【WiLL ソロ企画】第2弾、凪原亜季が日本酒を呑みながら、酒豪のグラドル、病ンドルと女子会をしてきた

左から、凪原亜季、陽菜菜々羽、廣瀬聡子

「クール&ビューティー」をテーマに掲げ、2016年6月にデビューを果たしたガールズ・グループ、WiLL。ダンス・ミュージックをメインにした多彩な楽曲と切れのあるダンスが耳の早いリスナーの注目を集め、地方や台湾といった海外でのロック・イベントに呼ばれるなどアイドルという垣根を超えて活動中だ。12月8日にはTSUTAYA O-WESTで1stワンマンを行うことを発表している彼女たち。OTOTOYでは3ヶ月に渡りWiLLに迫る特集を展開。メンバー4人のソロ企画を4回に渡り掲載していく。第2弾はグループ1の酒豪・凪原亜季が、グラビア・アイドルの廣瀬聡子、病ンドルの陽菜菜々羽とともにお酒を飲みながら行った鼎談を掲載。凪原のWiLLにかける熱い想いをぜひお読みください。

WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第2弾音源を配信開始

OTOTOY独占ハイレゾ配信スタート

WiLL / fallin’(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込)

>>「fallin’」のフリー・ダウンロード(mp3)はこちら

記念すべき初ワンマンをO-WESTにて開催

WiLL 1stワンマン・ライヴ「Will Grab Dream」
2016年12月8日(木)@TSUTAYA O-WEST
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
料金 : ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(DRINK別)

INTERVIEW : 凪原亜季 × 廣瀬聡子 × 陽菜菜々羽

今回のソロ企画に登場するWiLLの凪原亜季は、とにかくお酒が好きだという。どれくらいかといえば、水鉄砲に入れた焼酎をファンの口に注ぎこんでしまうくらいお酒を愛している。そこで今回、凪原と同じくお酒を愛してやまないグラビア・アイドルの廣瀬聡子、病ンドルの陽菜菜々羽を迎え、日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET 新宿店」で女子会を行った。なんとこのお店、入店料3,000円を払えば店内にある日本酒はすべて飲み比べし放題、まさに3人にとっては夢のようなお店なのだ。まったく休む暇もなく飲み続けた彼女たちの対話。途中で凪原がアイドルをはじめた経緯や想いが飛び出すなど、本音で語られた約2時間。もし可能であればお酒片手にお読みください。

取材&文 : 西澤裕郎

酒飲みが酒を飲めなくなったときが死ぬときだ

ーー3人ともお酒は強いんですか?

凪原亜季(以下、凪原) : 弱い…。

陽菜菜々羽(以下、陽菜) : えっ、今の発言はやばいでしょ(笑)。

凪原 : 弱いけど好きなんです!! 酔うのは速いよめっちゃ!

最初に3種類の大きさの酒器から好きなものを選んでもらったところ全員迷わず升を選びました。

100種類以上の日本酒から好きなお酒を飲み放題です。

左から、廣瀬聡子、凪原亜季、陽菜菜々羽。一覧表を観ながら何を飲もうか相談中。

ーー酔っ払いすぎる前に、お2人の自己紹介してもらってもいいですか?

陽菜 : 病ンドルっていうアイドルをやっています! 白色担当で、永遠の32歳、バツイチ子持ち! 生粋の酒やけアイドル、はるにゃんこと陽菜菜々羽です。

廣瀬聡子(以下、廣瀬) : 廣瀬聡子です。グラビアアイドルをやっています。今はTBSの「有吉ジャポン」っていう番組の企画で宇田川カフェスペイン坂の店長やってまーす。

ーー3人は、お酒の中では何が好きなんですか?

凪原 : 日本酒!

陽菜 : 獺祭!

廣瀬 : 獺祭おいしいよね!

凪原 : 獺祭は好きじゃない。もっと辛いのがいい。聡子はテキーラでしょ。

廣瀬 : やめて、あおらないで(笑)。ワインが1番好きだから。

凪原 : さっきすぐテキーラあるじゃーんって騒いでたじゃん(笑)。

ーー(笑)。廣瀬さんは企画で50人の女の子の中を勝ち抜いて店長になられたわけですけど、相当な努力を積んでここまで来られたんじゃないですか?

廣瀬 : 私、流されるままに生きてきたんです。やりたいこととかは特にないし、目標もないし。テレビ出る? あーじゃあ出てみます! で受かっちゃった(笑)。

辛口が好きという凪原さん。自分で注ぎます。

ーーでも、チャンスをものにしてるわけですよね。

廣瀬 : よく言えば…。

凪原 : 幸せなのかい?

廣瀬 : わかんない…。

凪原 : 幸せになろうね。

廣瀬 : なりたーい。

ーー(笑)。陽菜さんが所属している病ンドルはどのようなアイドルなんですか?

陽菜 : 病んでいるアイドルです。

凪原 : でも、ここにいる人全員病んでいるから。

廣瀬 : 病んでないよー! 普通。

凪原 : 虚無! 虚無!

陽菜 : まじ無。でも酒飲んでるとき幸せだよね。

凪原 : それな! 聡子、お酒持ってくる?

ーー飲んでもらって大丈夫ですよ(笑)。

凪原 : 酒と酒との勝負や!!

(それぞれ日本酒を升にいれて戻って来る)

廣瀬 : 何飲んでるの?

凪原 : 正宗!

ーーいつも凪原さんは飲む時こんなにテンション高いんですか?

廣瀬 : 私は人見知りなので、酔っ払ってからしか会ってないんですけど、いつもこうです(笑)。

陽菜 : 酒めっちゃ飲む子って人見知りの人多くない? 私も酒を飲まないと先輩とかとは話せないんだよね。

凪原 : 酒飲んで先輩ってイヤじゃない? 絶対喧嘩する。

陽菜 : 普段言えないこととかも、めっちゃSHOWROOMで言うもん。

廣瀬 : 酔っ払ってSHOWROOMしてるの(笑)?

陽菜 : 泣き上戸だから(笑)。

凪原 : めんどくさ!!

廣瀬 : 私も初めてSHOWROOMやった時、ワイン2本開けて記憶がない(笑)。

廣瀬さん、一番ペースが早く、1時間経たずして5杯目。

ーーあははは。緊張を和らげるためにお酒を飲んでいるところもあるんですか?

凪原 : はい。本当は酒飲んでライヴに出たいくらいです(笑)。

ーーお酒は相棒って感じ?

凪原 : 恋人!

陽菜 : 酒と金は裏切らないからね。

廣瀬 : 病んでるなー!

凪原 : こいつ(廣瀬)、こんなこと言ってるけど、酔ったら1番破天荒だから! 前に飲んだとき看板を持ってきちゃったんです。

廣瀬 : 看板じゃない!! パイロン!

寒梅が好きだと目をギラつかせる凪原さん。

ーーあはははは。この対談、全然使えない気がしてきた(笑)。

凪原 : お酒を飲みすぎると、プロデューサーや事務所だけじゃなくて、ファンにも怒られるんです。前の事務所のときは「他のメンバーにお前が迷惑かけてるんだよ」ってことも超言われたし。上の偉い人にも怒られたから、今だけちょっと大人しくしているけど、私は偉そうなこと言われたくないから、偉くなったら暴れる!

ーー暴れる! って(笑)。お酒を飲んでダメだって言われている反面、お酒がキャラクターになっている部分もあるわけじゃないですか。今回の企画もそうだし。

凪原 : ネタになってますからね。

陽菜 : 実は私もファンに禁酒しろって言われて今禁酒中なんですよ。でも今日仕事だから、どうしても飲まないといけないから、めっちゃ飲みます(笑)!

ーーお酒を飲むのはどれくらいぶりですか?

陽菜 : めっちゃ久しぶり。どんなに飲み会あってもずっとオレンジジュースを飲んでいたんですよ。だから1ヶ月ぶりくらいかな。いや、1ヶ月も経っていない(笑)。

ーーあははは。凪原さんは、もともとお酒飲みの家系なんですかね。

凪原 : うちのおじいちゃんはガンで死んだんですけど、倒れて救急車で運ばれる5分前までお酒を飲んでいて「酒飲みが酒を飲めなくなったときが死ぬときだ」って名言を残したんですけど、入院してお酒を飲めなくなったら本当にすぐ死んじゃった。だから私は死ぬまで飲む!!

(話を聞きながら、机の上のゴミを片付けて整頓する廣瀬)

陽菜 : さっきから、めっちゃ気が利く子っ!!

いい感じに酔っ払ってきました。左から、凪原さん、陽菜さん

ーー陽菜さんも病んでいる感じが全然しないような気が(笑)。

凪原 : 「病ンドルなのに病んでない」って言われることを超悩んでるよね(笑)。

ーーすいません。。

陽菜 : 最低限、アイドルとして芸能としての常識がなかったらやれないじゃないですか? そんな中で「俺の方が病んでる」とか言われたら「知ってるわー」ってなりますよね。病んでなかったらここに来ないでしょって思う。病んでるからアイドルに癒やし求めに来てるんでしょって。

凪原 : 誰だって病むよね。

陽菜 : そう、みんなが病むのと同じなんだよね。みんなに近い存在だし、それでもアイドルをやってますよっていうのがうちのグループだから理解してほしい。

ーー先ほどから廣瀬さんは酔っ払っているように見えないですね。

凪原 : こいつ、エンジンかかったらこんなもんじゃないですから。100か0しかない(笑)。酔っ払ってパイロン持ってきて「ただいま」って感じで。

酔っ払って起きたら血だらけみたいな(笑)

ーーあははは。いちおテーマとして、仕事に対する姿勢を話してもらいたいなと思うんですけど…。

陽菜 : 熱いことならいくらでも語れますよ。亜季ちゃんと飲む時は、だいたい仕事のことを話すんですよ。どうやったらファンがつくだろうとか、メンバー同士でこうだとか、お互いの悩みとか、自分のグループがどうだとか話します。

ーー陽菜さんが覚えている凪原さんの印象的な話ってありますか?

陽菜 : 私も酔っ払っているからあまり覚えてないんですけど(笑)、ファンのことがめっちゃ好きなんだなって思います。ファンへの愛がすごいんですよ。あと言葉の発信力がすごい。私は語彙力がないから何か伝えたいと思っても上手く伝えられないけど、亜季ちゃんが言う一言一言はファンに伝わっているから尊敬してます。

ーー陽菜さんが活動してる中で大切にしてることってどんなことですか?

陽菜 : なんだろう。みんなから、もっと信じてってことを言われてよく怒られるんです。私、人間不信担当なんですけど、実際にあまり人のことが信じられなくて。でも自分を応援してくれている人のことは信じたいなと思っているんです。いま、SHOWROOMで1位を狙っているんですけど、自分がファンのことを信じれなかったら勝てないし、亜季ちゃんは絶対にファンのことが1番っていうか、こいつらいるから絶対大丈夫だろうっていう姿勢をもっているから、めっちゃリスペクトしてます。

凪原 : 私のいい話、言って!

陽菜 : 言ったよ(笑)。

一向に酔う気配のない廣瀬さん。

ーーあははは。すごいファンを大切にしてるって言ってましたよ。

凪原 : そりゃ大切ですよ! そうだ、こいつ(廣瀬)の新しいDVDやばいんだよ。

廣瀬 : まだ酔ってないからやめてくれよー!

凪原 : ヌーブラがチャームポイントなんでしょ!

陽菜 : は?

廣瀬 : は?

凪原 : は? じゃねえーよ!

廣瀬 : 私、シラフのときは常識人だからね。

ーー廣瀬さんは、さっきからずっとテーブルを綺麗に整えてくれていますよね。

凪原 : アピール、アピール!! 大体そういうことしたり、サラダ取り分けたり、レモンを絞ったりする女は性格が悪い!

陽菜 : (廣瀬は)気を遣えるし、美人だし、巨乳だし、なんなんだよー! … でも今度飲みに行こうね!

ーー(笑)。廣瀬さんは、どういうときにお酒を飲みに行くんですか?

廣瀬 : 普段たまったストレスをお酒を飲んで酔っ払ってなかったことにするときですね(笑)。

陽菜 : あるよねー。

凪原 : でも、なかったことにしようとすると傷が増えるの。

廣瀬 : 私、大怪我した時あるもん。酔っ払って起きたら血だらけみたいな(笑)。

陽菜 : まじで!? なんで怪我したの?

廣瀬 : 走って転んで。

陽菜 : ああ、痛そう。… 私もこんだけ酔っ払ったらファンに怒られるなあ…。お前禁酒するって約束しただろうって。

ーーまあ、仕事ですからね。

陽菜 : 確かに! 仕事でこれだけ飲めるとか最高じゃない?

ーー仕事だからいいこと言ってください(笑)。

陽菜 : ファン大好き!

胸のさわりあいをしはじめました。

ーーあははは。廣瀬さんは、2人で飲む時はそれぞれの仕事の話とかするんですか?

廣瀬 : しないですね。

凪原 : ここにいつも佐倉仁菜っていう子がいて3人なんですけど、仕事の話したことないよね。グラビアで賞をとっておめでとうとかはあるけど基本はしない。

もともと芸能はやっていたんですけど、あえてアイドルにならなかったんです

ーーぶっちゃけ、凪原さんはWiLLを辞めようとか思ったことはあります?

凪原 : いや、辞めないですよ。ここで辞めたら私の人生が終わるから。

ーーここが最後の気持ちでやっている?

凪原 : そうです。そもそも私、孤独死を覚悟していますから。結婚して幸せとか、ちっちゃい頃誰もが見る夢を一度も思ったことがなくて、私は偉くなりたい。偉くなって、みんなが笑ってたらそれでいい。親孝行がしたいんです。

ーーどうして凪原さんはアイドルになったんですか?

凪原 : もともと芸能はやっていたんですけど、あえてアイドルにならなかったんです。お母さんが男の子のアイドル・グループをめっちゃ好きだったんですよ。漫画みたいな話で、お母さんがアイドルにはまりだした時に、うちのお父さんが保証人にされていきなり多額の借金を背負って。家の家具とかが全部なくなって、お母さんも鬱病になっちゃったんです。それで、お母さんもお父さんも朝から晩まで働いていたから、中学校に入るまで親と一緒にいたことがなかったし、お母さんから「今死ねって言ったでしょ」って言われて一晩中押入れに閉じ込められたりもしたし。今でいったら虐待かもしれないけど、お母さんがアイドル・グループを見る時だけ「一緒に行こう」って誘ってくれて。子どもだからお母さん好きだし嬉しいから一緒に行って、アイドルに入りたいと思ったんです。お母さんもそういうのが好きだからやってほしいって言ってくれつつ、普通の生活もしてほしいって気持ちもあったみたいで、その板挟みでした。だから簡単にはやれなかった。

ーーアイドルをやることは、覚悟がいることだったわけですね。

凪原 : それで覚悟を決めてお父さんにも「やります」って言った時に、1回でもいいから就職して1年間家にお金を入れろって言われて、1回契約社員になって、20か21の時かな、お金を入れ続けて前のグループに入ったんです。

ーーそんな条件の中でやっていたんですね。今すぐにでもくじけてしまいそうな環境の中で明るくいられたのはなんでだったんでしょう。

凪原 : 正直、高校生くらいまで親のせいでこんな人生になったと思っていたから、絶対許さないし、口もききたくないと思ってました。でも親も人だから気づいて途中でめっちゃ謝られて。「すみません」って言われた瞬間に家族中号泣みたいな。それで変わらなきゃと思ったんです。

ーー親の本心を聞いて自分が変わらなきゃと思ったと。

凪原 : だから簡単にアイドルを辞める子はむかつくんです。ご飯を食べたくないの? 親大事にしたくないの? って思う。

ーーそういう気持ちで臨むWiLLの現状はいかがですか。

凪原 : クソですよ! 私達は全然まだまだ。でもそれって夢を追っていたら全員思うことだと思う。ここは違うなと思うときもあるというか。

ポテチをかわいらしく食べる陽菜さん。

ーー今の状態は凪原さんの理想からは遠いってこと?

凪原 : 理想は理想だから、そうはならないのはわかっていて。理想の自分も遠いです。でも、その中でもできることがあったらいいなって感じでやっています。

ーー死に物狂いでやってるんですね。

凪原 : そうです。私は早く死にたいんです。若い内に死にたい。ほんとは23で死ぬ予定だったのに成功してないから延命されている。

ーーどういうふうになったら成功だと自分で思っているんですか?

凪原 : それはファンの人に対してもだから、恥ずかしくて言いたくないんですけど、お母さんも1ファンで始まったから、そういう人が増えればいいなとは思います。

ーー今WiLLで活動してることをお母さんは応援してくれていますか?

凪原 : お遊戯会って言われてます。ステージに厳しいママだから、見る目もめっちゃ厳しいんです。

ファンのみんなは世界一愛しいATMだよ!!

ーー陽菜さんはどうしてアイドルになろうと思ったんですか。

陽菜 : 私はあまり人に好かれなくて、見返してやりたいと思ったんですよ。学校も楽しくなくて、いつも浮いてる存在っていうか。いじめられたこともあります。だから見返してやりたい。お母さんとか妹に自慢になる娘だと思われたい。どこまでが成功かはわからないけど、今の仕事で食べていけるようにはしたいです。

ーー廣瀬さんはどうしていまの仕事を始めたんですか?

廣瀬 : ちっちゃい時に福岡でタレント活動をしていて一時期やめたんですけど、親はやってほしかったみたいで、中学になってまたスクールに通い始めたんです。自分的には部活みたいな気持ちでやっていたんですけど、高校の時に東京遊びに来てる時にスカウトされて今の事務所に入りました。最初はいやいやグラビアをやって、気づいたらこうなってました(笑)。

ーーグラビア最初やる時は抵抗があった?

廣瀬 : ちょー嫌でした。でも気づいたら好きになっていた。最初は自分の水着姿が世間に流通すると思ったら本当に嫌で。でもどんどん仕事が決まることが嬉しくなっていきました。

陽菜 : 美人だし、おっぱいは大きいし私のタイプだよ!

ーーこうやって喜んでくれる人がいるわけですね(笑)。

廣瀬 : そうそう、こういうおじさんがたくさんいて(笑)。

真似をする凪原さん。

ーー今話しているイメージだと、廣瀬さんはお酒で一気にテンションがあがっていく感じはしないですよね。

陽菜 : めっちゃいい子ですもんね。

凪原 : 惑わされるなー!! 性格がいいのは知っているけど、頭はおかしいから惑わされないでー。

ーー今、酔っ払い度だとどれくらいなんですか?

凪原 : 今10段階中の7です!

ーー結構酔っ払ってますね(笑)。

凪原 : いや、10割になってからが長いんですよ。10になってからは記憶はなくなるのに体は動いていく状態。

お店の前で記念撮影。陽菜さん、泥酔状態です。。

ーーそれ、もう限界を超えているんじゃないですか(笑)?

陽菜 : 大丈夫!

凪原 : あ、いい話させてください! ファンのみんなは世界一愛しいATMだよ!!

陽菜 : すごい話! 金、稼いでこい!

凪原 : たまにファンと繋がっちゃいましたとか、付き合っちゃいましたとか話題になりますけど、ちょっとだけ気持ちわかっちゃうんですよね。こんだけ無償の愛をくれて、かわいいかわいいって言ってくれたら、そう思っちゃうこともあるよねって。でも私は悟りを開いてるおばちゃんだから、そういうことあるよねーで終わる。若い内はねー仕方ないよねーって思っちゃう時もある…。あるよね?

陽菜 : …… ある! ある!

ーー陽菜さん、いま寝てましたよね(笑)!?

陽菜 : 寝ていても、あるものはあるの!!

今回取材をさせてもらったお店はこちら

KURAND SAKE MARKET 新宿店
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-9-9 新宿ワタセイ・タマビル 4階
TEL : 03-6457-7544

営業時間 年中無休(17:00~23:00)
平日17:00~23:00(22:45LO)
土日12:00~16:00(15:30LO) 7:00~23:00(22:45LO)

料金 時間無制限 3,000円(税別)
※ビールも飲み放題。梅酒・果実酒もあります。
※クレジットカード決済も可能になりました。
※椅子導入! 全席座れます。

URL : http://kurand.jp/sakemarket/shinjuku/

WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第1弾音源を絶賛配信中

WiLL初のハイレゾ音源を独占配信スタート

WiLL / wherever you go(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込)

>>「wherever you go」のフリー・ダウンロード(mp3)はこちら

LIVE INFORMATION

WiLL 1stワンマン・ライヴ「Will Grab Dream」
2016年12月8日(木)@TSUTAYA O-WEST
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
料金 : ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(DRINK別)

PROFILE

WiLL

WiLLはダンス・ミュージックをメインに、cool&beautyをコンセプトとしたダンス&ヴォーカル・グループ。グループ名のWiLLは世界(World)に向けて、ヤバくカッコいい(iLL)グループになるという意味を持つ造語。あわせてWill(意思)という意味も持つ。2016年春活動スタート。

>>公式HP

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事