大友良英と高田漣のセッションを高音質で!

清水靖晃+渋谷慶一郎の『FELT』で大きく話題となったOTOTOYとサウンド&レコーディング・マガジンのDSD配信企画の第2弾が登場! 今回は、2010年8月27日に一口坂スタジオで行われたライブ・レコーディング・イベント「Premium Studio Live Vol.1」の模様を高音質でお届け。販売形式は、「DSDファイルとmp3のバンドル」「HQD(24bit/48kHzのWAVファイル)」の2種類。緻密な音を、聴き逃すことなく体感できます。JJのライブ・レポートと共にどうぞ。


DSDとは?

DSDとはDirect Stream Digita(ダイレクト・ストリーム・デジタル)の略称。音声をデジタル化する方式の1つで、音の細かいニュアンスの忠実な再現を目指して開発されました。DSDは通常のCDのPCM方式とはまったく違う1bitのレコーディング形式で、サンプリング周波数は2.8224MHz(CDの44.1kHzの64倍)にも及びます。奏でられた音と会場の空気が蘇るその音質は、アナログ・レコードのような滑らかさと、デジタルならではの透明度を合わせ持っています。

大友良英+高田漣『BOW』
1.街の灯 / 2.It's Been A Long, Long Time / 3.教訓1 / 4.At The Airport / 5.BOW

販売形態
1.『BOW』DSD+mp3 Ver.(※1.15GB)
2.『BOW』HQD(24bit/48kHzのWAV) Ver.(※617MB)

※DSDの聞き方は、本ページ『How to enjoy DSD?』と、ダウンロードしたファイルに同封されている資料「How_To_Enjoy_DSD(PDF形式)」を参考にしてください。また、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

9月15日の17時頃までにダウンロードされたお客様へ:
ダウンロード時、回線が過負荷状態になっていたため、正常にダウンロードできていない可能性がございます。大変申し訳ありません。現在は正常にダウンロード頂けますので、お手数ですが、再度ダウンロードをお試しくださるようお願い申し上げます。本件につきまして、不明な点がございましたらinfo(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。


Premium Studio Live Vol.1 大友良英+高田漣 ライブ・レポート

2010年8月27日@一口坂スタジオ。日本が誇るミュージシャン、大友良英と高田漣というありそうでなかった組み合わせの2人が、なんと観客を迎えてのレコーディング&スタジオ・ライブ「Premium Studio Live—vol.1」を行った。会場内はマイクが四方八方に吊るされ、目の前には巨大なコントロール・ルームが見える。もちろんライブ・レコーディングと名打つからには一発録り。場内は、咳をするのもはばかられる程に緊迫している。現れた大友良英と高田漣でさえそうだ。

撮影:八島崇

最初に演奏したのは大友良英の「街の灯」。長尺の演奏を行い、もう一度初めから流し、なんとオーヴァー・ダビングまで。しかもオーヴァー・ダビングまで一発録り。やっている本人ぐらいしか何をかぶせているのかは分からなかったんじゃなかろうか? 会場に設置されたスピーカーから出てくるサウンドと見事に同化した名演。少し緊張気味のお客さんを和ませたのは、高田漣が歌った「It's Been A Long, Long Time」。さらには会場をリスナーに歩き回らせ、それさえも音楽としてしまった高田漣の「At The Airport」は、会場を明るく陽気な色味に変えた。彼は、なによりもお客さん目線で音楽を作成している。そして本作のハイライトは、長い大友良英の歴史の中で、初めて歌うレコーディング作品である「教訓1」。そう、加川良のカヴァーだ。少し照れながらも、ゆっくりと囁くようなその歌に、会場中の神経はとがり、大友良英の爆発ギターで張りつめた空気は崩壊する。「MCではファニーなのにな...」と狂気を目の前にしながら震えた。

今、その録音されたDSD音源を聞いている。勿論音が良い。壁の隅々の反響まで聞こえると言っても遜色はない。ただ本作で最も気づかされるのは、音が良いと言う概念だ。パンチ・イン、パンチ・アウトが簡単に出来るこの時代に、何故最高音質のレコーディングと名打ちながら、一発録りにこだわったのか? 本作を聞いていると、メロディ、音色、演奏力だけでは無く、レコーディングそのものの空気さえも音楽であると気づかされる。アーティストの息づかい、ノイズ、タッチ... 一発録りのその手法は、もしかしたら逆戻りの発想かもしれないが、大友良英の激しさや高田漣の優しさが如実に伝わってくるこのスタイルにこそ、リスナーが新たに興奮する可能性をみる。良い音で聞くなら、良い演奏でどうぞ!(text by JJ(Limited Express (has gone?))

>>ライブの詳細はこちら

PROFILE


大友良英(おおともよしひで)
1959年生。ギタリスト/ターンテーブル奏者/作曲家/プロデューサー。ONJO、FENなど複数のバンドを率い、またFilamnet、JoyHeightsなど数多くのバンドに参加。日本はもとより世界各地でのコンサートやレコーディングに常にインディペンデントなスタンスでかかわる。また映画音楽でも高い評価を得ている。著書に『ENSEMBLES』。


高田漣(たかだれん)
1973年生。スティール・ギターをはじめとするマルチ弦楽器奏者。17歳で西岡恭蔵のアルバムでセッション・デビュー。ソロ・アーティストとしても5枚のアルバムをリリースするほか、pupa、細野晴臣WORLD SHYNESS、サケロック・オールスターズなどに参加。イエロー・マジック・オーケストラのサポートも務めるなど多岐にわたって活躍中。

第1弾 清水靖晃+渋谷慶一郎のセッションはこちら

2010年3月8日、東京芸術劇場中ホールで行なわれたコンサートより、この日が初顔合わせだった二人の、デュオでの演奏が6曲と、それぞれのソロ・パフォーマンスが1曲ずつ収録されています。

清水靖晃+渋谷慶一郎『FELT』
1.Kiwa / 2.フーガの技法 コントラプンクトゥス 第1番 / 3.パルティータ 第4番 アルマンド / 4.無伴奏チェロ組曲 第2番 サラバンド / 5.Dolomiti Spring / 6.Samayoe Renga / 7.Ida / 8.Stardust

販売形態
1.『FELT』DSD+mp3 Ver.(※1.16GB)
2.『FELT』HQD(24bit/48kHzのWAV) Ver.(※654MB)

How to enjoy DSD?

KORG MR-2を使用して鑑賞する

KORG MR-2は、mp3、WAV、そしてDSDといった幅広いフォーマットで録音・再生ができる小型レコーダー。ダウンロードしたDSDファイルをSD/SDHCカードにコピーし、それをMR-2に挿入すれば、即座にヘッドフォンで聞くことができます。(注 : SD/SDHCカードをあらかじめMR-2でフォーマットした上で、“Playback”というフォルダーにコピーしてください。)


KORG MR-2000Sを使用して鑑賞する


KORG MR-2000Sは、プロのスタジオでも使用されているラック型DSDレコーダー。内蔵されているハードディスクにダウンロードしたDSDファイルをUSB経由でコピーすれば、ヘッドフォンもしくはオーディオ・セットにつないで聞くことができます。


SONY SCD-XA5400ES、SONY SCD-XE800を使用して鑑賞する

SONY SCD-XA5400ESは、オーディオ・マニアも認める高品位なSACD/CDプレーヤー、SCD-XE800は、実売価格が3万円台とは思えない高音質なSACD/CDプレーヤー。ダウンロードしたDSDファイルを、DVD-ROMと互換性のあるDVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RWのいずれかに記録すれば、再生することが可能になります。(注 : ダウンロードしたDSDファイルを、“DSD_DISC”というフォルダーごと記録してください。)


PlayStation 3を使用して鑑賞する

「PlayStation」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。

SONY PlayStation 3は、どの時期に発売されたモデルにもDSDファイルをPCMにコンバートし、HDMI経由で再生する機能が搭載されています。ダウンロードしたDSDファイルを、DVD-ROMと互換性のあるDVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RWのいずれかに記録すれば、HDMI入力を持ったAVアンプとの組み合わせで再生が可能になります。(注 : ダウンロードしたDSDファイルを、“DSD_DISC”というフォルダーごと記録してください。)

今後のDSD音源配信スケジュール

サウンド&レコーディング・マガジンが展開するライブ・レコーディング・イベント「Premium Studio Live Vol.2」の開催が決定! 10月31日になんと原田郁子と高木正勝が共演!!! これは、大変なことになる。詳細は後日発表!

イベント詳細はこちら

o

 
 

レヴュー

変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。