日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース

華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。

インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで!


★STAR GUiTAR / Special Ordinary

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 300円(税込) / アルバム 2,000円(税込)

【収録曲】
1. Live feat. Hidetake Takayama
2. forgive feat. re:plus
3. Changing The Same
4. echoes feat. H ZETT M
5. Calling feat. Hiroko Sebu
6. Future - Find me if you can
7. The Curtain Rises feat. fox capture plan
8. Nothing Gonna Change My World feat. Schroeder-Headz
9. Something New feat. Still Caravan
10. Moments Of Clarity -Jesus, Joy of Man’s Desiring
11. Be The Change You Wish
12. Butterfly Effect feat. Hidetake Takayama
13. oK
14. Will feat. Chieko Kikuchi (KAGERO)
15. Rise in revolt feat. MELTEN (JABBERLOOP, fox capture plan) reconstruction


★STAR GUiTAR/Something New feat. Still Caravan/


INTERVIEW : ★STAR GUiTAR

今回インタヴューするアーティストは、誰かのBGMになりたかった男。彼は一人で想像し、その想いを誰かと共有し、そしてとても美しいサウンドを生み出すことに長けている。さてさて、彼はあまりにも多くの名曲を生み出してしまった。このベスト・アルバムは、そんな彼の少しの軌跡。そしてこのインタヴューで訊くことができたその作曲のエネルギーは、とってもシンプルなものだった。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文 : 岡本貴之
写真 : 大橋祐希

知らなかったものを知ったことで欲求が生まれた

★STAR GUiTAR

──今回のベスト・アルバム『Special Ordinary』はインストのベストですね。前回歌モノのベスト『HERE AND THERE』を出したこともあって、インストのベストを出したくなったのでしょうか?

もともと、ベストを出すなら別々に出すのか2枚組とかで一緒に出すのかっていうのは考えていたんです。だけど、★STAR GUiTARは前半と後半でやっている音楽が変わっちゃっているので一緒にするとまとめづらいということがあって。だったら割り切って歌モノとインストで別々のベストを作っちゃおうかという感じです。

──★STAR GUiTARにとって歌モノとインストってどのような定義の違いがあるんですか。

うーん、主役がいるかいないかですかね。インストは主役にも脇役にもなるけど、歌はあんまり脇役にはなれないから。

──インストの主役っていうのは? 例えばピアノとか?

僕の場合は、ピアノが圧倒的に多いですね。

──それは、★STAR GUiTARが弾くピアノですか?

最近はそれにだんだん寄ってきてはいますけど、最初の頃はピアニストとコラボするというのがまずあったので、スタートはそこなんだと思います。その人たちのおかげで自分のピアノというのが出てきてますけど、やっぱりピアニストとのコラボというのが僕の中のインストのイメージとして近いですね。


★STAR GUiTAR『Special Ordianry』digest

──ご自分のピアノの比率が上がってきたのはどうしてなんでしょうか。

知らなかったものを知ったことで欲求が生まれたからなのかなって思います。ピアニストの人たちとやるまでは、その人たちにしかできないものがあるっていうのがすごくあった。自分も知識がなかったのでなんか“難しいもの”っていうイメージが自分の中では先行していたんです。だけどやっているうちに「あ、こんなにシンプルでいいんだ」というのはすごくわかってきて。一緒にやったことで得た知識とそこからの好奇心で、「自分でも何かできるんじゃないか」って気持ちが生まれたんです。

──聴きながら、なんとなく『BLUE GIANT』っていう漫画が頭によぎったんですよ。

ああ、いいですよね。あの漫画は本当に音が出てきますよね(笑)。僕はあの主人公がすごく羨ましいんですよ。僕はあそこまで感情を表に出せないし、やろうと思っていても押さえてしまうんですよ。だからあれくらい感情を出せる人が本当に羨ましいです。

──逆に、一緒にやった人の中で感情むき出しのミュージシャンって誰がいました?

コラボしていて1番最初のレスポンスで返ってきた音で「この人は本当にすごい」と思ったのは、sébuhiroko(世武裕子)さんです。世武さんが1番変態ですね(笑)。

──それは意外ですね! どこが?

世武さんは僕がシンプルなコードとリズムだけの構成を仮に作ったものに、全然関係ないものを返してきてくれたりして。「なんだこれ!? うわっすげえカッコイイ」って。僕のデモをぶっ壊してきた人は、世武さんとre:plusの2人だけです。re:plusもまったく別の曲を作ってきたので。僕のデモはなにも残ってなかったです。ドラムのループだけがテンポをかえて残ってました(笑)。そこまでやってくれると面白いなって。

──ベストの中で、新旧問わず1番印象的なコラボ・アーティストは誰ですか?

やっぱり「Calling feat. Hiroko Sebu」の世武さんですね。世武さんが作ってきたピアノのフレーズを、ピアノはピアノで残しているんですけど、そこから抜き出してシンセベースに変えてベースラインとして使っていたりしてるんです。1番刺激的という意味ではやっぱり世武さんですね。

──H ZETT Mとかfox capture planもパワフルですよね。

ヒイズミさん(H ZETT M)は逆の意味の破壊の仕方というか、制限がある中での破壊の仕方がすごく上手いんですよね。僕のしたいところを絶対に崩さないで破壊してくる感じですね。しかも仕事が早いという。

誰かのBGMになりたい

──『Special Ordinary』のコンセプトを教えてもらえますか?

タイトルは、『Schrodinger's Scale』(2014 年9 月10 日リリース)というアルバムに収録した曲名なんです。その後リリース・パーティーのタイトルにもなっていて、自分の中ですごく気に入っている言葉ですね。

──このタイトルは日本語にするとどういう意味なんですか。

“特別な日常”的な意味です。日常こそが特別、というのは真逆の意味なんですけど、かしこまらなくても普通の状態がスペシャルでありたいというか。むかし僕は、「誰かのBGMになりたい」って言ったことがあるんですけど、それをすごく表している言葉だなって思っていて。それがピアノのインスト系が始まってからの自分のスタンスみたいなところがありますね。

──今作を固めて行くうえで、まずこのタイトルが先にあった?

なんとなくあったんですけど、わりとギリギリまでタイトルはつけずに進めていました。曲は単純に自分の中できっかけになった曲をチョイスしていったというのはあるんですけど、ピアノ期というか後半だけで選んでしまうとあまりに偏ってしまう。なので、あえて1stアルバムのときの「Future」とか「oK」を持ってきて、それを今の自分でアレンジし直したんです。

一応、全アルバムから引っ張ってはきてるんですけど、「Butterfly Effect feat. Hidetake Takayama」や「Nothing Gonna Change My World feat. Schroeder-Headz」なんかはあえて『Schrödinger's Scale』に入る前の、『Planetary Folklore』の方のバージョンにしたりしています。最後の「Rise in revolt feat. MELTEN (JABBERLOOP, fox capture plan)」は当時のリリース・パーティーに来た人にだけ配付していたバージョンを少しリアレンジして収録しています。「oK」「Future - Find me if you can」は、完全にリアレンジしていますね。

「Butterfly Effect feat. Hidetake Takayama」は、僕が当時クラブ・ミュージックに寄っていたんで、もっとリズムが強かったんですけど、新しいバージョンはリズムをそんなに強くせずにピアノがもっと聴こえるようになってます。それは「Will feat. Chieko Kikuchi (KAGERO)」にも言えることですね。

──全体的にリズムよりもピアノを、というイメージは意図するものなのでしょうか。

それは自分が音楽的に変わってきたということもあって。★STAR GUiTARを始めた頃はDJもやっていたし、クラブ・ミュージックとしての自分のアイデンティティを探しながらやっていたところもあったんです。今はもちろんリズムは大切だけど、それだけじゃないというところにきていますね。

──★STAR GUiTARって、ダンス・ミュージックっていうイメージがあるんですけど、ベーシックはやっぱりそこなんですか?

やっぱりあくまでベーシックはそこです。テクノがベーシックにあるので。それもあって、今回新録で入っている「Something New feat. Still Caravan」は、あえてピアノでテクノっぽいことをやりたかったので、幾何学的な感じにする方法で作ったんです。この曲がフィーチャリングとしては純粋な新曲です。

──Still Caravanとの出会いとは最近ですよね? この曲はどうやって作ったんですか?

先日、初めてメンバーのピアノの方とTwitterで言葉を交わしたくらいで。まったく会話をしたことがない状態でスタッフさんに間に入ってもらって、全部やり取りをして、結構ギリギリに完成しました。僕から提示したのはほとんどいつもと同じで、ドラムとコードとちょっとしたシークエンスですね。それに音を乗せたものがデータで送られてきて。幾何学的なものにしたいというのは伝えていたんですけど。

──幾何学的なものにしたかった、というのはどうしてなんでしょう。

Still Caravanにもそういう曲があるので、一緒にやったらおもしろいかなと思って。レーベルが一緒なので、どこかのタイミングで一緒にやれたらいいなとは思っていたんですけど、思いがけずすぐにやることになりました。

──この曲を聴いていて思ったのは、例えばH ZETT Mさんとか世武さんにしても、ピンじゃないですか? それに対してStill Caravanみたいなバンドは楽器が多いわけですけど、そこはどうやって考えているのかなって。

そこは僕が乗っかります。fox capture planとやったときもそうだったけど、曲作りのリーダーはピアノなので、彼らとやり取りをしつつ、他のメンバーとのまとめは任せてますね。

──カバー曲として「Moments Of Clarity -Jesus, Joy of Man's Desiring」を入れたのはなぜですか?

これはバッハなんですけど、前からネタ的なものは何かやりたかったんです。「ファイナルファンタジー」とかの音楽を作っている鈴木光人さんが昔やっていたElectric Satieというグループが1998年くらいにアルバムを出しているんですよ。エリック・サティを全部テクノにするみたいな。それがすごく好きで。テクノとクラシックの相性がいいという意味で自分の中のお手本みたいな作品なんです。その印象がすごくあったので、そういうのをどこかでやりたいと思っていて。

今回カバーしたバッハの「Jesus, joy of man's desiring(主よ、人の望みの喜びよ)」って、メインのメロディを聴いていると繰り返しのテクノなんですよ。だったらこれで何かできないかなって。完全にコピーするんじゃなくて、メイン・テーマのフレーズだけ持ってきて、途中からまったく違う曲の展開とかし始めるんですけど。

──この曲を聴いてもバッハの曲だとはわからなかったです(笑)。

ははははは! 最終的には和音の感じとかも全部変えちゃうので。1番頭はわりとちゃんと守ってるんですけどね。知ってる人は知っている人で良いと思うし、知らない人には完全なる新曲として聴いてもらえると思います。

ものすごく成長したという実感がある

──★STAR GUiTARが辿ってきた、インストとしての経過があると思うんですけど、今回振り返ってみていかがでしたか?

インスト中心にしてきたアルバムは3枚出ているんですけど、ものすごく成長したっていう実感があります。

──それはどんな部分で?

勢いだけで音楽を作らなくなった(笑)。それと、言語化できるようになってきているということですね。感覚だけだと、「すごい」とか「いい感じなんだよ」とか、曖昧にしか言えなかったんですよね、。だけど「なんでこれがいいのか」というのをちゃんと言語として話せるようになっていることで、次に進めると思うんですよ。勢いだけだとどこかで止まっちゃうとは思っていたので。

──過去の曲を越えていかないといけないわけじゃないですか? そのときの完成形のラインっていうのは、勢いで作っていたときよりもどんどん上がってきていると思うんですけど、自分の中での基準はあったんですか。

音的な完成度もそうなんですけど、どれだけ好奇心を持って、どれだけそれに満足できるかというのもありますね。あんまり離れ過ぎちゃ駄目だけど、自分が「面白い」とか「新しい」と思うところは大切だと思うので。今回の一連の3枚でどんどん好奇心を埋めて行った結果、レベル・アップにも繋がっていると思います。

──その好奇心というのは尽きてない感じですか?

まだまだ、全然尽きてないですね。

──その尽きない原動力っていうのはどこから生まれるんでしょう? どこかからインプットされるのかなって。それともインプットなしで?

インプット的なことは、単純に自分が新しいものが好きなので、色んな新しい音楽を聴くというのはありますね。その中で「今はこれが好き」っていう自分の好奇心を膨らませていくだけなので。僕の場合、最終的にコンセプトになるような音楽は、「好きだから聴く」というところから来ているんです。意識的にやると失敗するんですよ。勝手に入ってきた曲の方が良いみたいな。そういうものが、何かを作るときのコンセプトの幹になるような曲だったりするので。

──★STAR GUiTARは『HERE AND THERE』と『Special Ordinary』を作ったことで……

“1周目が終了”ですかね。2周目のスタートだと思ってます。『HERE AND THERE』を作る前からやりたいことがあるんですけど、『HERE AND THERE』と『Special Ordinary』を作ってから、ってグッと抑え込んでいるネタがあるので、それを実現したいです。アルバムのコンセプトとして、実現できたら面白いなというのはずっとあるので。新曲のタイトルを「Something New」って付けたのも「何か新しいものが始まるよ」っていうメッセージなんです。

──新しいものを聴くことやインプットすること、作ることは、★STAR GUiTARにとって大きなことなんですね。

何かを作っていないとすごく不安になるんですよ。何か作っていたいし、自分の中でアップデートしたものがあったらちゃんと外に出したいなって思います。

過去の特集記事はこちら

>>『Here and There』ハイレゾ配信&ボンジュール鈴木とスペシャル対談
>>『Wherever You Are』ハイレゾ配信&インタヴュー
>>『ONE HOUR TRAVEL』ハイレゾ配信&インタヴュー
>>『Wherever I am』ハイレゾ配信&インタヴュー
>>『Schrodinger's Scale』ハイレゾ配信&インタヴュー
>>『Planetaly Folklore』配信&インタヴュー

過去作はこちら

RECOMMEND

Still Caravan / EPIC

JAZZとダンスミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravan。「Jazz とブラック・ミュージックの蜜月」という言葉がもっと相応しい名盤です。

この作品に関する特集ページはこちら

H ZETTRIO / NEWS

高い技術と奇想天外なパフォーマンスで『笑って踊れる』音楽を体現し幅広い世代に支持されているピアノジャズトリオ H ZETTRIO。6ヶ月連続リリースの第1弾です。

PROFILE

★STAR GUiTAR

デビュー・シングル「Brain Function」でiTunes ダンス・チャート2位獲得して以降、リリースする作品は、軒並みiTunes チャート上位を独占。1stアルバム『CarbonCopy』、同作の再構築盤『Blind Carbon Copy』の2枚のアルバムが、新人としては異例のスマッシュ・ヒットを記録したことで、DE DE MOUSEや中田ヤスタカ、Taku Takahashi、RAM RIDERといったビッグ・ネームと次々共演し、ageha やROCK IN JAPAN FES といった大舞台にも立つなど、その注目度の高さを見せ付けている時代の寵児。
2014年リリースの『Schrodinger's Scale』は、クラブ・ミュージックとしては異例の1万枚を超えるセールスを記録し、2015年は、1時間に1曲を完成させるオンライン企画から派生したアルバム『One Hour Travel』、『Wherever I am』、『Wherever You are』と3枚の作品をリリースするなど、その多作振りでシーンの度肝を抜いた。
2017年4月、昨年の“歌もの”にフォーカスしたベスト盤『Here and There』に続き、彼の真骨頂とも言うべきインスト楽曲にフォーカスしたベスト盤『Special ordinary』をリリースする。

アーティスト公式HPはこちら

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事