【EMPiRE】Epsode1 EMPiRE初インタヴュー「WACKの先輩方の妹分で終わりたくない」

BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生。その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、全員の顔が公開された。活動前にも関わらず、オフィシャル・ファンクラブ『EMPiRE CORE』が開設、オークションで選ばれた特別な会員「ROYAL EMPiRE」のメンバーにはお披露目前に3曲の音源がプレゼント、12月5日にはEMPiRE COREのメンバーとともに3曲入りカセットテープ、そして3曲のフリー・ダウンロードURLが送付されるなど、他にはないスペシャルな仕掛けもされている。11月23日(水・祝)会員向けのお披露目ライヴが開催され、ついにベールを脱いだ彼女たち。そんなEMPiREの動向に迫る連載第4回目は、EMPiREへの初ロング・インタヴューをお送りする。

>>EMPiRE SoundCloud!

EMPiRE初音源収録のWACK & SCRAMBLESコンピレーションをハイレゾ配信

V.A. / WACK & SCRAMBLES WORKS

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
【価格】
単曲 540円(税込) / まとめ 2,200円(税込)

【収録曲】
1. スパーク (beat mints boyz a.k.a. 松隈ケンタ×JxSxK)
2. オーケストラ (カミヤサキ, ゴ・ジーラ, ももらんど (BiS) & ヤママチ ミキ, ココ・パーティン・ココ, アヤ・エイトプリンス (GANG PARADE))
3. gives (アイナ・ジ・エンド, セントチヒロ・チッチ, リンリン (BiSH) & キャン・マイカ, ユイ・ガ・ドクソン, テラシマユウカ (GANG PARADE))
4. nerve (BiS, BiSH, GANG PARADE, EMPiRE)
5. Plastic 2 Mercy (キカ・フロント・フロンタール, パン・ルナリーフィ (BiS) & アイナ・ジ・エンド, ハシヤスメ・アツコ, アユニ・D (BiSH))
6. EMPiRE is COMiNG (EMPiRE)
7. WACK is FXXK (SAiNT SEX)
8. フライングヒューマノイド (プー・ルイ, ペリ・ウブ (BiS) & モモコグミカンパニー, リンリン (BiSH) & ユメノユア, ヤママチ ミキ (GANG PARADE))
9. ラバソー 〜lover soul〜 (セントチヒロ・チッチ (BiSH) & アヤ・エイトプリンス (GANG PARADE))
10. 屋上の空 (Buzz72+feat. アイナ・ジ・エンド (BiSH))

INTERVIEW : EMPiRE

EMPiRE

2017年3月に行われたWACK合宿オーディションで合格した2名、合宿で脱落したものの追加オーディションに再び参加し合格を勝ち取った2人、合宿に参加してはいないもののアイドルになる夢を持ち続けていた1名。そんな5人により1つのグループとして誕生した、EMPiRE。Project aWの始動から約9ヶ月、いよいよ本格始動をはじめた5人が何を考え、いま何を想っているのか? 御託はいらない。彼女たちの声に耳を傾けてみてほしい。

取材&文 : 西澤裕郎
写真 : 外林健太

「一緒のグループになれて良かった」ってLINEしました

──2017年11月23日、六本木Morph-Tokyoにて、EMPiREのお披露目ライヴが行われました。入会金3万円&150人限定のファンクラブ「EMPiRE CORE」に加入しているお客さん限定のライヴでしたけど、初ステージいかがでした?

一同 : 楽しかったです!!

YUiNA EMPiRE(以下、YUiNA) : みんな、思ったより緊張しなかったよね。

──順を追って訊いていきたいと思うんですけど、2017年3月28日から5泊6日にわたり開催された〈WACK合同オーディション〉に参加した4人が、最終的にEMPiREに加入することとなりました。横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉で発表された段階で、合格者はYU-Ki EMPiREとYUKA EMPiREの2人でしたけど、2人は合宿のときから仲がいい印象がありますよね。

YUKA EMPiRE(以下、YUKA ) : 私は合宿の初日に泣いちゃって。そのときに話を聞いてくれたのがYU-Kiだったんです。

──初日、どうして泣いてしまったんですか?

YUKA EMPiRE

YUKA : ダンスの練習を2時くらいまでやっていたんですけど、そんなスケジュールだと思っていなかったから初日で帰りたいと思ってしまって。脱落者がいるシステムも精神的に辛かったし、みんなライバルだと思いなさいっていう環境が苦しくて。最初のダンス・グループがBiSさんだったんですけど、プー・ルイさんとアヤ・エイトプリンスさんから「今のままじゃ合格者はひとりもいないかもしれない」「でもみんなには受かってほしいと思うから」ってアメとムチの言葉をかけてもらったこともあり感極まってしまって。あと、正直最初はYU-Kiが苦手だったんですよ(笑)。気の強そうな子で絶対に関わりたくないなと思っていたら、同じ班になっちゃって。そう思っていたら話を聞いてくれて。意外といい人だなと思いました(笑)。

──はじめは逆の印象だったんですね。

YUKA : 絶対に嫌だと思っていました(笑)。

──YU-Kiは気が強そうな印象だと言われているけど、実際どうなんですか?

YU-Ki EMPiRE(以下、YU-Ki) : 第一印象でよくそう言われるんですよね。顔の作りかな?

一同 : うん(笑)。

YU-Ki EMPiRE

──あははは。確かにYU-KiはWACKオーディションでは珍しいタイプだなと思うんですけど、どうして受けようと思ったんですか?

YU-Ki : WACKって王道なアイドルではないじゃないですか? ヘドバンしたりダイブしたりメンバーが作詞をしたり。そういうのがおもしろいなと思って応募しました。もともとお姉ちゃんがBiSHさんを好きで、薦められて私もハマったんです。

──YUKAは、どうしてオーディションに応募しようと思ったんでしょう。

YUKA : 中学校の部活の先輩がアイドルオタクで、その先輩にBiSHを薦められて聴いてからWACKにハマりだしたんです。そのタイミングで「オーディションがあるから一緒に受けてみない?」って言われて、冗談半分で「いいですよ」って送ったら私だけ通って、気付いたら赤レンガ倉庫にいました。

──合格と言われたときはどういう気持ちだった?

YUKA : 合宿に参加することになったときには、覚悟を決めないとなと思っていて。最初はモヤモヤした気持ちだったけど、途中からは「ここまでやってきたから何かを勝ち取りたい」と思ってやっていたので、すごく嬉しかったです。

──MAYU EMPiREは最終の8人まで残りましたが、ステージ上での合格発表で名前が呼ばれずステージを降りました。どういう気持ちで会場を後にしたんでしょう?

MAYU EMPiRE(以下、MAYU) : 「ステージから降りてください」って言われて、降りた瞬間、一気に蚊帳の外になったのがわかって。落ちてショックだったというより、これはドラマだなと思っていました。

MAYU EMPiRE

──そうはいっても悔しい気持ちが強かったですよね?

MAYU : その日は、やるだけやったし悔しいとかはなかったです。合宿に行く前に、自分を作らずに行くということを決めていて。作ったとしても渡辺(淳之介)さんはきっと見抜くだろうし、それで受かったとしても後々上手くいかなくなるから、それだけはしないでおこうと決めていて。そういう気持ちで臨んで落ちたから、落ち込んだりはしなかったです。

──YUiNA EMPiREは、赤レンガ倉庫に立つ前の合宿中に脱落してしまいました。

YUiNA : 脱落した日は悔しくて夜中ずっと泣いていました。不合格の名前を呼ばれた瞬間からオーディションに無関係になってしまったので、帰るまでみんなと同じ部屋にいるのも辛かったです。どう顔を合わせていいのかわからなかった。

YUiNA EMPiRE

──それから約1ヵ月半後に追加オーディションが行われ、そこにMAYUとYUiNAは挑戦して合格を勝ち取りました。どうしてまた受けようと思ったんでしょう?

MAYU : 私は合宿が終わったときに、もう1回チャンスがあったら絶対に受けようと思っていて。普通に考えたら落ちたから無理かもしれないけど、駄目元でもいいからと思って受けました。そこは悩みませんでしたね。

YUiNA : 私も、もう1回オーディションがあると聞いたときに、まだ終わってないと思ったんです。諦めきれなかった。それで応募して、オーディション会場に着くまではやってやる! っていう気持ちだったんですけど、渡辺さん目の前にしたら怖くなってやばい… と思って緊張しました(笑)。

──MiDORiKOさんだけは合宿オーディションに参加していないメンバーです。そうしてこのオーディションに応募しようと思ったんでしょう?

MiDORiKO EMPiRE(以下、MiDORiKO) : 前から私もアイドルをやりたいって気持ちはあったんです。ただ、踏み出せなくて。このオーディションがあることを知ってやろうと思って、締め切りの1時間前に送りました。

MiDORiKO EMPiRE

──WACK合宿オーディションはニコ生で観ていたんですか?

MiDORiKO : 観ていなかったので、合同オーディションが終わってから動画を観ました。そのときにはみんなのことを知っていたので、一緒になれてよかったなと思って、MAYUちゃんに「一緒のグループになれて良かった」ってLINEしました。

MAYU : してくれたよね。

自分たちはどうしていいかわからないし、葛藤がありました

──はじめて5人で会ったときのことは覚えていますか?

YU-Ki : 顔合わせに行ったら、知っている顔が2人もいるから、えっ! ってなって。なんでいるの!? みたいな(笑)。MiDORiKOも第一印象が違いましたし。

MiDORiKO : しゃべらなかったんです。

YU-Ki : 大人しくて可愛らしい子だと思っていたら真逆だった。大人しくなくてちょっとうるさい(笑)。

──あははは。5人は8月23日にZepp Tokyoで開催されたBiSHのフリーライヴ〈TOKYO BiSH SHiNE3〉で顔を隠したまま初ステージに立ちました。10,000フォロワー達成で顔が公開されると発表されるやいなや、半日で約5000人以上のフォロワーを達成しました。注目度が高いなか、5人はどういう気持ちでいたんでしょう?

MAYU : 不安でした。だって、うちらのことが好きでフォローしたわけではないじゃないですか? 単純に好奇心だけでフォローしてもらっているから、ヤバいなと思いました。何もできてない自分と数が比例していなかったから。

YU-Ki : 完全に先輩たちのジャイアントパワーのおかげじゃないですか? 顔も出していないから何をツイートしていいかわからないし。あと、時間が経つにつれて「EMPiRE存在薄くなってきてない?」みたいなツイートが増えてきたんですよ。それを見ても自分たちはどうしていいかわからないし、葛藤がありました。

──YUiNAのフォロワーが一気に増える事件もありました(笑)。

YUiNA : いたずらで買われて、最高で6万フォローくらいいっちゃって…。自分でコツコツとブロックして解除していったんですけど、寝て起きたらまた増えている状況が続いて(苦笑)。結局そのまま顔出しになっちゃったんですけど、自分だけ自撮りをあげるのはずるいとかも言われたりして…。

──冗談半分で自作自演なんじゃないかと言われることもあったと思うんですけど、どういう心境だったんでしょう?

YUiNA : 正直、1番最初に顔を出すのは私じゃないだろう… と思っていました。

MAYU : あのときは誰かが誰を責めるとかじゃなくて、お互いに気を使うというか変な感じでした。

──10月6日には初音源「EMPiRE is COMiNG」をフリー・ダウンロードで公開… と思いきや、ヴォーカルは渡辺淳之介Ver.でした(笑)。正直どういう気持ちでした?

YU-Ki : BiSHさんのときも「スパーク」を渡辺さんが歌っていたので、おもしろいなと思いました。

YUKA : ファンの人が混乱していて「みんな声低くない?」ってリプが来て(笑)。

YUiNA : 渡辺さんって気づいていない人もいたよね。

──あははは。初めてのレコーディングは、GANG PARADEのレコーディングを見学したあとに行ったそうですね。最初のレコーディングはどうでしたか?

YUKA : 緊張しすぎて、めっちゃ足を開いて歌っていました。落ち着け、落ち着けって自分に言い聞かせて。

MAYU : 今もじゃない?

YUKA : いや、直った! 直った(笑)!

MiDORiKO : 私は第三者の人からの目というか、歌がすごく上手い子が入るんじゃないかと思われていたのがプレッシャーでした。正直メンバーの中で1番歌えてなくて、自分だけリズムに乗って歌うことができなかったので、レッスン中、いつも泣いていました。

MAYU : 最初聴いたとき音もリズムも取れなくてびっくりしたけど、本人が頑張って、どんどん上手くなっていてすごいなって思う。

MiDORiKO : 毎週課題があるんですけど、それが1人だけできなくて。

YUiNA : MAYUちゃんが一緒に練習していたりしていたよね。

MiDORiKO : できるようになるまで一緒に練習してくれたんです。

──2曲目として公開された「TOKYO MOONLiGHT」(※これも渡辺淳之介ver.で公開された)は、MAYUが作詞しているんですよね。

MAYU : 最初に音源を聴いたときにおしゃれだなと思って、雨上がりの週末の夜をイメージして書きました。語呂の良さや仮歌で聴いて聴こえたものを入れたりしています。

──お披露目ライヴで初披露された「アカルイミライ」は、BiSHのアイナ・ジ・エンドが振り付けを担当しているそうですね。


EMPiRE「アカルイミライ」

YUKA : 来ていただいて教えていただいたんですけど、緊張しました!

YU-Ki : ライヴ前にはTwitterで「こんなに長い期間あったんだから、EMPiREいいもの見せてくれるんだろうな」っていうコメントもあったので、そのプレッシャーもありました。

YUiNA : ファンクラブも年会費が3万円ですし…。

──そういえば、ファンクラブの受付はメンバーが電話番をしたんですよね。それが初めてのファンの方との接触だったわけですけど、いかがでしたか。

MiDORiKO : メンバーから「コミュ障だね」って言われていたので、ギリギリまで一緒に練習してもらって臨みました(笑)。

YUKA : 私も応援してくれている人たちとお話をするのが初めてだったから、キョドっていました(笑)

MAYU : 印象的だったのが「3万も払っているんだし、めっちゃ期待しているから、EMPiREまじで頑張んないとダメだよ」って激励していただいて。「ありがとうございます! 頑張ります!」って応えたことは覚えています。

楽しむしかないし、やったる! っていう気持ちでした

──そして11月23日にお披露目ライヴが行われました。プロジェクトの始動から約半年という時間があったことが、逆に緊張というかプレッシャーだったんじゃないですか?

MAYU : 前々日くらいに大泣きしました。

YUiNA : どうしたの? って言いながら、私もゲロ吐きそうでした…(笑)。

YUKA : でも会場に着いたら楽しむしかないし、やったる! っていう気持ちでした。

──肩を組んでいる写真がありましたたけど、あれはライヴの直前ですか?

YU-Ki : はい。声出しどうする? って瞬間です。

MAYU : とりあえず手を繋いで「EMPiRE is COMiNG──!」ってやったんです!

──たくさんのお客さんが待つステージに立った瞬間はどうでした?

MAYU : 逆に、お客さんの緊張を感じました。親みたいというか、授業参観みたいな感じがした(笑)。

YUKA : 家族感があったよね? みんな、優しかった。

MAYU : 最初に披露した曲が「EMPiRE is COMiNG」だったんですけど、振り付けの先生もサビで盛り上げたいってことを言ってくれていたので、お客さんの緊張をほぐしたいと思ってライヴに臨みました。

──ステージ上でEMPiREのファンの総称が「エージェント」であることが発表され、ライヴ後のチェキ会で直接コミュニケーションをしたり、活動がいよいよ始まった感があると思います。次は12月8日の〈WACKのフェス。〉でのライヴで、会場はZEPP DIVER CITYと、いきなり大きなステージですね。

YUKA : やばいですよね。150人キャパから2,700人キャパへって…。

──EMPiREはBiSHのスタッフの方たちが担当していますけど、活動においてBiSHとの関わりもあるんですか?

YU-Ki : BiSHのメンバーのみなさんがお土産をくださったり、気にかけてくださっていて。

YUKA : ラジオも出させていただいたりしました。

──他のWACKグループ、BiSやギャンパレのことはどう思いますか?

MAYU : 自分が実際にステージに立つ側の人間になってみて、これを平然とやっていたんだと思うと改めてすごいなと思いました。

YU-Ki : 3つのグループがあるからこそ私たちもいるわけで、先輩方にはすごく感謝しています。

何て言えばいいか難しいんですけど、格好つけたいなと思います(笑)

──お披露目ライヴでは1人ずつ決意を述べていましたよね。YUKAは「偉そうなことは偉くなってから言いたいので、みなさんも「EMPiRE CORE」に入ったことが一生の自慢になるくらい大きな帝国にしていきたい」って言っていました。

YUKA : 私は今そんなに語れることはないと思っていて。目標を持つことはいいことだけど、まだ実力も付いていないから「これをやってやるぜ!」って言うにはまだ早いなと思って。あれがしたいこれがしたいというのは大きな口が叩けるようになってから言いたい。そんな状況でもエージェントの方は高いお金を払って来てくださっているので、その人たちが後悔をしないように頑張りたいし、入ってよかったと思ってもらいたいです。「EMPiRE CORE」は退会した人分しか追加募集をしないから「EMPiRE CORE」だってことを誇れるくらいになれたらいいなと思います。

──YUiNAは「自分で限界を決めないで活動していきたい」と言っていました。

YUiNA : そしたら渡辺さんから「限界を考えないようにしかけようか」って言われてしまって…。

──他のグループがやってきた100kmマラソンをやるってなったらどうします?

MAYU : やります!!

YUiNA : 全然やります!!

──2人しかやりますって言っていないですけど(笑)。

YUKA : マラソンが得意じゃないんですよ…。

──合宿オーディションを体験しているわけですから大体のことは出来るんじゃないですか? MiDORiKOだけは、いろいろ初体験になるでしょうけど。

YU-Ki : ぜひ一度合宿に出てもらいたいね(笑)。

MiDORiKO : 出たいです!! それこそ私がライヴのときに言っていた異空間じゃないけど、それを味わえると思うので参加したいです。

──これから、EMPiREをどういうグループにしていきたいですか?

YU-Ki : 個性あるアイドルさんがたくさんいるけど、その中で埋もれないグループにしたいねって話はみんなでしたよね。

YUiNA : WACKの先輩方の妹分で終わりたくないとも思っていて。

MAYU : 私は、自信がないからへりくだってどうせ私なんか… みたいな気持ちを捨てたくて。何て言えばいいか難しいんですけど、格好つけたいなと思います(笑)。

──EMPiREをやっていく中で、やってみたいことはありますか?

MAYU : 私は作詞の精度を上げたいです。BiSHさんのモモコグミカンパニーさんみたいに、一発で認めてもらえるような歌詞を書けるようになりたいです。

MiDORiKO : 私はステージにたくさん立ちたいです。それで、お客さんと一緒に空間を作り上げられるようになりたい。

YU-Ki : もっとたくさんの人に知ってもらいたいです。いつかは大きなステージに5人で立てるようがんばっていきたいです。

YUiNA : 今決まっているライヴは先輩方がいるから出られるし、お客さんも来てもくれているから、EMPiREだけでたくさんの人を呼べるライヴをやりたいです。来てくれてる全員がEMPiREを好きな人たちで埋まるライヴがしたいと思います。

YUKA : 私もいろんな人に知ってもらいたいです。そのために私たちだけが発信しているんじゃなくて、観てくれる人が「EMPiREいいよ」って他の人に言いたくなるくらい、自分たちの実力を上げていきたいです!!

LIVE INFORMATION

WACKのフェス。
2017年12月8日(金)@ZEPP DIVER CITY
時間 : Open 17:30 / Start 18:30
出演 : BiS / BiSH / GANG PARADE / EMPiRE and more
料金 : 4,800円(税込) SOLD OUT
お問合せ : KM MUSIC 045-201-9999

はじまったばかりのEMPiREのストーリー

Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒インタヴュー「EMPiREはかっこいいものになると思います」

Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)インタヴュー

Epsode0.2 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー)インタヴュー

WACKとavexが作り上げてきたBiSHの歴史を振り返る

vol.0 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0 渡辺淳之介 インタヴュー

vol.0.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.1 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー) インタヴュー

vol.0.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.2 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) インタヴュー

vol.0.3 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.2 真田礼(アートディレクター・デザイナー) インタヴュー

vol.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode1 BiSH初インタヴュー(前編)

vol.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode2 BiSH初インタヴュー(後編)

vol.3 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode3 ユカコラブデラックス、初インタヴュー「脱退」

vol.4 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode4 ハグ・ミィ、初インタヴュー「アイドルヲタク全体の数をもっと増やしたい」

vol.5 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode5 モモコグミカンパニー、初インタヴュー「ただ可愛いって言われるアイドルと一緒になりたくない」

vol.6 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode6 アイナ・ジ・エンド、初インタヴュー「私の声がないと成立しない音楽に出会いたかった」

vol.7 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode7 セントチヒロ・チッチ、初インタヴュー「見返してやりたい!」って気持ちのほうが大きかった

vol.8 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode8 これが新生クソアイドルのデビュー作だ!!BiSH、待望の1stアルバムをハイレゾ配信(デジタル・ブックレット付き)

vol.9 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode9 南波一海が切り取る中野heavy sick zero初ワンマン・ライヴ!

vol.10 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode10 BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか?

vol.11 BiSH~Rock'n Rol2 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode11 BiSHとともに振り返る200km対抗駅伝

vol.12 BiSH~Rock'n Rol3 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode12 ハシヤスメ・アツコ初インタヴュー「清水寺の舞台から飛び降りる気持ちで合格です」って言われました

vol.13 BiSH~Rock'n Rol4 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode13 リンリン初インタヴュー「今まで全部どうにかなってきたので、どうにかなるからいいやって感じです」

vol.14 BiSH~Rock'n Rol5 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode14 セントチヒロ・チッチ、インタヴュー「BiSHが目指したいのはSMAPだ!」

vol.15 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode15 ハグ・ミィ、インタヴュー「BiSができなかった武道館でワンマンをやりたい」

vol.16 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode16 〈Eden of Sorrow Tour〉福岡公演「闇から救い出してくれたのはBiSHなんです」

vol.17 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode17 アイナ・ジ・エンド、インタヴュー掲載

vol.18 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode18 モモコグミカンパニー「絶対にこのまま地下アイドルで終わりたくない」

vol.19 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode19 ハシヤスメ・アツコ「私、もう本当にここで人生終わりたいくらいなんです」

vol.20 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode20 リンリン「ちょっと炎上しちゃうようなことで世間を騒がせたい」

vol.21 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode21 セントチヒロ・チッチ「アイドルってものの概念がどんどん壊れていった」

vol.22 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode22 アイナ・ジ・エンド「自分は絶対見失わないで変わっていきたい」

vol.23 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode23 モモコグミカンパニー「今は通過点だと思っている」

vol.24 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode24 アユニ・D「本物のBiSHになって歌って踊りたい」

vol.25 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode25 リンリン「未来にはあまり興味がない、今が楽しければそれでいい」

vol.26 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode26 渡辺淳之介&松隈ケンタによるアルバム解説、各界からのコメント掲載

vol.27 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode27 ハシヤスメ・アツコ「いい意味で楽観的だと思います」

vol.28 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode28 セントチヒロ・チッチ「これが私の人生です、私のお仕事はこれです」

vol.29 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode29 アユニ・D「一線を超えたい」

vol.30 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode30 アイナ・ジ・エンド「自己発信できる塊でいたい」

vol.31 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode31 モモコグミカンパニー「変わるとしたらここしかないなと思った」

vol.32 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode32 ハシヤスメ・アツコ「BiSHで売れたいっていうのと、自分も売れたい」

vol.33 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode33 リンリン「BiSHで自分の生きた証を残したい」

vol.34 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode34 アユニ・D「後悔なくやりきったと言えるライヴを重ねていきたい」

vol.35 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode35 セントチヒロ・チッチ「自分の格好悪いところを認めた上でがむしゃらにやってやる」

vol.36 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode36 アイナ・ジ・エンド「今の6人で絶対代わりはいないくらいになりたい」

vol.37 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode37 モモコグミカンパニー「6人がやっとひとつになれた」

vol.38 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode38 リンリン「毎回やっぱりBiSHにいてよかったって思うんです」

vol.39 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode39 ハシヤスメアツコ「まだまだ上に行けるんじゃないのか! って」

vol.40 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode40 セントチヒロ・チッチ「未来を見据えるというよりは、今をどれだけ必死にやるか」

PROFILE

EMPiRE

>>EMPiRE オフィシャル HP

>>EMPiRE TWiTTER
EMPiRE OFFiCiAL(@EMPiREIDOL)
YUKA EMPiRE(@YUKA_EMPiRE)
YUiNA EMPiRE(@YUiNA_EMPiRE)
YU-KI EMPiRE(@YU_Ki_EMPiRE)
MAYU EMPiRE(@MAYU_EMPiRE)
MiDORiKO EMPiRE(@MiDORiKO_EMPiRE)

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事