ロック界の“コストコ”目指しハッタリをかませ!!ーーTHIS IS JAPAN、スライディングが普通の歩き方とともに業界にもの申す

2011年の結成から間もなくして〈FIREJAM 2012〉、今年には〈下北沢SOUND CRUISING〉に出演を果たすなど、話題と勢いの絶えないオルタナティヴ・ポップ・バンド、THIS IS JAPAN。コーラスの利いたギターと鋭利なリズム、その上を突き進む叫び声の入り混ざったヴォーカルとポップ・センスを感じるギミック。そんなニューウェイヴ・サウンドが詰まった、彼らによるファースト・アルバム『THIS IS JAPAN TIMES』を1週間先行配信。しかも今作収録の2曲をフリー・ダウンロードでお届け! とにかく聴くしかない!!

そして今作発売を記念して、彼らとほぼ同時期に結成されたオルタナ・ヒップホップ・バンド〈スライディングが普通の歩き方〉からORKII(MC)、young suck kick(MC)を招いて対談を敢行。後半では、音楽業界のキーワードを投げて、それについて本音トークをしてもらった。いびつなようでしっくりハマる彼らのやり取りから、漠然としながらも、しかし確実に何かを壊してくれるようなエネルギーを感じとっていただければ幸いだ。

>>THIS IS JAPAN TIMES収録曲「TAXI DRIVER」、「アメリカのカー」のフリー・ダウンロードはこちらから(2014年8月6日〜2014年8月13日まで)

THIS IS JAPAN / THIS IS JAPAN TIMES

【配信形態】
alac / flac / wav : 単曲 216円 まとめ購入 1,944円

【Track List】
01. TAXI DRIVER
02. FightClub2
03. BUDDHIST PUNK
04. STEAM BOY
05. アメリカのカー
06. フランケンシュタインズロンリーハーツクラブバンド
07. humber girl
08. INSTANT文明
09. 自由の女神
10. うる星ぼくら
11. 靖國デート

※特典として、ブックレットが付属します。


対談 : THIS IS JAPAN × スライディングが普通の歩き方

若いバンドたちがライヴハウスで演奏を繰り広げているのは、いつの時代も一緒だが、ここ最近とくに東京における若手バンド・シーンというのが見えづらい。そこにはいくつかの理由があるのだけれど、一歩ひいた視点を持ってバンドをすることが今の世代のスタンダードになったということは要因として大きい。自分たちの手だけでシーンを作って同世代でのし上がっていこうみたいな姿勢は、少なくとも2000年代後半の東京ニューウェイブ以降、東京においては見ることができない。とはいえ、新しい価値観を提示するバンドは数多く出てきている。むしろ、その動きは活発だ。このたび、1stアルバム『THIS IS JAPAN TIMES』をリリースする4人組バンド、THIS IS JAPANもまた、そういったバンドである。

メイン・ヴォーカルの杉森ジャックはライヴの最中、日本語を話さない。かといって、完璧な英語を話すというわけでもない。どこかちゃかしているようにも見え、挑発的でもある。その上で鳴らされるバンド・サウンドは、ソリッドで直球だ。XTCのようなギター・サウンドに、ナンバーガール時の向井秀徳のようなシャウト。初期衝動に満ちたようなライヴ・パフォーマンスでありながら、どこかさめているようにも見える。この分裂症のようなスタイルは新鮮である。今回は、同じように、どこか挑発的な雰囲気を持ちながらも、攻撃的なサウンドを鳴らすバンド、スライディングが普通の歩き方をお呼びし、対談を行なった。THIS IS JAPANのイベントに呼んだことがきっかけで付き合いが始まったという両者だが、実はちゃんと話すのは今回が初ということ。そんなところまでも新世代のバンドという雰囲気がする対談をお送りする。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : 外林健太

ロック界のコストコを目指しているんですよ

ーーぶっちゃけ、この2組がどれくらい仲いいのか、最初に知りたいんですけど。

杉森ジャック(THIS IS JAPAN / 以下、ジャック) : (笑)。最初に対バンしたのが2年前のはじめての自主企画のときなんですけど、炊飯器がステージの真ん中に置いてあって、これはおもしろいぞと仲よくなったんです。

ーーじゃあ、THIS IS JAPANからしたら後輩バンドっていう感じ?

ジャック : いやあ、こいつら恐いんで。

一同 : (爆笑)

ジャック : 「最近流行っているジャパンじゃないっすか?!」って感じで絡んでくるので、もはや同期って感じですね(笑)。

ーーあははは。THIS IS JAPANは、どうやって結成されたバンドなんですか。

ジャック : 大学のサークルの先輩・後輩で組んだんですけど、僕とドラムが先輩、残り2人が後輩です。「BECK」みたいな感じですね(笑)。フガジとかキャップンジャズを聴いて育ちました。あとはXTCです。

ーー対して、スライディングが普通の歩き方はどのように結成されたんですか?

ORKII(スライディングが普通の歩き方) : 最初は4人だったんです。遊びで始めたってこともあって、サークル内のライヴにしか出ていなくて。外ではじめてライヴをやったのは3年前くらいかな。そのときメンバーは6人でした。

(左から)ORKII、young suck kick、杉森ジャック、koyabin

ーー徐々にメンバーが増えていっているわけですね(笑)。THIS IS JAPANのイベントに出たときの、スライディングのライヴはどうでしたか。

ジャック : おもしろかったですね。やる気のない感じがかっこよくて。やる気のないやつが集まってやったらすごいものが出てきたっていうか。僕の印象だと、最近真面目なバンドが増えている感じがしたので、おもしろいなって。

ーー逆にスライディングからみて、THIS IS JAPANのライヴはどうでしたか。

young suck kick(スライディングが普通の歩き方) : いや、かっこよかったっすね。はじめて観たときは、なんというか… ずるいバンドだなと思いました。ギターをめっちゃ鳴らして叫びたいとき、かっちり決めたいとき、ポップっぽい歌をうたいたいときって、いろいろあるじゃないですか。それを一つのバンドでやっていたっていうのがずるいと思いましたね。

ORKII : ぼくは対バンしたときにはじめて観たんですけど、「タクシードライバー、カモン」っていうだけを知っていたので、それを観れて本当にかっこいいなって。

ーー「タクシードライバー、カモン」っていうのは?

ジャック : 次の曲は「タクシードライバーです」っていう意味なんですけど、僕自身はライヴで日本語をしゃべらないようにしていて、インパクト押しというか、はったりみたいなものです。


THIS IS JAPAN - タクシードライバー

ーー(笑)。この2組に共通しているところって、なんていうのか、ステージ上での態度というか、いろんなものを舐めきっているような感じのふてぶてしさかなと。

ジャック : たしかに。ロック界のコストコ(※)を目指しているんですよ。どーん!! すごいだろ!! って。はったりをかましていきたいですね。

※高品質な優良ブランド商品をできる限りの低価格にて提供する会員制倉庫型店。

言いたいことはない

ーーわかるようでわからない(笑)。率直に、いまのバンド・シーンってどう思います?

ジャック : 等身大の自分自身を歌うって人と全然関係ないことを歌うっていう2種類あると思っているんですけど、等身大で歌うバンドが多いなと思っていて。僕はそれができないし、そういうのに対してカウンターを打っているのかなと。

ーージャックさんから見て、スライディングはどちらのタイプだと思いますか。

ジャック : スライディングも等身大の歌詞はゼロだと思っていて。言いたいことってある人のほうが少ないから。

ーーTHIS IS JAPANに言いたいことはない?

ジャック : ないです(きっぱり)。

杉森ジャック、koyabin

一同 : (笑)

ーー気持ちいいですね(笑)。あと気になったのが、例えば東京ニューウェイブみたいに、同世代のバンドたちでシーンを作ろうみたいなものが、いまの東京の若いバンドにはあまりないのかなって気がするんですけど。

ジャック : そうですね。分離している感じはありますね。

ーー共同体意識みたいなものはない?

young suck kick : あんまないですね。なんというか、人見知りが多いです。

ジャック : あはははは。でも、確かにそうかも。

young suck kick : それこそ、東京ニューウェイブの人たちって仲いいじゃないですか。僕たちの世代だと、ちょっとしゃべるくらいで、一緒になにかやっていこうとか、音楽を熱く語ったりとかってのは少ないですね。

ジャック : 実は、うちら(THIS IS JAPANとスライディング)もちゃんと話したことないしね。

‘’ーーあんま仲よくないじゃないですか!?''

一同 : (爆笑)

ジャック : こいつら、こえーし。

悩む前に、楽しいことしたほうがいいよって思います

ーーあははは。だから、2組ともつっぱるしかないのかもしれないですね。スライディングの2人はTHIS IS JAPANのアルバムを聴いてみて、どう感じましたか。

young suck kick : なんか、まあ、いいんじゃないですかね(笑)。熱い感じを押していきたいんだなってのが伝わってきました。ほんといろんなことをやっているバンドではあるんですけど、核としてはそのエネルギーをそのままぶつけるタイプでいくんだってことを感じましたね。

ジャック : 確かにそれはちょっと考えていました。直球が芯にあって、そこにラップ的要素も加えたバンドにしたいねって。

ーーORKIIさんはどう思いました?

ORKII : バランスのとり方がかっこいいっていうか、いまラップみたいって言っていましたけど、ヒップホップっぽい感覚があるなって。

ジャック : ヒップホップの人って、ファッションとかもかっこいいなと思って。クールだけど熱い、っていうのがヒップホップの武器だなと感じていて、そういう感じはちょっと出せたらいいなと思ったんです。

ーー多くの人が気になるところなんですけど、それぞれバンド名には意味があるんですか。

ジャック : たぶん、ないですね。ないけど、アメリカ人から観た「ゲイシャ、フジヤマ」みたいな横文字日本語感を出したかったんです。だから、アメリカ人が言っている感じですね。

ーースライディングは?

ORKII、young suck kick

ORKII : この名前は、ドラムが決めたんです。これは俺の考えじゃなくてドラムの考えなんですけど、人って普通に歩いていたら普通なわけじゃないですか。

一同 : (笑)。

ORKII : でもスライディングしながら歩くことによって、それが普通になれば普通の人になれるんじゃないかって意味です。

koyabin(THIS IS JAPAN) : … けっこうメッセージ性つまってるね。

一同 : (爆笑)

young suck kick : たぶん後付けだろうけど。ただ、基本的にこのバンドに対して真面目な人はいないよね。

一同 : あははは。

young suck kick : みんな本業のバンドがあって、その寄せ集めみたいな形ではじまったんですよ。そのお遊びの延長線上でやっているからこそ、今こうやっておもしろがってもらっている感じでもあるので、その感覚ではいたいですね。

ーー実際、真面目なバンドばかりだとね。

ジャック : 疲れちゃう。日本に生きていたら、それなりに楽しいというか、そこまで悩みばかりじゃないでしょって。悩む前に、楽しいことしたほうがいいよって思います。

ーー特に音楽になると、ちっちゃいことでも大きな問題として歌うってことも少なくないですからね。

ジャック : そう。ちっちゃい悩みも、でっかいことしたら忘れるよって思うんですよ。

楽しくないとマジで意味がないなって

ーーさて、ここからはキーワードを投げるので、素直な感覚で思ったことをバシバシ言ってください。最初は「オモチレコード」。

koyabin : 誰がいるレーベル?

ジャック : NATURE DANGER GANGとかHave a nice day!、ゲスバンドとか。


NATURE DANGER GANG - くノ一Bomber!@ ハイパーアワー!

young suck kick : 楽しそうではあるよね。

ジャック : いつもぶちあがっていて楽しそう。DJなのにいつもよりテンション高かったりね。

ORKII : リア充なのかな? 楽しそうすぎて恐い。

ジャック : 絶対、反動とかきちゃいそう。一人でいるときとかってどうなんだろう? って考えちゃう。

ーー次は「カクバリズム」。

ジャック : ぼくギターの音が小さいバンドは聴けなくて、ぶわーんって出てないと聴けないってときが人生の7割くらいあるので、なかなか聴く機会がないんですけど。

ORKII : ceroとか好きですけどね。いいなと思って聴いているんだけど、悔しいんですよね。

ジャック : わかる!! 悔しさが残る。はめられている感じというか。

young suck kick : ceroはいいんですけど、ceroフォロアーはほんとダサいと思います。

ジャック : めっちゃ好きですって言いづらい感じもあるよね。

ORKII : それって、自分がそうなれないから悔しいのかなって。普通にいいなって思うし、コンプレックスがあるんですよ。感覚としてはいいなと思うんですけど、認めたくない感じはあります。

ジャック : 好きなんだけど、いいって言っちゃったら悔しい。

ーーでは、「レスザンTV」。

ジャック : すごい硬派なイメージがあります。

ORKII : メテオナイトには普通に行きたいです。硬派でかっこいい。

ジャック : それこそ、はったり感を感じてかっこいいよね。

ーー「ロキノン系」。

ジャック : 僕は世代なので、アジカン、バックホーン、アシッドマンとかの、原体験を与えてくれたという意味で感謝してます。でも最近はギターのちっちゃいバンドが多いなって。なんでちっちゃいんだろうなあ。

ORKII : この間TSUTAYAに行ったら、○○っていうバンドが、ヒップホップ・プログレ・バンドって言われていて、俺のやりたいやつ全部やっているなって。それはむかつきますね。

ジャック : 直球じゃない感じのスタンスでやっているのが、斜に構えているのを意図的に見せつけている感じはありますよね。

young suck kick : 「みんなが好きって音楽きらいでしょ、みんな?」みたいな。

ジャック : そうそうそう、それそれそれ。

ORKII : ああいうの、本気でやっているのかなって思うよね。

young suck kick : ああ。でもさ、ちゃんと話を聞いたら、いま俺たちが言っているのと同じこと考えているのかもしんないね。

ORKII : みんなにうけるためにああいう曲をやっているだけで、わざとやっているのかもしれないよね。

ジャック : となると、俺たちが欺かれているのかもしれない。たぶん、そうなんでしょうね…。

young suck kick : … じゃあリスペクトですね。

ジャック : そこまで考えて、売れるための音楽をやっているんだからすごいよ。自分の言っていたことが、恥ずかしくなってきた…。絶対そこまで考えてやっているよね。

ーー確かにそうやって自分たちのこと客観視しながらやっている人が多いと思いますよ。いまって、「ロック(笑)」みたいな感じで、ロックに「(笑)」がつくスタンスが普通になってきていて、例えばキュウソネコカミは、メジャーにいった自分たちのスタンスを極めて冷静にみながら、それをネタにしてユーモア化しているじゃないですか。わかりますか、ああいう感覚って。

young suck kick : 俺はあまり聴いたことがないんですけど、サブカル女子をいじってるイメージがあります。僕はサブカル女子好きなんで(笑)。

ジャック : 俺はわからんでもないって感じです。MVとかも、そういうスタンダードなロックが好きだなってのが伝わってきて好感が持てます。

young suck kick : 俺もわかりますよ。でも… って感じはあって。

ORKII : スタンスとしてはわかるけど、そんなに出すかって。

ジャック : やっぱり、はったりでいきたいですから。

ーースライディングのはったり感は、THIS IS JAPANと近いものですか?

ジャック : 僕らのはったり感とは違うなと思っていて。僕らはパワー系のはったり感で、豪華絢爛どうだ!? って感じなんですけど、こいつらはやる気ないけどできるよ、みたいな、余裕なはったり感がありますよね。

young suck kick : 俺らヒップホップなんで。悪ガキ感は出したいなっていうのはありますよ。

koyabin : スライディングは、普段とライヴでキャラクターを切り替えている感じもしないよね。いつも通りやっている感じがする。

ORKII : あんま切り替えてないですね。ただテンションがあがっただけなのかも。

young suck kick : うん。人数が多いから、本当に楽しいだけなんですよ。

ORKII : 楽しかったらそれでいいんで、スライディングは。売れたいですけど。

young suck kick : 楽しんでいてお金もらえたらいいよね。

ーーかなりフラットに素直にバンドをやっているんですね。THIS IS JAPANはその点どうですか。

koyabin : 根底は一緒です。楽しくなきゃやる意味はないでしょって。

ジャック : 特に等身大じゃなく、言いたいこともないんで、となると楽しくないとマジで意味がないなって。本気でそう思いますよ。とにかく、はったりをかましていきたいなって。

RECOMMEND

スライディングが普通の歩き方 / Are you Sure?

バンド・サウンドを軸にヒップホップといびつなグルーヴを掛け合わせたミュータント・サウンドで話題を呼んでいる彼らのファースト・アルバム。今対談でも明らかになった、確信犯的はったり感とどこか毒を感じるスタイルからは、なにものにも動じないエネルギーに溢れている。

>>スライディングが普通の歩き方特集ページはこちら

NATURE DANGER GANG / THE BEST OF NDG NONSTOP MEGAMIX

突如現れた“東京でいま一番おもしろいだけのバンド”として話題の絶えないNATURE DANGER GANGによるノンストップ・メガ・ミックス。破門された落語家、ラッパー、上裸の女性など、無礼講のライヴ・パフォーマンスは、見た目のインパクトだけではない、全力でライヴに参加することの何事にも変えれない楽しさを、肉体から感じさせてくれる。

>>NATURE DANGER GANG特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

THIS IS JAPAN EXPO VOL.3

2014年8月11日(月)@新宿MOTION
時間 : open 18:30 / start 19:00
出演 : スライディングが普通の歩き方 / otori
料金 : ¥1000(+2drink)

CONNECT歌舞伎町

2014年10月4日(土)@新宿MOTION
出演 : THIS IS JAPAN / and more…

PROFILE

THIS IS JAPAN

大学のサークルの先輩後輩である、杉森ジャック(Gt,Vo.), koyabin(Gt,Vo.), 水元(Ba.), this is かわむら(Dr.)の4人で2011年在学中にTHIS IS JAPANを結成。ツインギター、ツインボーカルバンド。XTCに影響を受けたネジれポップにナンバーガールをリスペクトした直系ギターとビート。koyabinと杉森ジャックが歌う、僕らの日常非日常の歌詞、尖ったリズム、コミカルとシリアスが同居するオルタナティヴ・ポップ・サウンドが売り。

オフィシャルHP
レーベル特設HP

スライディングが普通の歩き方

2010年に東京で結成されたグルーヴ・ポップの新星。

重厚かつ軽妙なドラムビートに、ブラックでうねりのあるベース・サウンドが絡むカラフルなビート感覚。エッジの効いた粘りあるギター・ループと、煌びやかなシンセサイザーとが作り出すトリッピーな音響世界をバックに、2MCから放たれるリリック達が溢れ踊る。

洗練され、一切の無駄が排除された彼等のサウンド・ライブ・パフォーマンスは、東京の音楽シーンを席巻する。

o

 
 

インタヴュー

ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年01月17日・ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信 1stアルバム『休日のレコード』がタワレコメンに選出、7インチ・シングル『羊を盗め』が〈カクバリズム〉からリリースされ話題を呼んだ、前田卓朗によるカントリー・ポップ・ソロ・ユニット、“ポニーのヒサミツ”が4年ぶりとなる2ndアルバム『The Peanut Vendors』をリリース! 今作はライヴ・メンバーとして共に活動してきた大塚智之(シャムキャッツ)らに加え、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)と谷口雄(1983、あだち麗三郎クワルテッット)がゲスト参加。彼が敬愛するカントリーやポップスの世界観が色濃く反映された1枚となっております。そんな今作をOTOTOYでは1週間先行にて配信すると共に、ハイレゾ版を独占配信。彼へのメール・インタヴューと共にお楽しみください。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!ポニーのヒサミツ / THE PEANUT VENDORS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収
スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎