【BiSH】Epsode22 アイナ・ジ・エンド「自分は絶対見失わないで変わっていきたい」

2016年5月にavex traxよりメジャー・デビューし、渡辺淳之介と松隈ケンタのタッグとともに再びメジャー・シーンに殴り込みをかけているBiSH。ハグ・ミィの脱退を経てもその勢いは止まることをしらない!! 現在は全国ツアーを絶賛実施中、10月8日(土)には日比谷野外音楽堂でのワンマン・ライヴも控えているBiSHのメンバーに3周目となる個別インタヴューを敢行。個別インタヴュー第2弾はアイナ・ジ・エンド。BiSHのヴォーカル、そしてダンスを支える彼女がどのようなことを考え、想っているのか? ぜひインタヴューを読み込んでほしい。

BiSH、avexからのメジャー・デビュー作をハイレゾ配信


BiSH / DEADMAN(24bit/48kHz)

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 1,000円

【Track List】
1. DEADMAN
2. earth

INTERVIEW : アイナ・ジ・エンド

アイナ・ジ・エンド

オーディション時から、歌もダンスも群を抜いていたアイナ・ジ・エンド。それでも「もっと上手く、もっとできる」と言い、その探究はとどまる所を知らない。昨今での彼女のライヴでの集中力は凄まじく、覚醒している。だからBiSHのライヴは、興奮が止まない。彼女は、BiSHというグループを「楽器を持たないパンク・バンド」として存在させる上で、最も重要なアーティストだ。

インタヴュー&文 : 飯田仁一郎
写真 : 関口佳代

今は毎日死ぬ気でライヴをやっていくことが目標

ーー2016年前半の大きな出来事として、メジャー・デビューがありました。デビュー前と後では何か変わりましたか?

アイナ・ジ・エンド(以下、アイナ) : チェキをエイベックスの人がとってくれるようになったり、ライヴに部長さんがきたり、スタッフさんが増えて、気を抜く瞬間がなくなりました。自分の気持ち的にはそんなに変わらないんですけど、メジャー・デビューすることで親を喜ばせられたかなって思います。BiSHに入るときに、渡辺さんがお母さんに「1年以内にメジャー・デビューさせます」って言ったんです。お母さんがそれを覚えていて、ギリギリ1年以内でのデビューだったので「渡辺さんすごいね」って。

ーー喉はどうですか。お医者さんには行ってますか?

アイナ : 行ってます。喉は全然大丈夫になりました。声帯炎っていうのがちょっと慢性化してるだけだから、寝たらすぐ治る。ライヴがない日も、スタジオに入って1時間歌うっていうのを2週間やってみたんです。それを2週間続けたらだいぶ強くなって。練習で枯れたら元も子もないって怒られたりもしたんですけど、多少のことでは枯れなくなりました。ボイトレも月に2回くらい皆で行ってます。

ーーひとつの到達点を経て、次はどこに焦点をあわせていますか?

アイナ : BiSHをはじめたときは、とにかく武道館って言ってたんです。でも正直あんまり明確な目標じゃないと思っていて。私アホなんで、考えてても忘れちゃうんですよ。今は毎日死ぬ気でライヴをやっていくことが目標になってます。相変わらず武道館っていうのは芯の強い目標だけど、そこに立つためには毎日を一生懸命生きるしかないと思うから、目標を立てるというよりは、後悔しないライヴをやっていきたい。だから最近のライヴはやばいです。

ーータガがはずれる瞬間がわかるようになりましたよね。

アイナ : 同じ曲は普通にやったら同じパフォーマンスになっちゃうから、どうやったらお客さんが求めてくるものを超えられるんだろう、どうしたら応えられるんだろうってことを突き詰めると、爆発しちゃうんですよね。発狂してすぐに飛んじゃって。戻ってきても過呼吸みたいになってるんで、そのときはずっと叫んでる。最近は意識して自分を落ち着かせないと、すぐに変になっちゃうんですよね。まず綺麗におさまるライヴをできるようになりたいです。

ーー爆発してしまうのはよくないことなんですか?

アイナ : だってBiSが解散した横浜アリーナではそんなこと絶対できないじゃないですか。お客さんの上を粘土みたいに歩くみたいな。

ーー粘土みたいにってどういうことですか(笑)?

アイナ : 「ドン! ドン!」って。押したら沈む、みたいな(笑)。1回女の子の鼻の穴に指をいれちゃったことがあって、本当に申し訳なかったなって反省したんですよね。そういうのもあって、横浜アリーナとか武道館に立ったときに、ちゃんといいライヴって言われるライヴにしたいから、そんなの封印したいくらいなんです。広いところに行っても通用するように、まずはライヴっていうライヴをできるようになりたい。今の目標はそれです。

ーー狂ったパフォーマンスをするようになったのは、リンリンの影響もあるのでしょうか。

アイナ : そうかもしれない。私リンリンとは似てる部分が多くて互いにリスペクトしてるから、ライヴ中も頼れるんですよね。「今ここはリンリンに任せて私はダンスに集中しよう」とか。逆にあの人も「アイナ・ジ・エンドがずっと声を張ってるから助けなきゃ」って思ってくれて、最近は「OTNK」の冒頭の叫びをやってくれたり。私もリンリンがしんどそうなときはリンリンのぶんも歌おうとか。他のメンバーでもそういうことはあるけど、リンリンが1番言葉にしなくても伝えあえてるなって思うから、すごく楽なんですよね。

ーーリンリンのどんなところを尊敬しているんですか?

アイナ : 天性なのか好みなのかわからないですけど、ここでこれをやれば格好いいっていうのがわかってるんですよね。それを考えずにやってしまえる。私はただ単におかしくなって、それが結果格好いいって言われたりするけど、リンリンはその先もちゃんと見えている。憧れます。

ーーなるほど。

アイナ : 見てきたものが違うのかもしれないですね。(神聖)かまってちゃんの奇抜な感じをずっとみて音楽を聞いてた人と、R&Bばっかり聞いてた私とでは。全然違うけど、お互いの見てきた格好いいと思う部分が混ざったときには、もっと格好いいことができるんじゃないかなって思ってます。あと振り付けもリンリンのおかげでかなり変わったと思います。キャラが立ってるから考えやすくて、リンリンが入ってから見てても面白いなって思う構成の振りつけもできるようになってきた。

「BiSH終わった」って思われたくなかった

ーー前回の取材では振り付けをノートに書き連ねてるって言ってましたけど、今も続けてます?

アイナ : はい。今はアルバムの振り付けをやらなきゃいけないから自分との戦いです。全部の曲をキラーチューンにしたいんですけど、難しい。振りのアイデアは常に考えるようにしていて、お風呂にはいってるときにシャワーがチクチクするなって思ったのがとげとげのダンス(「beautifulさ」)になったり。「ヒーローワナビー」はゾンビがテーマで、間奏でリンリンとモモコがお線香を焚いたり、私とチッチとハシヤスメでゾンビになるダンスをしたり、メンバーを食べたり。私なりのコンセプトで1曲1曲つくってます。楽しいです。

ーー最近のもう1つのトピックとして、ハグ・ミィ脱退がありました。

アイナ : 寂しかったですね。1番頼っていたので。声が枯れた時は一緒に歌ってもらったり、「家賃払ってないんだよね」とか言ったりすると「それはダメだよ! 法律事務所に訴えられるよ!」って、アイナがやらないことを見越して、ちゃんとアイナが怖がるような言葉を使ってわかりやすく説明してくれたりして(笑)。

ーーハグ・ミィの脱退はどんな影響を与えていますか。

アイナ : 辞めるまでは寂しかったけど、辞めたら次に進むしかないし、辞めた人のことを考えても仕方ないから。寂しいことかもしれないですけど、5人バージョンになったときに歌割りが増える子が多かったから、増えた子のケアをしなきゃっていう思いのほうが大きかったです。振りも全員の位置を覚えて、誰かが間違ってたら咄嗟に注意できる状態にして。お客さんにはハグ・ミィがいない状態のライヴでも絶対についてきてほしいし、「BiSH終わった」って思われたくなかった。ハグ・ミィに対しても、BiSHにいればよかったと思われるようなBiSHになろうってことは思ってました、ずっと。

ーー5人でのBiSHはどうですか?

アイナ : ハグ・ミィが辞めるときに「アイナちゃん、もっとメンバーに頼ったほうがいいよ」って言われたんです。振り付けもそうだし、やらなきゃやらなきゃって思いすぎてた。最近はメンバーと話し合ったりして、皆に頼りまくってます。頼ってるというか、しんどいときはしんどいとか、眠い、お腹すいたとか、表に出せるようになって、空気的に私が勝手に楽になりました。5人の中での自分のあり方がわかってきた感じですね。

ーー前回の取材のときは、アイナの理想とグループの状況に差があったと思うんですけど、今はどうですか?

アイナ : 今も自分の理想とは違うけど、BiSHというものはこうでなきゃダメっていうのがなくなって、そのままでもいいんじゃないかなって考えになりました。もちろんクオリティはあげないといけないけど、ダンスのレベルがバラバラであることとかは、それも味じゃないかなって。それをいかに振り付けでよく見せられるかが、今の私のできることなんじゃないかなって思えるようになった。だから皆のレベルをあげたり、自分が超筋トレしたりとかじゃなくて、ライヴでの映え方や見え方が面白くなるように、1人1人にあわせて振りを作ろうって考えに変わりました。

ーーずいぶん意識が変わりましたね。

アイナ : はい。逆にBiSHがE-girlsみたいにダンスがうまくなっても面白くないと思ったし、私は渡辺さんじゃないから、振り付けで皆の個性を料理できるようになりたい。逆に歌に関しては、松隈さんや渡辺さんに私たちを料理してくださいって思います。

ーーいつ頃からそう思うようになったんですか?

アイナ : 「DEADMAN」のレコーディングをした頃に吹っ切れました。昔は曲をもらって、自分の歌い方で歌いたいっていうのがすごい強かったんですけど、「DEADMAN」を聞いたときに「ああ、これはもうどうしようもない」と思っちゃって(笑)。今まで自分がやってきたものとは全く別のものだったし、こう歌わなきゃいけないみたいなものがなくなっちゃった。

ーーあの曲が理解できなかったってことですか?

アイナ : はい。今の自分が持ってるものじゃ無理だと思って、松隈さんの意図を汲み取ろうと、松隈さんがどんな思いでこの曲を作ったかっていうのをひたすら考えてました。レコーディングも最後まで歌えなくて、はじめて自分から「録り直していいですか? 分けて録りたいです」って言って。でも自分の思うようにじゃなく、松隈さんの求めるものに応えるっていうのはすごい楽しかったです。で、求められてるものを出した結果、私のシャウトが選ばれたってことは、「松隈さんへの愛が伝わったのかな?」とか勝手に思ったし、これを続けていったらもっと歌が幅広がるんじゃないかなって思いました。

ーーボーカリストとして新たな境地に立ったんですね。

アイナ : そこから型にはまるのはダサいことかもしれないと思うようになって、振り付けもそうかもなって。私が思う格好良さはこれ、じゃなくて、その子がおいしく見えるようにするのが私にできることだと。「DEADMAN」くらいから変わりましたね。松隈さんのことをすごい考えたらそうなりました。

TIFに「BiSHを毎年呼ばなきゃ」って気持ちにさせたい

ーーBiSHとしては順風満帆ですか?

アイナ : そうですね。個人的にはそりゃ辛いこと、グラビア撮影のときにおっぱいないなーとか思うことはあるんですけど、お尻で売っていけるって言われたんでいいかなって(笑)。いろいろあるけど楽しいです。言葉でいったら軽くなっちゃうけど、人生をかけてる感じを実感できるようになってきた。

ーーいろんな仕事が増えてきた中で、今1番楽しいのはなんですか?

アイナ : 歌です。ライヴとレコーディング。松隈さんのインタビューを読んだら、アイナは全然ダメって書かれてて。「椎名林檎みたいになれるけん、もっといける。期待も込めて言うけど全然下手」って。他のアイドルさんのことはべた褒めだったのに、アイナのことだけすごいダメって書いてたんで、これはチャンスじゃないかと思って。

ーーチャンス?

アイナ : 自分が変われるチャンスだなと。「DEADMAN」のときみたいに、自分を窮地まで追い込めるようなレコーディングをしていけば、次は褒められるんじゃないかと思うから、そういう意味でレコーディングがすごい楽しみです。松隈さんにいいって言われたいです。こんなこと言ったら言ってくれなくなっちゃいそうだけど(笑)。

ーー挑戦することで自分を変えられると、ポジティブに思えるんですね。

アイナ : はい。ずっと昔からダンスも自分が1番下手くそな立場だったんですよね。1番年下で、ダメ出しされることが当たり前だったんですけど、BiSHに入って振り付けを考えたり教えたりしないといけない立場になって、根本的な自分を見失ってたなと思いました。でも誰彼にもディスられて成長するわけではなくて、松隈さんか渡辺さんか、飯田さんも外林さんもですけど、ずっと見てくれてる人じゃないと嫌なんですよ。適当に見てる人に「お前なあ」とか言われても「黙れ!」とか思っちゃうけど、松隈さんに言われるから嬉しい。

ーーしかもその前に「あいつは椎名林檎になれるけん!」って期待されてますからね。

アイナ : そう! それをツアー先のホテルで読んで泣いて。「嬉しいー!」みたいな。

ーー「悔しい!」じゃなくて?

アイナ : 悔しすぎて嬉しいんですよね。今も泣きそう(笑)。松隈さんに認められたいって思える自分が嬉しいんです。歌うのがすっごい好きだから、もっと変わりたい。そういう存在の人が1人いてくれるだけで自分が変われるかもしれないし、歌うのが大好きだから声も絶対枯れたくないっていうのが、松隈さんの「下手やけん」っていう一言のおかげで「っしゃ! 頑張ろう!」ってなれる。でもダメダメ言われすぎると多分辞めちゃうんですけど。

ーー完全に松隈さんの手のひらの上で転がされてますね。

アイナ : そう思います。

ーーじゃあ今の、アイナとしての目標は?

アイナ : 「認められたい」ってことかもしれないですね。多分メンバーの中で1番自分に自信がなくて、いつも全力でいかないと誰にも勝てないと思ってる。かといって誰かになりたいわけじゃなくて、アイナはアイナ・ジ・エンドのままでいたいから、自分は絶対見失わないで変わっていきたいです。

ーーグループとしては?

アイナ : 驚かせたいですね。それが今1番の目標。あとTIFに呼んでいただいて嬉しいんですけど、嬉しいってことは見返したいってことでもあって、TIFに「BiSHを毎年呼ばなきゃ」って気持ちにさせたいですね。去年、TIFではじめて渡辺さんが苦悩している姿を目の当たりにしたんです。苦悩の末にアカペラっていうのを考えてくださって、あれをみて渡辺さんのことを格好いいなって思ったし、BiSHのためにそんなに考えてくれるんだって思った。だから今回は、渡辺さんにそんなことを考えさせたくないし、BiSHのパフォーマンスで皆を驚かせたいですね。

ーー去年の布石もあるし、お客さんの期待も大きいでしょうね。

アイナ : でもダイブはしちゃダメですね。リンリンとアイナが要注意です。頑張ろう。それこそさっき言ったような、横浜アリーナでも通用する格好いいライヴがしてみたいです。

BiSHの2stアルバムをOTOTOY独占ハイレゾ配信中!!


BiSH / FAKE METAL JACKET(24bit/96kHz)

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 257円 / まとめ購入 1,543円

【Track List】
1. スパーク '16 / 2. BiSH-星が瞬く夜に '16 / 3. MONSTERS '16 / 4. Primitive / 5. beautifulさ / 6. OTNK '16 / 7. 身勝手あいにーじゅー / 8. デパーチャーズ / 9. ウォント / 10. サラバかな '16 / 11. ALL YOU NEED IS LOVE / 12. Dear… / 13. BUDOKANかもしくはTAMANEGI

※アルバム購入いただいたお客さまには、飯田仁一郎(OTOTOY編集長)によるライナーノーツがついてきます。


BiSH / MONSTERS


BiSHの1stアルバム&シングルをハイレゾ配信中


BiSH / Brand-new idol SHiT

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 257円 / まとめ購入 2,057円

【Track List】
1. スパーク / 2. BiSH-星が瞬く夜に / 3. MONSTERS / 4. Is this call?? / 5. サラバかな / 6. SCHOOL GIRLS,BANG BANG / 7. DA DANCE!! / 8. TOUMIN SHOJO / 9. ぴらぴろ / 10. Lonely girl / 11. HUG ME / 12. カラダ・イデオロギー / 13. Story Brighter

※ハイレゾ版のみ、まとめ購入するとデジタル・ブックレットがついてきます。


BiSH / OTNK

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 257円 / まとめ購入 617円

【Track List】
1. OTNK
2. NO THANK YOU
3. MAIN STREET ELECTRICAL PARADE

※まとめ購入するとデジタル・ブックレットがついてきます。

LIVE INFORMATION

BiSH Less than SEX TOUR

2016年8月11日(木・祝)@[福岡]DRUM Be-1 16:00/17:00
2016年8月13日(土)@[大阪]AKASO 16:00/17:00
2016年8月14日(日)@[京都]KYOTO MUSE 15:00/16:00
2016年8月19日(金)@[埼玉]HEAVEN'S ROCK SHINTOSHIN VJ-3 17:30/18:30
2016年8月20日(土)@[鹿児島]SRホール 16:00/17:00
2016年8月21日(日)@[熊本]BE.9 V-2 16:00/17:00
2016年8月27日(土)@[福島]CLUB #9 16:00/17:00
2016年8月28日(日)@[岩手]CLUB CHANGE WAVE 16:00/17:00
2016年9月1日(木)@[愛知]ボトムライン 18:00/19:00
2016年9月3日(土)@[長野]松本ALECX 15:00/16:00
2016年9月4日(日)@[静岡]浜松窓枠 15:00/16:00
2016年9月10日(土)@[香川]DIME 16:00/17:00
2016年9月16日(金)@[千葉]柏PALOOZA 17:30/18:30
2016年9月18日(日)@[広島]SECOND CRUTCH 16:00/17:00
2016年9月19日(月・祝)@[山口]RISING HALL 16:00/17:00
2016年9月22日(木・祝)@[岡山]エビスヤプロ 16:00/17:00
2016年9月30日(金)@[宮城]Rensa 18:00/19:00
2016年10月2日(日)@[北海道]BESSIE HALL 16:00/17:00 (問)BESSIE HALL 011-221-6076

チケット料金 :
スタンディング 3,800円(税込)
2F指定席 3,800円(税込)※山口公演のみ
※入場時にドリンク代別途必要
※未就学児童入場不可
※会場内に女性限定エリアを設けてあります

BiSH Less than SEX TOUR FINAL‘帝王切開’

2016年10月8日(土)@日比谷野外音楽堂
時間 : 17:00/18:00 (問)KM MUSIC 045-201-9999
チケット料金 :
S席 30,000円(税込) ※当日限定SPECIAL LIVE鑑賞権+お土産(限定Tシャツとか)付き
A席 10,000円(税込) ※お土産(限定Tシャツとか)付き
B席 5,000円(税込)
※未就学児童入場不可
※当日限定SPECIAL LIVE鑑賞権とは極限までルールを排除した、100名ちょっとだけで日比谷野音を完全に堪能する星が瞬く夜になライヴ

オフィシャル先行二次[8月/9月/10月公演のみ]
受付期間▶5月16日(月)12:00~5月23日(月)23:00
受付URL▶http://w.pia.jp/t/bish/

チケット一般発売日

7月23日(土)AM10:00~

BiSHのストーリーを振り返る

vol.0 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0 渡辺淳之介 インタヴュー

vol.0.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.1 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー) インタヴュー

vol.0.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.2 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) インタヴュー

vol.0.3 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.2 真田礼(アートディレクター・デザイナー) インタヴュー

vol.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode1 BiSH初インタヴュー(前編)

vol.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode2 BiSH初インタヴュー(後編)

vol.3 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode3 ユカコラブデラックス、初インタヴュー「脱退」

vol.4 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode4 ハグ・ミィ、初インタヴュー「アイドルヲタク全体の数をもっと増やしたい」

vol.5 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode5 モモコグミカンパニー、初インタヴュー「ただ可愛いって言われるアイドルと一緒になりたくない」

vol.6 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode6 アイナ・ジ・エンド、初インタヴュー「私の声がないと成立しない音楽に出会いたかった」

vol.7 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode7 セントチヒロ・チッチ、初インタヴュー「見返してやりたい!」って気持ちのほうが大きかった

vol.8 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode8 これが新生クソアイドルのデビュー作だ!!BiSH、待望の1stアルバムをハイレゾ配信(デジタル・ブックレット付き)

vol.9 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode9 南波一海が切り取る中野heavy sick zero初ワンマン・ライヴ!

vol.10 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode10 BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか?

vol.11 BiSH~Rock'n Rol2 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode11 BiSHとともに振り返る200km対抗駅伝

vol.12 BiSH~Rock'n Rol3 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode12 ハシヤスメ・アツコ初インタヴュー「清水寺の舞台から飛び降りる気持ちで合格です」って言われました

vol.13 BiSH~Rock'n Rol4 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode13 リンリン初インタヴュー「今まで全部どうにかなってきたので、どうにかなるからいいやって感じです」

vol.14 BiSH~Rock'n Rol5 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode14 セントチヒロ・チッチ、インタヴュー「BiSHが目指したいのはSMAPだ!」

vol.15 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode15 ハグ・ミィ、インタヴュー「BiSができなかった武道館でワンマンをやりたい」

vol.16 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode16 〈Eden of Sorrow Tour〉福岡公演「闇から救い出してくれたのはBiSHなんです」

vol.17 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode17 アイナ・ジ・エンド、インタヴュー掲載

vol.18 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode18 モモコグミカンパニー「絶対にこのまま地下アイドルで終わりたくない」

vol.19 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode19 ハシヤスメ・アツコ「私、もう本当にここで人生終わりたいくらいなんです」

vol.20 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode20 リンリン「ちょっと炎上しちゃうようなことで世間を騒がせたい」

vol.21 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode21 セントチヒロ・チッチ「アイドルってものの概念がどんどん壊れていった」

BiSHが超えるべきBiSの歴史を振り返る

vol.1 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

vol.2 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

vol.3 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

vol.4 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

vol.5 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

vol.6 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

vol.7 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.7 -『エレガントの怪物』-

vol.8 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.8 -初レコーディング作品フリー・ダウンロード開始!

vol.9 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.9 -BiS初のフル・アルバムが、2011年3月23日発売決定! -

vol.10 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.10 -1st フル・アルバム『Brand-new idol Society』先行配信開始! -

vol.11 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 -待望の初アルバム『Brand-new idol Society』配信開始!

vol.12 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.12 -アイドル・グループ構成員増殖計画セカンド・シーズンスタート!

vol.13 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.13 -中野heavy sick zeroのワンマン・ライヴ!

vol.14 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.14 -BiS次回作の一斉楽曲コンペ開催決定! !

vol.15 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.15 -BiSとtengal6のコラボ楽曲フリー・ダウンロード!

vol.16 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.16 -号外! BiSからヨコヤマリナが電撃卒業!

vol.17 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.17 -リナハムありがとう! 衝撃のPV公開!

vol.18 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.18 -7月9日下北沢shlterで新メンバー発表! -

vol.19 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.19新メンバーテラシマユフ入学式-

vol.20 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.20 -渋谷WWW目前プー・ルイ、インタヴュー-

vol.21 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.21 -渋谷WWW「BiBフェス!」ライプ・レポート! ! ! -

vol.22 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.22 -「怒髪天のハロウィン 百鬼フェスティバル」にBiSが登場っ! ! ! -

vol.23 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.23 -怒髪天にBiSが突撃インタヴュー&ライヴ-

vol.24 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.24 -売り切れ続出! タワーレコード限定シングル発売開始! -

vol.25 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.25 -テラシマユフへインタヴュー! 優等生が見せた葛藤-

vol.26 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.26 -リキッド・ルーム・ワンマン目前メンバー・インタヴュー! -

vol.27 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.27 - 満員御礼! BiSリキッドルーム・ワンマン・ライヴ!

vol.28 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.28 - プー・ルイ インタヴュー「理想のリーダー像とは」連続企画スタート!

vol.29 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.29 - ヒラノノゾミ インタヴュー「アイドルグループでの存在意義」

vol.30 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.30 - テラシマユフ インタヴュー「BiSに優等生は必要! ? 」

vol.31 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.31 - 新メンバー・ワッキー&ミッチェル 初インタヴュー

vol.32 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.32 - プ—・ルイ インタヴュー「リーダーとしての葛藤と決意」

vol.33 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.33 - アナログ盤『ABiSCDiS』リリース記念 BiSの工場見学

vol.34 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.34 - 渡辺淳之介(BiSマネージャー) インタヴュー「BiS誕生以前の物語」

vol.35 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.35 - 祝・メジャー・デビュー『PPCC』BiS全力特集

vol.36 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.36 - Road to 赤坂BLITZ

vol.37 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.37 - 辻本翔(BiS アシスタント・マネージャー)インタヴュー—「研究員からBiSマネージャーへ」

vol.38 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.38 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 松隈ケンタ(BiSサウンド・プロデューサー) INTERVIEW

vol.39 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.39 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 南波一海によるロング・レビュー掲載

vol.40 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.40 - 『IDOL is DEAD』リリース記念 BiS公開インタヴュー

vol.41 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.41 - 2012年のBiS、そして2013年へ

vol.42 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.42 - BiSとDorothy Little Happy『GET YOU』リリース

vol.43 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.43 - プー・ルイ、国技館に降り立つ

vol.44 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.44 - 国技館ワンマンへの道!!

vol.45 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.45 - 2013年3月16日(土)@東京・両国国技館 「WHO KiLLED IDOL? 」

vol.46 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.46 - ミチバヤシリオ インタヴュー 加入1年にして語る現在の想いとこれから」

vol.47 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.47 - 新メンバー初インタヴュー テンテンコ、カミヤサキ、ファーストサマーウイカ

vol.48 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.48 - BiS、6人体制になって初のシングル『DiE』をリリース プー・ルイ インタヴュー

vol.49 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.49 - BiS階段 おばあちゃんに訊く!!「この音楽はなんだと思いますか?」@巣鴨地蔵通商店街

vol.50 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.50 - BiS『Fly / Hi』をリリース ミッチェル、卒業インタヴュー

vol.51 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.51 - ヒラノノゾミ、インタヴュー「解散までにもう少し足跡を残したい」

vol.52 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.52 - コショージメグミ、インタヴュー「BiSをやりきる、それだけですね」

vol.53 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.53 - カミヤサキ、インタヴュー「もっと自分に自信を」

vol.54 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.54 - ファーストサマーウイカ、インタヴュー「いまを積み重ねるしかないですから」

vol.55 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.55 - テンテンコ、インタヴュー「わたしがいなくてもいるみたいな存在になれたらいいなって」

vol.56 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.56 - 渡辺淳之介、インタヴュー「BiSは解散に向けて、再びおもしろさを取り戻せるのか?」

vol.57 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.57 - 飛ばねぇアイドルは、ただのアイドルだ。BiS、上田剛士(AA=)を迎え新曲リリース

vol.58 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.58 - BiS、ラスト・アルバム完成!!BiSが生まれるきっかけになった4人のメンバーで解散までの歩みを語る

vol.59 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.59 - BiS、カミヤサキのコスプレ連載「2.5次元まで」Vol.3 キルラキル

vol.60 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.60 - 泣いても笑っても、これが最後のダンス・チューン――BiS、ラスト・シングル『FiNAL DANCE/nerve』をリリース

vol.61 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.61 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、コショージメグミ編――アイドルがしたくて入ったわけじゃなくて、BiSが好きで入ったから

vol.62 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.62 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ファーストサマーウイカ編――おっきいお葬式をしたいなって、「楽しかったね、ありがとうな」っていう

vol.63 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.63 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、テンテンコ編――夏休みの宿題をまったくやらずに最終日っていう感じなんです

vol.64 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.64 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、カミヤサキ編――楽し過ぎて終わるのがイヤになるようなトラウマを残すライヴをしたいな

vol.65 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.65 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ヒラノノゾミ編――「こっちは3年やってきてるんだぞ!」っていうプライドもある

PROFILE

アイナ・ジ・エンド、モモコグミカンパニー、ハグ・ミィ、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、リンリンの6人からなる楽器を持たないパンク・バンド。BiSを作り上げた渡辺淳之介と松隈ケンタが再びタッグを組み、彼女たちのプロデュースを担当する。ツアーは全公演即日完売。1stシングルはオリコン・ウィークリーチャートで10位を獲得するなど異例の快進撃を続けている。

>>BiSH オフィシャル HP

o

 
 

連載

GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月17日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.3はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら>>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・中編はこちら 2017年新たな
by 西澤 裕郎
GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月10日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.2はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら POPからGANG PARADEヘ(2015年12月〜2016年7月) ──カミヤ
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回
[REVIEW]・2017年11月15日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回──KOJOE4年半ぶりの新作に迫る いよいよ本格的に冬! 今年も残り1ヶ月半、年末に向けじわじわと忙しさも増す今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で10回目! 前回はみんなが待ちに待ったPUNPEEのアルバム『MODERN TIMES』を渾身のレヴューでお届けしました。年間のベストも出揃いつつあるタイミングですが、ここにきて強烈な作品! 今月は新潟生まれ、NYクイーンズ育ちのバイリンガル・ラッパー、KOJOE4年半ぶりとなるアルバム『here』を特集です。豪華な客演陣が揃う今作からはどんなパンチラインが選ばれるんでしょうか!? 4年半ぶりとなるオリジナル・アルバム!KOJOE / here'【収録曲】01. KING SONG Feat. Mayumi02. Smiles Davis Feat. Dusty Husky & Campanella03. PenDrop Feat. ISSUGI04. Prodigy Feat. OMSB
by 斎井 直史
Walking with PAW PicoーーーSummer Rocket、愛わなびがハイレゾ音源を聴きながら神泉をお散歩
[TECH]・2017年11月14日・Walking with PAW PicoーーーSummer Rocket、愛わなびがハイレゾ音源を聴きながら神泉をお散歩 大きさ、重さともに世界最小クラスのDAP(デジタル・オーディオ・プレイヤー)、PAW Pico。こんなに小さいのに、PCM192kHz/DSD5.6MHz(PCM変換)までのフォーマットに対応している優れものの音楽プレイヤー!! Bluetoothを用いてスマホ上の専用アプリで選曲することも可能。さらに、移動距離、平均速度、歩数、消費カロリーなどの記録を取って、アプリで管理もできちゃいます。今回、OTOTOYでは「夏」をテーマに、2016年7月から活動をスタートさせた4人組アイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)のメンバー、愛わなびがPAW Picoを持って、神泉〜渋谷の街をお散歩、おススメスポットを巡り、それに合うハイレゾ音源10作品を紹介していきます。音楽好きに大人気の喫茶店・FRIENDSや、カクバリズムの事務所があったり、音楽好きが集まる場所神泉をPAW Picoとともにお楽しみください。日々の生活に音楽が彩りを与えてくれること間違いなし!! >>PA
【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編
[CLOSEUP]・2017年11月09日・【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編 「夏」をテーマに、2016年7月から活動をスタートさせた4人組アイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)。SEBASTIAN X、音沙汰の永原真夏と工藤歩里が楽曲を手がけ、こつこつとライヴ活動や雑誌のレポート活動などを行い、じわじわと知名度と人気があがってきている彼女たち。その中でも、オリジナルZINEを作るなど、ひときわ創作に強い意欲を持っているメンバー、愛わなびの連載企画がスタート! 愛わなびが敬愛する表現者たちにインタヴューを行い、各アーティストがどのような考えを持って活動しているのかを学び、その回ごとにインスピレーションを元に総括を創作して公開します! と、コンセプトは決まったものの緊張の中始まった連載第1回。ゲストは、Homecomings畳野彩加さん。果たしてわなびは何を学んだのか? ぜひお楽しみください! 愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings畳野彩加編 さぁさぁ〜! 始まりました! ついに始まってしまいました、「愛わなびのく
by 中の人
【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1
[GANGPARADE]・2017年11月07日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.1 はこちら>【レポート】BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか? ミキ : ユアは往路の対戦相手がいなくて。 ユア : モモコグミ・カン
by 西澤 裕郎
【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る
[POURLUI]・2017年10月31日・【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る 2016年9月、5人のメンバーで再スタートを切り、2017年5月に新メンバー・ももらんどとパン・ルナリーフィが加入、GANG PARADEのカミヤサキがレンタル移籍し、現在7人体制で活動中の新生アイドル研究会BiS。5月末より行ってきた全国ツアー〈BAD SOCiAL TOUR〉のファイナル公演〈IDOL is DEAD〉を目前にペリ・ウブが感染性腸炎により入院、無事退院したもののリーダーのプー・ルイがダイエットに挑戦する企画〈DiET or DiE〉でまさかの失敗。9月16日より活動休止となり、6人での活動を余儀なくされた。そして10月6日の赤坂BLITZ公演を6人で迎えたBiS。ライヴ途中でプー・ルイが復帰し、2回目のメジャーデビュー、両国国技館でのワンマンを発表し、再び7人で走り始めた。そんなBiSの6人で活動した期間を6人とともに振り返る。 新生BiS、7人体制での2ndシングルを配信中BiS / I can't say NO!!!!!!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回
[REVIEW]・2017年10月11日・ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回 今年も残り3ヶ月、気がつくとあっという間に年末がすぐそこまで来てますね〜。ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載、「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で9回目です! 先月はキレのあるFebbのラップが帰って来た、GRADIS NICE & YOUNG MASによる共作『L.O.C -Talkin About Money- 』、そして先日の日本での初ライヴを披露したNY在住の日系若手ラッパー・MIYACHIを取り上げました。そしてもちろん今月は、全てのヒップホップ・ヘッズたちが待ちに待ち焦がれたPUNPEEのファースト・アルバム『MODERN TIMES』特集! 斎井によるレヴューの熱量もかなり高めに仕上がっております! ぜひ一読を! みんな待ってた! 待望のソロ1st!!PUNPEE / MODERN TIMES'【収録曲】1. 20572. Lovely Man3. Happy Meal4. 宇宙に行く5. Renaissance6. Scenario (Film)7. Interval8. Prid
by 斎井 直史
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事