目で見るのではなくて、耳でQ’ulleを感じてね――短期連載「Q'ulleがマイクを持った理由」 ver.3 いとくとらとDECO*27

左からDECO*27、いとくとら

ニコニコ動画の「踊ってみた」ジャンルで絶大な人気を誇った7人組ダンス・グループ、DANCEROID。惜しくも2014年7月に解散した彼女たちのなかから5人のメンバーが、Q'ulleとして戻ってきた。その手にはマイクを持って… あらためて活動するにあたって、なぜ彼女たちは歌うことを選んだのか? そして歌うことを選んだことによって何が変わったのか? サウンド・プロデューサーであるボカロP、DECO*27を含め6人。これから3ヶ月に渡って2人ずつにじっくり話を訊くことで、彼女たちの始まりのストーリーを描く。

ついにサード・シングル『HEARTBEAT』の発売を迎えるタイミングで、Q'ulleの原点を担ういとくとら、そしてQ'ulleの音楽面を支えるDECO*27が登場。Q'ulleの曲の秘密に触れるとともに、現段階のQ'ulleを統括する話を伺った。

ver.1 まなことやっこのインタヴューはこちら
ver.2 ゆずきとまぁむのインタヴューはこちら

サード・シングル、ついにハイレゾ配信スタート!!

Q'ulle / HEARTBEAT

【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) : 単曲 540円(税込) / アルバム 1080円(税込)
>>ハイレゾとは?

【Track List】
01. HEARTBEAT / 02. Chain / 03. HEARTBEAT (Off Vocal karaoke ver.) / 04. Chain (Off Vocal karaoke ver.)


Q'ulle「HEARTBEAT」


INTERVIEW : いとくとら×DECO*27

まなこ、やっこが飛び出し、ゆずき、まぁむが繋ぎ、いとくとらがゴールする。それをDECO*27が、しっかり見守る。今回インタヴューさせてもらって、1番思ったことは、Q’ulleは本当に良いチームってこと。良いチームには、ちゃんとストーリーが宿る。さぁ、素晴らしいファースト・アルバムも待っている。聴かせてもらったら、どでかいモンスターのようなパッションが詰まっていた。彼女たちには期待しかない。過剰な期待しかないのだ。

インタヴュー : 飯田仁一郎 / 渡辺彰浩
文 : 飯田仁一郎
写真 : 外林健太

より大きいステージに行くためには歌があった方がいいんじゃないかと思った

——いくら(いとくとら)さんはQ’ulleの仕掛け人であり、DANCEROIDからQ’ulleへの大きなターニングポイントを作った方だと思うんですけど、なぜDANCEROIDを解散して、新たにQ’ulleを創ろうと思ったんですか?

いくら : 解散したのはいろんな面で限界を感じたからです。最初、DANCEROIDはニコニコ動画の「踊ってみた」ジャンルに投稿している女の子3人(いとくとら、ミンカ・リー、愛川こずえ)で始まって、そもそも続けるつもりがそんなになかったんですよ。3人で「踊ってみた」のDVDを出して、「ライヴとかもしてみようよ」っていう感じだったんです。初めて3人でワンマンライヴした時に自分達だけのお客さんが集まってもらったのはそのライヴが初めてで、感動しちゃって。だから待っててくれるお客さんがいるなら続けようかなって思ったのがQ’ulleとして続けていくことになったきっかけです。

——そのころ、DANCEROIDはいい調子だったわけじゃないですか。

いくら : メンバー・チェンジを何回か経ていくうちに、どんどんアイドル路線に進んでいったんですよ。でも、元々アイドルをやりたいというわけではなかったので、「今やってることはあってるのかな? 」という複雑な気持ちになってきて。アイドル・イベントに出て、チェキを売ったり、定期公演を月に1回やったりしていくうちに、大好きなライヴがだんだんと作業化して楽しいと思わなくなってしまったんです。このままではいけないし、また1からスタートしたいなと思って、他のメンバーとも話したらみんな同じ考えだったんです。DANCEROIDで大きいところを目指してやっていこうって、メンバーともお客さんとも話してやっていたので、申し訳ないっていう気持ちもあったし、まだ上を目指したい気持ちも強かったんです。DANCEROIDの名前を捨てて、Q’ulleという名前で新しいことをするのは勇気のいることだったんですけど、新しくスタートしたいっていう気持ちが大きかったのでQ’ulleを創りました。

いとくとら

——Q’ulleになって、1番のポイントは歌ですよね?

いくら : ダンスだけではなく歌も加わることによって、もっと伝えたいことがダイレクトに伝わるんじゃないかなっていう想いと、より大きいステージに行くためには歌があった方がいいんじゃないかと思ったんです。

——Q’ulleのサウンド・プロデュースを担当しているDECO*27さんとはどういう出会いだったんですか?

いくら : ”galaxias!”というDECOさんと柴咲コウさん、TeddyLoidさんの3人がやっていたユニットの曲(「galaxias!」)のダンスを私が踊っていたんです。

——例えば、ニコ動とは全然関わりのないサウンド・プロデューサーにお願いすることもできたわけですけど、やはりニコ動のスターであるDECOさんに頼みたいと思ったのは、ニコ動の中でQ’ulleは進んで行きたかったから?

いくら : メンバーひとりひとりがニコ動の「踊ってみた」で活動をしたりしていたし、ニコ動を全部切り離さなくてもいいんじゃないかなっていう想いだったり、単純にDECOさんの曲が好きだったっていうのもあります。

あとは反省をいっぱいしたらいいんじゃないかなと思いますね。僕、挑戦って反省することだと思っていて

——DECOさんはQ'ulleをサウンド・プロデュースする面ではどんなことに気をつけてますか?

DECO*27 : 歌が初めてのグループなので、歌で見せるというよりもライヴ会場で集まって一緒に楽しめるような楽曲にしたいなと思いました。「mic check one two」はみんなが分かりやすく入れるようなコールだったり、レスポンスの部分が入っていたり、それは「MONSTER」にも「HEARTBEAT」にも共通していて、みんなが歌で参加出来るところを作るっていうことをQ’ulleに関しては1番に考えましたね。

——「mic check one two」は、Q'ulleとお客さんにとって初めましての曲になるわけですが、この曲にQ'ulleという存在をどう落とし込んでつくった曲なんですか?

DECO*27 : 「mic check one two」は分かりやすくて1回聴いて覚えられるものにしようと思いました。あとは、彼女達の歌がQ'ulleとして初めて乗る曲なので、彼女たちの「マイクを持つ」という意味や決意とか、いろんな想いを僕なりに汲んで「mic check one two」というタイトルにしました。サビでは<この声が聞こえてるか>という「目で見るのではなくて、耳でQ’ulleを感じてね」っていうメッセージが込められています。

DECO*27

——「mic check one two」から「MONSTER」では、いきなり曲調が変化しましたよね。

DECO*27 : 去年初ワンマン(2014年12月29日@原宿アストロホール 「mic check one two! 」)をやったときに、楽しく観させてもらったんですね。どう彼女たちが楽曲を表現するか不安に思ってたところもあったんですけど、ワンマンライヴを観たときに僕は彼女たちの中にモンスターを見たんですよ。パワーもあるし、歌はまだまだだけどこれからちゃんと練習をして、きちんと段階を踏んでいけばもっとすごいことが起こるし、もっと沢山のお客さんを喜ばせられるんじゃないかなと思って。そこからヒントを得て「MONSTER」って曲を書きました。だから、「MONSTER」は彼女たちの中に眠ってるパワーを現しています。「mic check one two」はロックとダンスの間だと思うんですけど、レコーディング、ライヴと場数を踏んで、歌も少しづつ上達してきた中で、このタイミングだったら「MONSTER」みたいな曲もいけるんじゃないかなと思って作りました。

——「MONSTER」の次のシングルの「HEARTBERT」はどんな考えで?

DECO*27 : 「HEARTBERT」はお客さんが楽しめるのが必要だなと思って楽しさに振り切って作った曲です。まだ音源化してないですけど、ライブで演っている「P」とか「Do Say」とかは可愛い路線の曲で、Q'ulleのメンバーの可愛いさも見せとかないともったいないなと思ったし、いろんなQ'ulleを見せたかったんです。

——Q'ulleにとって今これが足りないって思う部分はどんなところですか?

いくら : もっと話し合いをすることですね。メンバー全員ではもちろんなんですけど、スタッフとかも含めて制作チームみんなでの話し合いの場がもうちょっとほしいなって思ってます。最近は、インストア・イベントの前と後でもそのインストア・イベントの内容について話すことが増えたし、ちっちゃいこととかでも話すようにしてますね。でも、もっと話し合いをしたいんです。サウンド・プロデューサーとしてDECOさんが全部曲を書いてくれてますけど、もっとDECOさんとも話した方が私たちの気持ちが作品にもっとダイレクトに入るんじゃないかなって思ってますね。振り付けにしても振り付けの先生ともっと話すことによって、ダンスにも想いが込められるんじゃないかとか。自分たちで作ってないぶん、自分たちの作品にするにはもっと制作チームと話し合うことがいいのかなって思ってます。そしたらもっとより良い作品だったり、ライヴが出来たりするのかなって。

——感情を込めたいんですね。DECOさんはアーティストとして大きくなる道筋も知ってる中で、Q'ulleが武道館を目指していく上でサウンド・プロデューサーとしてどんなものを注入したいと考えていますか?

DECO*27 : 歌は1番かな。いくらちゃんも言ってたけど話し合いをもっと増やせば、歌詞とか曲に対する理解が深まると思うんですよね。それによって彼女たちの歌に対する想いが入れば違ってくるだろうし。あとは反省をいっぱいしたらいいんじゃないかなと思いますね。僕、挑戦って反省することだと思っていて。常に自分の良くないところを見つけて修正していくのが挑戦かなと思っているんで。あとは、今僕が全曲を書いてますが、他の人が書いた曲とかも歌ってほしいと思ってます。そうすれば僕自身もよりQ’ulleを客観的に見れるなというのがあって。他の方が書いたものを通してQ’ulleの様々な可能性を見たいですね。

5年背負ってきたものを捨てて、これに人生をかけるっていう気持ちでQ’ulleを始めたので

——DECOさんのソロの楽曲は、歌詞の言葉遊びがおもしろいと思うんですけど、Q'ulleの楽曲でそういうのって意識されてますか? 「MONSTER」の歌詞にって入ってきたりとか?

DECO*27 : アルバムの話になるんですけど、ファースト・アルバムは全12曲で彼女たちの1曲かなと捉えています。曲毎に段階を踏んで歴史があるという認識で考えていて、「MONSTER」には〈mic check one two〉の歌詞が入ってくるし、「HEARTBERT」には〈怪物〉って歌詞が入ってきたりとか、もちろん違う曲だけどある1点で繋がっていたりとか、僕はアルバムに関して1つの作品、1つの楽曲だと思って作りました。そのなかでもアルバムに入ってる未発表曲の「Reason」は現段階のQ'ulleを著しつつその先を見据えた曲なので是非聴いてほしいですね。Q’ulleを好きな人だったら感じるものがあると思います。アルバムは音もシングルのときとは変わってて、マスタリングも変わってるし、ちょっとミックスもいじっていて、より良いものになっています。様々なジャンル感、曲調の曲があったのでアルバムとしてまとめるのには試行錯誤しました。

——すでにシングル3曲だけでも全然違いますもんね。Q'ulleに歌が足りないと思っているということは表現力が足りないということですか?

DECO*27 : 歌詞や曲への理解力。普段楽曲提供をするときにあまり歌詞に関して言葉で説明したり、会話を通して深い部分まで掘り下げることはあまりしませんが、Q’ulleのメンバーとはそういった行程をがっつりこれから増やしていきたいなと思ってます。レコーディング終わったときにはここはこうだったよとか、いくらちゃんだったら「こういう癖があるからこう歌った方がいいよ」とか、伝えたりしています。また、レコーディングもそうだし、ライヴ含め自分たちが表現していくなかでこれはこうかもとか、見つけていくものがあると思うんですよね。それをもっと最初の段階、楽曲を作っている段階から理解度を深めていけたら、今後、曲を発表していくときにより良い形で表現できるんじゃないかなと思ってます。あとは、彼女たちの立ち振る舞いや言葉を通して感じたことを詞に書いていますが、そういった僕の中の想像の範疇を超えるもの、例えばもっと彼女たちから刺激をもらったり、アイデアがあればそれを活かした曲も書きたいなと思います。

——『Q’ & A ~Q’ulle and Answer~』はどんなアルバムになりましたか?

いくら : Q'ulleの今までの集大成になっているんじゃないかなと思います。曲調だけじゃなく歌詞の内容も変わってきていて、DECOさんから見た私たちの変化だと思うんですけど、最初は「不安だ、不安だ」ってずっと言っているんですけど、不安なんかぶち破ってやるぜっていう感じが「Reason」で一気に出てるんです。アルバムを通して私たりの成長が見えるんじゃないかなと思います。

——なんでそんな不安だったんですか?

いくら : 全部ですよ(笑)。元を辿れば解散を発表したところから不安だったし、5年背負ってきたものを捨てて、これに人生をかけるっていう気持ちでQ’ulleを始めたので。

——DECOさんは、Q'ulleに感じる可能性っていうのはどこだと思いますか?

DECO*27 : 楽しもうとしているのがすごく伝わってくるなと思っています。僕、ライヴするの好きじゃないんですよ。DECO*27名義で発表している曲、主にボカロ曲は、動画とセットで観てもらって、曲いいなって思ってほしい部分が強いので。そういった曲は完成したところがマックスで、それを僕自身がライヴでもう1回再現するみたいなのってテンション下がるんですよ。でも、彼女たちのライヴからは楽しませようっていうのを感じるし、僕がそれを出来ない分、彼女たちに乗っけてるのもありますね。

——いくらさんは、みんなで楽しめるっていうのは意識してたんですか?

いくら : やっぱりライヴはどうやったらお客さんが楽しめるかっていうのを1番に考えてますね。ここをこうしたらお客さんはノレるんじゃないかとか、ここ振り付けあるけど、あえて振り付けしないで一緒にノッた方が楽しいんじゃないかとかは意識してます。

——DECOさんは次のセカンド・アルバムに向けてのQ'ulleのヴィジョンは見えてたりするんですか?

DECO*27 : 結成当初はメンバーともあまり対話出来てなかったので、徐々に彼女たちのことを理解しながら作っていったということもあり、ファーストアルバムはまだQ’ulleのことをよく知らない人にとっても彼女たちがなんなのかということを段階を踏みつつ感じれる作品だと考えています。で、その流れから、セカンドに関してはもっともっと対話をしたり、ライブを通して彼女達の目指すものをさらに理解した上で一緒にやりたいと思ってるので、ヴィジョンが見えているかって意味ではまだですね。

——このファースト・アルバムから次に向けて、メンバーの中ですでに意見が出ていたりしますか?

いくら : 話しているのは全国ツアーをいいものにしたいという話をしています。アルバムの曲をツアーではやっていくので、早く生で聴かせたいのと、Q'ulleの集大成を全国の皆さんに見せたいです。それをより良いものにするにはみんなで話したり、練習を沢山しようと思ってます。

——全国ツアー中には、夏フェスの『音霊 OTODAMA SEA STUDIO』にも出演されますよね。

いくら : 夏フェスが大好きなので楽しみなんですよね。私、結構アウェイが好きで、知らない人に観てもらえるのが楽しいんです。もちろんワンマンでお客さんと一緒に盛り上がるのも好きなんですけど、より知らない人に知ってもらう機会はそこじゃないですか。だから、対バンとかフェスにはどんどん出たいと思ってます。

ファースト&セカンド・シングルもハイレゾ配信中!

【左】ファースト・シングル『mic check one two』
【右】セカンド・シングル『MONSTER』

【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 540円(税込) / アルバム 1080円(税込)

RECOMMEND

LIVE INFORMATION

Q'ulle 1stアルバム『Q' & A ~Q'ulle and Answer~』全国6都市ツアー「君の答えは…?」

2015年6月21日(日)@福岡VIVRE HALL
2015年6月28日(日)@池下CLUB UPSET
2015年7月5日(日)@北海道cube garden
2015年7月12日(日)@大阪FANJ twice
2015年7月18日(土)@宮城HooK SENDAI
2015年7月26日(日)@渋谷WWW

PROFILE

Q'ulle

動画投稿サイトの人気カテゴリ〈踊ってみた〉で人気を集めたDANCEROIDの元メンバーで結成されたガールズ・ユニット。メンバーは、いとくとら、ゆずき、まぁむ、まなこ、やっこの5人。踊りに特化したDANCEROIDの解散後、DECO*27をサウンド・プロデューサーに迎え、“歌って踊れるダンスロック・アーティスト”を目指し2014年10月に結成。2015年1月、デビュー・シングルとなる『mic check one two』をリリース。ネットからリアルへと飛び出し、精力的な活動を展開。

>>Q'ulle Official HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!!
[CLOSEUP]・2017年12月02日・嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!! 名古屋を中心に活動するハードコア・パンク・バンド、MILK。2014年に〈SummerOfFan〉からリリースの7インチ・シングル『MY E.P.』、2016年に〈Less Than TV〉からリリースしたソノシート『MISFITS E.P.』は発売からあっという間に各地で在庫切れを起こし現在入手困難となる中、待望となっていた1stアルバムをこの度〈KiliKiliVilla〉よりリリース! OTOTOYではアルバムの発売を記念し、バンド単独では初となるインタビューを掲載です! 今の彼らが全て収められた傑作!!MILK / ALL ABOUT MILK'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC 【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''01. OUTPUNK02. better youth03. MINDSET04. My Say05. 2206. WE07. Role08. Have mine09. そこに
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事