで1番固めた感はありますね。

飯田 : 総じて、森さんのオルタナティブな姿勢、常に挑戦して新しいものを生み出すべきだという部分に感銘を受けています。その上で言いたいんですけど、今日森山公一さんがUstreamでOTOTOYに来てくれて、すごくいい歌を歌っていかれたんですよ。歌の強さを感じた。それを聴いていて、Aureoleの飽くなきトラックへの挑戦にすごいメロディが載せられたとき、世界一のバンドになれると思いました。

ーーそれはかなり具体的な指摘ですね。

飯田 : 「Last Step」は歌がいいんですよ。このアルバムを聴いていて「森大地、お前の心の叫びを聴かせてくれよ」っていう気持ちが出てきた。イメージとしてはそんな感じかな。やっぱりポスト・ロックからは脱したい気持ちはあったんじゃないかなと。僕の中では、前作も今作もポスト・ロックから脱しようとあがいているAureoleの感じがすごく好きで。その音楽が持つ時代性ってあるじゃないですか? このアルバムではリズムに対して挑戦していて、そこが素晴らしいなと思ってます。


Aureole「Core (official music video)」

ーーそれこそ、飯田さんはOTOTOYでアイドルの取材もすれば音楽も聴いて、ロック以外の盛り上がりを感じると思うんですね。音楽を評価する上での基準みたいなものはあるんでしょうか。

飯田 : 僕は、オルタナティヴ・ミュージックの“新しいものを生み出して行く”部分が好きで、ずっと追いかけてきたんです。でも、ある時からアメリカやイギリスが、オルタナティブを、以前に比べてあまり生み出さなくなった。僕自身は、新しい音楽を作る人たちが一番すごいと思っていて、新しい音楽に出会えた時一番興奮することを理解したんです。そうやって自分を客観的に見れるようになった後、音楽を平均的にみれるようになって。つまり自分が好きな音楽は、たったそれだけの音楽なんです。新しいものを生み出そうとしてる人たちが最上級。その自分の幅の狭さを知った時に、いろんな音楽が好きになって平らになったんです。逆を言うと、音楽に拘りがなくなった時に、新しい音楽かどうか? だけでなく、いい音楽かどうか? や心に響く音楽かどうか? っていう部分が非常に重要になってきました。

ーーAureoleの音楽から、その新しいものを生み出そうという挑戦を感じたと。

飯田 : 森さんが挑戦しようとしている“おもしろさ”は感じましたね。ただ、それはHave a Nice Day! の面白さとは違うんです。ハバナイってめっちゃくちゃ音楽に詳しいんですよ。それこそネットの音楽をずっと漁って、いろいろ俯瞰して見て、自然に新しい音楽を生み出しちゃうタイプ。森さんの場合は、レコ屋的な触れ方はしていないじゃないですか? このアルバムは、森さんがピュアに「俺はロックを進めてやるぜ」っていう気合いを感じる作品で、それが実はすごいいいなと思ったんです。たぶん、すごく早い人たちって、もはやロックにこだわらないんですよ。でも森さんがロックにこだわれたってことは、かっこいいことだなと思って。

ーーそれは前作に感じたものとは違うものですか?

飯田 : 前作は、ロックに挑戦してるって感じはしなかったかな。それよりメンバーのベースがすごくいいとか、ドラムがいいとか、メンバー同士の絆があるみたいなことをすごく感じました。今回に関しては、ロックに挑戦してやろうって気合いを感じた。あとは、やっぱし歌かな。歌がもったいないなって思ったな。

ーーもったいないっていうのは?

飯田 : 歌詞が聴きたかった。逆にもしなくすのであれば、歌詞がなくてもいいんだっていう説得力がなきゃダメで。例えば、ストラグル・フォー・プライドっていうバンドはヴォーカルがめちゃくちゃ小さいんですよ。なんなら歌ってるのかどうかも聴こえない。でも歌詞カードを開いた時にものすごく詩的なことだったり政治的なことが書いてあって、その時にわーすげー!! ってなる。それは歌詞の持ってる武器だと思っていて。そういう武器にできないのであれば、僕は使うべきじゃないかなと思っています。聴こえないっていうのが武器であるならいいんだけど。

ーーそれを武器にしているという可能性もあるんじゃないかなと思いますが。

飯田 : でも僕は、森さんの歌詞が聴こえてきた方が武器になるなと思った。そこに意味があってもなくても。なんでかっていうと、ビート・ミュージックだから。歌詞は意味っていう以外にビートでもある。それは言葉のビートとかであって、日本語がふわっと聴こえて来た時にはっとするんですよね。


Aureole「Ghostly Me (official music video)」

ーーその上で、ビートと歌詞の内容にもっと必然性が欲しいってことですか?

飯田 : もっと単純かも。聴こえていいじゃん!! って。日本語で歌ってるのが英語に聴こえてしまうっていうのはどうなんだろなあ。そこで、Aureoleの世界を作ることができるかだと思うんですよね。バンド・アレンジ、アンサンブル、リズムに関しての進化が半端無かったので、じゃあ次に歌がどう絡んでくるかってところが超楽しみです。それが見たいし、見た時にAureoleが世界を変えますよ。

その純粋さって、音楽をする上ですごく大事なことだと思うんですよ

ーーAureoleとOTOTOYの付き合いはもう7年以上ですが、その間に森さんは大宮に自身のライヴハウス“ヒソミネ”を立ち上げたり、コッテルなどのソロ・アーティストをプロデュースしたり、バンド以外のこともかなり挑戦的にやられていますよね。経営的な視点を経たことで、Aureoleの音楽にも変化を感じますか。

飯田 : むしろ、変わらなく好きなものがあるところが、Aureoleの好きなところなんですよ。本当にピュアなんです。これ、上手く伝わるか分からないんですけど、Aureoleっていうフォーマットから脱して、新しいことをした方が森さんくらい音楽を聴いている人にとっては楽なんですよ。でもそれをしないじゃないですか。さっき話していたみたいに、Aureoleが実はロックのフォーマットに拘ってやっていたり、ヒソミネが利便性の良くない場所でやってしまったり、すごい純粋だなと思って。その純粋さって、音楽をする上ですごく大事なことだと思うんですよ。だいたい、上の人間になると辞めちゃうんですよ。

ーーそれはなぜですか。

飯田 : 音楽において、純粋でいられなくなるから。そういう意味では、森さんは経営者に間違いなく向いてないです(笑)。でもミュージシャンとしては素質がある。森さんが職業ミュージシャンになるのは俺は成功すると思います。トラックも作れるし。

ーー飯田さんもミュージシャンであり経営者である点という部分では近いのかなと思います。

飯田 : 僕は20代の頃、売れたくて売れたくて仕方なかったんです。海外ツアーも周って、ほんとに必死で売れたかった。でも30代になってOTOTOYの編集長という役職を与えてもらったり、リアル脱出ゲームで成功したりしたことによって、売れるってことから解き放たれたんです。それは良い意味で牙は剥かれたってことだと思っていて。もちろんいいことじゃないこともいっぱいあるだろうけど、でも実際そうだと僕は思っていて。すごい俯瞰して見て自分の好きな音楽も分かったし、アイドルも全然自然に推せる。その部分は俺がピュアになりきれない部分だとも思う。

ーー音楽をより広く、芸術という視点以外でも考えるようになったと。

飯田 : OTOTOYをやってるのもあるけど音楽をビジネスにしたいと思う。その気持ちはある。自分たちの周りのメンバーを見た時にそういうビジネスをするタイプじゃないし、僕はビジネスをするタイプだってことがわかったときがあって、そういう状況を含めて幸せだという結論を出したんです。そして、そういう方向に向けて突き進めた。だからこそ、いますごく客観的に見れるんですよ。

ーーそんな飯田さんから見て、森さんはどう見えるんでしょう。

飯田 : 20代の僕と同じようにすごくあがいている。でも、僕より全然可能性がある。それはDTMが使えること、曲が作れること、歌が歌えることなど、いっぱいある。実は僕も「飯田君は音楽だけしとけば成功したかもしれないよ」って言われたことがあるんですよ。その時にそっちの道を選ばなかったし、もし選んでたらどうなると思うって言われたこともあります。だから森さんもそういう分かれ道がきて、森大地としてプロの作曲家、プロの音楽家としてやっていくタイミングが来るかもしれない。もちろん、森さんが今選んでる道を発展させていって、ミュージシャンもやりながら、レーベルもやる、ライヴハウスもやるって立場で上がってく可能性も全然あると思います。そのピュアさを持ち続けている限り大丈夫なんじゃないかなって。

取材 & 文 : 西澤裕郎

Aureoleのワンマン・ライヴが決定!!

Aureole "Spinal Reflex” Release Party

2015年7月2日(木)@代官山UNIT
時間 : 18:30 OPEN / 19:30 START
料金 : 前売 2,800円 / 当日 3,300円(1DRINK 別途)
出演 : Aureole
問い合わせ先 : UNIT(03-5459-8630)
チケット予約 :
Aureole公式ページ http://goo.gl/19YfmA
プレイガイド(ぴあ / ローソン / e+)の発売は後日発表

Aureoleの作品アーカイブはこちらから

>>『Reincarnation』リリース時インタヴュー・前編
>>『Reincarnation』リリース時インタヴュー・後編

PROFILE

Aureole

2007年結成。森大地(Vo/Gt/Prog)、岡崎竜太(B)、中村敬治(Gt)、中澤卓巳(Drs)、saiko(Syn&Flute)、佐藤香(Vibs&Glocken)の6人組バンド。都内を中心にライヴ活動を行っている。ポストロック、エレクトロ、クラシカル、ミニマル、プログレ、サイケ、民族音楽、ダブステップなどを通過した奥深いサウンドと「歌モノ」としての側面、この二つの要素が違和感なく融合したサウンドが特徴。2009年にNature Blissよりデビュー・アルバム『Nostaldom』をリリース。青木裕(downy、unkie) をゲストに迎えたこの作品は、各方面から多くの支持を得た。2010年にはVoの森大地が主宰するレーベル、kilk recordsより2ndアルバム『Imaginary Truth』を発表。『今後の日本の音楽シーンのキーマン』と称され、一層の注目を集めた。2012年には3rdアルバム『Reincanation』をリリース。同作品のレコ発ライヴとなる渋谷o-nestワンマン公演ではソールドアウトを記録。2014年11月には2年ぶりとなるフリーの配信限定シングル『Ghostly Me / The House Of Wafers』をリリース。一晩で1000以上のダウンロード数を獲得する。2015年3月、ライヴ・アレンジでリテイクしたベスト・アルバム『Awake』をタワーレコード渋谷店限定でリリース。タワーレコード渋谷店をジャックした前代未聞のハッシュタグを活用したO2O施策「Hashtag Awake」が大きな反響を呼んだ。

>>Official HP

o

 
 

インタヴュー

Summer Rocket、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信&メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年12月14日・新メンバーとともに7人のサマロケを作っていきたいーーSummer Rocket、1stアルバムを期間限定フリー配信 永原真夏&工藤歩里が楽曲プロデュースを務める、永遠の夏を歌うアイドル・グループ、Summer Rocketが待望の1stアルバムを完成させた。これまでにリリースされてきた4枚のシングルを再レコーディング、リマスタリングした楽曲に加え、初音源化となる「太陽のアリア」「ロードスター逃飛行」を収録した全10曲。発売日の12月25日に先駆け、OTOTOYでは同アルバムのmp3版を無料配信!! そしてメンバー4人へのインタヴューを実施。12月17日(日)には新宿LOFTにて3rdワンマン・ライヴ〈さよならセカイ〉を開催し、新メンバー3人を迎えることも決まっている激動のサマロケ・メンバーが何を考え活動しているのかに迫った。今のサマロケに注目してほしい!! サマーロケット、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信!!Summer Rocket / Summer Rocket(期間限定フリーパッケージ)【配信形態】mp3【配信価格】まとめ 0円(税込) 【Track List】1. 太陽のアリア2. Sum
by 西澤 裕郎
オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談
[CLOSEUP]・2017年12月08日・【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談 どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリースする。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTRO にて完全無料のライヴ開催も予定するなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。2回目は、どついたるねんの映像を撮り続けている梁井一と岩淵弘樹をお迎えしインタヴューを敢行。バンドとはなんなのか、そしてメンバーの脱退について彼らだから語れる話を訊いた。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2. おならぷーぷーセッショ
by 西澤 裕郎
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事