新メンバーとともに7人のサマロケを作っていきたいーーSummer Rocket、1stアルバムを期間限定フリー配信

永原真夏&工藤歩里が楽曲プロデュースを務める、永遠の夏を歌うアイドル・グループ、Summer Rocketが待望の1stアルバムを完成させた。これまでにリリースされてきた4枚のシングルを再レコーディング、リマスタリングした楽曲に加え、初音源化となる「太陽のアリア」「ロードスター逃飛行」を収録した全10曲。発売日の12月25日に先駆け、OTOTOYでは同アルバムのmp3版を無料配信!! そしてメンバー4人へのインタヴューを実施。12月17日(日)には新宿LOFTにて3rdワンマン・ライヴ〈さよならセカイ〉を開催し、新メンバー3人を迎えることも決まっている激動のサマロケ・メンバーが何を考え活動しているのかに迫った。今のサマロケに注目してほしい!!

サマーロケット、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信!!

Summer Rocket / Summer Rocket(期間限定フリーパッケージ)

【配信形態】
mp3

【配信価格】
まとめ 0円(税込)

【Track List】
1. 太陽のアリア
2. Summer Rocket
3. プールサイドのイルカ
4. さくらハレーション
5. サマタイム・キル
6. きりさいて
7. ロードスター逃飛行
8. 夏のトライアングル
9. リズムマジカル
10. 乙女座流星群

INTERVIEW : Summer Rocket

左から、東雲しなの、桐生ちあり、桃宮くるみ、愛わなび

2017年12月17日(日)、新宿LOFTにて3rdワンマン〈さよならセカイ〉を開催するSummer Rocket。永遠の夏を歌うアイドル・グループとして誕生してから約1年半を迎える彼女たちだが、年間100本を超えるライヴやメンバーの脱退など数々の出来事を乗り越え、現在の4人での体制を作り上げた。そんな4人の集大成的な1stアルバムについて、そして12月17日には新メンバー3人を迎えて新たなスタートを切ることについて、4人に話を訊いた。

取材&文 : 西澤裕郎
写真 : 大橋祐希

永原真夏さんに「4姉妹みたいになってきたね」って言ってもらって(笑)

──約半年間ぶりのインタヴューですけど、Summer Rocket(以下、サマロケ)はライヴ本数が多くて本当にバイタリティがありますよね。選べないかもしれないですけど、特に印象に残っている出来事を教えてもらえますか?

東雲しなの(以下、しなの) : 今の4人体制になって初の関西遠征を10月21日~22日にしたんですけど、京都の〈ボロフェスタ2017〉で新曲「乙女座流星群」を初披露したんです。前日の時点で振りが決まっていない箇所があったので、4人で同じ部屋に泊まってギリギリまで練習していたのが1番想い出に残っています。

桐生ちあり(以下、ちあり) : 曲が出来たのがライヴギリギリだったんですよ。ライヴが続いていたこともあってレッスンをする時間もなかったし、1日目の大阪公演が3現場あったので、23時にホテルに帰ってきて4人で振りを考えて練習していて。

しなの : 音源には入っていないんですけど、ライヴでは1人1人台詞を言う箇所があるんです。わなび、しなの、ちありの3人が弱音っぽいことを言うんですけど、大サビ前でくるみが〈でも頑張るって決めたんだ〉っていう台詞を言っていて。これまでサマロケは弱音を言う歌詞とかセリフがなかったんですけど、そのセリフには少なからず私たちの本音も入っていて。だから、踊っているうちに泣きそうになったし、練習も熱い気持ちになりながらしていました。

──その弱音は4人の状態をヒアリングして生まれたセリフなんですか?

しなの : 特にヒアリングしたわけじゃないんですけど、結成からずっと付いてくださっているダンスの先生がセリフを決めてくださって。私たちにぴったりとはまっているし、自分の気持ちをこぼすような感じなので、聴いてくれている人に伝わる箇所になっているんじゃないかなと思います。

──ちなみに、どんなセリフを言っているんですか?

愛わなび(以下、わなび) : 私は〈本当はねすごく不安〉って言っていて。日によってニュアンスを変えてもいいよと言われているので、その日の気持ちで声の大きさやトーンを若干ずらしています。

しなの : 私は〈本当はねどうしたらいいのかわからない〉、リーダーは〈本当はね疲れちゃったな〉って言っています。

──前回のインタヴューのとき、くるみさんは受験勉強のため活動休止していて復帰したばかりでした。3人の輪に入っていくのにちょっと遠慮があったみたいな話をしていましたけど、半年経ってうまく馴染むことができていますか?

桃宮くるみ(以下、くるみ) : インタヴューしてもらった4月頃は復帰してまだ1ヶ月くらいだったんですけど、半年経ってグループのモチベーションも変わってきていて。当時は私自身マイナス志向になることが多かったんですけど、最近は憑き物が取れたみたいに感受性が豊かになったというか、映画や本を読んですぐ泣いちゃうんですよ(笑)。お客さんから「最近、表情豊かだね」って言われるとこも増えました。元々、サマロケは明るくて爽やかなコンセプトのグループなので、ちょっとでもそれに近づけられるようにと思って頑張っています。

しなの : この半年間ライヴ本数も多かったし、しんどいことや楽しいことも一緒に過ごしたことで4人のなかに強い絆みたいなものが出来てきたのかなと思っていて。先日、永原真夏さんに「4姉妹みたいになってきたね」って言ってもらって(笑)。そういう風に見えるようになってきたんだなと思いました。

くるみ : 実際、半年の間に悲しいこともつらいこともたくさんあったんです。その中でいろんな考え方をできるようになったし、視野も広がったのかなと思っていて。少なからず客観的に見れるようになったのかもしれないです。

──リーダーは自分が変わった感じはありますか?

ちあり : 変わった… のかなぁ? でも、4月のときよりは肩の力を抜けるようになったとは思います。それまでは自分のことで精いっぱいだったけど、その気持ちを全部捨てたら楽になったというか… 自分のことを考えるのを辞めました(笑)。

──あははは。余計なことを考えすぎないようになったってこと?

ちあり : そうですね。

新たに7人のサマロケを作っていかないといけない

──4姉妹に見えるようになってきたという話がありましたけど、12月17日の3rdワンマンライヴで新メンバーが3人加入します。そのことに対しては、どういう気持ちなんでしょう?

しなの : 正直、戸惑いはあります。

くるみ : やっと4人でのSummer Rocketの形が出来てきたから、今までやってきたものがまたゼロからになっちゃうんじゃないかっていう心配もあって。ワンマンが怖いという気持ちも少しあります。

ちあり : 私たちはサマロケをやるために活動を始めたけど、新しく入ってくる子たちは自分を魅せたいからサマロケをやるって気持ちが多分あると思うんですよ。まだやる気の差も全然わからないので不安ですね。これからどうなるんだろうって。

しなの : ただ、最初に新メンバーが3人入るって聞いたときに、4人でサマロケを作ろうってとこにすごく苦労したことを思い出して。だからこそ、新たに7人のサマロケを作っていかないといけないと思ったんです。自分たちも最初は”自分がやりたい”という気持ちのほうが強いと思うし、そのバランス感は1年半やってきてようやく掴んだものなので、新メンバーとともに7人のサマロケを作っていきたい。新しいお客さんに観てもらえるチャンスでもあると思うので。

わなび : いまのサマロケって大事な時期に入ってきていて、来年の夏に向けてどんどん準備を進めていかないといけないし、大事にしていかないといけないと思うんです。私たち自身も切磋琢磨できるようなメンバーとの関係が作れていけたらいいなと思っています。どういう変化が起こるか不安でもあり、楽しみでもあります。

──一気に3人増えるとのことで、大きく見え方も変わるでしょうね。

ちあり : ステージングも見栄えが変わると思いますし、歌割りが変わることによって曲の雰囲気も変わると思うし、そこは楽しみですね。

──そう考えると、今回のアルバムは4人の集大成と言っても過言ではないですね。2ndシングルのレコーディング風景を見学させてもらったときは、みんな緊張していましたけど、今回のレコーディングを振り返ってみていかがでしたか?

ちあり : 私は自分の表現のなさに絶望しました…。もっと出来ると思っていたんですけど、アルバムになって聴いてみると「もっとここをこうすれば良かったのに!」と思うところもあったりして…。しかも私、風邪を引いてしまって、めっちゃ鼻声なんですよ…。悔しいですけど、このCDを次は超えてもっともっと成長します!!

──前回のレコーディングでは永原真夏さんと工藤歩里さんが指導しながら歌入れをしていましたけど、今回もディレクションしてもらったんですか?

しなの : 今回は真夏さんと歩里さんはいなかったんですけど、レッスンしてくださってる先生が付いてくださって指導していただきました。完成したものを聴いて、前よりは成長できたかなと思っています。

今までのサマロケと、これからのサマロケが入っている曲になっています

──本作の中での推し曲、もしくは大切な曲を1人ずつ教えてもらえますか?

くるみ : 私は「ロードスター逃避行」が1番しっくりきていて。マリオカートみたいな明るい曲なので朝の通学の時間などに聴いて気分を上げてほしいなと思います。

──マリオカート(笑)?

くるみ : 間奏の音がテッテレ~って感じのサウンドになっていて、すごく楽しい曲になっています。間奏でみんなが台詞を言っているところもワンマイクで楽しく録音できたので聴いてほしいです。

わなび : 私は「プールサイドのイルカ」です。この曲を初めて聴いてくださった方が「よかったよ」と言ってくださることが多くて。ライヴでは1番最後に披露して、手を振ったりして盛り上がるんですけど、今回のアルバムでは3曲目に入っているので曲順にも注目して聴いてみてほしいです。この曲は2ndシングルにも入っているんですけど、今回アルバム用に再録していて。あと、これはイルカの曲ではなくて…。


「プールサイドのイルカ」MV

しなの : 前回のインタヴューで、ちありちゃんは「イルカと男の子の恋の歌にしか聴こえない」って言ってったんですけど(笑)。

ちあり : あーそうね! 今はちょっと違うけど。

しなの : 今は何なの?

ちあり : 今は海の歌。

わなび : (笑)。これはサマロケのテーマ曲でもあるし、サマロケのコンセプトに近い曲になっているので、そのあたりも注目して聴いてみてほしいです。

ーーしなのさんはどの曲を選びますか?

しなの : 私は「Summer Rocket」です。この曲はサマロケが1番最初にいただいた曲で今回4人で再録したんです。当時とは表現の仕方も思い浮かべるものも伝えたいものも変わってきていて。歌割りも変えたり、緩急をつけたり、いろんな展開を見せながら作っています。なので今の4人が歌った「Summer Rocket」を聴いてほしいです。あと個人的な話になってしまうんですけど、私だけレコーディングが別日になってしまって、1番最初にレッスンをした場所で今回歌録りをしたんです。初めてこの曲を聴いた場所だったので、その時のことや1年半を思い出して。今までのサマロケと、これからのサマロケが入っている曲になっています。


「Summer Rcoket」

ーー最後にリーダーはいかがですか?

ちあり : 私は「サマタイム・キル」を推します。この曲は今年3月のワンマンからやり始めたSEBASTIAN Xのカバー曲で、シングルにも入っているんですけど、ライヴで聴くのとCDで聴くのと全然違くて。ライヴでは勢いがあるんですけど、CDではものすごい緊張感で歌っています。私はCDを聴きながらその曲に浸ることが大好きなんですけど、「サマタイム・キル」は入りやすくて、電車乗ってて聴いていると自分かっこいいなって思えるんです。

一同 : (笑)。

ちあり : ライヴで観てもらったあとCDで聴いてもらうと、また緊張感が全然違うので、どっちも聴いてみてほしいです!

Summer Rocket 3rdワンマン

さよならセカイ
2017年12月17日(日)@新宿LOFT
時間 : OPEN 11:30 / START 12:00
料金 : 前売 2,500円 / 当日 3,000円

RECOMMEND

Summer Rocket / さくらハレーション / プールサイドのイルカ

2016年7月から活動をスタートさせ、通算120回以上のライヴを行なってきたサマロケの新作は、ライヴの定番「さくらハレーション」「プールサイドのイルカ」の2曲。楽曲制作者の永原真夏と工藤歩里がレコーディングにも立ち会い歌唱指導、徹底的にサマロケの世界観を作り上げた渾身作。

>>特集ページはこちら

Summer Rocket / Summer Rocket

「夏」をテーマにしたアイドル・グループのライヴ定番曲を収録した初シングル。ex.SEBASTIAN X、音沙汰の永原真夏と工藤歩里が楽曲をプロデュース。

>>特集ページはこちら

永原 真夏 / オーロラの国(24bit/48kHz)

永原真夏がソロ・アーティストとしてさらなる一歩を踏み出すべく、ソロ第二章の幕開けとなるシングルをリリース! 新たにドラマーにイシヅカタケマル(ハラフロムヘル)を迎えパワーアップした新生SUPER GOOD BANDと共に作り上げた永原真夏ワールド全開のアッパーなメッセージソングを収録。LUCKY TAPES高橋海が作・編曲の名曲バラードも収録。

PROFILE

Summer Rocket

「Endless Summer Magazine Rocket」発アイドル「Summer Rocket」。永原真夏・工藤歩里楽曲プロデュース。夏休み始めました!

>>Summer Rocket オフィシャル HP
>>Rocket Base オフィシャル HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事