【集中連載】GANG PARADE Vol.7 アヤ・エイトプリンス「7人のメンバーが今でも最高だと思っている」

BiSやBiSHと同じ事務所WACKに所属する7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人体制での初アルバムをリリース、恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴも超満員の中大成功させた。2018年2月から全国8カ所ツアー、2月20日にアヤ含む7人体制ラストシングルのリリース、2月23日にはマイナビBLITZ赤坂でツアー・ファイナルを控えている。そして、3月3日でレンタルトレードが終了、3月4日に両国国技館で開催されるBiSのワンマン〈BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??〉内でトレード終了式が行われる。そんな激動の最中にいるGANG PARADEの個別インタヴューを掲載。第7回は、アヤ・エイトプリンスが登場。

アヤ含む7人体制ラストシングルをハイレゾ配信

GANG PARADE / BREAKING THE ROAD

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)(32bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 201円(税込) / アルバム 400円(税込)

【Track List】
1. BREAKING THE ROAD
(作詞 : JxSxK×松隈ケンタ / 作曲 : 松隈ケンタ)
2. とろいくらうに食べたい
(作詞・作曲 : ヨウタ颶風(ハリケーン))

※まとめ購入でWEBブックレットがついてきます。


GANG PARADE『BREAKING THE ROAD』MUSIC VIDEO


INTERVIEW : アヤ・エイトプリンス

インタヴュー内で、アヤ・エイトプリンスは「ギャンパレになれたことが、人生の中で誇りになると思っています」と語った。2017年5月にBiSからGANG PARADEにレンタルトレードされて加入したアヤは、当初予定されていた9月までの期間内では同じ発言は本心でできなかったという。しかしトレードの期間が延期され、BiSとの2マンツアーを行い、ギャンパレメンバーと自分自身に向かい合うことによって、身も心もギャンパレになったという。そこから再びBiSに戻ることとなったアヤへの、ギャンパレメンバーとして最後のインタヴューを行なった。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : Jumpei Yamada
編集補助 : 岡本貴之

まだいけるし、終わりはない

──3月3日をもって、アヤさんはギャンパレでの活動期間が終了し、BiSに戻ることになっています。「ギャンパレとBiS、両方のよさや好きなところを知っているから両方好きだ」というアヤさんの発言を聞いて、他のメンバーはアヤさんがどう想っているのか腑に落ちたということを言っていました。

アヤ・エイトプリンス(以下、アヤ) : 2017年12月頃、渡辺(淳之介)さんに呼び出されて「おまえはどうしたい?」って訊かれたんですけど、そのときは「わからない」って答えたんです。その3日後の〈WACKのフェス。〉でレンタルトレードの終了が発表されたんですけど、それでも私はどうしたいのかずっと考えていて。でもやっぱり、どっちにも決められませんでした。周りの人や、WACK総選挙のニコ生でも問われたんですけど、自分の気持ちがわからなかったから、正直「問わないでくれ」と思っていて。自分でももどかしかったし、はっきりできない自分がすごく嫌だったんです。お正月くらいに「どっちにも思い入れがあって、どっちも好きだから決められない」っていう気持ちがまとまって。ちょっと時間が経ってしまったんですけど、メンバーには1月中旬くらいにツアー前に話しました。

──それを話したときのメンバーの雰囲気はどんな感じでした。

アヤ : ツアー前の話し合いで、私が何を考えているのかわかったから、みんな腑に落ちてくれたというか。モヤモヤしていた部分がなくなって、今の7人で最後までやっていこうってなれたのかなと思います。

──そもそも自分の考えをしっかりしゃべれるようになりましたもんね。

アヤ : 誰がですか?

──いや、アヤさんが。

アヤ : 本当ですよね!? 私、最初のインタヴューのときヤバくなかったですか? あはははは(笑)。私も今、スラスラ言葉が出てくるなって思いました(笑)。

──(笑)。現在行なっている全国ワンマンツアー〈BREAKING THE ROAD TOUR〉はどういう気持ちで臨んでいますか?

アヤ : 最後のツアーだってことはわかっていたんですけど、最初の仙台公演のときは実感が湧かなくて、さみしさはなかったんです。でも「ギャンパレのアヤちゃんに会えるのは今日で最後なんだ」って言ってくれるお客さんに会ったり、メンバーのMCを聞いたりする中で、「Beyond the Mountain」とか「UNIT」とかをあと片手で数えるくらいしか歌えないんだなと思って。うん…… さみしくなりました。

──お客さんの声を聞いたり、自分が歌っているときに段々実感が湧いてきたんですね。ライヴの手応えはどうですか?

アヤ : 今までで1番団結しています。その上で高みを目指している状態なのかなって。今までは、勢いで「ガーン! ギャンパレだー!」みたいな感じで(笑)。今回は勢いで行く系のセトリが少なくて、結構しっとりした曲が多かったり真逆の雰囲気曲が続くような曲の切り替えが激しいセトリになっている。なので、魅せ方や、1曲1曲で自分たちの気持ちの切り替えをできるようにしながらやっています。

──それはツアーの中で成長していっていると。

アヤ : そうですね。ライヴをしながら、みんなで反省会というか「こうした方がいい」って話し合いはしていて。それでいろんな部分が改善されています。他のメンバーも言っていたと思うんですけど、まだいけるし、終わりはないと思うんです。私にとって最後ツアーっていうのもあるんですけど、それも関係なしに1人1人が見せ方とかを工夫して、もっとカッコよく見せられたらいいなと思っています。

今私はGANG PARADEでしかない

──アヤさんがいる7人体制のラスト・シングル『BREAKING THE ROAD』について訊きたいんですけど、「BREAKING THE ROAD」はどんな気持ちで歌いましたか。


GANG PARADE『BREAKING THE ROAD』MUSIC VIDEO

アヤ : 曲をもらった瞬間、すごく素敵な歌詞だなと思って。Bメロに〈形違えど WE ARE THE ONE 見てるもの一緒!!〉っていう歌詞があるんですけど、本当に色んな意味に捉えられると思って。例えば、この7人の形は違うけど見ているものは一緒なんだって。サキさんが戻ってきたからのギャンパレが歌ってもそこはハマると思うし、BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiREも形は違えど見ているものは一緒とも捉えられる歌詞だなって。素敵な曲です。

──やっぱり、気持ちが入りますか?

アヤ : そうですね。マイナビBLITZ赤坂でのワンマンで歌ったら泣いてしまいそうです。

──対照的に「とろいくらうに食べたい」はどういう気持ちで歌っていますか?


GANG PARADE「とろいくらうに食べたい(SUSHI SONG)」MUSIC VIDEO

アヤ : とろいくら… う~ん。バズらせたいですね!! これを機にギャンパレが日本中だけでなく世界に知れ渡るようにしたい。たくさんの人に聴いてもらって、ギャンパレが少しでも気になるって思ってもらえる歌になっているかなって。

──考えたらBiS時代よりもギャンパレ時代の方が活動期間が長いんですもんね。

アヤ : 長いです。BiSに入って7ヶ月、ギャンパレは10ヶ月ですから。

──アヤさんの中でバランス感覚ってどうなんですか? もともとBiSに入りながらも、ギャンパレの方が活動期間が長いっていうのは。

アヤ : バランス感覚で言えば、完全に今私はGANG PARADEでしかないと思っていて。私は過去のことを忘れてしまうタイプなんです。BiS時代、つらかったことも多かったんですけど、覚えてないことも多々あって(笑)。しっかりしてなかったというのもあるんですけど、バランス感覚で言うとBiSがすごく昔に感じます。もう、“ギャンパレでしかない”(笑)。だから困っています。これからの切り替えが。

──本当は9月までの期間限定トレードだったんですよね。でも、そのときは“ギャンパレでしかない”とは言えなかったですよね。

アヤ : もともと私はBiSのメンバーだったから、パン(・ルナリーフィ)ともも(らんど)とかが入って形が変わって行くBiSを見て、ちょっとさみしさを感じたりしていたんです。それも吹っ飛ぶくらい今はギャンパレが大好きです。逆にBiSに戻って、私が今以上の気持ちになれるかなって。なれるように頑張るつもりですけど、「これ以上があるのかな」って思ってしまう、今は。

──どのあたりの時期で、“私はギャンパレでしかない”っていう自信がついたんでしょうね。

アヤ : いくつかポイントはあるんですけど、BiSとのツーマン・ツアーが大きかったと思います。それまでBiSとは対バンでしか会っていなくて、会うとすごくライバル視していたというか、不思議な気持ちだった。さみしい気持ちもあり、「絶対負けねえ」みたいな気持ちもあって。でも、BiSのツーマンを経てから、本当にギャンパレになれたと思うんですよ。BiSへの執着心というか気持ちがどんどんなくなった。「BiSは今の7人がいいじゃん」って思えるようになったし、逆に「今のギャンパレがよくない?」って思えるようになれた。それは、メンバー同士で真正面から色んな話をしてきたからかなと思います。正直に言いあえる関係になれた。

──最初はメンバー同士、ちょっと気を遣いあっていたんですか。

アヤ : こう見えて、あまり心を開けないタイプというか。人見知りな部分もあるので、移籍してきてすぐにいきなり馴染むことがなかなかできなかった。本当の意味で馴染むことができていなかったのかなって。

──時間をかけて信頼関係を築き、心と心で会話できるようになって、「自分はギャンパレのメンバーなんだ」と思えるようになったわけですね。なかなかそういう場ってないじゃないですか? 誰にでもできることじゃないし。

アヤ : それは本当にそう思っていて。人と人がぶつかることもそうですし、メンバーとと1つになることはなかなかできないことだと思っていて。だから、7人のメンバーが今でも最高だと思っているし…… さみしいです! あはははは!

笑顔でいたいんですけど、たぶん無理です

──ギャンパでの残りのライヴも数えるくらいになってきました。「もうあと何回しかできない」さみしさもありつつ、目の前のことを全力でやっている感じですか。

アヤ : 今私ができることすべてと、みんなができるすべてを、最後の最後までやっていこうと思っています。その上で「アヤのいたギャンパレの時代が1番よかったんじゃない?」って言われるような終わり方をしたいです。

──マイナビBLITZ赤坂は、どんなライヴにしたいですか?

アヤ : マイナビBLITZ赤坂という会場でのワンマンはBiS時代にもやったことがなくて。純粋にBLITZでワンマンをできることが嬉しい。自分のギャンパレとして最後のワンマン・ライヴということもあるので、とにかく最高に楽しい日にしたいです。今までツアーをしてきた中でも1番よかったって言える日にしたいし、私はBiSに行きますけど「BiSよりギャンパレの方がいいじゃん、きてんじゃん! このまま行っちゃえ!」っていうくらいのものを見せたいです。そうですね……“マイナビBLITZ赤坂で死ぬ”。

──マイナビBLITZ赤坂で死ぬ!? アヤ・エイトプリンスが?

アヤ : いや、全員が(笑)。ギャンパレ・メンバー全員がマイナビBLITZ赤坂で死ぬくらい、全力でやりたい。

──それくらいやり切ってくれたら、メンバーも見ている人たちも「やり切ったな」って思えますよね。

アヤ : 正直、みんながこんなに悲しんでくれるなんて思っていなくて。ファンの人もそうだし、メンバーもそうだし。だから、それが素直に嬉しくて。そんな人たちに巡りあえてよかったです。(涙声で)ギャンパレになれたことが、人生の中で誇りになると思っています。これからBiSに戻ってから、そんなこと思えないかもしれないって考えちゃいます。BiSでもそうなれるようにがんばりますけど。

──それくらいギャンパレ・メンバーと濃い時間を過ごしてきて、それが本当の気持ちなんでしょうね。

アヤ : はい。私は笑顔でいたいんですけど、たぶん無理です。マイナビBLITZ赤坂は無理です。泣いてしまうと思います。すいません! あははははは(泣笑)。

これまでの記事もチェックしておこう!!

アヤ含む7人体制のGANG PARADE現在、ラストソロ・インタヴュー



>>Vol.1 ココ・パーティン・ココ「みんなは1人のために 、1人はみんなのために」



>>Vol.2 ユイ・ガ・ドクソン「今を全力で生きたい」



>>Vol.3 テラシマユウカ「自分でも想像できないところまで行きたい」



>>Vol.4 キャン・マイカ「やってやるぞ!! 感のある気持ちを多く出したい」



>>Vol.5 ヤママチミキ「お客さんの想像を超えたありえない位置に行きたい」



>>Vol.6 ユメノユア「今までで1番よかったと思えるライヴにしないと意味がない」
GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る



>>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら
>>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・中編はこちら
>>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・後編はこちら

GANG PARADEの音源をまとめてチェック!!

アヤ含む7人体制初アルバムをハイレゾ配信中

GANG PARADE / GANG PARADE takes themselves higher!!

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz)(32bit/48kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / アルバム 2,000円(税込)

【Track List】
1. イミナイウタ (作詞 : 松隈ケンタ×竜宮寺育 / 作曲 : 松隈ケンタ)
2. GANG PARADE (作詞 : GANG PARADE!!×松隈ケンタ×JxSxK / 作曲 : 松隈ケンタ)
3. Are you kidding? (作詞 : テラシマユウカ / 作曲 : oki you-oh)
4. 普通の日常 (作詞 : 竜宮寺育 / 作曲 : ユメノユア)
5. FOUL (作詞 : GANG PARADE!! / 作曲 : 松隈ケンタ)
6. I need you I love you I want you (作詞 : テラシマユウカ / 作曲 : 松隈ケンタ)
7. Plastic 2 Mercy (作詞 : プラニメ / 作曲 : 松隈ケンタ)
8. TIE (作詞 : ユイ・ガ・ドクソン / 作曲 : some)
9. Beyond the Mountain (作詞 : GANG PARADE!! × 松隈ケンタ × JxSxK / 作曲 : 松隈ケンタ)
10. CAR RADIO (作詞 : 松隈ケンタ×JxSxK / 作曲 : 松隈ケンタ)



GANG PARADE『GANG PARADE』MUSIC VIDEO


GANG PARADE、アヤ含む7人体制初シングルを配信中

GANG PARADE / Beyond the Mountain

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 901円(税込)

【Track List】
1. Beyond the Mountain
2. ペニンシュラ
3. Happy Lucky Kirakira Lucky(2017ver.)※TypeA-のみ収録
3. QUEEN OF POP(2017ver.)※Type-Bのみ収録
4. Beyond the Mountain(inst)
5. ペニンシュラ(inst)



GANG PARADE「Beyond the Mountain」MUSIC VIDEO


GANG PARADE、現体制2ndシングルを配信スタート

GANG PARADE / FOUL

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. FOUL
2. Close your eyes
3. FOUL(inst)
4. Close your eyes(inst)



GANG PARADE「FOUL」MUSIC VIDEO


GANG PARADE改名後、初アルバムをハイレゾ配信中

GANG PARADE / Barely Last

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 2,000円(税込)

【Track List】
1. sugar
2. crazy night
3. Barely Last
4. don't forget me not
5. ISSIN ITTAI
6. QUEEN OF POP
7. テヲノバス
8. this is love song
9. WE ARE the IDOL
10. Happy Lucky Kirakira Lucky

GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!

GANG PARADE / WE ARE the IDOL

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. WE ARE the IDOL
2. これはきっとaventure
3. WE ARE the IDOL(inst)
4. これはきっとaventure(inst)


GANG PARADE「WE ARE the IDOL」MUSIC VIDEO


POPの2ndシングルを配信スタート!

POP / QUEEN OF POP

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. QUEEN OF POP
2. 走る!!
3. QUEEN OF POP(inst)
4. 走る!!(inst)


POP「QUEEN OF POP」MUSIC VIDEO


POPの1stシングルを配信スタート!

POP / Happy Lucky Kirakira Lucky

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 800円

【Track List】
1. Happy Lucky Kirakira Lucky
2. Alarm
3. Happy Lucky Kirakira Lucky(inst)
4. Alarm(inst)

POP-Period Of Plastic2Mercy-の1stアルバム、堂々のリリース!!

POP / P.O.P

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 2,000円

【Track List】
1. Plastic 2 mercy(POP ver.)
2. pretty pretty good
3. fly away
4. who am I ?
5. UNIT(POP ver.)
6. NEON
7. Lonely lonely lonely
8. 3rd FLOOR BOYFRIEND
9. Daydream
10. Letter


POP「pretty pretty good」PV


プラニメ時代のシングルもチェック!!

>>>カミヤサキ(プラニメ)へのインタビューはこちら
>>>ミズタマリ(プラニメ)へのインタビューはこちら

PROFILE

GANG PARADE

2014年にプラニメとして活動開始。2015年、カミヤサキを中心にイヌカイマアヤ、ヤママチミキ、シグサワアオ、ユメノユアの4名を新メンバーとして迎え、ユニット名をプラニメから“POP”(ピーオーピー)に改名。ロック色の強かったプラニメ時代の楽曲から、POPとしての活動を経てアイドル然とした楽曲へと路線を変更。2016年6月、グループ名をGANG PARADEに再度改名。バリエーションに富んだ活動を行う。

GANG PARADE Official HP

 
 

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回
[CLOSEUP]・2018年06月19日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回──Jorja Smith 『Lost & Found』 今年もあっという間に折り返しの6月! 梅雨入りの日本列島ですが激しい寒暖差に体調を崩しがちな今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 先月の特集では、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化について紹介しました。今月は新たにUKから現れた、現在21歳のR&Bシンガー、ジョルジャ・スミスをピックアップ。ビック・アーティストたちからも多くの賛辞を浴びる彼女の待望となるデビュー作に迫ります! 8月にはサマソニにて来日も控えてますよ〜! >>先月号、第16回(2018年5月)はこちら 今月ピックアップ! UKから現れた新たなR&Bの新星によるデビュー作!Jorja Smith / Lost & Found'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,543円(税込)【収録曲】''01. Lost & Found02. Teenage Fantasy03. Where Di
by 斎井 直史
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ──【第15回】iFi audio「xDSD」
[TECH]・2018年06月18日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第15回】iFi audio「xDSD」 現代の音楽視聴環境に寄り添うポータブル・デバイス 音楽の世界では近年、ストリーミング・サービスの成長がめざましい。2017年にはストリーミングは全世界で40%の売り上げ増を記録。日本でも売り上げは20%増となっている。Apple MusicやSpotifyなどで曲を検索して、すぐに聴くというライフ・スタイルが日常的になっている読者も少なくないことだろう。OTOTOYは音楽のダウンロード販売のサイトだが、実はサービスの中にストリーミングに近いものを含んでいる。iOSやアンドロイド用のOTOTOYアプリを利用してもらうと、OTOTOYで過去に購入した楽曲やフリーダウンロードの曲をすぐに聴くことができる。スマートフォンの中にファイルを持ち歩かなくても、いつでも思い出したときに聴けるのだ。 ●OTOTOYアプリ App storeからのDLはこちら ●OTOTOYアプリ Google PlayからのDLはこちら さらに、今年始めにスタートした「Collections」のサービスではPC上にOTO
by Reviewed by Kentaro Takahashi
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (後編)
[CLOSEUP]・2018年06月15日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【後編】忌野清志郎にとって激動期となった80年代後半から、〈東芝EMI〉の宣伝担当として音楽業界へと足を踏み入れた高橋 Rock Me Babyさん。現在でも語り草となっている、THE TIMERS(ザ・タイマーズ)が地上波テレビ番組生放送で起こした「FM東京事件」では、スタジオでその一部始終を目撃している。インタビュー後編では、事件の前後に起こっていたこと、そして後に清志郎が行ったゲリラ・ライヴについて。また、「清志郎さんの音楽は、あくまでも娯楽だから後々にも残る音楽になってる」という高橋さんに、好きな清志郎楽曲3曲と1枚のアルバムについて、その魅力を存分に語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys もしかしたら「これはチャンスだ」と思ったのかも──
by 岡本 貴之
【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年06月04日・【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信
by 西澤 裕郎
【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来
[GANGPARADE]・2018年06月05日・【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来>>短期連載2/3「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートG
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)
・2018年06月01日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【前編】忌野清志郎の長きにわたる活動の中で、この連載でも度々話題に上る作品が『COVERS』(1988年8月15日)だ。RCサクセションによるはじめての洋楽カヴァー・アルバムとなったこの作品は、その内容と発売をめぐり社会的な騒動へと発展した。今回ご登場いただく高橋 Rock Me Babyさんは、当時のRCサクセションの所属レコード会社〈東芝EMI〉の宣伝担当として、まさに騒動の渦中に身を投じた人物だ。『COVERS』騒動、『コブラの悩み』、そしてさらに騒動を巻き起こすTHE TIMERS(ザ・タイマーズ)の出現。あの時あの瞬間、本当は何があったのか? そのとき忌野清志郎はなにを思っていたのか? 前後編にわたりじっくり読んでほしい。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Ba
by 岡本 貴之
【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年05月25日・【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 201円(税込) / アルバム 800円(税込)【Track List】1.
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)
・2018年05月18日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第8回》高橋靖子 INTERVIEW : 高橋靖子(フリー・スタイリスト)忌野清志郎といえば、ステージやテレビ番組、CM出演時のド派手なファッションがすぐに目に浮かぶ。そんな清志郎の衣装スタイリングを手掛けた中のひとりが、今回ご登場いただく高橋靖子さんだ。1960年代からフリーランスで活動をはじめ、日本のスタイリストの草分け的存在として、デヴィッド・ボウイら数々のロック・アーティストのステージ衣装のスタイリングを手掛けてきた“ヤッコさん”こと高橋さんから見た普段の忌野清志郎は、とてもシャイで純粋な人物だったようだ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎さんはとてもシャイな方でした──高橋さんはみなさんに「ヤッコさん」と呼ばれていらっしゃるそうですが、私たちもヤッコさんと呼ばせていただいていいですか? 高橋 : もちろんです、そうしてもらった方がうれしい(笑)。 ──ありがとうございます! では最初にご紹介させていただきますが、ヤッコさんは
by 岡本 貴之