いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?!

最上段→矢野裕之(bass)、2段目→左から前田流星(vo.)、ネギ(guitar / vo)、中野(dr)、高山燦(guitar / vo)、下段→左からオオムラツヅミ(vo.)、九鬼知也(guitar)

“合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。

ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。

まずはこれをダウンロード!!!
収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中!



バレーボウイズ / 真夜中のレコォド

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
0円

【配信期間】
2017年11月9日(水)〜2017年11月16日23時59分

話題沸騰中のバレーボウイズ、初アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ!


バレーボウイズ / バレーボウイズ

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 300円(税込) / アルバム 2,000円(税込)

【収録曲】
1. アイドル
2. きんいろかがやく
3. 卒業(album ver.)
4. シアワセ
5. 真夜中のレコォド
6. ビーチバレイ
7. 7月の嘘
8. マツリ(アコースティック)


1stアルバム『バレーボウイズ』トレーラー映像


INTERVIEW : ネギ(バレーボウイズ)

京都でヤバい人達がどんどん登場する精華大学より、なんかよくわからないすごいバンドが現れた。その名もバレーボウイズだ。極上のメロディと、それを奏でる不揃いのバンドマン達。超新人にも関わらず、〈ボロフェスタ2017〉メイン・ステージでの圧巻のパフォーマンスは、京都に新しい風が吹いていることを広く知らしめたのだ。間違いなく、いま、京都がおもしろい。そして、彼らが1番ヤバい! あと、バレーボウイズを嵐と例えるネギが一等ヤバい!

インタヴュー&文 : 飯田仁一郎
写真 : 中谷利明(ライヴ写真)

バレーボウイズのメンバーってどんな人たち?

──7人組という大所帯。しかも各々が個性的。出会いは?

ネギ : 最初は僕とヴォーカルの(前田)流星が友達の誕生日の曲をつくってて、それが盛り上がって、「メンバー集めて学園祭出ない? 」って話になったんです。僕ら精華大学の出身なんですけど、精華の学園祭にはBOREDOMSとかTHE HIGH-LOWSとか毎回すごいメンツが来てて。それでどうしても母校の舞台に立ちたいと思ったのがはじまりです。

──精華大の学園祭を目指してはじめて、精華大の学生が集まった?

ネギ : そうですね。もう卒業しましたけど、みんな精華でした。

──精華大は個性的な人が多いよね。今日のインタヴューはネギくんだけなので、メンバー1人ずつ紹介してもらっても良いですか? まずはメイン・ヴォーカルの前田くんから。

ネギ : ヴォーカルの(前田)流星くんは、音楽はもちろんなんですけど、自分でも絵を描いたりしていてアートにも興味がある人なんです。アンテナを常に張っていて、流行を捉えるのが上手。音楽もジャンルレスに詳しくて、「最近何聴いてんの? 」って聴けばだいたいこれから流行るものを教えてくれる。

──オオムラツヅミさんは?

ネギ : 専攻は版画で、現代芸術を勉強してたかな。関係を簡単にいうと僕の妹の後輩なんですよ。すごい天然で、「こんな子おるんや…」って見てるだけで楽しい。田舎育ちとも違うし、奔放に育ちつつ、堅実な内面も持っているんです。

──ギターの高山(燦)くんは?

ネギ : 真面目そうに見えるけど、中身はゆるゆるです。いまフリーでデザイナーをやっています。

──ギター九鬼(知也)くんは?

ネギ : 九鬼くんも絵を描いているんですけど、不思議な人です。イベントで誰か呼んで勝手にセッションしだしたりして。音楽の感覚が自由なんですよね。

──ベースの矢野(裕之)くんは?

ネギ : 矢野くんは、すごい音楽が好きなんだろうな。客観的に観て、僕らの音楽をまとめてくれる。メンバーのなかでは最もバレーボウイズの音楽に気を遣ってるんじゃないかな。それは僕らの音楽だけじゃなくて、方向性まで考えてくれてる。あ、一応リーダーは僕なんですけど。

──ドラムの中野くんは?

ネギ : 中野くんは言われたことを断れない最高な人です(笑)。最近知ったんですけど、バンドに入ってくれた理由が「僕が困ってそうやったから」らしいです(笑)。

──聞いてると楽器の力量というよりかは、人柄で選んでる印象がありますね。

ネギ : たしかに上手いからメンバーになってほしかったわけじゃないですね。「この子が人前に立ったらおもしろいんやろうな」と自分が観客として見たときにおもしろそうな人らを集めたら、そしたらメンバー全員が天然になってしまって、誰かがお互いの穴を補わなあかんけど、誰も補い合えなくなりました(笑)。

──誰がまとめてるんですか?

ネギ : 誰かひとりがまとめてるというよりかは、問題が起きたらお互いで対処していく形ですね。割と問題は起こるので。バレーボウイズの方向性を考えてたときは、言い合いじゃないですけど、それぞれが悩んでた時期があってひどかったですね。

ゴチャゴチャしてて、“混沌”となっているステージは1人だとできない

──仲良しそうなバレーボウイズでもそういう時期があったんだ。

ネギ : 3回目くらいのライヴのときにLive House nanoの店長の土龍さんにすごい怒られて。

──怒られた?

ネギ : MCがダラダラしすぎてて、土龍さんに「あんなダラついたMC見たことない。あのMCのせいで曲も入ってこうへんし、ステージがダメになってる」って言われたんです。そこで1度立ち止まって、演奏以外にも考えるべきところがあったなと反省しました。バンドを組んだときは、それぞれの個性がゴチャゴチャになるのがおもしろいかな、としか考えてなかったですけど、観る側の意見として土龍さんに怒られて、はじめて演者として自覚したというか。普段は何も自分らのこと言わない子ばっかりなんですけど、その日は話しましたね。

──でも考えてみれば、今年は〈ボロフェスタ2017〉もメイン・ステージだし〈FUJI ROCK FESTIVAL '17〉(《ROOKIE A GO-GO》)も出たし怒涛の1年だったわけじゃないですか。考えなきゃいけないことも増えると思うけど、メンバーはこの状況を受け止めきれてるんですか?


バレーボウイズ「卒業」

ネギ : 受け流してると思います(笑)。「いろいろ決まってるけどヤバくない俺ら? 大丈夫か」っていうのもちょっと話したんです。でもそれも「ヤバイよな」の一言で終わって、普通の会話に戻るんですよ(笑)。受け流してるわけでもないんでしょうけど、矢野くんと僕以外そこまで重大なこととしては捉えてないんだと思います。

──バレーボウイズは、ギター3本、メイン・ヴォーカル3人、全員コーラスというとても珍しい編成だと思いますが、ネギくんには結成時からいまのヴィジョンがあったんですか?

ネギ : 正直もっと混沌としてるイメージだったんですけどね。最初はマイク無しでヴォーカル10人くらいのバンドをしようと思ってたんですよ。さすがに無理で7人になったんですけど。ただ、この7人の演奏がぴったりハマることなんてないんだろうなと思ってます。当事者でありながら、それがどういう風にまとまっていくのかが自分としても楽しみで。混沌さが出た演奏って、いろんな意味で感動が大きいんですよ。学生のときの合唱コンクールみたいな、クラスメイトの全然知らない一面が見れる感じが好きで。

──“混沌”がバンドのキーワードになってる?

ネギ : 高校のときの合唱コンクールの思い出ビデオを観返してて、精華の学園祭出るならこんな“混沌”とした感じでやりたいと思ったんです。歌ってる人がカッコよくみえるし、みんな必死。合唱コンクールってみんな同じことをしてるけど、ほんとにやる気がない奴がいたり、チャラついててやる気がないようで内心めっちゃ前向きな奴がいたり……「こいつは多分こんなやつやな」となんとなくその人を想像できるじゃないですか。それで舞台をみて何かを感じられるような個性的な人が集まったらおもしろいと思ったんです。それを“混沌”という言葉にするのが合っているのかわかんないですけど。

──好きなバンドに影響を受けてフォロワー的にバンドをはじめたわけじゃないんだ。

ネギ : そうですね。でも、もちろんバンドからもヒントはもらってます。京都に「星の王子さまたち」というバンドがいるんですけど、不定期で「星のクズさまたち」というアコースティック編成のときがあって。集まれる人が集まってやるんですよ。それをはじめて観て感動して! お客さんも歌ってて合唱みたいだったんです。本当に楽しそうで、どこからどこまでが演者なのかわからんくなってるのを観て、その姿が自分の目指してるところと近いと思ったんです。

──目指してるところが明確にある?

ネギ : なんとなくはあるけど、明確にはまだないです。楽器を触ったことのない人もステージに立てて、みんなで歌って。練習してないようにみえる感じも含めてカッコいいやり方がないかなとずっと探してます。

──その探している先は、ネギくんがソロでやっている「ひとりバレーボウイズ」だけではやはり成立しない?

ネギ : 自分の表現したいことが自分だけでは表現できんくて。自分の弾き語りを映像でみたときに自分が思ってた理想とあまりにかけ離れてたんです。それをどうやって理想に近づけようと思ったときに、自分が歌うんじゃなくて、自分のイメージに合うヴォーカルやギターがいてこそ表現できると思ったんです。流星とかオオムラちゃんが個性的な歌い方をしてくれて、ハモりもコーラスも意外性があって良くて。ゴチャゴチャしてて、“混沌”となっているステージは1人だとできないです。

──ではアルバムをつくるうえでも“混沌”はコンセプトとしてありました?

ネギ : そうですね。自分ららしい、ごちゃまぜな感じを出したいなとは思ってました。僕ら7人バラバラで同じ方向を向いてないんですよ。だからそういう感じが曲にも出たらいいなと。たとえばヴォーカルのオオムラちゃんが目立つ曲、歌モノが好きな僕がハッキリでる曲、あとはメイン・ヴォーカルの流星がすごい目立つ曲みたいに... でも制作と一緒に曲選びをしたので、エンジニアの葛西(敏彦)さん等、制作に携わっている人らの存在も大きいですね。たぶん僕らだけで選んだらこのアルバムにはならなかった。アルバムを通して聴いたときにめちゃくちゃ良い流れになってるわけではないけど、1曲ごとに“混沌”として立ってるとは思います。

「バレーボウイズはバンドというか、集まりです」と答えられるようになっていたい

──アルバムを聴いてると昭和歌謡、フォーク、パンク、いろんな影響を感じるんですが、曲をつくるうえでネギくんが影響を受けた音楽の原体験は誰なんですか?

ネギ : 影響を受けたのは、正直自分でもわからんくて。でも浜田省吾、尾崎豊、CHAGE and ASKAとかになると思います。なかでも外せないのは嵐。

──その並びのなかで嵐?

ネギ : 嵐の曲がすごい好きで。おこがましいかもしれないですけど、嵐とバレーボウイズが似てると思ってるんです(笑)。

──どんなところが? (笑)

ネギ : あんまりみんなが揃ってない感じというか。音楽を極めるだけだったら、あのメンバーじゃなくても良い気がするんですよ。でも人柄がすごいよくて、お互いの個性がぶつかってる。曲も綺麗なメロディラインを合唱コンクールみたいに歌ってるのが似てると思ってて。これは嵐の歌が学校の合唱コンクール・レベルと言いたいわけではなくて、嵐がめちゃくちゃ歌の上手い人らだけで構成されてなくて、人柄の良さや声の個性が音楽にも表れているってことが言いたいんですけど。伝わりますかね(笑)。

──言いたいことはわかります(笑)。アルバム名がセルフ・タイトルになってることについては?

ネギ : とにかくごちゃまぜなんです。それがバレーボウイズというか。それはメンバーだけではなくて、関わってくれた人間の人柄まで含んでる。レコーディングをするに至るまで、そして実際にレコーディングをして、終わるまでの過程を詰め込んだ感じ。メンバーだけでつくってたら曲の流れも変わってただろうけど、誰かと相談して決めたことなので、僕がこのアルバムを聴いたときに相談したことを思い出せるんです。誰かと関わることでアルバムがみんなのものになると思ってます。

──タイトルの『バレーボウイズ』にはたくさんの人たちが含まれてて、みんなが含まれてることこそがバレーボウイズだと。

ネギ : そうですね。将来「バレーボウイズとはどんなバンド?」って聞かれたら「バンドというか、集まりです」と答えられるようになっていたい。それが自分だけのバレーボウイズに対するイメージじゃなくて、みんなのイメージになってたらいいなとは思います。まだバレーボウイズは7人という見方でしょうけど、自分的にはもっとメンバーはいるんじゃないかなと思ってます。たとえば最初に僕らのことを見つけてめっちゃ広めてくれた寺内(将明)くん(※大阪在住のSSW)とか。もともとバレーボウイズに加入させようとしてた子とか。


バレーボウイズ「ビーチバレイ」

──そういう子たちも含めて、バレーボウイズ。

ネギ : 曲を演奏しているのは僕らですけど、そうさせてるのは周りの人なんで。みんなに浸透するのは時間かかるけど、まずは自分らの親からそう感じとってもらえるようにセルフ・タイトルにしました(笑)。

──そうやって認めてくれる人が増えてきて、いますごい勢いですけど、どこまでのヴィジョンがあります?

ネギ : 最終的には自分の親が胸を張って自分らのことを自慢できるようになれれば良いなと思います。バレーボウイズが評価されて、メンバーの親が近所で息子を自慢できるようになれれば最高だなと。

──それは単刀直入にいえば売れたいと?

ネギ : 言ってしまえばそうですね。最初は学祭に出たかっただけなんですけど、やっていくにつれて、「お前ら売れろ! 」とか言って応援してくれる寺内くんや、親への恩返しに1番やと思ったんですよ。音楽に興味のない人にも聴いて欲しいし。バレーボウイズがみんなのバレーボウイズになりたいって思うことは、「売れたい」ということと一緒だと思ってます。

記念すべき1stアルバムはこちらから!


フリー・ダウンロードはこちらから

  発売日 2017/11/08

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


過去の特集ページもチェック!

【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ


https://ototoy.jp/feature/20170419003

RECOMMEND

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ / 俺もハイライト

フェスのオーディション枠を勝ち取り〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017〉や〈SUMMER SONIC 2017〉に出演を果たすなど、耳の早い音楽好きから大きな注目を集めているバンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ。そんな彼らが1000枚限定でリリースし、現在は絶版となっている1st EP『俺もハイライト』。

この作品に関する特集ページはこちら


寺内将明 / 弁天町へ帰れなEP & お粥

2017年4月にバレーボウイズとともにスプリット盤『大人になれやしねえ』をリリースした「てら(ex.寺内将明)」。本名の寺内将明名義でリリースした日常を切り取り人間の繊細な心情をストレートに歌い上げるEP。

LIVE SCHEDULE

特別音楽地区〈体育館FREE〉
2017年11月11日(土)@福岡 BEAT STATION
出演 : バレーボウイズ / おとぎ話 / 曽我部恵一 / 桑田研究会バンド / jizue
詳細はこちら

〈おもフェス-FESTIVAL OMOIDE-〉
2017年11月18日(土)@大阪 北加賀屋MASK
出演 : バレーボウイズ / 金氏徹平/テニスコーツ/柴田聡子/オオルタイチ/contact Gonzo/Kazumichi Komatsu/GTSVL/空間現代/荒木優光…… and more
詳細はこちら

〈真夏の夜の夢〉
2017年11月23日(木)神戸 旧グッゲンハイム邸
出演 : バレーボウイズ / classicus / 台風クラブ / もののあわい / The Wisely Brothers

〈タワーレコード インストア・ライヴ〉
2017年11月25日(土)@タワーレコード京都店

〈江ノ電〉
2017年12月3日(日)@江ノ島オッパーラ
出演 : バレーボウイズ / 台風クラブ / キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
選曲 : 矢島和義(ココナッツディスク吉祥寺店) / 北沢夏音

>>> MORE LIVE INFO

PROFILE

バレーボウイズ

前田流星(vo.)、オオムラツヅミ(vo.)、ネギ(guitar / vo)、高山燦(guitar / vo)、九鬼知也(guitar)、矢野裕之(bass)、中野(dr)

2016年京都市左京区民で結成。切ないギターの音と田舎臭い歌詞が誰もが経験したことのあるあの頃の懐かしい感覚を呼び起こす。

>>> バレーボウイズ 公式HP

o

 
 

インタヴュー

『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー
・2018年02月20日・『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー ドリーム・ポップ、パンク、ブレイクコア、カントリーなど様々なジャンルの楽曲を、現代的なアイドル・ポップとして再構築した、親しみやすいサウンドで人気を集める“Lo-Fiドリームポップアイドル”SAKA-SAMA。2月27日にリリースされる彼女たちの『夢のはてまでも』は、ポニーのヒサミツ提供曲であるカントリー・ソング「ネズミの生活」をはじめ、詩人・小笠原鳥類による詩の朗読「夢のはてまでも」、ライヴの定番曲であるデジタル・ガレージ曲「パーティ・パーティ」など、さまざまな要素を取り込んだ作品に。まさにさまざまなジャンルを自由に横断した今作を、2018年2月20日21時から2月26日までの期間限定フリー配信でお届け。さらにハイレゾ盤は予約も受け付けていますので、ぜひこちらもチェックを。南波一海による、SAKA-SAMAの初期メンバー、寿々木ここねへの単独インタヴューとともにどうぞ。 期間限定フリー配信中! SAKA-SAMA / 夢のはてまでも(期間限定フリーDL)'【配信形態】MP3【収録曲】''
ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談
・2018年02月18日・ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談 〈「FREE&EASY」 〜自由に自然体で〜〉をコンセプトに、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人からなるガールズ・ユニット、ONEPIXCEL。〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2017〉や〈@JAM EXPO 2017〉を始め数々のイベントに出演し、他を圧倒するパフォーマンスと自然体のゆるいMCで多くの観客を魅了している。そんな彼女たちが『LAGRIMA』のリリースを機にメジャー・デビューを果たす。OTOTOYではこのメジャー・デビュー・シングル『LAGRIMA』の予約を開始。予約すると【Type-A】【Type-B】のそれぞれに1曲ずつ収録される「TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix」、「be with you Masayoshi Iimori Remix 」が先行ダウンロード可能。そして、リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi Iimoriの対談を、リリースを記念して掲載。彼女たちの新たなスタートと
by 岡本 貴之
自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演『アイラブユー』リリース
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演2年ぶりフル・アルバム『アイラブユー』リリース 京都を拠点に活動を続ける本日休演が、前作『けむをまけ』からおよそ2年の時を経て、フル・アルバム『アイラブユー』をリリースした。2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの故・埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加するなど、他に類を見ないユーモア満載の作品が完成した。今回は岩出拓十郎(Vo,Gt)、佐藤拓朗へのメール・インタヴューを掲載。本作の制作がどのように行われたのか、丁寧に語ってもらった。 2年ぶりのアルバムをハイレゾ独占配信! 本日休演 / アイラブユー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,484円(税込)【収録曲】1. 寝ぼけてgood-bye2. アイラブユー3. ラブエスケープ(f
Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信
・2018年02月14日・Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信 昨年、初のワンマン・ライヴ〈BUGDAD CAFE〉の開催や大規模チャリティー・フェス〈COMIN' KOBE ’17〉への出演をはじめ、多くのライヴ、イベントへの出演するなど、いまライヴ・シーンでその名を轟かせているロック・バンド、Gateballers。そんな彼らが2年ぶりとなるフル・アルバム『「The all」=「Poem」』をリリースする。ソングライターである濱野夏椰(Gt,Vo)の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼ら。今作では持ち前のポップさと初期衝動、そして強力なサポート・メンバー、内村イタル(ゆうらん船)を迎え4人編成となり、さらにサウンド面がパワーアップ。OTOTOYではCDリリースの2018年2月21日(水)に先駆けて2月7日(水)より先行ハイレゾ配信を実施中です! 今作リリースに合わせて濱野夏椰、本村拓磨(Ba) の2人へのインタヴューを掲載します。いま大注目バンドの貴重なインタヴューをぜひアルバ
by ?
岸田教団&THE明星ロケッツ、TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」OP曲「ストレイ」を1週間ハイレゾ先行配信 & インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年02月14日・今期のアニメ「博多豚骨ラーメンズ」が面白い! そしてそこで流れる岸田教団&THE明星ロケッツの新曲(ハイレゾ!)が、震える程あがる! 2017年春にアルバム『LIVE YOUR LIFE』をリリースし、秋から冬にかけ結成10周年を祝うライヴ・ツアー「10th Anniversary Tour 2017~2018 ~懐古厨に花束を~」(←最高でした!)を終えた岸田教団&THE明星ロケッツから新たなシングルが到着!! 表題曲「ストレイ」は、人口3%が殺し屋の街・博多を舞台に裏稼業の男たちの物語を描いた小説「博多豚骨ラーメンズ」のアニメ版OP曲として起用! 疾走感溢れる楽曲に絡むサックスの音色が印象的な岸田教団の新たな名曲ともいうべき1曲は、流れた瞬間にマジであがります。OTOTOYでは同シングルのハイレゾ版を1週間先行配信するとともに、ichigo(Vocal)と岸田(Bass)の2人にインタヴュー。11年目を迎え、新たなフェイズに突入した彼らの今の心境とは!? やっぱり岸田教団&THE明星ロケッツはハイレゾっす!!!岸田教団&THE明星ロケッツ / ストレイ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24b
by JJ
【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」
[EMPIRE]・2018年02月13日・【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P)価
by 西澤 裕郎
渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAKの過去音源配信、第6弾
・2018年02月11日・ATAK過去作配信第6弾、レジェンド、刀根康尚のライフ・ワーク集、そしてサウンドトラック三部作へ 2017年9月11日より、渋谷慶一郎の主宰レーベルATAKの過去作品が毎月11日に配信リリースされる。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説とともに配信をお送りします。第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、
by 八木 皓平
RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自主運営の2年間で得た最高の仲間と新たな冒険の真っ最中ーーラストクエスチョン全員インタヴュー RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン。2015年に結成され、脱出ゲームでおなじみ株式会社SCRAPのアイドルとして活動したのち、2016年3月から自主運営で活動をしている。これまでの間にメンバーも複数入れ替わり、現在は初期メンバー1人、新加入の2人の計3名で活動中。そんなラスクエから、名刺代わりのフリー配信曲「マジックアワー」が到着。「ラブゾーマ」の新テイク配信も味わい深い彼女たちに、2年ぶりのインタヴューをおこなった。 >>現体制の初音源をフリー配信「マジックアワー」>ラストクエスチョン Official HP
by 純三
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事