これはギターインスト最終形態であるーーdowny・青木裕による初ソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信

downyのギタリスト青木裕が初のソロ・アルバム『Lost in Forest』を完成させた。楽音とノイズの境を超え、すべての音で構築されるオーケストレーション。OTOTOYでは今作の先行ハイレゾ配信を行い、本作について青木裕にインタヴューを行った。今回なぜソロ・アルバムを作ることになったのか? そしてどのようにしてこの超大作が完成したのか。音楽を表現することについての考えを訊いた。

青木裕の初のソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信

青木裕 / Lost in Forest

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC
>>ハイレゾとは?

【価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz)
単曲 200円(税込) アルバム 2,100円(税込)
AAC / MP3
単曲 150円(税込) アルバム 1,900円(税込)

【収録曲】
1. I am Lost (feat. MORRIE)
2. Open the Gate (feat. MORRIE)
3. 851
4. Waltz of the Bugs
5. Fury
6. Missing
7. Witch Hunt (feat. 薫)
8. Im Wald
9. Ghosts in the Mist
10. Gryphon / Burn the Tree
11. Cave
12. ”B"
13. Colling (feat. MORRIE)
14. Shape of Death (feat. SUGIZO)

INTERVIEW : 青木裕

制作期間10年をかけられたという青木裕の初のソロ・アルバム『Lost in Forest』。ゲストにMORRIE、LUNA SEA,、X JAPANのSUGIZO、DIR EN GREYの薫が参加した今作。誰もいない深い森の中でも蠢くような光と闇を描く圧倒的音楽が、数千トラックのギターで構築したサウンドによって感じ取ることができる。楽音とノイズの境を超え、すべての音で構築される楽曲はギター・インスト最終形態であるとも言えるだろう。10年という長い構想期間の中で理想とした表現はなんだったのだろうか。青木裕に話を訊いた。

インタビュー : 飯田仁一郎
構成 : 岩澤春香

記憶の断片のような、くすんだフィルムのような世界が浮かぶんです

──今回のアルバムではMORRIEさん、SUGIZOさん(LUNA SEA、X JAPAN)、薫さん(DIR EN GREY)といった豪華な面々をゲストに迎えていますが、どういった流れで一緒にやることになったのですか?

Aoki : 僕がソロを作っていると知ったMORRIEさんが、「何かやらせて」って言ってくれたのが最初です。光栄な話ですよね。発売もレーベルも白紙の状態だったので、何の保証もできないし、恐れ多いことなんですけど。後日SUGIZOくんも「僕も参加させて」って。薫くんは飲みの席で僕から誘ったら快諾してくれました。こうなったらアルバム完成に向けて背水の陣で臨もうかなと。

──MORRIEさんが最初に言ってくれたんですね。

Aoki : はい。 MORRIEさんは早い段階で参加が決まっていたので楽曲に時間がかけられたんですよね。SUGIZOくんの場合、やりたいって言ってくれて光栄だし嬉しかったけど、僕の編集作業が長引いて、締め切りも目前だし時間的に無理かなと思っていたんです。で、一応確認で「どうする? また別の機会でもいいし」と伝えたら「いやいや、やるよー」って言ってくれたので、SUGIZOくん用に楽曲を急遽書き下ろしたんですよ。


青木裕/『Lost in Forest』 trailer (Part.1)

──SUGIZOさんが参加している「Shape of Death」は、何でSUGIZOさんは参加しているのでしょうか?

Aoki : バイオリンなんですよ。このアルバムはギターで構築されていて、音域がかたよりがちなんです。レンジを広げるためにも楽器指定でお願いしました。

──青木さんは今回、アルバムを作るにあたって結構な時間をかけたそうですね?

Aoki : ソロの作品を作ろうと思い始めたのがちょうど10年くらい前なんですけど、おぼろげな夢が具体的な目標に変わっていくプロセスに時間がかかったんです。もともと僕は機械音痴なのですが、downyが2013年に再始動するにあたってDAWを導入しまして。downyはメンバーが離れたところに住んでいるので、曲作りはデータのやり取りが中心なんです。デモのクオリティが低いと自分のアイデアが明確に伝わらないんですよね。そこで1から録音機材の勉強をし始めたんです。徐々に機材が使えるようになって、デモのソロ楽曲も形になっていった。だから結局、本格的なソロの制作に取り掛かったのはこの4、5年なんです。その間にもミキシングやマスタリングの仕事も少しずつやるようになりましたね。

──仕事の幅も広がったんですね。

Aoki : そうですね。あとは並行してイラスト仕事とか。Webサイト、CDのアート・ワークとかもやっています。それから、プラモデルは中学生の頃に挫折して完成したことがなかったんですけど、大人になった今、気まぐれで作ったんですよ。完成記念でコンテストに出したら、大賞をとりまして(笑)。その記事が仕事につながったりもしました。

──ええ!? 何をしてるんですか、青木さん(笑)。プラモデルはどのくらいかけて作ったんですか?

Aoki : 朝から晩までずーっとやって、1ヶ月くらいかかりました。その後も名誉な賞を2つほどいただきました。

——ええ(笑)!?

Aoki : でも、本気ではなく腕試しという気持ちが強かったし、すぐ後に音楽活動も控えていたので、プラモデル制作のための工具はすべて捨てたんです。僕の性格上、2つのものを並行してできないので。昨年は絵の個展となる青木裕展をやらせていただいたんですけど、そのときも最初で最後のつもりでしたね。

——この絵は今回のPVに使われているものですか?

Aoki : そう。個展の絵をソロのアートワークに使うアイディアは元々あったので、スキャンしたデータを元に今回のジャケットを作りました。

——プラモデルであったり絵であったり音楽であったり、アウトプットは一人の人間が出すには多岐にわたっているように思えるんですが。

Aoki : 僕にはそのどれもが共通して見えるんです。どれも埃っぽいというか、テイストがアナログっぽいんですよね。つまり結局は一つのことしかできていないんです。ただツールを変えているだけで。

──その大元には、青木裕として表現したいものがあるんですか?

Aoki : 僕の理想の表現っていうのは一本の映画のようなものなんです。視覚や聴覚だけではなく、五感を刺激するような作品でありたいんですけど、それはひとりではできないかも。記憶の断片のような、くすんだフィルムのような世界が浮かぶんです。そこにストーリーがあるかどうかも分からないんですけど、それは間違いなく自分の感情を揺さぶるもので。それらを伝えるのは音楽でも、絵でも造形でもいいんです。僕の頭の中の世界を別の形で表したものが、その個々の作品たちなんですよね。

「作品を通じて自分を見せること」に関心があったんです

──青木さんがいわゆる表現をしようと思い始めたのはいつ頃なんですか?

Aoki : 幼少期からありました。僕は本当に鉛筆を離さないような子どもで。幼稚園のときに、好きな動物というテーマのもとで絵を描いたことがあって、皆犬とか猫を選ぶじゃないですか。その中で僕は、アフリカのヌーのけい動脈に噛み付くチーターを、骨だけの姿で描いたんですよ。

──骨だけ!?

Aoki : 骨格のみで(笑)。そしたらちょっとざわつかれたというか。

──そりゃそうですよ(笑)。幼少期に絵から入って、表現が音楽に変わっていくのは?

Aoki : 小学校に入ってクラシック音楽が好きになったんです。オーケストラとか、その集合体としての音にすごく感銘を受けて。でもバイオリンだったり個々の楽器には目がいかなくて、それを自分でどう表現していいのか分からなかったんですよね。それが高校生のときにメロディーを追える楽器の一つとしてギターが浮上して、そこで初めて音楽をやろうと思ったんです。

──その頃もクラシックを聴いていたんですか?

Aoki : 高校の頃は何でも聴いてました。小学生の頃はロックが騒音に聞こえていたんですけどね。そういえば当時、サイモン&ガーファンクルの静かな曲も好きだったんですけど「サウンド・オブ・サイレンス」には少し不満があって。あの曲って途中からリズムインするじゃないですか。それによってそれまでの美しさがぶち壊しだと思う子どもだったんですよね。でもあの曲は元々ドラムがなかったらしくて、弾き語りだったものに音楽プロデューサーがドラムをつけた。そしたらバカ売れしたんです。だから僕は世の中の需要と反するようなものに目がいくような、皮肉な性格が昔からあったんじゃないかなと自己分析しちゃいますけど。

──何でも聴くようになったきっかけはあったんですか?

Aoki : 僕が中学に入学した頃、アメリカのMTVが大流行したんです。音楽と映像の融合が新鮮でビルボードチャートは常にチェックしてました。当時、ホラー映画監督のジョン・ランディス監督が、マイケル・ジャクソンと組んで「スリラー」を作ったりしたじゃないですか。僕は映画オタクでもあったから、互いのジャンルが歩み寄ることに興奮しました。MTVはハードロックも結構流れたし、いつしか騒音と感じなくなっていました。

──大学等で芸術について学んだりは?

Aoki : ないです。全部我流ですね。夢を叶えたいっていう想いもあったので高校卒業とともに上京して。


青木裕/『Lost in Forest』 trailer (Part.2)

──夢っていうのは?

Aoki : 夢というか、もともと子供の頃から、絵でも音楽でも線引きなく「作品を通じて自分を見せること」に関心があったんです。でもそれは言葉にすらできない漠然としたものでして。そのまま大人になって。ギターを担いで上京したけど何をどうすればいいのかわからず、結局は行動に移すことなく諦めるんですよね。そして流されるまま就職の道に進みました。

──アーティストをもう一度志したきっかけは何だったんでしょう?

Aoki : 25歳のとき、友人や知人の活躍を目の当たりにするんです。CDを発売してたり、雑誌の表紙を飾ってたりして。僕ならもっと違う形で表現できるっていう根拠のない自信とともに、封印していた情熱がそこで再燃したんです。だけどスタートに出遅れたことは明白で。それ故にバンドでギターを弾くのであれば、皆と違うアプローチでやらないとダメだと思ったんです。ロックで使われる奏法は極力排除。だからdownyでは、ギターソロはおろか、ギターのビブラートすら入れない。「これは果たしてギターの音か」と思わせるようなエフェクティブで不思議な音で、とにかく変わったことをやろうと。そういう特化したギタリストになろうと思ったんです。25歳の再燃から4年間、ギター個練とバンドのメン募に明け暮れ、29歳で会社に辞表を出しました。社会的に保障されている身分を捨てるっていうので周囲から猛反対されましたけど、もう止まらなかったですね。

──downyを始めた頃はギターも弾ける状態だったんですか?

Aoki : 僕がギターを始めたときは、ソロ風に高音でピロピロ弾くような感じで、別のパートに合わせるっていうことを知らなかったんです。まぁその延長線上ですね。downyを組んでミュージシャンとしての自分の下手さ加減に、メンバーもだけど僕自身が呆れて傷ついていたんです。とにかく練習漬けの日々でした。後に組んだバンドunkieはdownyと音楽性が真逆でロック一色なんですけど、ギターソロもその頃から勉強しました。unkieのファーストを聴くとたどたどしいソロが入っているんですけど、それが3枚目、4枚目とリリースを重ねるごとに少しずつ弾けるようになってくるのがCDでわかります。そのまま僕の練習の成果が見えて面白いですよ。

──自分が表現するっていうことを、ちゃんと自分で実践してそこに立ち向かっていったんですね。

Aoki : 昔は迷わず挫折を選ぶようなやつだったから。痛い目にあって学習したということですかね。

──音楽活動を始めた当初はどんなコンセプトを掲げていたんですか?

Aoki : 当時はバンド中心でしたが、 僕が映画音楽とかクラシックを聴いたときの高揚感を誰かに伝えたいとは考えていました。そういったジャンルの音楽を聴かない人たちに、僕と同じ気持ちになってもらえるようなものを提示したかった。ソロも最初は、モーツァルトだったりバッハだったりを解体してアレンジしたものばかりだったんです。今回のアルバムにもそういうモチーフの曲は入っているんですけど。僕がギターでアレンジすることで、クラシックに興味がない人でも面白いなって思ってくれるものが作りたかったんです。

10年間の僕のささくれた記録なんです

──今作を出そうと思ったのは、何かきっかけがあるんですか?

Aoki : 散逸していた昔のアイディアをまとめることができたからです。10年前に音楽関係者の方が、ソロのコンセプトを気に入ってくれて、当時の音源を渡したらすごく乗り気になってくれたんです。そのとき、これって世に出せるものなのかっていう希望の光みたいなものが生まれました。だけど所詮デモというか完成度が低くて。この状態では誰にも聴かせたくないと思い始めて、そのアルバムの制作を忘れるかのごとく他の制作に没頭してしまったんです。それでその話はもう流れてしまって。紆余曲折を経てやっと形になったんです。

──アルバムとして形になったのはいつぐらいだったんですか?

Aoki : アルバムとしては最近ですね。昔にハードディスクレコーダーで録ったフレーズをデジタルに移行してブラッシュアップしていくっていう作業もあったので、全部新しいというよりは古いテイストも入れてあるんです。だから10年間の僕のささくれた記録なんです。

──古いテイストを入れている?

Aoki : 全て弾き直してしまうと、なんとなく嘘をついたような気持ちになる気がして。でも僕の音とかアイディアって、今と昔を比べてもそんな変化がないんです。正直言うと新しく録って並べたら一緒だったんでやめたんです(笑)。経験を積むことは演奏や制作において大切だけど、ひらめきや根っこの部分はどうやっても変わらないんだなと思って。完成を先延ばししても同じならアルバムを出してもいいかなと思ったんですよね。

──この『Lost in Forest』っていうアルバムを紐解くキーワードはあるんですか?

Aoki : もちろん。このアルバムは森にさまようお話ですが、心の奥にある森、という意味合いです。人間誰しもが持つ迷い、逃れられない運命のようなものを描くつもりで作りました。この作品は等身大の僕でもあるんです。僕が人生という森の中を迷っているようなものなので(笑)。


青木裕/『Lost in Forest』 trailer (Part.3)

──音楽を表現することは、青木さんにとってどういう意味を持つんでしょう?

Aoki : 例えば、やり方を教わらずとも呼吸をするようなものであって、僕から楽器を取り上げても何か他の形で僕なりの表現をする。そういう、自然に湧いてくるものだと思います。

──その表現っていうのは青木さんの中でイコール芸術、もしくはアートと言ってもいいものですか?

Aoki : 芸術と考えたことはないかな。昔は妄想ばかりしている子どもだったけど、今も大して変わりはないです。ただ、今はそれを形に残せる環境がある。それをアートと呼ぶのはどうなんでしょうね。ゴッホでもベートーベンでも名だたる先人たちは、芸術残します、なんて気持ちで作っていないんじゃないかな。自分から溢れ出るエネルギーを表現しているだけだと思います。それは僕にとって自然な行為ですね。

──青木裕のソロとしては、これからも続けていきたいなっていう感じですか?

Aoki : 聴きたいって人がいるならやりたいな。今回は「すみません、ソロ作っちゃいました」って感じなんです。だからそういう声があったら頑張れるし、やらせていただきたいですね。

──青木さんの表現においては今回ソロっていう部分で一つ完成したと思うんですけど、そうすると次はどのフェイズに行くんですか?

Aoki : 形はどうあれ音楽は続けたいです。素直に自分が表せられるので。

RECOMMEND

V.A. / NE MINUTE OLDER

World's end girlfriend主宰レーベル、Virgin Babylon Records5周年を記念した、総勢50組、全曲90未満の豪華コンピ。青木裕も参加。

downy / 第六作品集『無題』

青木裕がギタリストを務めるバンドdownyの6作目のアルバム発展、進化を成し遂げるオリジナリティが凝縮されたアルバムになっています。

world's end girlfriend / LAST WALTZ(24bit/48kHz)

静寂と轟音、生音とプログラミング、旋律とノイズを自在に行き来し、喜怒哀楽や善悪の彼岸も越え、全10曲70分ひとつの物語として描かれる。

>>特集ページはこちら

PROFILE

青木裕

ギタリスト、プロデューサー、エンジニア、イラストレーター。downyのギターを担当する他、様々なプロジェクトに参加。2017年1月18日に初のソロ・アルバム『Lost in Forest』を[Virgin Babylon Records]からリリース。

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事