新しいピアノ・ロックを奏でるとともに、日本屈指のポップ・ソング職人でもある末光篤が、新作アルバム『色彩協奏曲』を完成させた。GOING UNDER GROUND、斉藤由貴、VERSESなど、様々なミュージシャンとのコラボレーション等、カラフルでポップな14曲が収録されている。そんな本作品のリリースを記念し、さきごろ「Sleepin' Bird」をリリースしたばかりのSchroeder-Headzこと渡辺シュンスケとの対談を行なった。対談前、両者に共通していたのは、ピアニストであるという点のみ。しかし、蓋を開けてみれば、ピアノを軸に音楽家としての考え方や楽曲について貴重な対談が繰り広げられた。その対談をじっくりと読み込んで、両者の音楽をじっくり味わっていただきたい。


末光篤 / 色彩協奏曲

【配信価格】
WAV : 単曲 300円 / まとめ 2,400円
mp3 : 単曲 250円 / まとめ 2,100円

【Track List】
1. 色彩前奏曲 / 2. 色彩協奏曲 / 3. You / 4. Paper Moon / 5. We Gatta Get It feat. VERSES / 6. Eve / 7. 明日組曲 [あしたがすき ~ Tomorrow] / 8. 明日組曲 [Tomorrow] / 9. Palau / 10. 世界が変えるピアノが歌う feat. 松本素生 / 11. Mr. Dancefloor / 12. 時よ、未来に向かって走れ / 13. Tie / 14. 恋を、した。 feat. 斉藤由貴 / 15. Smile feat. GOING UNDER GROUND


Schroeder-Headz / Sleepin' Bird

【配信価格】
WAV / mp3 : 単曲 200円 / まとめ価格 750円

1. Sleepin' Bird / 2. Sleepin_Bass / 3. Sleepin_Clap / 4. Sleepin_Hat / 5. Sleepin_Kick1 / 6. Sleepin_Kick2 / 7. Sleepin_Loop / 8. Sleepin_Pad / 9. Sleepin_Perc / 10. Sleepin_Pf / 11. Sleepin_Snare / 12. Sleepin_Synth / 13. Sleepin_Wind

※Tr.1以外は、ステム・バージョンとなります。
ステムとは?

INTERVIEW : 末光篤 × 渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)

自らが歌うミュージシャンでもあり、他アーティストへの楽曲提供も行なうピアニスト、末光篤。DE DE MOUSEのライヴ・ キーボーディストとしも知られる渡辺シュンスケによるソロ・プロジェクト、Schroeder-Headz。ピアニストであるということで対談をオファーしたものの、ピアノ以外に大きな共通点はみつからず、どうなるかわからないまま対談収録日を迎えた。正直、最初はぎこちない部分はあったことは否めない。しかし、小さかったころにピアノを触った原体験や、ピアノという楽器に向かい合う姿勢などを話すことにより、お互いに共鳴する部分や、逆に各人にしかないものが浮かび上がってきた。そこで語られたのは、ピアノマン同士だからこそわかるものであった。ピアノという楽器は手段でしかないという末光の言葉が印象的だった本対談。普段混じり合わなかった2人が交わることで見いだすことのできた音楽への向かい方を、ぜひゆっくりとご覧いただければと思う。

インタビュー & 文 : 西澤裕郎

左から、末光篤、渡辺シュンスケ

いまだに音楽は謎だらけだなと思って(渡辺)

ーーまずは渡辺さんに質問なんですけど、末光さんの作品を聴いて、どのような印象を持ちましたか?

渡辺シュンスケ(以下、渡辺) : ぼくの印象だと、クラシックも通っているし、ビリー・ジョエルやエルトンジョンといったシンガー・ソングライターのおいしいところも、すごく知っている人なのかなと感じました。それをぎゅっと一つにできる才能を持った人だなと。
末光篤(以下、末光) : 実は、そのあたり聴いたことがないんですよ(笑)。
渡辺 : あれ(笑)?
末光 : もちろんすごく有名だから、なにげない日常で耳にすることはあって、そういう意味で知ってはいるけど、レコードで買って聴いたりすることはないです。

ーーじゃあ、末光さんのピアノマン的なルーツっていうのはどこにあるんでしょう。

末光 : ピアノマンに憧れて、いまの音楽活動をしているわけではなくて、手段としてピアノしか弾けないからやっているんです。本当はピアノの弾き語りって、すごく難しくて。本当はわーって歌いたいし、煽りたいんです。だから、「ボーカリストだったらいいな」とか「歌がなけれなば」とか、そんなことばかり考えています(笑)。

ーーあははは。逆に、末光さんからみた、渡辺さんの印象はいかがですか。

末光 : 渡辺さんの曲っていう以前に、僕にはできないって思いました。エリック・サティは大好きなんですけど、彼みたいなことをできなくて。いつもコードを押さえて歌を中心に作っているから、ピアノで旋律を作ることができないんです。いわゆるピアノ・サウンドに求められるスタイルってこうなんだろうなっていうのはわかっているんだけど、自分にはできないから羨ましいなと思いました。

ーー渡辺さんはピアノをいつくらいに習いはじめたんですか。

渡辺 : 僕は勉強したのが遅くて、習いにいったのが18歳だったんですよ。そのあとダメもとで受けた国立音楽大学に受かったので、そこに通うことになって。

ーー末光さんは名古屋音大出身ですが、ピアノマンにとって、誰かに師事して学ぶということは重要なことなんでしょうか。

末光 : 多分、ピアノは教育を受けないとできない楽器かなと思います。独学ではちょっと限界があるかなって。もちろんジャズとかはわかりませんけど、クラシックなんかは、あとになってやっておいてよかったなと思うことはありますよ。

ーー例えば、それはどういうことなんでしょう。

末光 : 姿勢ひとつとっても「糸でつられているようにピッとして」って言われるんですけど、そのときはわからないんですよ。でも、若いうちに叩き込んでおくと、いろいろ経験値を積んでからわかるんですよね。そういう点が選になって繋がっていくみたいな感じです。
渡辺 : もう、真逆にわかるというか。なんで、あのときやっておかなかったんだろうって(笑)。たぶん建築と一緒で、土台を作っておかないと、その上に立てられないんですよね。立っても歪になっちゃったりする。大人になると、やりたいことが客観的にわかるようになってくるから、自分に技術のない部分もわかってくるんですよ。
末光 : どうしても弾きたい曲があったとき、早いパッセージを弾けなかったりして、その原因がいつまでもわからない。それは、基礎を理解してクリアしていかないと届かないってことなんですよ。それがあとになってわかる。でも、若いと、いきがって、難しい曲、リストとかラフマニノフみたいな曲をやりたいんですよね。基礎もないのに。ぼくはそうやってやってきたから、あとになってバッハとかモーツァルトとかをやっておけばよかったなって思います。

ーーちなみに、末光さんはポップスもお好きだったんですか。

末光 : 子どものころから好きでした。だから聴音でよく弾いていました。当時はテレビとラジオしかなかったので、いいと思う曲があったら、なんでいいのかピアノを弾きながら考えるんです。そうすると近づくんですよね。こういうふうに動けば、自分は好きだって感じるってことを、子どものころに遊んで学んだんです。

ーー渡辺さんもそういう経験はありますか。

渡辺 : ありますね。ぼくはコードから勉強したんですけど、FM7(Fメジャー7)を弾いたときに「なんてキレイなんだ」と思って一日中弾いていて(笑)。音楽に取り憑かれたのはそのときからなのかなって。あと数学的な楽しさ、パズルをといていくみたいな感じ。僕だったらファミコンの音楽を弾いてみたりして、コードを照らし合わせてびっくりしたりとか。そういう経験があるから作りはじめたのかなって。

ーー気持ちよさをみつけて弾いてきたことは、いまの曲にも活きていると思いますか。

末光 : ああ、それはありますね。弾いていて涙が出てくるような曲はありますからね。特にクラシックでは。すごいと思う瞬間がありますね。

ーー自分で弾いてて泣くこともあるんですか。

末光 : あります。自分の歌なのにね(笑)。よくライヴで泣いている女の子とかいるじゃないですか。以前はああいうの見て、よくわからなかったけど、俺42歳の男だけど、いまはそういう瞬間ありますもんね。
渡辺 : そうですよね。いまだに音楽は謎だらけだなと思って。ぼくはバンド畑でやってきたから、ヘタクソだけどすごくカッコいいライヴ・バンドとかを観て、俺には足りないなとか思って。だから、いまSchroeder-Headzをやっているのかなって思いますもん。ピアノ・トリオだけど、ジャズでもないし、クラシックでもなく、ロックでもなく、人間が出す音の不思議さ。コードの響きとかも好きなんですけど、人間が集まってアンサンブルしたときに意外に思ったりする瞬間がやめられないなって。

名声が欲しいからという部分が先にでてきたことはない(末光)

ーーちなみに、末光さんはどのくらいのペースで楽曲を作るんですか。

末光 : 書こうと思って書くんですよ。だから書かないと思っていたら永遠に出てはこないんです。書こうと思えばいつか必ず出てくる感じというか。

ーー今作『色彩協奏曲』はいつくらいから書こうと思ってはじめたんですか。

末光 : 1年くらい前ですかね。ただ、1曲をずっとやっているというよりは、他のものも並行してやっていて、息詰ったら他の曲を進めるという感じで。
渡辺 : ぼくも、バーンって出来ないんですよね。30%とか、ある時期まではそういうのを出せるだけ出して、そっから先はそいけそうなものをピックアップしてどんどん肉付けしていくみたいな感じです。

ーーそうなると、アルバム共通のテーマみたいなものは。

末光 : ないですね。

ーーじゃあ、アルバムという単位に対するこだわりというより、曲を作り続けていて、それをまとめたという気持ちのほうが、言い方として近い感じですか。

末光 : わりとそうですね。確かにこれまでの延長線上にあるものですよね。一個のリリースを基本としてライヴがあったり、いろんなところに行けたり、きっかけになるじゃないですか、ニュー・リリースって。これがないと先に行けないってのがあるので、どうしても定期的に必要なんです。

ーー本作を軸にして次に進んでいくというか。

末光 : 新しいところに進むためのものですね。これをきっかけに新しいものが先にあったりするので、リリースはすごく大事に思っています。

ーーライヴや他の活動と連動しているわけですね。

末光 : バンドだったらそうじゃないかもしれないんですけど、僕はひとりですからね。鍵盤ひとつだから。打ち込みで歌うっていうのも違うなと思っていて、構想しているものが伝わらないんですね。だから最初にこうだっていうものがあって、それをピアノ一本で聴けばそういうバージョンだなと思ってもらえるけど、それがなしだと伝わりづらいなって。

ーー渡辺さんのアルバムに対する気持ちはどういうものですか。

渡辺 : こういう曲をライヴでやりたいなとか、もっとキレイな曲がほしいなとか、そういう単純な理由だったりします。「景色を観てばっと浮かんだんですか?」とか言われるけど、全然違ったりします(笑)。
末光 : いろいろ言っているけど、全部あとづけな気がしますよ。そんなに考えてない(笑)。訊かれると考えて言うんだけど、本当は動いているだけってところが強いのかも。

ーー大元にあるは自分の音楽をしたいという欲求というか。

末光 : 音楽をやりたいっていうところからスタートしていて、その先にいろんな人に聴いてほしいっていうのが出てきくるんですよ。だから、聴かれたいから、というか、名声が欲しいからという部分が先にでてきたことはないと思うんですよね。要は売れてて有名なミュージシャンになりたいってことでしょう?

ーーまあ、そうですね。

末光 : そういうつもりで音楽をやってはいないので。
渡辺 : チヤホヤされたいとは思うんですけどね(笑)。
末光 : (笑)。もうちょっとシンプルに、音楽をしたいって気持ちがある。もちろん、考えることはたくさんありますけど。

ーー変な質問かもしれないけど、音楽をやりたいっていう好奇心に衰えはないですか。

末光 : ないですね。
渡辺 : ただ、歳をとるとなかなか新鮮な気持ちになれなくなって。いろんなことを知っちゃうからだと思うんですけどね。だから、大御所の方は休みの取り方だったり上手だなって。若い頃は突っ走るだけだったんですけど、リフレッシュすることを考えなきゃなって思ったりもします。

あれは僕の命だとか、そういうふうには思えなくて(末光)

ーーせっかくなので、お互い訊きたいことなどあったら質問していただければと思うのですが。

渡辺 : いまの話とも繋がるんですけど、(曲を作るのって)努力の仕方が難しいじゃないですか。一日ピアノの前に座っていてもなにもできないときもあるし、かといって、なにもしないで散歩したからってできるわけでもないし。僕が訊きたいのはそういうときになにしますっていうか。
末光 : いまおっしゃられたみたいに、僕はなにもしないで、音楽から遮断される時期って必要だと思っていて。そういう時期があると、それだけじゃ足りなくなって聴きたくなってくる。そのときにひたすら聴きまくるモードに入るみたいな。そのバランスの取り方じゃないですかね。あと、僕はあまり人の音楽は聴かなくて。J-POPもあまり聴かないし、音楽番組も見ないし、ライヴもいかない。特にピアノが出てくるものは。
渡辺 : クラシックは聴かれますか?
末光 : クラシックは聴くというより、弾くほうが多いので。ピアノニスとに対してはどうしても同族嫌悪があるから(笑)。

ーーそうなんですね(笑)。

末光 : やっぱりライバルというか、悔しいじゃないですか。自分にできないことを目の前でやられていると。早く帰って違う練習をしなきゃとか思うから、ライヴは絶えられないですよね。
渡辺 : それ、僕もあります。

ーーJ-POPを聴かないっていうのはどうしてなんですか。

末光 : 好きな物は別として、そうでないと思ったものは自分の中にいれたくない。
渡辺 : それって音楽的な理由だったりするんですか。
末光 : します。例えば、Gのコードに対して、メロディがミを弾いていたり。Gなのにミを弾いているのは大嫌いなんですよ。F/Gでミが出てくる分にはいいんですけど、それがいまはすごく多くて。音楽理論を無視してやっていることがよく働くこともあるんだけど、不愉快に感じることもあったりして。
渡辺 : ヒップホップとかはそういうのが多くて、それがおもしろかったりもするんですけどね。めちゃくちゃだけど、これは自分にはできないなって。中途半端なときはイラっとしたりもするんですけど(笑)。

ーー逆に、末光さんから質問はありますか。

末光 : 歌うときと、ピアノでメロディをやるときって意識が違いますか。
渡辺 : 違いますね。僕、ベンフォールズが大好きなので、歌うときは、アコギを弾くみたいに弾いちゃっていいんだと思って、こっちの方面いけるかもと始めた口なんで、意識が違うでしょうね。ジャンルの人によってはイヤがるけど、ピアノにエフェクトをかけちゃうとか、普通に新しい楽器とか機材を使うことはある意味健康的かなって。
末光 : ってことは、あまりピアノに愛着がない?
渡辺 : ないのか、どうなんですかね。
末光 : 僕、ないんですよ。楽器だから。ピアノはピアノとしか思えなくて、あれは僕の命だとか、そういうふうには思えなくて。これが壊れれば、次のを買えばいいって感じなの。

一同 : (笑)。

末光 : 好きだけど、自分を投影までしてないというか。一心同体じゃないの。そういうのはあるのかなって。だから平気で壊せるんですよね。
渡辺 : 昔、エルメート・パスコアールっていうブラジルの音楽家が、ライヴで靴を脱いでピアノに入れたりしててかっこいいと思ってマネしたらすごく怒られて。
末光 : レンタルのですか?
渡辺 : ライヴハウスにあるやつです。
末光 : それは怒られますよ(笑)。

ーーそうですよね(笑)。

末光 : ピアノを弾く人がどういうふうにピアノを捉えているか知りたかったんですよ。クラシックの人とかはすごく大切にするので。

ーーお互い音楽をしたいという欲求をストレートに表現している音楽家としての側面がみえて、貴重な対談になったと思います。お二人がどこかで共演されるのを楽しみにしています。本日はありがとうございました。

末光 & 渡辺 : ありがとうございました。

末光篤の過去作をチェック

Schroeder-Headzの過去作をチェック

LIVE INFORMATION

末光篤「色彩協奏曲」発売記念インストアイベント
2013年11月29日(金)@TOWER RECORDS 新宿店7Fイベントスペース

末光篤 a.k.a. SUEMITSU & THE SUEMITH 「Grind Piano Recital 013 ~ Colors Of Concerto」
2013年12月13日(金)@渋谷 duo MUSICEXCHANGE

PROFILE

末光 篤(スエミツ アツシ)

1971年6月4日生まれ 広島県出身 O型 名古屋音楽大学出身

2004年、高セールスを記録したディズニーのロック・カヴァー・アルバム『Mosh Pit on Disney』に参加したことが話題となり、翌年インディーズ・レーベルRhythm REPUBLICより、全曲英詞による1st アルバム『Man Here Plays Mean Piano』を発表。ピアノを叩き付けるような激しいプレイが話題となり、新しいピアノ・ロックのスタイルを確立した。2006年、キューンレコードと契約し、メジャー・デビュー。同年リリースされたデビュー・シングル『Sherbet Snow and the Airplane』がいきなり全国のFM / AMラジオ局およびCS音楽チャンネル合計24局にてパワープレイ及びヘビーローテーションを獲得、続く2ndシングル『Astaire』がTBS系ドラマ「花嫁は厄年ッ!」の主題歌に抜擢され、スマッシュ・ヒットとなる。2007年、4thシングル『Allegro Cantabile』がクラシックを題材にした人気アニメ「のだめカンタービレ」のオープニング・テーマに、続く5thシングル『Sagittarius』が同アニメのエンディング・テーマに抜擢され、オープニング、エンディングの両方を担当し、大きな話題となる。同年3月、メジャー1stアルバム『The Piano It's Me』をリリースし、オリコン初登場18位を記録。この年、リキッドルームにて初のワンマン・ライヴを行い、翌年3月には東京(赤坂BLITZ)、大阪(なんばHatch)、名古屋(CLUB Diamond Hall)の3都市にて、初のワンマン・ツアーを行う。2008年、ベストアルバム『Best Angle for the Pianist』を発表した後、プロデュースワークを中心に活動。2009年に木村カエラに楽曲提供した「Butterfly」が「ゼクシィ」のCMソングに起用され、400万ダウンロードを越える大ヒットを記録。2011年度のJASRAC賞「銀賞」を受賞した。他にも坂本真綾「eternal return」野宮真貴「私の知らない私」渡辺美里「世界中にKissの嵐を」等、多くのアーティストに楽曲提供をしている。2011年、およそ3年振りに本名の末光篤名義でアーティスト活動を再始動。先行配信シングル「Hello Hello」(詞 : いしわたり淳治)を皮切りに、第1弾ミニ・アルバム『Dear Grand Piano』をリリース。2012年、木村カエラに楽曲提供した「Butterfly」をセルフ・カヴァーし、シングルとして発表。4/4には昨年に引き続き、第2弾ミニ・アルバム『From Your Pianist』をリリース。プロデュース・ワークを含め、精力的に活動をしている。

OFFICIAL HP

Schroeder-Headz

クラブ・ジャズとオーガニック・グルーヴを繋ぐオルタナ・ピアノ・トリオ「シュローダーヘッズ」は DE DE MOUSE のライヴ・ キーボーディストとしも知られる渡辺シュンスケによるソロ・プロジェクト。Jazzの世界でよく見られる「ピアノトリオ」という、もっともシンプルかつベーシックなアンサンブル・スタイルを使い、ジャンルにカテゴライズされた、さまざまな音楽フォーマットの枠組から「抜け出してみたい」という試みの実験場。 それは「スマートネス」と「クレイジネス」が同居する新世代のハイブリッド・サウンド。サンプリングやプログラミングに支配された、インテリジェンス・ダンス・ミュージックを含む、現在のあらゆる音楽を、シンプルでスタンダードな「ピアノトリオ」という生のアンサンブルで翻訳~演奏することによって、逆に2010年代以降の近未来に、フレッシュな新しい音楽を響かせることができるのではないか? という思いからスタートしている。2010年にアルバム『ニューデイズ』でデビュー。最新作は、スヌーピーでお馴染みのコミック "PEANUTS"に登場するトイピアノを弾く男の子シュローダーとコラボしたカバー・ミニアルバム『ピアノ・ア・ラ・カルト・フィーチャリング・シュローダーヘッズ』(2011)。

OFFICIAL HP

o

 
 

インタヴュー

Summer Rocket、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信&メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年12月14日・新メンバーとともに7人のサマロケを作っていきたいーーSummer Rocket、1stアルバムを期間限定フリー配信 永原真夏&工藤歩里が楽曲プロデュースを務める、永遠の夏を歌うアイドル・グループ、Summer Rocketが待望の1stアルバムを完成させた。これまでにリリースされてきた4枚のシングルを再レコーディング、リマスタリングした楽曲に加え、初音源化となる「太陽のアリア」「ロードスター逃飛行」を収録した全10曲。発売日の12月25日に先駆け、OTOTOYでは同アルバムのmp3版を無料配信!! そしてメンバー4人へのインタヴューを実施。12月17日(日)には新宿LOFTにて3rdワンマン・ライヴ〈さよならセカイ〉を開催し、新メンバー3人を迎えることも決まっている激動のサマロケ・メンバーが何を考え活動しているのかに迫った。今のサマロケに注目してほしい!! サマーロケット、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信!!Summer Rocket / Summer Rocket(期間限定フリーパッケージ)【配信形態】mp3【配信価格】まとめ 0円(税込) 【Track List】1. 太陽のアリア2. Sum
by 西澤 裕郎
オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談
[CLOSEUP]・2017年12月08日・【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談 どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリースする。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTRO にて完全無料のライヴ開催も予定するなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。2回目は、どついたるねんの映像を撮り続けている梁井一と岩淵弘樹をお迎えしインタヴューを敢行。バンドとはなんなのか、そしてメンバーの脱退について彼らだから語れる話を訊いた。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2. おならぷーぷーセッショ
by 西澤 裕郎
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事