メロウ・ヒップホップ・シーンの中核、Robert de Boronが夢のなかへ導く4枚目、その制作環境に迫る

人気コンピレーション“IN YA MELLOW TONE”シリーズの立役者としてメロウ・ヒップホップ史に残る数々のアンセムを世に送り出してきたトラック・メイカー、Robert de Boron。過去3作はiTunesヒップホップ / ラップ・チャートで今もなお上位に位置するロングラン・ヒット。そんな彼の2年ぶりとなる待望の新作が登場! 24bit/44.1kHzのハイレゾで配信がスタートした。

本作のfeat陣には、2015年5月頭にre:plusとのツアーを終え、ますます日本で注目が集まるアメリカ人コリアン・アーティスト、Sam Ockやサード・アルバムを共作したAWAなどお馴染みの盟友から、初参加のシンガー&ラッパー含む14名を迎え、緻密なビートメイクと美しくエモーショナルなメロディーで構築された12曲を収録。今作でRobert de Boronに取材をするにあたって、彼の音楽が生まれるその制作環境を追求した。試聴からでもいい。記事とともにぜひ、彼の音楽の肝である"メロディー"を堪能してほしい。

インタヴュー : 飯田仁一郎
写真 : 外林健太

Robert de Boron / Dreams in Static

【配信形態 / 価格】
【左】
24bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC :
単曲 300円 アルバム 2,000円
>>ハイレゾとは?
【右】
16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC :
単曲 250円 アルバム 1,800円
mp3 : 単曲 200円 アルバム 1,500円

【Track List】
01. Be Okay feat. Kharisma & Jon Wonder
02. Blues feat. Magnetic North & Taiyo Na & Teng Yang
03. Shine A Light Pt.5 feat. Sam Ock
04. I am Ready feat. Dawngun
05. Always feat. Taro Miura from HO17 & Nieve
06. Impossible feat. Nino Augustine
07. The B Team feat. Kharisma & Aliyah B
08. It's Never too Late feat. AWA 〜Album Version
09. Love You feat. Matt Levy
10. Fade Away feat. Matt Levy
11. Snow Pallet
12. The Lost Child feat. MO

INTERVIEW : Robert de Boron

でも今のヒップホップって、いわば90年代のヒップホップとかNujabesに比べるともうヒップホップじゃない気がしちゃって

——今回は制作環境を色々伺いたいなと思って。まず初期のころはどんな制作環境だったんですか?

Robert de Boron (以下、RDB) : 遊びみたいなときは、MPC2000XLをくるくる回してドラム叩いて、みたいなことをやっていましたね。あとRolandのTR-707だったかな。16パッドあって、エフェクトがいっぱい付いてるやつ…。あれとかも使ってMPCで作って。楽器もできなかったから初期のころはそんな感じです。

——そのときは、結構ゴリゴリのヒップホップだったんですか?

RDB : そうですね。結構ゴリゴリ。

——それがいつごろ、メロウな方向へ?

RDB : デビュー前の、2007年ぐらいにNujabesとかを良く聴いてて、何年も聴いていられる、こういうのを作れたらいいなって。しかも作っているのが日本人なんだ! みたいな驚きがありましたね。

——Nujabes以外にはいますか?

RDB : あと誰だろう…? やっぱりNujabesだったかな。異質なドラムの音色(おんしょく)で、ぶった切りのサンプル回してるだけじゃなくて、その制作の仕方とかも含めて今までになかった感触だったというか。

——そうですね。Nujabesは本当に衝撃的でしたよね。サード『On The Rainbow』の前にギターを購入されて、音もそうだし、制作環境もだいぶ変わったと思うんですけど、いかがですか?

RDB : だいぶ変わりましたね。基本的に楽器は何にもできなくて。でも今のヒップホップって、いわば90年代のヒップホップとかNujabesに比べるともうヒップホップじゃない気がしちゃって。現代のヒップホップはもうちょっとエレクトロですよね。それにおもしろさを感じなくなって全然違うジャンルを聴くようになったんです。浮気をしたというか。まあロックもずっと昔から好きだったんですけど。ジャック・ジョンソンとか、ジェイソン・ムラーズとかね、そのあたりのオーガニック系のギター・ミュージックにハマって「ギターほしいな〜!」って(笑)。これをヒップホップに取り入れたらまたおもしろいかな、と思ってギター買ったんですよ。そしたらハマってハマって。

——そんなにどハマりしたのはなぜでしょう?

RDB : 持ち運びが出来るというのが強いですね。今までの制作環境だとパソコンに向かい合ってひたすら打ち込んでリズムを組むっていう作業じゃないですか。でもギターはメロディーをつくるにしても、コード進行つくるにしても、リフをつくるにしてもどこでもできちゃう。これはおもしろい楽器だなと思って。音も良いし。

——じゃあいまは、外に出て行ってギター弾いてみたりするんですか?

RDB : 曲作りはそんな感じっすね。今はだからヒップホップっていう感じじゃないんですよ、ギターでやってるのは。ヒップホップは機材に向かわないとできない音楽だと思ってて。オケのイメージはギターでつくれるけど、オケをつくるってなるともう機材の前に立った方が音楽はつくりやすいですよね。だから外でつくってるものはヒップホップじゃないというか。

——今は機材の前に立つのはあまりしていない?

RDB : ちょっと前まではしてなかったです。でも、最近またドラム組むのもおもしろくなってきて、違うアプローチの仕方、世の中にないモノが、少しできてるんじゃないかなって。

世の中でヒットした曲や自分でグッとくるメロディーには、何か答えがあると思う

——曲のヴォーカル・メロディーはボロンさんが作ってるんですか? それともゲストの方?

RDB : 半々くらいですかね。外人って、ある程度こんな感じだよって言って投げても、全くそぐわずに返ってくるパターンが多いんですよ(笑)。ビタッとまんま歌ってきてくれる人もいますけどね。でも、今回でいうと4曲目の「I am Ready feat. Dawngun」はピアノのループモノなんですけど、こういうのはおもいっきりゲストに投げちゃいますね。ここ小節、ここヴァース、ここシングってな感じで構成だけやって、テーマも伝えて投げて、返してきてもらったものをまたエディットしていくというか。

——テーマを伝えて、って仰いましたけど、その時点で曲やアルバムの世界観は決まってるんですか? 例えば「Be Okay feat. Kharisma & Jon Wonder」ならこういう曲にしたいんだ! みたいな。

RDB : テーマというか… イメージはあるというか。「Be Okay」は夏っぽくてカラっとしたイメージっていうところから作り出して、ドラムもそういう音色にしたし、ギターの音色やピアノの音色もちょっとカラッとさせて、あんまりしっとりしないような感じでつくっていく。そうしておくとヴォーカルも自ずとそうなっていくので。

——ではアルバムのイメージは最初にあるんですか?

RDB : いや、ないですね。全く。ひたすら作ってるだけだから。

——なるほど。ではボロンさんにとって、曲作りでここっていうこだわりはどこにありますか?

RDB : 良いメロディーにはこだわっていますね。世の中でヒットした曲や自分でグッとくるメロディーには、何か答えがあると思うんです。最高だなこの曲っていうのをプレイリストにして、100曲バァーっと並べて共通点を探すんですよ。研究がすごい好きなんです。それをするとね、あるんですよ。ちょっと似たフレイバーで自分が好きだっていう共通項が。それをギター弾きながら考えてみたり、自分の曲で試してみたり、そういうところにこだわっていますね。

——研究が好きなんですね?

RDB : 好きですね。Nujabesとかスゲー研究したし…。

——音色にも強いこだわりを感じます。録音する空間の響きとか。

RDB : 外タレに曲を投げるとレコーディング環境がみんなちがうじゃないですか? マイクも違って、プリも違って、シールドも違って、DAWも違う。1番は部屋の広さというか。「Be Okay」はKharismaとJon Wonderにお願いしてるんですけど、Kharismaは結構オン・マイクで歌い、吸音された部屋で歌ってるんですよね。Jon Wonderはめちゃくちゃ音が反響してるんですよ。だからルーム感がすごいあるっていうか。それを聴いたときに、この2人を混ぜたらおもしろいなって思ったんですよね。1曲のなかに2人が入っていても、ちゃんと変わったなっていうイメージが出せる、そういう人選をしています。

——おもしろい!

RDB : でもこういうのはインディーズだからこそかもしれないですね。スタジオで録ったら違うんでしょうね。でも、インディーズ感がそこにあるというか。家っぽいっていうか(笑)。

——じゃあトラックを作ったら、歌よろしくって言って、あとはこっちで何とかする感じなんですね。

RDB : ホントにそうです。メロディーが、イメージと全然違うものが返ってきても、バッチバチにいじりますね。切って、切って、切って、切って、みたいな。ラップまでメロダインかけるし。

——トラックはどこまで打ち込みで、どこまで生音なんでしょう?

RDB : まずピアノは打ち込みですね。

——ピアニストに弾いてもらおうとかは、思いませんか?

RDB : 自分でやるとぎりぎりのリミットまでいじれるのでなかなかね。人間の感覚が許せないときがあって、打ち込みだとBPMが決まってるじゃないですか。90って言ったら最初から最後まで90でヨレないから。そのなかに2小節3小節のまわしをやるとき、本当にこの点の差なんだよねっていうのを生では直せないので自分でやります。

——他はどうですか?

RDB : ドラムは生音です。素材のもとになる音の音色を変えて足して引いて。古めかしい音にこだわってます。現代の音は太いのでそこに遜色ないように。例えば、ローエンドをばっさりEQで切って、そこに足す音源もアナログで。さらにこれよりローが出てるなっていうやつを挿して、また全然違う音にする。基本的に全部生音源。どれだけいじっても生音からチョップしているのは、どこまでデジタルでいじりこんでも耳触りがいいんです。

——なるほど。打ち込みでBPMとかグルーヴ感を意識しながらも生に近づけている。ベースはどうしていますか?

RDB : ベースは生ですね。セミホロウのベースで弾いています。エピフォンのジャックキャサディ・モデルだったかな。もこっとしててエッジがない音。サードからそのベースかな。ギターも生だし。

——ベースは結構弾ける感じなんですか?

RDB : ある程度弾いて、チョップしてます(笑)。データ見たら笑いますよ。超切ってる。

——でもその切った感じは、全然わかんないですよ。

RDB : そうですか? でもチャンネル数も多いですからね。「Shine A Light Pt.5」とか150チャンネルぐらいあるんですよ。ヴォーカルだけで40とかあって。このアルバムのちょっと前にフィル・スペクターにハマって。ギタリストの(山本)幹宗 (The Cigavettes)とよく遊んでて、あいつが「フィル・スペクターやばいよ~」って言ってきて、音聴いて盛り上がって(笑)。フィル・スペクターっぽいのやりたいねって言ってやったのが「Shine A Light Pt.5」ですね。


Robert de Boron「Shine A Light Pt.5 feat. Sam Ock」MV

音楽って根っこを辿ると、コード進行とメロディーだけのものじゃないですか。そこをもっと見なよって

——前作からこのアルバムで1番変わったことは?

RDB : あんまり3段飛ばし、4段飛ばしみたいなことをしたくなくて。階段を一個一個登ってアルバムを作っていきたいんですよね。だからこれも地続きにあるなって。

——どういう地続きにありますか?

RDB : オーガニックな感じですかね。電子音が入ってないところとか。セカンドは複雑なコード進行とか、ちょっとこむずかしいリフとかをやったんですけど、サードからそれを排除して、4枚目もそういう感じにしてあるというか。もっとナチュラルでストンと耳に入ってきて、メロディだけが抜けないで残るものを作りたかったんです。

——むずかしいことを排除したくなったのは何故でしょう?

RDB : 要はアレンジにこだわっていくと時代が通り過ぎたときに古く感じるんですよね。でもギター1本で、綺麗にメロディーを歌ってる音源があったら30年前だとしてもかっこいいんですよ。要はアレンジってその時代にあったことをやってるから”アレンジ”って言うと僕は思ってて。それがないものって、例えばボブ・ディランのヒットソングとか、そういう感じなんですよね。いま聴いても「うわぁ、くっせえなこれ」っていう感じがしないというか。全然いいじゃんみたいな。時代にもちろん残していきたいんですけど、通り過ぎてもまだ聴けるものが世の中にはあるし、自分もその仲間入りしたいなって感じがシンプルになっていった理由のひとつかなと思います。

——その思うようになった原体験はボブ・ディラン?

RDB : いや、オアシスですかね。オアシスのファースト、セカンドが特に。メロディーが抜けないんですよ。やっべえなぁこれと思って。そんな感覚になる曲って、そんなにないじゃないですか。ジャック・ジョンソンとかも何曲あるか。あとジェイソン・ムラーズの「アイム・ユアーズ」とか。でも俺はまだそれを100%出せてないんですよ。歌を人に頼んでるから (笑)。だから自分でやりたいとか、日本人とマンツーマンでやったら、よりいいものが作れるんじゃないかな、とか。いいものってわかんないですけどね。ま、売れるもの? みんながいいって言えるものが作れるんじゃないかと思いますけどね。

——今、いいものイコール売れるものって言いましたけど、そういう意識があるんでしょうか。

RDB : 売れるって言葉がよくなくて、届くって言えばいいのかもね。届くことを考えると、グッド・メロディーは絶対必要。技術が進歩してるし、プレイもみんな上手くなってるし、すごいじゃないですか、日本人なんか特に。なのに世界で勝てる曲が少なすぎるっていうのはこれはね…。もちろん、すごい人はいっぱいいるけど、真の意味でポップな人がいないかなって。アレンジでこう、よく聴こえるようにできちゃうというか。音楽って根っこを辿ると、コード進行とメロディーだけのものじゃないですか。そこに付け足してどういう音楽にするかをやってるだけ。だから、根っこの部分をもっと見なよっていうか、僕はそこを見てつくりたい。

——ボロンさんはシリーズを通して何か表したいものはありますか?

RDB : そうだなあ~、でも結局平和とかにいっちゃうんですよね、頭のなかが。心が安らぐ何かが提供できればっていうところに落ち着くんですよね。

——前のインタヴューとかでも仰ってましたが、それは3.11直後に被災地に行って見たものの影響が大きいんですかね?

RDB : 集約するとそこになるのかな。それが自分のなかにズドンと残ってて。当時、福島出身の彼女がいたんですよね。東京で一緒に住んでたんですけど。その子の実家が福島の第二原発の真裏だったんですよ。3.11の1日前、10日におじいちゃんが危篤で福島の病院にいると、でも夜中に電話がかかってきたから交通手段がないしどうしようって彼女がテンパってて、じゃあ俺が車出してやるよって言って、彼女の弟も一緒に乗せて、福島に向かって。家に届けたのが3月11日の朝4時ぐらいなんですよね。で、俺はトンボ帰りで、高速走ってる間に、電話がかかってきて「おじいちゃん亡くなったよ。死に際に会えてよかった、ありがとう」って。で、俺は東京に戻ってきて寝ていたら、地震があって。「あ、これは俺、彼女を殺してしまった」って思って。でも、生きてた。彼女の家は丘の上にあったらしくて、おじいちゃんが亡くなってみんなお線香をあげにきていたから、親戚ひとりも亡くならなかった、って。

——すごいタイミングですね。

RDB : そう。でもすぐに原発がなんだって話になって。とはいえ、現地の人は電気がきてないから状況を知らないじゃないですか。電話やメールで、東京ではこんなことになってるけど情報きてる? って言っても、全然わからないって感じでね。どんどん避難区域は広がって、しばらくして彼女も避難して、そのあいだも連絡してると、もう、戦後のような、すごい世界で。そのあと自分でも気持ちがどうにもならなくなっちゃって、福島に向かったんです。でもそこで見たものが凄まじくて。まだ人が入っているままだろうバスが地面に突き刺さってたり、川のなかで家が反転してたり、国道6号をずっと走っていたので、北茨城を超えたぐらいでみんなぐっちゃぐちゃで。そのあと彼女も精神が不安定になっちゃって。なかなか自分に置き換えられないけど、自分が住んでた場所が住めなくなって、家を放棄して、親友が家族ごといなくなって…。それを震災の真っ只中で、間近で見た。そこから平和を表現するって言ったら変ですけどね、痛めた心を、もちろん震災のことだけじゃなくてね、そういう人にとってカンフル剤になれたらなっていうのは、きっとずっと思い続けることなんですよ。

Robert de Boron過去作、関連作はこちら

Organic Soul

V.A.

¥ 1,543

PROFILE

Robert de Boron

2008年9月に初作をリリースして以降、ほぼ全ての作品がヒットを記録し、シーンの中心的存在として君臨している東京を拠点に活動するサウンド・プロデューサー / トラックメーカー。国内配信主要チャートでの1位獲得は勿論のこと、韓国の配信チャートでも軒並み1位を獲得するなど、国内のみならず世界的な評価を獲得し世界を魅了しつづけている。なかでも、2011年1月にリリースされたセカンド・アルバム『Mellow Candle』は空前のロングラン・ヒットを記録、MELLOW HIPHOPシーンの代表格としての地位を確立。2013年4月にリリースされたサード・アルバム『ON THE RAINBOW』では、iTunes HIP HOPチャートにおいて"ソング"、"アルバム"共にぶっちぎりの1位を獲得するなど、前作を遥かに凌ぐ高い評価とセールスを記録した。そして2015年5月、サード・アルバム『ONTHE RAINBOW』でその地位を不動のものとした鬼才が、待望の4枚目のアルバムをドロップする。

>>Robert de Boron Official HP

 
 

インタヴュー

sora tob sakana メジャー1stシングルを先行配信
[POWERPUSH]・2018年07月14日・sora tob sakanaの夏、到来! TVアニメ「ハイスコアガール」OP曲のメジャー1stシングルを先行配信開始 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。TVアニメ「ハイスコアガール」のオープニングテーマを含んだメジャー1stシングル『New Stranger』が7/14から先行配信を開始。夏のはじまり、7月1日に東京国際フォーラム ホールCで行われた昼夜ワンマン・ライヴも成功に終わり、シングルのリリースとともに夏の大規模アイドルフェスに多数参加予定の彼女たちにメールインタヴューに加え、5・7・5で一筆書いてもらいました! まとめ購入者から抽選で3名様に直筆サイン入り全員集合チェキをプレゼント!sora tob sakana / New Stranger 【収録曲】 M1. New Stranger M2. silver M3. 発見【配信形態】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム価格 1296円(税込)>>通常配信パッケージはこちら☆プレゼント応募要項☆
ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品
・2018年07月11日・ロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品──M-Swiftの7年ぶりの新作 ハウス・ミュージックの名門、イタリアの〈イルマ・レコード〉と契約しワールドワイド・デビューし、2000年代後半より、ハウス〜クラブ・ジャズ系のシーンにて、その才能を発揮してきた松下昇平のプロジェクト、M-Swift。2011年のアルバム『12Months』以来、実に7年ぶりにアルバム『Moving with The Changes』をリリースする。多彩なシンガーを迎え、R&B〜ソウルを基調に、ジャジーなフィーリングが心地よいスムースな作品となっている。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともにインタヴューをお届けしよう。 7年ぶりの新作をハイレゾ配信開始M-Swift! / Moving with The Changes (24bit/44.1kHz)!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2.300円(税込)【収録曲】01. Lucky star feat. Nate James!02.
by 河村 祐介
弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!?
・2018年07月03日・弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!? 弾き語りからトラック・メイク、そして会社経営までこなし、その独自の作曲センスと高い歌唱力で各方面から注目を集めまくっている“天才シンガー・ソング・ライター・カリスマ・アイドル”、眉村ちあき。彼女が5月にタワーレコードにて限定発売した自主リリースのアルバム『Germanium』『海苔汁』『ハタチの女 オブ アメリカ』の3作(こちらもOTOTOYにて好評配信中です!)より選曲した楽曲を再レコーディングした現時点でのベスト盤ともいうべき作品『目尻から水滴3個、戻る』がOTOTOYでもハイレゾにて配信スタート! しかも! なんとOTOTOY限定のボーナス・トラックとしてTV番組『ゴッドタン』の企画「このアイドル知ってんのか!? 2018」にて即興披露した楽曲「ゲロ」の完全版が収録された特別エディション! 配信とあわせて、まだまだ謎に満ちた彼女の正体に迫るインタヴューも掲載! 眉村ちあきって、一体何者なの!? 限定発売だったアルバムが、OTOTOY限定トラック付きでハイレゾ配信!眉村ちあき / 目尻から水滴3個、戻
by 前 田
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信
・2018年07月05日・ポップという実験──YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信 生活にすっと入ってくる美しいメロディ、そんなポップスの楽しさに満ちたアルバムだ。伝説的なスカ・バンド、デタミネーションズのメンバー、YOSSY(キーボード / ヴォーカル)とicchie(トランペット / トロンボーン)によるユニット、YOSSY LITTLE NOISE WEAVER。前作『Volcano』から約8年ぶりにニュー・アルバム『Sun and Rain』をこのたびリリースする。それぞれにハナレグミ、Caravan、Mr.Childrenをはじめ様々なアーティストのサポートなどでの活動、そして本ユニットでのライヴ活動を経て導き出された新作は、日本語詞を含めて音楽的表現としては、ある種の“歌ごころ”にフォーカスしたポップなアルバムとなった。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信とともにインタヴューを行った。 独占ハイレゾ配信YOSSY LITTLE NOISE WEAVER / Sun and Rain'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは
by 河村 祐介
アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編
・2018年07月04日・メジャーの舞台でもレッツ・パーティー!!──アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋を徹底特集! 地元川越ぶらり編 ライヴ会場だけでなくお茶の間までもダンスホールへと変身させてきた、平成最後のファンク・モンスター、BRADIO。昨年2017年に〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たした彼らが、ついに2018年7月4日(水)にメジャー1stフル・アルバム『YES』をOTOTOYでもハイレゾ・リリース。このタイミングでこそフロントマンの真行寺貴秋の言葉が聞きたい! というOTOTOY編集部の思いから、メジャーに行っても第2弾となる真行寺貴秋特集を敢行。メジャー・デビューや全国ツアー、中野サンプラザやNHKホールでのライヴ、そしてメンバーの脱退など、まさに酸いも甘いも経験した真行寺貴秋はいま何を語る!? 今回は彼の地元、川越での思い出の地をぶらりとしながら、青春時代の思い出から、今作での彼の変化まで語ってもらった。まさに真行寺貴秋を丸裸にしちゃうようなインタヴューをお楽しみください! >>真行寺貴秋特集 第1弾はこちら
by JJ
水曜日のカンパネラ、新作EP『ガラパゴス』 & 初の劇伴を担当した映画サントラをハイレゾ配信!!
・2018年06月27日・水曜日のカンパネラ、新作EP『ガラパゴス』 & 初の劇伴を担当した映画サントラをハイレゾ配信!! 2017年は日本武道館単独公演、全国ツアー、海外公演に加え、コムアイがドラマやバラエティ番組に出演、モデルとしても活躍するなど充実の1年となった水曜日のカンパネラ。アルバム『SUPERMAN』のリリース後は配信限定シングルを4曲リリースしてきましたが、2018年初のリリースとなる作品『ガラパゴス』が到着! 今作はFISHMANSなどの作品のミックスを担当してきたことなどで知られるzAkがエンジニアとして参加。これまでの水曜日のカンパネラとはまた一味違った作品に仕上がっております。また、EPと同タイミングでコムアイも出演、水曜日のカンパネラ初となる劇伴を担当した映画『猫は抱くもの』のサウンドトラック(配信限定!)も配信中。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、5月15日(火)に行われた『ガラパゴス』公開取材の模様より、コムアイとケンモチヒデフミによる今作『ガラパゴス』の解説を掲載。過去リリースしてきたEPでは常に新たな挑戦をしてきた水曜日のカンパネラが挑む今作での新たな試みとは? CMソング「見ざる聞かざる言
Q’ulle“ゆずき”の新プロジェクト、YUZUKINGDOMのこれからの展望を訊く
・2018年06月26日・みんなを支える「王になりたい」──Q’ulle“ゆずき”の新プロジェクト、YUZUKINGDOMのこれからの展望を訊く 「歌って踊れるダンス・ロック・アーティスト」Q'ulle(キュール)のメンバー、ゆずきが新プロジェクト「YUZUKINGDOM」をスタートさせた。Q'ulleでもスクリーム・パートを担当していたゆずきが、日本だけでなく海外でも活躍するトランス・メタル・バンド、BLOOD STAIN CHILDとタッグを組んで建国が宣言されたYUZUKINGDOM。果たしてこの王国はどのような未来を歩んでいくのか。現在のQ'ulleでの活動や、YUZUKINGDOMの今後、そしてゆずきが目指すアーティスト像について訊いた。 ソロ・プロジェクト初作品!! YUZUKINGDOM / GENESIS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】1. Gate of the Kingdom2. Trauma3. Eyes Shut Tightly4. National Anth
by JJ
新たなルートへ入った3776──『歳時記・第二巻』OTOTOY独占ハイレゾ配信開始!
・2018年06月26日・新たなルートへ入った3776──『歳時記・第二巻』OTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 富士山ご当地アイドル3776(MINANARO)の新曲、『歳時記・第二巻』がOTOTOYにてハイレゾ独占配信開始! 本作のリリースに伴い、OTOTOYでは3776メンバーである井出ちよのと、プロデューサーである石田彰にインタヴューを敢行した。7月には渋谷O-nestにて開催される『3776を聴かない理由があるとすれば』の再現ライヴを控える彼女の、明確な“今の目標”に迫る。 OTOTOYハイレゾ独占配信開始! 購入特典ブックレット付き!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)、AAC【配信価格】アルバム購入 540円(税込) 単曲購入 162円(税込) INTERVIEW : 3776 (井出ちよの) & 石田彰 彼女が歩んできた道は、3776、井出ちよの、LINKモードという確かな経験を経て現在へと至った。そんな“現在の彼女”が目標として掲げたのは、国内最大のアイドル・フェス〈TOKYO IDOL FESTIVAL〉とのこと! 7月にはあの名盤『3776を聴かない理由があるとすれば』の再現ラ
by JJ
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。