BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode0.2 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)

※BiSHとは? … BiSの仕掛人・渡辺淳之介が新たにしかける「BiS 2」とも言える新たなアイドル・グループ。

BiSは、破天荒でお転婆娘だったけど、かっこよかった。なぜかっこよかったのか? その答えは、写真家であり、衣装デザイナーである外林健太に帰結する。あの横浜アリーナで飾られていた歴代のBiSの衣装を目撃しただろう? 渡辺淳之介がBiSHを始めるにあたって、最重要パーソンの一人が、この男。本編では、彼の初インタヴューをお届けする。渡辺淳之介を追い抜きたいと語るその姿勢が最高だ!(飯田仁一郎)

渡辺淳之介による近況報告

来週には何かの発表があると思うっす!

渡辺淳之介

Episode0.2 : 外林健太

外林健太

ーー外林(健太)さんにとって、BiSはどんな存在でしたか?

外林健太(以下、外林) : お金をもらって思いきり何かを作ったのはBiSが初めてだったんです。だから、BiSのメンバーの女の子に対しても色々な思いはあるんですけど、それより僕にとっては渡辺(淳之介)さんと仕事が出来ていたことのほうが大きくて。人が少ないところから始まって、それが横浜アリーナまで続いたので、渡辺さんを信じてよかったなって思ってます。

ーー渡辺さんとの出会いは?

外林 : 僕、大学生のときPerfumeを追っかけてたんです。アイドル・ブームはまだなく、彼女たちが秋葉原で前座とかやってた頃なんですけど、すごいよかったから、学祭に出てもらおうと思ってオファーしたら受けてくれて。

ーーブレイク前夜のPerfumeが!

外林 : はい。

ーー外林さんは実行委員か何かだったんですか?

外林 : いや、全然関係なかったんですけど、ムサ美の学園祭のライヴって、美大生が好きそうな奴しか呼ばないし、客も集まらなくてつまんなかったんですよ。それで実行委員に売り込みに行ったんです。そしたら、普通そういうのってゲストとして呼ぶのに、「やりたいなら出演料払ってくれ」って言われて。それでもやろうと思って、出演料もPerfumeへのギャラも全部払ってやったら、今までで一番ってくらいに人が集まったんです。それが10月くらいで、翌年の1月に「ポリリズム」が出てドーンと売れたんですよ。それで「あのPerfumeを呼んだすごい奴がいる」みたいな話が流れたときに、ちょうど共通の知り合いを介して渡辺さんと会ったんです。

ーーもうプールイを手掛けていた頃ですか?

外林 : まだ渡辺さんがつばさレコーズの前のスタジオにいたときですね。僕の知り合いと渡辺さんが同僚で、「学祭でブッキングしてる奴がいるよ」って紹介してくれて、翌年の学祭で当時渡辺さんの会社のアーティストをブッキングしようとやりとりしてたんですけど、渡辺さんが突然その会社を辞めてしまっていました。その後何もなく2〜3年経ったある日、ライヴハウスでばったり会ったんです。そのとき渡辺さんはプールイを担当することが決まっていて、「衣裳とかどうですか? 一緒にやりませんか?」って誘ってもらったので、「やりましょう」って。それが始まりですね。

ーーその時は衣裳として声を掛けられたんですね。学部は服飾だったんですか?

外林 : 学部はファッション・コースなんですけど、作品の展示は全部写真でやっていました。その時は、服を作って立体物を出して終わりにするんじゃなくて、写真や雑誌に載って成果物になるっていうところまで持っていきたいと思って、実物を出さないようにしてたんです。わざと生の野菜で作った服の写真を撮って展示したり、写真でしか表現しないものにしてました。

ーー写真は独学ですか?

外林 : 1度写真スタジオに就職してライティングを学びました、大学卒業後、お世話になってる方から舞台衣装の仕事をいただいたりしてたのですが、衣装だけで食べていけるのかな?と思ってしまい写真も磨こうと思ったんです。そんなときにちょうど渡辺さんと再会して、音楽業界の話をいただいたので、これはちょっと面白いかもと思ってそっちに入っていきました。

ーー何かを感じたんですね。

外林 : 美大って、社会から外れた生活を送っているので、社会性がない人間になっちゃうんですよ。僕もほぼバイトで暮らしてたので、そういう中で社会で働いてる人からの仕事を貰えると思ってなくて。

ーーとはいえ、プールイのソロ時代は売れてなかったですよね。

外林 : 僕は、渡辺さん、松隈(ケンタ)さん、真田(礼)さんと「こういうのやりたいよね」って会議してるだけでも楽しくて。その時は売れる / 売れないとか、つばさレコードがどんな会社かもわかってなかったんですけど、美大生は作品を作れど世の中に出す方法を知らないので、それをやってくれる社会性のある人たちに出会えたことが嬉しくて仕方なかった。しかもそれが同年代の人で、みんなで集まって世の中に出すものを作っていくっていうのはやっぱり面白いですよね。

ーーその頃は金銭的なものも発生してない時期ですよね。

外林 : そうですね。でもプールイをやっていく中で渡辺さんとバトルしたこともあって。「これだけ衣裳を提供してるし写真も撮ってるのにお金もらってないよ、何なんだ!」って僕がちょっと調子に乗りはじめて、渡辺さんも「ガンガン行こう!」って尖ってた時期だったから、飲んだら喧嘩するみたいな感じでしたね。

ーーへえ、バチバチしてたんですね。4人共そんな感じだったんですか?

外林 : いや、僕と渡辺さんだけですね。お互いちょっと若かったというか。そんな途方にくれていたときにアイドルの話が上がってきて。

ーー急にアイドル・グループをやることになって、戸惑いはなかったですか?

外林 : プールイのライヴをみていても客は入ってなかったし、このままやっていくのかな? っていう思いもあったので、戸惑いはなかったですね。どっちかといったら嬉しかったかもしれない。Perfumeとかもあの3人のバランスが好きだったので、グループはそれはそれで面白そうだなって。

常に核の部分では「大人のお遊戯会」って考えてました

ーーBiSの歩みを振り返ってみてどうですか?

外林 : 僕、リキッドルームとかzeppは行ったことあるんですけど、その他のライヴ会場をあんまり知らないんですよ。「ここ埋めたら次はここ」みたいな、いわゆる業界の流れみたいなものも何もわかってなくて。終わったときに改めて考えたらどんどんハコが大きくなってたんだなって、キレイな方法だったのかなって思います。まあ色々苦労はあったんだと思いますけど。

ーー大きくなっていくBiSをみていてどう思いました?

外林 : あまり何も感じてないかもしれない。メンバーの女の子に対しては「頑張れ」とか「今日よかったよ」とか思うんですけど、BiSってものに対しては感情移入しないようにしてたんで。入れ込んじゃうと客観的にみられないし。写真は感情移入したほうがいいものが撮れるときもあるんですけど、衣裳に関しては客観的にみないといけないって自分の中で歯止めを掛けていたので、常に外から見るようにしていました。

ーー横浜アリーナでは歴代の衣裳が全て飾られていましたね。衣裳制作では何を心掛けてましたか?

外林 : 僕がPerfumeを好きになったのは、衣裳を含めて完成度が高かったからなんです。衣裳と3人の顔のバランスと曲、どれかが飛び抜けてるわけじゃなくて、すべてがひとつにまとまっているっていうのがよくて。モーニング娘。等の王道のアイドルっぽいものより、Perfumeのスタイリッシュなほうが好きだったので、そういう方向で作りたいと思ってました。

ーーなるほど。

外林 : でも、はじめからBiSの現場はぐちゃぐちゃだったので、怪獣とか、子供っぽいお遊戯会の衣裳をスタイリッシュにしようと心掛けていて。渡辺さんのディレクションって、良くも悪くも雑なんですよ。「なんかいい感じで」位のことしか言わない。テーマも特にないし、「お前がいいと思ったものを作ればいいよ」って。それが一番のプレッシャーなんですけど。実際に作るときも、曲が完成してから作るにはタイミングが合わなかったりして、デモの段階で作り始めることもあるんです。だからあまりイメージがない状態で「次こういうのでどうですか」っていうやりとりをしてばかりだったので、常に核の部分では「大人のお遊戯会」って考えてました。初期は特にそうですね。子供っぽい、ちょっとダサいけどある程度服に近づける感じに。

ーー「primal.」のときの怪獣の衣裳は名作だと思いますね。メジャーに行ってからはどうでしたか?

外林 : やっぱり大きい会社だからっていうのもあると思うんですけど、売るための核となるコンセプトを決めるために、始める前に皆で集まって、ちゃんとした会議が開かれるようになりましたね。それなりに予算もガチっと決まって、コンセプチュアルに固めて計画的に。あまり固定はされないんですけど、「パンクで」みたいな、ヒント的なワードが出てきて、そこに自分のアイデアをプラスして作ってました。

ーー「大人のお遊戯会」っていう大きいテーマは?

外林 : 常に作る方向性としてはそこは入れつつやってるつもりではありましたね。

ーー解散するときはどんな気持ちでしたか。

外林 : うーん… 寂しいとも思ったんですけど、終わったほうがいいだろうなと思ってました。

ーーそうなんですか。もう少し踏み込んだ話をすると、外林さんにとっては、BiSでの制作って収入源の大きな部分だったと思うんです。それがなくなることに対して不安はなかったですか?

外林 : 不安はめちゃめちゃありましたよ。でもそこに頼っていた自分がいて、それだけじゃ食っていけないし、アイドルしかやってないっていうのはカメラマンとしても衣裳としてもよくないことなので、いいタイミングでもあるのかなって。あと、渡辺さんとは一生仕事をしていきたいと思っていて。渡辺さんは「絶対次はギャラ払うから」とか「増やすから」っていうのをちゃんと叶えてくれていたんです。実際BiSはどんどん売れていったし、約束を守ってくれてた。だから、こいつとはここで終わらない、絶対次やることで仕事ができるだろうって思いもありました。

渡辺さんを追い抜けるくらいの知名度を作りたい

ーーBiSHがはじまるってきいたときはどうでした?

外林 : 企画書作ってすぐ送ってもらったんですけど、思ったより早かったなと思っただけですね(笑)。

ーー(笑)。どうせやるんでしょと思ってたってことですね。

外林 : 思ってましたね。

ーーどんなBiSHを期待しますか?

外林 : うーん… 僕の予想を超えてほしいってことだけかもしれないですね。

ーー予想っていうのは?

外林 : BiSを本当に超えられるのかってところですよね。売れてないと意味がないかもしれないですけど、僕がすごいと思える要素があれば、個人的にはいいんですよね。

ーー外林さんのBiSHでの役割はなんだと思いますか?

外林 : ビジュアライズっていうんですかね。僕、視覚表現が大好きなんですけど、アイドルってそこにかかってきちゃうと思っていて。もちろんそれだけじゃなくて、ライヴ・パフォーマンスや松隈さんの曲っていうのも絶対的に要るんですけど、やっぱりビジュアル面は重要なので、そこで落ち度を見せないようにというか、少しでも衣裳と写真でお客さんを引き寄せる要素を作れればいいかなって思ってます。

ーーBiSHの衣裳の構想やコンセプトはまだないですか?

外林 : まだまだですね。

ーーメンバーをみてイメージは膨らみました?

外林 : ポロっと自分の中でアイデアが出てくることもあるんですけど、やっぱり音楽ありきだと思ってるので、曲の雰囲気や季節感に合わせたいんですよね。はじめからテーマを決めてしまうと絶対松隈さんから上がってきた曲とバッティングしてしまうので、できるだけ先に曲を吸収して、彼女たちの体に合うものを後から付け足すだけですね。今日メンバーを見た中で、「この子はパンツ」「スカート丈はこの位」「こういう衣裳が似合うな」とかはある程度思い浮かぶんですけど、具体的なことはまだ考えてないです。

ーーなるほど。

外林 : あと、僕ファッションが好きなので、なるべくファッションに寄せようとはしますね。AKB48とかは一年中半袖だったり、夏でも長袖のジャケットを着てたりするんです。あれは制服がトレードマークだったりするからいいと思うんですけど、僕の場合はファッションの流れに乗せたいと思っているので、季節も重要視してます。ただ今回は大人のお遊戯会ではないと思うので、それはこれから考えたいなと思ってます。

ーー今の目標は何でしょうか。

外林 : 松隈さんや渡辺さんはBiSが終わって知名度がすごく上がりましたけど、僕がついていけてないのはあからさまにわかってて。この間の渡辺さんのインタヴューでは「スタッフを食わせたい」みたいなことを言ってましたけど、次こそは渡辺さんを追い抜けるくらいの知名度を作りたいなと思います。個人としては有名になりたいので。

はじまったばかりのBiSHのストーリー

vol.0 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0 渡辺淳之介 インタヴュー

vol.0.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.1 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー) インタヴュー

BiSHが超えるべきBiSの歴史を振り返る

vol.1 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

vol.2 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

vol.3 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

vol.4 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

vol.5 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

vol.6 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

vol.7 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.7 -『エレガントの怪物』-

vol.8 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.8 -初レコーディング作品フリー・ダウンロード開始!

vol.9 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.9 -BiS初のフル・アルバムが、2011年3月23日発売決定! -

vol.10 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.10 -1st フル・アルバム『Brand-new idol Society』先行配信開始! -

vol.11 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 -待望の初アルバム『Brand-new idol Society』配信開始!

vol.12 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.12 -アイドル・グループ構成員増殖計画セカンド・シーズンスタート!

vol.13 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.13 -中野heavy sick zeroのワンマン・ライヴ!

vol.14 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.14 -BiS次回作の一斉楽曲コンペ開催決定! !

vol.15 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.15 -BiSとtengal6のコラボ楽曲フリー・ダウンロード!

vol.16 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.16 -号外! BiSからヨコヤマリナが電撃卒業!

vol.17 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.17 -リナハムありがとう! 衝撃のPV公開!

vol.18 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.18 -7月9日下北沢shlterで新メンバー発表! -

vol.19 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.19新メンバーテラシマユフ入学式-

vol.20 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.20 -渋谷WWW目前プー・ルイ、インタヴュー-

vol.21 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.21 -渋谷WWW「BiBフェス!」ライプ・レポート! ! ! -

vol.22 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.22 -「怒髪天のハロウィン 百鬼フェスティバル」にBiSが登場っ! ! ! -

vol.23 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.23 -怒髪天にBiSが突撃インタヴュー&ライヴ-

vol.24 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.24 -売り切れ続出! タワーレコード限定シングル発売開始! -

vol.25 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.25 -テラシマユフへインタヴュー! 優等生が見せた葛藤-

vol.26 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.26 -リキッド・ルーム・ワンマン目前メンバー・インタヴュー! -

vol.27 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.27 - 満員御礼! BiSリキッドルーム・ワンマン・ライヴ!

vol.28 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.28 - プー・ルイ インタヴュー「理想のリーダー像とは」連続企画スタート!

vol.29 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.29 - ヒラノノゾミ インタヴュー「アイドルグループでの存在意義」

vol.30 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.30 - テラシマユフ インタヴュー「BiSに優等生は必要! ? 」

vol.31 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.31 - 新メンバー・ワッキー&ミッチェル 初インタヴュー

vol.32 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.32 - プ—・ルイ インタヴュー「リーダーとしての葛藤と決意」

vol.33 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.33 - アナログ盤『ABiSCDiS』リリース記念 BiSの工場見学

vol.34 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.34 - 渡辺淳之介(BiSマネージャー) インタヴュー「BiS誕生以前の物語」

vol.35 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.35 - 祝・メジャー・デビュー『PPCC』BiS全力特集

vol.36 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.36 - Road to 赤坂BLITZ

vol.37 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.37 - 辻本翔(BiS アシスタント・マネージャー)インタヴュー—「研究員からBiSマネージャーへ」

vol.38 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.38 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 松隈ケンタ(BiSサウンド・プロデューサー) INTERVIEW

vol.39 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.39 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 南波一海によるロング・レビュー掲載

vol.40 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.40 - 『IDOL is DEAD』リリース記念 BiS公開インタヴュー

vol.41 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.41 - 2012年のBiS、そして2013年へ

vol.42 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.42 - BiSとDorothy Little Happy『GET YOU』リリース

vol.43 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.43 - プー・ルイ、国技館に降り立つ

vol.44 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.44 - 国技館ワンマンへの道!!

vol.45 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.45 - 2013年3月16日(土)@東京・両国国技館 「WHO KiLLED IDOL? 」

vol.46 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.46 - ミチバヤシリオ インタヴュー 加入1年にして語る現在の想いとこれから」

vol.47 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.47 - 新メンバー初インタヴュー テンテンコ、カミヤサキ、ファーストサマーウイカ

vol.48 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.48 - BiS、6人体制になって初のシングル『DiE』をリリース プー・ルイ インタヴュー

vol.49 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.49 - BiS階段 おばあちゃんに訊く!!「この音楽はなんだと思いますか?」@巣鴨地蔵通商店街

vol.50 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.50 - BiS『Fly / Hi』をリリース ミッチェル、卒業インタヴュー

vol.51 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.51 - ヒラノノゾミ、インタヴュー「解散までにもう少し足跡を残したい」

vol.52 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.52 - コショージメグミ、インタヴュー「BiSをやりきる、それだけですね」

vol.53 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.53 - カミヤサキ、インタヴュー「もっと自分に自信を」

vol.54 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.54 - ファーストサマーウイカ、インタヴュー「いまを積み重ねるしかないですから」

vol.55 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.55 - テンテンコ、インタヴュー「わたしがいなくてもいるみたいな存在になれたらいいなって」

vol.56 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.56 - 渡辺淳之介、インタヴュー「BiSは解散に向けて、再びおもしろさを取り戻せるのか?」

vol.57 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.57 - 飛ばねぇアイドルは、ただのアイドルだ。BiS、上田剛士(AA=)を迎え新曲リリース

vol.58 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.58 - BiS、ラスト・アルバム完成!!BiSが生まれるきっかけになった4人のメンバーで解散までの歩みを語る

vol.59 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.59 - BiS、カミヤサキのコスプレ連載「2.5次元まで」Vol.3 キルラキル

vol.60 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.60 - 泣いても笑っても、これが最後のダンス・チューンーーBiS、ラスト・シングル『FiNAL DANCE/nerve』をリリース

vol.61 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.61 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、コショージメグミ編ーーアイドルがしたくて入ったわけじゃなくて、BiSが好きで入ったから

vol.62 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.62 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ファーストサマーウイカ編ーーおっきいお葬式をしたいなって、「楽しかったね、ありがとうな」っていう

vol.63 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.63 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、テンテンコ編ーー夏休みの宿題をまったくやらずに最終日っていう感じなんです

vol.64 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.64 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、カミヤサキ編ーー楽し過ぎて終わるのがイヤになるようなトラウマを残すライヴをしたいな

vol.65 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.65 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ヒラノノゾミ編ーー「こっちは3年やってきてるんだぞ!」っていうプライドもある

 
 

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回
[CLOSEUP]・2018年06月19日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回──Jorja Smith 『Lost & Found』 今年もあっという間に折り返しの6月! 梅雨入りの日本列島ですが激しい寒暖差に体調を崩しがちな今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 先月の特集では、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化について紹介しました。今月は新たにUKから現れた、現在21歳のR&Bシンガー、ジョルジャ・スミスをピックアップ。ビック・アーティストたちからも多くの賛辞を浴びる彼女の待望となるデビュー作に迫ります! 8月にはサマソニにて来日も控えてますよ〜! >>先月号、第16回(2018年5月)はこちら 今月ピックアップ! UKから現れた新たなR&Bの新星によるデビュー作!Jorja Smith / Lost & Found'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,543円(税込)【収録曲】''01. Lost & Found02. Teenage Fantasy03. Where Di
by 斎井 直史
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ──【第15回】iFi audio「xDSD」
[TECH]・2018年06月18日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第15回】iFi audio「xDSD」 現代の音楽視聴環境に寄り添うポータブル・デバイス 音楽の世界では近年、ストリーミング・サービスの成長がめざましい。2017年にはストリーミングは全世界で40%の売り上げ増を記録。日本でも売り上げは20%増となっている。Apple MusicやSpotifyなどで曲を検索して、すぐに聴くというライフ・スタイルが日常的になっている読者も少なくないことだろう。OTOTOYは音楽のダウンロード販売のサイトだが、実はサービスの中にストリーミングに近いものを含んでいる。iOSやアンドロイド用のOTOTOYアプリを利用してもらうと、OTOTOYで過去に購入した楽曲やフリーダウンロードの曲をすぐに聴くことができる。スマートフォンの中にファイルを持ち歩かなくても、いつでも思い出したときに聴けるのだ。 ●OTOTOYアプリ App storeからのDLはこちら ●OTOTOYアプリ Google PlayからのDLはこちら さらに、今年始めにスタートした「Collections」のサービスではPC上にOTO
by Reviewed by Kentaro Takahashi
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (後編)
[CLOSEUP]・2018年06月15日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【後編】忌野清志郎にとって激動期となった80年代後半から、〈東芝EMI〉の宣伝担当として音楽業界へと足を踏み入れた高橋 Rock Me Babyさん。現在でも語り草となっている、THE TIMERS(ザ・タイマーズ)が地上波テレビ番組生放送で起こした「FM東京事件」では、スタジオでその一部始終を目撃している。インタビュー後編では、事件の前後に起こっていたこと、そして後に清志郎が行ったゲリラ・ライヴについて。また、「清志郎さんの音楽は、あくまでも娯楽だから後々にも残る音楽になってる」という高橋さんに、好きな清志郎楽曲3曲と1枚のアルバムについて、その魅力を存分に語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys もしかしたら「これはチャンスだ」と思ったのかも──
by 岡本 貴之
【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年06月04日・【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信
by 西澤 裕郎
【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来
[GANGPARADE]・2018年06月05日・【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来>>短期連載2/3「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートG
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)
・2018年06月01日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【前編】忌野清志郎の長きにわたる活動の中で、この連載でも度々話題に上る作品が『COVERS』(1988年8月15日)だ。RCサクセションによるはじめての洋楽カヴァー・アルバムとなったこの作品は、その内容と発売をめぐり社会的な騒動へと発展した。今回ご登場いただく高橋 Rock Me Babyさんは、当時のRCサクセションの所属レコード会社〈東芝EMI〉の宣伝担当として、まさに騒動の渦中に身を投じた人物だ。『COVERS』騒動、『コブラの悩み』、そしてさらに騒動を巻き起こすTHE TIMERS(ザ・タイマーズ)の出現。あの時あの瞬間、本当は何があったのか? そのとき忌野清志郎はなにを思っていたのか? 前後編にわたりじっくり読んでほしい。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Ba
by 岡本 貴之
【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年05月25日・【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 201円(税込) / アルバム 800円(税込)【Track List】1.
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)
・2018年05月18日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第8回》高橋靖子 INTERVIEW : 高橋靖子(フリー・スタイリスト)忌野清志郎といえば、ステージやテレビ番組、CM出演時のド派手なファッションがすぐに目に浮かぶ。そんな清志郎の衣装スタイリングを手掛けた中のひとりが、今回ご登場いただく高橋靖子さんだ。1960年代からフリーランスで活動をはじめ、日本のスタイリストの草分け的存在として、デヴィッド・ボウイら数々のロック・アーティストのステージ衣装のスタイリングを手掛けてきた“ヤッコさん”こと高橋さんから見た普段の忌野清志郎は、とてもシャイで純粋な人物だったようだ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎さんはとてもシャイな方でした──高橋さんはみなさんに「ヤッコさん」と呼ばれていらっしゃるそうですが、私たちもヤッコさんと呼ばせていただいていいですか? 高橋 : もちろんです、そうしてもらった方がうれしい(笑)。 ──ありがとうございます! では最初にご紹介させていただきますが、ヤッコさんは
by 岡本 貴之
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。