いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?!

最上段→矢野裕之(bass)、2段目→左から前田流星(vo.)、ネギ(guitar / vo)、中野(dr)、高山燦(guitar / vo)、下段→左からオオムラツヅミ(vo.)、九鬼知也(guitar)

“合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。

ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。

まずはこれをダウンロード!!!
収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中!



バレーボウイズ / 真夜中のレコォド

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
0円

【配信期間】
2017年11月9日(水)〜2017年11月16日23時59分

話題沸騰中のバレーボウイズ、初アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ!


バレーボウイズ / バレーボウイズ

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 300円(税込) / アルバム 2,000円(税込)

【収録曲】
1. アイドル
2. きんいろかがやく
3. 卒業(album ver.)
4. シアワセ
5. 真夜中のレコォド
6. ビーチバレイ
7. 7月の嘘
8. マツリ(アコースティック)


1stアルバム『バレーボウイズ』トレーラー映像


INTERVIEW : ネギ(バレーボウイズ)

京都でヤバい人達がどんどん登場する精華大学より、なんかよくわからないすごいバンドが現れた。その名もバレーボウイズだ。極上のメロディと、それを奏でる不揃いのバンドマン達。超新人にも関わらず、〈ボロフェスタ2017〉メイン・ステージでの圧巻のパフォーマンスは、京都に新しい風が吹いていることを広く知らしめたのだ。間違いなく、いま、京都がおもしろい。そして、彼らが1番ヤバい! あと、バレーボウイズを嵐と例えるネギが一等ヤバい!

インタヴュー&文 : 飯田仁一郎
写真 : 中谷利明(ライヴ写真)

バレーボウイズのメンバーってどんな人たち?

──7人組という大所帯。しかも各々が個性的。出会いは?

ネギ : 最初は僕とヴォーカルの(前田)流星が友達の誕生日の曲をつくってて、それが盛り上がって、「メンバー集めて学園祭出ない? 」って話になったんです。僕ら精華大学の出身なんですけど、精華の学園祭にはBOREDOMSとかTHE HIGH-LOWSとか毎回すごいメンツが来てて。それでどうしても母校の舞台に立ちたいと思ったのがはじまりです。

──精華大の学園祭を目指してはじめて、精華大の学生が集まった?

ネギ : そうですね。もう卒業しましたけど、みんな精華でした。

──精華大は個性的な人が多いよね。今日のインタヴューはネギくんだけなので、メンバー1人ずつ紹介してもらっても良いですか? まずはメイン・ヴォーカルの前田くんから。

ネギ : ヴォーカルの(前田)流星くんは、音楽はもちろんなんですけど、自分でも絵を描いたりしていてアートにも興味がある人なんです。アンテナを常に張っていて、流行を捉えるのが上手。音楽もジャンルレスに詳しくて、「最近何聴いてんの? 」って聴けばだいたいこれから流行るものを教えてくれる。

──オオムラツヅミさんは?

ネギ : 専攻は版画で、現代芸術を勉強してたかな。関係を簡単にいうと僕の妹の後輩なんですよ。すごい天然で、「こんな子おるんや…」って見てるだけで楽しい。田舎育ちとも違うし、奔放に育ちつつ、堅実な内面も持っているんです。

──ギターの高山(燦)くんは?

ネギ : 真面目そうに見えるけど、中身はゆるゆるです。いまフリーでデザイナーをやっています。

──ギター九鬼(知也)くんは?

ネギ : 九鬼くんも絵を描いているんですけど、不思議な人です。イベントで誰か呼んで勝手にセッションしだしたりして。音楽の感覚が自由なんですよね。

──ベースの矢野(裕之)くんは?

ネギ : 矢野くんは、すごい音楽が好きなんだろうな。客観的に観て、僕らの音楽をまとめてくれる。メンバーのなかでは最もバレーボウイズの音楽に気を遣ってるんじゃないかな。それは僕らの音楽だけじゃなくて、方向性まで考えてくれてる。あ、一応リーダーは僕なんですけど。

──ドラムの中野くんは?

ネギ : 中野くんは言われたことを断れない最高な人です(笑)。最近知ったんですけど、バンドに入ってくれた理由が「僕が困ってそうやったから」らしいです(笑)。

──聞いてると楽器の力量というよりかは、人柄で選んでる印象がありますね。

ネギ : たしかに上手いからメンバーになってほしかったわけじゃないですね。「この子が人前に立ったらおもしろいんやろうな」と自分が観客として見たときにおもしろそうな人らを集めたら、そしたらメンバー全員が天然になってしまって、誰かがお互いの穴を補わなあかんけど、誰も補い合えなくなりました(笑)。

──誰がまとめてるんですか?

ネギ : 誰かひとりがまとめてるというよりかは、問題が起きたらお互いで対処していく形ですね。割と問題は起こるので。バレーボウイズの方向性を考えてたときは、言い合いじゃないですけど、それぞれが悩んでた時期があってひどかったですね。

ゴチャゴチャしてて、“混沌”となっているステージは1人だとできない

──仲良しそうなバレーボウイズでもそういう時期があったんだ。

ネギ : 3回目くらいのライヴのときにLive House nanoの店長の土龍さんにすごい怒られて。

──怒られた?

ネギ : MCがダラダラしすぎてて、土龍さんに「あんなダラついたMC見たことない。あのMCのせいで曲も入ってこうへんし、ステージがダメになってる」って言われたんです。そこで1度立ち止まって、演奏以外にも考えるべきところがあったなと反省しました。バンドを組んだときは、それぞれの個性がゴチャゴチャになるのがおもしろいかな、としか考えてなかったですけど、観る側の意見として土龍さんに怒られて、はじめて演者として自覚したというか。普段は何も自分らのこと言わない子ばっかりなんですけど、その日は話しましたね。

──でも考えてみれば、今年は〈ボロフェスタ2017〉もメイン・ステージだし〈FUJI ROCK FESTIVAL '17〉(《ROOKIE A GO-GO》)も出たし怒涛の1年だったわけじゃないですか。考えなきゃいけないことも増えると思うけど、メンバーはこの状況を受け止めきれてるんですか?


バレーボウイズ「卒業」

ネギ : 受け流してると思います(笑)。「いろいろ決まってるけどヤバくない俺ら? 大丈夫か」っていうのもちょっと話したんです。でもそれも「ヤバイよな」の一言で終わって、普通の会話に戻るんですよ(笑)。受け流してるわけでもないんでしょうけど、矢野くんと僕以外そこまで重大なこととしては捉えてないんだと思います。

──バレーボウイズは、ギター3本、メイン・ヴォーカル3人、全員コーラスというとても珍しい編成だと思いますが、ネギくんには結成時からいまのヴィジョンがあったんですか?

ネギ : 正直もっと混沌としてるイメージだったんですけどね。最初はマイク無しでヴォーカル10人くらいのバンドをしようと思ってたんですよ。さすがに無理で7人になったんですけど。ただ、この7人の演奏がぴったりハマることなんてないんだろうなと思ってます。当事者でありながら、それがどういう風にまとまっていくのかが自分としても楽しみで。混沌さが出た演奏って、いろんな意味で感動が大きいんですよ。学生のときの合唱コンクールみたいな、クラスメイトの全然知らない一面が見れる感じが好きで。

──“混沌”がバンドのキーワードになってる?

ネギ : 高校のときの合唱コンクールの思い出ビデオを観返してて、精華の学園祭出るならこんな“混沌”とした感じでやりたいと思ったんです。歌ってる人がカッコよくみえるし、みんな必死。合唱コンクールってみんな同じことをしてるけど、ほんとにやる気がない奴がいたり、チャラついててやる気がないようで内心めっちゃ前向きな奴がいたり……「こいつは多分こんなやつやな」となんとなくその人を想像できるじゃないですか。それで舞台をみて何かを感じられるような個性的な人が集まったらおもしろいと思ったんです。それを“混沌”という言葉にするのが合っているのかわかんないですけど。

──好きなバンドに影響を受けてフォロワー的にバンドをはじめたわけじゃないんだ。

ネギ : そうですね。でも、もちろんバンドからもヒントはもらってます。京都に「星の王子さまたち」というバンドがいるんですけど、不定期で「星のクズさまたち」というアコースティック編成のときがあって。集まれる人が集まってやるんですよ。それをはじめて観て感動して! お客さんも歌ってて合唱みたいだったんです。本当に楽しそうで、どこからどこまでが演者なのかわからんくなってるのを観て、その姿が自分の目指してるところと近いと思ったんです。

──目指してるところが明確にある?

ネギ : なんとなくはあるけど、明確にはまだないです。楽器を触ったことのない人もステージに立てて、みんなで歌って。練習してないようにみえる感じも含めてカッコいいやり方がないかなとずっと探してます。

──その探している先は、ネギくんがソロでやっている「ひとりバレーボウイズ」だけではやはり成立しない?

ネギ : 自分の表現したいことが自分だけでは表現できんくて。自分の弾き語りを映像でみたときに自分が思ってた理想とあまりにかけ離れてたんです。それをどうやって理想に近づけようと思ったときに、自分が歌うんじゃなくて、自分のイメージに合うヴォーカルやギターがいてこそ表現できると思ったんです。流星とかオオムラちゃんが個性的な歌い方をしてくれて、ハモりもコーラスも意外性があって良くて。ゴチャゴチャしてて、“混沌”となっているステージは1人だとできないです。

──ではアルバムをつくるうえでも“混沌”はコンセプトとしてありました?

ネギ : そうですね。自分ららしい、ごちゃまぜな感じを出したいなとは思ってました。僕ら7人バラバラで同じ方向を向いてないんですよ。だからそういう感じが曲にも出たらいいなと。たとえばヴォーカルのオオムラちゃんが目立つ曲、歌モノが好きな僕がハッキリでる曲、あとはメイン・ヴォーカルの流星がすごい目立つ曲みたいに... でも制作と一緒に曲選びをしたので、エンジニアの葛西(敏彦)さん等、制作に携わっている人らの存在も大きいですね。たぶん僕らだけで選んだらこのアルバムにはならなかった。アルバムを通して聴いたときにめちゃくちゃ良い流れになってるわけではないけど、1曲ごとに“混沌”として立ってるとは思います。

「バレーボウイズはバンドというか、集まりです」と答えられるようになっていたい

──アルバムを聴いてると昭和歌謡、フォーク、パンク、いろんな影響を感じるんですが、曲をつくるうえでネギくんが影響を受けた音楽の原体験は誰なんですか?

ネギ : 影響を受けたのは、正直自分でもわからんくて。でも浜田省吾、尾崎豊、CHAGE and ASKAとかになると思います。なかでも外せないのは嵐。

──その並びのなかで嵐?

ネギ : 嵐の曲がすごい好きで。おこがましいかもしれないですけど、嵐とバレーボウイズが似てると思ってるんです(笑)。

──どんなところが? (笑)

ネギ : あんまりみんなが揃ってない感じというか。音楽を極めるだけだったら、あのメンバーじゃなくても良い気がするんですよ。でも人柄がすごいよくて、お互いの個性がぶつかってる。曲も綺麗なメロディラインを合唱コンクールみたいに歌ってるのが似てると思ってて。これは嵐の歌が学校の合唱コンクール・レベルと言いたいわけではなくて、嵐がめちゃくちゃ歌の上手い人らだけで構成されてなくて、人柄の良さや声の個性が音楽にも表れているってことが言いたいんですけど。伝わりますかね(笑)。

──言いたいことはわかります(笑)。アルバム名がセルフ・タイトルになってることについては?

ネギ : とにかくごちゃまぜなんです。それがバレーボウイズというか。それはメンバーだけではなくて、関わってくれた人間の人柄まで含んでる。レコーディングをするに至るまで、そして実際にレコーディングをして、終わるまでの過程を詰め込んだ感じ。メンバーだけでつくってたら曲の流れも変わってただろうけど、誰かと相談して決めたことなので、僕がこのアルバムを聴いたときに相談したことを思い出せるんです。誰かと関わることでアルバムがみんなのものになると思ってます。

──タイトルの『バレーボウイズ』にはたくさんの人たちが含まれてて、みんなが含まれてることこそがバレーボウイズだと。

ネギ : そうですね。将来「バレーボウイズとはどんなバンド?」って聞かれたら「バンドというか、集まりです」と答えられるようになっていたい。それが自分だけのバレーボウイズに対するイメージじゃなくて、みんなのイメージになってたらいいなとは思います。まだバレーボウイズは7人という見方でしょうけど、自分的にはもっとメンバーはいるんじゃないかなと思ってます。たとえば最初に僕らのことを見つけてめっちゃ広めてくれた寺内(将明)くん(※大阪在住のSSW)とか。もともとバレーボウイズに加入させようとしてた子とか。


バレーボウイズ「ビーチバレイ」

──そういう子たちも含めて、バレーボウイズ。

ネギ : 曲を演奏しているのは僕らですけど、そうさせてるのは周りの人なんで。みんなに浸透するのは時間かかるけど、まずは自分らの親からそう感じとってもらえるようにセルフ・タイトルにしました(笑)。

──そうやって認めてくれる人が増えてきて、いますごい勢いですけど、どこまでのヴィジョンがあります?

ネギ : 最終的には自分の親が胸を張って自分らのことを自慢できるようになれれば良いなと思います。バレーボウイズが評価されて、メンバーの親が近所で息子を自慢できるようになれれば最高だなと。

──それは単刀直入にいえば売れたいと?

ネギ : 言ってしまえばそうですね。最初は学祭に出たかっただけなんですけど、やっていくにつれて、「お前ら売れろ! 」とか言って応援してくれる寺内くんや、親への恩返しに1番やと思ったんですよ。音楽に興味のない人にも聴いて欲しいし。バレーボウイズがみんなのバレーボウイズになりたいって思うことは、「売れたい」ということと一緒だと思ってます。

記念すべき1stアルバムはこちらから!


フリー・ダウンロードはこちらから

  発売日 2017/11/08

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


過去の特集ページもチェック!

【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ


http://ototoy.jp/feature/20170419003

RECOMMEND

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ / 俺もハイライト

フェスのオーディション枠を勝ち取り〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017〉や〈SUMMER SONIC 2017〉に出演を果たすなど、耳の早い音楽好きから大きな注目を集めているバンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ。そんな彼らが1000枚限定でリリースし、現在は絶版となっている1st EP『俺もハイライト』。

この作品に関する特集ページはこちら


寺内将明 / 弁天町へ帰れなEP & お粥

2017年4月にバレーボウイズとともにスプリット盤『大人になれやしねえ』をリリースした「てら(ex.寺内将明)」。本名の寺内将明名義でリリースした日常を切り取り人間の繊細な心情をストレートに歌い上げるEP。

LIVE SCHEDULE

特別音楽地区〈体育館FREE〉
2017年11月11日(土)@福岡 BEAT STATION
出演 : バレーボウイズ / おとぎ話 / 曽我部恵一 / 桑田研究会バンド / jizue
詳細はこちら

〈おもフェス-FESTIVAL OMOIDE-〉
2017年11月18日(土)@大阪 北加賀屋MASK
出演 : バレーボウイズ / 金氏徹平/テニスコーツ/柴田聡子/オオルタイチ/contact Gonzo/Kazumichi Komatsu/GTSVL/空間現代/荒木優光…… and more
詳細はこちら

〈真夏の夜の夢〉
2017年11月23日(木)神戸 旧グッゲンハイム邸
出演 : バレーボウイズ / classicus / 台風クラブ / もののあわい / The Wisely Brothers

〈タワーレコード インストア・ライヴ〉
2017年11月25日(土)@タワーレコード京都店

〈江ノ電〉
2017年12月3日(日)@江ノ島オッパーラ
出演 : バレーボウイズ / 台風クラブ / キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
選曲 : 矢島和義(ココナッツディスク吉祥寺店) / 北沢夏音

>>> MORE LIVE INFO

PROFILE

バレーボウイズ

前田流星(vo.)、オオムラツヅミ(vo.)、ネギ(guitar / vo)、高山燦(guitar / vo)、九鬼知也(guitar)、矢野裕之(bass)、中野(dr)

2016年京都市左京区民で結成。切ないギターの音と田舎臭い歌詞が誰もが経験したことのあるあの頃の懐かしい感覚を呼び起こす。

>>> バレーボウイズ 公式HP

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり(Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】ALA
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事